その16  02・06・22  「もうすぐ誕生日」

みなさんこんにちは。梅雨空を見上げる日の多いこの頃。梅雨の晴れ間は貴重な時間ですね。


昨日引き抜いたたまねぎを、昨日と今日で畑で乾かし、今日の夕方コンテナに入れて引き上げてきました。自家用ぐらいしか作らなかったのでそんなに収量はありませんでしたが今年は無事に収穫できてよかったと胸をなでおろした所です。


たまねぎ作りは夏の終わりに種を蒔き、苗を秋も深まった10月下旬から11月にかけて定植しますが、一昨年の秋に植えた苗は冬の寒さにあててしまいみんな枯らしてしまったんです。


一昨年の冬(僕らが安曇に来てはじめての冬)は特別寒い冬だったそうです。雪もうんと積もりました。春になり雪が解けたらたまねぎの苗もなくなっていた!それで去年は、さすがにたくさん苗を植える気になれずちょこっとしか作らなかったのですが、植える時期も早めにしてしっかり根付いてから冬を越せるようにしておきました。そしてこの時期になると玉ねぎの葉がいっせいに倒れて収穫の時期を教えてくれます。


そして晴れ間をねらって引き抜き、屋根の下の風通しのよいところに吊るして保存しておけば来年の春頃までは美味しく食べられるでしょう。いろんな料理に登場するこの野菜、今年の夏はたっぷり種を蒔いて来年はもっとたくさん収穫したいものです。


さてあさってに迫りました風和、1歳の誕生日です。昨日の夜輝美が「今日の昼、どうして風和が泣いてたかわかる?」と僕に言いました。


お昼ご飯の前に1時間以上の間ずっと泣いていたのです。僕は畑から帰ってきてから泣きじゃくる風和を見ましたが、この子にしてみれば珍しいことでした。


眠たい時はおっぱいをもらえばすぐに眠るし、うんちおしっこの時は「タアチャン!タアチャン!(かあちゃん!)」と呼んで教えてくれるし、熱を出してるわけでもなし。


「今日は泣きたいんだよね」と言いながら風和をあやす輝美を見て、そんな時もあるんだねぐらいに思ってたんですが、訳をきいて僕はびっくり!


輝美には風和のことで気になってたことがあったそうです。それは彼がこの世に生まれでた昨年の6月24日からのこと。21日深夜から破水の始まったお産は24日まで長引き、自宅出産の予定だった所を車で15分ほどの波田総合病院へ急遽入院。


24日午後7時59分無事出産したのですが破水してからの時間が長くなったので細菌感染等の恐れがあるため、分娩台の上でちょっと抱っこしてあげたらすぐに無菌状態の保育器に移され、風和は生まれてすぐの約1週間をそこで暮らしたのです。輝美はその間風和に会えるのは一日に何度か自分のおっぱいを搾って哺乳瓶へ入れてそれを飲ませる時だけ。


「あの1週間のあいだ、風和は抱っこして欲しかっただろうなあ。お母さんがいなくて淋しかっただろうなあ。」と輝美はずっと気になってたらしいのです。


生まれてすぐ、オギャー!と産声を元気よく出しておなかからでてきた風和が、輝美が抱っこするとぴたっと泣き止み、じっと輝美の顔をみつめていたあの瞬間は(まだ目は見えていないはずなのに)、今も僕の目に焼き付いていますが、そのあとすぐ離れ離れになってしまった時の赤ちゃんの気持ちはいかに。


昨日のお昼前、輝美は風和にきいてみたのだそうです。「ふうわ、あの時よくがんばったね。一生懸命うんショうんショっておなかからでてきたね。ふうわは生まれてからお母ちゃんに抱っこしてもらえなくてさびしくなかった?おかあちゃんどこにいるのってかなしくなかった?」


 そうしたら風和がホントにそのことを思い出してエンエンと泣き始めたのだそうです。そのあいだ輝美はずっと風和を抱いて彼にいろいろと語りかけていたのです。


そんなことがあるんですね。母と子は1歳になる前からちゃんと会話をしてる。赤ちゃんは生まれた時のことをはっきりと覚えている。言葉は話せないけど言ったことをきちんと理解して感情を表現している・・・・。正直なところ父親はちょっとついていけてません。


でもよかったなあ。1歳の誕生日の前に、母ちゃんに抱っこしてもらって思いっきり泣けたんだから。


あの時のさびしくて、かなしい気持ちが涙と共に流されていって、晴れ晴れとした気持ちで一歳を迎えることができたのであればホントによかった。「誕生日」という日はホントに特別な一日です。


ひとがこの世に生まれた日。どれだけの人たちがそのことを待ち望んでいただろう。どれだけの愛情がそこに注がれただろう。風和1歳の誕生日に僕は、誕生日を祝う心を新しく発見しました。


写真は桃畑で袋掛けの最中にとったもの。桃の実は直径7~8センチほどの大きさにまでなってきました。野菜畑では草たちとの追いかけっこ。この時期の草の伸びは半端じゃありませんワ。そういえば玉ねぎを引いていたら、去年のこぼれ種から芽を出した青しその一群を見つけました。今年蒔いた種の発芽が遅れ、草に負けちゃっていたんで今年はあんまり出せないかなと思ってたんですが計算外のところで思わぬ発見。嬉しかった。

ワールドカップもいよいよ大詰めですね。それではみなさんまた来週まで、ごきげんよう!



akiotofuuwa16.jpg

その15  02・06・13   「ワールドカップにて」

taue15.jpg
田植えを手植えしています!



皆さんこんにちは。日本全国すっかりワールドカップで盛り上がっていますが、私も昔からサッカーが好きだったんで(学生時代はずっとサッカー部だったんですよ)、テレビにかじりついて絶叫したり畳をバンバンたたいたりのエキサイト状態なモンですから、時々風和がビビッて泣き出したりする場面もあったりで大騒ぎであります。


今日も夕方は日本対チュニジア、夜は韓国対ポルトガルを見ていましたが、日本と韓国の、スタジアムでの応援の熱気が画面の中からこちらにも伝わってきて自分の方も熱くなるものがありますね。


アルゼンチンがグループリーグの最終戦でスウェーデンに負けて決勝トーナメントに進めなかった時の映像でアルゼンチンのストライカー、バティストゥータが目を真っ赤に腫らして泣き崩れている姿が写されました。どこのチームも国の代表と言う大きな期待を背負ってピッチに立っているのでしょうが、アルゼンチンの選手の言葉で「私達が一つ一つ勝つことによって、国の人たちが一つになれる、サッカーにはそういう力があるんだ」という意味のことをいってる人がいましたが政治・経済の面で大きな混乱の時代にあるアルゼンチンの選手達の言葉やプレーに僕は尊いものを感じました。


サッカープレーヤーという職業を選び、それに人生を賭け、国の人たちを勇気付けるためにも、勝利を目指して持てる力をぶつけ合っている男達。ホント身が震えるぐらい感動するシーンにいくつも出会いました。今日のポルトガル、二人退場になって、11人対9人でなおかつ勝たなければいけない状況になり、ものすごい運動量で韓国と対等に渡りあってました。最後の最後までゴールを目指し、何本もシュートがバーにあたったり、かすったりゴールキーパーがゴール前での1対1の大ピンチで何本も好セーブを連発したりと、バテバテの状況が画面から見て取れますが最後までゲームを投げないんですね。


スポーツマンのそういう生き方をこの機会によくみつめておきたいものだと思っております。


テレビのスポーツ中継は作り物でないので僕は好きです。そこがテレビドラマやワイドショーとまったくちがう点だと思っています。あとは世界中の国のいろんな状況を窺い知ることができるのもスポーツ国際大会の持つ側面ですね。その辺はまた次回にでも。


さて季節は梅雨入り。今晩も雷と雨の夜となりました。梅雨までに桃とりんごの摘果をやっておこうとすすめてきましたがどうにかかたがつき、次は桃の袋かけと言う仕事があります。桃の実一つ一つに虫に吸われたり傷がつかないように、15センチ角ぐらいの袋をかけて行くのです。袋の中で約一ヶ月、どんどん桃の実は大きくなり袋をはずす時にはあっとびっくりと言うわけです。そのあともう一度りんごの摘果の見直しをしたら、桃は収穫が始まりますね。


それと6月2日の日曜日には地元の仲間達と田植えをしました。(写真)この地域に新しく就農した若い世代の仲間何人かでちょこっと田んぼを借りて米をやってるので私も仲間に入れてもらって早や3年目。田植えは昔ながらの手植えです。長靴脱いで泥の中にたつ感じがなんともいいんですよね。


去年はあまり草取りがうまくいかず、収量も予想より少なかったのですが今年こそはと、みんな結構気合はいってる感じ。もちろん私も。こういう交流の場があることでいろんな情報交換ができたり、仲間意識が育ってきたりと、自分にとっては貴重な時間だと思ってます。秋に稲刈りやってみたい人、もしいたらお返事を。10月の終わりぐらいかな。もちろん今年も鎌で手がりになると思いますが。




よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード