スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年 秋のお便り

今年の秋はことさら空が高く感じます。透き通るような青空が、ぼくたちの暮らすおぐらやまの上に広がっています。北アルプスの南端(地元の人は「西山」と呼びます)の山頂付近は、今がちょうど紅葉のきれいな頃で、山のふもとのぼくたちが暮らす場所から目線をだんだんと上に持っていくと、緑から赤や黄色に変化していく色彩は、何度見ても美しいものです。


おぐらやま農場からふじりんごの発送をさせていただく季節が近づいてきました。今年は比較的穏やかな気候で、天地の恵みを存分に頂いた気がします。夏の暑さは格別ですがこれはもうここ数年ずっとのことですし、僕はそれも天からの恵みだと感じています。不都合に思うことがあるときはそれを都合のよいことへと変化させるだけの技術を磨いていく自分でありたいと思うのです。


最近は秋も深まり朝夕は10度以下に冷え込む日が増えてきました。この土地ならではの寒暖差の大きい気候がりんご畑に夜露を呼び、りんごの葉っぱをしっとりと包みます。植物は日中に葉で光合成をし(炭酸同化作用)その栄養分を夜のうちに体内に吸収するそうですが(理化作用)、その際にこの夜露が実は大きな役割を果たしてくれています。乾いた葉と夜露に濡れた葉ではその吸収がずいぶん違うのは電気(イオン)が関わって栄養の受け渡しをしているからだそうです。自然界というのは僕たちが理解しきれない本当に不思議な事をまだまだ沢山やっているのでしょうね。


3月に私の母、ふさこさんがこちらに来て農場を手伝ってくれるようになり、8月の終わりには輝美さんの出産で叶和(とわ)くんが誕生し、今年も80人以上のウーファーさんがここを訪れて農作業を手伝ってくれたりと、人の動きもいろいろあって賑やかで楽しい時が流れています。今年のウーファーさんも本当にみんな元気で、気持ちの前向きな、素晴らしい若者たちばかりでした。僕たちこそが彼らから人間って素晴らしいなあ、生きていくって楽しいんだなあということを学んでいるのです。だからホストがやめられない気がします。子供たちにとってもウーファーのお兄さん・お姉さん達からいろんな刺激をもらっていて毎日楽しそうですよ。この農場もその時々で少しずつ変化しながら、今年ならではの収穫の秋を迎えています。


今年はりんご収穫体験を安曇野地球宿さんと共催で行います。詳しくは裏面でご覧ください。(参加料が初夏の手紙でお知らせしたものから変わっています。)りんごのオーナーさんを昨年までやっておりましたが諸事情あって今年はこのような形にさせていただきました。皆様とお会いできる機会としても使っていただければ嬉しいです。いつもありがとうございます。 


 2008年10月15日 松村暁生
スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

おぐらやま農場だより その85 <08・10・15>

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする、
お百姓発のメールマガジン
 
 おぐらやま農場だより その85 2008・10・15(不定期発行)
 
発行責任者 おぐらやま農場 http://www.ogurayama.com/
バックナンバー http://www.ogurayama.com/letter/index.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<ごあいさつ>
皆さんこんにちは。すっかり秋も深まり、天高く気分もよい気候の今、畑で農作業できる幸せを正直に言って一番実感する季節です。太陽のぬくもり、空気の美味しさ、朝露の瑞々しさ、そして収穫の喜び、食卓での和やかなひととき・・・。今の季節は農業の愉しさ、幸せ度が理屈抜きで分かる気がするのです。

だからこそ、この後の寒い雪の中での剪定作業や、真夏の炎天下での田んぼの草取りなどが張り切ってやれるのだと思いますし、モチベーションや思考回路を上手にバランスをとるためにも、この関連性を頭の中だけでなく、感覚的に、感情的に今、しっかりと味わっておこうと思うのです。ああ、本当に幸せだなあと。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<10月~11月の農産物情報> 
詳細はネットショップでもご覧いただけます。
http://www.ogurayamashop.com/
                     
*桃・梨は終了しました。たくさんの注文をいただき本当にありがとうございます。
*りんご、「秋映(あきばえ)」の発送をしています。大玉・家使い用はほぼ終わりましたが、中玉サイズがまだ注文できます。

*11月上旬から「王林」、11月15日過ぎから「ふじ」を出荷予定です。贈答用りんご(大玉・中玉サイズ)の予約もそろそろの時期ですが、ネットショップや、直接のメールでも、ファクスでも、電話でも、お手紙でも、どんな形でも連絡がつけば構いませんから、皆さまからの注文をお待ちしています。王林は数量に限りがありますので、品切れの可能性もあります。ご理解ください。(年間コースのお客様優先です)

*「千秋」(せんしゅう)、10月20日まで、中玉・大玉・家使いをそれぞれ限定20キロほど出荷します。わずかしかありませんので売り切れ御免です。希望の方お知らせください。

*価格・サイズなどの一覧です。
@りんご 「大玉サイズ*5キロで14~16玉」・「中玉サイズ*5キロで18~20玉」・
「家使い(小玉・小キズ・ツルワレなど)」の3種類に区分けします。
 3キロ箱 (大)2300円・(中)1900円・(家)1500円 
 5キロ箱 (大)3000円・(中)2700円・(家)2100円
10キロ箱 (大)5800円・(中)5200円・(家)3900円  
(送料全国一律600円・ 沖縄のみ1400円)      

@天然果汁ジュース・ トマト加工品(送料全国一律600円沖縄1400円) 
1リットル入×3本・・2300円。×6本・・4500円。×12本・・8500円
「りんごジュース果汁100%」 「とまとジュース果汁100%」 「ももドリンク果汁60%」 の3種類があります。各種自由に組み合わせしてください。カラフルな彩りで贈り物に好評です。
@「おぐらやま農場産トマト(無農薬)のとまとケチャップ」・400g450円、
@トマトセット(トマトジュース+ケチャップ) 各2本入2500円  各4本入4800円

*人参りんごジュースはすべて売り切れましたので、来年1月まで欠品となります。
*トマトジュース・リンゴジュース・桃ジュースは発送できます。3種セットで彩りも鮮やか。カラフルな贈り物としても喜ばれています。
*ジャム類の発送もできます。桃ジャム・プルーンジャム・李(すもも)ジャムの3種。パンにぬって食べる他にヨーグルトに入れるなどフルーツソースとしてもお使いいただける本格派。1瓶200gで500円。「ジュースの発送時、ついでに1瓶入れる」とジャム分は送料がかかりません。ジャムのみを送る場合は4瓶で1箱です。(2000円プラス送料600円)  
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<りんご収穫体験のお知らせ>
昨年までりんごオーナーさんを募集しておりましたが、今年より形式を変えて、よりたくさんの方にりんご収穫体験を味わってもらおうと、安曇野地球宿さんとの共催で企画を立てています。下記をご覧ください。

~信州安曇野 秋のりんご収穫体験のご案内~

晩秋の安曇野で、りんご狩りを楽しみませんか。
その場で自分でとって食べるりんごの味はバツグンです!
赤く色づき、たわわに稔ったりんご畑はとても幻想的、
りんご畑の中をどうぞ散歩してみてください。。
ご家族でもカップルでもお一人でも、どうぞお気軽においでください。

●期間:11月15日(土)~11月30日までの土・日曜日・祝日が基本。
    ※平日ご希望の方はご相談ください。
●時間:土曜日 午後2:30集合     日曜日 午前10:00集合 
    所要時間はおよそ1時間半ほど
●場所:安曇野市三郷小倉のおぐらやま農場のりんご園
    おぐらやま農場ホームページ http://www.ogurayama.com/
    ※集合場所は申込時にお知らせいたします。
●費用:体験料 大人1000円、子供700円
●内容:りんごの王様ふじの収穫体験です。
    ①体験者につき大人2個、子供1個、その場でりんごを選んで食べて
     頂きます。
    ②お持ち帰りりんごは量り売りとなります。キロ500円。
    ③贈答や発送も承ります。
    ④お茶と焼き芋をサービスします。
●その他:宿泊もできます。→安曇野地球宿にて1泊2食5000円別途。
     ご希望の方はりんご狩り体験と合わせて申し込みください。
●共催・申込・問合:
   安曇野地球宿 増田 080-5486-6111 or boetu@d6.dion.ne.jp
   おぐらやま農場 松村 0263-77-7668 or akiteru89@gc4.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<今月のトピック>
おぐらやまに来てくれるウーファーさんは農場滞在の最後の夜に、メッセージノートに感想を書いてくれます。今日は、9月中旬から下旬にかけてウーフに来てくれていたタクヤ君の感想を紹介させていただきます。  ブログにも写真入りでアップしてあります。 http://shinshu.fm/MHz/19.87/archives/0000257101.html

----------------------------------

おぐらやま農場の皆さん、ありがとうございました。心から出た気持です。
初めてのウーフで縁あっておぐらやま農場にお世話になりました。2週間が過ぎ明日僕は京都に帰りますが、友人たちに何をしてきたんだと訊ねられたら、僕は迷わず「草刈りをしてきたんや」と答えるでしょう。草刈りに始まり草刈りに終わったと言っても過言ではないと思うし、間違いなく人生で最も多く草を刈った2週間でした。

なかなか大変な作業で、一定音で鳴り続けるエンジンと、眼前に果てなく続く草たちと長時間を過ごし、時には叫びたくなる衝動に駆られました。りんごの木のすぐそばまでびっしりと生えた草に「こんなん無理や」と思ったし、除草剤を使いたくなる気持ちも理解できました。除草剤は使わない。でも草は刈る。りんごを守りたいから。そこの間にある草刈という仕事について草たちと格闘しながら考えました。

草を刈っている間、頭の中に一つのもどかしさがありました。それは草とリンゴの木があまりにも近いこと。まるで両者同じくして生えているようでした。除草剤を使っている他の畑を見ると、りんごはりんご、草は草といった感じで別の世界に住んでいるのに、おぐらやま農場のリンゴ畑は違う。事実その近さが作業をより困難にしていて、はじめは当然、鬱(うっと)おしいと思いました。完璧に刈ろうとしたらりんごの幹を傷つけてしまうし、かといってちゃんと刈らなければ意味がない。そんな状況の中で少し苛立ちに似たものを感じながら作業をしていました。

しかし草刈も残り少なくなり、同時に僕の滞在も終わろうとした頃、何がきっかけだったのか、何かが僕の中で変わりました。そして、こんなことを言っては失礼かもしれないけれど、「そうだ、ここではもうりんごも草も一緒なんちゃうやろか」と思いました。たくましくのびたりんごの枝の横で草がこれでもかというぐらいに葉を出している。赤く染まったりんごの実の下では草が立派に穂をつけている。そんな畑を見ていてそう思わざるを得ませんでした。

人間社会に住んでいればお金を稼がずして生きてはいけないし、それをしようと思えば自然というものは脅威になるのかもしれない。けれどやはり自然の恵みなくして人は生きていけないのだろうと思います。だから自然に寄り添いながら少しだけ手を加え、100%を得ようとしないで生きていくのが、本来人があるべき姿なのかも知れません。そしてそんな人の生き方をおぐらやま農場のりんご畑に感じました。

わかった様な事を言って申し訳ないです。21歳の若僧が、将来のことや自分のことをいろいろ考える為にここに来ました。しかし実際は一日が終わると疲れきって寝てしまい、考えるどころではありませんでした。ただ、草刈りを通じて感じたことは、心の中心に置いておこうと思います。

2週間、本当に美味しい食事と本当に暖かい家族に出会えて本当に自分は幸せ者だと思いました。おぐらやま農場の恵みに感謝です。 また来ようと思ったときに、また来ます。  タクヤ 9月26日

------------------------------------
ウーファーさん達がおぐらやまの暮らしで、いろんなことを感じながら人生や社会や幸せについて考えていることが僕にはとても嬉しく思います。一つのケーススタディに成り得ることができたなら幸せです。皆さんの声もありがたく受け止めて、これからもやっていきたいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<あとがき>

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さんからのお返事も楽しみにしております。気候もどんどん涼しく・寒くなりますので体を冷さないよう、皆さまお元気で。りんご収穫体験でお会いできたらうれしいですね。

ありがとうございます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
 
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.
☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
*おぐらやま農場の様子がわかります
http://ogurayama.com/
*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://shinshu.fm/MHz/19.87/
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。