120歳まで健康に生きる道 ~43~ 「食べ物は・・・」

三九郎
1月にする三九郎という行事です。

1月も冷え込む日が続きました。気温がマイナス11度まで下がる日もあり、そんな日は、家の中にある洗濯機が凍ってしまい、ストーブであたためて、溶かして使います。(笑)「冷蔵庫壊れたかな?」って思ってしまうのもこの時期です。身体が常にマイナスの気温(冷凍庫より冷たい)に慣れてしまっているので、冷蔵庫の温度が生ぬるく感じてくるのです。人間の感覚っておもしろいですね。そのような中で、1月は剪定作業を進めてきました。みんな手も足も凍るーー!!と言った感じで、30度近くあるタイからきたウーファーさんは本当に凍えそうになりながら、がんばってくれました。

そして冬こそ健康管理が大切になってきますね。学校でもインフルエンザが流行ったりするので、我が家ではひたすら毎日の食卓メニューに「しょうが・ねぎ」を組み込んで、体温をあげ、免疫力アップをはかっています。今年来たフランス人のウーファーさんのアムザくんは、お母さんがマクロビオティックの先生をしているそうです。

若干22歳の青年なのですが、「食べ物は薬だから」という彼の言葉は、私のココロに不思議な感覚を残してくれています。食べ物は命であり、毎日の自分の命を生かしてくれる大切なもの。本来食べ物とは、そういうものなのでしょうね。昨年12月に中三になる息子と「人生を考える母息子旅」をし、とある10時間あるセミナーに参加し、宿坊に泊めていただいたのですが、その精進料理の中にこんな言葉が書かれていました。

「この食物は、私どもの心身を癒やす良薬と心得ていただきます。」他にも、
「この食物が食前に運ばれるまでには、神佛の加護と幾多の人々の労力によることと思って、感謝致します。」
「私どもの徳業の足らざるに、この食物をいただくことを過分に思います。」 
「食物に向かって、貪る心を起こしません。」
「この食物は、まことの道を行ぜんがためにいただくことを誓います」とも書いてありました。

毎日こんな気持ちで食事ができたら悟りが開けそうです。^^
とりとめのない話になりましたが、みなさま2月もご自愛ください。

<ニュースレター2月号より>

120歳まで健康に生きる道 ~42~ より楽しく、よりパワフルに

2017年ファミリー写真2

2017年、あけましておめでとうございます。本年もおぐらやま農場をよろしくお願い致します。正月が終わって、12月から食べ過ぎが続いたので、自分自身の内臓さんにもおやすみしてもらおうと正月明けに2日間の断食をしました。

今回は、主人も同時期に一緒にやっています。毎日「りんご、人参、しょうが、レモン」を低速ジューサーで搾ってくれているので、一緒にいただいちゃいました。こんな時に自分のところで育てている農産物のありがたさを感じます。りんごも人参も一般の育て方と違い、安心して食べれるので、断食時にもまるごとジュースにできるのが本当に嬉しいし、自分のパワーになるなと感じるのです。

断食をするといかに自分が食べ物に毎日のエネルギーをもらっているのか、体で感じられるのと同時に、普段いかに食べ過ぎているかも認識できます。(と言っても美味しいものは美味しいんですよねー(笑))

美味しいものもいっぱい食べたいし、楽しみたい。なので、
今年は定期的に内臓、体を休めるために、
ちょこちょこと断食をしようと思います。
食べ物の大切さを感じるいい機会にもなりますしね。

それと散歩もしっかりと毎日1時間以上はとることにしました。犬の散歩も兼ねているので、一石二鳥です。ここ最近は、裏山?!まで登るのが、とても気持ちがよく気にいっています。凛とした凍るような寒さの中でも上り坂を歩いていくと、軽く汗ばんできます。頂上から見える景色は安曇野、松本市を一望できるので、そこから自分の住んでいる地域をみるのが大好きなのです。お気に入りの曲をかけながら、上で軽くストレッチ、そして小さな、小さな神社でお参りをして帰ってきます。私にとっては、とても贅沢な1時間です。

筋肉は何もしないと年を1年重ねるごとに1%ずつ落ちていくらしいので、軽い筋トレですが、筋トレもしっかりとやっていきたいと思っています。50代から80代の方たちも一緒にやっているので、いつも刺激をもらっています。何歳になってもそうやって、がんばっている女性たちの中にいられるのは、嬉しいですね。今年もより楽しく、よりパワフルに過ごしていきたいと思っています。

<ニュースレター2017年1月号より>

120歳まで健康に生きる道 ~41~ 2016年に感謝!

2016年11月28日

「人生」といっても、それは1日、1日の積み重ねでしかない。
とは、誰の言葉だったでしょう?今月で今年も終わりとなります。
今年は、どんな1日、1日が積み重ねられたのだろうと考えます。

今日の夕暮れは、とても美しい夕暮れでした。もうほぼ暗くなっている山の稜線の上にエメラルドグリーン色の空、まん丸い輪郭が、しっかりと見えている三日月がぽっかりと浮かんでいました。そこに一番星がきらりと輝いています。思わず中3の息子と一緒に感嘆してしまいました。

夜には15分も空を見上げていれば、流れ星が見えるほどの満天の星空が広がっています。
いつもの年よりもだいぶ暖かいので、しばらく夜空を眺めていられます。

毎日やることがいっぱいで、忙しくなったり、目の前しか見えないこともあるけれど、空を見上げていると、いつでも宇宙の中に自分はいるんだな~~ってしみじみと思ったりします。

「何があっても大丈夫!!」きっとそれは、もっと人生がよくなる兆しだから。

たくさんの人に出逢い、たくさんの人とお話をしたこの1年。
子どもが随分と成長した姿を見続けることができたこの1年。
旦那さまともたくさん、たくさんお話を重ねてきたこの1年。

「ライフワークとは、人生の質を表現する方法だ。君が持っている人間としての喜びと愛を、どんな仕事を通じて表現したいかだ。」

2017年はそんなことをしっかりと考えてやっていきたいなって思っています。一生現役でいたいって思えるぐらいの毎日
を過ごしたいなって思います。今年も1年間ありがとうございました!!来年もぜひよろしくお願い致します。

120歳まで健康に生きる道 40 ベターッと開脚パート2

記事更新が遅くなり、11月のニュースレターの内容ですが、、、

ベターッと開脚パート2です。10月にできた開脚、
今はメンテナンス程度に時々やるだけですが、
おでこまでつかなくても結構いけますね。

いくつになっても体も頭も心も柔軟性をもちたいものです。

_____________________________________

こんにちは、てるちゃんです。いよいよふじりんごの季節になってきました。今日は小学校で子供たちの音楽会の発表があり、見に来ているのですが、子供たちの声に心が洗われるようです。うちの子供たちの通う小学校は全校生徒1000人弱の学校ですので、全校生徒で歌う合唱はそれはそれは大迫力です。

子どもたちの純粋な声が体育館中に響きわたり、こちらの胸にググッと迫ってきます。指揮者をみる子供たちの真剣なまなざし、歌う姿勢、音楽を楽しんでいる様子が全身から伝わってきます。子供たちからエネルギーをもらい、ホクホクの気持ちです。そして、歌をとてもよく歌う学校ですので、うちの子供たちも歌が大好きです。先日静岡のおじいちゃんの70歳のお誕生日に「わたしの子供たちへ(父さんの子守歌)」を家族で合唱しプレゼントしました。家族で合唱もいいものですね。

さてさて、タイトルの通り先月宣言した「ベターッと開脚」ですが、1カ月間やってみました!!
結果は写真の通りです。この体操も珍しかったけど1日10分ぐらいでいいので続けやすかったです。

20170307てる開脚

今回、これを1カ月間続けるために、自分の中で意識したことがありました。一つ目は、家族、ウーファーさんを誘い、一人でやらないこと。おかげさまで励ましあって、子供たちもウーファーさんも柔らかくなりました。二つ目は、このニュースレターの10月号で宣言したこと。宣言するとプチプレッシャーがかかるので、できないと恥ずかしく、続きました。そして3つ目は誕生日の日にFacebookに柔らかくなった姿をアップするぞとその日のことをワクワクと考えていました。これはとてもワクワクでした。何か続けたいときには、いろいろと続けられる仕組みを作っておくといいなと改めて感じました。


参考にしたのは、ベストセラーのこちらの本です。(クリックするとAmazonで見れます)



どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法



120歳まで健康に生きる道 ~39~ 「ベターッと開脚」

                          「ベターッと開脚」



どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

我が家に(私に?)新しいブームが起きました。この間、書店で見つけたこの本がどうしても気になり購入してさっそくやってみています。タイトルは「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」タイトルもすごいですが、この本を書いたEikoさんが実際に開脚をしている写真が表紙です。本当に見事にベターッと開脚してます!!ページをめくると72歳でもベターッ、68歳でもベターッ、66歳でもベターッ、と次々にベターッとしている女性の写真が!!!早速、本を読み実践です。今はすごく便利で本だけだとちょっとニュアンスがわからないものをYou tube で検索すると、ありました、ありました。Eiko 先生のやってくれている動画。いろいろありましたが、まずは開脚できるようにとはじめました。

まだ1週間ほどですが、これはすごい!!子供たち、ウーファーさんも一緒にやっているのですがみるみる柔らかく開いてきます。「えーーーーー!!すごーーい!!」末っ子くんは、おでこがつくようになったのが嬉しく、今朝も早くからYou tubeを見ながらひとりでやっていました。こんなに早く実感できるとやっぱり楽しくなってきます。ここまで短期間で柔らかくなるのは初めてです。しかも1日10分かかりません!1か月間なんとかサボらずに楽しみながらやってみようと思います。今月は誕生日なので、そのときまでには、ベターッが目標です!!ベターッってできたら来月号に写真載せますね(笑)お楽しみに!!

2016kazoku.jpg

写真は、久々の家族旅行で三浦海岸に行ったときのものです。夏は桃の収穫、出荷やらトマトの収穫などあって、なかなか行けませんが、久しぶりの家族旅行で嬉しかったです。おじさんの家の近くで釣りをさせてもらい末っ子くん大喜び。普段海なし県で育っているせいか喜びもひとしお。ドボドボと海の中に入ってしまい、最後にはカツオノエボシというクラゲに刺されてしまい、急いで病院へ行き、大変でした。。。末っ子君、今はクラゲ博士になるんじゃないかというぐらいクラゲ図鑑を毎日読んでいます。(笑)

120歳まで健康に生きる道 ~38~ 夏を終えて

karasawa3.jpg

ここ最近、毎日毎日加工トマトを収穫しています。フランスから来たウーファーさん3人と日本人のウーファーさんが3人、毎日6人でせっせとトマトをとってくれています。畑で顔が虫に刺されたりしてちょっと腫れたりしながらもがんばってくれています。このトマトは、トマトジュースになるトマトなのですが、トマトにもA品、B品があります。A品はそのまま加工所でトマトジュースに搾ってもらえます。B品は、傷ができたりちょっと黒ずんでいたりするので、出荷はできず家でカットしながら使っています。トマトが豊富でありがたいです。今の時期しかこんなに食べられないので、ここぞとばかりに毎日でもいただきます。体がトマトの赤さでとっても元気になる気がします。

この夏は、なかなかハイペースな夏でした。その中でも上高地の奥地の涸沢カールまで子供たちと一緒に登山できたのはとってもよかったです。小6の娘と小2の息子、すっかり頼もしくどんどんと登っていきます。私は途中で膝が痛くなってしまい、ゆっくりゆっくりの登山でした。自然の中をずんずんと歩いていくのは、とても気持ちがよく、空気がきれいで何回も深呼吸しました。夜の山の上では、幻想的な風景が印象的でした。子供たちが大きくなったら、山の上で何日間か過ごしてみたいなって思いを巡らせてしまいます。将来こんなことしたい、あんなことしたいって思いを巡らせるたびに健康で居続けないとって思います。

昨日中3の息子がおもしろい動画といって、102歳のおばあちゃんが自分の誕生日を祝ってもらって、ケーキにのっているキャンドルの火を吹き消そうとしたら、フーッとした瞬間に入れ歯がパカッと外れちゃって大笑いしているものを見せてくれました。見せてもらったら本当に大笑いだったのですが、このおばあちゃんすごくいい!!と思いました。102歳でもまったくボケていなく元気なこと。102歳の誕生日をこうやってみんなにお祝いしてもらえているいい人間関係があること、何より入れ歯が飛んだ瞬間このおばあちゃんが一番大笑いしてるんです。その大笑いにつられてこちらも笑ってしまう感じです。なんだかとても素敵なおばあちゃんだなって思いました。この夏はいかがでしたか?いろいろな夏を過ごされたと思いますが、いい秋を迎えてくださいね♪♪


karasawa1.jpg

120歳まで健康に生きる道 ~37~ メンテナンス、メンテナンス、メンテナンス

こんにちは、元気印いっぱいのてるちゃんです。この1週間は桃の収穫、出荷がピークで、出荷場に張り付きでした。この時ばかりは食事作りもウーファーさん、子供たちにお願いしてひたすら出荷です。桃は、ある時期が来ると急に収穫適期の桃が、同時にやってきます。そしてなるべく収穫したものはその日のうちに宅配便で皆さまのもとへ届くようにしています。りんごだと2週間から5カ月以上持ちますし、収穫の期間もそれなりに幅をもたせられるのですが、桃は収穫時期がきたら1日1日が勝負です!!!2日も外に置いておくとやわらかくなってしまって出荷ができません。(箱の中でつぶれてしまうので)それぐらい完熟で送らせていただいています^^これが市場に出すとなると本当に青いうちに収穫しないといけないんですよねーー。

momomo34.jpg

先日は早朝5時から次の日の4時までほぼ立ちっぱなしで出荷した日がありました。次の日が小学校6年生の娘の最後の吹奏楽のコンテストフェスティバルがあったので、それに行くために、その日に収穫してきた桃をすべて箱詰めして宅配便にのせなければいけなかったので。。。さすがに20時間ぐらい立ちっぱなしですと、足が棒になります。^^
しばらく寝不足状態も続いたのですが、少しペースが落ち着いた昨日は娘と温泉に入ってきました。車で5分で行ける温泉があるのは本当にありがたい環境です。ゆっくりと温泉に入り、サウナに入り、水風呂に入り、娘と女子トークに花が咲きました。そして夜も10時には布団に入り5時までぐっすり。

すっかり体がリカバリーされてきました。1年のうちにこんなことが何回かはありますが、必ずそのあとメンテナンスしないとですね!!寝不足だったら後からでもしっかり寝る。使いすぎたら休める。

リカバリーがどれだけ早くできるかは、普段の運動だったり、食生活が結構大事になってくるなって思います。特にバタバタとしているときには呼吸が短く、浅くなるので、深呼吸だけでも意識したいですね。今日は、最近使い過ぎた内臓休めのためプチ断食中です。長く身体さんに元気でいてもらうために、メンテナンスを意識していきたいものです。^^


120歳まで健康に生きる道 ~36~ 自分に目を向けてみる

 「自分に目を向けてみる」

いよいよ夏が近づいてきましたね。農場では毎日、桃の袋かけやらリンゴの仕上げの摘果やら、果樹園の草刈り、トマト畑の草引き、玉ねぎの収穫、自家菜園の野菜のお世話や田んぼのお世話など、農繁期真っ只中です。このお便りを皆さんに読んでいただく頃には「桃」もすっかりと大きくなり、みなさんのお手元に届いている頃かと思います。


そんな毎日を送っているとついつい目先のことに目が向きがちですが、こんなときこそ自分にもしっかりと目を向け、心を向けてあげないとですね。「いつもがんばって働いてくれている体は大丈夫か?」「体にも心にも栄養あげているか?」「自分が大切にしたいことを本当に大切にしながら暮らせているか?」などなど。。。

2016年8月3日2

2016年8月3日1
人生の最期まで一生付き合ってくれる自分という存在、そして身体。しっかりメンテナンスをしていきたいものです。上の写真は、サッカー県大会予選、引退試合にもなる中3のお兄ちゃんに作ったもの、下のお弁当は小2の息子の遠足に作ったものです。キャラ弁を作って~~の声に初めて作ってみました。いつまでも元気でいて、こうやってお弁当作ってあげたいなって思います。


そういえば、この間ウーファーさんと一緒に温泉に行ったときにすごいおばちゃんに出逢ってしまいました!!温泉から出たあとにウーファーさんと柔軟体操をしていたのですが、その姿をほほえみながら見てたおばちゃんがいたんです。そしたらそのおばちゃんが私こんななのよーーってみせてくれたのですが、まるでバレリーナのように柔らかい、柔らかい!!足が顔の上まで上がるんですっ!!(驚)


思わず年を聞いてしまいまいましたが、もう70歳近くだとか。また私の中の70代イメージがガラッと変わりました。こんなに柔らかい体を維持できるんだ。。。やっぱり何事も続けていくことが大切だなーーと実感した出来事でした。その方は年齢が上がるにつれて、だんだん体が柔らかくなったそうです。びっくり!!

120歳まで健康に生きる道 ~35~食べ物、考え方が人をつくる

「食べ物、考え方が人をつくる」

2016年8月2日


うちの農場でWWOOFを初めて早12年がたとうとしています。この間たまたま計算したら実に1000人以上の方が日本各地、世界各国から安曇野にある我が家を訪れてきてくれていたのです。改めてこれってすごいよなーって思いました。そして今年初めてマレーシアからのウーファーさんがやってきました。

大学で農業関係の勉強をしている4人が、インターンシップの実習を日本で行おうと3カ月ほどの滞在予定。彼ら、彼女らはイスラム教徒です。性格がとっても穏やかで作業も一生懸命手伝ってくれ、そして週に一度おいしいお料理も披露してくれますが、やはりマレーシアの方たちは、スパイシーなものがとても好きなようで、私が火を吹くような辛さと思っていても、彼らにとってはいたって普通の味のようです。(笑)

そんな彼らは6月はラマダンといって、日の出ている間は水も食事も一切とらないという期間が1カ月続くそうです。朝の(?)2時半に食事をとってから、夜の7時すぎに夕食をとるまでは、水も食事も一切とらない。暑い中農作業するのに、大丈夫だろうかと私も今からドキドキしています。好奇心から何のためにラマダンはあるの?と聞いてみました。私も5日間までなら断食をしたことがあるので、こういった断食の話題は関心があるのです。

いろいろ理由はあるようですが、とても印象に残った2つがあります。ひとつは「セルフコントロール」。このラマダン期間で自分を律することの大切さを知るとのこと。そしてもうひとつは「自分にとってほしいものではなく、何が必要かを知るため」とのこと。この言葉に、何かものすごく感動してしまいました。日常から彼らの言動を見ていると、何気なく語るその言葉に真実味をものすごく感じます。20代前半なのに人の心を思いやるチカラがある、しっかりした若者たちなのです。

世界各国からくるウーファーさんと話しをしていて、どこの国も農業のなり手が少ない、後継者がいないという話をよく聞きます。フランスもマレーシアもそうらしいです。賃金が一番安いというのが最大の理由のようですが、食べ物がないと人って生きていけないんだよねって最後に話は終わります。日常生活のほとんどは、意外にも「ほしい、したい」で成り立っていると思います。自分にとって何が本当に必要なのか。私もラマダン期間中に自分に問うてみたいなって思います。

お中元、桃の注文受付中です!

おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。





120歳まで健康に生きる道 ~34~

     「山菜パーティー&デトックス」

2016年5月8日2
先日、近所でビワ灸療法師をしているお友達に招待を受け、お庭で山菜パーティーをしました。家の周りにある山菜をとってきて、天ぷらにしていただくのです。そのおいしいこと、おいしいこと。贅沢にも天ぷらの油はココナッツオイル。ココナッツの風味もきいて、余計に天ぷらがひきたちます。嬉しい、美味しい、楽しい、でいっぱい食べてしまいました。タラの芽、こしあぶら、うど、みつば、野かんぞう、ふき、どくだみ、せり、わけぎ、こごみ、などなど。山菜を春先に食べると、冬に体の中にたまっていた毒素などがデトックスされ体にもいいようです。きっと自然界はそんな風にうまくできているのですね。

2016年5月8日3

ほろ苦いものも多いので子ども達は苦手かなと思いきや、パクパク美味しそうに食べていました。山菜とりも楽しいようで、「これはなに」「これはなに」と教えてもらいながら、摘みとりを楽しんでいました。20代前半、北海道の牧場にいた時は、この時期になるとフライパンとガスコンロ持参で自生している野原へ行き「行者ニンニク」パーティをしたことを思い出しました。採ったその場で油でサッと炒めて醤油をジュッと垂らしていただくのが、本当に美味しくて美味しくて。山菜たち の野趣あふれる味わいは、畑の野菜たちとはまた違った味わいです。
これからは家庭菜園シーズン。早速、小2の末っ子くんは、すいかとメロンの苗をキープし、畑に植えるのを楽しみにしています。すいかが大きくなっていく姿、収穫までまだかまだかと待ち焦がれるあの期間がなんともワクワクするいい時間。ここからは野菜も果樹も夏に向かってグングンと成長していきます。今年も美味しい果物ができるまで楽しみにしていてくださいねーー。(テルミ)


2016年5月8日1
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード