Ogurayama Friends  2012年1月号

食事療法士の辻野さんは、うちの農場まで家族3人で野菜や果物を買いにきてくれます。いつも「野菜が美味しい。野菜が美味しい。」と言って喜んでくれる辻野さん一家は本当に自然の美味しさが好きなんだなあと感じます。辻野さんのブログを読ませてもらったら太陽食っていう言葉がでてきました。さっそく私も・・・太陽の恵みって大きいんですね。また読ませてもらいます。

2012年1月号

おぐらやま農場、多謝!!玄米大好き食事療法士の辻野です。おぐらやま農場との出会いはこないだの桃の季節です。2011年7月に世田谷区から育児に適した自然の豊かな安曇野に移住してきました。友人宅でたまたま食べたおぐらやま農場の桃がめっちゃ美味しくて、すぐに買いに行きました。あの親近感のわく笑顔の「アキオさん」が「おぐらさん」ではなく「松村さん」だとつながったのは7・8回目のことでした。食物に夢中すぎたようです。
桃に妻が惚れ、歯のなかった息子が生人参をバリバリ食べはじめ、玉ねぎの元気さに私が感動し、我が家はおぐらやま農場の大ファンになりました!週一は通っているのでは。いつも本当にありがとうございます!

9年前、青森から沖縄まで、こだわり生産者を訪ね歩いていたことがありました。その時は徒歩とママチャリでの旅だったので、山の多い長野県は断念しました。しかし旅先で多くの人から長野県の話を聞いており、憧れていたことを最近になって思い出しました。深層にあった憧れが今回の移住につながった様な気がします。そしておぐらやま農場のりんごたちに(松村さんにも)出会えて本当に良かったです。

現在、私は食事療法士として軽井沢にある「星のや 軽井沢」で森林養生という体質改善プランを開催しております。また、東京を中心に治療や「食養生コーディネーター」養成講座の講師もしています。食養生の普及をして、日本の食文化を変えるのが目的です。

今後は長野県でも食養生を広げる活動をしようかと、おぐらやま農場のフジを食べながら思案しております。松村さん一緒にワクワクしていきましょう!ワクワク仲間募集中です!

◇森林養生:http://www.hoshinoya.com/plan/forest/index.html/
◇辻野式(blog):http://kenko.soragroup.jp
◇そら鍼灸食養治療院:http://soragroup.jp/shinryo/   
◇日本食事療法士協会:http://www.shokuyo.jp/



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

畑が教えてくれたこと 2012年1月号

畑がおしえてくれたこと2

<おぐらやま農場ニュースレター1月号より>


<寒い冬の土の中で>
昨晩からぐっと冷え込んだおぐらやまの、今朝方の最低気温はマイナス14度。雪はそれほどでもないが、海岸から遠い内陸部の乾燥した冷気は、雲のないよく晴れた星空・宇宙空間へ放射冷却現象を起こす。窓ガラスには室内の暖かい空気が冷えるときに出来る結露がバリバリと凍りついて外の景色はまったく見えない。1月から2月の一年で最も気温の下がる時は防寒が出来ていない僕らの家の中では雑巾が凍ってしまう。(冗談じゃないところが笑えないのですが)

2012年1月

冷たいのは畑も果樹園も同じ。りんごの枝にはびっしりと真っ白な霜がはり付くし、地面の雪は凍りついて、踏みしめる靴を通して伝わってきます。葉を落としたりんごの樹は眠りほとんど樹液も動かず、じっとこの寒さに耐えています。りんごや桃の蕾は固く閉じていて、いくら寒さが来ても大丈夫。真冬はじっと動かないのがこの自然の中に居る植物達の暮らし方なのですね。ヘタに水を吸い上げたりして樹に水分が多いと、それだけ凍結しやすくなり自分の細胞を傷めてしまいます。

土の表面は凍結しても、ちょっと地面を掘り上げてみるとスコップの感触が「サクッ」と柔らかくなり、「ここからは凍結してないんだ」という深さがあります。およそ10センチも下へ行くともう大丈夫。氷点下になっているのは地面にごく近い部分だけということがわかります。地中の炭素資材をエサに生きている糸状菌は氷点下近くの低温でもゆっくりと活動し、菌糸を伸ばしながら成長します。糸状菌が分解したものを二次分解・三次分解していく他のバクテリア類の活動は低温時はほとんど止まってしまい、植物の成長養分を作り出すことができない時期となりますが、果樹たちは寝ている時期ですのでちょうどいいのです。春が来てだんだん暖かくなる頃、地温もそれに伴って上昇し、たくさんのバクテリアが活動を始め、冬の間土の中では一人勝ち状態だった糸状菌の一次分解物がたっぷりと蓄えられ、バクテリアの二次・三次分解で出来る養分が、植物の芽ぶき、展葉、新梢の成長を支えます。秋から冬の炭素資材の供給で冬の間も凍結しない土中に養分の貯金をしておくわけです。

イソップ物語の「アリとキリギリス」では、夏の間に蓄えたエサでアリ達は寒い冬を土の中でしのぎ、何の蓄えもなかったキリギリスは飢えと寒さで死んでしまうお話ですが、炭素循環する土の中では、寒い冬も含めて一年を通して糸状菌が働き続け、作物の養分吸収が必要な時期になれば、自動的にバクテリア類が動き出し作物への養分供給を行います。土の中に炭素資材という微生物たちの生存する大もとさえ用意が出来ていればいいのですが、例えば森林などでは降り積もった落ち葉や枯れ倒れた木などの存在がその炭素資材の準備まで自動化しています。農地・果樹園で自動化するのは難しい面がありますから、アリとキリギリスの話を思い出して、必要な時期に必要なだけのものを土に準備することを怠ってはいけません。

ところでアリとキリギリスのお話は色々なバージョンで語られるそうで、最後にアリがキリギリスに食べ物を恵まず突き放すパターンと、困って悲しむキリギリスに食べ物を与えて夏の間の勤労を諭すパターンと、他にもいろんな解釈があるそうです。キリギリスは卵をうみつけて冬には皆死んでしまうのが自然界の姿ですから、命乞いするのもちょっと合わないお話なのですが・・・。

2012年1月1


テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

ふーばぁの田舎暮らしだより NO19

ふーばぁの田舎暮らしたより


ふーばぁの田舎暮らしだよりー19―
2012,1,6   石上 扶佐子

 正月元旦はおせちとワインで年賀状を読み、2日は輝ちゃんに散髪をしてもらったピカピカの孫たちとボーリング場へ行った。家族でするボーリングは待ち時間にプレイをする人を眺めていられるので楽しい。3歳の叶和も4ポンドのボールを自ら投げて一度はストライクも出した。今年は輝が休戦したので3ゲームして暁生が一番になった。

2012年1月ふーばあ3

 3日4日5日は家族旅行で福井へ出かけた。昨年7回もうちの農場を訪れ、一年の3分の1を我家で過ごしてくれたウーファーさんの実家が福井なので、そこにおじゃまさせていただき、彼女とご家族のもてなしを受けた。彼女の実家は旧家で大家族。福井県は幸福度が日本一です、と彼女の父君が言う通り、大地と地域に根ざした幸福な家族に囲まれて、極上の蟹や牡蠣や鯖をワインや鍋と共にご馳走になった。


 福井での初日は今庄の雪山で過ごした。孫たちと暁生は初体験、私も若い頃少しかじっただけのスキーは、思っていたより遥かにハードな体験で、雪の斜面でそれぞれが挑み大冒険をくり返した。腰を痛めていた輝でさえ風和や和楽と一緒にリフトとゲレンデを往復し、和楽は果敢に急斜面を滑りころげ、風和はビュンビュン飛ばして滑降した。私も最後にはリフトに乗り、恐怖の長-い空中散歩を経て、長くて急峻な斜面の上に立った。雄大なスロープを眺め沈思熟考の末、スキーを脱いで斜面を歩いたりお尻で滑ったりすることにした。一時間後ついに山を下り終わり、満足感に浸った。


 2日目は敦賀のスケート場で過ごした。転んでも転んでも即座に立ち上がりスピードに挑戦する7歳の和楽に驚き、初めてなのに父や兄のサポートを受けた後わずかの間に一人で立ち前進できるようになった叶和にも驚愕した。さらに和楽も叶和も氷の上での回転にチャレンジしたのだ! むろん私も氷上のチャレンジャーだった。これって太極拳に似てる? と思いながら片足に体重を乗せて進む練習をし、20年ぶりに少し上手くなった。

2012年1月ふーばあ1

 その夜は温泉に入り、孫たちにとってはこれも初体験のカラオケに行った。大人も十数年ぶりとはしゃぎ皆で歌いまくった。私は題名も忘れ誰の歌かも知らないがどうしても歌いたかった歌を粘りに粘って探しあて、歌ってみたら気持ちよく歌えたのですこぶる満足だった。ちなみにそれは松尾和子という昔の歌手の「再会」という曲だった。名曲ですなぁ。


 道中の車の中には、この時のためにアマゾンで急ぎ購入した平原綾香が歌う「おひさま」の主題歌「大切なあなたへ」が流れていた。安曇野を舞台にしたこの朝ドラを孫たちは毎日ビデオに撮って繰り返し見ていたから、皆上手に歌える。車中ではCDに合わせいつも誰かしら口ずさんでいたが、時に全員の合唱となる。それはこの上なく幸福な時間だった。

2012年1月ふーばあ2

 ―あなたは私の奇蹟、あなたは私の希望、、、、、、あなたの喜びもらい、あなたの痛みももらう、この暮らしが続くのなら何もいりはしない、、、、、、あなたが忘れていても私は忘れはしない、、、、、、お願いどこかで笑ってて、それだけでいいのよ、、、、、、―  名曲ですなぁ。

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

今年一年皆さまに、良きことがたくさんありますように < おぐらやま農場だより その163  2012・01・20 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その163  2012・01・20 (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@信州安曇野は底冷えしております。真冬の農場の様子はこちらのブログで。
 ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


< 最新農産物情報 > 
@りんご
*ふじりんごは「まるかじり」りんごのみ在庫がありますので発送できます。小粒のものを揃えた美味しいりんごですが、大きいりんごよりもミツいりは少ないです。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/ap-12.html

@加工品
*<桃ジュース> <トマトジュース> <りんごジュース> <人参りんごジュース>が発送できます。贈り物にも人気。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html

*トマトジュースとケチャップの「トマト加工品セット」も贈り物に使われる方が増えています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245953/list.html

@野菜
*人参・アロマレッド、厳しい霜に何度も当てられた人参の、透き通るような甘味を味わってみてください。価格の安いジュース用人参もあります。
 人参の乾燥防止のために箱の中でビニール袋に包んで発送しています。配達されてからもなるべく袋の中で保管してあげて下さい。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/745752/list.html

*「にんにく」は「Sサイズ」・「バラ品」のみ発送できます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html

*「玉ねぎ」もまだ発送可です。りんごや人参などと一緒に発送出来ます。どんなものでも15キロまでは送料600円で送れますので、上手にご注文下さい。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/703306/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

< 今年一年皆さまに、良きことがたくさんありますように >

昨年中は大変お世話になり、本当にありがとうございました。自分たちの小さな農場を始めてから10年という年月が過ぎました。
私たちとご縁をいただいたすべての皆様に感謝いたします。おぐらやま農場の農産物は「信州安曇野の自然の恵み」そのものですから、この尊い自然の摂理をよくよく学び、皆様にその無限の恩恵をお届けできるよう今年も精いっぱい農民としての仕事に取り組みたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


<おぐらやまファミリー・新年の抱負コーナー>

2012年1月23日

*叶和(3歳)・・字がだんだん読めるようになってきた。たくさん絵本を読んでほしい。
*和楽(7歳)・・けん玉名人目指して練習中。ピアノ・縄跳び・漢字も上手になりたい。
*風和(10歳)・・漢字計算のミスをなくす。サッカークラブに入って試合に出てみたい。
*暁生・・たんじゅん農法3年目の今年はいよいよ成果発揮を乞うご期待。
*輝美・・今年は人生をますます楽しんでいけるための仕組み作り。一日一日を、一人一人との出会いを大切にしていきます。ビワキューのスキルアップ!!
*扶佐子・・「占い ふさこ」という名称で、ときどきイベント出店しています。性格や相性占いなど人間関係のよき相談相手になれたら。自宅での相談も可。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

< お知らせ >

@2月12日(日)に、安曇野夢フォーラムという有志の主催で、「若手世代が語る 安曇野の未来と夢」なる集いを企画しております。昨年・一昨年とやはりこの時期にフォーラムを開催した時のテーマは「半農半X(エックス)」という暮らしについてでした。
昨年3月の大災害以降、これから自分がどう生きていけばいいのかを今一度考え直す人も多かったと思います。国政には距離があり過ぎるけれど、「自分たちが暮らす安曇野」なら、自分たちが語れるんじゃないか、自分たちの意思や考えが実現できるんじゃないかと企画しています。安曇野在住の教育・政治・農業・観光・福祉・まちづくり・子育て・移住・行政・学生など、様々な立場の人が持ち時間8分程度の中で、安曇野の未来と私の夢を発表し、その後フォーラム参加者も想いを語る時間を持ち、それぞれの希いを共有しつながる心を育てていこうという趣旨です。 私も「農業者」の立場でお話して下さいと声をかけていただきました。フォーラムの成功に貢献できるようしっかりと準備したいと思います。参加希望の方は以下のサイトで。
http://chikyuyado.blog95.fc2.com/blog-entry-202.html 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お正月はゆっくりと家で過ごし、毎年この時期の家族旅行も今年は福井・越前まで行くことが出来ました。昨年何度もウーフに訪れたサヤカさんが「ぜひ福井へどうぞ」と声をかけてくれて、実家の皆さんと共に夕食を食べさせていただいたり、スキーやスケートを楽しんだりと、2泊
3日でいい家族旅行が出来ました。本当にありがとうございました。

正月も終わり、果樹園での剪定作業をはじめています。また、昨秋に集めてきたもみ殻を畑にたっぷりと施して土中の微生物たちの成長を促します。冬の間、雪を踏みしめながらの地道な作業が夏・秋の実りの元となります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

昨晩からの雪で、今日は室内作業。皆さまからいただくりんごなどの注文を受けながら、つながって声をかけていただく幸せを実感しています。  

今年も一年、皆さまとメールマガジンを通してお付き合いいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。 


感謝。


☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!f
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

1月21日 安曇野大雪です。

おとといの夜から安曇野大雪です。

ひさしぶりだなあ。こんなにドカンと降るの。

ようやくはじまった剪定作業も足止めです^^

2012年1月21日3
兄妹弟でのかまくらづくり 僕も雪運んでます

子供の時、大晦日に紅白が終わった後「ゆく年くる年」っていうのを見ていたらシンシンと降り積もる中にあるお寺がよくでてきましたが、横浜に住んでいた私はいったいここはどこなんだろうって、とても同じ日本とは思えなかったけど、北海道、安曇野ともうかれこれ18年ぐらいは雪国生活。

2012年1月21日2
作業用の箕もすっかり遊び道具です

冬に雪があるのが(それもパウダースノー)当たり前になってきました。

この間、名古屋に行った時には雪のない風景がなんだか不思議な感じでした。

子供たちも大喜びで土曜日の今日はほとんど一日中かまくらづくりに熱中しています。

2012年1月21日
仕上げはやっぱりにいに

その間にわたしは年賀状(今頃?!)を書いています。

11月、12月はほとんど大晦日までふじりんごの出荷モードのうちの生活では、新年に改まって、心も落ち着いているときに一人、一人の顔を想い浮かべながらメッセージを書くのが楽しみなのです。


いつも遅くてごめんなさい。新年になってからの改まったあいさつということで。。。。


2012年1月21日4
お昼までは一人入れるぐらいのかまくら完成


2012年1月21日5
夕方までには3人入れる大きさに


みなさまの地方はどんなお天気なのでしょうか?私はどんな天気の時にも雲の上の晴れ間に想いをはせるのが好きです。(テルミ)


【今日の学び】
ちょっとしたことからのひょんな出会い。そこからまた広げてみよう。

【魔法の質問】
どんな人と出会いたいですか?


まるかじり用ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから


今日はバッグにスペイン語^^まったくわからん。







テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

1月19日 ファンを1000人に増やす10個のステップ

この間1月13日から15日で名古屋に出張してました。

農家といえども学ぶことはたくさんあります。

私、大人になってからの勉強って大好きです。なぜなら学びたいことだけ学べるから!!興味のあることはどんどん学ぶ意欲が沸いてきますねーー。


子育てにも応用しようっと。


そして15日にたまたま私が3年前から愛読しているメールマガジン、本家大元「魔法の質問」マツダミヒロさんの「シークレットセミナー」があったんです。名古屋ついでに大阪まで足をのばして行ってきました。無料ご招待の素晴らしいセミナーでした。


今年叶えたいとおもっていたこと「ミヒロさんのセミナーに参加する」は新年早々叶ってしまいました♪「魔法の質問」のライブを味わえたのもよかったなあー。


その名も「ファンを1000人するための10のステップ」 


いやあ、とってもおもしろかったです。自営業をされている方には共感できるお話じゃないかなあーと想うので少しシェアさせてもらいます。


うちも農産物を販売して生計をなりたたせていますので、この「ファン」の方の存在は大きいです。

「ファン」とは
・すでにお客様になってくれている人
・これからお客様になる人
・お客様にはならないけど、応援してくれたり手伝ったりしてくれる人

ミヒロさんいわく、「ファンが1000人もいたら一生食べていける(笑)」


お客様からいろいろな声をいただくんですが、私ももっともっとうちの農場のこと・農産物のことを必要としてくれる方に出会いたいなって常々思っているのです。

「こんな農産物がほしかった」っていっていただける瞬間は嬉しいです。


そんな方たちと1000人も出会えたら楽しそうですよね。いろいろなことやっていけそうです。


今回のセミナーで一番心に残ったのは、「これからの時代お金も大切だけど、お金よりもっと大切なものがある。それは人と人とのつながり

思いっきり共感しました。

私たちも農場をはじめてから「つながり」「心と心のつながり」を大切にずっとやってきました。本当にたくさんの方たちとつながりがもてたことに心から感謝です。

こちらから「ファンを1000人するための10のステップ」のレポートも読めますので、興味のある方はぜひどうぞ。 
 https://www.mshonin.com/form/?id=189324061

ちなみに10のステップは
①誰を喜ばせたいかを決める
②その人が求めていることを知る
③自分のゴリヤクを発見する
④喜ばせたいことの成長のステップを考える
⑤必要な役割を知る
⑥チームを作る
⑦ゴリヤクをカタチにする
⑧ゴリヤクを配布する
⑨求めていることを解決する方法を提供する
⑩再びゴリヤクを配布する

です。

【今日の学び】
ワクワク、ワクワクとする気持ち。そんなものを大切にしたい。

【魔法の質問】
どんなことを考えるとワクワクしますか?

1月19日僕のお料理
僕のワクワクはお料理!!毎日夕食づくりのお手伝いに熱中してます。

まるかじり用ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから











 

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

1月11日 マイナス15度の世界

あけましておめでとうございますてるちゃんです。今年もどうぞおぐらやまハッピーライフをよろしくお願いいたします。

今年のお正月は子供たちと一緒に近くの室山のてっぺんまで雪道を歩いて登り初日の出を拝むところからスタートしました。

2012年1月1日初日の出

私は初日の出でなくても毎日太陽が昇ってくるこの瞬間って大好きなんです。朝のなんともいえないこの力づよい光。思わず太陽に向けて毎朝手を合わせてしまいます。


今年も一日、一日を大切に生きたいなって思っています。


一日、一日がつながって365日で一年。一年、一年がつながっていって自分の人生の長さ。これからどれだけ年を重ねて、どんな経験をしながら、どんなことを感じていけるのか楽しみです。


今年のまず初めの経験はマイナス15度の世界。この冬安曇野はけっこう冷え込む日も多く、先日はマイナス15度でした。


澄みきった青空の中キラキラと宝石が輝いているように積もっている雪。太陽の光の反射でそこらじゅうにダイヤモンドでも埋め込んでいるようにきれいです。

2012年1月11日3


息を大きく吸い込むと鼻の中が凍りそう。あらゆる植物などに雪柱がついています。

2012年1月11日2

キラキラとしたこの世界にうっとりです。


今年もたくさんの美しい景色がみたいなあ。(てるちゃん)


10日より、りんごや人参、100%ジュースなどの発送もはじめましたので、ぜひどうぞ!!ふじりんごはまるかじりりんごのみです。

http://www.ogurayamashop.com/index.html


【今日の学び】
毎日感じること、経験すること、それこそ自分の人生。その一瞬、一瞬を味わっていきたい。

【魔法の質問】
今日はどんなことを感じましたか?


ふじりんごの注文はこちらから

無農薬にんじん・無農薬にんにく・無農薬玉ねぎ産直発送できます。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから






















テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード