その19   02・07・22   「名入れの箱」

hako19.jpg
写真は家の裏に作った倉庫の中での箱詰め作業。ほらほら、桃のいい香りがふわーっと伝わってきませんか!


皆さんこんにちは。こちらも梅雨明けして暑い暑い夏に突入しています。台風・梅雨空の影響でなかなか日照が得られず桃の美味しさもどうなってくるかなと心配でしたが、梅雨明け後は連日30度以上に気温が上がり、ぎらぎらと太陽が照っているので楽しみですね。


早生桃の収穫が始まって約1週間。始まった次の日に待ちに待った「名入れの箱」が出来上がってきました。


うちの農場は個人のお客さんを相手に、民間業者の宅配などで農産物を届ける方法を中心にして販売していこうとの考えから、どうしても桃の箱に「自分の名前」を印刷したかったのです。


農業資材のお店へ行けば「信州の桃」とか書いてある規格箱もあるのですが、それではだめで、やっぱり自分の名前を入れたい。そうすると新しく版を作ったりするのに数万円かかりますがこれは譲れません。


そこで、絵の得意な地元の友達にデザインを頼もうと当てにしていたその方に電話してみると、風邪をひいていて電話のむこうで声も出ない状態。さて困った、輝美と「どんなデザインにする?」と夜、眠い目をこすりながら考えること幾日。箱屋さんへ原稿提出の前日夜遅くまで粘って、案を完成させました。(ってゼンゼンたいしたことない絵なんだけど)

自分の名前で出してるものを食べてもらうということに、こんなに緊張するとは思いませんでした。


美味しくてもまずくても、直接に声が入ってくる。お金だして買ってもらったその桃がまずかったなんていわれたくないし言わせたくない。特に果物についてはそう思います。


そして桃のほんとに美味しい時期を見極める難しさ。冬の雪の中で剪定をはじめてから今までやってきたことを、とる時期を一日間違えただけで台無しにしてしまう。早いと味の足りないやや渋みの残る桃。遅れると落っこちて売り物にならない。三沢さんに教わったことは「最後の一日でグッと玉伸びして甘味がはいるから、仕上がりきる前にとっちゃうのは惜しいでね。」「とにかくいくつも食べてみることせ、そして自分が美味いなあと思える桃を見つけること」とのこと。 三沢さんは自分の直売所を三郷村内にもっているので、収穫したその日にお客さんが買っていきます。


ですからほんとに熟しきるまで樹に置くのです。私もできるだけそんな収穫をしたいのです。毎日毎日樹を回りながら一日に10個も20個も味を確かめて食べてみる。もちろん丸ごと食べるとすぐ腹いっぱいですからひとくち、二口かじったらその場に投げ捨てる。


ところが、ほんとに美味いのにあたるとついついムシャムシャと食べてしまいます。食べずにはおれないほど美味いのです。想像してみてください、私の姿を。朝の5時頃から桃畑で、地下足袋はいて脚立へのぼり、熟れきった桃を両手でわしづかみに把って手のひらで表面をこするとスルッと皮がむけ、果汁が滴り落ちるその赤く染まった桃を、口の周りも手のひらもべたべたにしながら(通称さる食い)とにかく美味しい桃を食べ歩く仕事。(あー、なんて幸せなんだろ) そんな風にしながらようやく美味い桃と言うものを食べないでもある程度判断できる感じになってきました。


自分の名前を箱に書くことで、食べる人に対して責任を負いたいとわたしは考えます。まだまだ、ドがつく素人の私にとってはクレーム・苦情がとても大切なものなのです。ですから食べてもらった人にいろいろ言ってもらいたいと思います。これからは生産者と食べる人がお互い交流し(電子メールなども社会にずいぶん浸透してきているし)お互いの考え方や暮らし方を理解し合って、そんな間柄の中で「食」の営みが為されていくようにしたいなあと言うのがわたしの考えです。


それと誰が作ったかわからないと言うことが、特に農産物の安全性を守る上で大きな障害になっているのではないかとわたしは思います。生産する立場で言うと、例えば稲作農家の人が自分の作る田んぼの中でも自家用の米を作るところには農薬を減らして作るなんていうことはよく聞く話ですが、こういう行為が本当にあるとしたら、農業と言う仕事をしながら人間の尊厳を失って行くことになっていってるように思えてなりません。



名入れの箱を用意したことはいろんな意味で、私の喜びであり、厳しい道へのスタートだったのかなと思います。三沢さんは言いました。「世の中にはいろんな人がいるから、いろいろ言われるよ。名前出さないで作れたら楽だがねーって時もあるよ。俺もはじめの頃はドキドキだったから。」  ともかく今年の夏、「おぐらやま農場の桃」と書かれた箱に桃が詰められ全国あちこちに届け始められたのです。早生桃の収穫も下火になってきて一息つく今日、なんだかじわーっと感慨深いものがあるのです。

------------------------------------------------------------------------------




その18  02・07・14   「三輪君のお返事」

momo18.jpg
写真は4月に増田君や三輪君たちが駆けつけてくれてみんなで移植した桃の若木。(詳しくは農場だよりその8をどうぞ)畑作りを開墾からやって時期が遅れたので根付くかどうかが心配されましたが見事1本残らず活着しました。来年からはこの畑からも桃が取れ始めることでしょう。



皆さんこんにちわ。先日の台風6号にはほんとにドキドキさせられました。

収穫を目前にした桃の実はずっしりと重く、その重みで枝が折れないように支え棒を下から入れたりロープで吊ったりとしていくわけですが、台風接近の報を聞き、さらにもう一度畑を見回って風にあおられ易いような場所は支え棒やロープで補強しました。最接近は真夜中とのことで雨が強くなる中、風の強くなるのを待っていたのですがどうやらこちらまで暴風域にはいることなく通過していったようでした。「ふー、助かった・・・。」少し寝て朝起きた時の、台風一過の空を見たときの正直な気持ちでした。

岐阜や東北地方などで被災された方々のニュースを聞いたりもしますが、真っ先に考えるのは自分の畑のこと。視点の小さな自分のこころねになんとなく恥ずべきものを感じながら朝の新聞を読みました。

先週の農場だよりで東京町田の増田君へのお便りを紹介しましたが、それへの返事が飛騨小坂の三輪大五郎君より届きました。安曇野から北アルプス(飛騨山脈)を西へ越えると岐阜県高山市へでますがそこから南へ少し降りると小坂町があります。彼は4年程前に森林面積97パーセントの小坂町へ移り住み、町の森林組合の作業員として毎日森へ入って仕事をしています。彼の奥さんと私の奥さんも昔からの友達で何度かお互いの家まで行き来している間柄ですが、彼からの真摯なお返事を読んだときはとても嬉しかったです。

いってみれば未熟で稚拙な農業理論でしかない私の考えに対しても、応援してくれる友人がいることはなんとも心強いものです。

---------------------------------------------------------------------------------------

大五郎@飛騨小坂です。

暁生さん、いよいよ町田に野菜宅配始めたんだね。 無農薬・無化学肥料栽培、僕も賛成です。不器用だとか偏屈だとか思わんよ。 いのちを預かる身として大事なことだと思います。我が家の狭い家庭菜園も無農薬・無化学肥料栽培です。周りのじいちゃん、ばあちゃん達は農薬もかけるし、化学肥料まいて収量も立派。でも、僕には昔から生理的にうけつけないものがあるのです。
 

亡くなったじいちゃんの畑や田んぼで毎日遊んで過ごした僕はじいちゃんからいろんなことをおそわりました。
ある日、畑で遊んでいるとうんこがしたくなりました。じいちゃんに言うと、「畑にそのまましたらいい、土に返って肥料になるでな」と言われ、言われたとおり畑にしました。小学2年生くらいの時かなあ。これが今の僕を形づくっている原点です。


「缶や瓶は畑や田んぼに捨てたらいかん、土に返らんし、鍬なんかの農機具を痛めるでな。」「ビニールやプラスチックもあかんな。土に返らんでな。」


じいちゃんの畑にはいつも一角に大きな穴が掘られていて、そこには台所で出る生ゴミが積んでありました。ほじくるとシマミミズが大量にいて釣りに行くときはいつもそこからミミズをとっていったものでした。親父が言うには、「子どもの頃は肥え桶(いわゆる人糞入ったやつ)かついで畑に行って撒いたもんだった」そうです。
 

農薬もまだそんなには使ってなかった頃で、田んぼにはアメリカザリガニが大量にいて、毎日ザリガニとりに夢中だった。イナゴがいて、授業中、先生と一緒に捕まえに行って、数日後、先生が佃煮にしてもってきてくれてみんな食べた。カマキリもいっぱいいた。カエルがいて理科の授業でカエルの解剖実験のとき、みんなトノサマガエルやアマガエルをつかまえてきたのに、一人だけ巨大な食用ガエルを捕まえてきたやつがいたっけ。用水路にはフナや雷魚がいて、とにかくいつも田んぼや畑や川で遊んでいた。 


「土に返る」というのがずしっと入った僕はその後も田んぼや畑に目を向け続けました。田んぼや畑ばかりの町だったから小学校への当下校はずっと田んぼや畑の中を行きます。そっちばかりいつも見ていて、缶とか捨ててあると 「あっ!あれはあかん!」と気になるようになりました。
 

中学になった頃から、急速にお菓子なんかのビニールの個別包装が進み、田んぼへのそういうゴミの投げ捨てが目立つようになりました。この頃から、農薬の量も増えたような気がします。そして、家庭洗剤、いわゆる合成洗剤がみるみる川を汚していきました。



まず、あれだけいたザリガニが姿を消した。イナゴがいなくなり、カマキリがいなくなり、フナや雷魚がいなくなり
 カエルがいなくなりました。田んぼは物言わぬ死の世界になり、川はヘドロだらけになりました。一方、僕の畑への興味はつきず、中学生のとき校庭の一角を農家出身の先生と一緒に仲間と耕し畑をつくりました。これが一時期、母校のブームになり、校庭中が畑だらけになったことも。



高校でも部活の先輩と校庭を耕し畑を作りました。大学でもキャンパスの一角を耕し、馬術部から馬糞をもらってきて畑をつくりました。実家の庭にも畑をつくったし、今も家庭菜園を借りてやってます。


大学に入ってから環境問題研究会というサークルに入ったのも「土に返る」という僕の原点から照らしてあまりにも世の中がおかしくなってないかという思いからです。当時、ペットボトルが急速に出回り始めた頃であり、「土に返らんじゃないか」の思いから、コカコーラやダイドー、アサヒなど大手飲料会社10数社に 電話をかけました。


「ペットボトルの処理をどう考えてますか?」


1社のみ「対策を考え中です。」とあっただけで、あとは全て「何も考えていません。」だった。それが当時の日本だった。今でこそ環境問題は日本中に認知されているけど、10年前はこれが企業の本音だった。・・・・・・・・・ 


--------------------------------------------------------------------------------------- 

以下まだまだ続きますが今日はここまでにさせてもらいます。彼の幼少時代は確か愛知の一宮だったっけ。ほんの20数年前までの頃の田園風景の様子が目に浮かぶようですね。「土に返る(還る)」の言葉は自分の原体験でもあります。次回はそんな話も少しさせてくださいね。



さて先回の農場だよりの添付画像が重く、受信に時間がかかってしまった方がたくさんおられたと思います。遅ればせながらお詫び申しあげます。デジカメで撮影した時、画素数の大きいモードで撮影したことに気づかずこのようなミスに繋がりました。決して桃を美味しそうに見せようとの魂胆ではなかったと弁解させてもらっちゃおうかな。



桃の注文を呼びかけたところ何人もの方からお返事があり、本当にありがとうございました。実は今朝から少しずつ収穫をはじめています。徐々に収穫量も増えてくることでしょう。また台風がきているとの話が少し心配ですが、こればっかりは人間の力でどうこうできるものではありませんね。注文いただいた方、順次発送していきますのでおたのしみに。もう一度桃の宅配便について紹介させていただきます。先回のお便りの補足も含めて。


桃の収穫が7月10日すぎぐらいから始まりますので皆さんへもぜひお届けしたいと考えています。3キロ箱で8個から13個ほど入ります。

その17   02・07・06   「増田君からの質問」

momo17.jpg
桃、大きくなってきました!

東京町田に住む増田君のことは皆さんもよく知っておられる方も多いでしょう。農場だよりその5・その8にも登場した私の友人ですが彼とその周囲の人におぐらやま農場の野菜を宅配便で送りはじめました。今日それに対する返事がきましたので紹介します。

--------------------------------------------------------------------------------------

増田です。野菜届きました。確認なのですが、今回はダンボール一箱ですか?いつものように手紙が入ってなかったのと、1口1000円としてはあの1箱の分を4等分したら、ちょっと高いかなというのが街の安売り野菜に慣れた都市生活者の印象です。ただ無農薬?栽培で手がかかっているから、これぐらいはするのかなあとも言っていますが。


暁生のところの野菜は完全無農薬なのですか?芝好園(増田君の住んでる自治会のことです)の人たちから野菜のことを聞かれると、無農薬のものを求めているのが分かります。


多分感覚的に無農薬=安全、農薬を使う=危険という図式が消費者にはできあがっているのだと思います。


僕は暁生の野菜の作り方に対しての考え方について(農薬をどう考えているかも含めて)、その点に関してしっかり聞いたことはありませんが、暁生という人物そのものを知ってるから、農薬を使ってる使ってないと言うよりは、暁生が作ってるものなら大丈夫、食べていこう、という思いで食べています。しかし近隣の方たちは、そこまでは行かないから、一番のポイントとしては無農薬かどうかと言うことになってきます。

--------------------------------------------------------------------------------------

それでこの質問への返事を書いて送りました。私達の農場を紹介する一助になればと皆さんにも読んでもらいたく思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

増田君へ

増田君の言うとおり、確かに農薬=危険、無農薬=安全との図式は消費者の中にはっきりとありますね。


まず質問にお答えするならおぐらやま農場の野菜については無農薬栽培という定義でよいと思います。


栽培過程で殺虫剤・殺菌剤・除草剤・成長ホルモン剤などと呼ばれるものを一切使わない野菜作りをしてはいます。あとよく言われる言い方を持ち出すなら無化学肥料栽培といってもよいです。肥料は完全有機質肥料のみです。


しかしまだまだ農業をはじめたばかりの私としては(酪農では10何年現場にいたけど)、こんなやり方しててやっていけるのか、ただの自己満足に過ぎないのか、いや人間のいのちのもとである食物をくすりや化学物質で作っていてはいのちそのものを壊してしまうのか、などと絶えず考えながらの毎日なのですが、なにしろ経験の浅さから、俺のやり方はこうだと確信をもって言うことのできない実状な訳です。


殺虫剤まかないと野菜に虫食いがでたり(特に葉もの)アブラムシで草勢が弱ったり、カメムシにやられたりする時もあります。


殺菌剤まかないと特に梅雨時期は果菜(トマトキュウリなどのことね)類に病気が出やすい。ウドンコ病、立枯病とか。除草剤を使うと草取りがとっても楽です。この時期は特にそう思う。草の伸びがほんと早いんだ。それでせっかく種蒔いて発芽したのに草に負けちゃって収穫にならなかったなんてことも素人の私には時々ある話(トホホ・・こんな話何の自慢にもなりませんが)。


除草マルチとしてビニールを畑にかぶせてそれに穴をあけて種蒔いたり苗を植えたりするやり方もありますが、自分はなかなかこれもやれないでいます。土中で分解できない石油製のビニールに対する抵抗感が抜けません。ボロボロになったら使えないし、ちぎれて畑に残ってしまいやすい。燃やすとダイオキシンです。なんか僕って不器用だね。


あと化学肥料と言うのは尿素(窒素分)とか硫安(硫化アンモニア)とか、他にも農協とかの肥料倉庫へ行けば、いろんな調合で何十種類もの化学肥料がパレットに積まれておいてあります。それでそういうものを撒くと確かに収量が上がるんです。玉ねぎでも玉の大きさがぐんぐん伸びるし、ジャガイモなんかも茎が伸び芋もよく太ります。


人参でも葉ものでも短期間に大きくしようとするなら効果が出る。即効性です。書きながら俺ってやっぱり偏屈かなあとも思いながらいるのですが、そうやって穫れた玉ねぎよりも少しぐらい小さくてもいいから自分の葉っぱで光合成をしてじっくりと育った水ぶとりでない香りの強い野菜を作りたいと考えています。


化学肥料で大きくしたものがまずいとか栄養が無いとかいってるわけではありませんので誤解の無いように。ただの、野菜に対する個人的心情です。


桃とりんごについては殺菌剤・殺虫剤を使用しています。自分の事ながらこのへんも矛盾してますよね。


何しろ果樹は薬がいるようです。しかし殺虫剤って虫も人も殺すことのできる化学物質ですからね。


いつまでもそんなこといってられません。世の中にはいろんな農業をする人がいますから、自分もよく勉強して、ほんとにムネを張って「これはあなたの命を保証する食べものですよ」と言うものを作るつもりです。


今の時点では「今の自分でやれるところからやる」という方針です。まずは除草剤いらずの草生栽培です。私の果樹栽培の師匠である大倉氏・三沢氏のやり方ですが、その精神を学びながらやっております。「うまい果物は草でつくるんだ」そうです。言い換えれば「うまい果物は土で作る」と言うことでもあり、これは草刈の労力さえ厭わなければ私でもやれます。このことについてはまた後ほどレポートいたしましょう。


野菜畑で感じることですが雑草はあったほうがいいと思います。こちらで畑をはじめてまだ3年目ですが、同じ虫だけが大発生することがまずありません。


畑にはいろいろな種類が共存している、多様性を壊してはいけないという意識がいつもあります。そのためには地面には土と野菜だけではなくなるべく草があったほうがいいです。少々の虫食いは当たり前かな、ぐらいの気持ちがあればこれはやれます。それからいっぺんに畑全部を耕してしまわないようにやっています。


トラクターで耕すと土中の小動物たちの生態系が壊れてしまう。目に見えてわかるのがミミズがたくさん死んでしまうことです。ミミズは絶えず土を豊かにしてくれる僕らの味方ですから、耕す時も一部分ずつにして、畑の全体数が減らないようにやってみてます。ミミズのはたらきもまた後日レポートしましょう。草取りしてたらいっぱいででくるので僕はなんか愛着があるンです。


あと、少しづついろんな種類を作っておくと単一の虫の大発生防止にいいようです。これも畑の中の生物の多様性を守るようにやってみてることです。単品で売らないでいくつかの野菜を詰めてそちらに送ると言う形態もそういうところからの発想です。


野菜の値段ですが確かにスーパーの野菜売り場に比べたら高いですよね。私の中でも葛藤するところです。確かに手もかかるし幾種類も作るから効率面で言えばよくない面もあります。


僕としては「無農薬」という言葉が野菜を高く売らんがための手法になるのなら心外です。もっと安く作れるようにやっていかなくちゃね。こちらでやはり無農薬栽培をして宅配している先輩の方の値段を参考にしてつけてみたけど(スーパーの1・5倍ぐらいになってしまいます)、どうしても割高感が障害になるようなら、例えば二股大根とかの2級品も出てくるのでそういうものでよければ一緒に送るとか、まとめて送るほど送料は安くなるのでそのへんで工夫するとか、また相談しながら進めていきたいと思いますがいかがでしょうか



。割高感が解消されなければ続かないですからね。それじゃ質問に答えきれて無いけどまた続きは次回に。

--------------------------------------------------------------------------------------

そんな感じで発展途上のわが農場でありますが、今後ともよろしく。


さて桃の収穫が7月10日すぎぐらいから始まりますので皆さんへもぜひお届けしたいと考えています。3キロ箱で9個から12個ほど入ります。2600円から2000円の間で値段を設定しますが個数が少ないほど(大玉になるほど)キロ単価が高くなります。


よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード