かりん販売します!!

かりん

少しですが、かりんの販売致します。
手作りかりん酒やかりんはちみつにお使いくださいね♪
これからの季節にとっても役立ちますよ!

2キロ 1000円 です。

かりんを購入したい方はこちらから


かりん酒

【材料】
1kg・氷砂糖300g・ホワイトリカー1.8L(35度)
 かりんは黄熟した物を使うといいです。

【作り方】
かりんをぬるま湯に浸しながらタワシでよく洗い、ざるにあげて水気を切り2~3日自 然乾燥します。かりんの表面に蜜状のネバネバが出てくるので、水で流しながら洗い 落として水気を切って2~3cmぐらいの輪切りにします。 ビンにかりん(種を残さないようにとる)と氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを注ぎます。熟成 冷暗所に置いて、約2ヶ月で飲めるようになりますが、熟成には6ヶ月以上が必要です。1年程で中味を取り出します。
高級ブランデーにも劣らないコクとまろやかな味になります。

【効能】 ぜんそく、せき止め、疲労や病気の回復、貧血症、美容に効果的です。


          かりんはちみつ
【材料】
 かりん、ハチミツ、広口びん

【作り方】
かりんをザクザクと輪切りにして(皮はそのまま、種も一緒でいいです)、広口びんに入れていきます。今度は、ハチミツの番。かりんが全部ひたひたになるまでハチミツを入れて終了です。1か月もすれば飲めます。もちろん、その間にのどがいたくなったら、使ってください。お湯で割って飲むだけ。常温保存でかまいません。ただし、かりんがハチミツから出るとかびるので、とびでてしまった分のかりんをひきあげてください。


リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから



おぐらやま農場だより その100 <09・10・28>

★りんご「秋映」・「シナノスイート」は終了いたしました。
たくさんの注文をいただき本当にありがとうございます。
11月上旬発送の「王林」も、そろそろ受注ストップとなります。


★今年も「かりん(マルメロ)」の収穫をしました。ジャム加工して販売
できるよう現在準備中ですが、ご家庭などで手作りのかりん加工品を
作ってみたいという方に、「かりんの実」、お届けできます。
限定100キロほどです。注文は下記よりどうぞ。
食前酒によく使われる「かりん酒」と、のどが痛い時に重宝する
「かりんのはちみつ漬け」のレシピもあります。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/karin1.html


★お歳暮などの贈答品受付も始めています。ふじりんごや天然果汁
ジュース・ジャム等の組み合わせもあります。トマトケチャップも製造
しましたので、「トマトジュースとケチャップの、真っ赤な完熟トマトセット」
はいかがでしょう。気軽に問い合わせください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245953/list.html


★今年もふじりんごの「リンゴ収穫体験」を企画しています。
11月14・15日の週末と11月21・22・23日の3連休のみの企画です。
ご興味のある方はこちらへ。詳細を載せてあります。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-92.html

たくさんの笑顔とお会いできることを楽しみにしています。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする
                お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その100 2009・10・28(不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayamashop.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「祝・メルマガ発行100回達成!!」

皆さん、こんにちは。今回はタイトルを読んで字の如く、自分勝手に
お祝いしたいことがあります。ついにおぐらやま農場便りのメルマガ
発行が100回を達成いたしました。おめでとうございます!


農場をスタートさせた2002年の冬、といってももう3月になっていま
したが、当初メールアドレスを知っている友人たち約50人ほどに、
信州安曇野で果物作りを始めたことを報告したことが
「おぐらやま農場だより」の始まりです。


ペースよく書き続けられる時もありましたが、なかなか余裕がとれず、
音信不通が長く続いたときもあり、(不定期発行)ということになった
まま、ついに8年がたちました。その間に読者の方がだんだん増えて
下さり、現在約780人の方が登録してくれています。


当初から、生産者と農産物を食べていただく人たちが、心の手をつな
いで生きていける間柄に育って行けたら素敵だなあと、はっきり考えて
いましたので、農場からの発信手段としてこのメルマガには随分と活躍
してもらったような気がしています。本当にありがとう。


そして、そのお便りにときどきお返事をくれるお客様のメッセージに、
理屈抜きに力をいただき、勇気をいただき、安らぎもいただきながら
僕たちが成長してこれたのだと思います。
本当にどうもありがとうございます。


現在、農場のメインHPがサーバの関係でダウンしておりますので、
当時のころのバックナンバーが読めなくなっているのが残念ですが、
近日中に「おぐらやま農場だより、ナンバー1」からの文書を紹介できたら
と思っています。


これからもこの「おぐらやま農場だより」を通して、もっともっと皆さんの
お役にたてるよう、農場の今をひたすらに楽しく、情報発信していきたい
と思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
皆さんからのメッセージや、厳しいご指摘、ご意見ももちろんお待ちして
います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「玉ねぎ定植をしています」

今年は、玉ねぎの苗をたくさん植えようと思い、現在畑づくりと
マルチはり、そして植え付け作業をしています。「なぜ玉ねぎなのか」
については語りたいこともたくさんありますが、それはまた収穫の頃
にいたします。 ともかく、今年は2万本を目標に、(つまり玉ねぎを
2万個収穫することを目標に)、作業を進めています。


きっと来年の梅雨あけの7月中旬ごろには、玉ねぎ引き選手権を
ウーファーさんとやって、おいしい玉ねぎを皆さんのもとへ届けられる
よう準備中。


それにしても我が家のすぐ横にある野菜畑は本当に水はけがよい。
昨日夕方まで丸1日降っていた雨で、今日はトラクタが畑に入れない
だろうなと見に行ったら、全然そんな雰囲気がないので、試しに
ロータリ(耕運機)をかけてみたら全く問題なし。土をこねて固めてしまう
ことも皆無です。


これはきっと地下水位が低いこと(地形的に扇状地の一番上ですので)
畑の土が水はけのよい団粒構造になっていること、など複数の要素が
合わさってのことだと推測されますが、このような畑の土の中にはきっと
たくさんの微生物さんたちが生きて活動していることでしょう。
水はけがいいのに、水持ちもいい畑なんですよ。
おかげで今日も朝からみんなと畑仕事にかかることが出来ました。
ありがとうございます。


今年の秋は販売用に「ニンニク」と、「玉ねぎ」を定植しました。来春にも
いくつかの、おぐらやま農場にとっては初めてのものを作付する予定で
います。どうぞお楽しみに。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今回も最後まで読んでいただきどうもありがとうございます。
今回のメルマガ100回到達を記念し、これまで私たちを支えて下さった
メルマガ読者の皆様への感謝の気持ちを、次号メルマガでお知らせする
農場初の「プレゼント企画」に込めたいと思います。詳細は次号です。
お読み逃しなく!!


.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


★メールマガジンのアドレス変更・新規登録・配信解除は以下よりできます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/mailmag.html

サラダうどん

サラダうどん1

この夏おぐらやま農場で人気だったサラダうどんをフーママがまた作ってくれました。
うどんの上にレタスや水菜、スクランブルエッグなどを冷うどんの上にのせて、
甘酸っぱいたれをまわしかけて食べます。

食感がしゃきしゃきと何ともいえずおいしいです。(てるちゃん)

リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから




そば収穫しています

今日はそば収穫。このそばも今年初めて植えたそばです。
自家用なんですが、立派に出来るものですね。

そばの実その2・09


信州といえばそば。
世界各国・日本各地から来てくれるウーファーさんたちにも
これで、「これが信州のそばだよ」って食べてもらえそうです。

ゆくゆくは、りんご収穫にきてくれたお客様なんかにも出せるようになったらいいな。
「おぐらやま農場そば狩り体験・そば打ち体験」なんていうものがいつか
やれるかも。足がかりとなる今年初のそば収穫でした。

そのそばをこの後たたいてソバの実を落としていきます。
カメラを向けるとティムはお茶目なポーズ。

そば・ティム

こちらはみんなでたたいています。

そばたたく


(てるちゃん)

ちょっと昔になりますが、夏にソバの種まきをしたときの写真がありますので、どんな様子だったかを振り返ってみましょう。種まきは8月5日。雨降り直前の種まき時期としては最高のコンディション。品種は長野県で育成された品種「信濃1号」でした。
そば種まき4・09


その頃のウーファーさんと今のメンバーとはすっかり入れ替わっています。トラクターで畑を耕し整地した後に、鍬で種まきのスジをつけていき、そのあとを種を落とす人と長靴で土かけをしていく人に分かれての流れ作業。15アールの畑の種まきで5人で半日かかりませんでしたので、あっという間に終わったといってよいでしょう。
そば種まき1・09


その後の管理作業は全くありません。本当であれば、除草を兼ねて一度だけでも中耕出来ればよかったのかも知れませんが(やはり収穫時に雑草が出ていたので刈り取りにくさがあった) 収穫時に雑草が混じることを気にしなければ、本当に種まきと刈り取りだけが仕事という手のかからなさは特筆すべきですね。

そばはタデ科の植物で「タデ食う虫もスキズキ」ということわざがあるぐらい、害虫が付くということがありません。病気も皆無。農薬のお世話にはならないでよいのが普通です。そして初期成長が早いので雑草が伸びてくるよりも先にソバの葉が茂ってきて地面を日陰にし、夏草の繁茂をいくらか抑えます。大規模栽培をされている方の場合は除草剤は使って畑の雑草を徹底的に退治するところが多いのではないでしょうか。

信州はそばどころ。実はこれは昔の稲作事情にも随分影響されています。戦後に低温に強い米の品種改良が進む以前のころは、信州の高標高地帯では米が出来なかった。もしくは収量が著しく少なかった。(もちろん東北・北海道も事情は同じはずです) 人々は生きるための糧を米以外に求めるしかなかった。小麦・雑穀・芋類各種が人々の主食であった。ソバはそんな地域にも対応できる強い作物だった。低温でも実をつける。手間も少なくて済む。種まきから収穫まで2カ月半程度で実がとれる。 そういうわけで信州のあちらこちら、東北・北海道地方にもその地方独自のソバの食べ方がある。麺に切って食べるだけでなく、ソバがきやすいとん風などソバ粉の料理もいろいろです。

今はそばが高級食になっています。松本や安曇野の観光地でもお蕎麦屋さんと言えば立派な作りの古民家風の店舗で営業しているお店が多いです。それはやはりソバという食材にそれだけの魅力があるからなのだと思います。

(アキオ)

リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから




ニンニクの芽が出そろいました!!

今年初めて植えたにんにくの芽が出そろいました。
山をバックにとってもいい風景だったので一枚パシャリ。

ニンニクの芽がでたよ1


中にはマルチから出てこれない芽もあったので、
ちょっと芽をずらしてあげて穴の中から出してあげました。

芽が出てきて一安心です。(てるちゃん)

ニンニクの芽2



リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから



手帳買っちゃいました

夢をかなえる人の手帳2010夢をかなえる人の手帳2010
(2009/10/03)
藤沢 優月

商品詳細を見る


今日、本屋さんに言ったらたまたま見つけてしまいました。
この「夢をかなえる人の手帳」シリーズ。もう3年ほど使っているんです。

友達にもすすめたらとっても気に入ってくれて何人か使ってくれています。

毎月、月初めにかわいい絵とコラムが書いてあって、月の満ち欠けやタイムスケジュールなんかが書いてあるんですね。


わたしはどちらかというと手帳は、予定は軽く書き込んでおいて、あとはちょっとした日記をかいたり、
こんなことやりたいと思ったアイデアを書いたり、出会った素敵な言葉を書いたり、
みんなに紹介したいなということをメモったり、心の中をまとめたりいろいろと書き込んでいます。

ちょっとした記録が楽しいんですね。
あとから振り返ってみるときにも重宝してます。


本当に大切なことを叶えるために
幸せな時間を過ごすために

オススメの一冊です。(てる)


リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから





秋の夜に

今夜はオリオン座流星群が見られるということで、1時ぐらいにごそごそと起きてきました。
なんでもオリオン座流星群は、ハレーすい星が放出したチリの群れが発光して起こるらしいです。

20~23日の間にたくさん見えるということで、今日がチャンスと外にでてみました。
「うわっ!きれいな星空」


空にキラキラと瞬く星空はいいものですねえ。
数年前にしし座流星群が来た時には一時間に百個以上の「流れ星」
が見えたので今日も期待!!


が5分ぐらいたって・・・・


なかなか見えませんでした。
あまりの寒さに部屋の中に入ってしまいました。


気温がすでに6度です。


中に入ると暁生さんがまだパソコンに向かって
明日出荷する分の伝票を出していました。
ごくろうさまです。

一緒にお茶を飲みながら、
「夜はグッと冷えるようになってきたね。」
「まきストーブつけようか?」

「ここのところ天気はすごくいいし、
夜はグッと冷え込むしりんごがおいしくなるぞーー」と
暁生さん。


りんごたちも夜は静かに眠っているのかな。
流れ星をみているかもね。


自然が育ててくれるおいしいりんご。
ふじりんごの出荷まであと1か月ほど。
樹の上で熟すのを待つばかり。

もうしばらくお待ちくださいね。

王林は11月上旬から収穫・出荷していきます。

ばあと叶和
秋晴れの下野菜畑で「ばあと叶和」


リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから






ふじりんごの玉まわし

今の時期おぐらやま農場では「ふじりんごの玉まわし」の作業をしています。
玉まわしというのは、りんごが均等に太陽にあたり、全体的に赤くなるように
その名の通りりんごを回してあげるのです。

玉回し3
こんな風に太陽に当たっている側は赤いのですが・・・

玉回し2
ひっくりかえしてみると・・・

玉回し1
うらはまだまだ黄色!!

この玉回し作業をしないと、収穫の時に半分赤くないりんごになってしまうんです。
味にはほとんど影響はないのですが、おいしそうな色っていうのも大事ですよね。

それでも木の下のほうにあって、葉っぱの陰に隠れちゃうようなりんごはどうしても赤くならなかったりもします。

うちの農場ではこの玉回し作業はするのですが、一般的に行われている「葉つみ」はしません。
「葉つみ」もりんごの色を赤くするために行うのですが、おぐらやま農場では生命力たっぷりのりんごをお届けしたいと考えているため、葉っぱはできるだけ最後までとっておいて、十分に光合成をしてもらいりんごに栄養を行きとどかせたいと考えています。ときおり葉っぱのあとがついたりんごもありますが、このような理由なのでご了承ください。

http://www.ogurayamashop.com/hpgen/HPB/entries/18.html

玉回しをやるとこんな感じにリンゴ畑がまだ赤く色づく前に戻った感じになります。

玉回し前
玉回しBefore

玉回し後
玉回しAfter


リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから


秋映・シナノスイート完売しました!!

いつもありがとうございます。
秋映・シナノスイート完売しました。
感謝です。

今年はこの2種とも大変おいしく本当に
大好評でした。

秋映とシナノスイートのセット

秋映とシナノスイートのセット販売を考えていたのですが、
今年はできなくなってしまいました。
来年はセットもしようと考えていますのでお楽しみに。

王林が11月上旬からはじまりますので、
こちらをよろしくお願いします!!

感謝!!


リンゴ収穫体験はこちらから

王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから




夢を描く

今年3月頃からうちの家族では、週に一度「家族会議」というものをはじめました。

名前は「会議」なんてついてちょっと固いけれど、実際はおかしを食べながら一週間あった
楽しかったことなんかを家族でしゃべる一家団らんみたいなものです。

普段はウーファーさんたちもいるので、家族だけで週に一回は子供たちのお話もじっくりと聴いて団らんしようとはじめたものです。


そこで、今日はひとしきりお菓子をたべてしゃべったあとにみんなで画用紙に「自分のなりたいもの・欲しいもの・夢」なんかをクレヨンで描いてみました。

たまに絵をかくとなかなか描けないものですねえ。

暁生さんは無農薬栽培でもたわわに実ったりんごの樹たちの絵を描いていました。さすが農場主!

わらちゃんはプリキュア!とおかあちゃんと一緒にリオの散歩?!の絵

わたしは「素敵な木のおうち」です。


今日ははずかしいので風和のだけ紹介しますね。

風和の夢
風和の夢

見えますか?左上に描かれた横断幕「松村風和」。
実はこれJリーグに入った時に自分がシュートを決めたときの絵なんです。

この間の日曜日松本のアルウィンでサッカー天皇杯2回戦「浦和レッズVS山雅」の試合が
行われました。

サッカー大好きの松村親子。家族みんなとウーファーさんのティムと一緒に山雅を応援に
行ってきました。

浦和VS山雅3


この試合がすごかったんです。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、なんと4部リーグのわれら
「山雅」が2-0でJリーグの「浦和レッズ」に勝利してしまったのです。


完全な番狂わせ!!喜ぶ山雅チーム!
浦和VS山雅2


この試合浦和レッズの応援もすごっかったです。さすがJリーグのサポーター。
まっかに埋め尽くされた赤の観客席。

浦和VS山雅1
浦和レッズサポーター

この大歓声の応援の中、山雅の選手が1点目、2点目をあげたとき、
そりゃあ、山雅を応援しているわれらは、大興奮です。

風和の目にもそのかっこよさがしっかりと目に焼き付いてしまったんでしょう。
「僕、山雅に入ってJリーグに出る!!」と今日もサッカーボールを蹴るふうわ君。

たまにこうやって、家族で夢を語りあうのもいいですね。
お絵描き感覚だと子供たちも楽しそうです。


王林・ふじりんご予約受付中です!

毎月ケチャップおまけつきのジュース定期購入始めました!

おぐらやま農場の生産物はこちらから






2009年 秋 農場からのお便り

10月7~8日にかけて日本列島を縦断した台風18号でしたが、おぐらやま農場では大きな被害もなく少しほっとしています。自然の力の前には人間の力がいかに微力であるかを、ニュースの映像などを通して強く感じます。そして私たち農業者はその自然現象をすべて受け入れて生きていくしか道はありませんから、農作物に甚大な影響を受けた地域のことを思うと胸が痛みます。


安曇野地域は地理的にみると、すぐ西側に3000メートル級の山々が連なる北アルプス連峰や、西側にも2000メートル級の美ヶ原・高ボッチ、やや南寄りに中央アルプスもあり、大きな山々が台風の強風を弱めてくれることが多いのです。今回もそうでした。雨量はしっかり降ってくれましたが、大きな恵みです。

これでまた作物たちが瑞々しく力を発揮してくれると思います。この地で農場を始めてもうすぐ丸8年経ちますが、本当に神様に守られているような素晴らしい場所だと思っています。この地に私たちを導いてくれた何かに心から感謝したいと思います。


台風が来るという前日は収穫期が迫っていたりんごの秋映・シナノスイートを農場に滞在してくれている4人のウーファーさん達とわが農場のキャプテン役のヒデさんが全部収穫していきました。今年から農場の仕事を手伝ってくれているヒデさん(松本から通ってくれているわが農場のスタッフ・本業はイラストレーター)の存在のおかげで、ウーファーさん達がとてもスムーズに迷いなく仕事ができるようになったのですがその象徴のような一日でした。

私が畑の観察や手作りの農業資材を作ったりする専門的な仕事に時間を割けるようになりましたし、年々増えている発送作業にも対応できるようになりました。年々変化している私たちの農場ですが、今年一番変わったことはそのことだと思います。


スタッフに入ってもらうこと・ウーファーさんを受け入れることでより多くの人がおぐらやま農場という場を醸成する要素となります。関わってくれる人たちが増えてくれることで農場の空気がどんどんと明るく楽しいものになってきているように思います。

私の仕事は農作業そのものがもちろん主なのですが、関わってくれる人が増えてくることで、その農作業をどんな雰囲気で進められるかを大切なポイントにしています。ここにいる人たちは私を含めて農業に対しては未熟な人間の寄り集まりですが、農場を取り巻く自然から学ぶこと、農作業を通して学ぶこと、収穫した作物を頂くことで学ぶこと、ともに働く仲間たちから学ぶこと、そんなことが毎日たくさんあるのです。

農業という仕事は本当にたくさんの気づきや学びを得られる魅力ある仕事だなあと思います。


今年の夏はお盆頃まで梅雨明けがずれ込み、お天気の日が少なかったのですが、寒い地方の作物であるりんごにはちょうど良かったのかもしれません。ここ数年の暑い暑い夏は桃の作柄にプラスになることはあってもりんごの木がダメージを受けている可能性がありました。

ですから年初に今年の重点取り組み項目に、夏場の灌水をしっかり見てあげたいと意気込んでいたのですが、気合を入れて準備していたことは全く空振りに終わりました。が、今年はそのヒートストレスがまったくなかったと感じますし、りんごの玉伸びも例年よりも大きくなっているようです。そして9月から始まるりんごの収穫に合わせるかのようにお盆過ぎから晴天が続き、夜間温度が下がる好循環が続き、おかげさまで9月のつがる、10月の秋映・シナノスイートと、味の面でも皆さんにもとても好評をいただいています。


実は、7月後半~8月前半の長雨が続いていた時は、さすがにりんごの葉っぱに疲れてきている気配を感じました。その間も雨の止んだ隙に手作りの天恵緑汁(てんけいりょくじゅう)や漢方栄養剤・魚アラの発酵アミノ酸液肥などを利用していましたが、例年より葉っぱの厚みが少なく色も薄い気がしました。きっと雨が多く地中の水分が多い為に根からは窒素分が吸収されてくるのに、日光が少ない分光合成作用で作られる炭水化物が少ない為に果樹の体内でバランスが取れていなかったのではないでしょうか。

少ない日光でも光合成ができるように「光合成細菌」の資材をネットで探して取り寄せ、すぐにりんご・桃の木に散布すること2回。これがりんごの葉っぱに例年通りの元気をくれたように見えました。


この対応がどれだけのものだったのか、試験区を作って比較したものがないだけに善し悪しを簡単に判断することは今の私にはできません。植物は普通大きく分けて3つの成長段階というものを持っています。最初が「栄養成長期」といって身体がどんどんと大きくなる時期。りんごの木でいえば春先から6月下旬頃までの新しい枝葉がどんどん伸びる頃、人間でいえば赤ちゃんから少年になるまで。それに対して7月後半からは「生殖成長期」といい、りんごが子孫を残すための実を実らせ充実させていく時期です。


そしてその中間を「交代期」と呼んでいます。生殖成長期に光合成が少なく(炭酸同化作用で作られる炭水化物が少なく)、吸収している窒素分が多いと実が成長せず枝葉ばかりが伸びてしまうのです。そうやって出来た葉っぱは形は大きく数も多いのだけれど厚みに欠け、実は光合成能力が低く病気にもかかりやすい見せかけだけの葉っぱになってしまう可能性が大きいのです。私としては止むを得ずの対応でした。


でもおかげで「光合成細菌」についてこれまでよりもたくさん学ぶことができとてもよかったと思いますし、この資材も手作りする方法があることを知りました。毎年いろんな気象条件・地理条件があります。そのことを見抜く観察力と柔軟にいろんな対応ができる力はまだまだですが、毎日の目の前の作物たちが待ったなしで教材を提供してくれています。これからのりんご栽培のテーマは、青森県で無肥料無農薬栽培をやり続けている木村秋則さんが話される「自然栽培」について、もう一歩踏み込んで学び実際に手ごたえを感じてみたいと思っています。まだまだ奥が深いのであろう自然界の成り立ちや目に見えないものへの謙虚なまなざしを持ち続けて、一歩ずつ前へすすみたいと思います。


そんな風に毎日畑の作物たちをどんなふうにお世話できるかなと暮らしているうちにいつの間にか山々が色づき始めました。安曇野の秋はこれからが本番です。そして実りの秋の収穫物を皆さんにもお届けできればと思います。おぐらやま農場はこれからも農産物を生産する農場の立場で皆さんのお役に立っていくことができれば幸せです。いつもありがとうございます。


農産物の注文はネットショップからも可能です。支払い方法もいくつかあり便利だと思いますので一度こちらもお尋ねください。輝美さんが担当してくれておりだんだんと読みやすいHPになってきました。ありがとうございます。http://www.ogurayamashop.com/

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

おぐらやま農場だより その99 <09・10・15>

★りんご「秋映」・「シナノスイート」を現在発送中です。おぐらやま農場が
今年から発送できるようになったシナノスイートは、さわやかな甘味が
特徴で、「こんなりんごは初めてだね」とお客様からお電話をいただき
ました。まだ食べたことのない方は、ぜひ一度お試しくださいね。 
大人気の「秋映」は大玉及び家庭用は売り切れになりました。
中玉もあと100キロほどですので必要な方はお急ぎください。
http://www.ogurayamashop.com/index.html


★りんごジュースの製造が出来ました。9月収穫のつがるりんご100
パーセントの純粋ジュースです。順次発送していますのでどうぞ今年の
味と香りをお楽しみください。
http://www.ogurayamashop.com/index.html


★お歳暮などの贈答品受付も始めています。「ふじりんご」や
「果実ジュース」・「果実ジャム」など組み合わせもいろいろ出来ますので
気軽に問い合わせください。メールアドレス akiteru89@gc4.so-net.ne.jp 


★今年もふじりんごの「リンゴ収穫体験」を企画しています。
11月14・15日の週末と11月21・22・23日の3連休のみの企画です。
ご興味のある方はこちらへ。詳細を載せてあります。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-92.html

たくさんの笑顔とお会いできることを楽しみにしています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする
                お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その99 2009・10・15(不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayamashop.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「ご報告と、感謝の言葉」

*先日の台風18号では大勢の皆さまからお気づかいの電話やメール
その他いただき、本当にありがとうございます。幸いにしてほとんど被害
らしきこともなく事なきを得ております。ただ、長野県南部地方始め、
その他のいくつもの地域において大変な影響を受けているところが
あります。一日も早い復興をお祈りいたします。


*また、先回のメールマガジンで息子「叶和(とわ)」の入院の話を書か
せていただいたところ、たくさんの方より、お見舞いのお言葉をいただき
ました。この場をお借りして改めて感謝申し上げます。現在はすっかり
調子を取り戻し、ぐんぐんと歩けるようになり、言葉もいくつか話すように
なってきました。いつも大勢の人に見守られていることを感じています。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


<おぐらやまのジュースを毎月お届けする企画をはじめました>

最近、「おぐらやま農場のジュースを毎月注文したいので、一年先まで売
りきれないように数を確保してください」というご相談が何件か続きました。
何とも嬉しい限りの申し出ですので、「必ず確保いたします」とお応えして
おります。夏のお中元などの贈り物で口にされた方が新たにそう言って
くださっております。


 そしてきっとそう思っておられるお客様がほかにもたくさんいるに違い
ないと、勝手に思い違いした農場主は、次のような企画を皆さんに提案
しようと思い立ちましたのでどうぞご検討ください。
ネットショップでの注文もできるようになりました。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


「6か月間、毎月ジュースをお届けいたします。お代を前払いで頂けば、
毎回トマトケチャップを1本必ず同梱いたします。おぐらやまのジュースを
ぜひ日常食としてご利用くださいね企画!」です。 毎月12本のサイズで
おぐらやまのジュースをお届けいたします。6本サイズでもよいですが
ケチャップ同梱が2回に1度とさせてください。


種類は単一でなくてかまいません。たとえば12本サイズで「トマト6・りんご6」
のように組み合わせも可能です。朝食に人参りんごジュースやトマトジュース
を必ず飲む、もしくはそのジュースのみで朝食とする方が増えているようです。
「イシハラ式健康食」で有名な石原結實先生の方法は、生の人参とりんごを
すりおろして作るジュースを朝食とするやり方で、きっとこれが一番いいので
しょうが、私たちの農場の人参りんごジュースはそれに近い形のものを提供
できたらと願って作ったものです。


人参りんごジュースについてはここ数年、早くに売り切れてしまい欠品状態が
半年ほどできてしまう状態ですから、どうにか少しでも改善したいと思ってい
ます。りんごのない春から夏のシーズンはおぐらやまのりんごジュースに生の
すりおろし人参でもよいのではないでしょうか。来シーズンはおぐらやま農場
でも少し人参を販売用に作ってみたいと思っています。


<おぐらやま農場の農産物は下記のHPからも注文できます> 
http://www.ogurayamashop.com/ りんごと各種果汁ジュース受付中です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


今年の秋は、いい天気が続き朝晩の冷え込みも進み、本当に「秋らしい」
気候です。台風も「らしい」ということでいえば夏から秋にかけてやってくる
出来事ですので、そのことにもきっと存在している意味があるのだと思い
ます。そんな中でもみなさんにおいしい農産物を届けられることが、農場を
生業とする私たちの喜び。 農産物の品質や配送時の荷傷みなどのご意見
なども、気軽に情報をお寄せ下さい。

いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやま農場の様子がわかります
http://ogurayama.com/
*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


★メールマガジンのアドレス変更・新規登録・配信解除は以下よりできます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/mailmag.html

おぐらやま農場のリンゴ収穫体験

農場よりお知らせ

今年もおぐらやま農場ではふじりんごの収穫体験を企画しています。もしご希望の方がおられましたら電子メール akiteru89★【@に変えてください)gc4.so-net.ne.jp もしくは松村携帯 090-9358-8914 まで。 お茶や焼き芋の用意をしてお待ちしたいので、必ず事前に申し込みの連絡をしてくださいね。



    ~信州安曇野 おぐらやま農場・秋のりんご収穫体験のご案内~

晩秋の安曇野で、りんご狩りを楽しみませんか。 その場で自分でとって食べるりんごの味はバツグンです!
赤く色づき、たわわに稔ったりんご畑の中で明日からのエネルギー充電をどうぞ。りんご畑の中をゆっくり散歩してみてください。
ご家族でも、カップルでも、会社の同僚とでも、もちろんお一人でも、どうぞお気軽においでください。

りんご園で1
このりんご園での収穫になります。

りんご園で2
ご家族での楽しみにもどうぞ!

●期日:11月14(土)15(日)、 11月21(土)22(日)、23(祝)、の5日間。

●時間:土曜日 午後2:30集合、日曜日・祝日 午前10:00集合。

●場所:安曇野市三郷小倉のおぐらやま農場のりんご園
(参加希望者は必ず前日までに予約下さい。090-9358-8914松村の携帯電話まで。もしくは農場のメールアドレス akiteru89★gc4.so-net.ne.jp へ。 場所の詳細はその時に説明します。) 

●費用:体験料 大人1000円、子供700円
 
●内容:減農薬栽培に取り組んでいるおぐらやま農場の「ふじ」の収穫体験です。 りんご園で、大人3個、子供2個までりんごを選んで収穫してもらいます。それ以上のお持ち帰りりんごは量り売りとなります。(キロ500円)  贈答・地方発送などその場でも受け付けています。また、お茶・焼き芋など用意しますので生産者や他の収穫体験の皆さんと楽しい時間を過ごせればと思います。

●安曇野で宿泊もできます。→安曇野地球宿にて1泊2食5000円。りんご園から車で3分ほどの場所です。
宿泊の詳細を知りたい方・宿泊希望の方は安曇野地球宿へ http://chikyuyado.com/

秋映りんご・シナノスイート予約受付中です!

おぐらやま農場の生産物はこちらから





シナノスイート食べたことありますか?

シナノスイートっていうりんごの品種食べたことありますか?

だいたいこの10月に収穫するのですが、
「秋映」が酸味と甘みがギチッと詰まった味なら、
「シナノスイート」は名前の通りその甘さ加減が最高なんです。

まだまだ、市場ではあまり知られていなくこれだけおいしいりんごなのに
もったいないと思うほどです。

シナノスイート大人気
葉っぱのあとのついたシナノスイート

これからでてくる「王林」「ふじ」とはまた全然違った味わいでりんごにもそれぞれ「個性」があるんだなあーなんて思ってしまいます。

シナノスイート大人気2

今日もお客様から電話をいただいて、「はじめてネットで注文させていただいた○○なんですけど、シナノスイートすっごくおいしかったです。はじめて食べました!!」って。


こちらも電話を受けながら思わず笑顔がこぼれてしまいます。

よかったら一度お試しくださいね♪



台風18号

10月7~8日にかけて日本列島を縦断した台風18号でしたが、おぐらやま農場では大きな被害もなく少しほっとしています。

自然の力の前には人間の力がいかに微力であるかを、ニュースの映像などを通して強く感じます。そして私たち農業者はその自然現象をすべて受け入れて生きていくしか道はありませんから、農作物に甚大な影響を受けた地域のことを思うと胸が痛みます。

それにしても本当にたくさんの方から電話・メール・ファックスなどで、
「テレビで見たけど、そちらのほうは大丈夫?」
と連絡をいただきました。

そうやって、うちの農産物のことを気にかけていただいて、
本当にありがたいなあって思います。
お客様とそういうつながりがあるからこそこれまでやってこれたんですものね。


ふじりんご
台風の後のふじりんごの木。赤く色づいてきています。


我が家では、台風の来る日は朝、学校から休校のお知らせが入ったので、
子供たちもみんな家にいました。

ウーファーさんも世界中から来てくれるおぐらやまの食卓では
こんなとき決まって、それぞれのお国の
台風の話題などになります。

今来てくれているのは、台湾とドイツからのウーファーさんですので、その状況。

「台湾は台風も地震もとっても多いよ。私のうちは一回洪水で腰のところまで水がたまって、みんなで上の階に逃げたよ」という話や

「ドイツは台風も地震もほとんどまったくない。だから台風がくるの楽しみ。ワクワク。」とか

そして、わたしたちも昔自分があった台風の話しやら小さい頃の台風の思い出とか話ながら盛り上がります。

こういうのって、社会科で習ったりもするけれど、やはり本人の口から聞く話にはリアリティーがあります。教科書だけでない、こういう話がおもしろいですね。

こういう経験から子供たちにも国によって、いろいろなことが違うんだというのも体でわかってくれるかな。


そういえば話がそれますが、以前食卓で「日の出」と「日の入り」の話題になりました。
そのときは、来ていたのがスウェーデンとドイツからのウーファーさんでしたので、
「夏は3時には太陽が昇り始めて、10時ぐらいまで明るいんだよ」とか
「冬は10時ぐらいに明るくなって、3時ぐらいには暗くなるから真っ暗な中学校に通うんだ」
とか。

この話にもびっくりでした。「白夜」とかも聞いたことはあるけれど、
そこで暮らしている暮らしぶりなどはやっぱり聞いてみないとわからないものですね♪

その地域、地域の暮らしぶりがおもしろいな。

白菜

フーママガーデンの白菜たちもぴちぴちと元気に育っています。


秋映りんご・シナノスイート予約受付中です!

おぐらやま農場の生産物はこちらから










台風前に

台風18号がいよいよ接近してきた。
皆さんの地域では大丈夫でしょうか?
皆様の無事をお祈りします。

さて、さて今日はここ安曇野のリンゴ農家さんたちも
台風が来る前にリンゴの収穫です。

おぐらやま農場でももう収穫直前だった「秋映」「シナノスイート」は
全部収穫し終わりました。

ウーファーさんががんばってくれました。

台風前に1

写真はもうすぐ安曇野に移住してくる予定のキョウコちゃんと
なんとこの春wwoofできてくれたジーンがまたしても台湾から
リピータでやってきてくれました。

台風前に2

こちらは、ティムとライラ、ドイツチームです。

今年もようやく収穫まで育ってくれたりんごに感謝です。
いつも買ってくださるみなさまにも感謝!感謝!


台風が無事に通り過ぎてくれますように!

秋映りんご・シナノスイート予約受付中です!

おぐらやま農場の生産物はこちらから




wwooferのティム

ティムと叶和

写真はウーファーさんのティムと叶和。
ティムはおぐらやま農場でウーフをはじめてから今までで
最長の3カ月ステイの予定。

はるばるドイツからやってきてくれた。

今も毎日作業を楽しんで、やってくれている。

特にビーバーでの草刈り機で草を刈るのはおもしろいようで
にこにこしながら草を刈っていたのを見たときには笑ってしまった。
(だいたい草を刈るときってみんな真剣な顔をしているのに、ティムは本当に楽しくて仕方ない
っていう感じだったから・・)

雨の日のチェーンソーを使っての薪作りも楽しそう。

「ティム、機械使うの好きなんだね。」っていうとニコッと笑って、
「男の仕事ー!」とガッツポーズ。

夜も熱心に日本語の勉強をしている。
ドイツから女性のウーファーさんが来たのだけれど、
ティムはあまりドイツ語では話そうとしない。
日本に来て日本語を勉強しているのだから、ドイツ語はしゃべりたくないのだそう。

子供たちとも一緒に一生懸命アニメをみている。
ドイツでも「ドラゴンボール」「ポケモン」「ジブリ」は人気のよう。


「ティムそんなに日本語一生懸命勉強してどうするの?」って聞いたら、
「タケシキャッスルにでる!!」だって。

なんでも子供のころに「風雲タケシ城(多分)」を見て、自分もとても出たかったらしい。

そんなティムはニュージーランドでも子供にサッカーを教えていたぐらいのサッカー上手。
今は膝のけがでちょっとサッカーができないけれど、サッカーボールをみるとうずうずするよう。

これから12月いっぱいまで、楽しんでほしいな。


そういえば、夏から今までウーファーさんたくさん来てくれているけど、今年は日本語を話せるウーファーさんが本当に多い。

「日本語ブームなの?」と思うぐらい。


やっぱり何カ国語も言語を操るウーファーさんをみるとかっこいいなあーと思ってしまう。
香港や台湾のウーファーさんも「英語に日本語に中国語」と普通に3カ国ごしゃべったり、
ヨーロッパから来るウーファーさんも「英語にドイツ語にフランス語」とか平気でしゃべっちゃう。


わたしも英語練習しようっと。(輝美)


秋映りんご・シナノスイート予約受付中です!

おぐらやま農場の生産物はこちらから









叶和、歩きはじめました!!

ここ数日の間で、叶和がぐんぐんと歩き始めた。
しばらくの間、3,4歩あるくことはあったのだけれど、はいはいが主流だった。

今は、10メートルでも20メートルでもどんどこ歩いちゃう。

叶和歩く

それにしても、人間の成長ってすごいなあ。
ここ数日の間でも歩きはじめてからは、まだ歩いてはこけて、歩いてはこけてで、
はいはいで、移動したほうがはるかに移動速度ははやいのに
それでも、歩いて移動しようとするんだから。

しかも赤ちゃんってある時期がくると急にそうなるから毎回不思議。

今は叶和は歩きたくってしょうがない感じ。
歩くのがこの上なく幸せそうだな。


そういえば最近安曇野では、そこらじゅうで、田んぼの稲刈りがされているんだけど、
稲をみていると、すごくりっぱなのに全部倒れている稲の田んぼがあったり、と思えば
その横で、ぴんとまっすぐに立っている稲ばかりの田んぼがある。

見ていてきっと、根っこの張り方の違いなんだろうなと考えをめぐらす。


地上に出てきた目に見えるところだけではない土の中での成長。
根っこがしっかりしていれば、すぐには倒れない。


おぐらやま農場の農作物も根っこがしっかりとはれるように
いろいろと考えて、育てている。

ドライブしながらその倒れた稲のある田んぼをみていると人間にとっての「根っこ」ってなんだろう?
って考える。


野菜でもお米でも種を植えるとまず根っこが伸びる。
まさに人間の乳幼児期はこの根っこを育てている時期なんだろうな。


ねっこが深くまで張れば、そう簡単には倒れないし、
土の中のどこからでも養分を吸える。


人間だって、根っこが深ければ同じだろうな。


子供たちの根っこが育つのにわたしにできることは何だろうな?(輝美)

秋映りんご・シナノスイート予約受付中です!

おぐらやま農場の生産物はこちらから




生姜力!

生姜力―病気が治る!ヤセる!きれいになる!1週間で効く8つの活用法!生姜力―病気が治る!ヤセる!きれいになる!1週間で効く8つの活用法!
(2009/06)
石原 結實

商品詳細を見る


最近、我が家では生姜が大ブームです。
というのもこの生姜力の著者、石原 結實さんの「体を温めれば、病気は治る」の本を読んでから。

もうかれこれ半年ぐらいわたしは朝にしょうがはちみつ湯を飲んでいます。
おかげで体温もいつも36台後半に。

そしてなんとしばらく冷え症だった体が最近ではいつも温かいのです。
食べ物の影響ってこんなにあるんですね。

ちなみに30年ぐらいの間ずっと体温が35度台前半だったフーママも最近は体温が36度台になっています。

体温が高くなると体の免疫力がアップするようです。

この本には、しょうがの温めパワー以外にも
☆免疫力を高める
☆痛みをとる
☆熱を下げる
☆ダイエット効果
☆コレステロールを下げる
☆血液をサラサラにする
☆老化防止
☆ウイルスを殺菌する
☆血圧を下げる
☆肝機能の改善
☆うつ病を改善する
などなど書いてあります。

この本、実は農場主がにんにくときたら次はしょうがでしょう。
とその栽培方法の本を探しにいったところ書店でみつけ、さっそく買ってきたのです。

来年の春はきっとおぐらやま農場はしょうがも植えているでしょう。

その第一歩です。

もし本を読んだら感想お聞かせくださいね(輝美)

秋映りんご・シナノスイート予約受付中です!

おぐらやま農場の生産物はこちらから




よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード