スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑が教えてくれたこと 2011年9月号

畑がおしえてくれたこと2

<おぐらやま農場ニュースレター9月号より>


<長雨に「果実の腐敗」を考える>

このひと月(8月)はほぼ毎日、桃の収穫作業をしていました。7月20日頃から8月を通して、そして9月10日頃まではずっと桃の発送が出来るようにメインの品種を4つほど決めて植樹し、順々にやってくる収穫適期を逃さないようにもぎ取っていきます。10年前に農場を始めた時に植樹した桃も10年経てば立派な樹に成長し、見事な桃の実を成らせてくれています。

2011年9月畑


そんな収穫作業の毎日の中で、一番悔しい場面が、灰星病や腐敗病などと言われる病気の発生です。灰星病も腐敗病(正しくはホモプシス腐敗病)も共に熟果の一部分が茶色く傷み始め、商品価値を失ってしまう被害を生じます。特に今年は、8月中旬から後半にかけての長雨で、高温多湿の病原菌が繁殖しやすい環境がそろってしまい、「あかつき」の後半と「なつっこ」の収穫時は高い割合で発病を見てしまいました。


この病気が出ることが僕としては実に悔しい。なぜなら「発酵か」「腐敗か」と、土の状態を観察しながら土の発酵を進めるための作業を一年通していくつもやってきているのに、悪条件が重なるといざ出来てくる果実がまだ「腐敗病」にやられてしまう段階なのだ・・。一般的にはそれに対応する殺菌剤を2~3週間に一度は散布して予防するのだが(おぐらやま農場では1カ月に1度ぐらい)、雨がひたすらに降り続く環境の悪い条件が長引くと、殺菌剤の効果も限定的となる。仕方がないから10日に一度、それでもだめなら1週間に一度と、どんどんと散布間隔を短くして防除を徹底せよと、農協の指導なども聞こえてくる。農薬散布については、そこまで徹底出来ない自分の甘さを思う。結果として収穫量が下がってしまえば、何のための農業者・生産者なのかと言わざるを得ないのだけれど。おぐらやま農場では程度の軽いものは傷んだ部分を取り除いてジュース・ジャムの加工原料としています。

2011年9月号畑1


「発酵」も「腐敗」も、微生物の有機物分解作用という点では同じことで、どちらがいいとか悪いとかという問題でもないのかもしれない。が、実った作物の状態が、その作物の育った土壌の状態を表すのは当然のことで、果実が腐敗してしまう要素があるのなら土壌条件にまだ腐敗要素が残っているということだと言わざるを得ない。厳然たる事実を謙虚に受け止めるしかない。本格的に<炭素循環>の原理に沿ってやっていこうとスタートしてまだ2年目ではあるのだけれど、まだうまくいかないこのことをやはり「悔しいな」と思うのです。



しっかり熟度が入ってからの収穫を心がけていくほど、果実硬度は下がり、高糖度・低酸度に傾き、「果実が傷みやすい」状況になる。これは自然界の流れ。この夏に何度も松本からわざわざ桃を買いに来てくれる友人が、「この前たくさん持って帰った桃がすぐに食べきれなかったんで、だんだん熟度が進んじゃって、ああ、もうヤバイなって食べたら、その味がもうマジでヤバイ。」というコメントをくれた。これは、もちろん「ヤバいくらいにうまい」という意味合いなんだけれど、その感覚はとてもよくわかる。もうトロけて来てしまう直前が一番美味しい。実は畑の収穫でも時々そのような果実に出くわす。普通はそこまで行くと落果してしまいすぐに傷み始めるのだが、時々何のはずみかで樹にくっついたままの取り遅れで、超完熟でとろけ始めているモモ・・・。持って帰ろうとコンテナに入れてもすぐにつぶれてしまいそうな桃は、「取り遅れてごめん!」とすかさずその場でガブリと食べるに限る。そんなシアワセは収穫作業をしている私だけの特権かもしれません。みなさん、自分1人でヤバイ事をしていてゴメンナサイ。
スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

ふーばぁの田舎暮らしだより NO15

ふーばぁの田舎暮らしたより


ふーばぁの田舎暮らし便りー15              2011.8.25  石上扶佐子


田舎暮らしと言っても暮らし方はいろいろある。うちは農家で私もその一部だが、農家は百姓とも言って、やるべきことは百もある。我が農場のように、農家と営業と販売もやり常時4~6人のウーファーさんと3人の子供がいるなら、それこそやるべきことは二百も三百もと言う具合だ。やるべきことは沢山あっても、天候や環境や人間の都合や限度で、やれないことも多い。百姓の百の仕事は連動しており、自然相手でどれも面白いし、料理も畑との関連が強いから、やればどれも面白いが、しかし様々な制約の中での営みなので、毎日、何をし、何をしないかが迫られている。

夕食の準備をほぼ済ませ、孫が保育園から戻るのを待って、二人で鶏の餌やりと卵取りをした後、鶏小屋に続く菜園で、キュウリやナスや豆の収穫をする。夕暮れの菜園は山からの風に吹かれてすでに秋である。もうじき3歳になる孫は、今日、菜園の端に植わっている木の下に茶色の果実が落ちているのを見つけ、ズッキーニを収穫していた私の手をぐいぐいと引っ張ってその木の下に誘った。「これ、なーに? 食べてもいい?」。見上げるとあと一息で熟す梨が鈴なりの梨の木の下に、風に吹かれて落下した小粒の梨が沢山転がっていた。草の上の梨を拾い、エプロンで拭いて二人でかじった。皮がまだ固かったので、歯でぐるりと皮をむき、出てきた白い果実を食べた。「うんまいね、甘いね」と彼の笑顔がこぼれた。

緑で埋め尽くされた菜園の端に佇んで彼は落ちた梨の実を2つ食べた。満足したのか手で口を拭いながら畑をぶらぶら歩き、畝の端にころがっていたクワを見つけた。彼はそれを手に取り、ずるずると引いて、空いている畝に移動した。クワの柄は彼の背丈より長く、柄の先の歯は彼の頭と顔よりも大きい。クワは重く彼はバランスを取るのに苦闘していたが、ついにエイッと担ぎあげ、おもむろに土に振り下ろした。クワの持ち方も使い方も正しかった。土はクワの歯先でわずかに掘り起こされ、黒い地肌を見せた。彼は前進しつつ幾度も幾度もクワを振り上げ振り下ろした。よろよろしつつ、しかし足と腰を踏ん張って彼は大地を耕していた。

2011年9月ふーばあだより2


私は大人の背丈よりずっと上まで蔓を伸ばした穂高豆の収穫に夢中になり、気が付くと、彼の姿が消えていた。ニイニとネエネが帰って来たので、家の前の道路で遊ぶために一目散に駆けていったのだろう。クワは畝の半ばに放置されていたが、その畝は中程まで耕され、黒々とした土が一筋の線になって光っていた。堀リ返された柔らかな黒土の上に、彼の小さな足跡が点々と続いていた。

こんな場面が田舎暮らしのハイライトだと思う。無自覚のまま林住期も半ばの歳になってしまったが、今何をし何をしないかを考えるなら、このような時間こそ最優先させたいと願う。この歳になれば二百や三百の仕事は荒れるに任せ、愛ある時間を過ごしたい。

田舎暮らしの初めは、どれもが物珍しくて何もかもやりたかったが、やがて限界が分かって来ると、捨てざるを得ないものが知れてくる。生まれた子供が3年でこんなに成長するのだから、私だって変ってゆく。変化のことわりを生き、夏の終りも秋の終りも喜んで過ごしたい。最後に残るのは愛だから、それで良いのだ。田舎暮らしはそれが解りやすい。


2011年9月フーバーだより1

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

「新規就農」という選択   < おぐらやま農場だより  その156  2011・09・22 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その156  2011・09・22(不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@台風12号・15号は日本各地で大きな災害となりました。被災された地域の皆さまが、一日も早く日常を取り戻せることをお祈り申し上げます。

@秋が深まりゆく安曇野。NHK連続ドラマ「おひさま」もいよいよ大詰めですね。
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

2011年9月28日秋空の下で
秋空の下で


< 最新農産物情報 >

*<代引サービス開始のお知らせ>  農場からの農産物の発送について、「代金引換」での配達が可能となりましたのでお知らせします。クロネコヤマトのコレクト宅急便というサービスを利用して、荷物を受け取る時に農産物代金の支払いができるというものです。但し代引手数料
がかかります。農産物代金+送料+代引手数料の合計額が荷物を受け取る時に支払いしていただく金額です。郵便局や銀行までの距離が遠い方や時間の都合がつかない方などは、ぜひこちらをご利用くださいませ。
@農産物代金+送料+代引手数料が1~9999円の時・・手数料315円
@農産物代金+送料+代引手数料が1万~2万9999円の時・・手数料420円
@農産物代金+送料+代引手数料が3万~9万9999円の時・・手数料630円
@農産物代金+送料+代引手数料が10万~30万円の時・・手数料1050円


<洋ナシ・バートレット>・・9月5~7日で収穫したものを冷蔵庫で予冷し、追熟のタイミングを計っています。今年は9月のりんごがありませんので(10月初めからです)今、農場からお届けできる果物は「西洋ナシ」です。追熟させた洋ナシの高貴な香りととろけるような美
味しさをぜひ秋の食卓に乗せて、家族の皆さんで食べてあげてくださいね。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/831824/list.html

<桃ジュース>・・桃ジュースを今年は果汁100%でつくることが出来ました。10年越しの希望が叶いました。是非おためしください。 私もここまでいいものが出来るとは思っていませんでした。果汁100%のものでない場合は法律上「ジュース」と表記が出来ないので「桃
ドリンク」表示をしていたのですが、今回からは「桃ドリンク」表示を「桃ジュース」表示に変更しました。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/JP-3.html

<人参りんごジュース> 9月16日製造分があっと言う間に売り切れとなってしまいました。10月中旬に次回の製造予定です。
*<りんごジュース>こちらも売り切れ中。製造は10月中旬予定です。

人参の発送が始まりました。8月終わりから冬のどこまでいけるかわかりませんが人参発送ができますのでどうぞ下記よりご注文ください。昨年大好評でした「アロマレッド」を今年も作付しています。価格の安いジュース用人参もあります。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/745752/list.html

*無農薬栽培で育てた「にんにく」、「玉ねぎ」の発送を行っています。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html

*10月初旬収穫のりんご、「秋映」・「シナノスイート」の予約注文もできます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/246425/list.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  「新規就農」という選択  >

今年も稲刈りのシーズンになり、地元の稲作農家のライスセンターへ、もみ殻の引き取りに行き始めました。今年の目標は2トンダンプで80台。果樹園や野菜畑にたくさん散布して土壌微生物の餌にします。5月~6月にウーフで来てくれていたツヨシ君がまたお手伝いに来てくれて、毎日ダンプカーを運転してくれています。

彼は新規就農希望の青年で、長野県内に就農することを目指して、また炭素循環農法でのにんにく栽培で営農していこうと今はおぐらやま農場で研修をしています。前職はコンピュータのシステムエンジニアだったそうですが、全く違う人生の展開を自ら作り出している頼もしい男です。

彼に限らず、若い世代が就農を目指してあちこちで動き始めています。そしてウーフホストをしていると時々ツヨシ君のような立場にいる人が来てくれます。「新規就農希望です」というセリフを聞いた瞬間から無条件に仲間意識が生まれるのが不思議なのですが僕たちが10年前から辿ってきた道ですから、そんな人たちを精一杯応援してやりたい。そして就農・営農への道筋を聞かせてもらう中で僕たちが学ぶことも多いのです。

丁度、大阪から来ていたリピートウーファーのメグミさんが「私は都会での暮らしが自分に合わない気がして田舎に移住したいと思っているのだけど、大阪の友達にそのことを話すと、それは「逃げ」なんじゃないのか、と言われてちょっと考え込んでいるんです」と話してくれた後で、ツヨシ君の意見は「それは反対ですよ。都会に居ればそのままそこで便利に暮らしていける。お金さえ払えば大抵のものは手に入る。でもそうやってそこに居続けることが「逃げ」なんじゃないか。  田舎に行けばそうはいかない。便利に何でもすぐに手に入るわけじゃないし、田舎での人間関係だって都会に比べればずっと濃くなる中で生きていくことをあえて選んで生きていく。それはちっとも逃げることじゃなくて、むしろ「攻め」だと思う」

なかなか骨のあることを物静かにいうので、僕は彼の将来になんとも力強いものを感じた訳です。もちろんいろんなケース・立場があるでしょうから、都会に暮らしているから、田舎に暮らしているから、いいとか悪いとかを言いたいわけでないことはわかって頂けると思いますが、「僕はこうやって生きていくことを選択した」とはっきり言えることは素晴らしいことだと思いませんか。

ウーフで農場を訪ねてくれる若い人たちとそんな話が真剣に出来る自分自身をなんと幸せなことだろうと思っています。僕自身を振り返ってみるとやっぱり「僕はこうやって生きていくことを選択した」訳です。そのことには今も迷いなく、後悔もないのですが、夫婦でいてくれるテルミさんや、親子になった3人の子ども達や、3年前から同居するようになった母との、家族としての暮らしをこれからどんなふうに展開していくのか、日々皆と話し合っていかねばなりません。

「新規就農希望です」という選択をする若い人たちがもっともっと増えることを願っています。使われていない農地・耕作地がいっぱいありますからね。生きていくのに絶対に必要な食料を遠い外国から運ばなくてもいいように出来れば、エネルギー問題にも大きな貢献ができるでしょう。そしてこれからの若い人たちがそれを選択するかどうかは、実際に新規就農した僕たちが経済的にも自立し、楽しそうに生き生きと暮らしているかにかかっていることだとも思うのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< あとがき >

風和くんが運動会で「南中ソーラン」を踊るというので、この2週間ぐらいは毎晩家で音楽を流しながら一生懸命練習をしていた。下の二人も一緒になってお兄ちゃんの真似をして踊っていました。どうやら信州大学の「和っしょい」という踊りサークルの大学生に学校に来てもらって指導をしてもらったようで、よっぽどその姿が格好良かったのでしょうね。「ぼくも信州大学に行って和っしょいに入ろうかなあ」と呟いておりました。ついこの間までは「僕、高校は行かない」と言ってたんじゃなかったっけ??  先週の土曜日が運動会本番だったのですが、4年生のみんな、踊っている時の笑顔がとっても素敵でした。いいものを見せてもらいました。本当にありがとう。

台風は昨晩に通り過ぎましたが、安曇野の方では大きな被害もなく、ホッとしています。しかし、日本各地で大災害となった場所がいくつも出ました。当事者になっている方々のご苦労は計りしれません。ニュース映像の向こうにある現実を思うと居た堪れない気持ちでいっぱいになりますが、こんな時こそですね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。洋梨の評判がいいようです。いい香りの独特の美味しさがあります。ぜひお試しくださいね。


☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆


*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!f
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月27日 今年45~48人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では10月~12月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________


続いて今年45人目のウーファーさんは台湾からきたまさきちゃんです。台湾の彼女は、またまた自分で勝手に(笑)日本名つけています。

日本人だったらアメリカに行こうが、台湾に行こうが「テルミ」っていったら「テルミ」だけれど台湾や香港の人の感覚はきっと日本に来たら日本名、アメリカにいけばアメリカの名前と言う感覚がおもしろい。


わたしだったら英語圏にいったらシャイニーとか呼ばれちゃおうかな~~~。


いやいややっぱり「テルミ」がいいな。この辺は日本人感覚。


2011年9月27日まさきちゃん
まさきちゃんでーす。

まさきちゃんもとっても日本語が上手。うちにきても夜に一生懸命勉強していました。ほんわかほんわかとしたまさきちゃんは本当によく作業を手伝ってくれました。

ありがとう!!

そして46人目のウーファーさんは香港からきたカレンちゃん。

2011年9月27日カレンちゃん.
カレンちゃん

カレンちゃんは日本語がぺらぺら。香港に帰っても日本語を使う仕事に就くそうです。とわのお気に入りのお姉ちゃんです。やさしいもんね。

そしてもうひとり、とわのお気に入りのお兄ちゃんのたかしくん。同じく香港から。

2011年9月27日たかしくん
たかしくん

毎日、毎日のびきっていた畑の草を草刈り機でどんどんと刈っていってくれました。
素晴らしい!!

なぜかリオにもとわにも大人気のたかしくん。

人柄のよさが表れてます!

そしてもう一人は同じく香港からきたビンセントくん。

2011年9月27日ビンセントくん

ここに来る前に富士山に登って、かっこいい棒を富士山で買ってきたんだけどその棒が長すぎて香港まで送れず、しかなく、少し切って送っていたね。

お土産選びもすこし注意が必要なようです。

暑い中の作業をみなさま本当にありがとう!!

2011年9月27日 (2)



【今日の学び】
今日はいい天気。太陽のもとで深呼吸。

【魔法の質問】
深呼吸してますか?

洋梨「バートレット」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから





テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月26日 今年41・42人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では10月~12月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________


今年41人目のwwooferさんはゆのかちゃん。

2011年9月25日ゆのかちゃん


ちょっと、wwoofer紹介の方が遅れているのですが、夏の間トマト収穫の隊長として?!活躍してくれました!!

ありがとうゆのかちゃん。将来はどこか田舎で自給自足的な生活がしたくてこうやってwwoofでみてまわっているとか。

実現するといいね♪


ここ安曇野にももう耕作されていなくて夏には草がボーボーになっている土地をよく見かけます。


「がっつり農業」って言わなくても、ほんと家族分の野菜が作れるぐらいのスペースで野菜を育てる人が増えればいいのになあ~ってそういう畑を見ていると思います。


だからこうやって自給自足の生活がしたいって言う人たちも応援したいですね♪


そして今年42人目のウーファーさんはベトナムからきてくれたリンちゃん。


2011年9月26日リンチャン

ミステリアスガール(不思議少女?!)と私が呼んでいたリンちゃんは不思議。世界各国20か所ぐらいを旅していて、いろんなことを知っている。


彼女の知識の幅はものすごい!!


アニメから世界の経済まで。


ベトナムで生まれて育ったんだけど、スウェーデンの大学に留学していて、今度はシンガポールに住むというリンちゃんは、まさに自分のこれから住もうとするところを世界単位で探している。


だからそれぞれの国の経済にもとても詳しい。


なんだか自分とはとても違う価値観の中で生きているなあーという感じがした。


わたしは安曇野が好きだし、農業もやっているから、その場に根付くという感じで、あまり移民的な発想はないんだけど、将来のこといろいろと描いてみるのは楽しいね。


人、それぞれ無限の可能性があるんだから!(テルミ)

2011年9月27日


【今日の学び】
新しい場にいってみよう。新しい才能が引き出されるかも。

【魔法の質問】
どんなところに行きたいですか?



洋梨「バートレット」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから





テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月19日 幸せの基準

秋晴れの気持ちのいい日が続きますね。

2011年9月19日秋晴れ
秋晴れの空


先日子供たちが学校から持ち帰った手紙で思わず涙してしまった文章があったので、紹介しますね。

_________________________________


2001年7月、ある花火大会で悲惨な事故が起こりました。

あまりに大勢の人が押しかけたために、歩道橋で群衆雪崩が起こり、11人の方が亡くなられ、うち9人が10歳未満の子供でした。それからずいぶんと月日が流れたある日、新聞にお子さんを亡くしたお父さんの手記が掲載されていました。

ある日の朝、お父さんは子供と花火大会に行く約束をして会社に向かいました。しかし、仕事が忙しく約束の時間に帰れそうにないので、お父さんは子供に連絡を入れます。

「遅れても必ず行く。だから先にみんなと行ってなさい。」

そして、花火大会の時刻になり、もうすぐ仕事が終わる、早く行ってやれねばと思った矢先に悲報をしらされたのです。病院にかけつける車の中で自分を責め続けました。

「行ってきます」と家を出たお子さんが、必ず「ただいま」と帰って来られる保証など、どこにもありません。もし、あなたと大切な家族が、今日を元気に生きているのなら、こんなに幸せなことはありません。

だから多少のことならお子さんを許してあげてください。そして、多少のことなら自分自身を許してあげてください。いずれ巣立ちは必ずやってきます。ならばせめてその時まで、ともに出会えたことに感謝し、共に人生を歩めることに感謝し、この一瞬、一瞬を生きてゆこうではありませんか。

___________________________________


これは子育て講演会を学校でやったときの報告のお手紙だったのですが、とってもいい講演会だったんだなーというのがその手紙から伝わってきました。わたしは残念ながら予定があり、参加できませんでした。。。


幸せを感じる基準、感謝する基準って人それぞれ違うんだと思うけれど、ついつい自分が幸せを感じていないときってこの基準が高くなっちゃってますよね。


私の大好きな斉藤一人さんは、よく「手があって幸せ、耳があってしあわせ。今日ごはんが食べて幸せ。だから僕はいつも幸せなんだ」と「幸せを感じる基準を低くしたらいいよ」って言ってます。


この文章を書いてくれた方のように、ともに出会えたことに感謝し、共に人生を歩めることに感謝し、一瞬一瞬、一日、一日をかけがえなくしっかりと幸せに生きていきたいと思ったお手紙でした。


さあ、子供たちとなすを収穫してこよう!!(テルミ)

2011年9月19日なすの収穫
そろそろなすも最後かなあ~。


【今日の学び】
自分の中にあるものを呼び起こさせてくれる文章、人、そんな出会いも大切にしていきたい。

【魔法の質問】
今ある幸せってどんなことですか?



洋梨「バートレット」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから













テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月17日 食育 焼き鳥?!

☆毎日人参の収穫・出荷をしている今日この頃。
人参りんごジュースも搾れましたので、ご利用くださいね♪


2011年9月17日やきとり
焼き鳥!!

この間、と~~~~っても焼き鳥が食べたくなって、家の前でバーベキューセットを持ち出し、やきとりをしました。

母の勝手な都合でいきなり夕飯がやきとり。みんな大喜び?!


裏の畑からねぎをとってきて、鶏肉をきって串にさして。子供たちも一緒に手伝ってくれました。

(このねぎがとてもやわらかくて美味しいんです。今年はマルチにあらかじめ直径2センチほどの穴をあけ、そこにねぎの苗をおとしていったのですが、ねぎが自分の力で土を押しながら成長しなくてもいいせいか本当にやわらかくて甘いんです!!)


3歳になりたてのとわが以外にも上手にお肉とねぎをくしにさす姿にびっくり。

やらせてみるもんだなあー。

結局一回も自分の手には串をさすことなく4本ほどつくってくれました。


この焼き鳥、塩コショウを結構きかせるのが美味しいポイントです。


にいちゃんはお父さんと一緒に一生懸命火を起こしています。


2011年9月17日焼き鳥2


たまには手のかかることを一から一緒にやるっていうのもいいもんだな~って思います。やきとりだって今は買おうと思えば買えちゃうけど、あえて買わないぜいたく。


子供たちも食べるまでに様々な過程があるのを体で感じれるし、手先も器用になるし、集中力もつくし、段取り力もつく!そして何よりこんな簡単に家族イベントができちゃう!!何かをみんなで協力しながら創り上げるって結構楽しいなと思うのです。

そして、きれいな星空を見上げながら焼き鳥が焼けていく美味しいにおい。うん、幸せ♪


また時々やっちゃおうかなあー。おススメですよ。(テルミ)


【今日の学び】
普段お母さん1人でやってしまうものを家族イベントにしてしまうのもなかなかいいね。

【魔法の質問)
どんな家族イベントをしますか?


洋梨「バートレット」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから









テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月16日 今年36人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では9月~12月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

今年36人目のウーファーさんは、フランスからきたレミくんです。7月に滞在してくれてました。

ナイスガイ(好青年)という言葉がぴったりのレミくんです。


2011年9月16日レミ
レミ君!


何が彼を好青年って感じさせるんだろう?

日本語も勉強していて、それなりに日本語で会話のできるレミくん。

なんとか日本語でコミュニケーションをとってくれようと一生懸命なんです。

「もう一度言ってください」と臆することなく日本語を吸収しようとする力。

まっすぐと目をみてにこにことはにかみながら話す姿がとても印象的でした。

農作業の方もしっかりと手伝ってくれました。

なんでも進んでやってくれるのって、やっぱり気持ちいいです。

いろいろなことを自ら進んでやるってなかなか難しいけれど、彼をみているとそういうことってとっても気持ちいいなって思います。

年下の人からも学ぶこといっぱいです。^^(テルミ)


【今日の学び】
ホワン、ホワン~を大切に。

【魔法の質問】
まったりとする時間、空間をとっていますか?


洋梨「バートレット」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから


テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月15日 今年36人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では9月~12月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

今年35人目のウーファーさんは6月~7月にかけて滞在してくれていたスウェーデンからきたリサです。

リサはスウェーデンで日本語の先生をしているほどなので、日本語はもちろんペラペラです。

学校が夏休みの期間を利用しておぐらやまに来てくれました。

2011年9月15日リサ
リサととわ。桃がまだ収穫前ですね。

物静かで神秘的な雰囲気をもつリサ。

日本がとっても好きだそうです。

海外の人がどういった理由で日本や日本語に興味をもちはじめるのかって本当に不思議です。

日本にそれだけ魅力があるってことですもんね。

そうそう、日本人って夏に作業をするっていうと日焼けしないようにばっちりと長そでをきて帽子もしっかりかぶって作業しますが、欧米の方たちって写真のようにばっちり日焼けするぞーっていう感じの格好での作業が好きです。

昨年はそれで、日焼けしすぎてひどい水ぶくれになった人が2人いたので、最近は私達も「もっと素肌を隠したほうがいいよーー」とアドバイスします。

夏に農作業に来る方は、ある程度日よけしたほうがいいですよー♪


【今日の学び】
人生におけるヒントは自分の過去にあり

【魔法の質問】
過去にどんな体験をしましたか?


洋梨「バートレット」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月12日 洋梨【バートレット】収穫しました

こんにちは、今日もエネルギー満タンてるちゃんです。

最近ヒーリングを得意とするウーファーさやかちゃんと過ごす時間が多いせいか毎日の話題がとても新鮮で楽しくエネルギー満タンです。(ここのところウーファーさン紹介が遅れてます。。。すいません)

さやかちゃんのブログにはためになる話題満載ですよー→→ブログ「ひだまりのねこ」


さてさて、先週は洋梨の収穫をしました。

2011年9月12日洋梨1
洋梨バートレットです。

洋梨って、まだなじみがない方はないですよねーー。

わたしも自分のところで育てるまではあまり食べたことがなかったんです。

だけど、これがまたトロけるような美味しさなんです。

ポイントは食べごろを見極めること。

洋梨って樹の上で熟させてしまうと本当にトロトロ?!になってしまうため、まだ青めのうちに収穫して冷蔵庫で予冷したあと冷蔵庫から出して追熟させるのです。

そして追熟のあと食べる時期がポイントになります。

我が家でも毎日楽しみに楽しみに「まだかな、まだかな」と子供たちと洋梨を覗き込みながら頃あいをみています。

そんな時間も楽しめる洋梨さんです。


ネットショップの方にいいころ合いの写真もアップしてみたのでよかったらご覧ください。


>>>洋梨の食べごろ<<<

2011年9月12日洋梨2
さやかちゃんが収穫してくれた洋梨


果物にはエンザイム(酵素)がいっぱいですよ~~。


>>>洋梨の注文はこちらから<<<


【今日の学び】
質の高い人生をめざそうっと!1日1日が自分の人生を作り上げている。

【魔法の質問】
今日一日を楽しくするためにどんなことをしますか?



洋梨「バートレット」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

 ヒデさん、ヒロちゃん、結婚おめでとう!  < おぐらやま農場だより その155   2011・09・10 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その155  2011・09・10(不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@暦は白露。安曇野には秋の爽やかな風が吹いています
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

< 最新農産物情報 >

洋梨バートレット480×285センター


*桃は全ての品種が完売となりました。皆さん、今年の夏もおぐらやま農場の桃をご利用いただき、本当にありがとうございました。

*<洋ナシ・バートレット>・・9月5~7日で収穫しました。現在は冷蔵庫で予冷保管中です。9月10日頃からの発送とさせていただきますのでどうぞご注文ください。今年は9月のりんごがありませんので(10月初めからです)農場からたくさんお届けできる果物は「西洋ナシ」です。追熟させた洋ナシの高貴な香りととろけるような美味しさをぜひ秋の食卓に乗せて、家族の皆さんで食べてあげてくださいね。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/831824/list.html


*<トマトジュース>・・この夏収穫したてのトマトでの製造ができました。完全無農薬・無化学肥料栽培の加工専用品種トマトを100%使った「旨いトマトジュース」です。一度試してみてもらいたい商品ナンバー1です。 売り切れとなってしまってしばらく皆さんにご迷惑をおかけしましたが今年は昨年以上の製造を見込んでいますのでどうぞ遠慮なくお求めください。トマトケチャップとのセット品もあります。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245953/list.html

*<桃ジュース>・・こちらも売り切れで皆様をお待たせしておりました桃ジュースの製造が9月15日の予定です。今年は果汁100%でつくることが出来そうですので是非おためしください。 予約注文承ります。どうぞお楽しみに!
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/JP-3.html

*<人参りんごジュース>売り切れ中ですが、製造は9月16日の予定です。
*<りんごジュース>売り切れ中。製造は10月中旬予定です。

*人参の発送が始まりました。8月終わりから冬のどこまでいけるかわかりませんが人参発送ができますのでどうぞ下記よりご注文ください。昨年大好評でした「アロマレッド」を今年も作付しています。価格の安いジュース用人参もあります。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/745752/list.html

*無農薬栽培で育てた「にんにく」、「玉ねぎ」の発送を行っています。 「じゃが芋」は昨年に比べて作付を減らした事もあり、早々と売り切れてしまいました。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html

*10月初旬収穫のりんご、「秋映」・「シナノスイート」の予約注文もできます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/246425/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< ヒデさん、ヒロちゃん、結婚おめでとう! >

今回はこの話題に触れないわけにはいきません。3年前からおぐらやま農場のスタッフをしてくれているヒデさんと、おぐらやま農場へのウーフ通いがきっかけで安曇野移住となり今は穂高駅前の観光案内所でお仕事をされているヒロコさんの結婚式がありました。二人とも私達とは本当に身近な存在ですから、こみあげてくる思いもたくさんたくさんあります。本当に、おめでとう。そしてこれからも一緒に幸せの道を歩いていきましょう。

二人が主役の、手作り結婚式は安曇平が一望できる小高い山の中腹にある、池田町創造館。ご家族・親戚関係と二人の昔からの友人、そして安曇野に来てからの友人達、総勢100名程の人が駆けつけて、結婚をお祝いしたのですが、本当に心の温まる、その場に居合わせることができた事が素晴らしい体験でした。私は準備段階で関わることはそれほど出来ませんでしたが(主役のヒデさんが打ち合わせや準備にかかれるように私達の職場の仕事を守るぐらいのことでした)、どこをとっても、本当に心のこもった人の心の温かさを感じる、そんな時間だったことが何より嬉しい。

いわゆる立派な結婚式場だったわけではありません。ブライダル業者が取り仕切ったわけでもありません。素晴らしい料理を作ってくれた方も仲間の紹介で見つけてきた小さなレストランのシェフだということですし、会場の音響やバックミュージックを支えるのは安曇野ジャグバンドで一緒に活動するメンバー。  会場設営や飾り付けや会場一杯に飾られた花もみんな手作り。司会をしたり、受け付けをしたり、シャンパンを注いで回ったり、みんな地元の仲間で当たり前のようにやってしまっているのだけど、これって何気にすごいことだと僕は思うのです。

みんな自分の得意な事があります。それを持ち寄り、合わさって、幸せな時間と空間が作り出されるのです。 ここへ移住してきた二人の、ご家族・ご親族としては、彼らを取り巻くちょっとお祭り騒ぎが好きな仲間たちの存在を、きっと頼もしく感じてもらえたのではないでしょうか。そして大いに安心してもらえたのではないかと思っています。

またやりたいね、次はだれが主役だ?と、きっとまた幸せの花が咲き、それを大勢でお祝い出来る日が近いうちに来ると思います。そんな場面をたくさん子供たちに見せてやれるのもとっても嬉しいことだなあと思うのです。人生は本当に素晴らしいぞ、こんなに楽しいことがいっぱいあるからなと、そんな毎日を大人たちがまず生きていきたいですね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<  あとがき  >

赤とんぼが群れをなして田畑の上を飛び回る季節になりました。風和君の夏休みの自由研究で田んぼの虫を探していたときは、トンボと言えば「オツネントンボ」しかいなかったのにね。あれから半月しか経ってないのに、この変化はどういうことだろう。 季節の流れに沿って作物が育ち、収穫されていきます。 桃が終わり、洋ナシの収穫をしました。そして人参の収穫も本格的になってきています。9月の終わりには稲刈りにサツマイモ堀り。10月になればりんごの収穫です。収穫の秋は忙しいのですが、やっぱり心がなぜかウキウキしてくるいい季節ですね。でも季節の変わり目は体を冷やしやすかったり風邪をひきやすかったりしますから、どうぞ気をつけて下さい。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。また次回まで元気にお過ごしください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやま農場のネットショップはこちら 
http://www.ogurayamashop.com/

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!f
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月5日 抱っこ法~てるちゃんの育児日記~



「大好き」を伝えあう子育て―抱っこ法の考え方とその魅力


「抱っこ法」って聞いたことありますか?今日は久しぶりに抱っこ法を思い出してしまいました。

一番上の今は4年生のフウワが赤ちゃんの時に助産婦さんから教えてもらったんです。この抱っこ法。

「抱っこ」をしながら赤ちゃんや子供にいろいろな気持ちを聞いていくのですが、まだフウワが赤ちゃんのころ、私はいろいろと気になることがあって、ほんの赤ちゃんだったフウワを抱きしめながらいろいろ聞いていったことがあったんです。

>>>その時の様子はこちら<<<


その時も赤ちゃんがこんなにもいろいろな気持ちを感じ表現できること、そして親がその気になればそのことをしっかりと受け止めて癒してあげることができるんだと感動しました。


今朝、3歳になりたてのとわの様子が少し変だったのです。朝起きてもいつものように私のところに寄ってこないし、少しのことでワンワンと泣き叫んでいます。明らかに何かうったえたいことがありそう。


私も心あたりがあったので、抱くのをちょっといやがるとわをしっかりと抱っこしなおし、ソファーへ腰掛けいろいろとお話をしていきました。


実は昨晩は用事があり、とわの知らないすきにさっと出かけてしまったのです。前はどこかに行く時には、そのことを子供に話してからいっていたのですが、子供たちが泣くので残ってみてくれている人が大変だろうと最近はだまって子供の気付かないうちに出かけていたのです。


「昨日はとわの知らないうちにお母ちゃんがでかけちゃってさびしかった?」

まだ小さな唇をアヒルのようにつぼませながらうなずくとわ。

「何回もお部屋をみにきたのにお母ちゃんがいなかったら心配しちゃった?」

ちょっと泣き顔になりながらうなずくとわ。

「今日の朝もお母ちゃんからとわに会いにきてほしかったの?」(とわはおばあちゃんのお部屋で寝ていました)

うん、うんとうなずき涙を浮かべるとわ。

・・・・・・


と会話は続き、とわはワンワンと泣き出ししばらく抱っこしながら泣いていました。

だけどそのあとはとってもすっきりしたようにまたいつものとわに。


やっぱりこんな小さな子供でもいろんなことがわかっているし、様々な気持ちがあるということを改めて感じた場面でした。そしてそれを「抱っこ法」によって受け止め聞いてあげることができました。


「抱っこ法」の本はいろいろとありますが、子育てをされている方にはぜひ一読をお薦めの本です。


今日の朝も抱っこ法をしらなかったら、私はとまどったまま、とわは気持ちが全く解消されずに怪獣さんになったんだろうな~なんて思います。(テルミ)


【今日の学び】
気持ちに耳を傾けよう

【魔法の質問】
自分の気持ち感じていますか?


桃「川中島白桃」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから


















テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

9月3日 おぐらやま農場スタッフひでさんの結婚式

パンパカパーン!パンパカパーン!

ひでさん、ひろちゃん結婚おめでとう!!!

9月3日はうちの農場でスタッフをしてくれている「ひでさん」の結婚式でした。

2011年9月ひでひろ結婚式
イラストレーターじゅんちゃんの描くwelcome ボードの横で

ひでさんやひろちゃんはもちろんのこと、たくさんの仲間たちが手作りで作ったこの結婚式は、本当に心あたたまる素敵な結婚式でした。

お相手のひろちゃんはうちでウーフをしていたことがきっかけでここ安曇野に移り住んできました。そしてスタッフのひでさんとの結婚。なんだか自分たちが関わりあえてホント嬉しいです。


ウーフの時からひろちゃんからはいろいろなお話を聞いていたので、ひろちゃんが涙の顔で入場してきたときにはいろいろ思い出し、「夢が叶って本当によかったね」と私も思わず涙、涙でした。


結婚式で一番心に残ったのは新婦ひろちゃんの言葉。

「今まで、自分は世界中を旅行したりいろいろな場所へ行ったけれど、ひでさんと一緒にいるようになって本当にここが自分の居場所なんだって感じています。家族が減っていくばっかりって思っていたけど、こうやって結婚して、ひでさんの親族とも家族になれて、そしてまたこれから家族が増えていく、そのことがとても嬉しいです。」


本当はもっともっと素敵な言葉だったけれど、こんなようなことをひろちゃんは言っていた気がします。


この広ーい地球の中で自分の居場所がここって思える。それって幸せなことなんだなあと改めて感じました。


自分でももっともっとそういうことを感じていきたいな。


ひでさん、ひろちゃん本当におめでとうございます!!!


これからも末長~くよろしくね。(テルミ)


【今日の学び】
目の前にある幸せを再発見!

【魔法の質問】
目の前にはどんな幸せがありますか?


桃「川中島白桃」注文受け付け中です

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

りんご秋映(9月25日頃から出荷)予約注文受け付け中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから









よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。