スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑が教えてくれたこと 2011年6月号

畑がおしえてくれたこと2

<おぐらやま農場ニュースレター6月号より>

<  畑の団粒化 2011・06・02 >

穂高のEさんという方(私たちの農産物を食べてくださっているお客様)が、お電話を下さり、東京の友人を連れておぐらやま農場を見学したいので案内してほしいとのこと。このように農場案内をすることが時々ありますが可能な限り、時間を取って案内をさせていただいております。

どんな内容をお話すれば良いのか、またどんな畑を案内すればよいのかは、来られる方の立場や関心・興味を持っていることによって変わってきますので、その都度自己紹介から始まります。今回は「ウーフについて知りたい」・「おぐらやま農場が取り組んでいる農法について案内してほしい」ということでしたので、ウーファーさん達や地元友人と一緒に作業をしているりんご畑に来ていただいて様子を見てもらいながら、いろんな質問をしてもらいそれにお答えしました。

今回東京から来られた方たちは町の中で野菜作りをしている方たちでしたので野菜畑も見てみたいとのことで、案内いたしました。にんにくの植えてある畑に棒を突き刺すとスルスルと中に入っていき1メートル30センチほど入ってしまったのでみなさんとてもびっくり。実は棒を突いた私が一番びっくり。たんじゅん農法では畑の団粒化の様子をこうやって棒を突き刺してどれだけ入っていくか観察することが多いのですが、たんじゅん農法1年目の昨年は深いところで80センチほどだったのです。それがさらに50センチも奥まで入ってしまった。そして畑に来ていただければよくわかるのですが、土が柔らかくなっているので足が沈み込みます。みなさん一様に「ナルホド」と納得されておりました。

全ての畑で1メートル30センチまで入っていくわけではありません。このにんにく畑がなぜこれだけ団粒化しているのか考えてみました。まず一つ目は炭素資材が何度も補給されていること。ニンニクが成長している時も葉っぱと葉っぱの間からキノコ廃菌床やもみ殻が撒かれています。2つ目はそれが土と掻き混ぜられていること。草かきをするようにして畑の土と炭素資材を掻き混ぜてあります。そして3つ目は作物の切れ目がないということ。前作がタマネギ畑だったこの場所は昨年7月初めに収穫される頃には雑草が丁度いい感じで生えており9月中旬のニンニクの植え付けまでその状態でありました。そして畑を耕してすぐににんにくの植え付け。つまり雑草も含めてずっと何かが畑にある。土の中に何かの根っこがある状態がずっと続いていること。おそらくこの3つの条件がそろっていないとここまで団粒化は進まなかったのでは・・。

安曇野のように冬の寒さが厳しい条件では畑に作物がなくなってしまうことが良く起こります。ニンニクやタマネギや麦などの冬を越せる作物がある場合はいいのですが、そうならない場合はどうするかが一つの課題となりそうです。くず麦が手に入るなら緑肥にするつもりでそれを秋に畑にまいておくということも考えられます。うまくいっていると思える場所をお手本にしてどんな作物にも応用できるようにしていきたいと思います。


お中元の桃注文受付中です。

無農薬にんにく・玉ねぎ今年も美味しくできました。

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから

                    
スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

ふーばぁの田舎暮らしだより NO12

ふーばぁの田舎暮らしたより

No.12   2011.5.31  石上扶佐子

(バックナンバーはブログ「おぐらやま農場ハッピーライフ」の「ふーばぁの田舎暮らしだよりをご覧になってください。」


 雨上がりの朝の安曇野をバイクで北上していると、北アルプスの山々がいつもよりずっと白く輝いていた。もう5月24日だというのに、前日に降った大雨はすぐ東側の山々では雪だったのだ。雨後の空は紺碧で日差しは強く、拾ケ堰の真向いに白い常念岳が朝日を受けて雄々しく聳えていた。そして一週間がたった今日同じ道を走っていると、昨日と一昨日の台風のどしゃぶりにもかかわらず、北アルプスの峰々の雪は流されていなかった。
安曇野を縦横に走る川と堰には、前日に降った雨がごうごうと流れている。田は水が満ち小さな稲の苗が濃い緑の列を作っている。田の水には近くの緑の山々とその奥の白い稜線の峰々が映っている。田んぼの端にはアヤメが咲き、畦の草を刈る人がいる。麦畑は青々としてその中に真っ赤なケシの花が点在して咲いている。
 
おぐらやま農場では、今年も桃やリンゴの摘花、摘果に忙しい初夏を迎え、大勢の人に助けられて、その基盤となる農業と生活が続けられている。台所から見える私のいちご畑では、朝夕に孫たちがいちご摘みを楽しんでいる。震災から2カ月半がたち、我家の暮らしは一見大きな変化はないけれど、ここ安曇野でも震災をめぐる幾つかの集会やイベントがあり、近しい人々が被災地へボランティアに行った。被災地での暮らしの激変ぶりは、ニュースだけでは解らない計り知れないものがあるという。ボランティアとして被災地へ赴いた人、すぐに募金活動をした人、支援物資を宅配で送っている人、集会やイベントに心を注いだ人々を友人に持って誇りに思う。
 
私と言えば、原発事故発生の直後に暁生が小出裕章さんの文献をコピーして冊子を作ってくれたのがきっかけで、その後毎日小出発言をネットに訪ねるなどし、原発に関してあまりにも知らなかったわが身の浅はかさを恥じている。

国策としての原発は、戦争へと突き進んだかつての日本と同じ道だったのだと思う。日本国の一国民であった私は事実を知らないまま流されてこの事態を迎えた。現在も制御不能の原発をめぐるあれこれは、まことにヒドイものだったと思う。上手に隠されていたけれど、あるいは想定することを避けていたけれど、中身はこんなものだったのだ。

同時に、震災・津波・原発事故の頃から、私の中にも揺れが起こり、亀裂が入り、私をめぐるあれこれも結構ヒドイもんだったと気付いた。劇震は私をも揺るがし、彼の地での復興と私の復興の両方を迫っているように思えた。小さな私の復興であっても、それはこの安曇野での営みとまわりの仲間たちに包まれてこそ叶うような気がする。被災地での大きく困難な復興であればなおさら、日々の営みと、人々に包まれていることが必要だろうと思った。






テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

 グリーンスムージー  < おぐらやま農場だより その149  2011・06・22 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その149 2011・06・22(不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@初夏の農場の様子はこちら!!
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

< 最新農産物情報 >
*今年もおぐらやま農場のたんじゅん農法で育てた「にんにく」が順調に成長しています。昨年も大好評でした期間限定の「生ニンニク」の予約受付けをはじめました。6月末の収穫予定です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html」

*お中元の季節ですが、おぐらやま農場の「桃」・「ジュースセット」などが喜ばれています。詳しくはこちらへ。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245951/list.html

*おぐらやま農場の「くだもの年間コース会員」を募集しています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html

*「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫はいかがですか。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/o-na3.html

*健康づくりのため、毎朝のジュース習慣をはじめてみませんか。 定期購入コースがありますよ。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  グリーンスムージー  >


グリーン・フォー・ライフグリーン・フォー・ライフ
(2010/05)
ヴィクトリア ブーテンコ

商品詳細を見る



作物の成長が一年で一番盛んなこの季節。梅雨の雨をもらいながら、初夏の自然界はものすごい生命の勢いに満ちている。どこもかしこも光合成作用でグリーンの中のクロロフィルが大活躍をしている。

りんごや桃の摘果をしていると、昨日の夕方の実より今日の朝の実の方が大きいということがちゃんとわかるほど。ニンニクもタマネギもジャガイモも人参もむくむくと背を伸ばし、土を盛り上げて玉を太らす。

そして作物とは呼ばないが、それら以外の草たちも一番勢いのいい季節。20日前に刈った果樹園の草がもうすでに再生して、次の草刈りを今日からヒデさんに始めてもらった。炭素循環農法に取り組み始めて2年目の今年、草たちの色がまさしく「わかくさ色」に輝いている。明るい緑のじゅうたんが果樹園に広がっている。今年はそれがとても顕著だ。余りに美味しそうな色をしているので引きちぎって口に入れてみると、繊維が柔らかく苦味もないので口当たりがいい。 美味しいりんごや桃を栽培するためにはまず美味しい草が育つ畑をつくらないと始まらないのかも知れない。

ウーファーのなつこさんがゴールデンウィークに来たときに教えてくれた「グリーンスムージー」が我が家の最近の流行(はやり)です。以下のサイトが公式サイトのようですので詳しく読んでみたい方はぜひどうぞ。
http://www.greensmoothie.jp/about.html

簡単に説明すると「緑の葉物野菜(グリーン)」と「フルーツ」をミキサーにかけてつくったちょっとドロドロとした緑色のジュース。ジューサーでなくミキサーで作るので食物繊維がそのまま丸ごと含まれています。おぐらやまの今の季節のグリーンは「ホウレンソウ・コマツナ・レタス・チンゲンサイ・ルッコラ」などが畑にあります。真夏に向けてテルミさんが「ベンリナ」とか「チョウホウナ」とか暑さに強いグリーンの種も播いてあります。ニラやネギもありますがちょっとそれは止めといて・・・(たぶんフルーツとはミスマッチ)。 フルーツは冷蔵庫に残しておいた自家用のりんごを中心に庭のイチゴも時々入りますが、一年の中で今の時期だけは農場の果物が品薄になるので購入したバナナやマンゴーなども加えられます。


グリーンスムージーをはじめよう!グリーンスムージーをはじめよう!
(2011/03/24)
仲里 園子・山口 蝶子

商品詳細を見る


私とテルミさんは毎朝これを1杯いただいて朝食は終わり。子供たちは朝ごはんと一緒にグリーンスムージーを喜んで飲んでいます。お昼ごはんにはフーママが食卓に必ずこれをたくさん用意してくれて、ウーファーさんも含めて好きなだけ飲めるようにしてくれています。食卓で気に入ってくれたウーファーさんが作り方を教わって、家に帰ってからも自分で作って飲み続けている人が何人かいるようですよ。

グリーンスムージーのいいところ

@体にとっても元気をくれる。ほんとですよ。テルミさんのお肌はさらにツルツル!便通もよくなり一日に2~3回とか?! 私の体重も1カ月でマイナス4キロ!
@作り方がとても簡単。ミキサーに材料を入れて混ぜるだけ。ジューサーに比べて機械の洗浄もとても簡単!
@つくり置きができる! 冷蔵庫に入れておけば3日ぐらいは大丈夫。これがすごいなあと私は思っているのです。ジューサーやミキサーにかけるとりんごでも桃でもだんだん酸化して茶色くなってくるのが常識なのですが、グリーンの持つ抗酸化能力が、色を保ちます。これをみて、私は「これはホンモノダ!」と唸ってしまったわけです。
@子供も大人も大好きな味! もし野菜嫌いな子供がいたとしても、きっとグリーンスムージーは美味しそうに飲んでしまうでしょう。原料によっぽど美味しくない野菜や果物しか使えなかったら話は別ですが・・・。

ほかにも上記Hpには様々な長所を紹介していますのでご興味がありましたらお読みください。おぐらやま農場では7月下旬以降~翌年3月ごろまで何か必ず果物を出荷できるように品種構成を組んでいますので、グリーンスムージー作りにもぜひご利用ください。

そして問題はグリーンです。 果樹園の下草が若草色に輝いていると最初に書きましたが、ライトグリーンの葉っぱをどんどん食べて(飲んで)いる最近は前にもまして力が沸いてくるようなのです。今のところ果物とグリーン以外の野菜栽培で仕事の方はいっぱいなのですが、グリーンも含めて皆さんに気軽に使ってもらえるようなことが近い将来できればいいなと考えています。楽しみにしていてくださいね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< ウーフについてお話させていただきました >

先日、むたい俊介さんという方に「ウーフについてお話してください」と声をかけていただきました。この方は前回の衆議院議員選挙で立候補し惜しくも落選された安曇野市出身の方です。我が家まで一度訪ねてきていただいたことがありその時に下記URLの「むたい俊介アワー」でお話してくださいとのことだったのです。

いつもメルマガを送ってくるおぐらやま農場の松村とはどんなヤツだとお知りになりたい方、また久しぶりにアキオクンの声でも聴いてみようかと思ってくれた方は以下のURLから動画をご覧ください。尚、動画再生の初めの2分ほどBGMのボリュームが大きくて少し聴きづらいですがその後は大丈夫です。
http://www.ustream.tv/recorded/15334013

ちなみに私は自民党・民主党の候補へ投票したことは全ての選挙でこれまで一度もないのですが(むたいさんは自民党)、収録の後むたいさんに「これからの自然エネルギー利用について、どうお考えですか?」と質問すると、「私の政策は10年かけて原発は廃止です。今すぐ全部ストップは現実的に無理ですが、10年あれば出来るはず。人間の手に負えないものを積極的に推進するのは絶対に無理がある。これからはエネルギーも地産地消です。信州は日照時間が長いし、森林資源が豊富ですから、太陽光発電やバイオマス、そして地熱発電にも可能性があります」とはっきり言っておられたので、少しほっとしました。このあたり元消防庁で防災についての仕事をしていた方らしい見解だなあと思いました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< あとがき >

農場の印刷物をつくるのにパソコンとプリンターは欠かせない道具になっていますが、ニュースレターやお客様へのお手紙を何百枚も印刷するとどうしてもインク代、カートリッジ代がかさんでしまうので、何かいい方法はないかとずっと探しておりましたら、今年の初め頃にいいものを見つけました。
http://tsumekae-ink.jp/brother/

要するに、プリンター製造メーカーのCノンさんやEプソンさんなどはプリンタそのものを販売する利益よりもインクおよびカートリッジを販売して採算をとる事業戦略ですからインクタンクの大きさがとても小さく、何度も交換しなければならない。ところがBラザーさんのプリンタを利用して大きな詰め替えタンクを外付けで取り付け、簡単にインク補充出来るタイプがあるのです。使い始めてすぐに皆さんに紹介しようと思ったのですが、もし何か問題があればご迷惑をおかけすることにもなるので、約半年間しっかり使ってから報告しようと、今になった次第です。

別に私はこの会社の回しものではありませんが、今まで「なんとかならないのかな?」といろいろ考えてきたことが一つ解決する爽快感は格別です。インクコストが10分の1ぐらいになりますし、詰め替えの手間・時間がほとんどなくなります。注意が必要な点は、写真を印刷するときに暗い色で出やすいのですが、印刷設定時に明るさとコントラストの度合いをあげてやればほぼ問題ありません。写真の印刷画質にとことんこだわる方には向かないかもしれませんが、インク代で困っている方にはお勧めです。

皆さんにすこしでも役に立つかなという情報がありましたら、農産物のことに限らず、世の中のこといろいろと紹介したいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 感謝。



☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

< 農産物情報 >
お中元の桃注文受付中です。

無農薬にんにく・玉ねぎ今年も美味しくできました。

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!f
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

6月26日 田んぼのチェーン除草

おぐらやまの田んぼ始めてからは、かれこれ8年目ぐらいかなあ~。

アイガモ農法でアイガモちゃんを田んぼで飼っていたいた時期もあったり、ひとつひとつの草を手でこまめに引いていた時期もあったり。。。


深水にして草が生えにくいようにしたり。


なんせ、草がしっかりとれればあとは無農薬でも本当に美味しいお米ができます。


そこで、暁生さんが毎年研究。


今年はチェーン除草というのをやっています。


直径10センチぐらいの大きなパイプにチェーンをつけて、そのパイプを田んぼの端と端でひっぱるんです。するとそのチェーンが田んぼの中の泥をかいてくれて、小さな草が上に浮かびあがってくるという仕組みです。


これを毎週日曜日子どもたちと一緒にやっているのです。


2011.6.24..チェーン除草2
こっち側はお父ちゃん

2011.6.26.チェーン除草
反対側はふうわとおかあちゃん


パイプがうまくとれませんでした。(次回アップしますね)


これが結構重いのですが、ふうわくんも気合いでがんばってます。


2011.6.26..チェーン除草4
こちらはトラックの上から声援です!


一家総出の田んぼの草取り日曜日はもうしばらく続きそうです。(テルミ)


年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから











テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月24日 ふうわの誕生日

今日はふうわの誕生日でした。

いよいよ大台?!です。


2011年6月24日ふうわの誕生日
たまに家族写真です。10年目の手作りケーキです。今年はいちごたっぷりで


ばあちゃんも子どもメニューごちそうをつくってくれました。


乾杯は今わがやではやりのグリーンスムージーで。


2011.6.24ふうわの誕生日
めちゃくちゃ美味しかったーーー。みんな大満足。

このごちそうを食べながらわら。


「おばあちゃん。わらちゃんにもごちそうつくって!」

「わらの誕生日は何がいいの?」


「う~んときんぴらごぼう!!あっ、大根と人参のきんぴらでもいいよ!」


あいかわらずシブ好みのわらでした。


いよいよ10歳のふうわくん。10年ごとの区切りって大きいですね。一日一日は淡々と過ぎていくけど、10年のその重み。


次の10年後への新しい一歩。


過去からしたら今日はいままでで一番成長した自分。未来からみれば今日は一番未熟な自分。


一歩一歩成長していこうね♪おめでとう。(おかあちゃん)


【今日の学び】
毎日の積み重ねが大きなものとなる

【魔法の質問】
何を積み重ねていきたいですか?

年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから




テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月22日 今年もにんにく最高です!

ずっと一年ほど前から髪の毛を伸ばしていた一年生のわらちゃん。ずっと髪を切りたがらなかったのですが、先生のお話の中で切る気になったらしく、夜に切ってあげました。


その夜は久しぶりに短くなった髪の毛をみてルンルン♪


ところが次の日の朝、突然シクシクと泣き出すのです。しまいには「学校に行かない!!」と言って、わんわん大号泣。なんとか車に乗せてバス停まで、バスに乗る時にも絶叫でした。


なんだか急に短くなった髪型が恥ずかしくなったようです。


あんな大号泣していたので、どんな感じで帰ってくるのかなーと思ったら、朝のことはどこへやら。。。。


にっこにこの笑顔で帰ってきました。


「う~ん、女の子の気持ちは複雑です」


さてさて、昨日の玉ねぎに続きにんにくの紹介です。


にんにくもそろそろ葉の上の方か黄色くなってきたので収穫時期かなあ~と思い、2,3個土の中から抜いてみました。

2011年6月21日にんにく


今年のにんにくもおっきい!!


あまりの大きさにほれぼれします。


写真の中でも根っこがしっかりと伸びていますね。


実はこのにんにくの畑もどれぐらい土がやわらかくなっているのかをみるのに、棒をさしてみたんです。


そしたら1メートル30センチずぼずぼと入っていきました。


これにはびっくり!!


昨年は80センチぐらいだったんです。一年間の間にまた畑の団粒化が進んだのですね。


(炭素循環農法については「農場主による畑から学んだこと」をご覧ください。)


手前みそですが、うちのにんにく最高です。


近所にこだわりの餃子やさんがあるのですが、うちのにんにくでないと味がでないといってわざわざ買いにきてくれるんです。


生にんにくのうちはまだ比較的やさしい味です。


にんにくもタマネギもしっかりと乾燥させてから保存していくのです。


スーパーなどに出回っているのは、しっかりと乾燥させたにんにくですがうちはぜひ、生のにんにくも食べていただきたいと期間限定の生にんにくも販売しています。


もちろん生で食べきれない分は干しておいてもらえれば、普通のにんにくになりますよ。


にんにくで夏バテ知らずに!!(テルミ)


>>>期間限定の生にんにくはこちらから<<<


【今日の学び】
相手の気持ちにそっていく。そんなことも大事にしてみたい。

【魔法の質問】
相手の気持ちを受け入れていますか?


年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから











テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月21日 玉ねぎも収穫間近!

夜、寝る前にふとんに入ってからのこと。上の子二人はベットで寝ていますが、2歳のとわとはまだ布団で一緒に寝ています^^

母:「とわ、お父ちゃんとお母ちゃんのところに生まれてきてくれてありがとう」

とわ:「どういたしまして」

母:「・・・・・・」

2011年6月22日玉ねぎ1
玉ねぎが倒れてきました!

うちの玉ねぎもだんだんと倒れてきました。玉ねぎって不思議なんですよ。収穫時期になるとこうやって葉を自ら倒れさせるんです。これがだいたい全部たおれたら収穫です。


あと一週間ほどかな。


ずーーと、無農薬で無肥料で玉ねぎをつくってきて、昨年からは炭素循環農法でやってきて、うちの畑全般に言えることですが、土がほかほかとやわらかい!!

しっかりと土の中にも空気が入るようになってきたんでしょうね。


今年は昨年より断然いい感じです!土がやわらかくなってきた分根っこから養分を吸いやすいんでしょうね。


うちでも新玉ねぎを食べてますが、包丁で切るとその切ったところから水分がジワ~とでてきておいしそーっていうか美味しかったーーーです。


今日はばあちゃんが冷やし中華にもかけてくれてシャキシャキと最高でした!!

2011年6月22日玉ねぎ2
ぴちぴちとおいしそーです。


みなさまもぜひおぐらやま農場の新玉ねぎの味を味わってくださいね♪(テルミ)


>>>今なら収穫したての新玉ねぎを発送できます。<<<


【今日の学び】
野菜に感動あり!

【魔法の質問】
今日の感動はなんですか?

年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから





テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月19日 まったりとした休日

摘果の合間のひさしぶりのおでかけデー。まったりとした休日。

午後からのおでかけを楽しみに子供たちにも手伝ってもらい田んぼの補植をしました。これでぴっちりと抜けるところなく苗がうまったね。

田んぼの作業の後は男子チームと女子チームに分かれおでかけしました。

とわとふーばあちゃんは二人でお散歩しながら温泉に。

我らがわらと女子チームは穂高にあるオーガニックレストラン「シャロム・ヒュッテ」で石窯ピザを食べ、そのあとチャリティーのインド舞踊を見に行ってきました。

2011年6月19日インド舞踊
キマッテマス!!

いやあ、よかったです。わたしがインド舞踊で一番好きなのは、くるくるくるくる七変化?!する踊り手の方の顔の表情。その顔をみているだけでもポーとしてしまいます。

わらも始まる前から二人をずっとみていました。

こんな舞台裏を見られる機会もわらにとってはきっと素晴らしい体験です。

素敵な踊りをありがとう!!!

そして、そのあとは男子チームと合流し、今家族ではまっているNHKの朝の連ドラ「おひさま」の舞台へ!!

2011年6月19日おひさま

2011年6月19日おひさま2
わらちゃんおつかれ?

「ここで陽子たちご飯食べてたよね」
「お父さんがダジャレ言ったよね」

と「おひさま」のシーンをよく覚えている子供たち。


やっぱりいいところです。安曇野は。この日も観光客のひとたちたくさん来ていておひさまの舞台を見ていました。遠くへでかけなくても身近にこんなところがあるのが素敵です。


みなさまも安曇野へいらしてくださいね♪(テルミ)


年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから









テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月17日 お知らせ 東日本大震災復興支援チャリティーウィークエンドIN安曇野シャロムヒュッテ

ここのところいろいろなところでチャリティーイベントをやっている安曇野。
ついにこの方、わたしの大好きなお友達のゆうわさんも踊ります!!


昨年はじめて観たインド舞踊。ゆうわさんの祈りが伝わってきました。


私もわらと一緒に見に行こうと思ってます。


以下お知らせです。
_____________________________________

東日本大震災復興支援チャリティーウィークエンド  @安曇野シャロムヒュッテ
6月19日(日)  14:30~15:30 (ペンション 地下スペース)
                    参加費:カンパ(義援金) 

ゆうわさん


インド舞踊はまさに「祈りの舞」。
かつてヒンドゥー寺院に仕える巫女たちが、神の召使いとして祈りを捧げ、
神への賛美を舞ってきた南インド古典舞踊「バラタナティヤム」。
被災された方たち、すでに亡くなられた方たちの命に心寄せながら、
そしてまた、原発に脅かされ、困窮・混沌としている日本を思うとき、
今一番必要なことは何なのかと、神から突きつけられているように思う。
それを、共に祈り、考えていきたい。
神さまのメッセージは一体なんなのだろうと思う。
古代の人たちから受け継がれてきたものが祈りだとしたら、
「今」を生きる私たちが、この瞬間に祈りを捧げようではないか。

*急遽、池田未央ちゃんと、一緒に!!

6月19日(日) 14:0 0~ 癒しの語り人ふみちゃんによる紙芝居〈こばやしふみ プロフィール〉

栃木県日光市出身☆長野県安曇野市在住。
ハートがキラキラする紙芝居「はぁとのはね」の作者であり読み手。
運転中に降りてきたというお話「はぁとのはね」では、
自身が経験した争う世界を体験することで、
みんなと仲良くなりたいという思いに気付いたこと、
自分が自分を大切にすることで、
みんなを大切に思える世界が見えてきたことと、その喜びを伝えている。
キラキラとダイヤモンドが降り注ぐような、美しく、喜びに満ちた、愛の空間を生み出す、
癒しの語りびと。

★ シャロムレストラン ★
1 1 : 3 0~1 4 : 0 0 ( L . O . 1 3 : 3 0 )
玄米ランチ、石窯ピザ(サニーピザ)、ひよこ豆のカレー
(売り上げの3 0%を義援金へ)

★ 安曇野ファーマーズマーケット ★
1 1 : 3 0~1 6 : 0 0 レストラン入り口
地元安曇野の農家さんから届いた有機栽培などの農産物、加工品を販売。
(売り上げの5%を義援金へ)

★ 森の子ママさん フリマ ★
6月1 9日(日) 1 3 : 0 0~ ペンションのデッキ
森の子ようちえんのおかあさんがフリーマーケットを開きます。
子どもたちが喜びそうなものも見つかるかも・・・。


シャロムヒュッテa d d 安曇野市穂高有明7 9 5 8 t e l 0 2 6 3 - 8 3 - 6 2 4 5
e m a i l : s h a l o m _ p i z z a @ y a h o o . c o . j p

皆さまのお越しをお待ちしています♪♪

___________________________________________

ひとりひとりができることを持続的に♪ですね♪
父の日ももうすぐ!!心を込めて贈りましょ!
(テルミ)


【今日の学び】
長期的。小さく初めて持続する。

【魔法の質問】
どんな習慣をはじめたいですか?


父の日のプレゼントはやっぱりこれ!

大切な方へ毎月お届けします

毎朝一杯どうぞ!人参りんごジュース

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

めずらしいかりんジャム・ももジャムはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから




テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月16日 たったひとりのためのコンサート

おとといの夜、ゆくりりっくのふまちゃんとちゅーわんが我が家に来てミニコンサートをしてくれました。

2011年6月15日ふまちゃん


今、うちに石巻からきて一緒に農場のお手伝いをしてくれているともちゃんがいるのですが、ここのところ少し震災時のことを思い出してしまって、元気がなかったので、ふまちゃんにゴスペルの練習のときにお話したんです。


ふまちゃんって、歌手でもあるし、巫女さんでもあるし、ちょっと不思議だし。。。(笑)


そしたら「歌いに行くよ!」って言ってくれて。思いがけない展開。ちゅーわんも一緒に夜にわざわざきてくれました。


うちらも一緒に聴かせてもらったのですが、いつも通り歌もよかったけど語りがものすごくよかったです。


ともちゃんも途中からボロボロ泣いて。。。


心に染みいるような歌と語り。


たったひとり、ともちゃんに愛の歌を届けるためだけに開いてくれたコンサート。


ふまちゃんたちの歌う原点はここなんだなあーって感じました。


ひとりの人が元気になるように歌を届ける。ひとりの人が生きる喜びを感じるために歌を届ける。


それは、30人、1000人と聞く人が増えても同じこと。


私も見習おうっと。ひとりの人のためにりんごを育てる。心を込めて。

2011年6月15日ふまちゃん2
いい歌だよ~~ん。ぼくもノリノリ。

2011年6月15日ふまちゃん3
ちゅーわん、ともちゃん、ふまちゃん


ともちゃんもわたしも大好きな「はじめの一歩~I am the way~」視聴できるんできいてみてくださいね。(テルミ)


【今日の学び】
元気のない時には歌を元気になれる歌を聞こう。

【魔法の質問】
どんな歌を聞くと元気になりますか?


父の日のプレゼントはやっぱりこれ!

大切な方へ毎月お届けします

毎朝一杯どうぞ!人参りんごジュース

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

めずらしいかりんジャム・ももジャムはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから











テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月14日 安曇野で一番遅い田植え

昨晩寝る前に、「明日の夜はゴスペルの練習でお母ちゃんでかけるよ」という言葉を聞いたわら。

さびしくなって、ワンワン泣いてしまいました。

そこへ2歳のとわ。

「ねえねには、おとうちゃんもおかあちゃんもおばあちゃんもにいにもとわもついてるからね」とニコニコねえねの頭をよしよし。

「ねえねのことはとわが守ってね」と私。

「うん。」

ねえね大好きのとわくんです。




さて、さて、農繁期は続きます。桃の摘果の2回目をまわりながらも同時進行で「田植え・トマトの土入れ・じゃがいもの土寄せ・家庭菜園のモロモロなどなど・・・・・」


どこまでいっても農作業が終わることはありません。(笑)


時間のある方いつでもいらしてね♪



6月8日にはようやく田植えをしました。うちの田んぼは毎年ここら辺でも一番遅く、みんなの苗が大きくなったころに植え始めます。


2011.6.14.田植え1.
機械で2列ずつ植えていきます。


それでも毎年美味しいお米をならしてくれます。毎日このお米を食べているから元気に過ごせるんだもんね。


感謝、感謝。


2011.6.14.田植え2
機械のあとをウーファーさんが補植してくれています。


2011.6.14.田植え3
学校が終わってふうわも加勢してく学校れました。

いのちの生まれる場所。田んぼ。大事にしていきたいです。


今年は安曇野の仲間でも田んぼをやる人が増えてきたんですよ。


「田んぼのオーナー」なんていうのがあってもおもしろいかも。(テルミ)


【今日の学び】
人生で学ぶことはたくさん、たくさんある。一日、一日を大切に何かを学んでいこうっと。

【魔法の質問】
今日は何を学びましたか?



父の日のプレゼントはやっぱりこれ!

大切な方へ毎月お届けします

毎朝一杯どうぞ!人参りんごジュース

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

めずらしいかりんジャム・ももジャムはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから










テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月10日 今年27人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バーベキューの続きのお話。

バーベキューのときに並んで食べていたふうわとふうちゃん。

二人とも4年生。それこそ赤ちゃんの時から顔を合わせていた幼馴染です。

ふたりしてお肉をバクバクと食べながら

「ふうちゃん、そんなに食べると太るよ!」
「ふうわもそんなに食べると太るぞ!」

とニコニコしながら言い合っています。

どちらもいっぱい肉を食べたいので、相手にこう言ったら自分がもっと食べれるだろうと。。。

その二人のやりとり、雰囲気がとてもよかったのです。幼馴染っていいですね♪


2011年6月10日まりこちゃん
笑顔の素敵なまりこちゃんで~す。


さて、さて今年27人目のウーファーさんは、松戸市からきてくれたまりこちゃん。

次のお仕事への合間にきてくれました。

まだ、写真のりんごの実は小さいですが(6月1日撮影)今はもっとグンと大きくなっています。

(まりこちゃんの手の上のほうと写真下の方にりんごの実がなっているの見えますか?)


まりこちゃんもこのりんごの実が小さい間、ず~~と摘果作業を一緒に進めてくれました。


摘果作業は、はやめに終えるのが大事な仕事でもあります。


ひとつの実を残しあとの実を残していくのですが、これを早めにやることによって、木に残した一つの実におおくの養分を送ることができます。


はじめての作業なのにコンテナをもちながらがんばってくれたあきこちゃん、ありがとう!!


そして、まりこちゃんのこれからの人生がより良きものになりますように!!(テルミ)


【今日の学び】
人生はだんだんよくなっていく。時代もだんだんよくなっていく。

【魔法の質問】
今日の空は何色?

父の日のプレゼントはやっぱりこれ!

大切な方へ毎月お届けします

毎朝一杯どうぞ!人参りんごジュース

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

めずらしいかりんジャム・ももジャムはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから








テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月9日 今年25・26人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この間、北海道時代の昔の友人が地球宿に泊まるというので、一緒にバーベキューをしたときに最後に子供たちが「すいかのアイス」をもらったんです。そのスイカのアイスを食べながら、

「種いっぱいあるね」と一生懸命種を出しているとわ。

「とわ、そのスイカの種はチョコレートなんだよ」

「へっ?」

その仕草がなんともかわいい。みんなで大笑いの一場面でした。


2011年6月9日あきこちゃん
あきこちゃんで~す。

今年、25・26人目のウーファーさんは日本からきたあきこちゃんとオーストラリア人のカークのカップルです。

りんごの花も終わりりんごの実がまだ本当に小さいときに二人はずーっと摘果作業をお手伝いしてくれました。

2011年6月9日カーク
カークです。まだりんごの実もどこにあるのかわからないでしょーー?


植物好きのとっても気持ちのやさしいカークとしっかりとカークのお世話をしているあきこちゃんはとってもいいカップルでした。

なんでもカークは植物の研究をしているみたいで、ルーペをいくつももっているようです。りんごも花をみながらおしべとめしべのことを話していて、なんだからめずらしい構造らしいです。


あきこちゃんもカークの日焼け止めを塗ってあげたり、日本語のわからないカークにみんなの話を英語訳してあげたり、やさしいね♪


先日は上高地にいったウーファーさんを迎えにいったら、駅でふたりにばったり遭遇。たった何日か離れたあとだったけど、なんだかとっても懐かしい感じがしました。


オーストラリアに行っても元気でね!!(テルミ)


【今日の学び】
春は自然界のものがぐんぐんと成長する季節

【魔法の質問】
自然に目を向けていますか?


年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから

5月・6月りんごの摘果援農者募集中!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月8日 今年23・24人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年23・24人目のウーファーさんはアンナと同じくイギリスから来たジョンとサラです。

2011年6月8日サラとジョン
美男・美女カップルのジョンとサラ

原発のニュースで持ちきりの中、二人に「どうしてこんな時期に日本を旅行しようと思ったの?」と聞くと、「どうしても日本に来たかったから」と二人。


ジョンは休職をしながらの旅行なので、時期が限られているのだそう。


それにしてもそんなにまでしてきたいと思ってもらえる日本って嬉しいですね♪


わたしも日本ってとってもいい国だと思います。


海外の人が日本にきて結構驚くことのひとつに「電車の時間が正確」だということ。


私がいつもウーファーさんを迎えに行く最寄りの駅もほとんど1分と違わずに到着・発車しますもんね。


素晴らしい!!!


当たり前のように電車もきてくれるけど、こうなるにはなるだけのことをしているんだもんね。


こんな時期だからこそ日本のいいところをたくさん見つめなおして、海外の人たちにも日本の魅力を伝えていきたいと思うものです。


2011年6月8日サラ
サラが摘果をしているとなんだか映画の世界のよう

今頃ふたりもアジアの旅行を経てイギリスに戻っているだろうな。


【今日の学び】
海外からも魅力のある日本。日本のいいところ見つけてみよう。

【魔法の質問】
日本の素敵なところ海外のひとになんと説明する?


年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから

5月・6月りんごの摘果援農者募集中!!




6月7日 今年22人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   ウーフとは?

どんなwwooferさんがおぐらやま農場に来て一緒に農作物を育てるお手伝いをしてくれているのか紹介しますね♪こんなwwooferさんたちがお手伝いしてくれることによって、おぐらやま農場の生命力溢れる農産物が育てられています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずいぶんとウーファーさんの紹介が遅くなってしまいました。。。

今年は震災・原発の影響で海外からのウーファーさん少ないぞ!と思っていたのですが、摘果直前になってウーフの申込みも入り、おまけに「おぐらやまのためなら」と援農にかけつけてくださる方も何人かいて、おかげさまで例年よりも早い今日に一番摘果も終わり、2回目のりんごの摘果作業に入っています。



今年22人目のウーファーさんはイギリスからきたアンナ。


2011年6月7日アンナ
写真はまだりんごの花摘みのときのものです。

普段の仕草がひとつひとつかっこいいアンナ。力もあり、さまざまな作業をたんたんとこなしていってくれました。

日に日に日焼けしてしまって。。。


石拾いに、ビニールハウス直し、トマトの定植、りんご、桃の花摘み、枝ひろい・・・と本当にいろいろな作業を一緒に手伝ってくれてありがとう。


今頃はもうイギリスかな~~?


【今日の学び】
健康な体も「育てていく」という観点が大事。体が動かないのは年を重ねているだけでなく、動かさないから。

【魔法の質問】
どんな風に体を動かしたいですか?


年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから

5月・6月りんごの摘果援農者募集中!!








テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

6月3日 生にんにく予約注文はじめました!!

昨日は学校から帰ってきたわらがシクシクと泣いているのです。訳を聞いたら学校で先生が貸してくれた傘の上の部分が外れて壊れてしまったようです。担任の先生が傘を忘れたのを見てわざわざ倉庫にあった古い傘を出してくれたようです。

先生のやさしさに心が温かくなると同時に、そうだよなあ~子供の頃って大人から見たら「ちょっとしたこと」が人生が終わるぐらい大変なことに思えるんだよなあーー。なんて思ってしまいました。

私も小学生になったときに学校からもらった30センチ定規に弟がマジックで落書きしてしまい、先生に怒られるーーーと思って大泣きした覚えがあります。

母親が消してくれたのですが、まだ小さな小学生のわたしにとってはマジックで書いたものが消えるなんていうことも知らないし、定規がお店に売っていることも知りませんでした。

だから弟が定規にらくがきをしたときはもう本当にそのことでこの世の終わりのような感じでした。


それが、いろんな経験を積んで、小学生や中学生の時に感じていた「大変なこと」がなんでもないことにおもえてくる大人。大人になってもそれなりに大変って感じることがあってもきっと、また経験を積んだり、考え方が変わってくると不思議と「大変なこと」って思わないときがくるんだろうな。

だから今「大変なこと」って思っていることでも、大丈夫!!成長する気持ちさえあればきっとそれは時間とともに解決しているはず!!

ニュースレター6月号2
りんごの実も日々成長しています。


さて、さて、話は変わって、今日はおぐらやま農場初の「生にんにく」のご案内です。

生にんにくってなあに?というと普段売られているニンニクは収穫してからしばらく乾燥させて出荷するのですが、この生にんにくは、まさに収穫したてをそのまま送らせていただきます。


香りがものすごくいいんです。だけど、収穫してすぐに発送するため収穫時の期間限定なのです。
はやめに注文しておいていただけると個数がわかるので助かります。


ビールにも最高に合います。これからにんにくいっぱい食べて夏の暑さに備えて下さいね!!にんにくパワーで夏を乗り切りましょう!!


期間限定・旬の生にんにく!!


>>>生にんにくの注文はこちらから

2011年、生にんにくの予約注文受付をしています。期間限定なので、はやめに注文いただければと思います。

6月22日から7月5日までの発送(収穫時期により多少ずれることもあります)

☆クール便660円(2、1キロ以上・遠隔地は別料金です)

にんにく好きの方への贈り物にしてはいかがでしょう。

普段はにんにくの栽培農家しか味わえない生にんにくです。(スーパーなどではなかなかお見かけしないと思います)

一年のうちでも6月22日から7月5日までの期間限定発送です。

通常はよく乾燥させて、保存のきくにんにくを作りますが、収穫してすぐに食べる生にんにくはまさに旬の味。フレッシュな生にんにくを素揚げで食べると独自の甘み・風味で美味しさアップです。ビールのおつまみとしてもどうぞ!!あげた油はとっておいて、炒め物をするときなどにもお使い下さい。にんにくの香りがする美味しい油になりますよ。またしょうゆ漬け・オリーブオイル漬けにも最適ですよ。たくさんつけておいて、毎日のお料理のちょっとした味付けにもお使いいただくといつものお料理がグレードアップすることまちがいなし!!またしょうゆ漬け・オリーブオイル漬けにも最適ですよ。

生ニンニクの素揚げ最高!!



>>>生にんにくの注文はこちらから

【今日の学び】
相手の視点に立って感じてみる。感じたその気持ちを共有してみよう。

【魔法の質問】
相手の視点に立っていますか?


父の日のプレゼントはやっぱりこれ!

大切な方へ毎月お届けします

毎朝一杯どうぞ!人参りんごジュース

無農薬で育てたトマトから搾った生命力溢れるトマトジュース

めずらしいかりんジャム・ももジャムはこちらから

おぐらやま農場の農産物はこちらから



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

畑の団粒化 < おぐらやま農場だより その148   2011・06・03 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その148  2011・06・03(不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@初夏の農場の様子はこちら!!
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

< 最新農産物情報 >
*今年もおぐらやま農場のたんじゅん農法で育てた「にんにく」が順調に成長しています。昨年も大好評でした期間限定の「生ニンニク」の予約受付けをはじめました。6月末の収穫予定です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html」

*「父の日」が近づいてきましたね。ホッと心が和む、贈り物に。カラフルな彩りのジュースセットが好評です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/699986/list.html

*おぐらやま農場の「くだもの年間コース会員」を募集しています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html

*「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫はいかがですか。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/o-na3.html

*健康づくりのため、毎朝のジュース習慣をはじめてみませんか。 定期購入コースがありますよ。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<  畑の団粒化  >

穂高のEさんという方(私たちの農産物を食べてくださっているお客様)が、お電話を下さり、東京の友人を連れておぐらやま農場を見学したいので案内してほしいとのこと。このように農場案内をすることが時々ありますが可能な限り、時間を取って案内をさせていただいております。


どんな内容をお話すれば良いのか、またどんな畑を案内すればよいのかは、来られる方の立場や関心・興味を持っていることによって変わってきますので、その都度自己紹介から始まります。今回は「ウーフについて知りたい」・「おぐらやま農場が取り組んでいる農法について案内してほしい」ということでしたので、ウーファーさん達と地元友人と一緒に作業をしているりんご畑に来ていただいて様子を見てもらいながら、いろんな質問をしてもらいそれにお答えしました。


今回東京から来られた方たちは8名ほど。街の中の貴重な農地で野菜作りをしている方たちがいましたので野菜畑も見てみたいとのことで、案内しました。にんにくの植えてある畑に棒を突き刺すとスルスルと中に入っていき1メートル30センチほど入ってしまったのでみなさんとてもびっくり。実は棒を突いた私が一番びっくり。


たんじゅん農法では畑の団粒化の様子をこうやって棒を突き刺してどれだけ入っていくか観察することが多いのですが、たんじゅん農法1年目の昨年は深いところで80センチほどだったのです。それがさらに50センチも奥まで入ってしまった。そして畑に来ていただければよくわかるのですが、土が柔らかくなっているので足が沈み込みます。みなさん一様に「ナルホド」と納得されておりました。


全ての畑で1メートル30センチまで入っていくわけではありません。このにんにく畑がなぜこれだけ団粒化しているのか考えてみました。まず一つ目は炭素資材が何度も補給されていること。ニンニクが成長している時も葉っぱと葉っぱの間からキノコ廃菌床やもみ殻が撒かれています。 2つ目はそれが土と掻き混ぜられていること。草かきをするようにして畑の土と炭素資材を掻き混ぜてあります。 そして3つ目は作物の切れ目がないということ。前作がタマネギ畑だったこの場所は昨年7月初めに収穫される頃には雑草が丁度いい感じで生えており9月中旬のニンニクの植え付けまでその状態でありました。そして畑を耕してすぐににんにくの植え付け。つまり雑草も含めてずっと何かが畑にある。土の中に何かの根っこがある状態がずっと続いていること。 おそらくこの3つの条件がそろっていないとここまで団粒化は進まなかったのでは・・。


安曇野のように冬の寒さが厳しい条件では畑に作物がなくなってしまうことが良く起こります。ニンニクやタマネギや麦などの冬を越せる作物がある場合はいいのですが、そうならない場合はどうするかが一つの課題となりそうです。くず麦が手に入るなら緑肥にするつもりでそれを秋に畑にまいておくということも考えられます。うまくいっていると思える場所をお手本にしてどんな作物にも応用できるようにしていきたいと思います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

長文失礼の後書きです。時間のある方はどうか耳を傾けていただきたいと思っています。

<  田中優さんの話を聞きました  >

少し前になりますが5月12日の夜、田中優(たなかゆう)さんの講演会に出かけてお話を聞いてきました。演題は「3・11以後をどう生きるのか? 希望を込めて現在の社会を問いなおし、勇気を持って新たな生き方をつくるために。今、一番聴きたい話がここにある」 という、
とても長いタイトルがつきましたが、その内容はまさに膝を叩いて立ち上がりたくなる、希望に満ちたお話でした。松本まで出かけて話を聞かせてもらって本当に良かった。


田中さんは様々な可能性のある未来を語ってくれた。明るい未来をはっきりと見せてくれた。これこそが本当に、哀しみや苦しみのさなかにある人たちに一番必要なことなのではないだろうか。
ユーチューブでも講演会記録などが出ています。まだ田中さんの話を聞いたことがないという人は、どうぞ一度耳を傾けてみてください。きっと未来への希望を持つことができるはずです。
http://www.youtube.com/watch?v=KhEEwZ7xKyE


原子力発電について今まで知っていると思っていたことがどうも全く違うようだ・・・。
電力会社が電気料金を決定するやり方を初めてちゃんと教えてもらいました。必要経費総額に適正報酬として必要経費の3%をプラスした金額が電気料金の総額となるんだそうです。つまり必要経費を上積みすればするほど電力会社に入る適正報酬が増える・・・。そんなバカナ・・<適正>という言葉を使い間違えちゃいけない。だから莫大なお金をかけて原子力発電所をつくっても電力会社は絶対つぶれなかった。金をかければかけるほど電力会社は儲かるんだから。事故を起こすまでは。そんな電気料金体系をつくっているのは日本だけ。


そしてついに日本の電気料金はアメリカの3倍近くにまでなってしまった。テレビで宣伝されてきた電力会社のCM。原子力発電の安全性を言うものばかりだったけれどテレビ宣伝など全く必要ない独占企業がなぜあれだけのテレビCMを流せるのか。年間何百億円かかっても全部電気料金に転嫁できるからだった。しかもCM代をつぎ込めばつぎ込むほど電力会社は儲かってしまう。 もうそんなことはやめよう。


省エネ製品は日進月歩で進んでいる。家庭の電灯もLEDに変えることで使用電力を10分の1とかに出来る。家電製品のほとんどはこの15年ほどで消費電力が半減出来るものが開発されてきた。でも一番の急所は産業用電力のピークを如何に下げるかだ。


夏場の平日の気温が31度以上の午後2時~3時に電力ピークが来る。一年間でわずか10時間前後のことだ。この時間帯は家庭電力が10%、産業電力が90%。だから、たとえば夏場の平日の気温が31度以上の午後2時~3時の電気料金を10倍に設定して見よう。必ず企業はその時間に電気を使わない工夫をするはずだ。一年間でたった10時間だけ。これでピーク電力を抑えることは解決出来るはずだ。企業生産に影響が出れば国際競争力が落ちるという人が必ずいるだろう。でもこの10時間を乗り切れば、本当に原子力発電所がなくても大丈夫なんだとはっきりしていれば、そうしたい人の方が圧倒的に多いはずだ。


ほかにもいろいろなアイデアで電力ピークを下げる工夫は出来る。大事なことは電力会社や政府に言われるまま、仕方がないと諦めていることが多すぎないかということだ。日本は本当に資源の乏しい国なのだろうか。海洋上の風力発電はとても有力な現実的な選択肢だ。バイオマス資源も豊富。石油や天然ガスでないととても外国に太刀打ちできないと誰かに刷り込まれていないだろうか。原子力発電がないと計画停電ですよ、あなたたちの便利なライフスタイルを電力会社が支えているんですよと脅かされながらいつまでも高い電気料金を払い続け、命がけで働く原発ジプシーと呼ばれる原子力発電所従事者を生み出し、行き場のない核廃棄物を増やしつづけなくてはいけないのだろうか。


答えはノー。電力会社は多額の広告料でマスメディアを支配し、高利借入金の借主になり銀行を支配し、多額の寄付金・寄付講座で東大初め多くの有名大学の学者を支配し、その利権を守るための口封じ・世論操作を続けてきた。でも、この3・11がチャンスをくれたのかも知れない。今ならこれまでの社会を問い直せるのではないだろうか。今しかないのではないだろうか。数万のいのちを一瞬にして失い、たくさんの町が容赦なく流されて、これだけ多くの悲しみと苦しみとを受け止めている今だからこそ、問いなおさなければならない。僕はそう思う。


そして僕に何ができるのか考えてみた。まずこの情報をいろんな人たちに届けたいと思う。原子力発電所がなくても日本はやっていけるし、別に便利な暮らしが全て吹き飛ぶわけではないことも分かった。それがわかっただけでも自分の子どもたちが大きくなる未来がとても明るいものに見えてきた。心に希望を持てることが何より大切だし、僕が会う人ごとにそのことを話していこうと思う。


そして自分の納得できる情報を手に入れられるように方法を見つけたいと思う。そして家計の許す範囲で節電できるものを買おう。
田中さんは「批評家になる必要はなく、活動家になろう」といった。おぐらやま農場で活かしていける楽しいアイデアをいっぱい出して、一つ一つ形にしていこう。日々の仕事と暮らしがこれまでの社会を問いなおす活動だから。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。 皆さんからのメッセージもお待ちしています。

感謝!!


*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

< 農産物情報 >
*おぐらやま農場の「くだもの年間コース会員」を募集しています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html

*「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/o-na3.html

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!f
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。