12月30日 今年ラストのウーファーさん3人の紹介です

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では2012年2月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

いよいよ今年も残すところあと2日になりましたね。安曇野は昨晩からまた雪が降り積もり、銀世界です。今日は子供たちと「どあい冒険クラブ」のもちつきに参加し、今年を締めくくりたいと思います。

雪の中のもちつき。寒そう~~~~。

今年最後のウーファーさんは3人とも12月16日にきて12月27日まで滞在してくれました。クリスマスも一緒に過ごし、あたたかな日々を過ごせました。

2011年12月26日もちつき
26日に友人宅でもちつきをしました。

まずは大阪からきたゆうこちゃん。

朝のNHKの連ドラの「カーネーション」にはまっている子供たちにとって生の関西弁!それでもゆうこちゃんの話す関西弁はとてもやさしいです。

関西弁も人によって聞こえ方が全然違うんですね。いつも子供たちとかるたをしたり、絵本を読んでくれたり、本当に子供たちが慕っていました。本当に助かりました。ありがとう。

2011年12月26日ゆうこちゃん
笑顔が素敵ですねえ~~


そして台湾からきてくれたメイちゃん。いつもたんたんとお手伝いをしてくれました。日本語もばっちりで一緒にりんごの出荷をしていてもまるで日本人のウーファーさんと一緒にやっているようでした。日本語も英語もばっちりなのでみんなの会話のかけ橋?!にもなってくれてました。ありがとう。

2011年12月26日メイちゃん

そしてラストはフランスからきたフレディー。
最近接するウーファーさんによってわたしのフランス人へのイメージがかわりつつあります。オーストラリアにいくよりも前にフランスに行こうかなっていうぐらい陽気なウーファーさんの多いフランス。いったいどんな国なんだろう。。。。

2011年12月26日フレディー
ふーばあと一緒にもちまるめ
一緒に歌ったり、アホなことで盛り上がったり、一家にひとりいると楽しいフレディーくんです。しかもやさしいですよ。

フレディーくんが秘蔵のビデオ?!をとってくれました。フランスのテレビで放送するそうです。(笑)



少し恥ずかしいですが。。。ビデオ見る前にブログに載せるねって言っちゃったもんで。。。


それでは、これが今年私の書く最後のブログになると思いますが、今年も本当に一年間ありがとうございました。


来年も皆さまにとって、たくさんの良いことが起こる年となるよう祈りつつ。。。感謝。(テルミ)

年始は1月10日から発送をさせていただきます。

【今日の学び】
いろいろなことがあったけどいいこともいっぱいだったね。

【魔法の質問】
今年のどんな出来事、誰に感謝しますか?


無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから





テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

Ogurayama Friends  2011年12月号

昨年、彗星のごとく安曇野にあらわれた須永さんファミリー。原発についてもとても詳しく、真剣に子供のこと、社会のことを考える姿にはいつも感心してしまいます。これからもよろしくお願いします。いつでもひとりデモ。Help Japan Tシャツも大人気です。

http://sunaga.org/works/help.htm

2011年12月須永


季節の果物をいただきにおぐらやま農場へ通うようになって、もうすぐ一年。松村さんとの出会いは、地球宿でのドリカム新年会でした。


僕は建築家で事務所名は『サバイバルデザイン』。「住居をはじめ、人が生きてくための道具をデザインしていきたい」という思いで付けた。


建築では自分で発案した「杉の角材を束ねて板状にした木版で、箱をつくるように建てる」工法で住宅などを設計している。壁も屋根も床も全てがズッシリ詰まった木。かといってログハウスでもない。日本は湿度が高く雨が多いから短日数で建てられるよう、軸組(棒状の柱や梁の骨組み)木造をベースにして、新工法をデザインした。「軸組の要領で、版をつかって建てる」から『じくばん造』と命名。木材はすべて工場で加工済みで現場に届き、プラモデルのように順番にハメ込んでいけば完成するので、大工さんが一人いれば、あとは数人の素人で共同して建てられる。


僕らは来年、安曇野に自宅を建てる。『じくばん造』で船舶コンテナサイズの木箱を数個つくり、それを積み木のように並べたり積んだりして家にする。もし引っ越すことがあっても家も連れていきたいから、コンテナサイズに。家は、日々カスタマイズを重ねていく『人生の道具』、そういう意味で大切な財産。


話しは少し変わって、安曇野の仲間たちを見ているうち「この世に『お金』って無くてもいいんじゃないか」という気がしてきた。リフォームのお礼に自分が育てたお米を渡したり、イベントも一品持ち寄り、『ウーフ』もそう、お金を介さず「働き」や「物」という価値の交換を自然にやってる。認め合い、共同し合う関係は素晴らしいね。

でも僕の場合はすぐ差し出せる技能や物が思い当たらない。そこで「子どもの頃につくった肩たたき券のように、自分で券を発行すればいい」と思い立ち、価値を交換するための紙切れをつくった。名付けて『カチカチ交換券』。「500縁・スナガ」とか「1時間・スナガ」とサインしてお金のかわりに渡し、僕がお役に立てそうな場面で使ってもらう。逆に僕が住宅診断をした対価を『カチカチ交換券』で受け取ることもある。お金じゃないから消費税も所得税もかからないし、地域通貨と違って誰でも勝手に始められるのがミソ。


これも「人が生きていくための道具のデザイン」。安曇野の仲間たちは、経済が崩壊しても、お互いのカチを交換しながらきっと楽しく生きていくでしょう。さーて『カチカチ交換券』で自宅も建てられるかな?(前号の花井慶太さんに棟梁をお願いしてみようかな)   


「須永豪・サバイバルデザイン」http://sunaga.org

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

畑が教えてくれたこと 2011年12月号

畑がおしえてくれたこと2

<おぐらやま農場ニュースレター12月号より>

< Kさん >

最近Kさんがおぐらやま農場まで人参の様子を見ていったりりんごを買ってくれたりでよくやってくる。この方は塩尻市という、ここ安曇野市から車で南へ30分ほど走ったところにあるブドウや高原野菜や他にも美味しい農産物がたくさん取れる場所に住んでいて、本人はトマトやニンジンを有機栽培で作っていらっしゃる。私よりもずいぶん年上の大先輩である。4年ほど前に(なぜか?)ウーファーさんとして1週間ほどお手伝いに来てくれた時からのお付き合いなのだけれど、すぐ近くで有機農業で頑張っているという元ウーファーさんは滅多にいない。


今年の春ごろだったか、電話がかかってきた。「オラァはもう、つくづくイヤになったよ。こんな商売していてもチットモ儲からねえ。毎年毎年、持ち出す方が多くなってきちまって、ヘェ、もうなんもやる気がなくなっちゃった・・」、と随分意気消沈の様子。こんなことを言うと個人情報だといわれてしまうかもしれないが(本名は出してないので勘弁いただくとして)、家族も一緒に暮らしている訳ではなく、一人で毎日儲からない畑作業ばかりで、日頃から胎に貯まっているものを吐き出す相手が必要だったのかも知れない。


「そうですか、それは大変だったんですね、売り先はどんなところなんでしたっけ?・・・」などとしばらく話をした後、「最近、僕はたんじゅん農法ってやってみているんですよ。まだ2年目なので、ものすごい結果が出ている訳ではないんですけれど、土がずいぶん柔らかくなって、棒を差すと1メートルぐらいは簡単に入るようになってきましたよ」と言ったら、「おや、それは面白いな、それは土壌が団粒化してきているってことだ」と、さすが有機農業歴の長い人らしく、ピンポイントで話の肝心なところをつかんで来られた。「炭素循環農法を検索したらインターネットでも出ているから、ぜひ読んでみてくださいよ。実践者交流会って言うのをそのうちやりますから、その時には連絡しますから。生活もあるでしょうから百姓はやめちゃうとしても、たんじゅん農法の事は興味本位で構いませんから」。


それで10月の実践者交流会に来られた。まだ農業は続けているという。ホームページもしっかり読んだと言っていた。でも「そんなこと本当にあるだかやァ」と信州訛りの強い口調で訝しがっておられる。掛川から来ていた城さんからは「あなたのように長年有機農業や自然農を続けてきた方ほど理解が遅く、成功するまで時間がかかりますよ」とたしなめられていた。これまでの常識や知識が自然界をありのまま観察する目を邪魔してしまうということだが、Kさんはだからこそ、ここはしっかりと理解したいと食らいついてきた。その交流会のあと、宮田村の林さんのところで一日話を聞いてきた。そして11月の終わりにおぐらやま農場へ韓国からの見学者が来られた時に開いたミニ勉強会にも来られた。「どうやったらたんじゅん農法で立派なトマトを作れるか」と、一生懸命考えておられたのをみて、「Kさん、随分元気になってきたなあ。」と思った。半年前はあんなにしょぼくれていたのに今は表情が精悍だ。


最近、たんじゅん農法の仲間では「畑に風穴をあける」というキーワードがよく語られます。「地面にドリルなどで穴をあけて、地中深くまで空気を入れてやったら深い場所まで糸状菌がよく育つようになるのではないか」という仮説を実証してみよう。その話を聞いたKさんが、「要するに、エアレーションが土にも必要ってことだろ。長いもを掘る時のトレンチャーがいいんじゃないか。あれは楽だぞ。ドリルは大変だろう。今度神奈川でそれの勉強会があるっていうから俺行ってくるわ。そこでアイデアをみんなに聞いてきてもらうわ」とのこと。こんなふうになぜか人を元気にしてくれるのもこの農法の本質が表れているような気がしてなりません。無理がない、無駄がない、矛盾がないとたんじゅん農法についてよく言うのですが、それに気付いた時、目の前の壁が壊れて未来が垣間見えてくるのです。

2012年12月29日2
炭素資材になるもみがらを撒いています

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

ふーばぁの田舎暮らしだより NO18

ふーばぁの田舎暮らしたより

2011,11,30  石上 扶佐子

 都立高校時代のクラス会のために、晩秋の信濃路と甲斐路を抜けて東京駅に降りた。今回は八重洲口の千疋屋2階のレストラン。田舎者の私は千ビキ屋のビキが音読できなくて道を尋ねることができない。ビルの街で右や左をキョロキョロ、ウロウロし、千疋と言う字の看板を探した。


 15歳で知り合い高校の3年間を共に過ごしたこのクラスは仲良しで、2年毎に集まり60歳からは毎年集まっている。私は成人してからの多くを関西で忙しく過ごしたので、遠方から出向くことは稀だったが、信州に移住してから東京が近くなり出易くなった。同年代の人に意見を聞きたいことがあったので、クラス会が楽しみだった。


 乾杯をし呑み食いしながら、やがて恒例の近況報告が始まった。男性12人女性6人、定年後の暮らし方の変化や、自身や伴侶の健康のこと子供や孫のことを報告し、それに対してあちこちからヤジが飛ぶ。それじゃ天下りじゃないか! まだ税金の無駄遣いしているのか! 早く隠居したらどうか! 飲み過ぎだからだぞ! 子供がなかなか結婚しないとこぼす人も多かった。

 私は前回、信州に移住し忙しいながらやりがいのある田舎暮らしをしていることを報告していた。今回は「息子家族の農場で主に料理を作って暮らしていたが、ある日疲れて、一人暮らしをして見たいと思った。老人の生き方として、子供家族と暮らすか一人暮らしをするかという選択があったが、皆さんはどのよう思いますか」と言った。言いながら、今日来ている人はまだ全員伴侶がいるし、子供の家族と暮らしている人はいないから、こんな事尋ねられても困るだろうな、と思っていた。さっそくヤジが飛んだ。そんなこと自分で考えろ! 飛び出せ! がんがん飲んで言いたい放題の場だから、何を言われても何やら嬉しく楽しく発言を終えた。


 皆の報告が終わり、雑談の時間はねぎらいの言葉を掛け合い、ゲームをして散会になった。場所を変えての二次会で、二人の人が私の問いに真剣に答えてくれた。一人は女性で「私は聖心女子大に行ったのでそこの教えの、人は周りの人たちの幸福に心を砕いて生きるときに本当の幸せがある、ということを忘れないで生きてきた。それで良かったと思っている」と言うもの。もう一人は男性で「人は必要とされていることが幸せだよ。そのことを一番大切に考えて良いのじゃないかな」と言うもの。この二人の言葉は心に響いた。本当にそうだ、と深く思えた。


 別の男性が「フォークダンスで手を繋いだとき、あなたに、『手の暖かい人は心が冷たいんだって』、と言われてすごく傷ついた。ほんとに僕の心が冷たいのなら仕方がないけど、そうではないのに」と言った。私は申し訳なくて恥ずかしくて顔から火が出そうだった。当時の私は冗談のつもり、大人びた事を言いたかっただけだったのだろうが、しかし真に受けた少年の心を深く傷つけ長い間苦しめていたのだ。
 

 思い出せば恥ずかしくて火を噴きそうな事柄が山積している昔の私を知り、今も会ったり声を掛けてくれる人は、昔のイヤミな私に憤慨したりあきれたりしながらも、許してくれているのだと思う。こんな有難いことはない。いろいろ問題の多かった私の人生の概要を把握し、この日も私に様々な言葉をかけ、あるいはずっと側に座って居てくれたのだ。


 私は旧友たちに感謝しその大切さを痛感し、折あらば恩返しをしたいと思って帰ってきた。そして家族のいる家に戻り、家族という関係も旧友みたいなものではないか、と思い至った。特に私の子供たちは私の人生の波をまともに被って苦労してきたのだ。私の迷いはほぼ解消し、また元気でこの暮らしを続けて行こうと思った。


2011年12月29日1
親子3代で

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月28日 今年66人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では2012年2月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

今朝は今年最後のウーファーさん3人が出発していきました。(この3人の紹介はまたのちほど)

真っ青な空の下、銀世界の中、駅で見送っていると今年もやりきった感が沸いてきます。

宿でもないのに、今年もこんなにたくさんの人に出逢えてよかったです。


一足先に出発したウーファーさんの紹介です。今年66人目のウーファーさんは福井県から今年なんと9回もおぐらやまを訪れてくれたさやかちゃんです。

2011年12月27日さやかちゃん2
りんごをもってルンルン♪

さやかちゃんが言うには、今年はトータルでおぐらやまに117日間も滞在してくれていたそうです。今までのウーファーさんの中でも最長の滞在期間です。これだけ長くいてくれると家族同様ですね。

とわなんて今回さやかちゃんが到着した日に

「さやかちゃんと結婚する~~~」って言って、

2011年12月27日さやかちゃん
デレデレとわ。


この通りです。(笑)

私が「お風呂入ろ。」っていっても「さやかちゃんと入る~~~~」と言って大泣き。

ついには「さやかちゃんと寝る~~~」って言いだすもんだから、やさしいさやかちゃんは一晩一緒に寝かせをしてくれました。

さやかちゃんの魅力にお母ちゃん完敗です。(笑)


この一年は本当にありがとう。

冬の寒~~い中の剪定作業のお手伝い、ビニールハウスの片付け、建て、野菜のお世話に、夏の暑い~中の人参収穫、トマト収穫、草ひき、洋梨の収穫にりんごの収穫、そしてりんごの出荷。まだまだいっぱいあるけど、ほんとたくさん、たくさんおぐらやまを手伝ってくれて感謝いっぱいです。


ヒーラーさんでもあり石とも会話できて、パワーストーンのブレスレットやペンダントを作るさやかちゃん。マッサージもプロです。いつでもなんでも学んで前に進もうっていうパワーはほんとすごい!!


http://hidamarinoneko385.blog98.fc2.com/ さやかちゃんのひだまりの猫ブログ


滞在中にはそんな多才なさやかちゃんとワインを飲み、いろいろとお話を聞くのが私の楽しみです♪


お正月は3日から家族で福井県まで遊びに行ってきます。


ふーままと3人でお酒飲みながら女子トーク?!しようね♪


毎回、毎回来るたびには、ウーファー紹介できなかったので8回分のウーファー紹介をまとめました^^
さやかちゃん本当にありがとう。

【今日の学び】
ご縁を深めたい人との出会いは素晴らしい。

【魔法の質問】
来年はどんな人と出逢いたいですか?


無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから









テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

いろんなことがあり過ぎた2011年を振り返ろう (2)  < おぐらやま農場だより その162  2011・12・26 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その162  2011・12・26 (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@愉快なウーファーさん達との農場生活をブログでご覧ください。
 ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


< 最新農産物情報 > 
年末は12月28日まで発送作業を行います。年始は1月9日までお休みをいただき、10日より通常業務となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

@りんご
*ふじりんごは「大玉」・「中玉」が完売となりました。「充分あります」と言っていたはずの中玉もここ数日であっという間に注文が入り、申し訳ありませんが、今シーズンは終了です。

*家使い用もあと100キロ足らずです。終了後は「まるかじりりんご」の発送となりますので、ご家庭で使う分はこちらをご利用ください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/ap-12.html

@加工品
*<桃ジュース> <トマトジュース> <りんごジュース> <人参りんごジュース>が発送できます。贈り物にも人気。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html

*トマトジュースとケチャップの「トマト加工品セット」も贈り物に使われる方が増えています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245953/list.html

@野菜
*人参・アロマレッド、今季最後の収穫をしました。厳しい霜に何度も当てられた人参の、透き通るような甘味を味わってみてください。価格の安いジュース用人参もあります。
 人参の乾燥防止のために箱の中でビニール袋に包んで発送しています。配達されてからもなるべく袋の中で保管してあげて下さい。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/745752/list.html

*「にんにく」は「Sサイズ」・「バラ品」のみ発送できます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html

*「玉ねぎ」もまだ発送可です。りんごや人参などと一緒に発送出来ます。どんなものでも15キロまでは送料600円で送れますので、上手にご注文下さい。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/703306/list.html


◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

< いろんなことがあり過ぎた、2011年という年を振り返ろう (2) >

一年を振りかえるシリーズの第2回です。 3月の大震災・原発事故の後、海外からのウーファーさんは急遽、帰国となりました。その時確か4人の香港・台湾からのウーファーさんが来てくれていたのですが、原子力発電所の建屋が吹っ飛んでから1っ週間以内に無事に皆、出国出来ました。本国のご両親から国際電話がかかってきたり、随分あわただしい時期でしたが、私がウーファーさんの親の立場でもきっと「早く帰ってきなさい!」と言ったでしょうから、速やかに帰国でき、一安心と言ったところでした。

ところが、おぐらやま農場は日頃からウーファーさん達と一緒に作業を進めているおかげで成り立っている場所ですから、このままでは作業に遅れが出てしまうといった状況になりましたが、そんな空気を察してくれた日本人のウーファーさん達が次々とやってきてくれたのでした。

3月下旬からは福島県での就農直前に原発事故が起こり、移住を断念して次の道を模索していたマナブ君とサッチャン(彼らはまさに筋金入りのスーパーウーファーでした。2人で5人分は働いて行きました)。彼らがカナダへ出発していったゴールデンウィークの頃にも大勢かけつけてくれて、逆にりんごの花摘みのシーズンは賑わいのおぐらやま農場となったほどです。もう何度もおぐらやま農場までウーフに来てくれているリピートの方も数人いて、勝手知ったる親戚の家という雰囲気で初めから皆を引っ張って行ってくれる姿勢には本当に頭が下がります。

(ウーファーさんのメッセージノートより・・薬剤師の仕事をしていたマリコさん)


おぐらやま農場の皆さま、11日間お世話になりました。今回は転職の間に幸運にも時間が出来、何年も前からずっとやりたいまと思っていたウーフをすることができました。最初は自分たちで食物を作って毎日土に触れて農業をして生活するという、今までの自分とは全く違う生活をしたくて応募させてもらったのですが、今回ここに来て毎日の生活で忘れがちなこと、置き忘れてきやすいものをたくさん拾わせてもらった気がします。


自分の身体を大切にすること
自分の感情や気持ちをきちんと追っていくこと
食べ物や料理に気を配ること
家族が笑ったりほっとできる場所をつくっていくこと

生活していく上で基本になるものばかりですが・・・
仕事に追われると今まですぐに後回しにしていたものばかり。
テルミさん、最終日に話をきいてくれてありがとうございました。自分でも予期せず涙がでてしまって恥ずかしかったですが、自分が置き忘れてきたものの大きさに気付いた感じがしています。

育ててくれたおばあちゃんが亡くなってから1年3カ月。それを契機に仕事をやめる決断ができ、外国への留学や転職活動、今回の地震、そしてウーフと様々なことがあり、大変なことも多かった分、学ぶことが多い期間でした。その長い旅の終わりにここに来れてよかったです。又機会があればぜひここに帰ってきたいです。・・・・(ウーファーノートより)


今年も、「また、ここへ帰ってきます!」といって出発していくたくさんの若者たちを見送ってきました。宿泊業をしている訳でもないのに、一年中3~5人ほどの若者たちが泊まってくれています。彼らの人生にこの安曇野という土地とおぐらやまという農場は何がしかの足跡を残しているようです。マリコさんの言う、「置き忘れてきたことを拾い上げる場所」になれているなら、こんなに嬉しいことはありません。置き忘れやすいものが何かは一人一人違うのでしょうが、「これがほんとうの生活なんだ・・」と得心のいく暮らし方を私たちと家族、仲間たちがめざしていくならば、ここで忘れ物・探し物を見つけ出す人の役に少しでも立っていくことは可能だと感じています。

11月に所用で香港まで出かけたテルミさんが、香港からきたウーファーさん達、総勢14人と夕食を共にした事を以前紹介いたしました。ウーフホストを始めて7年が過ぎたわけですが、これを10年、20年とやり続けていくとどんなことが起こるのか、私たちがこのような農業の形を淡々とやり続けていく醍醐味は、きっとこれから真価を見せてくるのだろうなと思うのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


僕が中学生の時からずっと聴き続けている音楽があります。もう30年近く。ジョージウィンストンというピアニストとウィルアッカーマンというギタリスト。知っている方も多いと思いますが、ウィルアッカーマンは<ウィンダムヒルレコード>というレコード会社の設立者でもあり、その経営者としても大成功したアーティストです。
http://www.youtube.com/watch?v=auQNLn0LLkY&feature=rellist&playnext=1&list=PLAB2CF0303F323B38

彼が会社の名前に<ウィンダムヒル>という名前をつけたのは、若いころに出会ったバーモント州にあるウィンダムヒル農場とそのロッヂ(民宿)での暮らしぶりに影響されてだと読んだことがあります。作曲したり演奏したりする作風にもウィンダムヒルでの体験が大きかったとレコードのライナーノーツに書かれていたのを記憶しています。(まだレコードの時代でしたね) 僕が中学生の時にその話を聞いて、こんな素敵な音楽を作り出すもとになった<ウィンダムヒル農場>って言うのはどんな場所だったのかなと、ジョージやウィルの音楽を聞きながら想いをめぐらしたものでした。(実は中学2年の頃にははっきりと「将来は農場をやるんだ」と考えていましたので)
http://www.sky.sannet.ne.jp/k-shimizu/WH/WHS/page005.html

もしかしたら、そうやって思いめぐらしてきたことが今の僕たちにつながってきているのかもしれません。人間の「思い」・「想像力」は、時にものすごい力を発揮することがありますからね。ここから、どうやって、どんなおぐらやま農場にしていこうかと、もっともっと明確にしていきたいところです。テルミさんや家族の思い、周囲の仲間たちの思いをしっかりと理解し、話し合いながら、また、新しい年をはじめていきたいと思っています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

クリスマスイブからはずっと雪が降り、おぐらやまはすっかりモノクロ映画のようになってしまいました。サンタクロースも降りしきる雪の真夜中に、子供たちの枕元にプレゼントを届けてくれました。いつも本当にありがとう。子供たちは今日は一日中それで遊んでいました。

りんごは「家使い用」・「まるかじり用」のみとなってしまいましたが、自宅で食べる分はどうぞそちらをご利用ください。12月29日~1月9日までは発送をお休みさせていただきますので、お正月用に家庭に用意しておこうという方はお早めに注文下さいませ。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。 年内にもう一度皆さまに感謝の言葉をお伝えしたく大晦日のあたりで、再度メルマガを配信予定です。どうぞよろしくお願いいたします。



☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆


*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!f
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月25日 今年65人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では2月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

クリスマスいかがでしたか?今年、うちはサンタさん大忙しでした。(笑)

せめてプレゼントぐらい考えておかないとね。あまりにも当日バタバタすぎました。

何事も準備が大切だなあーと改めて実感しました。

でもプレゼント考えるのって楽しいなあ~~。何を渡したら喜ぶんだろって。

その準備する期間が長ければ長いほど当日もその期間も当日も楽しめますもんね。
来年はいろいろなことに計画を立てて、そこまでの準備期間を楽しみたいと思います。

家族やウーファーさんの協力ありで素敵なクリスマスでした。
香港から遊びにきたもとウーファーさんがクリスマスプレゼントまで届けてくれて。。。。

嬉っ(涙)


ワインを届けてくれたサンタさんもいて感激です。


ありがとう。


さて、さて今年65人目のウーファーさんは、オーストラリアからきたリアちゃん。

12月25日リア
ピンクのジャンバーがリアです。


とっても明るくて、おしゃべり好きの彼女がいるだけでいつもまわりが明るくなります。

ちょっと変な日本語だって、「わたしの日本語変ね~~あはははは」といってバンバンしゃべります。

ここだ!!メキメキ語学が得意になるひとの特徴は!!

とにかく間違えることなんて気にしない。新しい言葉を覚えたらすぐに使っている。

わたしも今回はリアに頼んで最終日だけall Englishで過ごしました。

リア先生はとてもやさしく、厳しくいろいろと英語を教えてくれました。(笑)

ありがとうリア。

どんな農作業でも楽しくやってしまう彼女は本当に頼もしかったです。

【今日の学び】
準備期間をとって準備している時間も楽しもう。

【魔法の質問】
どんなことの準備をしたいですか?


無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月24日 クリスマスプレゼント

メリークリスマス!!イブ~~。
今日の安曇野は朝マイナス8度。只今1時の時点で気温も0度です。(さぶっ)

今日は私からクリスマスプレゼントっていうわけでもないけど、私のところに2つのクリスマスプレゼントが届いたので、私も何かプレゼントできないかなあって考えていたらこの2人の方を紹介しようと思い立ちました。こんな2人のように自分のできることでクリスマスのプレゼントを贈り合うっていいな~と思いました。


一人目は、このブログでもおなじみのゆくりりっくのふまちゃんのクリスマスソング!昨年の今頃は1800人入るホールで一緒にコンサートに出演させてもらいました。


5分ぐらいのところから私も登場しています。


私はふまちゃんのメールマガジンにも登録しているので、時々こうやって歌を届けてもらっています。ふまちゃんの言霊はとてもこころが和みます。

今回プレゼントしてくれたクリスマスプレゼントも聞いていると心がふわ~~~んとゆるむ感じ。
よかったらみなさんも聞いてみてくださいね。

http://ukulyric.com/index.php?presentorder


もうひとつはいつも私が「魔法の質問」のお手本にさせてもらっているマツダミヒロさんから、

以下ミヒロさんからのメッセージです。

___________________________

25日は何の日でしょう?

はい、
もちろん
クリスマス!

全国各地で
素敵なクリスマスが行われていると思います。

なのですが
その他にも、

25日は「新月」の日です。



「新月」とは、
太陽の光を真後ろに受けて、
目には見えないことを言います。


この月のない日を
新しく始まる日として「新月」と呼び
今までのサイクルが終わって(浄化)
新しく始まる日、再生・新生の日となります。


何か新しく始める時、
願い事をするには、とても適している日といえるんですよ。



その新月の日に
願い事をするといい!


そんな事を
聞いたことがあると思います。


最近は、
新月の日に
【質問】をするといい(笑)です。

ぼくは
願い事ではなく
新月の日に、質問を自分にしています。


自分の問いかけ
会話をすることで
その1ヶ月を<自分らしく>過ごすことができます。


この質問は
12星座ごとにつくりました。

生まれた星座が、
いて座の人は、いて座の人用の魔法の質問があります。
おうし座の人は、いて座の人用の魔法の質問があります。



あなたの質問は、
どんな質問でしょう~


クリスマスプレゼントとして
無料でプレゼントしますので、こちらからどうぞ!
http://mshn.jp/r/?id=06rri7515



マツダミヒロ




 今日もあなたに、たくさんのシアワセが振り注ぎますように!



______________________________


新月のお願い事は私もいつもしています。
ルールがあって、
☆お願い事をするのは基本的に新月に入ってから48時間以内
☆お願いごとは10個まで
☆~だれだれがなになにしますように(子供の成績があがりますように)とかではなく、わたしが子どもの成績があがるようにサポートできますようにとか自分を主体に。

一か月に一度自分がどうしていきたいのかを見つめなおすいい機会になっています。よかったらミヒロさんの質問を受け取りながら、お願いしてみてくださいね。


ではでは!!よいクリスマスを!!サンタは街に行ってきます!!(テルミ)

【今日の学び】
人は誰でもサンタクロース

【魔法の質問】
誰にどんなプレゼントをしたいですか?

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

 いろんなことがあり過ぎた、2011年という年を振り返ろう (1) < おぐらやま農場だより その161  2011・12・20 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その161 2011・12・20 (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@愉快なウーファーさん達との農場生活をブログでご覧ください。
 ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

2011年12月21日
雪降る中、ばあと歩いて保育園に

< 最新農産物情報 > 
年末は12月28日まで発送作業を行います。年始は1月9日までお休みをいただき、10日より通常業務となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

@りんご
*ふじりんごは「大玉」があと残り80キロ、「家使い用」が残り400キロほどになりました。必要な方はお急ぎでご注文下さいませ。

家使い用りんご→http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/641204/list.html


*キズ・ツルわれなどの入っている「家使い用」が無くなり次第、「まるかじり用」りんごの発送を始めます。 小玉サイズで皮ごとまるかじりするのにちょうどいい大きさ。子どものおやつにもちょうどいいし、ポケットにも入るサイズ。小粒ですが美味しいふじりんごです。約2000キロあります。おそらく年明けから2月いっぱいぐらいまでは注文できると思います。

@加工品
*<桃ジュース> <トマトジュース> <りんごジュース> <人参りんごジュース>が発送できます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html

*トマトジュースとケチャップの「トマト加工品セット」も贈り物に使われる方が増えています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245953/list.html

@野菜
*人参・アロマレッド、今季最後の収穫をしました。厳しい霜に何度も当てられた人参の、透き通るような甘味を味わってみてください。価格の安いジュース用人参もあります。
 人参の乾燥防止のために箱の中でビニール袋に包んで発送しています。配達されてからもなるべく袋の中で保管してあげて下さい。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/745752/list.html

*「にんにく」は「Sサイズ」・「バラ品」のみ発送できます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html

*「玉ねぎ」もまだ発送可です。りんごや人参などと一緒に発送出来ます。どんなものでも15キロまでは送料600円で送れますので、上手にご注文下さい。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/703306/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< いろんなことがあり過ぎた、2011年という年を振り返ろう (1) >

早いもので2011年もあと残すところ10日ばかりとなりました。
今年は3月に大震災と大津波があり、数万人の人が命を落としました。そして原発事故という今までの私たちには全く想像がつかないことが現実に起こりました。
Tちゃんは石巻でまともに津波に遭い、一緒にお店をはじめようと準備していた友人と店を一瞬で失った悲しみの中、避難所から電話をくれました。これからの事をゆっくり考える場所と時間を提供できたらと受入れさせてもらいました。 

(ウーファーさんが出発するときに書いてくれるメッセージノートより)
ーーーおぐらやま農場の皆さま、本当に、本当にありがとうございました。3月11日の震災以来、絶望的な気持ちでいた私にゆっくりと光を注いでくれたおかげで、少しずつ前進していこうと考えることができました。ここに来る前までは海の底にいるような真っ暗で周りが見えないところにいたけれど、そこから何とか一歩踏み出したいと思い、連絡させていただきました。

見ず知らずの私を電話で輝美さんが優しく受け入れてくれた時、余りに早く決めてくれたので本当によいのか何度も聞いてしまいました。その時から人の温かさを改めて強く感じることができました。もしかして私も穏やかな日常を取り戻せるときが来るかも知れないと言い聞かせてここに来ました。

そしてたくさんの幸せがあることを教えてくれたから、これまでの悲しみもエネルギーに変えていける気がしています。 頑張らなければいけない事もいっぱいあるけれど、ここで感じた事を大事なお守りにして、また明日から生きて行こうと思います。ーーー


彼女の言う、「海の底にいるような、真っ暗で周りが見えない」という気持ちを100%理解できる訳ではありません。だけど、そのことを自分のこととして、そこから自分達に何ができるだろうかと考え実践してきた一年だったように思います。でも失敗もありました。

6月の始めに田んぼの代かきで、水の入った田んぼへ入り地面の整地を一緒にやった時のこと。僕は彼女のこわばった顔に気がつかなかった。作業を終えて、田んぼの横の水路で足を洗おうとしたところで彼女は泣き崩れて動けなくなってしまった。水路にゴウゴウと流れる水の音に、津波の恐怖が押し寄せてきたTちゃんは肩を震わせて泣いていました。僕はボランティアとして現地に行くことはなかったのだけれど、彼女の表情や声を通して津波の凄惨さ、彼の地で起こった出来事が何だったのか、その一端を肌で感じました。

ちょうどりんごの摘果作業で何人ものひと達が農場を出入りしていた時期でしたのでそんな彼女を元気づけようといろんな人が「コンサートがあるから一緒に行こう」とか、「美味しいものを食べに行こう」とか、「自作の紙芝居があるから聞いて!」とか、ゆくりりっくのふまちゃん(プロの歌手です)が我が家の食卓でうたを聞かせてくれたり。みんなが、「自分にできること」で、彼女を支えてあげたい、何かお役に立とう、と声をかけてくれたのです。

Tちゃんが書いている「ゆっくりと光を注いでくれたおかげで」と言うのは、まさしく安曇野の仲間たちから降り注ぐ光のシャワーだったに違いありません。


<続> 

次回も、今年を振り返るシリーズ(第2回)をお届けします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

11月のふじりんごの収穫から発送作業で、大忙しの1カ月をなんとか乗り切りつつあります。メールマガジンもしばらくお休みしたまま、ようやく書く時間がとれるようになりました。仕事が集中するこの時期をいかに運営するか、もう何年もかけてやってきているのですが、まだまだ改善の余地があります。

今年は発送作業をスムーズに行えるように、11月前半に農業倉庫の出入り口に屋根をかけて、作業スペースを広げました。倉庫建設の棟梁だった「にじ工房の西大介さん」に忙しいところを来ていただき、工事をしてもらいましたが、屋根をかけるために作った柱と梁が神社の鳥居に見えなくもないので、中でりんごの箱詰めをしているテルミさんたちがご神体かもと、冗談を言って笑いました。

しばらく農場だよりをお休みしていた分、今年の振り返りレポートをまた年内に皆さまに配信させていただく予定です。新年を迎える前にしっかりと今年のまとめをして、いい来年のスタートを切れるように準備したいと思っています。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。今日もあなたに、たくさんのよき事が起こりますように。 感謝。


☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月20日 今年63・64人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では2012年2月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________


今、わたしがパソコンを書いている後ろではフランス語と台湾語(北京語)が交錯している。ウーファーさん3人のうち一人はI-phoneを使って彼女と電話。そしてもう一人がスカイプを使ってお友達?お姉さん?と会話。

そしてもうひとりの日本人ウーファーさんは読書中。

こういう風景を見てるとつくづくすごい時代だなあって思う。世界中が一瞬で繋がっちゃう。


お母さんがフィンランド人の私の友達は、「本当に今はすごいよ。うちのお母さんが昔国際電話をかけようと少ししゃべってると軽く2~3万円ぐらいかかっちゃうからほんとたまに行事があるときぐらいしか話せなかったのが今はスカイプがあるから毎日話放題だよだって」


他の国の本の著者でこの人の話聞いてみたいな~っていう人がいると(D・カーネギーとかトニーブザンとか)簡単にyou tubeで検索して実際の生の声が聞けたりするもんねーー。英語で勉強できるし。

例えば、


トニー・ブザンが自分のために講義してくれているみたい。

うん、すごい時代だ。

あ~~思いっきり話がそれてる。ウーファーさんの紹介だった。トニー・ブザンはウーファーさんではありません。(笑)

2011年12月20日ごうちゃんとりんちゃん
ごちゃんとりんちゃん

今年63人、64人目のウーファーさんは台湾からきたごちゃんとりんちゃんです。


ふたりは日本に行くからということで、旅友となり今は日本各地をウーフしてまわってるんだって。


ごちゃんは会計士のお仕事をしていたらしくやはり数字に強い。子供たちの宿題の計算が一番早かった!!りんちゃんは保育士さんだったらしいのでさすがにとわがすぐよくなつく。


仕事をしているとその仕事を通して自分の技術というか特質みたいなものが引き出されるんだなあってよく感じる。

ごちゃんもりんちゃんも日本語がとても上手。二人ともほとんど独学で話せるようになったんだって。なんといっても二人合わせて、「りんご」ちゃんだから。(何の関係もないねーー)


ふたりとも本当によく気がきくのでいろいろとお手伝いやお片づけもしてもらっちゃいました。まったりとよき日々をありがとう。(テルミ)

おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから













テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月19日 今年61.62人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では2012年2月に来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

今年も本当にあと少しとなってきましたね。3月11日の震災以降は、しばらくウーファーさんも来ないのかと思った一年でしたが、今年もこうやってたくさんのウーファーさんを受け入れられることができて感謝です。

海外からきたウーファーさんに「日本は今もまだ原発の問題とかあるのにどうして日本に来たの?」って聞くとたいていのウーファーさんは「僕は(私は)本当に日本に来たかったんだ。日本って素晴らしいよ。景色は美しいし、人はやさしいし。」


嬉しいですね。日本には海外からみても魅力な点がいっぱいあるんだ!!


わたしたち日本人ももっとその魅力に気づいていかないとねーーー。


さて、さて今年61人目のウーファーさんはオーストラリアからやっていたティンくん。完全にうちでくつろいでくれました(笑)お父さんとお母さんがベトナム人なんだけど、生まれと育ちはオーストラリア。オーストラリアにはそんなような人はいっぱいいるよって。いろいろな人種が織りなす国。そしてどこまでも続く大地。行ってみたいなあ。

高校時代、私はきっとオーストラリアに住むんだって思ってた。何かの本かビデオでみたバーベキューをしながら陽気に笑いあうオーストラリア人。きっと私の前世はオーストラリア人だなんて思ってた。自分には陽気な空気があっている気がしてたんだなあーー。

でも今こうやっていろいろな国のひとを受け入れていると人って国によって違うんじゃなくて、一人一人違うんだっていう当たりまえのことに気づいたりする。

いい経験だね♪

2011年12月19日ティンくん

ティンに「どうしてうちを選んだの?」って聞くと犬が大好きだからって。ほんと犬好きらしくリオの前を通るたびに声をかけてなでなでしていました。リオも嬉しい毎日だっただろうなあーー。ありがとね、ティン。


そして、62人目のウーファーさんは神奈川からやってきてくれたちひろちゃん。実はわたしと出身地がものすごく近いんです。嬉しい!!

2011年12月19日ちひろちゃん

ちひろちゃんは、なんといってもカッコイイ。昔はバスケ部だったというその身のこなし。

素晴らしい!!

ひとつひとつの動作がいつも決まってる。こんな人もいるんだなあ。

うちのふーままが週に1回太極拳を習いにいっているのだけれど、ちひろちゃんもやっていたということで最後の日に見せてもらったんだけど、それがまた決まってる。

マッサージをやっているということもあって体のこともとても詳しい。もっといっぱい聞いとけばよかったーー。次に来てくれたときにはいろいろ教えてください。ちひろちゃん♪


Face bookにも11月と12月の写真をアップしたので、よかったら見て下さいね。


では、では!!よき年末を!(テルミ)


おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから













テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月16日 断捨離そしてブログフリーマッケット

おはようございます。てるちゃんです。年末いかがお過ごしですか?


今年もあと16日となりましたね。おかげさまでりんごの注文も毎日のようにいただき、まだまだ出荷作業が続いています。ほんとうにありがとうございます。


ふじりんご大玉はもうすこしで締め切らせていただきますので、まだ注文したかったという方がいらっしゃればおはやめにお願いします。中玉サイズ・家使いはまだ余裕があります。


年末・年始のお休みはまた後日お知らせ致しますのでよろしくお願いします。


ここのところ新年に向けて一日に少しづつですけど断捨離&大掃除はじめてます。いっぺんにというわけにはいかないので、毎日少しづつ。


常に物は少なくスッキリと暮らしたいと思っているのですが、やはりどんどん貯まってきてしまうものですねー♪
来年はもっともっと物を管理する時間に時間をとられてしまうよりも物を少なくして、より毎日をシンプルに暮らしていきたいと思っています。


なんでもあるデーターによると現代人は、今必要のないものが50%から70%あり、そういう物に囲まれながら暮らしているそうですよ。


わたしも昨年は「50%手放す」を目標にいろいろなものを断捨離しました!!


と前置きが長くなりましたが、断捨離ついでにただ捨ててしまうのももったいない本がでてきたので、ブログで初のフリーマッケットの試みです^^


ほしい方に下記の本5冊まとめて送らせてもらいます。年末年始の楽しみに読んでみてはいかがでしょう?一冊、一冊を読むのもいいのですが、まとめて5冊!がポイント!!新年をより素敵に迎えるために大人読みしてみては。


2011年12月16日本2

★「夢をかなえる人の手帳術」藤原優月著

この本は私がもうかれこれ5年間愛用している手帳の著者です。彼女の時間術はとても特徴があります。あれこれと忙しく、やることを詰め込めてそれを完了させていくために使っていく手帳ではなく、いかに自分らしい時間を過していくか、本当にやりたいことを見つめ、そのことに時間を使っていけるか。本を読んで行きながらひとつひとつを自分の心・時間を見つめなおしていくことで「時間」というものが大好きになる。そんな素敵な本です。

★「ゼロからの節約生活」 丸山春美著

それまでお金を貯めるということをしたことのなかった著者が、ある決意をし22歳で、普通の暮らしをしながら4年間で500万円を貯めたというものです。全般にわたって節約の智恵が書かれていますが、節約というよりもシンプルに楽しく暮らすという感じがぴったりでしょうか。かわいいイラストつきでとても読みやすく、本自体も楽しめ、節約もでき、暮らしのヒントもいただけ、おいしいレシピもあるのでお得な一冊ですよ^^

★「快適生活のすすめ」山崎えりこ著

同じく、節約に関してはカリスマ的存在の山崎えりこさん。丸山さんと同じくシンプルな生活のコツ、生活の知恵をたくさん書いていただいているので、何個かを生活に取り入れるだけでもぐ~~ンと毎日の生活に豊かさができ楽しくなることまちがいなしです!!

★「もっとなりたい自分になる100の方法」中山庸子著

本当に簡単なちょっとしたことで、なりたい自分になっていく方法の伝授。100個あるので好きなものをチョイスしてお試ししてもいいかもしれませんね♪

★自分を磨くちょっぴり贅沢な時間 吉本由美著

節約と贅沢、一件ちょっと相反してそうなこの5冊目の本ですが、今回の本全般に関して言えそうなのは、生活を豊かに自分らしく生きる、暮らすということがどの著者にも言えそうです。普段暮らしとちょっと贅沢な時間を分けている著者は、ワンランクアップした時間を過ごしたいときに参考になりそうです。

2011年12月16日本1


5冊合わせて、6200円の本ですがフリマ価格で^^5冊まとめて1800円でお譲りさせていただきます。
送料は別途500円の負担でお願いします。

本と一緒に振込用紙をつけさせていただきますね♪先着1名さまで送らせていただきます。

ほしい方はteruchan358★yahoo.co.jp までどうぞ!(★を@に変えて下さい)


では、では突然のブログフリマのお知らせでした。(テルミ)


おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから
























テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月10日 生命力ある農産物づくりに向けて

おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

今年で2年目の転換期に当たる炭素循環農法。

とにかく土の中にいる微生物にエサをあげるべく、きのこの菌床やもみがらを毎日のように撒いています。(畑の範囲が広いから)いままでの作業にプラスアルファーの時間もかかっています。

2011年12月7日6
玉ねぎのまわりに撒いてます

これがすぐに結果となって結び付くわけではないのですが、2~3年後。そして10年後、20年後を見据えての作業。

どんなりんごを育てたいのか。そのあたりがこういった作業を続けられるモチベーションになる気がします。

畑が教えてくれたこと

2011年12月7日5
コンテナにいれて

2011年12月7日3
寒いんだよーーー。

2011年12月7日2
がお~~~~

今日も明るいウーファーさんたちが畑でもみがらを撒いてくれてます。

2011年12月7日7
ひゃっほ~~~~~~!!

あっ、まじめに書くつもりが写真につられて・・・・・・

農場主の想いはやはり、農場主が書くのがいいですね。メルマガをお楽しみに。(テルミ)


おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから




テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月9日 今年57人~60目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

★只今おぐらやま農場では2012年2月から来て下さるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

この間、「子供の気持ち」っていうタイトルでこのブログを書かせてもらったあと、突然子供たちにプレゼントが届きました。

送り主は、前に1年に2~3回ほどうちの農場に来て作業のお手伝いをしてくれたIさんからでした。プレゼントの宛名には子供たちの名前が書かれています。

品名には「バームクーヘン」と。

「あ~~もしかしてIさんブログを読んでくれて。。。」となんだかとてもあたたかい気持ちになりました。子供たちのことをちょっと気にかけてくれている親戚のおじちゃんからのプレゼントが届いた感じ。

もちろん子供たちは大喜び。お母ちゃんがこの前のことをブログに書いたなんて知らないから箱の中にびっちりと詰まったバームクーヘンにただ、ただ目を輝かせていました。


よかったね。


Iさんに幸せを届けてもらった気がします。プレゼントってその物の奥におくってくれた人の心を感じるから、余計心があったかくなるんだなあ。


ありがとうございます。Iさん。



さて、さて、ウーファーさんの紹介です。11月に来てりんご収穫を一緒に手伝ってくれたウーファーさんたちです。毎日、毎日りんご収穫と倉庫の屋根をつけるお手伝いをしてくれました。

2011年12月8日西さん

奈良からやってきてくれた西さん。以前はずっとコックさんをやっていたそうです。何回かお料理を作ってもらったのですが、その絶妙な味付けが「は~~~~。旨い!!!」勝手に5つ星シェフです♪

うどんでつくるジャジャ麺を教わって、我が家の一品になりました。おからで作ったコロッケも美味しかったなあ~~。とにかくある材料で「ちゃっ」と作ってしまいます。

そんな美味しいお料理を作れるのに西さんはいつも謙虚。スバラシイ。。。見習わなくては。。。

またぜひ今度はおいしいお料理をつくりにwwoofに来て下さいね♪


2011年12月8日パット
2011年12月8日オウリエン

そして、次はタイから来たパットとフランス人のオウリエンの素敵なカップル。二人ともとても落ち着いているのだけれどもおもしろい!!オウリエンがいつも変なジョークをいってみんなを笑わせてくれます。

パットもすごくよく気がつくので、常にパッとものをかたづけてくれたり(笑)、手助けしてくれるんです。こういうことが自然にできるひとはほんと尊敬してしまいます。タイにきたときにはぜひ声をかけてね♪っていってくれたんで、タイに行ける日を楽しみにしてます♪

2011年12月8日げんちゃん

そして台湾から来たゲンちゃん。ゲンちゃんの笑顔は最高です。とってもやさしい笑顔。食事のときにゲンちゃんをみるとすごくホッとしてしまいます。まさに

「至福~~~♪♪」っていった顔でごはんを食べているから。

感想のノートに「時々作業が大変だったけど、これはホントの農業だ!!と考えると楽しくなってきました!」と書いていてゲンちゃんらしいなと思いました。

何してても楽しそう。

ほんと素敵な出会いがいっぱいのウーフホスト生活です。感謝!(テルミ)


おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから



















テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月8日 笑顔のりんご出荷

たくさんのふじりんごの注文いただきましてありがとうございます。只今毎日顔晴って出荷しています。ネットの方もすぐには対応できませんが、順次出荷していますのでしばしお待ちを。。

注文の方はなるべく早めにお願いします。
指定日のある方はその旨、ご記入をお願いします^^



おぐらやまの出荷場、毎日「気愛」に溢れてます?!

どんなに忙しくても「にこちゃん」なのがうちの農場のいいところ。

おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

ふじりんご大玉も注文受け付けを再開しましたので、ご活用下さい。

2011年12月7日4
みんなでりんごもってはいチーズ!

2011年12月7日1
りんごの仕分けをしてくれているえりちゃん、えっちゃん。


まだまだ注文お待ちしていますね。はやめ、はやめでお願いします。。。ペコっ。
出荷に戻ります!本当にいつもありがとうございます。感謝!!(テルミ)


おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月3日 子供の気持ち

おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから


今日はウーファーのさやかちゃんが帰る日。

さやかちゃんの住む福井県まで車で7時間ほどの運転だったので、おやつにと思ってうちにあった「バームクーヘン」を渡した。

実はその「バームクーヘン」は私の父親が送ってくれた「おやつ色々セット」の中にあったものだったのです。「コーヒーゼリー」やら「ぜんざい」やら「水ようかん」と一緒に「バームクーヘン」や「焼き菓子」が入っていたものをプレゼントしてくれたのです。

わたしとしては父親が娘にと送ってくれたものだったから「わたしのもの」って思っていたのです。

(実際にはほとんど子供たちが食べていたのですが、意識の中では「わたしのもの」)


だからさやかちゃんになにげに渡したのだけれど、その1時間後!!


子供たちがそのお菓子の箱を開けると、「バームクーヘン」が消えている。


すぐさま私のところに3人で駆け寄ってきて、


「おかあちゃん!!バームクーヘンは?」と詰め寄られました。(笑)


私、タジタジ。

「えっ、さやかちゃんにあげたよ。だって、これから7時間も運転するんだよ」

子供たち、

「えーーーーーー。あれ何日も前からずっと楽しみにしていたんだよ!!!!」


と言われ少し申し訳ない気持ちに。。。。しかし、


「そこまでこだわることないじゃん。だって他にいっぱいお菓子あるじゃんよーーー」と言うと


子供たち、

「お母ちゃんは子供の気持ちをわかってない!!!」

「わ~ん」と泣き始めた。。。。


参った。。。。


さやかちゃんに言って、「バームクーヘン」と「コーヒーゼリー」を交換してもらった。


「子供の気持ちをわかってない」の一言が心に響いた。


ひさしぶりに私も「子供の気持ち」を思い出した。


大人になったら簡単に買えてしまう「ケーキ」だって「お菓子」だって、確かに子供のころは憧れだった。

ごはんなんか食べなくていいからお腹いっぱい「ケーキ」を食べてみたかった。

家族が5人だった私の家では「3個入り」のプリンを2つ買っていた。みんなでひとつづつ食べると決まってひとつ残る。その一つを姉弟3人でじゃんけんで決めるのだ。


そのじゃんけんさえも本気だった頃の「子供の気持ち」


大人は、お金を持ってスーパーに行けば、いつだってお菓子を買えるしおやつじゃない時間にお菓子を食べたって誰にもおこられない。

だけど、子供にとっては少しのおこづかいで「バームクーヘン」を買う気はしないだろうし、あったらあったでも「じゃあ、ちゃんとおやつの時間にね」「食べたら歯を磨いてね」とくぎをさされる。


ひとつのプリンに本気になったあの子供時代の気持ちを久しぶりに思い出したできごとでした。


ちゃんちゃん♪


【今日の学び】
子育て中には子供のころの気持ち、子供の立場を体験してみるのも大事かも。

【魔法の質問】
子供時代のどんな気持ちを思い出しますか?


おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから









テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月2日 ふじりんごの収穫終わりました

☆現在「ふじりんご 大玉」の注文をストップさせていただいています。まだ予約注文分を発送している途中のため、残り数が未定です。

あと10日ほどしたらまたお知らせさせていただきます。中玉サイズ、家使いはまだまだ受け付けていますので、ぜひどうぞ!



11月30日、今年もふじりんごの収穫を無事終えることができました。

12月1日ふじりんご収穫ラスト
もう葉っぱがほとんど落ちています^^

今年も常に畑に炭素資材を入れながらりんごの木をお世話していった1年でした。

冬の剪定作業に始まり、春の花摘み、摘果作業、春から夏の草刈り、そして玉回し。

その間に土の中の微生物もだんだんと増えていってくれたのでしょうか。

ある、りんご畑では土に棒をさすと1メートル20センチぐらいズボズボと入っていく畑もありました。微生物が増え、畑の土が団粒化されていっているのかな。

ウーファーさんも今年は70人来てくれました。ウーファーさん以外にもお手伝いにきてくれた方もたくさんおられます。本当にたくさんの方に関わって頂きながら、今年もふじりんごを皆さまにお届けでき少しホッとしています。

今年ラストの収穫は、横浜から来たウーファーのちひろちゃん、福井県からきたさやかちゃん、オーストラリアからきたティンくん、そしてひでさんがやってくれました。


安曇野のおぐらやま農場のりんごの木からみなさまのもとへ、今年もお届けしています。(テルミ)


【今日の学び】
てきぱき動く時間とゆったり過ごす時間。人それぞれのバランス。

【魔法の質問】
どんなバランスが自分に合っていますか?

おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから





テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

12月1日 斉藤一人愛弟子会

最近、「斉藤一人愛弟子会」なるものに入会して、一人さんのお話を聞かせてもらっています。一人さんのお話はいつも温かみがあって、それでいて人生をよりよいものに変えていってくれています。



斎藤一人 愛される人生斎藤一人 愛される人生
(2011/02/24)
斎藤 一人

商品詳細を見る



私はいつも一人さんの本の「おわりに」が好きなのですが、「愛される人生」からの抜粋です。


私たちは、一生に一回、神様からのご招待で、今、ここにいます。

今、ここに自分が存在する、ということが、神さまからいただいた最高のプレゼントです。

そして、人生とは旅。

今、自分が周りの人たちとともに歩いているこの道のりを楽しみながら行く。

そのことが、本当のしあわせです。


せっかくもらったこの人生。

「本当にしあわせだ」っていう毎日を送って、最期に「ホントにいい人生だった」って。

そんな最高のごほうびをもって、魂のふるさとへ帰る。

一人さんは今日も、周りの人たちと「本当にしあわせだ」って、笑いあって旅を続けています。

ありがとうございました。




人生が「旅」っていいな。まさにその通りの気がします。今年も12月に入りました。この1年もたくさんの方との出逢いがあり、一緒に旅の時間を過ごすことができました。本当にありがとう。


さあ、師走、今年も残りあと1カ月、思いっきり行こう!ラストスパート!!(テルミ)


【今日の学び】
大切な人と過ごせる時間を大切にしたい。

【魔法の質問】
残り一カ月、やりたくてもやれていないことは何ですか?



おぐらやま農場のお歳暮はこちらから

ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから




テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード