スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なずなを食べよう!

今年わがやの食卓には「なずな」が毎食でてきます。

というのもふーママが隣のおばあちゃんに教わってなずなをとってきてくれるのです。


このなずな不思議。はじめは茶色いのに湯がくとすっごくきれいな緑色に変身するんです。


裏の畑にいっぱいでてきています。

いままでは雑草だと思っていたのにこんなにおいしいなんて。


つい先日近所の大浜家主催で「冒険クラブ」がありましたが、そこでも春の野草を子どもたちと一緒に探しました。

ふきのとう、なずな、ノカンゾウ、ぎしぎし、などなど


ノカンゾウも美味しい!!

春に苦味のある野草を食べると冬にたまった毒素を排出する働きもあるそうです。


あーーー。ありがたい。野草さん。
わたしも春休みはわらと一緒になずなとりを楽しみました。(テルミ)


なずな

これはちょっと大きくなったなずなです。
スポンサーサイト

おぐらやま農場だより その90 <09・03・27>年間コース・リンゴの木オーナー募集

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする、
お百姓発のメールマガジン
 
 おぐらやま農場だより その90  2009・03・27 (不定期発行)
 
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayama.com/
バックナンバー http://www.ogurayama.com/letter/index.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

皆さま、こんにちは。おぐらやま農場の松村です。安曇野の里にも春がやってきました。冬の間はモノクロ写真のようだった風景にきれいな色がついてきて華やかな季節の始まりです。野山にはナズナにフキノトウ、ノカンゾウなども伸び出して、フーママが毎日と言っていいくらいそういう野草たちを食卓に乗せてくれるので、本当にありがたく思います。

農場ブログで、「桃の摘蕾(てきらい)」という、花の前のつぼみをとっていく作業を紹介しています。時間のあるときに一度見てみてくださいね。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-25.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<年間コース会員 および ふじりんごのオーナー会員 募集について>

さてもうすぐ4月に入りますが、毎年この時期に皆さんへお知らせしている「年間コース会員」と、「ふじりんごのオーナー会員」募集のお知らせです。オーナー会員さんは昨年一年はお休みを頂き、代わりにりんご狩り企画として11月の週末に行いました。

大勢の方たちが農場を訪れてくれてみなさんとても楽しんで帰っていただいたのですが、「オーナー会員をぜひ復活させて下さい!!」の声もたくさんありましたので、今年から新しく世話をすることになったりんご畑の一部をオーナー会員の皆さまに提供して、ふじりんごの収穫を楽しんでもらおうと思っております。もちろん少しのりんご収穫からでも体験できる「りんご狩り企画」も行います。11月の週末はいろんな形で農場の方へ足を運んでいただき、私たちのりんご園で楽しいひと時を過ごしてもらえればいいなと思っています。

<ふじりんごオーナー会員企画・要綱>
@15年生のふじりんごの木のオーナーさんになって下さい。収穫までの手入れ作業は農場でさせていただきますが、11月の収穫時期に1本すべて収穫していただきます。最低保障50キロに満たない場合は予備の木から追加させていただきます。

@収穫日は11月7・8日、14・15日、21・22・23日の週末と祭日です。この日にりんご畑まで収穫に来てもらえる方が対象です。雨天などの都合で収穫できなかった場合28・29日の週末も来れるようにしておきます。

@価格は一口2万円。現地で箱詰めして発送ができますが、段ボール料・宅配料など実費をいただきます。箱は持参していただいても構いません。お客様手作りの贈答品として送られた方にはとても好評のようですよ。収穫に必要なはしごや収穫かごなどは現地に用意してあります。

@ご家族や友人同士、職場の同僚などとも、晩秋の安曇野を旅する一つのツールとしてもご利用ください。お申込みは農場まで。ネットショップからが支払いなども便利ですが、直接お電話・ファクスなどでも構いません。
*電話・ファクス 0263-77-7668
*電子メール  akiteru89@gc4.so-net.ne.jp

@畑の都合で35口限定ですのでご希望の方は早めにどうぞ。

 <年間コース会員募集のお知らせ>
年間コース企画を始めてから5シーズンが過ぎました。年々希望者の方が増えてくださり、もう何年も続けておぐらやまの農産物を毎月届けさせていただいているお客様もたくさんおられます。この信用を皆さんからいただくことに、心からの喜びを感じずにはおられません。

「おいしいりんごを今年もお願いね!」と言ってくださる皆さんの存在が、私達の美味しい果物を届けたいというモチベーションを高く高く導いてくれます。農業者の喜びはやっぱりこの瞬間にあると僕は思うのです。

私たちは市場原理というものに農家も消費者も翻弄されてしまう流通でなく、生産者と農産物を食べていただく人たちが心の手をつないで理解しあえる営みを作りたいと思います。「生産と消費」の行為にもともと宿っている心情豊かな部分が必ずあります。そのことをお互いに大いに楽しんでいきたいと思うのです。 

「年間コース会員」の仕組みはそんな私たちからの一歩踏み出した提案でもあります。そしてそれに答えてくださる皆さんがこれだけいらっしゃる厳然たる事実に、私は本当に恵まれた農業者であるなあと心より感謝したいと思います。これからもいろんな形でみなさんのお役に立てるような農場を形作っていきたいと考えておりますので、ご意見・感想なども気軽にお寄せ下さい。

** 年間コース会員配送予定 **
\x{2460}6月下旬 果実ジュースセット
(りんご・桃・リンゴ人参)A・各1本ずつ / B・各2本ずつ

\x{2461}7月25日頃or8月5日頃  桃赤宝 or 桃あかつき  A・Bとも3キロ

\x{2462}9月5日頃 桃川中島白桃とりんごつがるのセット  A・3キロ  / B・5キロ

\x{2463}9月20日頃 梨豊水とジャムのセット
A・2.2キロ+ジャム3本  B・4キロ+ジャム4本

\x{2464}10月5日頃 りんご秋映とシナノスイートのセット A・3キロ  / B・5キロ

\x{2465}11月5日頃 りんご王林 A・3キロ  / B・5キロ

\x{2466}12月5日頃 りんごふじ A・3キロ  / B・5キロ

\x{2467}1月5日頃 りんごふじ A・3キロ  / B・5キロ

\x{2468}2月5日頃 りんごふじとジャムのセット
A・2.2キロ+ジャム3本 B・4キロ+ジャム4本

\x{2469} 3月5日頃 トマトジュースとケチャップのセット
A・ジュース2本+ケチャップ2本 B・ジュース4本+ケチャップ4本

@価格はAコース22500円・Bコース33500円でそれぞれ送料10回分で6400円かかります。 上記の品目以外に追加注文などがありましたら合わせて見積もりいたします。

@なお、時々ですが品目表示してあるもの以外におまけがつく時もあります。何が送れるかはその年によって違いますので予告できませんが、どうぞお楽しみに。(上記表示以外の洋なし・梨・りんごなどもおまけで入る可能性大。農場手作りのものをお届けしたいと思っています。)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<3~4月の農産物情報>  http://www.ogurayamashop.com/index.html
@ふじりんごは終了致しました。ほぼ売り切れとなり、本当に皆さんにたくさん食べていただいてありがたく思います。

@ジュースの発送は通年できますので、ご利用ください。健康維持に大切な必須ビタミンと水溶性食物繊維(ペクチン)がたっぷりのおぐらやまジュースをもっともっと皆さんに利用していただきたいと思っています。 人参りんごジュース・桃ドリンク・トマトジュース・りんごジュースとすべて発送可能です。桃ドリンクは果汁分が60%から80%になり、味も一段と格上げされた感があり、一度お試しいただきたく思います。

@ジャムはかりん・りんご・李(ソルダム)が発送可能です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<あとがき>

風和くんが小学校1年生から2年生へ、和楽ちゃんは保育園の年少組から年中組へそれぞれ進級です。私たちも新しい春のシーズンを迎えて進級したいもの。この仕事をさせていただいている限りは毎年毎年新しい課題に取り組んで、一歩づつ前へ進んでいく農業者でありたいと思います。

今年度の課題・・特に3つ。
@もみ殻と卵殻灰肥料の効果・変化をつかむこと。ふじなら3月終りまで果実軟化の来ないしっかりと硬い実づくり。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-17.html
(実際を動画で説明しています。)
@果樹園の全面成園化。新植樹へのきめ細かい管理に意識を置くこと。
@りんご畑の拡大に対して作業を適期に行うためのスタッフ確保と作業の伝え方の工夫。


今回も最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。最近は人に会うことが楽しみで仕方がありません。いろいろな方がここを訪れてくれますが、そんな皆さんにもっともっと気持ちよく訪れてもらえるおぐらやま農場でありたいと思います。

それではみなさん、次回まで。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
 
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.
☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
*おぐらやま農場の様子がわかります
http://ogurayama.com/
*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

桃の摘蕾


再生ボタンをクリックしてください。

春です!!桃の花芽がふっくらと膨らんできました。
摘蕾です。

桃の花は全部咲かせてしまうと、桃花爛漫のゴージャスな風景となってしまうのですが、桃の実をつくる桃農家としては、全部咲かせるわけにはいきません。

花を咲かせるということは、桃の木にとって、とっても力を使う一大イベントなのです。

ですので、品種にもよりますが2割から5割ほどに蕾の数を減らします。

これをやるかやらないかで、いい受粉ができるかどうかつまりいい桃の実がなるかどうかの大きな分かれ目になります。

膨らんできた蕾の頭をちょっとちぎってみると、ピンク色の花の色がとてもきれいです。

詳しくは動画をご覧ください。(暁生)

春分の日

今日は春分の日。
朝からふーままはおおはりきり。

ふーままはずっと何十年間も春分の日と秋分の日にはおはぎをつくっているそうです。
昨日の夜から小豆をたいて、おいしいあんこをつくってくれました。

子どもたちも「ぼくたちもやるーーー」とがぜんはりきってます。
こうやって、おばあちゃんと一緒におはぎがつくれるなんて、幸せだね。

おはぎ1

わらちゃんはなんせお手伝いが大好き。卵の殻むきにりんご切り、卵割、ケーキを作るときのかきまぜがかり。コロッケの衣つけ。

そんなこんなを楽しそうにやってくれます。風和くんもさすがお兄ちゃん、上手にテキパキとえごまをつけっていってくれます。

おはぎ2

はいできあがり!

あんこにきなこにわがやで育てた「えごま」のおはぎです!!
それに「なずな」のおひたし。

こんな季節の食事をいただいて、気分もほっこり!

ふーままありがとう!!

ふーママパッチワーク

ふーママことふーばーちゃんは、活動的!!
昨年3月に京都からここ安曇野に引っ越してきました。
夏はウーファーさんの食事づくりに野菜畑と一生懸命やってくれ、
うちらも美味しい食事を毎日食べることができました。
ありがとう。

そのふーママの趣味は「手芸」
特にいままで10年ぐらいためていたという古布を利用して
作った今回のパッチワークは素晴らしいです。
すべて、不要の洋服などからリサイクルした布で見事に布団カバーを
作り上げてしまいました!!

ふーままキルト
これがパッチワーク完成!!

そして、これがあっという間に布団カバーになってしまいました。

ふーまま布団カバー

さすがおばあちゃんです!!

そして今は着なくなったTシャツを利用して、このようなひもをつくっています。

ふーままひも

これを今編み始めているのですが、どんな作品ができるのか楽しみです。






おぐらやまのアイドル

今日はおぐらやま農場のアイドル叶和君、登場です!!
まるで親ばかですが、動画みてやってください。
おかげさまで8月に生まれた叶和も6カ月になり、離乳食も食べ始めました。
お父ちゃんににて、食欲旺盛です!

それでは、叶和ペンギン1です。ぺたぺた。楽しそうですねえーー。


再生ボタンをクリックしてください。


叶和ペンギン2です。んっ、さっきよりまじめな顔?


再生ボタンをクリックしてください。


叶和より
ぼくかわいかった?

かわいかったら、拍手してね。

土壁の力

<土壁のちから>

昨年建設した農業倉庫のりんご保管室、土壁づくりのこの部屋の性能は私の予想をはるかに超える素晴らしい機能を持っておりました。設計段階で、「11月下旬に収穫したりんごを冬季に長期保管するために凍結しない部屋を作りたい」ということであちこち相談した結果、「土蔵(どぞう)はいいぞ」という話になり、壁の中心に古タタミ、その外側と内側とに「土とわらを水で練った泥」を厚く塗って20センチ以上の壁厚を確保してあります。

保管庫1上から

壁塗り作業に手がかかるため、昨年5月に声をかけたところ、地元友人や各地からも知り合いが駆け付けてくれ、のべ50人ぐらいが関わって出来上がった宝ものです。そしていざその実力を確かめる最初の冬だったわけですが、見事に期待に応えてくれました。

保管庫2温度計

室内は温度変化がほとんどなく、3~5℃をずっと保持できる能力があります。湿度もほぼ変わらず60%前後で推移しています。ほとんど電力なしで冷蔵庫と同じ機能があるのです! 1月下旬は寒い日が続き最高気温が氷点下ということもありましたがそんな時も影響が少ないのです。中は凍りません。朝など外はマイナス10度以下ですが平気です。さすがに何日かそんな日が続くと毎日戸を開け閉めしているので3℃以下になりそうな雰囲気も出てきます。そういうときは隣の部屋の荷造り室で薪ストーブを焚いて、戸口にファンを置き暖かい空気を少し入れてやります。

反対に2月中旬頃は暖かい日が続き、室温が5℃より上がりそうになると、夜間の冷気を取り込むため戸をあけてやはり戸口にファンを置きまわしてやります。 しかしこの冬は上記の2回だけファンで温度調整をしただけで、あとはまったく手がかからなかったのです。

保管庫3りんごコンテナ

壁が土ですので湿度調整にもすぐれており、結露も全くありません。カビなど皆無です。青果物の保管にぴったりの条件なんだと話には聞いておりましたが、その実力を目の当たりにいたしました。凍結にはずいぶん泣かされてきましたので本当にこのありがたさが身に沁みます。

冬季は冬のはじめに取り込んでおいたダイコンやネギ、白菜、カボチャなどの野菜をいかに凍らせずに保存するかでわれわれの食卓の野菜の味が全然違ってくるのですから、それはもう今年は本当においしい野菜がふんだんに食べられたのです。玉ねぎだってキャベツだって本当においしい。ああ、カチカチに凍った大根や白菜を入れて作った味噌汁が懐かしくもあり・・。今のこの幸せが本当にありがたいのです。

保管庫4玉ねぎ

氷点下8度を超えると凍結して破裂したトマトジュースも今年からは大丈夫です。何度も書いてしまいますが、本当にうれしい。
保管庫6ジュース

というわけで、りんごの発送も2月末までの予定でしたが、3月15日頃まで充分いけそうですので発送期間を延長いたします。まだまだ元気なふじりんごが保管庫に約60コンテナほど出番を待っておりますので、どうぞ食べてやってください。注文をお待ちしております。

保管庫5外壁

AZUMINO JUG BAND

今日は地球宿で、AZUMINO JUG BANDの初めての練習がありました。
うちの農場で働いてくれているヒデさんがぜひやりたい!ということで声をかけてくれてあつまりました。

わたしたちは午後からいったのですが、みんなでいろいろな楽器をもって曲を練習しました。
なんか、このあったかい空気がいいんですね。発表はいつになることか?!子どもたちもスプーンを鳴らして、楽しみました。(てるみ)

Azumino Jug Band 1


以下地球宿、望さんの日記より

ドリカム新年会の時に友人イラストレーター中武ヒデが語った夢、「安曇野の仲間でジャグバンドをつくりたい!」。 
そのヒデの熱い呼びかけの元、ジャグバンド誕生ミーティングが地球宿で開かれた。 
 
最初に以下の目標2つを確認した。 
 
「年内に解散する!」 
 → しっかりバンドとして成立するかどうかもわからんのに! 
「CDを出す!」 
 → だから、しっかり聞けるような音楽がやれるんかい! 
 
さらにライブスケジュールが早くも立てられ、肝心要のバンド名もA(All stars)・Z(ズク出せ)・U(Ultra)・M(Miracle)・I(いーづら)・N(のんびり)・O(音楽) JUG BANDに決定。 
 
そして早くもそれぞれの楽器を持ち出し、音出ししながらやり取りを進める。FとCのコードの繰り返しで、みんなが音を出していく。その中で誰からとも無く、スキャットやハミングをいれる。そして言葉をいれ、それぞれの楽器がアクセントをつける。ギター、バンジョー、ベースの弦楽器。スプーンや水カンリンバ、洗濯板や一升瓶の造作楽器。アコーディオンやピアニカの鍵盤楽器。そしてヴォーカル。演奏しながら、曲が形作られていく。 
 
う~んスゴイ! 
(参加者9割が素人。そして1割のプロがいることで、この有様) 
 
自分の好きな曲をジャグ風にコピーしたり、しりとりで言葉を出し合い、それを繋げて歌詞を作ったり、とにかく、何でもあり、言ったモン勝ちの楽しいバンド。それがAZUMINO JUG BAND。 
 
さあ果たして今後どうなるのか?まずはデビューライブを迎えられるのか? 
誰も知らない、俺も知らない。 
こんなバンドに入ってみたい度胸満天の人も大募集。 
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。