植物ホルモンをいかす剪定  < おぐらやま農場だより その259 2017・02・08 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その259 2017・02・08 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

< 切上げ剪定講習会 その2 >

20170208切り上げ剪定

 「植物ホルモンをいかす」

植物には屈地性(くっちせい)という原則があり、枝が横向きに
曲がると必ず上へ向かう新芽がでて、上へ伸びていく性質があり
ます。果樹園のりんごや桃の木に当てはめれば、徒長枝がこれに
当ります。


そして新芽で作られるのが発根ホルモン(オーキシン)です。こ
れが根っこまで降りてきて、盛んな発根を促します。そして根っ
こで作られるのが「葉や茎を伸ばすホルモン」(ジベレリン)、
「蕾を作り花を咲かせるホルモン」(サイトカイニン)。


ですから元気のよい枝や葉を作り、良い花を咲かせ良い結実を得
るには元気のよい根っこが絶対に必要で、そのためには新芽がた
くさん出てくる元気のよい上向き枝が木にたくさんあることが一
番理に適っている。


これを逆に言えば、剪定で枝を切り落とせば落とすほど、地下部
の根っこが枯れていき、植物ホルモンの活性低下を招いているこ
とになる。道法さんが何回もミカンの木を掘り返して確認してき
たことだそうです。


また、エチレンと呼ばれるホルモンは若い葉で生成され植物内に
蓄積されていきます。これが「虫除け・殺菌のホルモン」役をし
ています(代謝の過程で酸化エチレンになり、強い殺菌力を持つ)


エチレン活性の高い上向きの元気な枝についていた葉が、昨年の
長雨にも負けず落ちなかった事実をこの目で見た私はここで膝を
打ったのでした。


そして果実の成熟を進める役割はアブシジン酸と前述のオーキシ
ンが熟度・糖度を高めていく働きを担っている「美味しいホルモ
ン」。これら全て「植物ホルモン」と呼ばれるいくつもの物質が
植物体内でアクセルとブレーキのバランスを絶妙に取りながら自
動制御している。


植物を育てているのは肥料ではなかった。もしかしたら発酵養分
でないかもしれない。土壌微生物と共生しているのはそうだとし
ても、それですべてを言い表している訳ではない。


どうやら僕は大切なことを一つ忘れていたかもしれない。植物が
育つ「環境」をどう整えるか、微生物の住みやすい畑にするには
何をすればよいかと、作物の周りの環境づくりに意識が集中して
いて、「作物そのもの」の生理生態に踏み込めていなかったよう
なのです。


これを「木を見て森を見ず。森を見て木を見ず。」というのでし
ょうか。無知は愚かです。でも自分が無知であることが分かって
いれば、次のことを素直に吸収することが出来る。今はそんな気
持ちで桃の木の剪定作業をみんなと一緒に進めています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


節分を過ぎ、朝日の昇る時間が少しずつ早くなり、夕暮れも少し
ずつ遅くまで伸びています。冷え込みはまだまだ厳しいですが、
毎日少しずつ春に近づいていく変化の中で暮していることを日々
感じていたいと思います。


それではまた。次回まで。

切上げ剪定講習会  < おぐらやま農場だより その258 2017・01・28 >


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その258 2017・01・28 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

< 最新農産物情報 >

*りんごは「ふじりんご」のみとなりました。「家使い用」と
「まるかじり用(小玉)」が注文できます。「大玉」・「中玉」
は終了ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/category/10/


*贈り物に使いたいという方にはジュース・ジャム・りんごのセッ
ト品(冬の贈り物セット)が出来ますのでそちらをぜひお使い下さ
い。
http://www.ogurayamashop.com/category/47/


*「加工仕向け」というカテゴリでりんごを販売できるよう価格
設定しておきます。希望の方はこのメールに返信でお知らせくだ
さい。「家使い用」よりもキズや変形などの程度が大きいもの。
ジュースや料理にたくさん使いたい人向け。メルマガ会員限定で
す。
15キロ・4500円+送料
10キロ・3000円+送料
(もみ殻の緩衝剤なし。2割増し計量。お支払いは〒振込用紙同
梱します。)


加工仕向けりんごはこのメールに返信で、注文くだされば対応で
きますので(名前・住所・電話番号お忘れなく)どうぞよろしく
お願いいたします。


*人参・アロマレッドが大好評です。「箱買いしてたくさんあっ
ても美味しくてすぐになくなってしまう」という方が増えていま
す。4月上旬まで販売予定しています。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/


*「りんごジュース」・「人参りんごジュース」・「トマトジュ
ース」に加えて「桃りんごジュース」を製造しました。桃の美味
しさがしっかり味わえます。
http://www.ogurayamashop.com/category/48/


*果物ジャムはいかがですか。「りんご」・「人参りんご」・
「かりん」・「洋梨」・「桃」の5種類出ています。セットで
注文も出来ます。
http://www.ogurayamashop.com/category/30/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


< 切上げ剪定講習会 >

1月10日~14日までの5日間、切上げ剪定講習会に参加して
きました。昨年9月に広島の道法正徳(どうほうまさのり)さん
という、農業指導をしている方にお会いして、これまでと全くち
がう剪定方法を教えてもらったのがキッカケです。


どう違うかを簡単に言うならば、これまで切り落としていた枝を
主役にして、これまで大事にしていた枝を切り落としていくので
す。木の観方・枝の選び方が真逆なのですから、今までの常識を
まず捨てないと始まらない。


これまでいいと思ってきたことと逆のことをするにはそれなりの
根拠や確信がなくては決断できないのですが、今回の5日間の講
習会が、それらをほぼクリアしてくれたと言ってもよいでしょう。


この講習会、なぜか無料だったのです。広島から先生を呼んで5
日間宿泊してやるのですから、普通ならかなりの出費覚悟ですが
この実技講習の会場になった長野市松代にある「杏っ子の里ハー
モアグリ」という農場の方がスゴイ人で、


「みんな無料で来てください。先生の経費はこちらが出します。
その代り講習を受ける杏の畑を全部剪定終わらせて帰って下さい」
という条件だった訳です。仕事する気がないと判断されたら帰っ
てもらいますという注釈つき。つまり5日間しっかり働いて、し
っかり勉強していきなさいというイベントにしてくれた訳です。


これが私のような農業者には本当に有り難い話でした。夕方寒さ
が来るころには屋内で座学の時間もとってくれて、近くの温泉へ
行ったあとは、夕食を囲みながら参加者が自己紹介したり、分か
らなかった所を質問したりの時間となり、


夜が深まるにつれてお酒も深まり、皆の気持ちも深まっていくよ
うな会となり(つまりは飲み会というもの)、道法さんも最後ま
でお付き合いしてくれて、毎晩就寝は日付が変わってからになっ
てしまうという日々。これを全て無料でいいというから驚きです。


杏っ子さんも昨年から本格的に切上げ剪定に切り替えて、一年目
の昨年度から収穫実績が出始めて、自信を深めているようでした。
最終日はりんごの剪定についてもしっかり実地講習が出来て、本
当に意義ある5日間となりました。道法さん、杏っ子の皆さんに
心から感謝したいと思います。


次回はなぜ「切上げ剪定」なのかについて、少し述べてみたいと
思いますので、よろしくお願いいたします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


大寒を過ぎて、冷え込みのピークが来ています。2日前までの寒
波では朝の気温が-15度まで下がり、家の中の洗濯機が凍りつ
いて動かないなどトラブルもありました。


タイからきたウーファーのゴルフ君も慣れない環境でガンバッテ
くれています。ここへ来る2日前まではバンコクにいて気温35
度ぐらいだったのですから、その気温の落差は大変だと思います。
部屋の中でもしっかり着込んで、毛糸の帽子と手袋をつけて過ご
しています。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

新しい年に取り組みたい事  < おぐらやま農場だより その257 2017・01・08 >


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その257 2017・01・08 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
< 最新農産物情報 >

*1月4日より業務開始させていただきました。農産物の発送も
りんご・人参・各種ジュース・ジャム・ケチャップなど順次お届
け中です。

*冷蔵庫に「かりん(マルメロ)」が残っておりました。まだ品
質の良いものを選んで発送できますので、ご希望の方はお知らせ
ください。かりん酒・かりんのはちみつ漬け・かりんジャムなど
喉の調子を崩しやすい冬のために手作りしてみませんか。
http://www.ogurayamashop.com/category/39/

*りんごは「ふじりんご」のみとなりました。「家使い用」と
「まるかじり用(小玉)」が注文できます。「大玉」・「中玉」
は終了ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/category/10/

*10月台風の落ちりんごは皆さんに協力いただき、ほぼ終了す
ることが出来ました。心より感謝申し上げます。

引き続き「加工仕向け」というカテゴリでりんごを販売できるよ
う価格設定しておきます。希望の方はこのメールに返信でお知ら
せください。「家使い用」よりもキズや変形などの程度が大きい
もの。ジュースや料理にたくさん使いたい人向け。メルマガ会員
限定です。
15キロ・4500円+送料
10キロ・3000円+送料
(もみ殻の緩衝剤なし。2割増し計量。お支払いは〒振込用紙同
梱します。)

加工仕向けりんごはこのメールに返信で、注文くだされば対応で
きますので(名前・住所・電話番号お忘れなく)どうぞよろしく
お願いいたします。

*人参・アロマレッドが大好評です。「箱買いしてたくさんあっ
ても美味しくてすぐになくなってしまう」という方が増えていま
す。4月上旬まで販売予定しています。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/

*「りんごジュース」・「人参りんごジュース」・「トマトジュ
ース」に加えて「桃りんごジュース」を製造しました。桃の美味
しさがしっかり味わえます。
http://www.ogurayamashop.com/category/48/

*果物ジャムはいかがですか。「りんご」・「人参りんご」・
「かりん」・「洋梨」・「桃」の5種類出ています。セットで
注文も出来ます。
http://www.ogurayamashop.com/category/30/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

< 新しい年に取り組みたい事 >

年明けて、心新たに。農場として今年取り組んで行きたいことを
書き出してみます。


< 果樹園で >
*りんご、桃などの果物の品質、耐病性をさらに上げていくため
に、「切り上げ剪定」を学んで、どう生かしていくか検討する。
まずは1月10日から14日まで、長野市での道法さんの剪定講
習会に参加してきます。

*炭素資材として使っているもみ殻とキノコ廃菌床を効率よく散
布する方式を検討したい。

< 野菜畑で >
*人参の出荷時期の拡大。春の種まき、夏からの出荷を可能に
するには。

*加工トマトの雨対策。高うね作りを試験的に少しでもやってみ
る。人参のように太陽熱マルチであらかじめ土壌の微生層を揃え
ておくことも。

< 販売・事務面で >
*収穫した農産物を最大限有効活用できるように、ジュース・ジ
ャムに続く食品加工と販売の方法を考える。ドライフルーツを自
前で製造できるよう、機器の導入についてや作業の流れなどを検
討していく。

*事務作業を確実に、円滑にしていけるよう、もう一度誰にもわ
かりやすい仕組みを考えていく。お客様を待たせないように、抜
け落ちないように。

< 作業の進め方など >
*ウーファーさん・縁農サポーターさんが迷わずに作業が出来る
為の仕組みをもっと考えていく。受入スタッフ(私の事です)の
スキル向上。言葉も含めて。

*以下続く・・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


やりたいことは書き出していくときりがないのですが、私一人で
力んでもなかなか進みませんし、スタッフの方たちと相談しなが
ら一つ一つ形にしていきたいと思います。

お正月は「海賊と呼ばれた男」の原作本を読み、映画も見ること
ができ、出光佐三さんという企業人の生き方・考え方に触れるこ
とが出来ました。そんな刺激をもらいながら、自分自身が農場の
運営を通してやっていくべきことは何か、自問自答し、時には皆
と話し合っていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

年の瀬の御挨拶  < おぐらやま農場だより その256 2016・12・29 >


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その256 2016・12・29 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

< 年の瀬の御挨拶 >

11月から12月にかけて、りんご収穫と発送の繁忙期となり、
お客様へ丁寧な対応が出来ない時がありましたこと、この場を借
りてお詫び申し上げます。


今年一年は春の遅霜、9月の長雨、10月の台風と、自然現象に
大きく影響を受けた年になりましたが、それがあってくれたこと
で発見できたことも、方向性が見えてきたこともたくさんあり、
学び多き一年でした。


天候に左右された分、お届けした農産物の品質が安定しないこと
があったかもしれませんが、現時点での私達と畑や作物たちの精
一杯だったと思います。


自然現象の振れ幅に大きな影響を受けないような、たしかな農
業技術と観察眼と、農場の底力を養っていきたいと思います。


また、事務作業がどうしても遅れ遅れになってしまい、皆さんへ
心配おかけしてしまうこともありますが、年が新しくなりました
ら心新たに体制も見直して、皆様の食生活・食卓へ安定してお役
に立てるよう、


農場スタッフ一同、力を合わせて取り組んでいきたいと思ってお
ります。どうぞよろしくお願いいたします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 年末年始の農産物情報 >

*12月30日午前10時までに注文いただいた分は年内発送対
応出来ると思います。新年は1月4日より業務開始です。ネット
ショップへの注文は365日できますが、年末年始休業中は確認
メールが遅くなってしまう場合があります。


*冷蔵庫に「かりん(マルメロ)」が残っておりました。まだ品
質の良いものを選んで発送できますので、ご希望の方はお知らせ
ください。かりん酒・かりんのはちみつ漬け・かりんジャムなど
喉の調子を崩しやすい冬のために手作りしてみませんか。
http://www.ogurayamashop.com/category/39/


*りんごは「ふじりんご」のみとなりました。「家使い用」と
「まるかじり用(小玉)」が注文できます。「大玉」・「中玉」
は終了ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/category/10/


*10月台風の落ちりんごは皆さんに協力いただき、ほぼ終了す
ることが出来ました。心より感謝申し上げます。

引き続き「加工仕向け」というカテゴリでりんごを販売できるよ
う価格設定しておきます。希望の方はこのメールに返信でお知ら
せください。「家使い用」よりもキズや変形などの程度が大きい
もの。ジュースや料理にたくさん使いたい人向け。メルマガ会員
限定です。
15キロ・4500円+送料
10キロ・3000円+送料
(もみ殻の緩衝剤なし。2割増し計量。お支払いは〒振込用紙同
梱します。)

加工仕向けりんごはこのメールに返信で、注文くだされば助か
ります。(名前・住所・電話番号お忘れなく) どうぞよろしくお願
いいたします。


*人参・アロマレッドが大好評です。「箱買いしてたくさんあっ
ても美味しくてすぐになくなってしまう」という方が増えていま
す。4月上旬まで販売予定しています。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/


*「りんごジュース」・「人参りんごジュース」・「トマトジュ
ース」に加えて「桃りんごジュース」を製造しました。桃の美味
しさがしっかり味わえます。
http://www.ogurayamashop.com/category/48/


*果物ジャムはいかがですか。「りんご」・「人参りんご」・
「かりん」・「洋梨」・「桃」の5種類出ています。セットで
注文も出来ます。
http://www.ogurayamashop.com/category/30/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


それでは皆様、良いお年をお迎えください。新しい年が皆さまに
とって、日本にとって、この世界にとって、平安で穏やかな年と
なりますように。


ありがとうございます。感謝。

台風の落ちりんご使ってみませんか  < おぐらやま農場だより その255  2016・10・22 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その255  2016・10・22 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  台風の落ちりんご使ってみませんか  >

10月5日深夜、台風18号通過。2時間ちょっとの短い時間で
はあったですが20~30メートルの暴風が吹き荒れて、見回り
していた目の前でりんごの枝が激しく揺さぶられ、落果していく
りんごが見えました。


朝方、明るくなったころに見回ったりんご園では、どこの園地も
本当にたくさんのりんごが地面に落ちていました。正直言って想
像以上の被害でした。私が就農してからの16年で一番大きな台
風被害になったと思います。。。


落果したりんご、シナノスイート・シナノゴールド・ふじなどが
ありますが、キズへこみ程度が大きいものは選り分けて、十分使
ってもらえるもののみ「加工仕向けりんご」として皆さんに販売
しています。(品種指定はありません)

15キロ・4500円+送料
10キロ・3000円+送料
5キロ・・1500円+送料

で出していますのでどうぞお使い下さい。毎朝のジュースにした
り、ジャムづくり、酵素づくりなどの原料としても良いと思いま
す。このメールに返信でご注文いただければ(名前・住所・電話
番号をお忘れなく) 数日のうちにお届けいたします。


--------------------------

< 農産物情報 >

*「秋映」と「シナノ3兄弟」は家使い用のみ受注可。大玉中玉
はほぼ終了しました。
http://www.ogurayamashop.com/category/13/


*「シナノスイート」「シナノゴールド」「ふじ」は「大玉・中
玉・家使い」共にまだ受注可能です。


*ふじりんごの注文予約もスタートしております。御歳暮用発送
希望の方は「お届け時期」や「熨斗の内容」など一言添えていた
だければ可能な限り対応させていただきます。

*前述しました通り今年はりんご収穫量が例年よりかなり減少す
る見込みですので、売切れも例年より早くなる見込みです。ご迷
惑おかけしてしまう場合もございますがどうぞご承知下さい。
http://www.ogurayamashop.com/category/10/


*御歳暮などの贈り物に、ジュース・ジャムセットはいかがでし
ょうか。今年はジュース仕向け分が多く出ますので、こちらを使
っていただけましたら、りんごたちも十分生かされていくことに
なります。


*「りんごジュース」・「人参りんごジュース」に加えて「ピー
チりんごジュース」を11月のうちに製造予定。3種セットがお
すすめです。


*果物ジャムはいかがですか。「りんご」・「人参りんご」・
「かりん」・「洋梨」・「桃」の5種類出ています。セットで
注文も出来ます。
http://www.ogurayamashop.com/category/30/


*りんごとジャムセットもできますので、気軽に申し付け下さい。
フルーツキャップ使用でお届けとなります。
http://www.ogurayamashop.com/category/38/


*トマトジュース、今年も製造しております。リコボールという
品種にしてから2年目。リコピン含有量がスーパーに並ぶ生食ト
マトの4~6倍含まれています。
また同じだけのリコピンを摂取
しても、生野菜の状態で食べた時より、加工品にして食べた方が
「吸収率」に2~3倍の開きがあるという報告が出ていま
す。

*「抗酸化作用」・「アンチエイジング」・「生活習慣病予防」
「がん予防」など書き出せばきりがないほどの食材であるトマト。
おぐらやま農場では、健康に資する価値の高い方法として、赤系
トマト(リコボール)のストレートトマトジュースをおすすめし
ています。

私も大好きなので毎日コップ1杯いただいておりますが、これは
確かな実感として元気の源。どうぞお試しください。濃厚なジュ
ースですのでピューレとして料理にも使ってもらえます。
http://www.ogurayamashop.com/category/18/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


<  さあ、いい課題がきたぞ。  >

台風翌日、りんごのたくさん転がるりんご園を歩きながら「どう
やったらこのりんごを無駄にしないで使ってもらえるか」を考え
ていました。幸い、おぐらやま農場の果樹園は例外なく地面の上
には緑のじゅうたんのように雑草が茂っていますし、炭素資材と
微生物の働きで畑の土はふかふか柔らかいのですから、傷の程度
が浅いもの、ほとんどキズのないものもたくさんあったのです。


ただ土の香りが果実に移っては食味が落ちるので、とにかく急い
で拾い集めよう、選別して、良いものは皆さんにできるだけ使っ
てもらえるようにしよう、と進めています。


ふじりんごの収穫時期には少し早いのでミツ入りの完熟ふじとは
いきませんが、これはこれで使ってもらえるというものを選んで
箱詰めしています。若干酸味が残っていますから、それが好みの
方や、料理に使ってもらう分にはかえって適しているかもしれま
せん。

「さあ、いい課題が来たぞ。」と頭を切り替えていくスイッチが
すぐに入りました。果樹園の下草さん、炭素資材と微生物さん、
本当に助かりました。ありがとう。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


*落ちりんご(加工仕向け)の発送は注文いただいてから数日中
にはお届けできるよう荷造りしています。もみ殻など緩衝剤なし
新聞紙を丸めて詰め、ある程度動かないようにするだけの簡易荷
造りです。

このメールに返信で、注文くだされば助かります。(名前・住所・電
話番号お忘れなく) どうぞよろしくお願いいたします。品種指定は
ありません。

15キロ・4500円+送料
10キロ・3000円+送料
5キロ ・1500円+送料
(お支払いは〒振込用紙同梱します)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


植物ホルモンの働き   <  おぐらやま農場だより その254  2016・10・03  >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その254  2016・10・03 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< ふじりんごなど予約開始です 最新農産物情報 >


*今年は春先の遅霜の影響で梨の着果数が極端に少なく、皆さん
にご迷惑おかけしております。梨南水の注文もストップとなりま
した。どうぞご理解下さいませ。洋梨バートレットも発送終了と
なりました。


*りんごは秋映収穫がほぼ終わり、これからシナノスイートの収
穫。この2種類は10月末ころまでは発送可となります。10月
15日頃よりシナノゴールドも収穫が始まる予定です。
お早目にご注文をどうぞ。
http://www.ogurayamashop.com/category/13/


*ふじりんごの注文予約もスタートしております。御歳暮用発送
希望の方は「お届け時期」や「熨斗の内容」など一言添えていた
だければ可能な限り対応させていただきます。今年もふじとシナ
ノゴールドのセットもあります。
http://www.ogurayamashop.com/category/10/


*果物ジャムはいかがですか。「りんご」・「人参りんご」・
「かりん」・「洋梨」・「桃」の5種類出ています。セットで
注文も出来ます。
http://www.ogurayamashop.com/category/30/


*りんごとジャムセットもできますので、気軽に申し付け下さい。
フルーツキャップ使用でお届けとなります。
http://www.ogurayamashop.com/category/38/


*トマトジュース、今年も製造しております。リコボールという
品種にしてから2年目。リコピン含有量がスーパーに並ぶ生食ト
マトの4~6倍含まれています。
また同じだけのリコピンを摂取
しても、生野菜の状態で食べた時と、加工品にして食べた場合で
は「吸収率」に2~3倍の開きがある
という報告が出ています。

「抗酸化作用」・「アンチエイジング」・「生活習慣病予防」
「がん予防」など書き出せばきりがないほどの食材であるトマト。

おぐらやま農場では、健康に資する価値の高い方法として、赤系
トマト(リコボール)のストレートトマトジュースをおすすめし
ています。私も大好きなので毎日コップ1杯いただいております
が、これは確かな実感として元気の源。どうぞお試しください。
濃厚なジュースですのでピューレとして料理にも使ってもらえま
す。
http://www.ogurayamashop.com/category/18/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


<  植物ホルモンの働き  >

就農して16年。また私の前に一つの大きな課題があらわれまし
た。穂高で「自然栽培」に取り組んでいる山田さんという知り合
いが声をかけてくれて、「自然栽培全国普及会・中部ブロック大
会」に参加してきました。


広島から全国各地を飛び回り、剪定を指導している道法正徳さん
という方の話を聴く必要があるとずっと思っていたことがやっと
実現したのです。。


「植物は肥料で育つのではなく、植物ホルモンで育っている。」
という理に合わせた「切り上げ剪定」を以前から学びたかったの
で、自然栽培普及会の会員でもない私がのこのこと出かけていき
ました。これが私には大きな衝撃でありました。無知を恥じるとは
このこと・・。


発芽ホルモン(ジベレリン)葉や茎が元気に育つ。・・チッソ
花ホルモン(サイトカイニン)根の生長・開花結実。・・リン酸
根っこホルモン(オーキシン)根や実の発育。・・カリウム
虫よけホルモン(エチレン)細胞膜を作る。・・カルシウム
美味いホルモン(アブシジン酸)葉緑素を構成。・・マグネシウム


これまでの農学では、肥料の3要素や各種ミネラル類にそれぞれ
の働きがあると言われて、様々な肥料が工夫されてきた歴史があ
ります。が、植物体内でその生長を司る最大の要素は植物ホルモ
ンではないのかと。


剪定する時にどんな枝ぶりを作ったらどんなホルモンが働くのか
、どれぐらい枝を切ればいいのか
、剪定と根っこの成長はどのよ
うにリンクしているのか、植物のチッソ含有量が高まると何が起
こるのか等々、次から次へと新しい話が出てきて、面白くてたま
りませんでした。


樹の姿が全然変わってきます。これまでほぼ切り下されていた
徒長枝(とちょうし)と呼ばれる、通常は無駄な枝だとされた枝を
使うのです。でも事実、これでやってみると樹が丈夫になり、収
量が増え、良いものが取れるようになる。


4年ほど前に、道法さんの切り上げ剪定の記事を読んだことがあ
りました。でもその時は「いつかこれをちゃんとやらなければい
けない」と思い、その「いつか」がなかなかやってこなかったの
は、やっぱり私の欲の浅さ、甘さと言ってよいと思います。


剪定方法を変えるというのは長くやっている人ほど難しく、エネ
ルギーが要ります。4年前はそれだけのエネルギーが自分になか
ったのだとも言えます。今年の冬の剪定から少しずつ取り組んで
みますが、どんな結果が出てくるか、1年後には見えてくる部分
もあると思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


< 長雨の影響があちこちに >

*10月になりました。朝の最低気温が12度まで下がりました。
9月後半は昨年の8月後半よりも雨ばかり続いて、場所によって
はりんごの葉っぱや果実に褐斑病などが出ていますが、りんご
の樹も精一杯やってくれています。やっぱり水はけのよい団粒
化の進んだ土たちの圃場はまだまだ緑色の葉が茂って元気。


*この、「現象の後追い」が大切です。道法さんが「理論は、現
象の後追いである」と格好よい事をいっておりました。そのため
には数多くの現象を自分の中に蓄積していかねばならない。どれ
だけ現場に足を運び、手をかけたことを検証していけるかです。


*丁度稲刈りシーズンに突入した稲作農家は、長雨でコンバ
インが田んぼに入れず、なかなか苦戦しています。私達の畑
で炭素資材として使うもみ殻集めも例年より時間がかかりま
したが、概ね集め終りました。これをキノコ廃菌床と混和して
果樹園・野菜畑にたっぷり使えるように用意します。


*季節の変わり目です。身体が外気温に適応していく順応性
を発揮できるよう、毎日のよい睡眠と深い呼吸を意識していき
ましょう。それではまた次回まで。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

加工トマトと仕事のつながり  < おぐらやま農場だより その253  2016・09・03 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その253  2016・09・03 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< りんごの季節到来 洋梨も 最新農産物情報 >


*桃の発送がほぼ終わり、これからはりんご、洋梨、梨の収穫時
期になってきました。梨は春先の凍霜害の影響を大きく受けて、
収穫量少な目ですが、洋梨・りんごはある程度の着果を確保でき
順調に生育しています。


*りんごの初物、「つがる」をどうぞ。スイート系の赤りんごで
す。ネットショップの注文フォームはこちら。パリパリと美味し
く食べられる時期は9月15日頃まで。お早目にご注文をどうぞ。
http://www.ogurayamashop.com/category/11/


*9月下旬より収穫開始予定の、秋映(あきばえ)・シナノスイ
ートも予約注文受付を始めました。それぞれのりんごの個性を色
々と感じて貰えればと思います。
http://www.ogurayamashop.com/category/13/


*洋梨・バートレットも9月7日頃~発送可能です。食べ頃にな
ると、黄緑色の果皮が黄色く熟してくるのが分かり易いので、食
べ頃を間違えずに美味しく食べてもらえます。
http://www.ogurayamashop.com/item/younashi-2/


★★ りんご狩り会員受付  ★★
*りんご狩り会員受付の申込みがスタートしました。今年の開園
日は11月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日
(日)の4日間を予定しています。詳細はネットショップをご覧
ください。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


<  加工トマトと仕事のつながり  >


7月の終わりから8月、そして9月のはじめにかけておぐらやま
農場ではほぼ毎日のように、トマトの収穫作業が続きます。この
時期に滞在してくれているウーファーさんはおそらく一生かけて
も食べきれないほどのトマトを収穫しているんじゃないでしょう
か。


私達のトマト畑は家庭菜園などで支柱を使って仕立てるやり方と
違い、蔓(つる)を地面に伸ばして、わき芽も一切摘みとらずト
マトが葉を茂らせる勢いのままに伸びてもらい、花と実をつけら
れるだけつけ、トマトの実が真っ赤に熟した順に摘みとっていく
自由放任栽培とも言える作り方をします。


これは加工用トマトと言われるトマトの中でもジュースやケチャ
ップ、また各種ソースなどの原料に使われることの多い、甘味よ
りも酸味が美味しいトマトの栽培方法としては一般的なのですが
農場の畑見学をされる人に聞いてみると、「こんな作り方は初め
て見ました」という方が大半なのです。


おぐらやま農場で収穫したトマトは私達の農場で販売するトマト
ジュース・ケチャップの原料となるほか、「高橋ソース」さんと
いう埼玉県にある食品会社で製造される「カントリーハーベスト」
というブランド名のソース(中濃・ウスターなど)の原料として
使われます。「安曇野トマトの会」という有機農家の仲間約10
名で生産者グループを作り、高橋ソースさんの需要に応えるべく
やっております。


先日その高橋ソースさんから、製造現場で実際に加工業務に関わ
っている方たちの「社員研修」ということで10数名の方が社長
さんも含め来られて、おぐらやま農場でトマト収穫の体験作業を
していただく機会がありました。


取り方の説明をして1時間ほど、コンテナをのせた一輪車を押し
ながら収穫作業をしてもらったのですが、畑の土の柔らかいこと
に皆さん驚かれていました。また、農薬を使わないで加工トマト
栽培を成り立たせていくために、肥料をやらないでも土に養分が
豊かにある炭素循環の畑を見てもらうことができました。


「カントリーハーベスト」というブランドはオーガニック原料に
こだわりを持って、高橋ソースさんの会社理念を体現した製品だ
と聞いてますし、その仕事に関わる誇りとかやりがいという、働
く上でとても大事なものを確認してもらう機会になってくれてい
たらとても嬉しいです。


自分が仕事にしている内容のつながり(その前もその後も)を知
ることは、とても大切なこと。ソース会社の方が農場の様子を見
学に来てくれたように、私達が今度は工場見学をさせてもらって
自分たちの仕事がどんな現場でどんな人たちへつながっていくの
かを勉強したいと思っています。


そして、私たちの農場からお届けするトマトジュースたちが、皆
さんの家庭でどんなふうに使われているかも、ぜひ教えてくださ
いね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


9月になって、昼間はまだ気温が上がりますが、朝晩の冷え方は
すっかり秋の気配を色濃くしています。りんごの収穫も始まり、
洋梨の出荷もそろそろ始まります。今年はナイアガラぶどうがと
てもよく実りましたので、皆さんに販売できる分もあります。


りんご・洋梨・ぶどうとの詰合せも出来ますので、このメールに
返信で気軽に申し付け下さい。梨は今年は霜害で不作になってお
りますので幸水豊水は注文ストップしております。ご了承くださ
い。


8月の桃では穿孔病(せんこうびょう)が桃の表面を傷つけてし
まうものが多くて、皆さんの希望に応えきれなかったのがとても
残念でした。が、秋の始まりでしっかりと気持ちを切り替えて、
皆さんにまた良いものを届けられるよう荷造りしていきます。ど
うぞよろしくお願いいたします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

桃の収穫はじまる おぐらやま農場だより その252  2016・07・26 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その252  2016・07・26 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< 桃の収穫が始まっています >

またもやメールマガジンの配信が滞ってしまい失礼しました。果
樹園では桃の収穫が始まり、注文を頂いた皆さんへ順次配送させ
ていただいております。今年は平年より1週間程度、熟期が進ん
でいるので、8月8日ごろまでが桃あかつきのピークになりそう
です。まだまだ数に余裕がありますので、皆さんのご注文お待ち
しております。
http://www.ogurayamashop.com/category/31/


例年、B品桃の発送もしております。主に穿孔(せんこう)病と
いわれる黒い斑点あとのつくものです。空気中のウイルスが強風
や強雨が原因で桃の果実表面や葉っぱを穿孔(穴をあける)し、
見た目はやや問題ありますが、桃の果肉までは影響がなく、美味
しく食べてもらえるものです。下記の値段で発送しておりますの
で、家使いや加工原料としても気軽にお使い下さい。

*桃B品3キロ2000円。5キロ3200円。このメールに返
信でご注文ください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

< その他の農産物情報 >

---------------------------------

★★ りんご狩り会員受付  ★★
*りんご狩り会員受付の申込みがスタートしました。今年の開園
日は11月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日
(日)の4日間を予定しています。詳細はネットショップをご覧
ください。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/

----------------------------------

★★ 年間コース会員受付  ★★

おぐらやま農場の「年間コース会員」の募集をしております。どう
ぞ下記ウェブサイトから内容を確かめていただき、皆さんの元
へ、農場の旬の果物の味をお届けさせていただきたいと思いま
す。
http://www.ogurayamashop.com/category/16/

前年の9割の方が継続申込みをしてくれるのは本当に有り難い
限りです。じわじわとお客様が増えて来てくれましたが、農産物
の送り手と受け手の心豊かな関係を地道に作っていきたいと
思っています。どうぞご検討下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< たんじゅん農交流会にて 今回は国際的に >

7月11日に今年2回目のたんじゅん農交流会を開きました。
今回は南米ボリビアのバジェグランデ市という町の市長さんが
なぜかおぐらやま農場の果樹園の見学、研修に来るということ
で、「それならぜひたんじゅん農に触れてほしい」と思い、お
ぐらやま農場と近隣の炭素循環へ転換中圃場を見学し、「城さ
んのたんじゅん農講座」で面白い話をたくさん聞いてもらいま
した。。


まだ40代の若い市長さんで、とっても熱心に話を聴き、質問
などもされていました。ボリビアの農業はここ10数年で大き
く様変わりしてしまい、肥料・農薬に頼らなければいけない形
になってきてしまったそうですが、それを有機農業で営農して
いける方法はないかという市長さんの願いに少しでも適う研修
にしたかったのです。


よくよく市長さんの話を聞いていると、「日本のどこかで有機
農業を学び、実際に営農していける若い人材を育てたい。その
場所を探している。渡航費は市の予算を付けられる。」と、実
は市長さんなりの隠れテーマがあったことを知りました。


私達の農場がそれに応えられるだけの地力を持っていればいい
のですが、まず言葉の問題(スペイン語は全くわからない)、
そして農場のレベルの問題、いろいろ課題はあります。でもい
つの日かそんなことでボリビアという国に貢献できる機会が来
るとしたら素敵なことだなと、野心めいた思いが出てきたのも
事実です。


今はマレーシアの農業大学の学生がインターンシップをかねて
4人ウーフに来ています。3か月の滞在もあと2週間もありま
せん。彼らにとっても今回のたんじゅん農交流会はとても刺激
的だったようです。無理なく品質と収量を伸ばす有機農業のベ
ースに炭素循環がある。世界中どこでも通用する原理です。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

桃の予約受付がはじまりました おぐらやま農場だより その251 2016・06・19 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その251 2016・06・19 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< 桃の予約受付始まりました >

なかなかメールマガジンが出せずに申し訳ございませんでした。
農場はまさに農繁期の真っ盛りで、果樹園の摘果作業を一日も早
く終了させるべく、梯子(はしご)を上り下りしながら、良い実を選
びそれ以外の実を落としていく作業が続いています。


おいしい桃や梨、りんごを皆さんに届けるにはたくさんの農作業
行程があるわけですが、摘果作業は遅れれば遅れるだけ、落とし
ていく果実に栄養が回ってしまうので、どれだけ手早く果樹園を
回れるかということが、とても重要なのです。


そして、桃の収穫時期がだんだん近づいてきましたので、例年の
ように予約受付を開始しましたこと、皆さんにお知らせいたしま
す。ネットショップよりどうぞ。
http://www.ogurayamashop.com/category/31/


桃は、梨やりんごよりも日持ち期間が短い果物ですので、あらか
じめの予約注文を今から段取りしておくことが大切な事なので
す。どうぞ皆さま、お早目の注文をお願いいたします。


今年も炭素資材を生かして微生物環境を整え、微生物が土の
中で作り出す発酵養分で桃が成長しています。今年も化学肥
料・有機肥料とも無縁でお世話してきた、おぐらやま農場の果
物が今年も始まりますのでどうぞお楽しみに。


殺虫剤・殺菌剤等の化学農薬散布量は一般標準の30%以下
という現在の当農場基準に沿ってやっております。この基準で
お世話していくのが、数年前は大変だったのに、今年は安心し
てみていられるようになってきたのが嬉しいです。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

< その他の農産物情報 >

★★ 無肥料無農薬栽培の美味しい人参  ★★
*あかり農園の今井さん人参です。残りあと4ケースほどですが
冷蔵庫で保管してあり、まだ状態は大丈夫です。おぐらやま農場
が取り組んでいる炭素循環(たんじゅん)栽培です。品種も同じ
アロマレッド。よろしくお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/

---------------------------------

★★ りんご狩り会員受付  ★★
*りんご狩り会員受付の申込みがスタートしました。今年の開園
日は11月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)の4日間
を予定しています。詳細はネットショップをご覧ください。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/

----------------------------------

★★ 年間コース会員受付  ★★

おぐらやま農場の「年間コース会員」の募集をしております。どう
ぞ下記ウェブサイトから内容を確かめていただき、皆さんの元
へ、農場の旬の果物の味をお届けさせていただきたいと思いま
す。
http://www.ogurayamashop.com/category/16/

前年の9割の方が継続申込みをしてくれるのは本当に有り難い
限りです。じわじわとお客様が増えて来てくれましたが、農産物
の送り手と受け手の心豊かな関係を地道に作っていきたいと
思っています。どうぞご検討下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ふじりんごの保存テストのつもりで、冷蔵庫の中に置いてある
コンテナがいくつかあります。さすがに収穫したてのパリパリ感
は変化してきますが、それでもこれだけ美味しい状態で保存で
きている事に驚いています。


4分の1くらいは傷んでしまって出荷できるような状態ではない
のですが、試験的にホッキ貝焼成粉水溶液に5分間付け込ん
だりんごの状態がなかなか良いので、来シーズンのりんご保存
に可能性が見えてきました。6月まで美味しいりんごが販売でき
るようになったら、みなさんの食卓で使ってもらえる期間もずい
ぶん伸ばせると思います。楽しみにしていて下さいね。


今回は取り急ぎの農産物情報でした。最後まで読んでいただき
ありがとうございます。天気予報では安曇野でも今週の最高気
温が34度まで上がるかもという予報が出ています。今年は記
録的な猛暑になるのでしょうか。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

[224]熊本地震へ 私の出来ること < おぐらやま農場だより その250 2016・05・12 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その250 2016・05・12 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*農場ブログ 
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/
*農場フェイスブック
https://www.facebook.com/ogurayama

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


< 熊本地震へ、私の出来ること >

農場のお客さまに大阪在住だけれど、熊本県西原村に少し前まで
住んでいた方がいて、その方が支援物資の受け取りと避難所への
配達が出来る西原村の方を紹介してくれたおかげで、農場からま
るかじりりんご60キロをお届けすることができました。

そこからさらに南阿蘇村の受入先を紹介していただき、そこにも
昨日45キロのりんごを発送させてもらいました。避難所の食事
はどうしてもビタミン不足になりがちだとのことでとても喜んでいた
だけたこと、現場の様子を電話を通してですが聞かせていただい
たことが、とても嬉しかったです。

まだまだ美味しく食べられる「まるかじりりんご」が冷蔵庫にあ
と25ケースほどありますので、熊本地震の避難所で使ってもら
うものとして発送希望の方がおられましたら下記より注文くださ
い。送料負担は農場がさせていただき、迅速に発送するよ
うに致します。行き先は西原村・南阿蘇村になる予定です。
http://www.ogurayamashop.com/category/46/

全国からの支援物資はどの自治体にも相当数が集まっているよう
ですので、本当に役に立つ状況なのか、現場の負担にならないか
など、よく確かめさせてもらいました。救援物資がすぐに集まっ
てくるこの国に住む人たちの気風に頼もしさを感じるのは私だけ
ではないと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


< 最新農産物情報 >

★★ 支援物資としてりんごを ★★
上記の通り、直接支援物資としてお届けできる枠も出来ま
したので、ご協力いただける方はどうぞよろしくお願いいたしま
す。
http://www.ogurayamashop.com/category/46/

「大玉」・「中玉」・「家使い」りんごは終了となりました。

-------------------------------

★★ 無肥料無農薬栽培の美味しい人参  ★★
*あかり農園の今井さんより、人参が届きました。苦み・雑味の
ない美味しい人参なのですが、やや小ぶりですので、B品価格で
出させていただきます。おぐらやま農場が取り組んでいる炭素循
環(たんじゅん)での栽培です。品種も同じアロマレッド。あと
1か月先ぐらいまでは十分に発送できると思いますので、よろし
くお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/

-------------------------------

★★ 贈り物にピッタリのジュースとジャムセット ★★
*父の日などのお祝いや記念日などに、おぐらやま農場のジュー
スセット・ジャムセットはいかがでしょうか。熨斗(のし)の指
定やご希望のメッセージなどありましたらこちらで印刷して同梱
いたしますので、気軽に申し付け下さい。
http://www.ogurayamashop.com/category/24/

---------------------------------

★★ りんご狩り会員受付  ★★
*りんご狩り会員受付の申込みがスタートしました。今年の開
園日は11月12日(土)・13日(日)・19日(土)・2
0日(日)の4日間を予定しています。詳細はネットショップ
をご覧ください。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/

----------------------------------

★★ 年間コース会員受付  ★★

おぐらやま農場の「年間コース会員」の募集をしております。
どうぞ下記ウェブサイトから内容を確かめていただき、皆さん
の元へ、農場の旬の果物の味をお届けさせていただきたいと思
います。
http://www.ogurayamashop.com/category/16/

前年の9割の方が継続申込みをしてくれるのは本当に有り難い
限りです。じわじわとお客様が増えて来てくれましたが、農産物
の送り手と受け手の心豊かな関係を地道に作っていきたいと
思っています。どうぞご検討下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


初夏の爽やかな季節になってきました。果樹園の摘果作業も
いよいよスピードアップです。地元の方でお手伝いしてみたい
方、気軽に声をかけて下さいね。農産物で御礼をさせてもらう
「縁農サポーター」さんになってみませんか?

それではまた次回まで。最後まで読んでいただきありがとうご
ざいます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード