スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガイモ収穫

雨の多い今年の夏です。晴れ間をねらって、ようやくじゃがいもの収穫になりました。
ジャガイモ収穫1・090728


さて現在一緒に畑仕事をしているウーファーさんは4人。スウェーデンからのケリーさんと東京から参加のトモコさん、
ジャガイモ収穫4・090728

そしてドイツからのエリック君、そしてイギリスからのジャッキーさんです。
ジャガイモ収穫5・090728

ケリーさんとジャッキーさんは7月1日からずっと滞在中のベテラン組。滞在期間が長いと通じ合うことも多くなり、ウーファーさんにも私達にも子どもたちにもいい関係が築かれてきます。(一番下の叶和(とわ)はジャッキー姉さんが大好きで、いつも彼女に抱っこされてご機嫌にしています。)


今年はずいぶんと畑が草で覆われてしまい、収穫量は、昨年の8割といったところでしょうか。種イモに、昨年我が家の畑で収穫したメークインを使ったところは、小さなイモしかとれずに終わってしまいましたが、男爵(だんしゃく)イモの方は、大きいものがたくさん取れました。まだまだ販売するほどの生産量はないので自家消費中心ですが、食卓に好きなだけジャガイモ料理が並ぶ幸せを感じております。
ジャガイモ収穫3・090728

部分的に痛みの出てしまったイモは早く食べてしまわないと腐ってしまうので、さっそくコロッケ作りを始めたテルミさん。2週間ほど前に収穫した玉ねぎでも痛みの出そうなものを選別してきてそこを取り除き、たっぷりのじゃがいもと玉ねぎ、そしておぐらやま産のえごまの粒、菜園のニラなどで、今晩のおかずになるのはもちろんですが、とうてい食べ切れませんので、冷凍庫で保存しておきます。
ジャガイモ収穫8・090728

さて、今日はもうひとつ。安曇野地球宿にキャンプに来ている東京の学習塾の子どもたちが、イモ掘り体験をしたいとのことで、大勢やってきてくれました。小3~中3まで、その数約40人。
ジャガイモ収穫6・090728


「おイモがおっきいなー」とか「うわー、ミミズだー」とか、「ゲジゲジがいるー」とか、まあとにかく賑やかな畑でした。このまま近くの川へ行き(あの、どあい冒険クラブですよ。詳しくはこちら http://doaibouken.blog26.fc2.com/page-1.html まで)、火をおこして焼き芋とカレーを作るそうで、焼き芋用とカレー用に一人2つずつ持ち帰りになりました。
ジャガイモ収穫7・090728

子どもたちの喜んでいる姿が、とても嬉しかった梅雨の晴れ間の一日。ありがとうございます。(アキオ)









スポンサーサイト

ほのぼの母娘の会話

わらおちゃめ


パッと晴れない日が続きますね。
みなさまお元気でしょうか?

子どもたちも夏休みに入り、いろいろとバタバタしていますが、
そんなときこそおススメは散歩。

この間夕暮れの中、愛犬リオと和楽と一緒にお散歩しました。

ちょうど山のところに大きな入道雲。
わたしは入道雲をみるとワクワクしてしまいます。


入道雲にカナカナーという蝉の鳴き声。


おもわず幸せ気分。


「わらちゃん、あそこに大っきな雲があるでしょ。
あれはね、入道雲っていって夏にでてくるんだよ。」
おかあちゃんはあの雲が大好きなんだ。」

「へーー、あの雲ハイジみたいだね。
ハイジっていいよね。雲の上にのれるんだよ。
わらちゃんもハイジになってあの雲の上にのりたい!」


ほんとうに「もこもこ」と大きな入道雲は乗ったらふわふわで
気持ちよさそうです。


おまけに夕日ですこしオレンジ色に輝いていて。


ハイジのDVDは昨年りんごをはじめて買ってくださったお客様
が子どもたちにって送ってくれたんです。


わらはハイジが大好き。
おまけによく似てる。


ほんの30分ぐらいの散歩でしたが気分はほっこり。
こんなゆとりの時間もいいですね。感謝!(テルミ)


美味しい桃どうぞ!
http://ogurayamashop.com/


おぐらやま農場だより その96 桃の収穫スタート <09・07・24>

★ 「果物年間コース会員募集中!」
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html
毎月農場より、いろんな種類の果物が、季節の手作り品のおまけや
農場の暮らしを紹介するニュースレターと一緒に届く企画、如何ですか。


★ 桃の収穫が始まりました! 7月の桃は受注ストップですが
8月の桃はまだまだ注文受付中です。古来から日本の夏に涼を齎し、
暑さに疲れた身体を癒してきてくれた「もも」。 お中元のお返しや
お盆の家族団らんの場にも、おぐらやまの桃をどうぞ。
クール便でお届けいたします。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245951/list.html


★9月上旬から始まるりんごの季節ももうすぐです。
初秋のスイート系りんご、「つがる」の注文受付も始まりました。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/240455/list.html


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする
                お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その96 2009・07・25(不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayamashop.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「桃の収穫スタート・ありがとうございます」

お天気は梅雨明け宣言以降も真夏の空とはいかず、曇り空や
雨ふりが多い昨今ですが、桃の実はどんどん成長し、7月19日より
早生品種の収穫が始まりました。

http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-70.html
美味しそうですね~。

8月に入れば、「あかつき」・「白鳳(はくほう)」、お盆過ぎからは
「なつっこ」、8月末からは「川中島白桃」と続きます。

桃の収穫シーズンが来ると、ワクワク感でいっぱいになります。
やっぱり桃の実が、ググっと大きくなってはちきれんばかりの
輝きを樹上で見せる瞬間のよろこびは、これは本当に役得な
仕事だなと思います。

 「ここまで大きくなってくれてありがとうございます。
  
  食べる人に喜んでもらえてありがとうございます。
  
  僕に仕事の喜びを与えてくれて本当にありがとうございます。」

農場を始めようと、夫婦で相談していた10年前、知り合いの農家の
方からいただいたりんごの味にノックアウトされ、「りんご作りを一生の
仕事にしてみようと思うんだ」といった僕に、「私はりんごもいいけど
桃が一番好きなんだ」と答えた輝美さん。それなら両方作ろうじゃないかと
おぐらやま農場のスタートが固まったあの日。

初収穫の日の、一番立派な桃は彼女に渡すことにしています。今年も
「美味しい桃だね」と言ってくれました。これで今年も桃作りの目的の半分は
果たせました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


桃の収穫はなかなか人にはやってもらえない難しさがあります。
適期収穫の見極めは判断が難しい果物です。8年目の
私でさえすべて満足のいくことばかりではありません。収穫基準
についてはその時その時の心境に左右されない事が大事で、
落ち着いた気持ちで手の感覚を発揮しないと判断がブレてしまう。
 
そんな時「ありがとうございます」の言葉でスッと気持ちが落ち着く。
早くやらなきゃとあせっていたり、風が強いなあとボヤイてみたり
したときの自分がよく見えてくる。これが自分の仕事なのだから、
どうやったら精度をあげて、最高のタイミングで収穫できるか。
そんな自分なりの「型」がだんだん出来上がりつつある今年の夏。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日はずっとおぐらやまを応援してくれているYさんから頂いた
メールを紹介させていただきます。
お話を聞かせていただいて、僕は本当に感動しました。

:::::::::::::

松村ファミリーさま

いつも楽しくお便りよませてもらっています。

こちらも梅雨があけ日中暑いですが、家の中はまだ
扇風機もいらないし朝晩涼しいですよ。
今朝は4時過ぎからカナカナカナーという蝉の声でめざめました。

先日は3軒ジュースを送ってもらいましたが、
みなさん美味しいとのんでもらってますよ。

少し前ですが、5月4日に三女の二男が45日の天命を
全うしました。大変ショックなできごとでした。原因がわからない
突然死とのことです。なにをどうすることもなく娘も大変な悲しみでしたが、
旦那さんや長男やまわりのひとの支えに助けられようやく落ち着いて
きました。

その時以前紹介されていて読んでみようと思っていた「生きがいの創造」
の本を手にして2冊じっくり読んでみて本当に救われた気がします。
誰もが使命を持っていきていること。
三女の二男は私達に生きること死ぬことの当たり前のことを、
しかし深く広く偉大な愛を持って自覚させてくれました。感謝です。
私も何かの使命を託されていきていることと本当に毎日を精一杯
生きることが大事だと思いつつ生活しています。

少し重くなりましたが、違った角度での新しい生き方がまた
スタートで来て幸せです。大きな宇宙の愛のエネルギーの波のなかで
私達は生きているんですよね。
ではまた。ありがとうございました。

::::::::::::

「生きがいの創造」は、飯田史彦さんという方の著作です。今年3月の
農場ニュースレターに「農場の本棚から」という記事でお薦めさせて
もらいました。生まれ変わりや過去生、魂の実在などがテーマに
なっていて、私の大好きな本の一つです。


実は7月17日の北海道トムラウシ岳での遭難ニュースの中に、
聞き覚えのある名前を2名見つけました。この2名の方同士が友人だと
いうことも知っていました。インターネットで詳しく記事を読んでいると
名古屋市○○区・△区と出身が出てきたので間違いなくおぐらやま農場の
桃やりんごを毎年たくさん注文してくれるお客様だということが分かりました。
直接お会いしたことはありませんが、電話口で何度もお話をしたことが
ある方でしたので、本当に驚きました。

人の生死のことですから、いつ何が起こるかはわかりません。
いや、生まれる前に人生のシナリオを作ってきて、そのとおり生きて、
そのとおり死んでいくのが人生というものらしいので、それが一番
順調な人生ともいえるのかも知れません。

人生にはいろんな事が起こる。きっとそれには必ず理由があって、
深い意味がある。
そんなふうに考えられたらずいぶん楽に生きていける気がします。

Yさん、お便りありがとうございました。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

桃の収穫が終わらないうちに、9月初めからはいよいよりんごのシーズンが
やってきます。もう1ヵ月もすれば秋が始まる安曇野。そう意識してみると、
この1日がなんて大切な1日なんだろうと思わされます。

今日という日は私の人生の新しい始まり。

さあ、今日も畑に行こう。

最後まで読んで下さり、いつもありがとうございます。


.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやま農場の様子がわかります
http://ogurayama.com/
*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


★メールマガジンのアドレス変更・新規登録・配信解除は以下よりできます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/mailmag.html








  
 

日食を見ました

今日の話題はもちろん日食ですね。奄美大島や小笠原諸島の方では皆既日食が観測されたようですが、安曇野は部分日食。それでも7割がた消えましたから、感動しました。

今日は観測用のサングラスを友人が用意してくれていたのでそれで見ていたのですが、曇りの天気が幸いし、肉眼では見れませんがカメラで写真を撮るにはちょうどいい具合となりました。なんてついているんでしょう。

こちらが欠け始めです。
日食090722-1

約30分後の7割がた欠けた状態はこちら。
日食090722-2

この時私は桃畑で収穫作業をしていたのですが、畑全体が青暗くなり、太陽の光が明らかに少なくなったことを感じました。
090722-3.jpg

素晴らしい天体ショーでした。どうもありがとう。

おぐらやま農場ネットショップ


ビワの葉

安曇野にはほとんど「ビワの木」というものがない。「ほとんど」なのでたまにはあるのですが、実をつけるビワの木はさらにほとんどない。

理由は簡単です。寒いから。温度が足りないのでなかなか実をつけるところまではいきません。当然実のならないものを植える人はあまりいない・・・・のが常識なのですが、ビワについてはちょっと訳が違います。

「ビワの葉」が薬になることは大昔からの仏経典にも出てくるほど歴史のあるもの。わたくしもひと昔前にあちこちの牧場で働いていた頃ずいぶんお世話になりました。主にビワの葉を乾燥させたあと刻んで煮出し、クエン酸を最後に入れて長期保存するようにします。そのビワの葉エキスを発熱している牛に飲ませたり、乳房炎の患部に塗ったりして炎症を抑える働きをしておりました。抗生剤ほどの効き目を見せることもあり、牛の健康管理にはありがたい存在だったんですよ。

牛の話はさておき、自称「健康オタク」の我が家もビワの葉が大好き。昨日とうふ屋さんから枝を一ついただきました。貴重なものなので大切に使いたいと思います。
ビワの葉09

フーママの部屋にはビワの葉や種を焼酎漬けにした瓶がいくつも置いてあります。これは高知の親せきから送ってもらったものを使ったそうです。(一番下の弟の奥さまは高知の人なのです) 虫さされややけどなどはこれで一発。化粧水によし、滋養強壮によし、まさに万能薬。 フーママの家系は薬屋さんですからね。こういうことへの情熱はとどまること知らず。見習いたいものです。
ビワ関連090723


昨年の夏、三重県の友人が送ってくれたビワを食べた後、その種をまいて見ましたら10本くらいの芽が出てきたので、秋の終りに植木鉢に移し替えてサンルームで冬ごししたのが下の写真です。
実が取れるようになるまでにするにはずいぶん樹が大きくならないとダメでしょうが、ビワの木があってたくさん葉っぱが使えるようになれば、お茶にしたりエキスを作ったり、自分の健康を守ってくれる大きな力になってくれるでしょう。
ビワ09

おぐらやま農場ネットショップ


桃の収穫が始まりました

今年も桃の収穫が始まりました。梅雨明け宣言が出てからも、なぜか雨がよく降る最近ですが桃もどんどん成長してきました。
櫛形白桃1・09

赤く色づいた写真の桃は櫛形白桃(くしがたはくとう)という早生品種。もう一つの早生品種「赤宝(せきほう)」はまだ2~3日先になりそうです。桃の樹齢が古いほど桃の熟期が早まってくる傾向があります。赤宝の樹齢はまだ3年目の若木ですので今年はそんなに沢山はとれないでしょう。

早生品種は予約いただいている分でいっぱいですので注文受付ストップです。8月の桃はまだ大丈夫ですのでどうぞご注文下さいね。

収穫はじめとなった今日ですが、実は強風にあおられて桃たちは大変でした。この写真で現場の雰囲気が伝わりますでしょうか・・。
090719-1.jpg

地面には強風で枝が揺れて、下に落ちてしまった桃もあります。最後の最後で落としてしまったのは残念ですが、風に文句を言っても仕方ありません。しっかり枝を固定できなかったこちらの力量不足。
桃収穫1・09

雨の日もあります。強風の吹く日もあります。暑い日もあるし雪が降るときもある。みんな必要なこと、ちゃんと理由があってのことなのだと思います。


8月の桃の注文はまだ承っています

おぐらやま農場だより その95  梅雨明け <09・07・15>

★「果物年間コース会員募集中!」
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html
毎月農場より、いろんな種類の果物が、季節の手作り品のおまけや
農場の暮らしを紹介するニュースレターと一緒に届く企画、如何ですか。


★<おぐらやま農場より皆様へ 2009年初夏>のお手紙をUPしました。
この夏の果物宅配などの案内も付けてあります。
お中元・お盆などの贈り物にもぜひお使いください。
http://www.ogurayamashop.com/hpgen/HPB/entries/15.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする
お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その95 2009・07・15(不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayamashop.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「梅雨明け」

「関東甲信越地方が例年より5日早い梅雨明けです」と、荷造りをして
いる作業場のラジオからアナウンサーが教えてくれました。
いよいよ梅雨明け。盛夏ですね。農場でのウーファーさんの作業時間も
そろそろ夏時間に切り替えて、早朝からと夕方の作業時間にして、
お昼の温度の上がる時間はお休みできるようにします。

夏の強烈な日差しがいよいよやってきます。桃もりんごも健康に成長
できるように、今年は夏場の灌水を重点テーマとしてやっていこうと
考えています。(草もしっかり伸びてくれますでしょうが・・・)

ブログに自然農業資材を作っている場面の動画をアップしてみました。
ご興味のある方はどうぞご覧ください。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-67.html

農産物ができるまでのその背景が感じられた時に、人は心から
その食べ物を味わうことができる様な気がするのは私だけでしょうか。
今日は我が家の食卓でふーママが作ってくれたコロッケがおいしくて、
中に何が入っているのだろうとかそれは今年はどうやって作ったとか、
話題にしたいことは山ほどあるものです。

デザートに、お友達のアヤカさんがイチゴを煮て持ってきてくれたものを
ゼリーにして食べました。彼女のご夫婦は専業のイチゴ農家に研修中で、
将来は独立してイチゴ農家になるんだという方ですから、本職が作る
イチゴはやはり別格の美味しさです。

和楽ちゃんが保育園の帰りに、お友達のお家で分けてもらった
ブルーベリーをゼリーのトッピングに使うと、和楽ちゃんは大喜び。
自分の摘んできたものがおいしいイチゴゼリーをさらにゴージャスに
飾りつけたものですから、「ごちそうだー!」と言って踊りはじめてしまい、
みんなで大笑いです。もうすぐ5歳の彼女でも、みんなに喜んでもらえる
事が本当にうれしいのでしょうね。

毎日の料理に、食材に、いろんな顔やたくさんの出来事が浮かびます。
そしてそれを一緒に食べる家族やウーファーさん達と共有できることの
幸せに感謝したいと思いますし、これが私たちのお届けする農産物の
原点になっているのだと思うのです。

このメールマガジンや、農場ブログが、皆さんと農産物の距離をぐっと
近づけてくれるものになれば嬉しいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<農場よりお知らせ>

@7月の桃は予約で数がいっぱいになりましたので、受付ストップと
なりました。お中元の贈り物に使っていただく方が多いので、7月の
桃は毎年品薄になってしまいます。約30本の早生桃の木を3年前に
植えて、それが今年あたりから取れ始めますが、まだまだ樹が小さい
ので今年はもうおしまいになってしまいました。来年、再来年と徐々に
皆さんの声に答えていきたいと思っています。

8月の桃はまだ受付可能です。こちらからどうぞ!!

http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245951/list.html

@「年間コース会員」および「ふじりんごの木のオーナー会員」受付は、
もう少し大丈夫です。

@りんごの注文も受け付けできるよう、テルミさんがネットショップの
製品ページを作ってくれています。近日中にアップできますでしょうから、
今年もおぐらやま農場のりんごをお楽しみくださいね。まずは9月上旬
収穫開始の「つがるりんご」です。  次回のメルマガまでには
注文フォームを作るようにしますので、楽しみにお待ちください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。夏の暑さで体調
コントロールが難しくなりやすい季節ですがどうぞ皆さん、冷たい物の
取りすぎや、クーラー依存で体を冷やしすぎないよう、気をつけて
お過ごしください。

いつもありがとうございます。感謝します。


.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやま農場の様子がわかります
http://ogurayama.com/
*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


★メールマガジンのアドレス変更・新規登録・配信解除は以下よりできます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/mailmag.html

サッカー観戦の日曜日

わたくし事でありますが、僕はサッカーが好きです。40歳が目前に迫ってくる歳になると、観戦が主になるのですが・・。小学生・中学生とサッカー部のキャプテンを務めておりました。まあプレーの方は大したこともなく、何かの大会で優勝したとかそんな話には縁がありませんでしたが・・・。  とにかく好きでしたから、一生懸命でした。

最近は風和くんです。サッカーが好きみたいです。毎日ボールを蹴っているし、日曜日に松本の「アルウィン」というサッカー場で「松本山雅」の試合があるときは、必ず連れて行ってくれと頼まれます。このアルウィンというサッカー場が素晴らしい競技場で、遠方の山々を背後に見ながら鮮やかな緑の芝の上で展開されるプレーは、時間をかけて観戦に行く充分な価値を感じる場所であります。
サッカー観戦6・09


「松本山雅(まつもとやまが)」は、松本からJリーグを目指すチーム作りを4年ほど前から本腰入れてやりはじめた地元チーム。現在は4部リーグにあたる、「北信越サッカーリーグ1部」に属して3部にあたる「JFL」を目指しています。一昨年は北信越で優勝しながらも、JFLをかけた全国大会で敗退。昨年は北信越で3位ながら別枠でやはり全国大会に出たものの、やはり敗退。2年連続でもう一歩のところで敗れ、サポーター達も「今年こそは」の思いがとても強いのです。
サッカー観戦2・09


今日はその北信越リーグで最大のライバルと言ってもいい、「AC長野パルセイロ」との対戦。もう残り3試合まできたいよいよ大詰めの段階で、松本が現在2位、長野が3位(首位はJSCという新潟のチーム)。 1位から3位までが勝ち点2差にいるまさに大混戦の北信越リーグ。今日負ければ優勝は大きく後退してしまう大一番であります。こんな4部リーグの試合になんと6020人が入ったということを見ても、松本市民の期待の大きさが分かるというもの。
オレンジが長野、緑が松本のチームカラーです。
サッカー観戦3・09

風和くんは山雅の応援団席のすぐ横に駆けつけ、旗を振るサポーターたちと一緒に応援しているようですね。写真中央にいるのが見えますでしょうか。和楽ちゃんもお兄ちゃんを追いかけてやはり応援団席へ。写真に写っていますが分かりましたか?  私はいつもゲームが見やすいバックスタンド側に座るようにしていますが、子どもたちはもう何回も来ているところですし、好きなように走り回っております。
サッカー観戦5・09


今日はウーファーさんのケリーさん・ジャッキーさんも応援に参加してくれました。ゴールの決まった瞬間や惜しい場面などではスタンドのサポーターたちと一緒に大歓声です。
サッカー観戦4・09

結局試合は1-1のドロ-に終わりました。個人的にはレフリーのジャッジに大いに不満の残るゲームとなりましたが(山雅の失点も、不可解なPKによるものであったしそれ以外のプレーも長野に偏る判定が多くストレスになりました・・)  負けなかったという最低の結果は残しましたので、次節の首位JSCとの直接対決、そして現在4位の金沢との最終戦に連勝できれば優勝が決まります。山雅の皆さん、勝利を祈っております!(と、実は息子に頼まれたから連れてきてる訳ではないことがバレバレのコメントでありました。一番エキサイトしているのはどう見ても父ちゃんらしい。)


小麦の収穫

なかなか晴れ間が見えない1週間でしたが、今日は午後から久しぶりに太陽が顔を出してくれました。ここがチャンスとばかりに、小麦の刈り取りです。濡れたままの麦を収穫して脱穀してしまうと熱をもって発酵してきたりしてしまうので、乾燥状態の時が狙い目なのです。
麦刈2・09


我が家の小麦は自給用に作るのが基本です。お米を1反分ほど作っていますが、ウーファーさんも含めた我が家の1年分にはやや不足するので、うどんやパンを作るために小麦を作って、我が家の主食を支えてもらっているというわけです。今年の小麦は2種類。パンを焼くのに適している「ゆめあさひ」という品種(強力粉)と、地粉という言われ方をしている中力粉の「しゅんよう」。中力粉はうどんやおやき、お好み焼きなどに適しています。写真は「ゆめあさひ」。
麦刈1・09

「バインダー」という、刈り取りと結束を一緒にやってくれる機械で刈り取った後、脱穀機にかけて麦の粒だけを袋にとっていきます。バインダーも脱穀機も日頃は、友人のツムラ君が管理してくれていて、その機械を使わせてもらっています。バインダーの写真を撮り忘れてしまいましたが、今日は我らがキャプテンのヒデさんにやってもらいました。
麦刈4・09


この日を一番楽しみにしていたのは神奈川から来てくれている「カナコさん」だったのではないでしょうか。実はこの小麦の種をまいた張本人。昨年10月の終わりに、畑に糸を張ってまっすぐに種まきができるようがんばってくれたのです。
麦刈3・09


無事に芽は出たかな、まっすぐに生え揃ってくれたかなと、気にかかっていたそうなのですが、収穫時期に合わせて再度ウーファーとして登場。明日帰る予定でいたところでしたのでギリギリセーフでしたね。

このあと、広げて乾燥したあと、トーミというほこりやゴミを飛ばす機械にかけて玄麦の出来上がり。それを地元の粉屋さんに持ち込んで、製粉してもらいます。楽しみです。

手作りの資材紹介

今日は雨。小屋の中で今年になって4回目の天恵緑汁(てんけいりょくじゅう)の仕込みです。摘果したりんごの実を集めてきて、樽の中で黒砂糖とまぶして発酵液を作ります。春先はヨモギやクローバーなどが主な原料でしたが、実がどんどんと太りはじめる時期には、原料を変えて果物の実を使うのです。



再生ボタンをクリックしてください


資材製作現場09年



発酵液の中には、植物の成長を助ける微生物がいっぱい。4日ほど経つと、樽に耳を当てれば「シュワシュワ・・」と音が聞こえてきて、だんだんりんごの実にある水分が浸透圧や発酵の過程でジュースになり樽にたまってくるのが分かります。そしてその発酵液を水に溶かして果樹園の木全体に散布します。
天恵緑汁09年7月



甕(カメ)の中で焼酎漬けになっている漢方栄養剤の原料をとり出してみましょう。ニンニクにショウガ、かりんの実。ニンニクとカリンは家の畑で採れたもの。ショウガは購入です。
ニンニク09

ショウガ09

かりん09年7月


こちらは、桂皮(シナモン)に、甘草(カンゾウ)、当帰(トウキ)。これも購入。
シナモン09

カンゾウ09

トウキ09




漢方剤はいかにも人間の身体を元気にしてくれそうなものがずらりと並んでいますが、植物も同じ生物です。病気に抵抗できる作物になるための身近に手に入るものを今も探しています。


そういう意味でいえば、こちらは魚のアラのアミノ酸液肥です。地元のスーパーさんで魚を捌いているところへ行って、バケツでアラをもらってきます。これも黒砂糖に漬けておくと微生物たちがどんどん増えて、腐った臭いにならずアミノ酸に分解された液肥状態になってきます。やや脂っぽいのは仕方ありませんがこれも水に溶かして散布すると、葉っぱにいるバクテリアたちが喜んで増えてくれるようです。
魚のアミノ酸肥料09年



さらに紹介いたします。こちらは玄米酢。今の時期は、この酢の中にカツオの骨を細かく砕いた粉を溶かして、酢酸カルシウム液にします。やはり水に溶いて全面散布です。果樹の葉からも、養分・微量要素などが吸収される仕組みになっているそうですよ。
農業用玄米酢09年



美味しい果物を皆さんに届けられるよう、それぞれの資材には「こんな作物を育てたい」という願いが込められています。梅雨空の続く昨今ですが、手作り資材の持つ不思議パワーでどんどん元気になってもらいたいですね。

トマトの実もそれらしくなってきましたね。
トマトの実09年7月


雨上がり、家の前の道の上で。風和8才・叶和11か月。

風和と叶和09年7月


おぐらやま農場の農産物はこちらでどうぞ

フーママ還暦おめでとう!!!

今日はふーママの誕生日。
なんと、今年で還暦で~~す!!
おめでとう!!

新しく来たウーファーさん2人を含め、今はウーファーさんが6人となりました。
しかも全員女性なので、なんというか、華やかです。

フーママ60その1

さて、さてふーママもこちらに越してきて早1年半。
新しく来るウーファーさんにはまるで、ずっとこちらにいるみたいと声をかけられ、
私たちもなんだかずっと一緒に暮らしているような気になっています。

フーママからは学ぶことがいっぱい。
私は特に子育てのこと。

実はふーママの子どもたちはみんなとても立派に育っているんです。
うちの暁生さんはりっぱな農場主(笑)。
そして妹のありちゃんは大学で心理学の講師やカウンセラーをしています。
弟の寛生くんは古民家再生の大工さん。
末っ子の郁生くんは、IBMの研究職をしています。

このバラバラ加減がいいでしょ。

みんながそれぞれ自分の才能を発揮しながら生き甲斐、志をもって仕事をしているんです。

普段のふーママの人への接し方、孫への対応など見ているとどうしてそんな子どもたちがみんな
生き生きとそれぞれ自分の道を歩んでいるのかわかる気がします。
(うまく言葉にできませんが・・・)

畑や食事づくりにしてもその職人気質ともいえる向上心、研究熱心さにはいつも頭が下がります。

そんなふーママの60歳だからこそ、若い人に伝えたい言葉を大演説してくれた誕生会でした。

フーママ60その2

「人生は60歳になったら本当に幸せだなあと実感できるからね。それを楽しみに生きていくんだよ。」

フーママ60その3

そして、フーママ&暁生によるミニライブで3曲の歌を披露してくれ、楽しい誕生会を終えました。
外を見るとウーファーのななさんが

「見てみて、月が目になって竜の形になっているよ。」と教えてくれたので、
あわててカメラを持っていきました。
ほんの一瞬遅れてしまったのですが、本当に竜のようでした。

フーママ60その4

明日は七夕と満月そして皆既日食が重なるのだそうです。
なんでも願い事がとっても叶いやすいとか。

「どうかいつまでもみんなで仲良く楽しく暮らせますように!」

いつもありがとう。フーママ。感謝しています。(テルミ)



おぐらやま農場だより その94 「梅熟す季節です」 09・07・03 

★「果物年間コース会員募集中!」
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html
毎月農場より、いろんな種類の果物が、季節の手作り品のおまけや
農場の暮らしを紹介するニュースレターと一緒に届く企画、如何ですか。


★<おぐらやま農場より皆様へ 2009年初夏>のお手紙をUPしました。
この夏の果物宅配などの案内も付けてあります。
お中元・お盆などの贈り物にもぜひお使いください。
http://www.ogurayamashop.com/hpgen/HPB/entries/15.html


★ 農場ブログにはおぐらやま農場の「今」が満載!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする
お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その94 2009・07・03(不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayamashop.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「梅熟す季節です」 

いつもありがとうございます。
おぐらやま農場には2本の梅の木があります。
先日は木いっぱいに実った梅の実を収穫しました。
収穫の様子はこちらからご覧ください。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


我が家ではテルミさんが毎年梅干しを手作りでたくさん作ってくれます。
これは冬のおぐらやまの定番「梅しょう番茶」によく使われます。
(梅干しとショウガと醤油を3年番茶に入れて飲む)
このお茶は体を温めるのに抜群の威力を発揮しますよ。
身体が温まれば、心もホッと温まってくれますからね。
まだ4才のうちの和楽ちゃんは、お母さんの梅干し大好きという
ちょっと変わった女の子。

さらに梅サワーを作って夏の美味しいドリンクにも大活躍。こどもたち
も大好きです。

フーママが大好きな梅酒ももちろん仕込まれます。
そのうち梅肉エキスも作ってみたいなと思っております。
(いつかはみなさまにもお届できるでしょうか。。。。)


★梅干しの効能
梅干しが昔から日本人の食生活にあった事にはちゃんと訳があります。
脳卒中や心筋梗塞といった動脈硬化症の原因となるのは、血管の老化や
血管内に蓄積したコレステロール・老廃物によって、血管が詰まってしまう
からといわれています。

健康な人の動脈は弾力に富み、全身に栄養や酸素を送るために張り巡ら
された大切なパイプ役。ちょっとやそっとでは詰まったり破けたりしません。

梅干しにたくさんあるクエン酸を意識的にとっている人は、
動脈硬化の原因となりやすい体内の乳酸を分解してくれるので
血管内はいつもきれいな状態でいられます。

乳酸を分解してくれるということは、「体の疲れ」をスムーズに回復させてくれる
食品だということも言えます。 「すっぱいことってすごいんだねえ」

むずかしい理論がわからなくても、ちゃんとこのような食品を作りだし、
食べ続けてきた先人たちの知恵のすごさに脱帽です。

毎日の食事に梅干しを加えるだけで元気に過ごせそうですね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「果物年間コース会員募集中!」
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html
毎月農場より、いろんな種類の果物が、季節の手作り品のおまけや
農場の暮らしを紹介するニュースレターと一緒に届く企画、如何ですか。


年間コースは現在80名程度の申込みをいただきました。
本当にありがたいことです。
100名程度までは受注可能ですので7月いっぱいは
受付させていただこうと考えております。


6月のジュースセットのおまけでつけさせていただいた梅は、
だんだん黄色くなってきて手作りの梅酒・梅サワーには向かなくなりますので
梅同梱は7月10日までの受付の方限定とさせていただきます。
検討中の方はお早めにご連絡くださいませ。


桃やなし、リンゴ、果物ジュースなどが月替わりでいろいろ届きます。
どうぞお楽しみに。


早速、送らせていただいたお客様からコメントが届きました。
こんなやりとりこそが、農場直送でお客様とつながって仕事ができる
幸せというものでしょうね。

★早速ジュースを美味しくいただいています。これから1年間
楽しみです!!そして梅のおまけもさっそく梅サワーにしましたよ。
ありがとうございます。(東京・Oさま)

★いつもありがとうございます。梅は毎年ハチミツでジュースにします。
また、梅+おかか+醤油で、「梅醤油」も美味しいですヨ!! 
冷奴・ソーメン・ etc ・・・。いつも元気をありがとう!! (東京・Uさま)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


おぐらやま農場は「健康な心と身体」を作るための農産物を生産する
農場ですから、これからも「健康な心と身体」をテーマにした話題を軸に、
皆さんのお役に立つメールマガジンをお届けできればと思っています。



いつも最後まで読んでくださってありがとうございます。


またメルマガ配信してもいいよという方を紹介くださればとても嬉しいです。
質問・感想などはこのメールに返信下さいね。


.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやま農場の様子がわかります
http://ogurayama.com/
*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


★メールマガジンのアドレス変更・新規登録・配信解除は以下よりできます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/mailmag.html
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。