スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンパンタワーの法則

2016年10月21日

これまでどれだけの人にお世話になりながらここまで年を重ねてこれたか。
そんなことを感じ味わいたい日。
私の気に入っているマツダミヒロさんのシャンパンタワーの法則をシェアしまーす。
一番上から満たしたいね( •ॢ◡-ॢ)-♡


2016年10月21日2

【シャンパンタワーの法則】

シャンパンタワーの法則とは
シャンパンタワーをピラミッド状に積み上げてグラスをこんな風に見立てます。

1番上のグラスを自分自身と見立てて
2段目を、家族(身近な人たち)と見立て、
3段目を友達や一緒に働くスタッフと見立てて
4段目をお客様と見立てていきます。

こう考えた時に、
あなたは何段目からシャンパン(エネルギー)を注いでいますでしょうか?

中には、
4段目から、という方もいるかと思います。

4段目は
お客様の段なのでお客様優先で行動しているパターンです。
顧客満足度を上げる、という言葉を聞いたことがあると思いますが
いかにお客様に満足してもらえるか?という考えです。

例えば、
自分が休みの時でも、
取引先から要望があったら
休み返上してお客様の為に対応してあげよう。

もしかしたらここでは
自分や家族が犠牲になるかもしれません。

ここだけだと、
一番下の段の1つのグラスしか満たされません。
「顧客満足度」の他にこんな言葉を聞いたことがあるかと思います。

「従業員満足」もしくは「社員満足度」
お客様も大事だけど、
そこで働いている人がイキイキしていたほうがいいよね、
という会社です。

スタッフが満たされていると
お客さんにもいい接客ができますものね。

この場合は
3段目から満たしていることになります。
そうすると

3段目が溢れて、4段目も満たされていきます。
さっきよりも、だいぶいっぱいになってきました。

学校に授業に行くと
PTAなどでお母さんたちに講座をすることもあります。

お母さんたちは
2段目から満たしていることが多いです。

自分はさておき
子どものために、時間を費やしている
旦那さんのためにエネルギーをつかっている。

もちろん、これも素晴らしいのですが
そうすると2段目がいっぱいになり。
3段目4段目が溢れていきます。
でも、全体は満たされません。

全体を満たすためには、
一番上のグラス、
そう自分のグラスをまず最初に満たさなければいけないのです。

自分の心のグラスを満たして
その溢れたエネルギーで家族を満たし、
その次にスタッフ、お客様と満たしていくことが必要です。

自分が満たされていない状態で、
誰かのために、
何かをしてあげても
その人にとってはありがたくないですよね。

ある看護師さんから聞いたのですが
自分がつらい状況にもかかわらず
患者さんのため!

とおもって、がんばって看護をしていたそうです。

そうしたら
患者さんから
「あんたの方こそ入院したら?」
と、お叱りを受けたそうです。

まずは、
自分を満たしていくことが大事ですね。
パートナーシップでも、
まずは自分を満たすことが大切です。
満たされていないと、
相手に対して「求め過ぎ」になってしまいます。

では、
自分を満たすにはどうすればいいのか?

自分を満たすには
自分が喜ぶちょっとしたことをすることが大事。

これをすると癒やされる
これをすると元気になる
これをすると嬉しい
これをするとほっとする
これをするとほっとする

1日5分位でもいいからできる、
自分を満たすことをやっていきましょうね。

スポンサーサイト

【ただいまパソコンの中身断捨離中♪♪いい言葉シェア5】

2016年10月17日

簡単な答えを探すよりも
本質に基づいて考える癖をつけると
何が起きても生きていける本物の力が身に付きます♪
            by トシさん
今お世話になっている方からのメッセージです。
本質を身につけながら自己成長したいな。

【ただいまパソコンの中身断捨離中♪♪いい言葉シェア2】

2016年10月10日

人生は100歳まで生きたら36500日
90歳まで生きたら32850日
80歳まで生きたら29200日
70歳まで生きたら25550日
60歳まで生きたら21900日
50歳まで生きたら18250日
40歳まで生きたら14600日
30歳まで生きたら10950日
20歳まで生きたら7300日
10歳まで生きたら3650日
1歳まで生きたら365日

自分の1代前には父親と母親がいます。
自分の2代前には父の父と母、母の父と母がいます。
自分の10代前には1024名の父と1024名の母がいます。
自分の10年前には2048名の人間がいます。
そのほとんどがあらゆる状況ですでに亡くなっていて
今生きている我々はその氷山の一角と言えます。

人類が生と死を繰り返す中で、
新陳代謝を繰り替えし、先祖代々のDNAを引き継いだ
最新の生物があなたであり私であり父です。
奇跡的なバトンリレーで受け継がれていく命。

不安だなんだと愚痴や不満を言ってる暇などないんです。
人生はあっという間に終わります。
今日と言う日を、「今」を、大切に生きてください。
死ぬまでにやりたい事など、実は
明日にでも本気でやろうと思えばできる事である事は多いです。

そのうちやろう、と思っていて、
いつ人生で何が起こるかわかりません。
だから、私は常にやりたい事はやり尽くしており、
死ぬまでにしたい事は、今ではありません。
今は今、できる事を全力でやりきります。
鈴木校長

【ただいまパソコンの中身断捨離中♪♪いい言葉シェア1】

「断捨離」

(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、
生活や人生に調和をもたらそうとする
生活術や処世術のこと。
神・櫻庭さんにより説かれ
行動した人の日常が変わっています。

【コンセプト】
モノへの執着を捨てること。

【目的】
モノへの執着を捨て、身の回りをキレイにするだけでなく、
心もストレスから解放されてスッキリすること。

【概要 / 意味】
断捨離(だんしゃり)とは、ヨガの「断行(だんぎょう)」、
「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という
考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、
また捨てることで、モノへの執着から解放され、
身軽で快適な人生を手に入れようという考え。

断、捨、離のそれぞれの意味。
断=入ってくる不要なモノを断つ
捨=家にずっとある不要なモノを捨てる
離=モノへの執着から離れる

従来の「もったいない」「まだ使える」というモノを軸とした
考え方ではなく、「このモノは私に相応しいか」と問いかけてみる
??つまり、主役はモノではなく「自分」。
「モノと自分との関係性」を軸に取捨選択していく技術のこと。
断捨離の時間軸は、いつも今。今持っているモノ、1つ1つに対して、
今の自分にとって必要かどうかを問いかけて、取捨選択していく。
思い切ってモノを手放すことで、空間・時間・エネルギーにゆとりが出て、
それが気持ちのゆとりにつながる。
引き算の法則(必要なもの以外捨てていくこと)で人生の停滞を取り除き、
新陳代謝を促す。

■断捨離の効果
断捨離することで、思ってもないような様々な効果が得られる。
・片づけられない原因がわかる。
・捨てられないと思っていたものが捨てられるようになる。
・整理できるようになる。
・整理された状態を維持できる。
・大切なことに集中できるようになる。
・余計なことに煩わされることがなくなる。
・仕事や他人との関係性も見直すことができる。
・自分軸をもっと大切にする生き方ができるようになる。
・ストレスが減って気持ちが楽になる。
・健康になる。

■断捨離の方法
【1】まずは断捨離の心構え、考え方を身につける
断捨離をうまく行うためには、考え方をしっかり身につけることが大切。
考え方がしっかりしてないと、断捨離はうまく進まない。
「モノというものは本来、自分の生活を豊かにするためにある」
という考えを軸に、今の自分にとって必要かどうかを問いかけ、
思い切って捨てる。
以下の言葉が、捨てるために役立つ。
・迷ったらゴミ
・使わなきゃゴミ
・なくしても買いなおさないものは捨てろ
・いつかは絶対来ない「いつか使う」は絶対無い
・使えるか、ではなく「使っているか」
・高いものはすぐ使え
・古い化粧品は女を古くする
・悩む理由が値段なら買え。それ以外ならどんなにお得でも買うな
・こんなに洋服持っていても、いつも同じ服着てるだろう?
・普段使ってないのにとってあるもの。災害時にそれ持って逃げますか?
・全部捨てたら未来だけ残る。
・思い出の品を捨てても、思い出は消えない。
・過去を捨てなくては、未来の場所がない。
・服があるから福が来ない  紙があるから神が来ない。
・心の隙間をゴミで埋めるな、 言い訳するより振り分けろ。
・明日は明日のゴミが出る。
※捨てることよりも大切なのは、いらないものを買わない、もらわないこと。
※捨てる前に、必要としている人にあげるなど、リサイクルを考える。

ライフワークとは、人生の質を表現する方法だ 10月3日

【ライフワークとは、人生の質を表現する方法だ】

夕方、人参をとりに畑へ。
目の前には夕焼けと雲に覆われた山がどーーん。
虫の声がリンリンと聞こえる。

「静かだな~~~。」

もうすぐ美味しい栗ご飯が炊ける。
みんなでせっせと向いてくれた栗。

昨日りんごのオーナーさんにいただいた豚肉のブロックも
ローズマリーとタイム、特製の塩こしょうをぬって、
オーブンの中で待ちかまえていてくれる。
明日出発の2人が腕をふるってくれている。

そしてパンプキンスープ。裏の畑でとれたかぼちゃを
日本人女性ウーファーさんがおいしそうに料理してくれている。

私はサイドメニューのにんじんとピーマンをとるところ。

「幸せだな~~」

にんじん畑の中に立って、近すぎるぐらいの空をみながら、
心の中から湧き上がる、そんな気持ち。

夕食時、明日出発の○○ちゃんの希望で、それぞれ「大切なもの」を3つ発表。

10人それぞれ全く違うのが面白い。

豊かな食事。豊かな食卓。

2016年10月3日

今日読んだ本の一説

「ライフワークとは、人生の質を表現する方法だ。君が持っている人間としての喜びと愛を、どんな仕事を通じて表現したいかだ。」

「どんな職業を選んでも、すべては君の仕事と他人への愛の表現だということに気づいてもらいたい。」

「完璧な仕事に出会ったら、その愛がでてくると思っている。しかし、現実は逆なんだよ。自分と向き合い、才能を開発して、自分のすべてを分かち合おうと努力する人に、心の平安と、富、友情、人生の充実感がもたらされるのだ。心から与えようと思った人間は、与えられるようにできてるんだよ。」

「人生に迷ったとき、自分が何をすれば楽しいのか、胸に手を当てて聞きなさい。そして自分のハートの声を、人生の羅針盤にするのだ。自分の中にあるドキドキ、ワクワクを感じなさい。

何も聞こえないとしたら、それは君が忙しくしすぎているせいだ。君の声が日常の雑事でいっぱいになり、心の声がかき消されている。そういうときは、心を静かにしてハートの声に耳を傾けるときだ。」

母の喜び 5月11日

今週の日曜日は、「母の日」でしたねー。

私は用事があり、早朝から夜中まで東京にいたのですが、
夜中2時ころ家について、ふと仕事部屋を見ると、


2016年5月11日

なんとお花とメッセージとプレゼント。

ほろり。。。

いやあ、やっぱり嬉しいですね。

完全なるサプライズでした。

子育てしていると、
365日、毎日子供たちからプレゼントしてもらっている気がします。

サッカーに燃える息子の試合中の姿だったり、

お風呂で聞く、子供の練習中のピアノの音色だったり、

学校帰りにつんできてくれる野の花だったり、

たどたどしい字で書かれたお手紙だったり、

一緒に歌う時間だったり、

一緒にお料理する時間だったり、

一緒に百人一首をする時間だったり、
(末っ子くんが映画「ちはやぶる」に影響され、
我が家のはやりです)

毎日がプレゼント。

毎日楽しそうな姿、

嬉しそうな笑顔。

母親っていいですね。



今日はウーファーさんたちが、
行きたいといっているので、子供たちも一緒にみんなでカラオケに行ってきます!!

ちょうど雨だし、畑仕事もお休み。

楽しんできまーーす^^

そうそう、母の日のプレゼント、
きっと主人が仕組んでくれたのでしょう。
ありがとう。

【今日の学び】
他の人の喜びを自分の喜びにできるっていいな。

【魔法の質問】
どんな喜びが好きですか?

おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。








自然の中で子育てすること 1月24日

昨日1月23日の夜、外を眺めていた娘が、

「そっかあ、明日満月だからこんなに外明るいんだね」

夜8時くらいの確かに真っ暗なはずの外が月明かりと雪あかりに照らされて、
夜なのに周りの景色がよく見えるぐらい明るいのです。

こんな言葉を子どもの口から聞いた時に、
こういう場所に住んでいてよかったあーーって思います。

信州安曇野での田舎暮らし。
凍てつくような寒さの冬は本当に凍りつくようなときも
ありますが、

やっぱり自然が身近にある
田舎暮らしっていいなって思うのです。


2016年1月24日どあい冒険倶楽部黒沢の滝1
家から1時間ほど歩いたところにある黒沢の滝。凍ってます。


月の明るさを感じられる。
星の美しさを感じられる。
夏の暑さ、冬の寒さ、
春が来た喜び、秋の美味しさ(笑)
を感じられる。

そんなことを全身で感じ取りながら、
育っていける環境。

今はラピュタがなぜ滅びたのかあたしよく分かる。ゴンドアの谷の歌にあるの・・・

『土に根をおろし、風と共に生きよう。
種と共に冬を越え、鳥と共に春をうたおう。』

どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、土から離れては生きられないのよ!


はジブリ映画「天空の城 ラピュタ」のシータのセリフ。

土と共に、
自然の中にいるからこそ、

感じられること、
育つこと、

がたくさんあると思うのです。

今日は凍てつくような寒さの中、どあい冒険クラブに参加。
雪道を歩くこと2時間。素晴らしい滝に出会ってきました。

子供たちもものすごい経験をしたのではないかな。

2016年1月24日どあい冒険倶楽部黒沢の滝2

雪道を2時間も登り続ける体験。

手が凍りついて、手袋の自分で履けないぐらい
冷たくなってしまう体験。

そんな中でのお湯がある、
温かいものが食べられる体験。

家に帰りついてあったまったときの安堵感。

お家の人の温かい笑顔。

お友達といる楽しさ。

違う年齢の子と過ごす体験。

常に子どものことを優先に考えている
どあいのスタッフさんたちのあたたかさ。

いやあ、親としてもいい経験でした。
自分の基準抜きに子どもの今を見ることの大事さを
学んだ一日でした。

【今日の学び】
全てを全身で受け止める。

【魔法の質問】
そのままを感じていますか?

おぐらやま農場の無農薬栽培人参はこちらから

ふじりんご大好評販売中です。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。






宇(そら)と繋がる 12月6日

今朝、4時半ころ起きて外に出て、
空を眺めていました。

早朝ですが、
まだ辺りは真っ暗で、
空には満天の星空と三日月のお月様。

12月にしては、
とてもあたたかいので、
ゆっくりと深呼吸しながら
宇宙にすっぽり包まれている感覚で
広ーーーい星空を
見上げていました。

遠くに見える松本平の明かりと
星明かり、月明かり以外は
真っ暗なので、星のひとつひとつの
輝きがよーく見えます。

そんな中大きな星空の下にいると、
「あーー、自分って宇宙の中にいるんだなー」

とか
「宇宙と繋がっているんだなー」

って心が嬉しくなっちゃいます。

そんな時は、決まって流れ星が
シャーーって。

宇宙からのプレゼント。

まるで、「そうだよ」って
挨拶してくれているみたい。

毎日暮らしていく一日の中で、
最近は、こんな風な実感がもてる時間を
大切にしたいなって思います。

2015年12月6日

【今日の学び】
いつもは見えていなくても、存在しているものの大きさ。

【魔法の質問】
自然を感じていますか?

おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんご大好評販売中です。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

お盆 お墓参りに思うこと 7月13日

昨日はお盆の父親のお墓参りで実家のある横浜に行ってきました。

竹林を通って行くと、小高いヨコハマが見渡せる小高い丘に、オシャレなお墓が立ち並んでいます。

2015年7月13日


最近のお墓はオシャレで、やわらかいピンク色のお墓もたくさんあります。

お墓に「感謝」「一家団欒」「いつも一緒」など、
こじゃれた言葉がメイン中央に彫ってあったりするんですよ。


父親のお墓には「和」。


お墓の前で、母親、弟、おじさんたちと父のこと話しながら大笑いしました。


こんな風にお墓の前で皆に笑ってもらえる父親は、やっぱりユニークで人が好きだったんだなーって思います。


真っ青な空、夏の空気が美味しい!


きっとどこかで見守ってくれている父、ご先祖さまに想いを馳せました。


命のバトンをつないで来てくれて、
今のところ私は最終ランナーから2番め。

しっかりと楽しくいきなきゃなって。

遠い、遠い昔から続いてきたイノチの営み。

深いですね。

前の日にたまたま戦国時代のお話を聞いていたので余計に
不思議な感じがします。


いよいよ夏本番!!
ご自愛ください。

【今日の学び】
考えるよりも感じたい。五感をつかって。

【魔法の質問】
今、どんなことを感じていますか?

桃、お中元受付中です!!

りんごの木のオーナーさん募集中です。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。


3月4日 【子育ての本当のストレスとは?】

【子育ての本当のストレスとは?】

友達に紹介されて、読んだあるブログの記事です。
なるほど~~。こんなに深く考えられるこのママさんは素晴らしい。
小さな子のいるママさん、パパさんは目からウロコかも。確かに、確かに。うん、うん、とうなずき解決策の見つかる記事です。うちはもう大きくなったので、この達成感のある日常を送っていますが、子どもが小さいとね。
たこあげ
*写真は文章とは関係ないけど、昭和の時代ではなく、今年のお正月に子どもたちが佐賀の友人の畑でたこあげをしているところです。



___________________________
今2ヶ月のトウくんが
まだお腹の中にいた頃

友人の結婚式に参加し
その結婚式終了後

式に参加していた同級生とご飯を食べに行ったことがありました。
その食事の席にその年結婚した男友達がいて

みんなでその男友達の結婚生活の話や奥さんの話など
たわいもない話をして盛り上がっていました。

そんな時
誰かが言いました。
「お前、子どもは?」
と。

そしたら
その男友達はこう答えました。

「子どもはしばらく考えてないんだ。
うち共働きで奥さんも働いてるし。
奥さんは子ども欲しいって言ってるんだけど、俺はまだいいかなって。

俺、周り見てて思うんだけど
女の人って
自分が子ども欲しいって言ったくせに
いざ生まれると
大変だ、大変だって文句しか言わなくなるだろ?

自分で望んで仕事辞めて子育てに専念したはずなのに
子育てつらいって言うのなんかおかしくない?

それに
「子育てしてると
ゆっくり座って休む暇もなくて大変だ」
って 本当によく聞くけど

でも それなら俺たち男だって
仕事してて座って休めるのなんか
昼の1時間の休憩くらいだよ?

それなのに
「私の方が大変」とか
「あなたは好き勝手できていいわよね」とか言ったり
旦那の文句を
ママ友とかに言ってるのって理解できない。

だから俺は
奥さんが子育てを大変だって言わないくらい自分で責任持てるようになるまで
子どもは考えてないんだ。」
と。

その話を
独身の子たちや
結婚したけどまだ子どものいない女友達
結婚して子どもがいる男友達たちは
ふんふんと聞いていました。

結婚して子どもがいる女は私だけだったので
「ねぇ、ママちゃんはどう思う?」
と話を振られたりしたけど

その男友達が言いたいことも分からなくもなかったので
(実際 自分の環境に文句ばかり言うママもいるので。。。)

その場は
私も適当にふんふん言って話を聞いて過ごしました。

それでも
ものすごく釈然としない気持ちがこころにあって

とりあえず
「この男友達と結婚しなくてよかった」
とだけ思って話を聞いてました。笑

まぁ向こうも私なんて願い下げでしょうが。笑

その場では
自分がなぜ釈然としないのか自分でも分からなくて
男友達の話に反論することはしなかったけれど
男友達の言い分も分かるのに
なんでこんなにもやもやして釈然としないのかなぁ
と 私なりにその後ずっと考えてました。

そして 気付いたんです。
子育ての何が大変なのか
ママたちが子育ての何を大変だと感じているのか
その本質をちゃんと理解されてないからだと。

男友達は言ってました。
「子どもがいると座って休む暇もないって言うけど
男だって座って休めるのは昼の1時間だけだ。」
と。

確かにそうだと思います。
仕事していても
休む暇もなく身を粉にして働いてる人は大勢いるでしょう。
睡眠も満足に取れずに働き続けている人だってたくさんいます。

でも ママたちが
子育ての何が大変だと思っているのか
それは休む時間がないことや
睡眠不足という“時間”という概念ではないんです。

子育ては
自分の意思とは無関係に
自分のやろうとしていたこと・したかった行動を子どもに遮られることの連続です。

「ご飯を食べ終わるまでイスに座って食べる」
「トイレに普通に入って用を済ませてからトイレを出る」
「洗濯物をお昼までに外に干す」
「市役所に普通に電話をかけて、話し終わったら電話を切る」
など

自分のしたいことを
自分の意思に反して途中で他者によって遮られること
そして自分がやりたいことをしている途中で

予定外に別のやらなければならないことが次々に舞い込むことが
こんなにフラストレーションが溜まるものだということを

私も子育てをするまで知りませんでした。

だから同じ睡眠3時間でも
3時間後に起きると自分で決めて
自分の意思で起きる3時間と
自分の意思とは無関係に
いつ起きるか予測できない子どもの泣き声で
無理矢理眠りから起こされる3時間は
違うと言いたい。

同じ昼間の休憩1時間でも
自分のやりたいように過ごせ
すべてを自分の思い通りに行動を完了させることの出来る1時間と
自分のやりたいことがあっても
途中で子どもに呼ばれたら
どんなにやりたいことが中途半端で気持ち悪くても
子どものもとへ駆け寄り終わってしまう1時間は
違うと言いたい。

自分の行きたいタイミングで
用が済むまで便座に1人でゆっくり座っていられるトイレと
どんなにゆっくり入っていたくても
ドアの前で「ママー!」と泣いてる子どもの泣き声を聞きながら慌てて入るトイレは
違うと言いたい。

自分の食べたいものを
自分の食べたいタイミングで
きちんと最後まで座って食べられるお昼ご飯と

食事の途中でも
「おしっこ!」「ウンチ出た!」「牛乳ちょうだい!」「フォークがいい!」
と言われる度に席を立ち
子どもに食べさせ終わってから食べる冷めたお昼ご飯は
違う と言いたい。

でも
それって
本当は当たり前なんですよね。
だって別人格の人間を相手にしているわけですから

ママのやりたいことが
全部叶わなくなるのは仕方のないことだと思います。

それでも
なぜ自分の行動を途中で遮られることが
こんなに苦しいと感じるのか
私なりに考えたんですが
それって達成感を得られないから。
やり遂げる喜びを実感できないから。
ではないかと思ったのです。

人は「~をしたい」と思った時
その欲求を満たすために
脳が体に命令を与えて行動を起こします。

つまり
私たちの全ての行動
例えば「ゴミを拾う」というような
どんなささいな行動であっても
「~したい」という欲求から始まっているんです。

そしてその目的を達成し
欲求が満たされた時
初めて人は達成感を得ることができます。
達成感を得た時
私たちの脳内では
ドーパミンという
別名 快楽物質と呼ばれるものが分泌されます。

そして
そのドーパミンが分泌されることで
私たちは幸せや満足を感じるのだそうです。

でも
毎日毎日
同じことの繰り返しが延々と続くような
目に見える結果が得られにくい家事と育児をしているママたちは
このドーパミン不足達成感不足なのではないかな
と思ったのです。

そして
先程の例えで言えば
床に落ちてるゴミを拾おうと
腰をかがめ
手を伸ばし
ゴミをつかもうと手を広げたその腕を
他者にいきなり遮られた時

「ゴミを拾いたい」という目的は達成されず
欲求が解消できないこと
途中で行動を遮られたことに
人はイライラやストレスを感じます。

その状態が24時間365日。

それが
子育てを大変だと感じてしまう
大きな要因なのではないかと思いました。

提出書類を部長に渡しに行き
ハンコをもらうという簡単なことなはずなのに
風が吹いて書類は飛ばされ

やっとつかんだ書類に同僚がコーヒーをこぼし
書き直そうと思ったらコピー機は故障中
手書きで書こうと思ったらボールペンがインク切れ
別のペンを見つけ出してやっと部長へ提出出来ると思い歩いていたら

なぜか床からモグラが出てきて
モグラにつまずき転んで書類が破れる。
そこに経理のエミちゃんが現れて
「これとこれ急ぎの仕事だから早く書いてください」と別の書類の山を渡してくる。

「あー。。。、
もう!!!」
ってなりますよね。

子育てしていると
モグラが床から飛び出てくることなんて
日常茶飯事です。

でも
勘違いしてほしくないのは
だから子育てしてるママの方が大変 とか
仕事してるパパのが大変 とか
そういうことを比べたいのではないということ。

ママの役割もパパの役割も
どちらも大変でどちらも大切です。
それでも
ママたちが子育ての何を大変だと感じているのか
ちゃんと知ってくれているパパや周りの人って
少ない気がするんです。

休む暇がないこと
それ自体が 大変なんじゃない。
自分という人間の
「~がしたい」という自然な欲求を
ことごとく途中で遮られ
封じ込められたような
そんな閉塞感
ちゃんと最後までやり遂げた!

という達成感を得られにくい毎日
そしてこの
「自分のやり遂げたい気持ちを
ことごとく他者に邪魔される」
というストレスを経験したことのないパパになかなか気持ちを分かってもらえず


やりたいこと(夢とかそんな大げさなことじゃなく日常の行動のこと)を
自分の赴くままに叶えていく世間の人たちが羨ましく感じられたりして
なんだかものすごく
1人取り残されたような孤独を
ママたちは感じたりするのだと思うのです。

ママたちがよく口にする
「1人になる時間があったらなぁ」
「自由な時間が少しでも欲しい」
というのは
リフレッシュしたいという意味ももちろんありますが

美容院にしろ
ショッピングにしろ
部屋の模様替えにしろ
自分のしたいと思ったことを
誰にも邪魔されず
最後までやり遂げたい
達成感を得たい欲求なんだと思います。

だから
ママたちが子育てから解放されたくなるのって
子どもから解放されたいんじゃなくて
自分の達成感を1人でちゃんと味わいたくなるから
なんじゃないかなぁって。

でも
その本当のところに気付いてないと
どうして
可愛い我が子、楽しいはずの育児でイライラしてしまうのか
子育てから解放されたい自分はダメなママだなぁって
自己嫌悪に陥るママもたくさんいるんじゃないかなって。。
でも、そうじゃないよ!!
みんな一生懸命子育てしてるよ!!

ただ、自分個人の人格が
子育てしてると行方不明になりやすいから
それで苦しくなってるだけなんだよ!
って

私は伝えたいのです。
そしてママたちが
子育てを大変だと感じるのは
達成感を得られないこと
だけでなく
その達成感を得たいのに得られないフラストレーションから
自分の欲求を遮る子どもにイライラしてしまう

そんな
今まで経験したことのない自分と向き合う毎日であり
そんなママの状態に興味を持って
こころをよせてくれないパパや周囲への
不満やさみしさなのではないかと思います。
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。