スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月28日 ゴスペル練習も始動!!

日曜日二つ掛け持ち大楽しみのてるちゃんです。


山雅チームのイベントは途中で抜けてわれらが「アイオナ教会」へ!!


今年初のゴスペルの練習です。

2011年2月27日アイオナ教会
車を降りたら走って教会へ向かう子供たち


ひさしぶりにみんなで歌うゴスペルは楽しかったです。ゆくりりっくふまちゃんが教えてくれるゴスペルはだんだんと歌に魂が入っていくというか魂が呼びさまされるというか不思議な感じになります。

今年も大いに楽しもう!!

2011年2月27日ゴスペル練習
クワイアのみなさんです。


3月27日には松川村にある「ちひろ美術館」で無料感謝デーがあり、2時からゆくりりっくがコンサートをします。


その中で「信州スパイラルクワイア」「ジャグバンド」も一緒に歌わせてもらいます!!


みなさん日程が開いていたらぜひ「ちひろ美術館」にお越しください。


この日は美術館も無料で入れますので、大人気のいわさきちひろさんの絵も堪能できますよ。(テルミ)


【今日の学び】
愛があふれてくる瞬間を大切にしよう

【魔法の質問】
大好きなことは何ですか?


おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから






スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

2月27日 松本山雅イベント 

日曜日子どもたちとエンジョイしているてるちゃんです


今日は、地元のアイシティーにてJFLサッカーチームわれらが地元の松本山雅チームのイベントが行われました!!

風和にせがまれ、行ってきました!!

2011年2月27日山雅応援
選手紹介・・・今年はJ2昇格だあーーー!!

会場には昨年の3倍ほどの人が集まりました。盛り上がりに盛り上がりました。


今年は、年間パスも購入したので山雅応援三昧の一年になりそうです。


2011年2月27日片山選手と
盛り上げ役の片山選手と偶然遭遇!!一枚パシャりと。

松本界隈、安曇野界隈のみなさん!!盛り上がりましょーーーーー!!

こうやって、地元を挙げてみんなで応援できるチームがあるって幸せだなあ^^(テルミ)


【今日の学び】
幸運は力を抜いたときにやってくる?!

【魔法の質問】
今日はどんなツイてることがありましたか?


おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから


2月26日 参観日三昧な一日でした!!

昨日は、3人の子供たち、とわ、わら、ふうわとも保育園や小学校の参観日で一日参観日三昧だったてるちゃんです。


今回わらは卒園式前最後の参観日だったので、つきっきりで観てあげたいと思い、とわの参観はおばあちゃんにお願いしました。みんなで参観に出発しようと思ったらうらには素晴らしい虹!!

いやあ、朝からいいもの見ちゃった!!

2011年2月26日参観日1
しっかり半円の虹はやっぱり美しい。

わらの年長のクラスでは劇「3匹の狼と子ブタ」の劇の発表やこま回し、でかかるたとりなどを見せてくれました。

2011年2月26日参観日3
おおかみのお母さん役のわらは少し照れ気味でした。

2011年2月26日参観日4
でっかいかるたはみんなでとるときにぶつかりそう。迫力満点。

参観日をみるといつも感じるのですが、一年間の子供の成長ってすごいなあ~。一年間でできるようになることが圧倒的に増えている!!


照れながらも一生懸命に劇をやっている子供たち。


ストーリーを知らなくてもしっかりとお話の内容が伝わってきました。


子供って「この子はこれくらいしかできない」って思っているのと「この子はもっともっといろいろできる」と思いながら育てていると子供の伸び方って違うらしいですね♪子供には(大人にも)たくさんの可能性を認めながら育てていきたいものです。


2011年2月26日参観日2
おばあちゃんととわはまったりと。。。

とわはおばあちゃんとずっと一緒に保育園にいられたことがうれしかったようで、夕飯のときにも「今日はおばあちゃん、一緒だったね」と得意気に話していました。


そして、昼の1時ごろまでわらの年長さんの「お別れ会」をした後は、わらととわも一緒にふうわの学校の参観へ。

ふうわはなぜか妹と弟も一緒に連れてきてほしそうでした。妹・弟にも学校でのにいにのかっこいい姿をみせたいのか友達に妹と弟を見せたいのか?

みんなで行くととても嬉しそうでした。

この日はふうわのクラスも一年間やってきた学習発表。午前中にみた保育参観とはまた違い、さすが3年生だと思いました。


ふうわの学校では、3年生になると「りんご学習」(安曇野らしいでしょ)というものがあり、生徒たちがりんご農家さんに行き、季節季節ごとの作業を一緒にお手伝いしながらりんごについて学ぶのです。


スライドと子供たちの思いを聞きながらの発表は、いいものでした。


こんな風に地域の方と交流をもちながら学習できるのはいいですね。


2011年2月26日参観日5
とびばこの発表も。

ふうわのクラスの担任はとっても熱血?!の素敵な先生です。クラスの雰囲気がすごくよくみんな自由にまとまった感じです。地元のサッカーチームにも所属していて、ふうわが日記によく書く、サッカーの話題にも細かい解説をいれながらコメントしてくれます^^

2011年2月26日参観日6

今回参観で印象深かったのは、保育園、小学校ともに先生たちが「人はそれぞれ違うところをもっていて、それぞれいいところがあるんだよ」というメッセージを発していたこと。

参観の内容も子供たちが得意なことを発表していました。


素敵な参観日をありがとうございます!!(テルミ)


【今日の学び】
誰かを喜ばせようっていう顔はぴかぴかと輝いている

【魔法の質問】
誰に喜んでほしいですか?


おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから


ブログにあたらしいカテゴリーをつくりました。今までは農場発行のニュースレターだけに書いていたのですが、このたびブログにもアップしましたので、よかったらお読みください。

毎月連載農場主暁生さんによる 畑が教えてくれたこと
毎月連載 ふーばぁの田舎暮らしだより
おぐらやま農場のお友達から Ogurayama Friends
















テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

2月25日 今年7・8人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝にはりんごを食べるのをかかせないてるちゃんです

朝の果物は金ですね♪

さて、さて今年7・8人目のウーファーさんはまたまた香港から来たこのお二人、ビーナスとエンジェル。

二人とも一週間の滞在だったので、ついさっき出発してしまいました。

一週間ってはやい!!

2011年2月23日ビーナス
ビーナス作業中~♪

2011年2月23日エンジェル
エンジェル枝を拾ってま~す!!

普段はお仕事をしている二人なので、今回は休暇で来て、香港からです。うちに来てそして今日また香港に飛び立つそうです。

仕事の休みを使ってこうやってwwoofできるっていうのもいいですね♪

ふたりともすごくいいお友達という感じです。二人とも結婚しているのですがいつもこうやって二人で休暇とって、ハイキングをしたりバーベキューしたりするんだって。

今はFace bookがあるので、ウーファーさんでもいっぱい写真を撮ってアップしている人が多く、その写真を見せてもらうと香港の空気なんかが伝わってきます。


ビーナスと話していたときの印象的だった一言。

「わたしは、他の国にいって言葉が通じなくても、全然問題ないよ。なぜならハートで会話してるから」

ビーナスをみていると本当にそんな風に思います。態度で体で、示してくれるから。


彼女の書いてくれた感想の中に彼女の好きな歌詞を書いてくれました。


「Let there be peace on Earth & let it begin wiht me, let there be peace on Earth, The peace that was smelt to be」

わたしもよく訳せませんが英語で味わってね♪(テルミ)


そういえば、ブログにあたらしいカテゴリーをつくりました。今までは農場発行のニュースレターだけに書いていたのですが、このたびブログにもアップしましたので、よかったらお読みください。

毎月連載農場主暁生さんによる 畑が教えてくれたこと
毎月連載 ふーばぁの田舎暮らしだより
おぐらやま農場のお友達から Ogurayama Friends

【今日の学び】
どこの国でも共通のステキなbod languageは「笑顔」!

【魔法の質問】
笑顔になっていますか?

おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

2月23日 今年6人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近3時半起きのてるちゃんです。やりたいことが多くって。。


今年6人目のウーファーさんは香港からきたマギー。

2011年2月22日マギー2
マギーです。

香港ってね、英語の発音が少し違うんです。香港なまりとでもいうのかなあ。うちにくるウーファーさんでも香港ぽい英語の人とアメリカっぽい英語のひとがいるんだけど、発音が違うもんだからはじめ通じないんです。。


っていってもわたしのなんちゃって英語ですから。。


だけど、readとかhospitalとか簡単な言葉が通じなかったりする。


マギーもはじめはそうで、なかなか通じなくってそのたんびにスペルをいいながら会話していたんだけど、(アメリカからきたアンジェラが広東語になおして通訳してくれたりして)


1週間一緒に暮らしていて、お話していると心が通じてくるのかお互いの発音の仕方がわかってくるのか前よりもグーンとお互いのいうことがわかってくるから不思議です。


新しくきたウーファーさんに今度はマギーが通訳してくれちゃったりしてます。


そんな心が通じ合ってるって感じる瞬間がうれしかったりします。


まだまだ滞在予定のマギー。これからもよろしくです。(テルミ)


2011年2月22日マギー1
リオをかわいがるマギー


【今日の学び】
早起きすると5文以上の得!!

【魔法の質問】
どのようにしたらやりたいことをできる時間をうみだせますか?


おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから



















テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

2月21日 今年5人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近貧血で毎日鉄分注射に通うてるちゃんです(でも自覚症状なくとっても元気です)

今年5人目のウーファーさんはアメリカからきたアンジェラです。

2011年2月21日アンジェラ1
アンジェラとリオ

一週間という短い期間だったけど、ありがとうアンジェラ。

たんたんと作業のほうも手伝ってくれました。

人ってなんらかの人間性をにじみだすものですね。

特に言葉が通じないととくににじみでたものを感じるものなんだなあーって思う。

アンジェラは一緒にいて安心感を感じてしまうような人。

たんたんと話す話具合。「そうだね」っていう間の取り方。

リオにも子供にもさりげなくやさしいね。

2011年2月21日アンジェラ2
出発の朝はみんなで見送り!

次のホストさんでも楽しんでね♪(テルミ)

【今日の学び】
自分に良質の質問を投げかけることによって答えがでてくる。

【魔法の質問】
今日はどんなステキなことをしたいですか?


おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

2月18日 農業の担い手

確定申告に向けて毎日パソコンに向かいっぱなしのてるちゃんです。目のケアをしないとね(ってブログ書いてるし。。)



昨日のブログにアップした農場のメルマガ記事「りんごの担い手」

どこからともなく聞こえてくるりんごの木をきるチェーンソーの音を聞きながら、
毎年冬になると思うことがあります。


それは、このりんごの畑がいっぱいの三郷の地、そして田園風景の広がる安曇野の10年後、20年後はどうなっているのだろうっていうこと。

夏は日々の作業でめいいっぱいですが、この冬の時期は今年の作付やらどんな経営をしていくやらいろいろと考えます。それはこのあたりの農家さんなら、そういう時期にあたると思うのですが、メルマガにも暁生さんが書いたように高齢になった方にとっては農業を今年も続けるかやめるかの選択の時期にもなるようです。

今年は2人の方から「畑をやってもらえないか?」という声をかけていただきました。

2011年2月14日りんご畑で
昨年から借りている畑でハイ、ポーズ!保育園帰りです。


10年前私たちが農業をはじめよう!って決めて行った新規就農の説明会かなんかの席で40代ぐらいの方が言っていたセリフが今でも耳に残っています。

「いいかい。この人たちはこの安曇野に来て農業をやってくれようっていってくれている金の卵だよ。そんな人たちはしっかり周りで支えてあげなきゃいけない。これからのこの安曇野の10年後、20年後を想像してごらんよ。今70・80歳の人がどこまで農業続けられると思う?そうしたらその時この地はどうなる?」


確か行政の方に向かっていっていた言葉だと思います。
その当時、なんのことだか状況のわからないわたしは、「金の卵」なんていい響き♪とノーテンキにその言葉を聞いていました。


そして、冬になるとその言葉の意味がわかるようになってきました。


私たちが今借りているりんごの畑もみんな高齢の方が「もうできないから」といって任せてくれた畑です。


今日たまたま目にした記事。生活クラブで出版している「生活と自治」の一部にこんな記事がありました。


山下惣一さんという方のインタビュー記事「若者よ!半農半Xでいこう!」

2011年2月18日半農半Xの記事
日本が100人の村だったら・・・


あれ、どこかで見たような言葉・・・・

その記事の中にこんなことが書いてありました。

日本が100人の村だったら、3人の村人が残り97人分の食料を生産していることになる。うち2人は70代と60代、もう一人も40代後半になった。この現状を変えていくことには、農業に参入する若い世代が増えることが求められるが・・・・・・

農業地域に住んでいるわたしにとって、これは実感のある言葉でした。


話が長くなりました。


えーーー、ここで私が言いたいのはとりあえず、半農半Xのことでも、その記事のことでもないんです。


新しい畑を増やそうかどうしようか考えるときにいくつか考えます。


「そこを自分たちがやらないと誰がやるんだろう?荒れ地になるか宅地になるかしちゃうのかな?」
「自分たちがやらせてもらっても、日々のお世話・作業はまわるのだろうか?」
「育てた農産物を全部売ることはできるのだろうか?」

考えていると全部なんとかなる気がしてきます。


そして、自分たちが冬になり普段は自覚できない、自分たちが農業をやっている価値を改めて確認するとともに、(自分のやっている仕事に価値を見いだせるのは単純にうれしいです♪)


自分たちは農産物を育てている立場として、買ってくれているみなさんにも、りんごをただただ「おいしいな~」って食べてもらっているその行為に、そのことそのものに、この安曇野の地を守ってくれているんだっていう価値があることをお伝えしたくって。。。


そうなんです。みなさまがうちの農産物や仲間の農産物を購買してくれているおかげで私たちもこうやって畑をお年寄りの方から継ぐことができるのです。


ありがたいです!



そんなことをお伝えしたくって。
ありがとうございます。



価値を知って食べるとまた食べ物の味も変わりますよね~♪



そんなわたしたちからもお客様に一歩踏み込んだ提案でもある年間コース会員さんの募集を今年も受け付けし始めました。(ちゃっかり、宣伝もしちゃった♪)今年は畑も増えて農産物も充実しそうなので、募集する会員数を増やす予定です。

お知り合いの方にもお知らせいただけると嬉しいです。


この中にある「農場主からの一言」にもぜひ目を通していただければと思います。暁生さんがかっこよく写ってますよ。


長々とお読みくださりありがとうございます!!もちろん半農半Xもいいですよ♪

(テルミ)

P.S. 今日年間コースのお客様からこんなメッセージをいただきました。

『毎回とても楽しみでしたし、とても楽しめました。生産者の方から、年間を通して農産物を届けてもらって、しかもその生産の環境(自然ばかりでなくご家族や考え方まで)にふれることができるというのがこんなにも味わい深いものだということを知りました。+αのオマケもなぜだか温かかったです。なんでなのでしょうね!?』


まさにこのブログを書いたあとでのファックスでしたが、ほんと嬉しいです。このブログも農産物を食べていただくときの「りんごが10倍おいしくなる」一介となると嬉しいです♪


【今日の学び】
いつもはノーテンキに、たまにはまじめに行こう!!

【魔法の質問】
息抜きしてますか?


おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから












りんごの担い手<おぐらやま農場だよりその139 2011・2・17>

< 最新農産物情報!! >
http://www.ogurayamashop.com/

@3月3日の「桃の節句」(おひなさま)に、イラストレーター中武ひでみつさ
んの素敵なラベルでのジュースやジャムの贈り物はいかがでしょう?
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/657122/list.html

*現在、ふじりんごの発送は「まるかじりりんご」となっております。小さめなので貯蔵もよく、長持ちします。毎朝1個いかがですか。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html
*2011年度くだもの年間コース会員の募集を始めました!
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html
*トマトケチャップの発送ができます。毎年大人気でほとんど売り切れ状態続きのケチャップです。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245953/list.html
*ジャムのおまけつきのジュース定期購入の案内はこちらです。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html
*中武ひでみつさんによる「おぐらやま農場」のイラスト集。
安曇野発!農に生きる仲間たちの冊子の案内もあります。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/779737/list.html 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


     信州安曇野から幸せの風をお届けする
             お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その139  2011・02・16 (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生http://www.ogurayamashop.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2011年2月15日雪
20センチ積もりました!

@今週の日曜日は「半農半X」のシンポジウムがありました。
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

<  りんご畑の担い手  >

先週の金曜日に桃畑の剪定作業を仕上げようとしていたら、桃畑が隣接している地元農家の大ベテランFさんが来られて立ち話になりました。この方は一部りんご畑をお借りしている私たちの地主さんでもあります。

私・・「この桃畑もずいぶん古い樹が出てきて、品種更新も兼ねて半分くらいは切り倒して植えかえようと思っているんです。Fさんにお借りしているりんごの畑と隣同士ですし、ここにはりんごを植えて桃の畑をりんご園に変えていこうかなと。鳴沢の桃畑が成園になってきたし、今年は近所の友人がナシの畑をやってくれって新たに引き受けたのでこれをチャンスに・・・」

Fさん・・「そうかい、がんばってるねえ。ここは地がいいから(「土がよく肥えているから」の意)心配ないかもしれんが、桃からりんごに変えるときに本当は牧草でも蒔いてしっかりと地を作っとくと後の引きたちがいいがね。ところで、そっちの畑どうだ(と、桃畑の南側の畑を指さして)、去年はオレも秋の忙しいときに腰を痛めたりしてなあ、そろそろ隠居を考えさせてくれや。もう83だもの。松村くんが作ってくれるってことならやってもらいたいんだがなあ。」

私・・「そうですか。でもいっぺんに全部やめたらダメですよ。張り合い無くなってボケちゃう人もいるんですから。Fさんだってまだまだ元気そうだし、マイペースでできる分は畑に出たほうがいいと思いますよ。」

Fさん・・「そらそうだ、今までの半分にするつもりなんで、それぐらいで丁度いいさ。うちの息子は勤め人だし農業は継がないから、どうだいやってくれるかい?」

私・・「そりゃあもう、二つ返事でお願いいたします。Fさんが手入れしてきた
立派な畑だもの、作らせていただけるなら本当にありがたい。ぜひお願いします。でもこの農地を買ってくれって言われても私のような駆け出しのものにはできない相談になっちゃいますよ。」


Fさん・・「そんなことはわかってるさ。まあ何年かして君にもうんと儲けても
らったらそんな話にもなるかも知れないがね。とにかくまだ若いんだから頑張っとくれや。俺だってお前さんのころにはずいぶん土地を集めてりんごを植えていったもんさ。早くしっかりと稼げる百姓になっておくれ。」



Fさんは確かにこのあたりでは一番最初のころにりんご栽培を始めた方なのです。当時は「スターキング」や「国光」といった品種が中心だったそうですが、50年以上のキャリアの中でのいろんな体験を畑や時には家にあがらせてもらってお聞きしてきた大先輩です。小倉のあたりがJA(農協)主導でりんご産地化されていったのはもう少し後の30~40年ほど前といいますから、先をみる眼力もあったのだと思います。

先回のあとがきにかいた洋ナシ畑と、Fさんから声をかけていただいたりんご畑と、合わせて60アール。また忙しくなっていってしまうのかもしれませんが、先ほども書いたようにこれをチャンスにして、更新したい品種や古木の植え替えも進めて苗木養成の時期に充てる圃場も作り、農作業のバランスを取りながら数年先を見据えての計画になっていきます。

私たちに耕作させていただけるということは、これからまた何十年かは農地の担い手になれるということです。(私は100歳まで現役で農業を続けると公言していますから・・) 農業をするのにこんなに魅力的な場所で耕作放棄(耕作断念)地を作ってしまうなんてあまりに惜しい。高齢を理由に農業を縮小・廃業される方の後を引き継がせていただけるなら、年月をかけて育てて成り盛りの果樹園がチェンソーで切り倒されていかなくても済むのです。

そしてそれだけ環境負荷の少ない農法で耕作する農地が増えるということでもあります。安曇野全体、日本全体からみたらごくわずかのことでしょうが、そういう思いで農業にチャレンジし始めた人たちが安曇野界隈では若い人たちを中心に少しずつ出てきています。どうか皆さんに、そんな思いで作られる農産物とその生産者を、食べていただくことで支えていただきたいと切に願います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


@農場の「まるかじりりんご」がまだ40ケースほどありますのでどうか皆さんに美味しいうちに食べていただきたいのです。肥料に依らない、炭素資材での土づくり・微生物と炭素循環のりんご作りですので、2~3年は小玉傾向でまるかじりりんごの割合が多くなることも予想しておりますが、腐敗成分がほとんどなく肥料太りのない、キリッとおいしいりんごです。本来のふじりんごのサイズはこれが標準なのではないか・・とも感じてしまう今日この頃。3月初めころまでは十分に日持ちいたします。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html
@2011年度の「くだもの年間コース会員募集」を始めました。前述のとおり、果樹園をやってくれないかと言っていただいた圃場を耕作するにあたり、皆さんに一番にご提案したいのがこの企画です。今年は下記のように設定してみました。ご興味のある方は気軽にお問い合わせください。継続で申込みいただく方が毎年8割以上おられる企画です。全12回。(第3回と第5回を送らない全10回コースも受け付けています。)
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html
@価格は農場売価の約5%割引で設定。送料は実費。毎回ではありませんが農場から手作りのものをおまけで時々入れさせていただきます。こちらもお楽しみに。

@2010年度は全10回でしたが、2011年度は全12回で計画しました。今年度より地元友人の洋ナシの畑を作らせてもらうことになり洋ナシが入る回数が増えました。
また桃園の収穫が各品種とも充実してきましたので8月の桃の回数を1回増やさせていただきました。そしてふじりんごをなるべく長く食べていただけるように、
2月下旬にまるかじりサイズ(小玉)をお届けする計画です。

@何かご質問などありましたら気軽に農場までメールや電話・ファクスでお問い合わせください。今年度も皆様とよきご縁をいただけますよう。ありがとうございます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< あとがき >

@先週の日曜日は、「安曇野発! 農的生活シンポジウム  ~結び∞つながれ、安曇野の仲間たち!!~ 」という会合に参加させていただきました。第1部は我らが親分のシャロムヒュッテ・臼井さんが基調講演をしてくださり、その後第2部では私とテルミさんも含めた10人の仲間がパネリストとして日々の生活実感を語り、第3部では参加者約140名という大勢の皆さんが各グループに分かれて、いろんな思いを出し合うことができた機会となりました。

@とても多くのことを感じたので皆さんに報告もさせてもらいたいのですが、今回も長文になってしまいましたので次回にさせていただきます。安曇野は昨晩から大雪になりました。雪降りしきる夜の窓辺で、皆さんにこうやってメッセージを書かせていただける幸せをかみしめています。ありがとうございます。


.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*まるかじりりんご好評販売中です!
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html
*トマトジュース・人参りんごジュース・各種ジャム好評発売中!!
http://ogurayamashop.com/
*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/
*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
   いつもありがとうございます!!

2月13日 安曇野発!農的生活シンポジウム’11

シンポジウムのパネラーに緊張気味だったてるちゃんです。



今日は地元の豊科というところで「半農半X」のシンポジウムがありました。

このシンポジウムのもとになったのは、この冊子を出版することになったのがはじまりです。

2011年2月13日シンポジウム3
32人の農と関わって、半農半Xをしている人たちのライフスタイルが書かれています。


少しこのシンポジウムの案内に書いてある文章を引用させてもらいますと、


「半農半X(エックス)」という生き方があります。
農作物を生産する農的暮らしを行う一方、個性を生かした仕事にも携わり、一定の生活費を得るバランスのとれた新しいライフスタイルを表しています。

本シンポジウムでは、この「半農半X」をキーワードに農業者、農的生活者、農を絡めたX(天職)の実践者が多彩な農的生活を提案します。まず第一部は30年近くにわたり農的暮らしを行い、持続可能なライフスタイルを提唱してきたシャロムヒュッテの臼井さんによる基調講演「農的暮らしが世界を救う!」

第2部では冊子で紹介した安曇野の農の実践者たちが多数登場し、農の魅力と生き様について冊子では伝えきれなかったナマの声で語ります。

第3部ではワールドカフェ形式により、集まったみなさんとともに意見を述べ合い考えていきます。あなたの一言が安曇野の未来(あした)をつくります。

消費一辺倒の暮らしをやめ、自ら生産し、豊かな暮らしを作りだしていく。囲い込みをやめて、人と繋がり、心で結ばれる地域を創っていく。このシンポジウムがそのきっかけになれば幸いです。


___________________________________________


この第2部に暁生さんと私もパネラーとして声をかけられ、すこしお話をさせてもらうことになりました。120人もの方が参加してくれたので、緊張しましたけど望さんの進行と仲間と一緒に話すという安心感の中で楽しい時間を過ごすことができました。

第一部のシャロムヒュッテの臼井さんのお話も興味深かったです。(子供たちがあっちこっちにいって半分も聞けなかったのが残念でしたが・・・)

2011年2月13日シンポジウム2
農的暮らしが世界を救う!の基調講演の臼井さん


第一部の講演とは打って変わって農的生活の実践者はみんな「のうてき、のうてんき、能天気」という感じもするぐらい普段明るいみんなです。安曇野にIターンで移り住んできた人が8人、地元の農家の方が1名のパネラーでした。

来てくださった方も家庭菜園に興味のあるかた、農業に興味のある方、田舎暮らしに興味のある方、自然の興味のある方、地域おこしに興味のある方とさまざまな感じでした。


みなさんどのような感想をもちながら話を聞いていたんだろうな。


自分自身でもお話をしていて気付くこともいくつかありました。


来ていただいた皆様ありがとうございました。


2011年2月13日シンポジウム
一冊300円でおぐらやま農場でも販売していますよ。

この冊子の中には、
32人の半農半Xの実践の様子、そのほかコラムに
・田舎に移り住むこと
・農的生活と自然分娩はつながっている
・安曇野で野外保育がさかんなわけ
・自然農について
・農村の文化
・wwoofという可能性について

などがあり、とても読み応えのある冊子を300円で販売しています。

ぜひ興味のある方は手にとって読んでいただければと思います。

冊子はこちらから注文できます。(テルミ)
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/779737/list.html

【今日の学び】
人に話すことで考えていることなどがはっきりすることもある

【魔法の質問】
どんな人に話したいですか?


ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから








2月12日 雪だあ!

雪遊びをしているわが子に感動しているてるちゃんです。そのわけは・・・



昨夜からシンシンと降り続ける雪。

昨日の夜はドラえもんスペシャルが3時間あり、テレビに釘付けの子供たち。


わたしはそのスキにゆったりとお風呂タイム。

そしてお風呂から上がってみると風和がいません。もう寝ているのかなあとおもってベッドを探してみても見当たりません。部屋を探してもいないので、外を見てみると、なんと!


おっきな雪かき用のスコップをもって雪山をつくっています。ちょっとの間見ていると本当に一生懸命やっています。


時間はもう10時すぎ。


「風和どうしたの、突然?」


なんでも明日のソリのためのジャンプ台をつくっているんだとか。今日こうやって山をつくっておけば明日には大きなジャンプ台ができるだろうと。


なるほどね。それにしてもほっぺたをまっかにして頭に雪ためて、あまりにも夢中で寒くなかったんだね。


次の日、それほど雪は積もらなかったのですが(10センチぐらい)


風和はまた朝からはかまくら作り。体中雪まみれになりながら2時間ほど夢中になってつくっていました。きっとイメージするかまくらがあって、それに向けて一生懸命だったんだろうな。

2011年2月12日 かまくら1
かまくらできたぜい!!

2011年2月12日かまくら2
にいにと一緒に

お兄ちゃんにつられて外に飛び出したわらととわ。

おねえちゃんにソリをひっぱってもらって上機嫌のとわ。

しばらくすると手袋もしない外にでたので、「てってつめたい~~~」と泣き顔。するとねえねがすぐに寄ってきて、

「とっくん、てってつめたいの?ねえねのポケットに手いれてあげる」と言って、とわの両手を握りしめて自分のポケットに入れてあげていました。

「やさしい!!わらちゃん!!」と心の中で大声援!!

夜寝るときにふとんの中でとわに「今日はねえねのポケットに手入れてあったかかった?」って聞いたら、とわが「ねえねのぽけっとはつめたかった。ねえねのてがあったかかった」って。


その言葉にジーーンと私。


朝のシーンを覚えているのかどうかわからないけど、きっとねえねがあったかかったんだな。


雪の日にこんな場面にでくわして心がほっこりでした。


そして今日は3ヶ所ある桃畑も剪定が終わりました!!暁生さん雪の中ごくろうさま。


今日もいい一日でした。(テルミ)

2011年2月12日わら
ねえねだって寒いけど・・・

【今日の学び】
子供って純粋にやさしいな。

【魔法の質問】
今日はどんなやさしさを出しますか?

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから

2月11日 今年4人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年4人目のウーファーさんは、さやかちゃん。

2011年2月11日さやかちゃん
お目目がニコニコ


私たちは、ウーフホストをはじめて今年で7年目になりますが、はじめの3年間は日本人のウーファーさんと海外からのウーファーさんが半分、半分ぐらいでした。

ところがここ2年間ほどは、8~9割のウーファーさんが海外からです。


だからということでもないのですが、たまに日本人ウーファーさんがくると嬉しいです。(もちろん海外からのウーファーさんも嬉しいですよ)


言葉が通じるって楽だあ~!!


ここ最近は日本語を話せるウーファーさんもとても多いので私のなんちゃって英語の出番もほとんどなくなってきましたが・・・


それと基本的に海外から来るウーファーさんと日本人のウーファーさんはウーフをしている動機が違うことが多いです。


海外のウーファーさんはどちらかというと
「日本語を話したい」
「日本で観光旅行ではない日本のファミリーの中での旅をしたい」
「日本の農村での生活がしてみたい」

日本人のウーファーさんは圧倒的に
「これからの人生を考えたい」という方が多いです。


それだけに滞在中の会話もだいぶ違ってきます。


これからの人生の準備をしているさやかちゃん。


さやかちゃんはいろいろな特技があるんです。


今も現役の日本ヒプノマネジメント協会 公認ヒプノナビゲーターです。

☆メニュー☆はこんな感じですよ。

◆足ツボマッサージ 
◆アロマオイルトリートメント 
◆ボディケア(指圧) 
◆タイ古式マッサージ
◆ヒプノトラベル
◆カードリーディング(カードを媒介とした透視リーディング)
◆遠隔ヒーリング・リーディング
◆アロマ・クリスタルヒーリング

すべて宇宙エネルギーで、空間とオーラ・チャクラを整えながらの施術です♪


さやかちゃん普段はとっても穏やかで目がほにょっと落ちています^^
おだやか~~。

とても落ち着いていて、子供たちも大好き。とくに一番下のとわはもうとっても気に入って気づくとさやかちゃんのひざにちょこんと座っています。

「さやかちゃんとおふろはいる~~~~」って。


そして、とても勉強熱心でうちに来てもいろいろな本をじゃんじゃん読んでいます。


だけど、ときどき不思議。


一緒に出荷をしながらわたしが、たまたまオーラのお話をしていたら「前に、てるちゃんはオレンジのオーラーしてるって言われたことあったよ」って私がいったら、「あっ、わたしの見えているオーラと一緒だ。てるみさんはオレンジにゴールドが入ってますよ」と何気なくいうさやかちゃん。。。


「ホーーーー」


びっくりしました。見える人にはそういうものが見えるんだなあーーって。


他にもいろいろとそういう会話があって、私はびっくりの連続だったのですが、本人曰く、「まあ、足のはやい人がいたり計算の得意な人がいたり、それと同じでまあオプションですよ」と。


そうさらっと言うあたりがすごいですね。


ここの後、福井にいったらセッションのお客さまがたくさん待っているようです。


今回はいったん福井に帰るのですが、また2月後半からウーフできてくれるかも♪


出張イベントやヒーリングもやっているそうなので、ご希望の方がいればウーフ期間中におぐらやまでやれたらいいですね。

ご希望の方がいれば!


さやかちゃんもブログも書いていますので、ぜひのぞいてみてくださいね。

ウーファーさやか☆旅日記&ひだまりのねこ☆セッション案内

ちなみに日曜日はふーままがさやかちゃんのセッションを受けるそうですよ!!(テルミ)

【今日の学び】
子供は「見て」「見て」が大好き。それを見て認めてくれるお姉ちゃんも大好き!

【魔法の質問】
認めてますか?

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから


















2月10日 今年3人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年3人目のウーファーさんは「のじゃ」君。

2011年2月10日のじゃ君
笑顔が素敵ですね♪

このブログを読んでくださっている方の中にも安曇野の方は「のじゃ」君の存在を知っている方は多いんじゃないでしょうか?

安曇野にはウーフホストが5~6箇所ほどありますが、のじゃ君は昨年「地球宿」と「津村農園」でもウーファーをしていて、そのとても明るくお話好き、人間好きの性格上、この界隈のひとたちでもずいぶんと知っている方が多いです。

将来は(といっても本当に近い将来)ゲストハウスをやりたいという夢に向かっているのじゃくん。

ゲストハウスをやりながらもウーファーを受け入れ、一緒に農的暮らしもしていきたいそうです。

そのため今は全国のウーフホストさんを勉強のためまわっています。

ウーファー「のじゃ」の放浪日記というブログも書いていますので、ウーフまたはウーフホストに興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。おぐらやま滞在中の作業なんかものじゃくんのブログの方がとても詳しいです。。。


ウーファー「のじゃ」の放浪日記はこちら


13日に出発ですが、本当にありがとう。

のじゃ君は以前は自然食品の営業をやっていたということもあり、健康関連のことにとてもとても詳しいです。わたしもとっても勉強になりました。


この2週間、健康の話も交えながら私もまたまた健康関連の本を再び読みはじめてます。


改めて健康に暮らすって毎日の習慣が大事だなあって感じてます。今はまだ30代で元気ですが、この元気さがいつまでも続くようにしっかりと習慣にしたいと思っています。


早寝、早起き
運動
旬の食べ物
野菜たっぷり
空腹の時間をつくる

このあたりが出来てればいいかな~ のじゃ君。

2週間、のじゃ君のおかげでビニールハウスの移行もスムーズにいきました。

のじゃくんがゲストハウスをはじめたときにはみなさまにもお知らせさせてもらいますね。

きっと楽しいゲストハウスですよ。(テルミ)


【今日の学び】
知識はいろいろあっても実行することはシンプル。

【魔法の質問】
どんなことを実行していますか?


ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから









ドリカム新年会<おぐらやま農場だより その138 2011・2・9>

< 最新農産物情報!! > http://www.ogurayamashop.com/
*現在、ふじりんごの発送は「まるかじりりんご」となっております。小さ目なので貯蔵もよく、長持ちします。毎朝1個いかがですか。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html
*中玉サイズふじりんごが80キロほど残っています。年間コース会員の方への荷造りが終わったので残り全部を発送できます。今回のメールに返信していただければ注文受付できますので希望の方は住所・氏名・電話番号・希望キロ数(3キロ・5キロ・10キロの3種) をメールに書き、返信ください。

 *現在発送可能のジュース類は、人参りんごジュース・りんごジュース・桃ドリンク・トマトジュースです。野菜不足の方はジュースで補ってくださいね。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/247184/list.html

*一年を通してご利用希望の方は、ジュース定期購入をご検討下さい。(人参りんごジュースは毎年夏ごろには売り切れてしまいます)  6回のお届けを1クールとしていますが、例えば「毎月1度ずつを1年間予約(12回分)」等のご希望も承ります。発送間隔やジュースの種類は問いません。人参りんご・桃・トマトの3種セットで申し込まれてもよいですし、季節に合わせて注文する種類を途中から変えたりしてもらってもよいです。代金を前払いして頂ける方には毎回ジャム1個をプレゼントしています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html

@3月3日の「桃の節句」(おひなさま)に、「桃ドリンク」を贈り物にしてみませんか。桃の節句限定の特別ラベルをご用意しています。中武ひでみつさんのおひなさまイラストに顔写真を入れることもできます。お気軽にお問い合わせください。

*無農薬にんじん・玉ねぎ・ジャガイモがすべて売り切れとなってしまいました。今年の収穫時期までお待ちくださいますようお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


信州安曇野から幸せの風をお届けする
                お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その138  2011・02・09 (不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


@農場の毎日が、素敵な写真とテルミさんのつぶやきでよく分かります。
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

ドリカム新年会
夢を語り応援し合うドリカム新年会の様子

<   ドリカム新年会    >

ご近所にある安曇野地球宿という農家民宿で、毎年この季節に開かれているのが、「ドリカム新年会」という、ちょっと変わった新年会。宿の主(あるじ)、増田望三郎さんの呼びかけで、「 一年の初めに参加者全員で自分の夢を語り合おう、そして実現させていこう 」という趣旨で開かれ続け今年で第5回。5年連続出場の方も私を含め10名近くおられます。 毎年約50人ほどの人が集まるので、お昼の1時半から始めても終了する頃にはとっくに日付が変わっているという持久戦必至、しかも大の大人が昼の明るいうちから、まじめに夢を語り合おうなどとまさに直球勝負の、やっぱりちょっと変わった会合なのです。

この新年会では、参加者皆が車座に座ります。皆の顔が見渡せ、皆からも自分が見える形になります。そして話したい人から順番に、一人8分の持ち時間を使って今年自分が叶えたい夢や目標などをみんなに聞いてもらうのです。6分ぐらいで話をして、それを聞いた人からレスポンスをその場でもらったりする時間を2分ぐらい使う方も多いです。お話を聞く人のルールが二つ。「話を最後まで聴く」・「否定なし」ということを大切にして、発表の方の夢を応援していこうという50人の方の存在は本当に心強いですよ。

僕は毎年、一番に挙手して話をすると決めていて、それが終われば皆さんが発表する話をゆっくりと聞く事を愉しみにしています。今年私が発表したことは、主に2つ。ひとつは炭素循環農法の農産物を販売するための仲間作り。2つ目は、安曇野地域がウーフホストのメッカと言われるような地域になれば素敵だなと思っているので、そのために周囲の皆さんに少しずつウーフホストの素晴らしさ、愉しさを語ってみたいという事です。 

たんじゅん(炭素循環)農法に取り組み始めて今年で2年目。昨年は味や出来栄えの点でかなりの手ごたえがありましたから、この農法の農産物を販売する仲間をこの地域で作って行きたいのです。昨年春にたんじゅん農法の実践者交流会を安曇野で開いたときも40名ほどの方が集まり、多くの人たちが注目していることが伺われるのですが、それに本格的に取り組んで行くためにはその農産物の販売が順調に行くことが一番大切なことになってきます。

そして現在は安曇野地域で6件ほどあるウーフホストが、もし20とか30とかの数になってきて、こちらにもあちらにも魅力的なホストさんがいっぱいあるよ、という実態が出来上がってきた時、「安曇野」という地域に大きな波が押し寄せてくるように思うのです。「有機農業の里」を掲げて地域活性化・ふるさと起こしを企画する動きももちろん素晴らしいのですが、そこにプラスアルファの要素を自由自在に組み込める可能性が「ウーフ」というシステムに秘められているかもしれない。

農業体験や都農交流の舞台として、国際交流・異文化理解や言語学習のきっかけとして、食育や環境教育のプログラムとして、観光集客の一つのツールとして、就農希望者・農的生活希望者への門戸を開く窓口として、そして他人が他人でなくなる人間関係づくりの端緒として、他にもさまざまな切り口から、この地域に暮らす人や安曇野に関わる人たちがもっと幸せになっていくヒントがある。 この6年間の私たちのウーフホスト体験の中にいっぱい詰まっているようにも感じるのです。 自然が美しい安曇野、美味しい農産物や素晴らしい地域文化のふるさと、というこれまで先人たちが生み出してきた安曇野の魅力にプラスされて、「生き生きと暮らす人たちの群像」が誰の目にも鮮明に見えてきたらなんて素晴らしいだろうかなあと、僕は思っているのです。


とまあ、私の夢はそんな感じですがその後はゆっくりと皆さんのお話を聞かせてもらいました。 新しい仕事を始めたり、この地域で暮らし始めたり、こだわりの仕事観・ライフスタイルを提案される方もいました。 結婚したい宣言をした人もいたし、昨年宣言をして見事に結婚が決まりましたという人の報告もありました。反対に彼女と別れたショックからなかなか立ち直れない人もいたり、いろんな立場の人がいましたね。 そして「この新年会に参加した」という時間と空間を共有した仲間になっていくところが、この新年会の魅力なんですね。皆さんの話を聞いて、自分に何か手伝えることはないかなとか、そういうことならこの人にあってみなよとか、ここにもたくさんの化学反応があり、人生がドラマティックに演出されていくのです。 望三郎さん、今年も素敵な会を企画してくれてありがとうございました。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< あとがき >

@地元の友人が農業をやめるという。まだ若手の、人柄もとても素敵な彼だ。 仕事の一生懸命さにおいては、ほんとに真面目に打ち込んでいたことを僕もよく知っている。だけど、今年はもう農業はやらないで早速地元の工場で仕事を始めた。 理由はいろいろあるだろうけど、彼が決めたことだから、それについて僕がどうこう言う筋合いのものではない。でもやっぱり寂しさはある。そして新規就農の厳しさを思う。 彼が世話していた3箇所の果樹園を「松村さん、やってもらえませんか」と言われ、家族とも熟考した末に1箇所(40アール)だけ、世話させてもらうことにした。 そんなことで今年は8月末~9月はじめにかけて、洋ナシ(バートレットという品種、一部ラフランスあり)の収穫が多くなる予定です。 彼が懸命に世話してきた畑だ。しっかりバトンを受けて、美味しい果物を実らせてあげたいと思っています。

@ふじりんごまるかじりサイズを出荷させていただいておりますが、まるかじりの小玉サイズは貯蔵しておいても果肉がパリッとしていて保存状態がよいので、皆さんから好評をいただいています。昨年までは小玉サイズの中でも大き目のものは「家使い用」としていましたが、今年からは「まるかじり用」基準を少し広げて、年明け用の保存割合が少し増えていますのでまだ美味しいりんごが80コンテナほど冷蔵庫に。皆さまに食べていただける時をりんごたちも待っています。どうぞよろしくお願いいたします。

立春を過ぎて、暖かい日には春を感じられるような気もしていたのですが、昨晩からの大雪でまた田畑は真っ白の雪に埋まってしまいました。 今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。また次回まで。

.☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*まるかじりりんご好評販売中です!
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html
*トマトジュース・人参りんごジュース・各種ジャム好評発売中!!
http://ogurayamashop.com/
*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/
*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
   いつもありがとうございます!!

2月9日 ビニールハウス小屋完成!!

ここ一週間ほどひでさんとウーファー男チーム?!で桃の畑にあったビニールハウスをかたづけ、解体し、家の裏にもってくる作業をすすめていました。

そのハウスが今日ついに完成!!

2011年2月9日ハウス完成!!
できました!!

このハウスは、作物を育てるものではなく農機具などが雨にあたらないようにするために建てました。
今まで違う畑にあったけど使われていなくて、パイプなども少しさび気味でしたがもう一回使い回しです。

今まで使われていないものがこうやって新しく使われるようになることでビニールハウスも息を吹き返したようです。

これでビニールハウスも生かせ、農機具なども雨にぬれず保管できて嬉しいです。

2011年2月9日ハウス組み立て
雪の残る中パイプを組んでくれています。

新規就農ではじめたわたしたちにとってはこういうことひとつひとつが大事な農場づくり。
ウーファーさんありがとうね。

もし、ビニールハウスなどあまって使わない方がいらっしゃれば声かけてくださいね♪(テルミ)

【今日の学び】
長くかかるような作業もいったん手をつけると加速をつけて進む。0から1にするのに力がいる。

【魔法の質問】
気になっていることで、どんなことに手をつけたいですか?

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから





2月8日 今年1・2人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆかちゃんとパクくん
ゆかちゃんとパクくんです。

今年初めてのウーファーさんが1月25日から来てくれています。

うちの農場はウーフの希望があれば、ほぼ一年中受け入れをしているのですが、1月は受け入れも少しお休みでして家族でまったりとした冬を過ごしています。

それだけに久しぶりにウーファーさんを受け入れはじめるときには生活のリズムも変わり少しエイヤッという感じもありますが、やっぱり来てもらうと農場にも違った風が吹いてきていいですね♪

今年初めてのウーファーさんは香港からゆかちゃんとパクくんです。

とってもまじめなウーファーぶりを発揮してくれているゆかちゃんとパクくん。

香港ってね、ある日突然自分で日本語の名前とか英語の名前とかつけちゃっていいみたいですよ。

まあ、日本でも別にいいのかあ。

ゆかちゃんもゆかちゃんといいながら香港人です。

普段、香港ではビルの合間から空も少ししか見えないけれど、ここでは青い空が一面に見えてすごい!!と感動模様。



写真は桃の木なのですが、桃の木の地面に生えている草を手で掻き分けてもらっています。

まだ雪も積もっていて冷たいだろうに、こんな農作業はやったこともないだろうに、二人ともたんたんとやってくれています。

ありがとう。


そして日曜日のお休みの日には張り切って長野市にある善光寺へ行ったり、諏訪へ出かけたりと日本を、信州を満喫しています。

今まで日本に来ても観光をするだけで、ほとんど日本語を使わなくて旅行できちゃっていたから物足りなかったというゆかちゃんも今回はウーフで日本語をいっぱい話せて嬉しいそうです。

いい仕組みですね。wwoofって。

日本語の発音はとっても美しいので好きっていってくれています。

わたしも日本人として言葉を大事にしていきたいな♪(テルミ)


【今日の質問】
感じる力。直感力。そんなものを大切にしていきたい。

【魔法の質問】
今、どんなことを感じていますか?

ありがとうございます!まるかじり用小玉ふじりんご販売中です。

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから

2月4日 歯医者さんでのこと

2011・2・4 みんなでハイポーズ
今年はじめてのウーファーさんたちとハイポーズ!後ろの白馬連峰がとてもきれいです。

ここ最近晴天続きで本当に気持ちがいいです♪

気温は低いんですけど、冬山が本当にきれいで毎日息を飲むように感動です。

この間、剪定も進んでいますが、ウーファーの男性陣とひでさんの力でハウスの片付けがどんどんと進んでいます。もう使わなくなったものは捨て、スッキリとしたビニールハウス。

スッキリとかたづいた農場。景観にもいいし手をかけてやっていきたいところです。スッキリとしていると仕事の効率もあがりますね。


さて、さて今日は歯医者でのこと。


いつものように歯医者さんのドアを開けるとなんだか大きなおばあちゃんの声が響いてきました。


結構年のいったおばあちゃんが、もうひとりの女性になにやら話しているのです。


おばあちゃんは耳があまり聞こえないらしく、大きな声をだして話していました。


「年寄りになると、耳も遠くなるし体も思うように動かなくてせつなくていけねえ」


もう一人の女性の方は「うん。うん。」とうなずいて聞いています。


「2週間ぐらいめえにねえさんも死んじゃって、おらひとりで住んでいてさびしいだ」


「うん。うん。」


涙を流して泣き始めるおばあちゃん。


そうやって5分ほど話していたら、女性の方は順番で呼ばれおばあちゃんはいそいそと曲がった腰を引きずるように帰っていきました。


その会話を聞いていた私もちょっと切ない気持ちになってしまいました。


ちょうど、松本猛さんの「選挙カーからみた信州」の本を読んでいたところ。自然と信州社会に目がいきます。


高齢化が進んできて、こうやって一人暮らしのおじいちゃん、おばあちゃんも増え、人との関わりも少なくさびしく暮らしている方も多いんだろうなと。


自分にも何かできることはないかな?と。


おばあちゃんは、隣に座っていた女性の方にお話ができてなんだかちょっと嬉しそうでした。わたしも今度はどこかで出会ったおばあちゃんの話をこんな風に聞けたらなって思いました。(テルミ)


【今日の学び】
社会貢献って大きなことをしなくてもほんの身近なことに目をむけ、少し何かをする。そのことが大きなことにつながっていくのかも。

【魔法の質問】
社会を意識したときどんなことをしてみたいですか?


ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから


















畑が教えてくれたこと 2011年2月

畑がおしえてくれたこと2

<2011年2月号ニュースレターより>

昨年の春~夏に炭素循環農法の「実践者交流会」を全国各地数十箇所で開催した際に静岡・掛川の城さんが届けてくれたレポートの連載、第4回目です。今回は微生物とエサ(炭素資材)と空気についての考察。
< たんじゅん農法 城さんレポートより 第4回 >

5)微生物にはエサと空気
微生物にエサをやることが畑の世話人の仕事
エサを土と混ぜないとエサにならぬ。土に微生物がいる。
数センチ資材を入れれば、数センチの土と混ぜる。土を起こさないで土と混ぜる。
収量の上がらない田は、藁も少ないので、秋に畑の一回分チップも入れる。

微生物が増えれば、空気不足で腐敗に
微生物は、エサ不足でもすぐには死なないが、空気不足ではすぐに死ぬ。
炭素資材だけ増やせば、微生物は空気不足で死滅し、腐敗になりかねない。
土が水につかると、土中は空気が絶たれる。微生物は死滅し、腐敗に。
畝立ては、微生物のためにする。微生物への空気の供給に効果的。
炭素資材を入れると、畝が崩れにくくなる。(菌類による団粒化)

水を切れば微生物が増える
「水」は要らないが、「水分」は要る。
水を切れば、根が伸びる。
土壌に水がないと空気が供給されやすくなり、微生物は増える。
「水分」の的確な補給は農家の腕の発揮のしどころ。
ハウス栽培農家が露地農家よりも、たんじゅん農法で、成果を先にあげているのは、水を切ることが出来るので、発酵土壌にしやすいから。露地はあとからになる。


「微生物にエサをやる」ということと「炭素資材を畑に撒く」は同じ意味ではありません。ただ畑に置いただけでは微生物のエサにはならない。微生物は土の中にいるからです。長い時間をかければだんだんなっていくのでしょうがあまりにも効率が悪い。ここで「混ぜる」という人為が必要になります。「起こす・耕す」とは少し意味合いが違うので注意が必要。 団粒化の進んでいない土壌に炭素資材がのせられ、その後深く耕されてしまうと、土に潜ってしまった炭素資材に空気が届かず微生物が窒息してしまい分解が進まないのです。 団粒化の進んだ土壌では空気が深くまで届きますので少々深く炭素資材が入っても微生物はそれをエサにすることが出来ます。

せっかくのゴチソウ「炭素資材」を微生物が食べられる条件は「空気」があること。ですから土壌表面近くだけで資材と土を「混ぜる」事が一番効率がよいことになります。別の言い方をすれば「和える(あえる)」でしょうか。これはお料理をするときの言葉ですが・・。 実際には「備中鍬」・「手押し耕運機」・「草刈機(刈払い機)の刃にボルトを取り付けたもの」・「バックホー(ミニユンボ)」などの様々な道具を現場にあわせて使いながら、「混ぜる」作業をしています。

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

選挙カーから見た信州< おぐらやま農場だより その137 2011・02・1 >

< 最新農産物情報!! > http://www.ogurayamashop.com/
*現在、ふじりんごの発送は「まるかじりりんご」のみとなっております。下記よりご注文下さい。
そのまま食べても美味しく、ジュースにして毎朝飲まれても美味しいですよ。
みなさまの食卓にぜひどうぞ!毎日一個のりんごで冬も元気いっぱい!
箱のサイズは3キロ・5キロ・10キロとあります。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html 
*現在発送可能のジュース類は、人参りんごジュース・りんごジュース・桃ドリンク・トマトジュースです。
「人参りんごジュース」を1月14・18・19日の3日かけて製造いたしました。

今年度は人参も「おぐらやま農場産のアロマレッド」を使用しました。出来栄えも予想以上で、人参の香りの高さとりんごの甘さに惚れ惚れします。朝なかなか野菜をとれない方もゴクッといっぱいいかがでしょう。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/247184/list.html

*一年を通してご利用希望の方は、ジュース定期購入をご検討下さい。(人参りんごジュースは毎年夏ごろには売り切れてしまいます)  6回のお届けを1クールとしていますが、例えば「毎月1度ずつを1年間予約(12回分)」等のご希望も承ります。発送間隔やジュースの種類は問いません。人参りんご・桃・トマトの3種セットで申し込まれてもよいですし、季節に合わせて注文する種類を途中から変えたりしてもらってもよいです。代金を前払いして頂ける方には毎回ジャム1個をプレゼントしています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html
@3月3日の「桃の節句」(おひなさま)に、「桃ドリンク」を贈り物にしてみませんか。桃の節句限定の特別ラベルをご用意しています。中武ひでみつさんのおひなさまイラストに顔写真を入れることもできます。お気軽にお問い合わせください。

*無農薬にんじん・玉ねぎ・ジャガイモがすべて売り切れとなってしまいました。今年の収穫時期までお待ちくださいますようお願いいたします。

風和氷を食べる
冒険クラブ冬の陣にて黒沢の滝まで雪道を歩いている途中。でっかいツララ氷食べてます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


信州安曇野から幸せの風をお届けする
                お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その137  2011・02・01 (不定期発行)
  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


@農場の毎日が、素敵な写真とテルミさんのつぶやきでよく分かります。
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


<  選挙カーから見た信州   > 

絵本作家のいわさきちひろさんを母に持つ松本猛(まつもとたけし)さん。 知っている方も多いと思いますが昨年夏の長野県知事選挙に出馬し、結果は惜敗でしたが政党や組織に依らない県民の草の根選挙を展開された方です。民主党の候補と自民党の候補が組織票で競り合う中、それに埋没することなく堂々と正論の政策をアピールした姿が印象的でした。

昨年秋にりんごを買いに来てくれた時に、「今は選挙のときの本を書いています」という話をしてくれました。 私も選挙では松本さんの政策に一番共感するものがあり一票を投じたわけですが、松本さんがその政策を県民にアピールするために、そして「現場主義」を掲げて県民の暮らしや実情を実際に知るために県内を隈なく回った選挙期間中のエピソード満載の本が今日郵便小包で我が家に届きました。題して「選挙カーから見た信州」。

夜に本をめくり始めたら面白くなって最後まで一気に読んでしまった。内容は県民の暮らしや子供たちの教育、農林業、医療、観光などの分野での現状認識から始まり、県政に対しての提言やビジョンの方向付けなど多岐にわたり、なるほどなあ、それはいいなあというアイデア満載の原稿になっております。松本さんが美術館経営を成功させてきたベースにある事業センス・経営センスがたくさん紹介されていますし、長野県内にもスバラシイ実践をしている人がこんなにいるんだと希望の光を感じます。さらに選挙当事者ならではのウラ話やマスコミなどとのやり取りなどもユーモアたっぷりの文章、コラムになっていて、さすが「私も物書きの端くれ」と書かれていたその気概を実感いたしました。

どうして我が家にこの本が「届いた」のかというと、実は「おぐらやま農場」のことが農業のことについて書かれている部分でほんの少しですが登場し、農場の暮らしの写真を掲載させてくださいと出版社から要請があったので提出したからなのです。しかし特筆すべきはそのことよりも、なんとこの本の挿絵・表紙絵をわがおぐらやま農場が誇る新進気鋭のイラストレーター「中武ひでみつ」さんが担当していると言うことであります!

事の始めは、昨年秋にりんごを買いに来てくれた松本さん夫妻と食卓でお話していたときに、中武さんの個展「おぐらやま ~ここが僕のふるさと~」の画集小冊子を紹介したことに始まります。 松本さんはいわさきちひろ美術館・信濃美術館の館長を長く務め、絵本コンクールの審査員としても国際的に活躍されている方ですから、僕としてもこの瞬間は緊張したのです。どんな言葉が出てくるのだろう・・と。 じっと眺めていてなぜか黙っている松本さんの表情がだんだんとニコニコ顔になってくるのがわかりました。 隣にいた奥さんに「今度の本、こんな感じがいいなあと思うんだけど、どう?」。奥さんもすぐに賛成してくれたのです。「この絵には実際に現場で働いている人だけが描ける何かがありますね」と、そんな言葉をいただいたのです。

わたしはすぐに、近くの畑で仕事をしていたヒデさんを呼びに走り、松本さんと引き合わせました 「出版社とも打ち合わせしなければいけないし、私の一存では決められないのだけれど是非推薦したいと思うのでどうぞよろしく」 と、帰るときにヒデさんに言ってくれたわけです。そして話は進み、今回のような本が出来上がったわけです。今日、出来上がってきた本の表紙を見たとき、なぜか私がこみ上げてきてしまいました。ヒデさんの絵は間違いなくプロの仕事です。見事に本文を盛り立てる名脇役になっている。スバラシイ。 よければ皆さんも一度読んでみてはいかがでしょう。 図書館に配本をリクエストしてくださるだけでもうれしいです。 「選挙カーから見た信州 松本猛著 しなのき書房」  そしていつの日か、名脇役も出来るけど主演も見事に務め上げる絵本が作り出される日を心待ちにしています。

選挙カーから見た信州選挙カーから見た信州
(2011/02/02)
松本猛

商品詳細を見る



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< あとがき >

今年の寒波はなかなかのものです。ストーブの薪が結構いいペースでなくなっていきますが、こんな冬に薪をケチってもいいことは何もありません。幸い雪はそれほどありませんので寒いながらも畑作業は進められるのでありがたいのです。

約1ヶ月の中断をはさみ、今年もウーファーさんの受け入れが始まりました。香港から2人組と日本人のカップルが2人来てくれて、雪の中の畑作業を手伝ってくれています。今年もたくさんのことをウーファーさんから学んでいきたいと思います。

最後にひとつだけ、アジアカップの優勝おめでとう!もちろんサッカー日本代表の話です。近々、我が家でりんごジュースで祝勝会をやろうと思います。風和くんが録画した日本代表の試合のいいシーンを何度も見て盛り上がりましょう!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。皆さんも体を温めて健康に過ごしましょうね。「まるかじりりんご」の注文お待ちしています。また次回までお元気で!

☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
*ふじりんごは「まるかじり用」を発送しています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/613935/list.html
*トマトジュース・人参りんごジュース・各種ジャム好評発売中!!
http://ogurayamashop.com/
*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!


Ogurayama Friends 2011年2月号

Ogurayama Friends おぐらやま農場のお友達からのメッセージです。

2011年えっちゃん
てるちゃん(左)えっちゃん(右)ノーテキ?、ノーテンキコンビで~す!


今回ご紹介するのは、ニコニコえっちゃんです。最近は笑顔に磨きがかかっていて、隣にいるだけで、こちらまで楽しい気持ちになってしまいます。えっちゃんは旦那様と一緒に、山あいの自宅近くで、月に2回「冒険くらぶ」という小学生向けの野外活動教室を行っています。うちの子も大好き。1月は黒沢の滝という山奥にある滝まで、雪道を歩きながら冒険してきました。夏には冒険楽校というキャンプも開かれますので遠方の方でも参加できます。


はじめまして。おおはまえつこといいます。おぐらやま農場から車で5分くらいのところに夫と娘、山羊ちゃん(2)、コッコちゃん(5)、そしてワンちゃん(1)と暮らしています(今年の正月にてるちゃんが動物たちの世話に来てくれた家です・・・様子はおぐらやま農場のブログをみて下さいね)。


おぐらやま農場のてるちゃんとの出会いは今から8年ほど前に「ねっこの会」という子育てサークルに入った事がきっかけです。その頃は松本市に住んでいました。会員名簿をみたら娘と誕生日が2日違い、そして名前に「風」という字を使っている子がいる!それがおぐらやま農場の長男、風和くんでした(ちなみに娘は「風生(ふき)」といいます)。


なかなか会う事が出来なかったのですが会報に書かれるてるちゃんの気さくな明るい文章を読んで、ぜひお友だちになりたい!と、ずーっと思っていました。その後縁あって、てるちゃんのお米作りの仲間に入れてもらい、さらにその後また縁あって今の家に引っ越して同じ保育園の親仲間となり、それからは親子・動物たち家族ぐるみで仲良くさせて頂いています。感謝感謝!


ご存知の通りおぐらやま農場もある安曇野市三郷小倉は、りんご畑が広がり、野生動物(狐・狸・猿・熊!・・・)も普通に出没する自然豊かなところです。我が家はその中でも秘境、とっても良いところにあります。ご近所さんからはちょっと離れていますが、家の前に自家用の田畑があり、あまり人の来ない自然公園があり(まるで我が家の庭!)、山羊を飼うことが出来る休耕田があり、遊べる川があり、探検できる林があります。この恵まれたフィールドを使い、夫・はまちゃんが小学生対象の野外教室「どあい冒険くらぶ」をやっています。


春は山菜を採って野外調理・休耕田で泥んこ遊び、夏は川遊び、秋は秘密基地作り、そして冬は雪上ハイキング・雪遊び。夏休みには最長8泊9日のキャンプもやっています。子どもたちは何にもなくても遊びを見つけて遊びます。何かあっても当然遊びます。遊ぶなと言ってもまだ遊びます。そして隊長・はまちゃんをはじめ、副隊長の大人たちがさらに良く遊ぶ遊ぶ!その大人たちの姿には感心します。みなさん子ども心を持ち続けているんですね。


一緒に参加する私は大きなこどもたちを見守る(監視する?!)おかあちゃんって感じかしら?(現役子どもたちには何故か「えっちゃん大明神」と呼ばれていますが・・・!)  でも本当にみんな羨ましいくらい楽しそうですよ。


詳しい活動内容はどあい冒険くらぶのブログ(http://doaibouken.blog26.fc2.com/)をご覧になって下さいね。
どあい冒険くらぶでは一歩引いて見守っている私ですが、能天気に楽しんじゃうものがあります。それはAZUMINO JUG BAND(家族3人で参加)と信濃スパイラルクワイア(娘と参加)。昨年のゆくりりっくのクリスマスコンサートは本当に本当に楽しかった!今年もゆくりりっくのクリスマスコンサート、やるようです。信濃スパイラルクワイアはそれに向けての練習を開始しました。また、楽しもうね、てるちゃん!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

2月1日 選挙カーから見た信州

選挙カーから見た信州選挙カーから見た信州
(2011/02/02)
松本猛

商品詳細を見る


「選挙カーからみた信州」松本猛著というこの本が昨日我が家に届きました。

松本猛さんは、安曇野ちひろ美術館の館長をしていらした方で「いわさきちひろ」さんの息子さんです。

一目みただけで一目惚れしてしまうようなこの本の表紙。

実はこの本の表紙・挿し絵はわれらがおぐらやま農場のスタッフひでさんの絵なのです。

(ぜひ、本のところをクリックしてアップで見てみてくださいね。)

選挙カーからみたなんて、少し硬そうな本なのにどうして、どうしてグイグイと引き込まれるように読んでしまいます。

といいながらも昨日届いて、昨日は暁生さんが読んでいたので私はまだ途中なのですが、、、


松本猛さんの素の言葉がそのままスッと体になじんで入ってきちゃいます。


きっと、お偉い人が政治を難しく語るのではなく、本当に身近なことや信州での事例をとりあげながらもそのことが政治につながり、よりよい社会づくりにつながると感じるからなんだろうな。


まず子育てのこと、教育のことがでてきたあたりが嬉しいです。


この本の合間・合間に書かれているコラムがまたこれ面白いですよ。選挙の裏側をのぞいているようで・・・
選挙戦では握手がそんなに大事なの?とかたすきのこととか。。。読んでおくと次回の選挙のときには違った角度で選挙をみれ、考えれそうです。

農業のことについてもたくさん書かれていて、本当にそうだよなあーーって共感できるところがたくさんありました。

あっ、そうそう書き忘れましたが「農林業・環境」のところにおぐらやま農場が少し紹介されています。うちの農場もひとつひとつ積み重ねながら10年が経ちましたが、こうやってたくさんの方に応援していただきながらやってこれて本当に感謝です。


ありがとうございます。


アマゾンでも購入できますし、書店にも並んでいますのでぜひ手にとって読んで、そしてひでさんの心和む素敵なイラストもご覧になってくださいね。(テルミ)

【今日の学び】
普段は、自分の角度からだけしかみれない自分の住んでいる地域、社会。人の目を通してみたときにはまた違って見える。そんな幅を広げてくれる本ってやっぱりおもしろい。

【魔法の質問】
どんな視点を持って毎日生活を送りますか?


ありがとうございます!一日一個のりんごで医者いらず

無農薬で育てた人参、毎日の食生活にどうぞ!

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしい<ジャムのセットが人気です。

おぐらやま農場の農産物はこちらから













よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。