続いて今年5・6番目のウーファーさん

MagaliとAlix

来ました!パリジェンヌのこのふたり。
アリックスとマガリ。

フランスパリから登場です。
パリからきて安曇野のおぐらやまで剪定後の枝ひろいしているなんて、なんだか考えてみれば不思議ですよね。

ふたりは、もう15年以上の友達なのだとか。

学年がひとつ違うのですが、なんで?って聞いたらマガリが中学生の時に勉強がきらいで、一年落第?!したとか。
あまりにもさらっとそういうことを話してくれたので、びっくりしました。
フランスではそれは、あんまり珍しくないことのようです。

そういう文化の違いには驚かされますね。こういう世界があるんだって、小さいころから知っていたらちょっとぐらい学校が嫌いで休んでいても心が痛まないかもね♪

多様であればあるほど、自分らしく居られるって誰かがいっていたけど、そうかもな。

マガリ
剪定で落ちた枝を集めて運んでいます。

アリックス
腰にかけた剪定ばさみが似合いますね

日本人と台湾人、フランス人のトリプルで毎日の生活を楽しんでいます!!(テルミ)

おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから



今年4人目のウーファーさんのきみちゃん

きみちゃんと子どもたち

今年の4人目のウーファーさんは台湾からきたきみちゃんです。
どうして台湾の人って日本語がこんなに上手なんだろうって思います。


きみちゃんは今回のウーフで日本語を一生懸命勉強して、日本語の通訳になりたいそうです。


いつもなんにでも一生懸命のきみちゃん。

和楽と一緒に枝ひろいをしてくれているところです。

一か月の滞在なので、これから3月は味噌作りを一緒にやったり楽しみだね♪(テルミ)


おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから

まるかじりりんごの出荷は2月28日までです!!

まるかじりりんごはいどうぞ!2月28日で販売終了

ここ数日間、オリンピックのフィギュアスケートに家族で夢中になっています。
私自身はもともとあんまり興味がなかったのですが、おばあちゃん(フーママ)がフィギアスケートが好きで、
フーママがこちらにきてからテレビで観戦することが多くなったのです。

いよいよ明日です。
どうなるんだろう。
テレビ放送中で「真央ちゃん」特集などやっているのをみていると、本当に彼女がこれまでがんばってきた姿がみれて、応援したくなります。

浅田真央ちゃんには、もちろん金メダルをとってほしいですが、ショートプログラムのキム・ヨナ選手の滑りをみていると、これまた本当に洗練されて美しく演技に見入ってしまいました。

どの選手を見ていても、それぞれここにくるまでにいろいろながんばりがあったんだろうなって想像します。

明日、みんな自分の力を出し切れるようにがんばってほしいです。


さて、さて前置きが長くなりましたが、「まるかじりりんご」そろそろ数も少なくなってきたので2月28日で注文をストップさせたいと思います。

ご希望の方は28日までによろしくお願い致します。


明日は、みんながんばれ!!(テルミ)


おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから

にわとり大脱走!!

今日もあたたかな素敵な陽気でした。出かけていて、家に帰ってくるとなんと道路にうちのにわとりがちょこちょこ歩いているではないですか!!

おもわずそのかわいさに大爆笑してしまいました。
よかったね。車のとおりが少ないところで。

春になって小屋の外に草のにおいを感じたのでしょうか?

2010にわとりにげた1
にわとりを小屋に戻すおばあちゃんととわ

さっそくおばあちゃんを呼んできてみんなで小屋にいれることにしました。
とわくんも大奮闘!

2010にわとりにげた2
一生懸命つかまえようとするとわ

冬の間、あまり卵をうまなくなったにわとりはまるまる太っています。卵をうまないのでいっけん用なしのようですが、それでも、うちで出る野菜くずなどはみんなこの「こっこちゃん」たちが食べてくれて糞になって、ごみにならずに畑に戻すことができます。


それにしても気持ちのいい毎日ですねえ。(テルミ)


おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから






自然農の竹内夫妻

今日の安曇野はとてもあたたかく長袖Tシャツ一枚ぐらいでも大丈夫でした。

みんなで「あったかくなってきたね。」「春が来たかね」なんていいながら作業していました。

さて、さて、今日は「素敵な人紹介」です。

本日登場していただきますのは、竹内夫妻。

竹内君

ねっ、素敵でしょ。この笑顔。彼らは確か5年ほど前に安曇野に移住してきました。

竹内君たちは夫婦で「自然農スクール」を立ち上げ運営しています。自然農・農に対する知識・姿勢はそれはそれは、素晴らしく、竹内君に野菜の栽培のやり方などを聞きに行くと、次から次へといろいろなことを教えてくれて止まるところを知りません。私はその語り口がまた好きなのです。

自然農に対する優しさがにじみ出ていて、野菜に対する愛情を感じます。

奥さんのゆうこさんは実は2年ほど前までは「おぐらやま農場」のスタッフでした。料理もお菓子づくりも一級品のゆうこちゃん。ときどきお菓子をつくってはわがやにも届けてくれます。そんな彼女の夢はカフェをすること。
ゆうこちゃんのカフェ、本当に私も行ってみたいです。

そんな二人が今年もまた「Azumino自給農スクール2010」を開くそうです。
区画ごとに畑も借りれて、いろいろ教わりながら実際に一年間畑で、作物を育てることもできます。

遠方の方にも喜んでいただけるように3コース用意してくれています。
菜園のあとには地球宿でおいしいゆうこちゃんのカフェでお昼ごはんもあじわっていただけるようですよ。

詳しくは竹内君たちのブログでご覧下さい。(テルミ)

2010年度Azumino自給農スクール【第2期生募集要項】はこちらから

 
Azumino自給農スクール(以下当会)とは、無農薬・無化学肥料栽培はもちろん、エコロジー(環境保全)でエコノミー(経済的な)持続可能な無農薬栽培を学び体験できる教室です。


当スクールでは、月1回の教室とエコ菜園(区画)をもちながら、エコ菜園の種蒔き・お世話・収穫・自家採種など基本から応用まで個人に合わせて学べます。

スクール生優先で、蕎麦打ち、餅つき、日本みつばちの採蜜体験やお酒・味噌・醤油造りなどの見学会など田舎暮らしのノウハウや、自給自足の生活に役立つ会もございます。

●プログラム:月1回 日曜日 年10回開催  Azumino自給農スクール【第2期】

9:00~10:15無農薬エコ菜園講座 ※8:50集合
10:30~11:50自分の菜園の時間(エコ菜園体験)
12:00~13:30ランチ(菜園食堂Deva Caf醇P)
13:45~16:0お米や雑穀などの農業体験会
16:00~17:00エコ菜園時間


おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから





おひなさまセット好評発売中です!

おひなさまセット
など、他にも桃ドリンクセットなど用意しています


おひなさま企画はじまっています!


いよいよ、3月3日桃の節句「おひなさま」が近づいてきましたね♪
春もすぐそこまで。といったところでしょうか?

今年はじめて企画した「おひなさまオリジナルラベル」が好評です。

なかでもお子様やお孫さまの写真を入れられる桃ドリンク。

これはメールで写真を送っていただいて、こちらで加工してラベルに写真を入れますので、お時間を3日間は見ていただきたいと思います。


注文をお考えの方はお早めにお願い致しますね♪


写真をおくっていただくのですが、どれもこれもかわいい顔ぞろい!!!
見ていてみなさんの愛情が感じられてこちらの気持ちがほっこりしてきてしまいます。


幸せなひなまつりをお過ごしください。

ラベル写真入り
このように写真を入れることができます。


おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから

ウーファーしずかちゃんからの贈り物

しずかちゃんからのマフラー

おぐらやま農場、今は毎日りんご・桃の剪定作業と炭素資材まき(きのこがら・もみ殻・樹の皮など)を毎日行っています。


さてさて、昨日は今年初のウーファーさんのしずかちゃんが出発していきました。
一か月の滞在ですっかり家族の一員となって暮らしていってくれたしずかちゃん。


台湾から来てその気温差たるや、そうとう寒いのに毎日外で作業のお手伝い本当にありがとうね。


子どもたちも大好きでついにふうわは「踊るポンポコリン」をピアノで教えてもらってだいぶ弾けるようになったね。


写真は最後の夜ごはんのときにしずかちゃんからのプレゼント。


なんと子どもたち3人に手編みマフラーのプレゼントです。


誰にもわからず(もちろん隣の部屋のtimoにも)こっそりと10日間ほど夜中に編んでくれていたみたいです。
その色や出来栄えが素晴らしいのです!!!


みんな首にまいてにっこり。


風和も朝学校までいくときは、マイナスの日が多いから本当に冷えるんでとっても嬉しそうでした。


しずかちゃんは、ここでの暮らし、家族での暮らしがとってもあったかくて幸せだったっていってくれてました。(外は寒かったけど・・って)


毎日みんなでわいわい言いながらごはんが食べられるって、それだけでも幸せですね


しずかちゃん一か月本当にありがとう。




おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから


叶和君卒乳です!!

3番目の叶和君。
実は土曜日に卒乳しました。

赤ちゃんとしてこの世に生まれたその瞬間から、飲んでいたおっぱい。
叶和は自宅出産だったので、生まれて本当にすぐにおなかの上にのせてもらい、
その瞬間からおっぱいのほうまで動いて探し当て吸っていました。

とわ 生まれたて
叶和が生まれて20~30分後の写真です。

卒乳に向けて、「とわ、とわはもうおにいちゃんになってきたからもうすぐおっぱいとバイバイするよ」と何回か話かけてきました。

それまでは、もうすぐ終わりだとおもっているのかすごい執着。一日に何回も何回も授乳していました。
夜もおっぱいがないと眠れないので、7回ぐらい起きていたんです。

いよいよ最後の授乳の前、「とわこれで最後だよ~。これ飲んだらもう叶和はおっぱいバイバイだからね」

最後の授乳を2人でたっぷりと楽しみ終えました。

うちの子の卒乳で3人とも感動したのは、1歳そこらのまだ言葉もしゃべれないちっちゃな子どもがしっかりとこっちのいうこともわかって、自分でももうおにいちゃんだからやめよう!!っていう意志がはっきりとしていることなんです。

いっぱい泣きもしますが、はっきりと自分でもやめるということに挑戦しているのを感じます。

夜はやっぱり起きますが、りんごや(わが家はやっぱりりんご!)プリンを食べてまた眠たくなってます。
今日になって、ようやく少し落ち着いてきました。

今回は、おばあちゃんが一晩とわをみてくれていたり、暁生さんが夜にも関わらずプリンを買いに行ってくれたり。
ありがたいです。




こうして、ひとつひとつ成長していくんですね。

子どもは子どもで一段、一段と乗り越えていく成長がある。

大人も一歩・一歩成長していきたいものです。(テルミ)


2010卒乳 とわ
卒乳した叶和。ぼく少しお兄ちゃんになったでしょ。

おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから




梓川ふるさと公園

今日の安曇野紹介は「梓川ふるさと公園」です。

今は合併して、松本市になりましたがここで昨日は冒険くらぶが行われ子どもたちはそり滑りを楽しみました。
とっても楽しかったらしく、「明日も行こう!!!」とはりきっていっていたので、今日も子どもたちを連れてそり滑りに行ってきました。

大迫力の100メートル(たぶんそれぐらい)そり!!

2010そりすべり
ひゃっほーーー!!

上から滑ると大人でもものすごいスピード!!
おもわずブレーキをかけずにはいられません。

足ブレーキをかけると飛んでくる雪しぶきはディズニーランドの迫力に匹敵します。

今日はウーファーのTimoも一緒に。
童心にかえってしまいますね。

2010そりすべり3
バックの雨氷がとてもきれい。Timoは子どもたちにぶつけるためのゆきをまるめ中。


雪なら雪で。

楽しみいっぱいの安曇野です。(テルミ)

2010そりすべり2
3対1で雪合戦!!さあ、勝ったのはどっち?


梓川ふるさと公園>>>



おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから


まるかじりりんご、はいどうぞ!!

まるかじりりんご、はいどうぞ!!

ここ数日間、雪の日が続いています。

今日は友達に「てるちゃん、まるかじりりんごありがとう!!両親とっても喜んでくれたよ。小さくても味がしっかりしておいしかったって。」と声をかけてもらって嬉しかったので、ここでも紹介させてもらいますね。

まるかじりりんごはこちらから


ここ安曇野地域では、だいたいふじりんごの収穫は11月頃。12月に入ってしまうと、霜がたくさんおりて、気温もマイナスの日が続くようになりりんごが凍ってしまうので、だいたい12月に入る前に全部のりんごを収穫し終えます。


そこからは、だいたい各農家冷蔵庫や倉庫に入れて保存していたりします。
同じリンゴの産地の青森県では、りんごをしまっておく大きな大きな真空の保存庫のようなものがあってそこで、ずっと保存したものを春先に出荷したりするそうですね。(詳しくはわかりませんが・・・さすがりんご名産地です。)


おぐらやま農場でもなるべく長い期間、りんごをみなさまに食べてもらいたいということから、一つの知恵としてこのまるかじりりんごをりんごシーズン最後の出荷でだせるように冷蔵庫で保存しています。

小玉ちゃんのせいなのか、小さくてもしっかりしているのか、家庭用りんごなどよりももちがいいんです。
だいたい、ふじりんごに蜜がいっぱい入った時などは、蜜のはいっているりんごの蜜の部分からいたんできます。

だけど、このまるかじりちゃんは蜜がはいっていても傷みにくいんです。

蜜もだいたい2月にはいってくると、自然に抜けていきますが。。。


このまるかじり、小さいのになかなかいいんですね。

日本では果物は大きいほうが重宝されることが多いですが、うちにくる海外からのウーファーさんなどはこういうお気楽、お手軽に食べられる小さいものを好む方が多いです。

わが家では、子どもたちのおやつに重宝しています。
大きいりんごだとりんごを切ってあげないと、なかなか手がでないのですが、このりんごは洗って食べれば皮ごとガブリとかじりつけますし、切りのこしがありません。でるゴミも芯のみというお手軽さ。

子ども時代って「まるごと」に魅力を感じますよね。
なんでも一個食べてみたいって。

わたしの子ども時代も普段は切りわけたりんごをみんなでわけるのですが、たまに丸のままりんごを剥いてもらって、それに「ガブリ!!」とかじりついたときも喜びは今でも蘇ってきます。

朝に、おやつに、デザートにガブリとかじれるお手ごろさです。

だいたい、5キロで25個ほどはいっているので、一日一個食べていくとちょうど一カ月ぐらいで食べ終わります。

ジューサーでジュースにしてもらってもおいしいし、もちろんケーキやジャムに使っていただいてもおいしさが広がります。


お値段も小粒サイズで用意していますので、^V^
ぜひ食べてみてくださいね。(テルミ)

まるかじりりんご、はいどうぞ!!


3キロ   1400円。
5キロ   2000円。
10キロ  3700円です。

まるかじりりんごはこちらから


おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから




アグリパークの雪桜

おととい、このブログで今日は小春日和で気持ちいいですよなんて書いた次の日はもう雨が降っていました。
そして、昨日の晩からは雪が降り積もり今日はまた一面雪景色です。

天気のうつり変わりのはやい安曇野です。
この天気によって、ぜんぜん違う顔をみせてくれるのが、また安曇野の素晴らしさでもあります。

昨日、虹に引き続きまたまた自然の素晴らしさを見つけたので、ぜひブログで紹介しようと思っていたら、
今朝起きてパソコンを開いてみるとさっそく暁生さんが書いてくれていました。


暁生さんが書きたくなるぐらい本当に昨日の雨氷は感動でした。


昨日は朝、暁生さんがでかけに
「てるちゃん、りんごの木がすごく素敵だから写真撮っておいて」といってから畑にでかけていったので、さっそくカメラを持って裏にでてみると、本当に今まで見たことのない景色でした。


雪が降り積もって、りんごの木に花が咲いたようにみえることは、よくあるのですが今日のは違います。
昨日のブログの写真で紹介してありますが、雨が降ったあとにそれが固まって木の前面に短いつららのようにくっついていて、それが「花」が咲いているようにみえるのです。

樹氷1・2010

昨日は子どもたちと一日買い物に行ったり、図書館に行ったりしていたのですが車を走らせているとまわりじゅうみんな同じようなものができていて、そこらじゅうで花が咲いているようでした。


こんなときに「あそこは絶対にきれいだろう」と心に湧きあがった場所があります。
それが、うちからすぐ近くにあるアグリパークの「桜道」。

わたしは、この桜道が大好きなんです。

春にはとっても美しい桜を咲かせてくれて、その桜の下に立って桜吹雪をうけるとそれはもうこの世のものとは思えないような美しさです。

そしてそのあとに見せてくれる葉桜。これもまた緑がきれいです。

秋には真っ赤な紅葉。桜の木の葉はほんとうに真っ赤に染まるんです。


そして、今回冬に新たな発見。これは本当に今までにみたことのない景色ですが、雨氷桜。


夕方にいったときには、ライトアップされていてちょうど雪がふりはじめたころでした。

樹氷11・2010
ほんとうに桜が咲いているような桜道 ライトアップがきれいです。


夜に夕食後また見に行くと今度は雪がずんずん降る中の桜雨氷。
樹の下に入って上を見上げると、桜の樹が輝いています。


樹氷9・2010
輝かんばかりの桜の樹。またまた写真のおすそわけです。この写真みたらきっといいこと起こりますよ。


こんな素敵なものが見れて、ほんとうに感謝・感謝です。
まだ、今日もつららが少し長くなってこの様子が続きそうなので、近くの方はぜひ夜にアグリパークに出かけて行ってみてくださいね。

ファインビュー室山温泉」のすぐふもとにあります。
あっ、ファインビュー室山温泉の池の桜もきれいだろうな。
ついでに温泉で雪景色を楽しむのもいいかもしれませんね♪(テルミ)


今日もあなたにシアワセが降り注ぎますように!!



おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから


















ひなまつり特別ラベル登場です  <おぐらやま農場だより その107> 2010・02・12

★ 2010年度の「年間コース会員」の募集を始めました。100名様になり次第締め切りとなりますのでご興味のある方は、こちらをお早めにチェック下さい。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする
                お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その107  2010・02・12(不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayamashop.com/

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

< ひなまつり特別ラベル登場です >
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/657122/list.html
皆さんこんにちは。一昨日の朝は大きな虹が西の山の上に出ていました。なんてきれいなんだろうとしばらく見とれていたのですが、昨日はさらにすごいものに遭遇しましたよ。 

お昼前から冷たい雨が降り出していたのですが、だんだん気温が下がってきたからでしょうか、りんごの木も桃の木にも小さなつららの様なものがいっぱいぶら下がり始めました。庭木にも公園の桜の大木にもみんな同じ現象が起こっています。多分これは樹氷(じゅひょう)、もしくは雨氷(うひょう)と呼ばれるものなのだと思います。

こちらに来て10年が立ちますが、始めてみた景色になりました。ブログを参照下されば写真も見れますよ。夜になってすっかり雪に変わった天候の中、アグリパークの桜並木に出来た樹氷のライトアップが絶景でした。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


さて、世間はもうすぐバレンタインデーですので、どこもかしこもチョコレートですね。おぐらやまではチョコレートは製造していませんので、もう少し先の話題へ行かせていただき、3月3日の「桃の節句 ひなまつり」の話題です。

てるみさんが、「桃ドリンクに、ひなまつりオリジナルラベルをつくったら喜んでくれる人多いんじゃないかなあ!」というアイデアを言いだしてくれました。それはいいなあ、どんなラベルを用意したらみんなが喜んでくれるだろうと相談していく中で白羽の矢が立ったのが、なんと私たちのいちばん身近にいる存在でした、「ヒデさん」ことイラストレーターの中武ひでみつさん。

彼がえかきさんだということはもちろん私たちも重々承知しているのですが、れっきとしたプロですので(つまり原稿料が発生するので)、「プロに頼むところまでやらなくてもなあ・・・」という私たちの本気度のなさから、これまで彼に絵を頼んだことがなかったのです。

が、今回の打ち合わせをする中で、みんなに喜んでもらえるラベルで届けたいとの私たちの思いがヒデさんの画風にぴったりくる気がして、「えかきのヒデさん」に初オファーとなりました。めでたく出来上がって来た作品が以下のページで見ることができます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/657122/list.html

桃の節句に、女の子の健やかな成長を、素敵なラベルの桃ドリンクでお祝いしてみてはいかがでしょう。桃ドリンクとジャムのセットもあり、オリジナルの写真入りラベルにする受付もしています。気軽に申しつけ下さい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<農産物情報> http://www.ogurayamashop.com/

★ふじりんご「まるかじり用」(小玉)の注文がまだ出来ます。2月末頃までの予定ですのでどうぞご利用ください。小さくても味がよいとの評判をいただいております。まだ果実の軟化(ボケてしまうこと)はしておりません。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html

★今シーズンの人参りんごジュースの製造が出来ました。毎年夏過ぎには終わってしまうことが多い人気商品ですので、一年通して利用したいという方は定期購入コースがお薦めです。(ケチャップが売り切れになったので、ジャムのおまけがつきますよ)
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/247184/list.html

★トマトケチャップが売り切れになりました。今年のトマトがとれる8月までお待ちください。トマトジュースはまだまだ大丈夫です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245953/list.html

★年間コース会員の2010年度の受付を開始致しました。100名さま限定ですのでご興味ある方はお早めにお問い合わせ下さいね。りんごの木のオーナー会員様の受付はもうしばらくお待ちください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<あとがき>

先回お知らせした「半農半X(エックス)シンポジウム」はなんと100人以上が集まる大盛況の集いになったということです。残念ながら私は諸事情あり参加できませんでしたが、この地域に、農的生活を志し、また興味関心を寄せている人たちがそんなに大勢いられる事がなんて素晴らしいことだと思いました。この大きなうねりをもっと確かなものにしていくことができれば、この地域もさらに輝く場所になっていくと思います。


ネットショップの年間コース会員募集ページに「農場主より一言」というメッセージを書かせていただいています。皆さんに紹介させていただき、今回のメルマガのあとがきと致します。


「農場主より一言」

年間コース企画を始めてから7シーズンが過ぎました。年々希望者の方が増えてくださり、もう何年も続けておぐらやまの農産物を毎月届けさせていただいているお客様もたくさんおられます。この信用を皆さんからいただくことに、心からの喜びを感じずにはおられません。「おいしいりんごを今年もお願いね!」と言ってくださる皆さんの存在を思う時、農業という仕事への情熱がわき上がってきます。「たくさんの人に安全でおいしい食べ物を届けたい!」という農業者としての喜びがこの瞬間にあると僕は実感します。

世界の食糧が一部の人達の投機目的で買い占められたり、世界人口の急増に食糧生産が追い付かないと心配されたり、気候変動や農地の劣化で生産量が伸び悩んだりと、食べ物を取り巻く状況には不安な要素がたくさんあるように報道されています。私たちは市場原理というものに農家も消費者も翻弄されてしまう食料の流通でなく、生産者と農産物を食べていただく人たちが心の手をつないでお互いを理解しあえる営みを作りたいと思います。「生産と消費」の行為にもともと宿っている心情豊かな部分が必ずあります。そのことをお互いに大いに楽しんでいきたいと思うのです。 

「年間コース会員」の仕組みはそんな私たちが小さな一歩を踏み出した提案でもあります。そしてそれに答えてくださる皆さんがこれだけいらっしゃる厳然たる事実に、私は本当に恵まれた農業者であると心より感謝したいと思います。これからもいろんな分野でみなさんのお役に立てるような農場を形作っていきたいと考えております。ご意見・感想なども気軽にお寄せ下さい。



今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。また次回まで、皆さんお元気で。


☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

雨氷(うひょう)

朝から時々降っていた雨が冷たい。でも雪にならないんだから暖かくなってくるのかなと思いながら、桃畑で剪定を始めたら、枝に小さなつららがいっぱい出来ている。雨(うひょう)とかいうものだと思うのですがこんなのは珍しいです。安曇野に引っ越して10年経ちますが、これまで見た記憶がありません。
樹氷1・2010


お昼前からは霙(みぞれ)が降りはじめ、気温がぐんぐんと下がり始めた夕方からは霰(あられ)になった。屋外の木々にはどの樹にも雨氷が朝よりも大きく成長してぶら下がっている。
樹氷3・2010


もう暗くなりかけたころにテルミさんと子どもたちがライトアップされたアグリパーク前の桜並木の雨氷を発見。これが素晴らしかったと夕食で話題になり、食事が終わってからウーファーさんと子どもたちも輝美さんもみんなで再度アグリパークへ行きました。このころには大粒の雪がザンザンと降っていましたが、そのキラキラと光る絶景の前に言葉を失いました・・・。 まさに斎藤隆介氏・滝平二郎氏の名作、「モチモチの木」が目の前で輝いています。(知ってる人のほうが少ないか・・。私はこのお二人の作品の大ファンです)
樹氷5・2010


*雨氷(うひょう)- 過冷却の雨が物体に衝突して出来た透明・半透明の層状の氷。
*樹氷(じゅひょう)- 過冷却の霧が物体に衝突して出来た針状・枝状の氷。

との解説のどちらに当てはまるのかわかりませんが、とにかく今日の景色は神様からのプレゼントだったと思います。美しい自然現象を目の前にすると、この世に生きていて本当に良かった、ありがたいなあと心から感謝したくなります。
樹氷6・2010


ウーファーさんたちも大喜び。こんな素晴らしい景色なんだけど、すごい雪でしたので観客は私たちだけでした。なんて贅沢な時間だったことでしょうか!
樹氷7・2010

(アキオ)

おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから


今日は青空・天気雨

今日は朝から小春日和です。ひさしぶりのこの暖かさ!

春が来たかなあーーー。

2月の青空
あまりにも空がきれいだったもので一枚パシャリ

とわも外にでると、自分でベビーカーの上に座り込みました。
いつもは寒くてスキーウエアに防寒長靴・手袋でモコモコ。


道路も雪道なのでベビーカーも押せませんが、今日は雪もすっかり溶け、ベビーカーで久しぶりの散歩。
叶和もにこにこ顔。

春。本当に嬉しいですね。
歩いていると天気雨で降っている小雨がぽつぽつと顔に当たるのですが、これがまた気持ちいい!!

スーと息を吐いて、深呼吸するとなんだか春のにおいがしました。
春のにおいって、地面の土の香りなのかな~?


マイナスの気温で覆われていた、地面がゆるんで「土のにおい」がしてきます。


もうすぐしたら、どんどん花が咲いてきて花の香りもあたり一面にしてくるんだろうな。

日本に住んでいて、改めてこの四季のメリハリがあることが幸せだなあーって感じます。


そんな春を感じながら歩いていると「福寿草」を発見!!黄金に輝いていました。
やっぱり春はもうすぐです。


雨もぽつりぽつりとだいぶ降り始めたころ、朝からずーと見えていた虹が下の方に下がってきていました。
朝はとってもとってもきれいな半円だったんです。



自然を感じてみるものいいものですね。(テルミ)

2月虹
虹のおすそ分け。りんご畑が虹でおおわれています。この写真を見たらきっといいことありますよ。

今日もあなたにたくさんの素敵なことが起こりますように!!


おひなさま企画はじまりました!

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから

3月3日は桃の節句・ひなまつり限定企画

2010 ひなまつり限定企画

節分が終わり次の年中行事はバレンタイン・桃の節句の「ひなまつり」と続きますね。

安曇野のこのあたりでは、ひなまつりを4月3日に行う家が多いです。
だからひな壇も2カ月ぐらいずっと出しっぱなしなんですね。

やっぱりまだ3月3日では寒い日が多く、桃の花も咲いていないこの地方の知恵でしょうか。


今年はおぐらやま農場でも「ひな祭り」にみなさんに喜んでもらえるように何か企画できないかなあ?(あいわからずのイベント好きです。はい。)ということで、前からやりたかったこんな企画をしてみました。


農場のスタッフでもあるイラストレーター・中武秀光さんに頼み、かわいいおひなさまのイラストを描いていただきました。おもわず「かわいい~~!!」と顔がゆるんでしまうほのぼのとしたおひなさまの絵。


おひなさまのバックには桃の花が満開に咲いているおぐらやま農場の桃畑。そのバックには安曇野の名物「常念岳」が!!


この絵をラベルにしてみました。
おひなさまにぴったりの

「祝・ひなまつり」の文字に

「元気におおきくなあれ」
「すてきな女の子だね!」
「笑顔がとってもかわいいね」の素敵なセリフが入った3本セット。


これにご希望の方には、メールでお子様やお孫さま・友人などなどの写真をメールで送っていただき、それをラベルに一緒に貼りつけたいと思います。


さらに、ラベルと同じポストカードを一緒におつけしますので、そこにメッセージなどを書き込んでもらえればと思います。

オリジナルポストカード付き!


桃の節句にぴったりのおぐらやま農場の「桃ドリンク」!!
「桃そのまんまだね♪」ってよく言われるほどのトロ~ンとした味わいをこの機会に味わってくださいね。

オリジナル写真入れは「桃ドリンク」のみですが、ひなまつり用ラベル入りのかわいい各種ジャムも一緒に販売しています。

こちらも合わせてご覧ください。


くわしくは、ネットショップをご覧ください。


ひなまつり限定企画はこちらから

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

黒豆の注文はこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから









今年も人参りんごジュース搾りました!!

人参りんごジュースファンのみなさま。お待たせしました!!
今年も人参りんごジュース第一回目が搾り終えました。

2010できたてホヤホヤ人参りんごジュース

昨年は、2800本ほどしぼったのですが、好評いただき半年で売り切れてしまいました。

今年も愛知県のカネイチ農園さまからこだわりの素晴らしい人参を送っていただき、
そのにんじんとおぐらやま農場のりんごのかけあわせです。

にんじんのつぶつぶとりんごの甘さのハーモニーが人気ですね。


さっそく、できあがった人参りんごジュースを暁生さんと飲んでみました!!

2010人参りんごジュース乾杯!



「わおーーー!半年ぶりの味だね♪今年もばっちり美味しい!!」


人参のオレンジ色もとてもきれいです。


石原式健康法でもとりあげられている「人参りんごジュース」


体にもしみわたる美味しさです。


毎朝一杯いかがですか?

今年も人参りんごジュース搾りました!!

朝から元気7倍!トマトジュース

黒豆の注文はこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから

今日は節分

今日は節分ですね♪

Wikipediaによると、節分とは

各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。特に江戸時代以降は立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。以下、立春の前日の節分、およびその日に行われる各種行事について述べる。

という意味があるんですね。もう立春なんですね。
安曇野では、相変わらず-5度から-10度の日も多く、まだまだ「春は名のみの~」です。

りんご畑にも雪が積もり、この前撒いたきのこの菌床やもみがらもすっかり雪に覆われています。
太陽がでてきて、少し暖かくなると不思議、りんごの木の周りから雪が解けていくんです。

2010りんごの木雪解け



こういう光景をみたときにりんごの木に「人」のようなあたたかさを感じます。
きっと、りんごの木の根があるところがあたたかいから、そこからとけるんだろうな。

(この辺は農場主の暁生さんが詳しいです。)

さて、さて、今日はわがやでも恵方巻きに豆まきしっかりとやりましたよ。

楽しいことには乗ってしまえというのが「おぐらやま流」です。

扶ーママのつくってくれたふとまきの具をそれぞれ一人、一人でっかくのりに包みます。
ウーファーさんたちも初体験です。

今年の具は充実していて、
「牛肉にチーズにたくわん、大根と人参と白菜の煮たもの」これらを包み込みます。

私は、のりが一枚では巻ききれず、2枚で包んじゃいました。
ウーファーさんにもこの恵方巻きの意味を説明して、

みんなで西南西を向いて「がぶっ!!」

2010 恵方巻き


「おいし~~~!!」

やっぱり手作りは最高です。


そのあとは、風和くんとお父ちゃんおににみんなで「鬼はー外。福はーうち」やりました。
大人たちがはしゃぎながら豆を投げる姿にとわはぽか~ん。

ひとしきりおわったって鬼もいなくなったころにまねしながら「えいっ!」「えいっ!」とにこにこ顔で豆をまいていました。


わたしも小さい頃はよく父親が鬼になってくれて、家族でまいていたなあ
あの時の父親鬼の逃げていく姿や家族との楽しい思い出が今でもしっかりと心に残っていて、


そんなことを思い出しながらほっこりとした気分で終えた豆まきでした。


うちの子どもたちも大人になったときにそんなあたたかい思い出が心に残ってくれていたらいいな。


朝から元気7倍!トマトジュース

黒豆の注文はこちらから

りんごはまるかじりりんごはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから





<半農半X(エックス)という生き方  おぐらやま農場だより その106> 2010・02・03

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

信州安曇野から幸せの風をお届けする
                お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その106  2010・02・03(不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場  http://www.ogurayamashop.com/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今日は節分です。今晩は、豆まきをしたり、恵方巻き寿司を作ったりとわが家も、子どもたちやウーファーさんたちと節分行事を楽しもうと思っております。暦の上では、いよいよ明日が立春。春が始まるのですね。

安曇野はまだまだ雪が降ったり氷点下10度ぐらいの寒い朝が続いたりと、「春は名のみの風の寒さや・・」ですが、見えない土の中や、花のつぼみの中では少しずつ春への準備が動き出しているのでしょうか。

★わが家の子どもたちも毎月必ず参加している自然体験プログラム、どあい冒険くらぶの様子はこちらです。冬の安曇野の野山で楽しい週末を体験できますよ。
http://doaibouken.blog26.fc2.com/blog-entry-45.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<半農半X(エックス)という生き方>

地球宿の増田君からメールが来ました。2月7日(日)に京都府綾部で「半農半X(エックス)研究所」 http://www.towanoe.jp/xseed/ を主宰する塩見直紀さんを安曇野に迎え、シンポジウムをやりますとのこと。以下のようなメッセージでした。

------------------------

★ 農的生活と天職を見つけて生きる「半農半Xという生き方」
の著者塩見直紀さん(京都府綾部在住、半農半X研究所)が安曇野にやってきます。 
そこで仲間たちと講演&シンポジウムを企画しました。 
 
「半農半X」という考え方・生き方に影響を受け、
農的生活を志向した人たち、実践している人たちがどれだけいることでしょう?
僕もその一人。

農業者、農的生活者、農を絡めた活動をしている人、
そしてすべての候農を志向するみなさん、、このシンポジウムにぜひおいでください。
きっと目からうろこです。 

★呼びかけ 
「半農半X」という言葉があります。 
生活のベースとして、自ら農作物を育て生産する農的暮らしを行い、 
他方自分の天職(X)を見つけ、それを行い生計を立てていく。 
そんな新しいライフスタイルを表した言葉です。 
 
本シンポジウムは、「半農半X」の提唱者である塩見直紀さんと 
安曇野在住の「半農半X」実践者たちに登場してもらい、 
これからの向かうべきライフスタイルの一つとして有効な、 
半農半Xな生き方について共に考えていきます。 
 
消費一辺倒の暮らしをやめ、自ら生産し、豊かな暮らしを作り出していく。 
囲い込みをやめて、人と繋がり、心で結ばれる地域を創っていく。 
このシンポジウムが、そのキッカケになれば幸いです。

----------------------

地球宿の増田君は、安曇野地球宿というゲストハウスを家業にしつつ、自給用の米・麦・野菜などたくさんの種類の作物を手掛けながら、それらを収穫して宿のゲストに食べてもらったり家族で食べたりすることをとても大切にしている。とてもわかりやすい「半農半X」の実例と言えそうな生き方をしている。おぐらやま農場とは場所も近いし、20年来の友人であるし、知っておられる方も多いと思いますが、彼のブログもぜひ読んでみてください。素敵な生き様がキラキラとしていますよ。
http://chikyuyado.com/

数年前に塩見さんの著書に触れた時、自分の生き方はなんだろうと思った。松村暁生のエックス(天職)はなんだと。すぐに答えは出た。それが「半農半農業」。


小学校3年生の時に図書館で読んだ宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」が大きく僕の人生の舵を切った。冷害でコメが実らず生死のリアルさをすぐそこに感じながら生きる東北地方の当時の人たちの気持ちを、子どもながらにドキドキしながら感じた。ブドリが火山島に一人残ってスイッチを押す役を果たした時の、いのちをかけて守ろうとするものにまぶしいばかりの尊さを見た。僕もお百姓になりたいと考えた初めての瞬間。 


その頃、テレビに映された、食べ物がなくて命を落としていくアフリカ難民の映像に涙をこぼす僕がいた。トウモロコシの粉を水で練って少しずつ食べている子どもたちの腕や脚は針金のように細く、お腹だけが栄養失調でふくらんでいたのだ。 いっぱいいっぱい食べ物を作って、世界中の子どもたちがいつもおなか一杯に食べられるようにしたかった。


きっとスタートはそんなところだったのだと思う。小学校高学年から中学生時代はサッカーのことしか頭になかった時期を抜けると、酪農を志して15歳の時から牧場で働かせてもらっていた。早朝から夜遅くまで仕事があり、牛の乳搾りや分娩に付き添い、餌くれなどのいろんな世話をする仕事に加えて、家畜繁殖のバイオ関連の仕事・受精卵移植などの技術を覚えて、現場で結果を求め奮闘していた10代後半から20代。


ふと気がつくと海外からの輸入飼料に頼りきりの酪農現場の姿に気がつく。牛に食べさせるより人間が食べられるものをすごい勢いで輸入し続けている日本という国に僕が住んでいる事を知った。それで、牧場で働くことができなくなってしまったというのが今の仕事のはじまり。おぐらやま農場はだんだんと収穫できる種類も量も少しずつ伸びてきて、今年で早9年目を迎えます。すべて皆様のおかげだと心から思っています。


食べ物に充分満足できる世の中にしたい。農業という仕事を通して、みんなに安心してもらいたい。それだけで世界の戦争・紛争は8割方解決に向かうと思うのであります。美味しいものをお腹いっぱい食べられる幸せ。それが今の僕のXになっています。


2月7日のシンポジウム、詳細は以下にあります。お近くの方でご興味のある方は是非どうぞ。きっと意義ある時間を共有できると思いますよ。
http://chikyuyado.blog95.fc2.com/blog-entry-120.html


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<農産物情報> 

*家庭用ふじりんご、まるかじり用ふじりんごはまだ発送できますのでどうぞお求めください。2月中旬か下旬ごろまでは発送可能です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html

*人参リンゴジュースがいよいよ2月8日頃から発送可能となります。定期購入コースで申し込みされるとトマトケチャップも毎回同梱させていただいてます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/247184/list.html                                           

*ふじりんごのオーナー会員・年間コース会員の要綱と、2010年度会員の参加申し込みについて、次回のメルマガでお知らせいたします。どうぞお楽しみに。


また次回のメルマガではかわいい「ひなまつり」オリジナルラベルの桃ジュースの紹介もありますので、こちらも楽しみにしていてください。お孫さん、お子様の贈り物にとっても喜ばれますよ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
                                                  

<あとがき>

実はつい先日、いつもお世話になっている眼鏡屋さんに行き新しい眼鏡を作りました。その際に、視力検査をして眼鏡の度数があっているか調べてみましょうとやってみたら、なんと「前回よりも視力が上がってますよ」 と言われてビックリ。昨年末から毎日黒豆をせっせと食べ続けていたことしか原因が思い当たらないのです。度数を一段階引き下げてレンズを作りました。確かに下げたほうがよく見えてしまうのですから驚きました。アントシアニンってかなり実力ありますよ。

http://www.ogurayamashop.com/SHOP/kuromame-1.html
畑では剪定作業と炭素資材入れをウーファーさんとともに進めております。農場ブログでその様子もアップしてありますのでご覧ください。動画もアップしました。 
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 また次回まで元気にお過ごしください。

                                                  

☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*こちらから注文できます
http://ogurayamashop.com/
*ブログを書いています
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

朝から元気7倍!トマトジュース

黒豆の注文はこちらから

りんごはまるかじりりんごはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから

雪の降る日には・・・

2010 2月2日 雪の降った日には

今日は夕方から雪がずんずん降ってきています。
まだ降り始め。地面にも雪があまり積もっていないのに「ゆきだるま」を作りたい子供たち。

ウーファーさんたちのアイデアで雪をボールに入れて家にもちこみ
みんなでミニチュアゆきだるまづくり。

棒をさがしながらかわいい雪だるまのできあがり!!

2010 2月2日 雪の降った日には2

明日は本物の雪だるまがつくれるかなあーーー。


朝から元気7倍!トマトジュース

黒豆の注文はこちらから

りんごはまるかじりりんごはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから



微差力

微差力微差力
(2009/11/24)
斎藤 一人

商品詳細を見る


てるちゃんです。オススメの本またまた斉藤ひとりさんになってしまいました。。。
ここのところ一人さんの本をもう一度読み返しています。


何度読んでもおもしろい。
字も大きくて読みやすいし。

一人さんの本を読むようになって自分の中で変わってきたなあーっていうことがあります。
それは、明らかに毎日の暮らしの中で「幸せ」「豊かさ」「感じる」ことが増えてきたこと。

前はもう少し、「今日はあれやらなきゃ、次はあれやらなきゃ」と次々とある「やるべきこと」に対して、思いを巡らしていたように思います。

ひとりさんの本を読んでいると一日が新鮮!

山の美しさに「きれいだなあー」って感動してそこに山がある豊かさを感じたり、家族で一緒に会話していることにとても幸せを感じたり。

そういうことを感じることがとてもとても多くなってきました。
日常の中での幸せを感じる天才になるというか。。。

昨晩は和楽と一緒におしゃべりをしていたのですが、わらの保育園での出来事を「うん、うん」って聞いていると和楽はどんどんエキサイトしてしゃべりだします。


でも5歳ながらにその身ぶり・手振り・話し方そんなのがとてもとてもかわいくて。
思わず、「それで、それでー」ってずーっと聞いてました。


本人もかなり満足げ。


いつも寝る時間までに、ご飯食べて、お風呂入って、次!次!という感じですが、この本を読んで子どもの話をゆっくりと聞くとかそういうひとつ、ひとつのことをもっと味わっていきたいと改めて思いました。


本の中でとっても気にいったところがありました。
_____________________________________________________________________________


人生は自分の大切なものを見つける旅。




世の中には、まだまだ、いっぱい大切なものがあります。
だから、生きていると、大切なものがいっぱい増えてくるのです。
大切なものに囲まれているのが、スゴイ豊かな人生です。
大切なものが一個も見つからないより、一個でもあったらしあわせです。
だけど、もう一個、またもう一個と増えていけばいくほど、もっと、しあわせ、もっと、しあわせなんです。

自分の手に入れた宝、一つひとつを大切にしながら、もう一個、さらにもう一個。
そういうことをしている人は魅力的です。


______________________________________________

家族や大切な友人に囲まれているって本当にそれだけで、豊かさを感じます。
それでこの自然に囲まれた環境があって、
いいウーファーさんやお客様に出逢って、
またそこから新しい出会いが広がって、

毎日食べるおいしいものがあって、
種をまいたら一つ一つ違う芽がでてくる不思議な畑があって、

春にはりんごの花が咲き
夏にはりんごの葉が生い茂り、
秋には美味しいりんごをみんなに贈って、
冬にはりんごが葉を落とし次の準備。

そんな自然界の様子を伺うのもわたしにとってはとても幸せで豊かなことです。



ひとりさんの本はあたりまえのそんなことに気づかせてくれる魅力的な本なんだなあー。(テルミ)

朝から元気7倍!トマトジュース

黒豆の注文はこちらから

りんごはまるかじりりんごはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから









よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード