5月31日 ふー一息。

5月も終わりですね♪

いつも月末に想うこと。

「今月も駆け抜けたーーーーー。」

一日、一日はすごく密度が濃い。


5月もたくさんの人にご縁をいただいて、たくさんの人と時を過ごし、新しいことにも挑戦中。


子どもたちは日に日に成長し、その成長をみる楽しさ。書き留めておかないと忘れちゃうぐらい。


りんごや桃も大きくなるのが目に見えるこの時期

2012年5月11日花摘み1
5月初旬のりんごの花

2012年5月31日2
5月末のりんごの実

一か月前のことはもうはるか昔に感じてしまうこの感覚。

うん。今を生きよう。

5月は横浜から移住してきた私の父親が自家菜園の畑を手伝ってくれました。

本人いわく、「これからスタート」

2012年5月31日1


種の播き方から草取りの仕方などなど娘から父へ伝授です。(笑)きれいに植えてくれてます。


がんばってね。お父さん。もうすぐしたら美味しい野菜が収穫できるね♪


2012年5月31日3


毎日の摘果作業も頼もしいこのメンバーで進めてくれています。感謝!!


さあ、明日から6月。どんな楽しいことがあるかなあ。(てるちゃん)


【今日の学び】
どんなことでもネタ。お笑いに変えちゃう楽しさがいいね。

【魔法の質問】
今日はどんな笑い話をつくりますか?


りんごの木のオーナーの募集しています。

2012年度年間コースの受付中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから







テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

Ogurayama Friends  2012年5月号

私もりえちゃんのフラダンスの美しさに魅せられてこの春からフラダンスを習っています。なんのなんのフラって奥が深い!!踊りって祈りに繋がるんだなっていうのが今の感想。りえちゃんはフラの踊りだけでなく、その精神、祈りも含め教えてくれるので一週間に一回は自分の心の中と向き合う時間をフラからもらってます。
いつもすてきな先生ありがとう。(てるちゃん)


2012年5月

こんにちは。桑原理恵子(くわはらりえこ)と申します。


 おぐらやま農場のみなさんとの出会いは、2007年の夏に三女のお産のために、ここ安曇野へ訪れたことがきっかけでした。松村家の長男・風和くんと我が家の長女が同級生。この同級生の親同士の仲のいい雰囲気の中に、私たちも受け入れていただいたのが始まりです。


 この時、滞在先の安曇野地球宿で、初めていただいた桃のおいしかったこと! 以来、出産祝いのお返しに「りんご・もも・にんじんりんごジュース」のセットを贈らせていただいたことを始めとして、たくさんの愛の込められたいのちの実を分けていただいてまいりました。


 昨年春、おぐらやま農場まで歩いて行かれる距離の場所に越してきた我が家。 晩春の頃にはりんごの摘果、秋には「りんごの木のオーナー」として収穫、夫は臨時のアルバイトに、長女・和楽ちゃんと我が家の二女は一緒に通学したり泊まりっこ、てるちゃんとはフラシスターに…と、家族のそれぞれがますます深く関わり合うようになって、うれしく思っています。


 フラのレッスンの時、マナをいただく呼吸をします。マナ(mana)とは、ハワイ語で生命エネルギー(いのちの源)という意味。私たち生き物は、このマナを取り入れることでいのちが輝きだすのだと思います。 おぐらやま農場の人・土・実・空気にはマナが宿っていると感じています。この通信を読んでいらっしゃる皆さんも、きっとそう感じていることとお察しします。


 どんな時でも笑顔を忘れないこと。てるちゃんを思い浮かべるといつも笑顔なんだよね、それってほんとうにすばらしいこと。まさにAloha Smile!てるちゃんのいるフラレッスンは、いつも笑いにあふれているんですよ~☆
 暁生さん、てるちゃん、風和くん、和楽ちゃん、とっくん、ふーばぁ、リオ、いつもありがとう!


 おぐらやま農場イエ~! LOVE           


 2012年 春 三郷小倉の自宅にて 桑原理恵子

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

ふーばぁの田舎暮らしだより NO.23

ふーばぁの田舎暮らしたより

ふーばぁの田舎暮らしだよりー22-       2012.5.2  石上 扶佐子

2012年5月ふーばあ1

 発端は、地球宿の今年のドリカム新年会だった。輪になって午後から夜更けまで、各自の夢を語り合う新年恒例の集まりで、「僕が多分この中で、最高齢と思いますが、、、」と発言したのは片桐勝郎さんだった。


 私は氏を「四季、安曇野に暮らす」の著者として知っていたが、この会のすぐあとで、氏の別の2冊の著書「たった17人の甲子園」と「炒り豆に花咲く」を読んだ。この本を読んで私はいたく感動し、この物語を映画にしたい、と思った。夢のまた夢を近隣の人に語れたのは、やはりドリカム新年会の後だったからだろう。道路に雪が消え風も氷点下を脱する春を待ちわび、私はバイク飛ばして片桐氏の家に急いだ。著書を読んで映画を作りたいと思った事を伝えたかった。


 お茶をいただき取りとめなく話し、最後に氏も参加している掲示板を教えていただいた。その掲示板に氏は安曇野での暮らしのあれこれを写真と文で綴っておられるという。氏の高校時代の同級生仲間の掲示板で、私には初めての掲示板参加、難易度も高かった。PCの画面に映るのは、私の日常とは大きくかけ離れている世界。私は毎日食い入るように見つめ、写真や文字、そしてユーチューブを利用した歌や音楽の展開に目を見張った。
 

おずおずと私も書き込みをし、仲間にいれてもらった。ひとりだけ同窓生では無いので共通の話題に花を咲かせることはできないが、まれの書き込みに反応していただき幸福だった。昨年の地域開眼「安曇野通りの朝日」に次ぐ、掲示板開眼だ。私の日常に平行に伴走するいくつもの宇宙、あるいは日常の発見だった。
 

 時を同じくしてFace Bookの友達リクエストが頻繁に来るようになった。母や私の子供たち家族とは、以前から孫たちの写真を共有するために利用していたのだが、最近は我家から旅たった内外のウーファーさんや、旧友からの友達リクエストが多くなった。沢山の人が利用し始めているのだろう。


 私のニュースフィードは、日本語の他に英語と中国語が多くなった。時々はスペイン語も。翻訳機能がついているから、大まかな意味は理解できて、簡単な返信をする。あの人は今どこで何をしているのか、どんなことを考えているのか。その片りんが、一コマの写真と一行の文章で分かる。


 仕事に疲れて、パソコンの前に座る。メールをチェックしFace Bookを開ける。日常の中のここではない世界との通路ができ、その通路の向こうで、小さくも愛に満ちた交流ができる。それも、鍋を火にかけているほんの僅かな時間で。


 田舎暮らしのおばあさんが、毎日、世界のあちこちの知り合いと小さな交流をしている。たわいのない声の掛け合いのようでいて、人生を揺るがすようなメッセージを受け取ることもある。地球の裏側の友人がすぐ隣にいるような親密さで、私の人生を励ましてくれる。近く遠くの友人たちのメッセージに感謝して暮らす、幸せな日常に感謝している。


2012年5月ふーばあ2



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

畑が教えてくれたこと 2012年5月号

畑がおしえてくれたこと2

<おぐらやま農場ニュースレター5月号より>

先月は水田におけるたんじゅん農法の考えを大まかに読んでいただきました。今月はたんじゅん農法を実践するそのウラに何があるのかというお話です。僕も3年前にこの農法に出会ってから大勢の実践者の方と交流を持つことが出来ましたが、この農法に惹きつけられたり、実践してみたいという意欲が湧いてくるのは何故か?。


 実践者の皆さんとお話したり圃場を見せていただいたりする中で、共通する希いや人間性を感じることがよくあります。


(先月の続き)「たんじゅん農法の広場」 世話人のSさんからのメールより・・・
この話を聞いても、そんなうまい話が???  それには、きっと裏がある。何か、売り付ける話ではないか?
と思われることでしょう。 そうなんです。ウラがあるのです。 そのウラは・・・・。

_________________________________________
 
 自然・天然は、誰しも、平和に・健康に、生きれるように、用意されてある。
 だって、それだからこそ、こんな素晴らしい地球ができ、人間が生きれているのではないでしょうか。

 もし、そんな話に関心を持っていただければ、どこにでも伺っています。
 なぜ?
 これからの地球に、未来に、希望を持って、子どもたちに生きてもらいたいからです。
 そして、心ある、農人に、その仲立ちになってもらいたいからです。

 命、あふれる、子どものからだは、命、あふれる食べ物から。 それは、命、あふれる土壌・水田から。

 命は無限に天にあります。 それを吸引する仕組みが、発酵ではないでしょうか。
 ホントか、どうか、 自然を先生にして、 実験、実践してみませんか。
 そのまえに、もし、炭素循環農法(愛称 たんじゅん農法)に関心が出てきたら、
炭素循環農法のホームページをのぞいてみてください。
http://freett.com/tenuki/etc/home.html 連絡先 たんじゅん農法 ネット世話人
メール tanjun5s@gmail.com

___________________________________________

たんじゅん農法には書籍がありません。先生もいません。敢えて言うなら「自然」とか「この世界の原理」とかを先生にして、という言い方になるのでしょうか。組織もありません。年会費を徴収して事務局員の給料に当てたり、組織維持や会員数拡大に汲々とする必要もないのです。実践者たちが集まって、皆がいろんなアイデアを出し合って、心のつながった農人たちが織りなすネットワークの心強さには、何にも替えがたい安心感と未来への希望があります。

6月19日(火)に今年も「炭素循環農法・実践者交流会」を安曇野市内で開くことにしました。今年で3年連続となります。詳細はおぐらやま農場のブログ・ウェブサイトにてご確認ください。市内・県内の方はもちろん、遠方の方でもご興味がある方がおられましたら是非おいで下さい。もちろんおぐらやま農場の畑も皆さんに見ていただく機会とし、様々な角度から皆さんのご意見・感想を聞かせてもらえればと思います。

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

遅霜(おそじも)  <  おぐらやま農場だより その174 2012・05・24  >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その174 2012・05・24  (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@新緑の季節のおぐらやまは深呼吸したくなる清々しい空気です。
 ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

 

< 最新農産物情報  >

*「秋映りんご」オーナー会員、募集中です。詳しくはネットショップでご確認ください。10月6~8日の収穫予定となっていますが、お客様から「もし収穫に行けなくなった場合はどうしたらいいのか教えて下さい」と問い合わせをいただきました。もし収穫に来れない場合は、こちらで収穫をしてご指定の場所へ発送致しますので、気軽に申込みいただいて大丈夫です(送料と箱代実費負担をお願いいたします)。 時間がとれるかどうか今の段階ではっきりしてない場合も多いと思いますが、どうぞ気軽に問い合わせ下さい。「行けたらラッキー」ぐらいの軽い気持ちでの申込みでも大丈夫ですよ。 りんご収穫をして採りたてのりんごを味わってもらいたいし、焼き芋を焼いて皆さんに食べてもらいたいし、りんご園の様子や背景を皆さんに感じてもらえれば嬉しく思います。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/o-na3.html

*2012年度の年間コース会員募集中です。おいしい果物を毎月お届け致しますが、農場の手作り品が時々おまけになってついてくることもあります。毎回のニュースレターも農場の様子や農産物の背景がよくわかると好評です。内容についてご質問などありましたら気軽に問い合わせください。食の安全・安心が強調される昨今ですが、生産者と食べていただく皆さまの心の距離を出来る限り近づけることが出来るよう、これからも工夫を凝らしていきたいと思います。ぜひご利用ください。
http://www.ogurayamashop.com/index.html

*おぐらやま農場のジュースは「定期購入コース」があるのをご存知でしょうか?毎月1回(間隔はお客様の都合で調整出来ます)のお届けを6回分まとめてご注文いただくコースです。何度も注文したり入金したりの手間が省けますし、毎回トマトケチャップもしくは各種ジャムのいずれかをおまけで同梱させてもらっています。(12本入なら毎回・6本入は隔月です) また毎月発行のされているニュースレターもジュースと一緒にお届けします。途中でのジュースの内容変更も可。気軽にお問い合わせください。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html

*トマトジュース・トマトケチャップの今年度製造・発送開始は8月上旬の予定ですが、予約受付を開始致します。脂肪燃焼効果が認められた食材と言うことで今年初めはどこも製品が無くなってしまう状況でしたが、続けて飲み続けたい方はあらかじめご予約下さい。今年製造分は1年間在庫切れが出ないよう、しっかりと本数を確保したいと思います。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/TJ-12.html

*桃の注文受付をはじめました。7月下旬の「赤宝(せきほう)」、8月上~中旬の「あかつき」、8月中~下旬の「なつっこ」、9月上旬の「川中島白桃」、とリレーして発送体制をとっております。ネットショップから予約注文できます。お中元やお盆の贈り物などにもご利用ください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/245951/list.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  遅霜(おそじも)  >

前回の農場だよりに「今年は果物の花の時期に遅霜の被害もほとんどなく・・・」と書いたその2日後、まさかの遅霜。 はずかしながら、私は天気予報の霜注意報を見逃し、全くノーガードのまま朝目覚めたときの冷え込みに「えっ、まさか、まさか・・・」とうろたえる始末。お昼頃には霜にやられた作物が茶色く変色してしまった。果物関係はほぼ受粉が終わっていたタイミングでとりあえずは胸をなでおろしたのですが(まだ本当に大丈夫だったかははっきりしませんが)、一番の問題はトマトの苗。ビニールハウスの中に置いてあった苗約5500本の頭がみんな茶色く変色してしまったのにはさすがにガックリと来てしまいました。もともと伸びが遅かった苗がさらに霜でダメージを受けてしまったのです。3日ほど様子をみて、立ち直れるかどうかと観察しておりましたがどうも生長が全く止まってしまっている雰囲気もあり、慌ててあちこちに替わりの苗を手配できないかの段取りをはじめました。

とは言え、遅霜にやられてしまった加工トマト苗は私のところだけではなく、この辺りではもう定植の済んで畑に植わっていたところも多く、そういう場所ではかなりの被害が出たとかで、どこも加工トマト苗は全然足りない状況になっていました。それでも、どこかにないかと知り合いや関係者の人に10個所以上は電話をかけて聞いてもらったところ、2か所から、「用意できますよ」とのお返事をいただけたのです。まさに奇跡。1つはとなり村の松川村。そしてもう一つは新潟県の津南町。すぐに引きとりにトラックを走らせ、どうにか本数を確保。

そんなこんなのドタバタで、この10日ほどは遅霜で出遅れた分を取り戻すために、やることがかなりたくさんありました。でもどうして、霜注意報を見逃したのだろうと反省してみると、前日の昼に「明日の松本市の最低気温5度」を見て、「これは危ないぞ」と思えなかった私の感度の鈍さがすべての原因です。三郷小倉の最低気温は松本市内からさらに3~4度下がって当たり前なのです。今回の小倉はマイナス1度まで下がったとの情報。氷も張っていましたからね。一つの判断ミスが大きな大きなロスを作ってしまう。いい勉強になりました。

他の作物ではじゃが芋の芽も霜に焼けて茶色く枯れてしまったのですが、種イモそのものは土の中にあるので生きていて、また下から緑の芽が出てきて復活。果物は大体大丈夫と先に書きましたが、この辺りはブドウの新梢が随分やられて全滅に近いところも出たとのこと。作物によって明暗が出た格好です。

ともあれ、過ぎたことを言っても何も始まりません。 今からやれることは何か。 農業者のやれることはそれだけです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< 金環日食が見たい! >

5月21日の金環日食。実はおぐらやま農場のある安曇野市ではギリギリで金環にならない地域となっておりました。が、テルミさんが「やっぱり金環日食が見たいよね」と、子どもたち3人を連れて出かけることに。約30分も南へ走れば金環日食地帯の塩尻市に入るのですが、そうなれば学校は遅刻してしまいますが、さほどそのことは大きな問題とならないのが我が家の方針。「どうせなら諏訪湖あたりまで行って、きれいな金環日食を見ておいでよ」と私もさらなる遅刻をお薦めしていたりします。ブログの記事では「和楽ちゃんがどうしても行きたい!」と言ったとテルミさんのコメントがありましたけど、おそらく和楽ちゃん以上に「金環が見たい!」のはテルミさんな訳でして・・・。ここ一番のフットワークの軽さはピカイチ。でもやっぱり彼女の原動力は「子どもたちを喜ばせたい!」っていう気持ちなのでしょう。あさ6時には車で出かけていき、諏訪湖の駐車場でばっちりと金環を見てきたと子どもたちも嬉しそうでした。

私はウーファーさん達と農作業もあるので留守番をしていましたが、曇りの予報が覆り、きれいな青空が広がった安曇野の空で「ほぼ金環日食」をじっくりと見ることができました。天照大御神さまに感謝。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。お中元の時期ももうすぐですが、7月始めに発送出来るのは「各種ジュース・ジャムのセット」、「フレッシュにんにく」(生にんにく)等があります。桃の予約注文受付も始まりました。発送は7月末~となります。秋映りんごオーナー会員、年間コース会員ともに、もう少し会員受付しておりますので、ご検討中の方は気軽に問い合わせ下さいませ。

それではまた次回まで。おぐらやまは毎日農繁期。事故やケガのない様、皆で意識を持って乗り切っていきたいと思います。

感謝。

☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

「あなたを応援したい」気持ち  <  おぐらやま農場だより その173  2012・05・11 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その173 2012・05・11  (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@りんごの花が満開です。真っ白なりんご畑の様子はこちらから。
 ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

 

< 最新農産物情報  >

*「秋映りんご」オーナー会員、募集中です。詳しくはネットショップでご確認ください。10月6~8日の収穫予定となっていますが、お客様から「もし収穫に行けなくなった場合はどうしたらいいのか教えて下さい」と問い合わせをいただきました。もし収穫に来れない場合は、こちらで収穫をしてご指定の場所へ発送致しますので、気軽に申込みいただいて大丈夫です(送料と箱代実費負担をお願いいたします)。 時間がとれるかどうか今の段階ではっきりしてない場合も多いと思いますが、どうぞ気軽に問い合わせ下さい。「行けたらラッキー」ぐらいの軽い気持ちでの申込みでも大丈夫ですよ。 りんご収穫をして採りたてのりんごを味わってもらいたいし、焼き芋を焼いて皆さんに食べてもらいたいし、りんご園の様子や背景を皆さんに感じてもらえれば嬉しく思います。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/o-na3.html

*2012年度の年間コース会員募集中です。おいしい果物を毎月お届け致しますが、農場の手作り品が時々おまけになってついてくることもあります。毎回のニュースレターも農場の様子や農産物の背景がよくわかると好評です。内容についてご質問などありましたら気軽に問い合わせください。食の安全・安心が強調される昨今ですが、生産者と食べていただく皆さまの心の距離を出来る限り近づけることが出来るよう、これからも工夫を凝らしていきたいと思います。ぜひご利用ください。
http://www.ogurayamashop.com/index.html

*おぐらやま農場のジュースは「定期購入コース」があるのをご存知でしょうか?毎月1回(間隔はお客様の都合で調整出来ます)のお届けを6回分まとめてご注文いただくコースです。何度も注文したり入金したりの手間が省けますし、毎回トマトケチャップもしくは各種ジャムのいずれかをおまけで同梱させてもらっています。(12本入なら毎回・6本入は隔月です) また毎月発行のされているニュースレターもジュースと一緒にお届けします。途中でのジュースの内容変更も可。気軽にお問い合わせください。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html

*「母の日」・「父の日」と贈り物をする記念日が続きます。おぐらやま農場のジュースやジャムと一緒に、皆さんの心を込めたメッセージをつけて贈り物にして下さい。メッセージ内容をワードファイル等で添付していただければこちらでプリントアウトして箱に同梱させていただきます。進入学等の内祝い等にも気軽にお使い下さい。のしを箱に入れる事もできますので気軽に申しつけください。

*トマトジュース・トマトケチャップの今年度製造・発送開始は8月上旬の予定ですが、予約受付を開始致します。脂肪燃焼効果が認められた食材と言うことで今年初めはどこも製品が無くなってしまう状況でしたが、続けて飲み続けたい方はあらかじめご予約下さい。今年製造分は1年間在庫切れが出ないよう、しっかりと本数を確保したいと思います。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/TJ-12.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  「あなたを応援したい」気持ち  >

イギリスから来られたジョンさんとマユミさんのカップル。オフの時間を作って日本でのウーフ生活体験でおぐらやまへ来られました。出発する時のメッセージノートを紹介します。
--------------------------

最初に「どうしておぐらやま農場を選んだのですか?」と訊かれましたね。本当の答えは「ウーフのウェブサイトに写っているおぐらやまファミリーの笑顔が楽しそうだったからなんとなーく」でした。でもその直感は大正解。本当に楽しい時間を過すことができました。ファミリーのホスリタリティと、一緒になったウーファーの気持ちよさ、(イナちゃん、アカネちゃん、ユカちゃんありがとう!) スタッフのヒデさん、エツコさんに大感謝です。おせわになりましてありがとうございました!とても名残惜しいですが私たちも次の旅へ進みます。ここでいただいたポジティブパワーでまずは風呂場掃除の習慣を続けましょうか。

酵素玄米はちょっとハードルが高いけれどグリーンスムージーはすぐに始められそうです。それからこれからは果物ひとつといえども腐らせられませんね。出来るまでの手間を想像すると・・・。 桃やナシやりんごの実る様子を見に(仕事に)戻ってきたいです。本当に素晴らしい体験でした。これに尽きる! そして山は無いけれどイギリスに来る時があれば声をかけて下さいね。 マユミ

P・S  ふうわくん、わらちゃん、とわくんが大きくなって活躍する姿を見るのが楽しみです。その過程で何かあった時に世界中に「君たちを助けたい!」と思っている人がいることを思いだして下さいね。

------------------------

世界中に、「君たちを助けたい!」と思っている人がいるなんて、なんて素晴らしいことだろう。おそらくそれは紛れもない事実だろう。そして僕自身も「何かあった時には君たちを助けたい!」と思っている人がたくさんいる。これも紛れもない事実だ。これが人間の素晴らしいところだと僕は思います。ジョンさん、マユミさん、本当にありがとうございました。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 長野安曇野 炭素循環農法実践者交流会 >

今年も以下の通り計画しましたので、参加希望のある方は
松村メール akiteru89☆gc4.so-net.ne.jp 松村携帯 090-9358-8914 まで連絡下さい。
「実践者交流会」とタイトルにありますが、これから実践してみたいとか、興味がありますというだけの方も大歓迎です。

@開催日 6月19日(火)午前9時~午後3時頃まで
@場所 安曇野市近辺の圃場と安曇野市三郷小倉の「安曇野地球宿」地図のURLは以下
http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?lat=36.25803194&lon=137.85467520&ac=20220&az=18.4028&z=18
@参加費 500円
@スケジュール
*午前9時 安曇野市三郷小倉4028 「安曇野地球宿前駐車場」に集合。受付をします。
*午前9時10分から・・畑見学と解説 4~5カ所を回る予定 安曇野近辺で畑を見てもらいたいという希望がある方はあらかじめ松村まで連絡をして下さい。
*午後・・畑見学が終わり次第、会場の安曇野地球宿へ移動してお話会。「炭素循環農法について」のお話と質問疑問なども出し合う機会とします。

*昼食の時間は設定していませんが、参加者が各自で弁当を用意して話を聞きながら取るようにして下さい。
*午後3時頃閉会とします。林さん次の場所へ(山梨須玉)出発後、同じ会場で2次会をやります(茶話会)。希望者のみ。午後5時半ごろまで。
*参加希望者は松村まで連絡をして下さい。人数把握をある程度したいと思います。

*参加される方は是非、林さんの講演された動画を一度ご覧になってからご参加ください。当日の話がちんぷんかんぷんにならずに済むかもしれません。
http://www.youtube.com/watch?v=PMDQIGOsXXA&feature=channel&list=UL

今年で3回目の実践者交流会となりました。おぐらやま農場の畑や近隣での実践者の圃場を見学する機会ともなります。お話会では一般常識とはかけ離れた、だけども理に適った農業のやり方、自然の観察、ホントウの食物、等についてテーマになると思います。疑問質問など出し合う時間も取りたいと思っております。どうぞ気軽にご参加ください。
遠方から来られる方、前日もしくは当日の宿泊は「安曇野地球宿」さんをどうぞお使い下さい。
http://chikyuyado.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。今年は果物の花の時期に遅霜の心配もほとんどなく、お天気も良い日が多かったので、概ね順調な受粉になったと思います。自然の起す現象に添っての仕事は、自然の観察が何より大切ですね。
安曇野はまだ朝方はストーブを焚いたりしています。果樹農家の一番の農繁期がやってきました。



☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

5月21日 金環日食 an annular solar eclipse

みなさん今朝の金環日食見られましたか?

ここ安曇野もばっちり!!でした。


今日は朝4時に起きたらまだ雲がかっていた感じでした。予報も曇りだったし今日は無理かな~なんて思っていたら、5時半ころ「ピカ~~~ン」と太陽さん。

あ~~みんなの願いを聞いて出てきてくれたのかなあ~~と手を合わせてしまいました。

そうしたら5時半すぎに一番金環日食を楽しみにしていた和楽が起きてきました。

「どうしてもリングがみたい」っていうことでここ安曇野では完全なリングはみれないので、急遽「諏訪」まで観に行くことにしました。

学校は遅刻予定。。。

100年以上ぶりのできごとだからいいよね。連絡帳に書いて・・・


子どもたちみんな連れて出発!!^^


高速にのって諏訪湖へ。


朝からちょっとしたドライブ!


福山雅治のCDをガンガンとかけながら(笑)


車での移動途中も時々日食を確認。


「お~~~欠けてきてる~~~」
「月見たい~~~」
「あ~~~三日月になってきた~~~」

ガソリンスタンドのおじちゃんや近くで見ていたおばちゃんがメガネをもっていなかったりしたのであげたらえらい喜ばれて、これまたいい気分に。


それにしてもいついつの何時何分何秒ころにこうやって「金環日食」が見れるって、あらかじめわかっているのってすごいな~~~って感動しました。


まるで、映画でもはじまるかのようにみんなで見れるんだもん。


その時間に始まった時にはほんとびっくりしました。


リングになる直前は急にあたりがちょっと暗くなって、寒くなって不思議な感じでした。


子どもたちもきっと何歳になっても今日のいろんな記憶と一緒に覚えているんだろうな。


私も「しし座流星群」「百武彗星」に続く素晴らしい「金環日食」でした。






動画見つけました。1時間22分から27分あたりがきれいですよ!!感動が何回も蘇るなあ。(てるちゃん)



りんごの木のオーナーの募集始まりました。

2012年度年間コースの受付を始めました。先行予約をどうぞ

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから












テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

今年17・18人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

☆田植えにりんごの摘果に桃の摘果に野菜の草取りと農繁期。ウーフしてみたい方がいればぜひどうぞ!!
___________________________________________

この間、夜に2日間出かける用事があって、出かけて家に帰ってくると2日間とも夜のうちにごはんがタイマーで次の日の朝に炊けるようにセットされてあった。

暁生さんに聞いてみると


「そういえばふうわが『明日とわ、保育園にごはんもっていくのかなあ』っていいながら炊いてたよ」って。


すごい!!すごすぎる!!(親ばかです)


弟が保育園でごはんがいるのを知っていて、しかもお母ちゃんは留守。ごはんもない。


機転を利かせて、炊いてくれたんだろうな。


ジーーーン。感動。


最近は家庭科で「お茶の入れ方」や「ゆで卵」を教わってうちでも入れてくれる。


子どもに入れてもらって一緒に飲むお茶はまた格別です。(笑)


前置きが長くなりましたが、今年17・18人目のウーファーさんは普段はイギリスにお住まいのこのカップルです。まゆみさんとジョン。

2012年5月20日

ナイスカップルのお二人です。まゆみさんはほんとに気のきくとてもいい奥さん。ゴールデンウィーク中に人数の多いウーファーさんを何気に気にかけてくれていたり、キッチンにお手伝いにきてくれたり。

さすが!です。


ジョンもどっしりと?!いろいろなことにトライしてくれてありがとう。


まゆみさんがウーファーノートにこんなメッセージを残してくれました。


★最初に「どうしておぐらやま農場を選んだのですか?」と訊かれましたね。本当の答えは「ウーフのウェブサイトに写っているおぐらやまファミリーの笑顔が楽しそうだったからなんとなーく」でした。でもその直感は大正解。本当に楽しい時間を過すことができました。ファミリーのホスリタリティと、一緒になったウーファーの気持ちよさ、(イナちゃん、アカネちゃん、ユカちゃんありがとう!) スタッフのヒデさん、エツコさんに大感謝です。おせわになりましてありがとうございました!とても名残惜しいですが私たちも次の旅へ進みます。ここでいただいたポジティブパワーでまずは風呂場掃除の習慣を続けましょうか。

酵素玄米はちょっとハードルが高いけれどグリーンスムージーはすぐに始められそうです。それからこれからは果物ひとつといえども腐らせられませんね。出来るまでの手間を想像すると・・・。 桃やナシやりんごの実る様子を見に(仕事に)戻ってきたいです。本当に素晴らしい体験でした。これに尽きる! そして山は無いけれどイギリスに来る時があれば声をかけて下さいね。 マユミ

P・S  ふうわくん、わらちゃん、とわくんが大きくなって活躍する姿を見るのが楽しみです。その過程で何かあった時に世界中に「君たちを助けたい!」と思っている人がいることを思いだして下さいね。


この言葉にもジーンとしました。世界中に「君たちを助けたい!」って思っているひとがいるって。

なかなかこんな言葉かけないよなーって感じました。

私もそんな風に人のことを見たいなって思いました。

こうやって素敵な人に出会える体験ってやっぱりいいです♪(てるちゃん)


【今日の気づき】
人と人との間柄、素敵にいきたいですね

【魔法の質問】
その人が喜ぶことはなんですか?

りんごの木のオーナーの募集始まりました。

2012年度年間コースの受付を始めました。先行予約をどうぞ

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから




テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

5月16日 うど、うど、うど!!

今日はスタッフのえっちゃんから「うど」をいただきました。この間はたけのこをいただいての「たけのこごはん」に続き、山菜第2弾!!


さあ、どうやってお料理しようかな~~。クックパッドで調べたら「うど」をもれなく全部いただくレシピ発見。クックパッドってすごい!!


今日のウドは

☆ウドのてんぷら(葉の部分)
☆ウドの酢味噌和え
☆ウドと人参のきんぴら

少し苦くて美味しい山菜。おいしかったなあ~~。
山菜うちではあまりとれないんですよ。っていうか私がまだあまり知らないんです。

どなたか採り方、種類など教えて下さいね。

2012年5月16日山菜
うどづくしの夕食

今晩は、昨年うちでウーフしていてこちらに移り住んできたさやかちゃんが、野草仙人の高さんを呼んでくれてウーファーさんと一緒に山菜講座?!にいってきます。


少しや野草に詳しくなるかなあ。(てるちゃん)


【今日の学び】
見る目が変われば、道にあるものがみんな食べれる物!!

【魔法の質問】
今まで食べた不思議なものはなんですか?



りんごの木のオーナーの募集始まりました。

2012年度年間コースの受付を始めました。先行予約をどうぞ

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

5月15日 今年15・16人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!
___________________________________________

5月のゴールデンウィーク近辺は日本人の方がよくきてくれます。

日本人の方、嬉しいです。(もちろん海外の方も)


2012年5月15日茜ちゃん

まずは千葉県からきてくれた茜ちゃん♪

不思議なオーラーの漂う茜ちゃんははじめのウーフ期間よりも1週間ながく滞在してくれました。

自分のもっているI-pad?!(たぶんI-padではないねー)を自由自在に操っていて私は関心してばかりでした。

りんごの花摘み作業をはじめとしていろいろとお手伝いしてくれました。

ありがとうね。またいつでも気軽に遊びにきてね♪

茜ちゃんが自分のブログ「あの空まで歩こう」http://ameblo.jp/lv5poppo/にうちの農場のことを書いてくれました。ありがとう。写真がとってもきれいなので、見てみてくださいね。やっぱり自分で写真を撮るのとウーファーさんが撮るのでは視点が違うのでおもしろいです。


そしてもう一人は横浜から来たゆかちゃん。うちの実家のすぐ近くです。

2012年5月15日ゆかちゃん


可愛い顔をしておっとりとした感じのゆかちゃんですが、ゆかちゃんはおぐらやま農場で武勇伝をつくってくれました。

ある日うちの裏の鶏が脱走してしまって、気づいたら家の中の電話の上にいたんです。

みんなで「きゃーきゃー」と写真を撮ったり、騒いだりしてどうやって捕まえようかなんて話している間にゆかちゃんが、突然「がしっ」とつかみ、あっという間ににわとりを捕まえてしまいました。

畑でもカエルがいるとエイッとひとつかみ。


じーっとみながら「かわいい~~~」と一言。


ナイスキャラクターです。ゆかちゃん。


今頃2人ともそれぞれの地に戻り毎日活躍していることだろうな。


おぐらやま農場滞在ありがとう。



りんごの木のオーナーの募集始まりました。

2012年度年間コースの受付を始めました。先行予約をどうぞ

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから


テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

5月11日 りんごの花摘み作業していま~~す♪

今日は少し肌寒い感じの安曇野です。

ゴールデンウィークからのりんごの花の開花からおぐらやま農場の畑でも「りんごの花摘み」作業が続いています。

2012年5月11日花摘み1

こんなに可愛いりんごの花。

ひとつのところから5~6個ぐらい花が咲くので、それらが全部実になると大変!

ということで真ん中の1輪だけを残しあとはプチプチととっていきます。

2012年5月11日花摘み2
ゴールデンウィークのウーファーさんたち


11日現在はこの花の軸のところがすこーし膨らんできて、実になってきています。
そこからはぐんぐん、ぐんぐん日に日に大きくなってきます^^


2012年5月11日花摘み3
お茶の時間で~~す。右側の木が花摘みが終わっている木。左側がまだ花摘みをしていない木。花の数が違いますね。


今日は突然の雨のため作業途中で中止。


晴れなら晴れで、雨なら雨で、ですねーー。


【今日の学び】
考えていることを掘り下げてみる。

【魔法の質問】
どうしてそれがやりたくなったのですか?


りんごの木のオーナーの募集始まりました。

2012年度年間コースの受付を始めました。先行予約をどうぞ

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから





テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

今年度の秋映りんごの木オーナーのお誘い <  おぐらやま農場だより その172  2012・05・04  >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その172 2012・05・04  (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@桜に続いて桃の花・梨の花、そしてりんごの花も咲き始めました。
 ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

りんごの木オーナー
 

< 最新農産物情報  一番最後にお米の販売についての情報あり >

*はない農園のお米はおかげさまで全て売り切れとなりました。また今年の秋以降の販売となりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

*2012年度の年間コース会員募集中です。おいしい果物を毎月お届け致しますが、農場の手作り品が時々おまけになってついてくることもあります。毎回のニュースレターも農場の様子や農産物の背景がよくわかると好評です。内容についてご質問などありましたら気軽に問い合わせください。食の安全・安心が強調される昨今ですが、生産者と食べていただく皆さまの心の距離を出来る限り近づけることが出来るよう、これからも工夫を凝らしていきたいと思います。ぜひご利用ください。
http://www.ogurayamashop.com/index.html

*「秋映りんご」オーナー会員、募集開始いたしました。詳しくはネットショップでご確認ください。10月6~8日の収穫予定となっています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/o-na3.html

*昨秋に洋梨ジュースを作ったのですが、洋梨の味をそのまま残せないかとかなり濃厚に仕上げてもらったら、ジュースと言うよりは「スムージー」という感じになりました。(ビンからコップに注ぐ時もトロトロと出てきます。)ようやく「洋梨スムージー」のラベルで販売出来ますので、どうぞ皆さんお試しください。そのまま飲んで(食べて?)もらっても美味しいですし、果物の自然な甘さでシャーベットにしてデザートにするにはぴったりです。裏ワザ的な使い方としては、緑の葉野菜(ホウレンソウなど)と適量の水と一緒にミキサーにかけるとグリーンスムージーの出来上がり。みなさんのアイデアも教えて下さい。価格・サイズなどは他のジュースと同じです。

*おぐらやま農場のジュースは「定期購入コース」があるのをご存知でしょうか?毎月1回(間隔はお客様の都合で調整出来ます)のお届けを6回分まとめてご注文いただくコースです。何度も注文したり入金したりの手間が省けますし、毎回トマトケチャップもしくは各種ジャムのい
ずれかをおまけで同梱させてもらっています。(12本入なら毎回・6本入は隔月です) また毎月発行のされているニュースレターもジュースと一緒にお届けします。途中でのジュースの内容変更も可。気軽にお問い合わせください。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html

*「子どもの日」・「母の日」・「父の日」と贈り物をする記念日が続きます。おぐらやま農場のジュースやジャムと一緒に、皆さんの心を込めたメッセージをつけて贈り物にして下さい。メッセージ内容をワードファイル等で添付していただければこちらでプリントアウトして箱に同梱させていただきます。進入学等の内祝い等にも気軽にお使い下さい。のしを箱に入れる事もできますので気軽に申しつけください。

*トマトジュース・トマトケチャップの今年度製造・発送開始は8月上旬の予定ですが、予約受付を開始致します。脂肪燃焼効果が認められた食材と言うことで今年初めはどこも製品が無くなってしまう状況でしたが、続けて飲み続けたい方はあらかじめご予約下さい。今年製造分は1
年間在庫切れが出ないよう、しっかりと本数を確保したいと思います。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/TJ-12.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  おぐらやま農場より 今年度の秋映りんごの木オーナーのお誘い  >

安曇野にもようやく春らしい季節がやってきました。今年は4月の半ばにやっと梅が咲いてまだ花が残っているのに桜とアンズが満開になったと思ったら桃も梨もちらほら咲き始めてしまう具合です。寒い冬の影響で花の時期が後ろへずれた分、短期に次々と咲いてきます。これは北海道の花の季節とよく似ています。


昨年度、オーナー会員でご来園下さった大勢の方、本当にありがとうございました。皆さまと楽しい時間を過ごすことが出来感謝しております。今年度も秋映りんごオーナー会員の申込受付をはじめましたのでご案内致します。


今年は炭素循環農法へ転換して3シーズン目となり、昨年見えかけてきた果樹や野菜達のさらなる変化が楽しみです。先日、山梨県から炭素循環農法について興味のある果樹農家の方が3名こちらに来られて、おぐらやま農場のりんご園・桃園を見学されていきました。


「たんじゅん農法でいつもやっているように棒を土に差し込んでみてください」とリクエストをもらい、りんご畑でやってみたら1メートル20センチまで入りました。これは土の団粒化の深度を見るための方法ですが、団粒化が進むほど土の奥深くまで空気が入り、土壌微生物も増殖・活性化しているバロメーターとすることができます。


土壌微生物が増えるほど、「おいしいりんごが育つ発酵養分」がりんごの成長に利用されていきますから、きっとりんごのおいしさに直結している指標と考えてよいでしょう。水に溶けた化学肥料や窒素肥料成分を直接りんごの根っこが吸収してしまうと化学肥料や窒素分の味がりんごに出てきてしまいやすい(おいしくありません)のです。皆さんにだんだん変化していくりんごの味を実感していただけたら嬉しいです。


*価格・・40キロ保証で16000円    *収穫日程 10月6~8日のいずれか 


 申込み頂いた方には9月中旬頃に場所や持ち物などの詳細を案内したものを郵送します。詳しくはそちらでご確認ください。皆さまと秋の安曇野のりんご園でお会いできることを楽しみにしています。りんごと一緒に、収穫したてのさつま芋で焼き芋をしたり、秋の実りを一緒に満喫できる機会にしたいと思っています。

りんごの木オーナー1
りんごの木オーナー2



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< 今年もにぎやかなゴールデンウィークになりました >

先回のメルマガで、急遽キャンセルとなったウーファーさんが4名出たので、おぐらやまでウーフをしませんかと皆さんにお知らせさせていただいた件、おかげさまで4名以上の申込みがあり、皆で桃・梨・りんごの摘蕾(てきらい)や花摘みを進めています。


少しぐらいの雨ならレインコートでしのいでやっていますので、着実に進んでおります。本降りになってきたら引き上げますが・・。 昨日は、毎年ゴールデンウィークに登場してくれるイヅミさんが得意の手打ちそばを皆にふるまってくれ、来客含め13人分の昼食がとてもハッピーな時間になりました。毎年この時期は仕事も多く、連休での家族旅行とかの雰囲気にはならないのですが、反対にあちこちから来てくれるお客様や友達が多く、とても嬉しく思っております。来訪の方に畑の案内なども希望があればさせていただきますので、気軽に声をかけて下さいね。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。年間コース会員や秋映りんごオーナー会員の募集もまだまだ続行しておりますので、どうぞみなさまどしどし問い合わせ下さい。皆さんとのやり取りの中で、食べていただいている方達に支えてもらっている農場の実態を改めて感じています。廻る季節においていかれないように、毎日の作業を進めていく緊張感、そしてやりきっていく充実感。そのベースにはこのメルマガをお届けさせてもらっている皆さんの存在があります。いつもありがとうございます。


☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

5月4日 そば打ち体験inおぐらやま農場

もう何年間も毎年のようにおぐらやま農場をお手伝いにきてくれるいづみちゃん。今年もお友達を連れてやってきてくれました。秋にはりんごの木のオーナーさんで再びやってきてくれます。

2012年5月3日4
お友達のみちこさんと

いづみちゃんがきてくれるとわかって、まっさきに思い浮かんだのが「そば!!」。いづみちゃんは趣味でそば打ちをしているんです。昨年のゴールデンウィークのときにきて打ってくれたそばが本当においしくて、おいしくて。。


忘れられないあの味。。


今年も食べれるなんて最高!!


2012年5月3日1


着いた次の日にさっそく打ってもらいました。わらやとわも興味しんしんで一緒にやらせてもらっていました。


その手つきたるやプロ級だよ!!


2012年5月3日2
うまっ!!

みんなでうちたての手打ちそばをいただきました。あ~~本当においしいんだ。これが。。。。今回は夜じゃなかったからビールはなしだけどね。


夜ごはんは、今うちにお手伝いにきてくれているスタッフのえっちゃんにいただいた「竹の子」で竹の子御飯にしてみました。

2012年5月3日3
とわの育てた20日大根も一緒に

やっぱり旬の味っていいなーー。冬は保存してある野菜ばっかり食べてたからね。とれたての味、旬の味。これからの季節の楽しみです。


いづみちゃんありがとう。6月のOgurayama Friends楽しみにしてます。(てるちゃん)


【今日の学び】
好きこそものの上手なれ!!

【魔法の質問】
どんな好きなことやってますか?



りんごの木のオーナーの募集始まりました。

2012年度年間コースの受付を始めました。先行予約をどうぞ

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

おぐらやま農場の農産物はこちらから

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

Ogurayama Friends  2012年4月号

今月は、穂高駅前でレンタサイクルとカフェを営む「ひつじ屋」さんのオーナー、高橋博さんに登場いただきます。(ちなみに、ひつじ屋の「ひつじ」は、村上春樹の小説「羊をめぐる冒険」からいただいたとのことです)

2012年4月号高橋さん


松村ファミリーに初めてお会いしたのは2004年の秋、ひつじ屋を始めて2年目のこと。インターネットでおぐらやま農場の存在を知り、興味をひかれ、暁生さんに会いに行ったと記憶しています。あとになって知ったことですが、その年のりんごは農場始まって以来の大不作。暁生さんはずいぶん苦労されたようです。輝美さん(奥さん)と風和くん(長男)と3人の暮らし、輝美さんには育児があり、農場でやるべきことは多く、人手は足りず・・・。そんな頃、新たな住処を見つけたことをきっかけに、ウーフ(WWOOF)ホストになるべく申し込んだのだそうです。それが2005年の春のこと。 

  http://www.wwoofjapan.com/main/


それから現在に至るまで、毎年100人近いウーファーさんが訪れ、共に汗を流し、同じ食卓を囲んで暮らしているのがおぐらやま農場です。いつも笑顔の絶えない松村ファミリーと仲間達に囲まれ、ウーファーさんはここでの生活を楽しみ、学び、幸せな気持ちを胸に抱いて故郷に帰っていくのだろうなぁと、羨望の気持ちも込めつつ理想のホスト像として彼らを見つめています。



実はひつじ屋もウーフホストです。毎年10~20人ほどの世界各国の若者を受け入れています。1日3度の食事と宿泊場所(ぼくの自宅)を提供し、その代わりにカフェやレンタサイクルの仕事を手伝ってもらいます。未来への希望にあふれ、働き学ぶ意欲を持ちながら、新しい世界を求めて日本にやってくる若者たち。そんな彼らはみな、実に一生懸命に働いてくれます。ほんとうにありがたいことです。ウーファーさんとの付き合いに「給料」はありません。彼らはお金をもらえない「ホスト」という場所に、自ら進んで手伝いに来てくれるのです。しかも、交通費はたとえ海外からであろうと「自腹」。そんな彼らに、お金のやり取りがない代わり、どんな「おもてなし」ができるのか、どうしたら喜んでもらえるのか、ここに来てよかったと思ってもらえるのか、ずっと考え続けてきたような気がします。それはまた、自分が求める幸せや生きがいとは何だろうか、という問いに向き合い、答えをみつけようとするきっかけにもなっていたと思うのです。



「美しい自然、おいしい食事、楽しい食卓、シンプルな生活」これは、ウーファーさんがおぐらやま農場のために残したメッセージです。ほんとうの幸せは、実はお金とはあまり関係がないところにある、安曇野はそれを求める生き方を可能にしてくれる土地なんだよと、この言葉は示唆しているような気がしてなりません。都会からの移住を希望する人が多いのもこの地の特徴のひとつですが、彼らもまた、「経済」優先の社会の在りように疑問を持ち、それとは違う「何か」を求めて、安曇野にやって来るのかもしれません。松村ファミリーとは、同じ頃に安曇野で暮らし始めた同志のような気持ちがあります。どうぞこれからもよろしくおねがいします。そして、このページをお読みくださったみなさま、今年はひつじ屋から安曇野サイクリングにでかけてみませんか?夏には、この地に新規就農した若者たちが育てた果物(りんご・桃・いちご・すいか・ブルーベリー・・・もちろんおぐらやま農場産も)を搾ったフレッシュジュースも人気ですよ。さらに全世界のウーファーのみなさん、ひつじ屋にもいらっしゃいませ!

レンタサイクルとカフェ「ひつじ屋」  http://hitsujiya.exblog.jp/

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

ふーばぁの田舎暮らしだより NO.22

ふーばぁの田舎暮らしたより


ふーばぁの田舎暮らしだよりー21ー       2012.3.30 石上 扶佐子


 父の米寿の祝いが東京であった。親族ばかりの会とはいえ、総勢22名が父と母の家の近くの料亭に集まった。私の妹夫妻は神奈川から、私の長男家族は信州から、長女家族は秋田から、次男家族は浜松から、三男家族は都心から駆けつけ、にぎやかなひと時を過ごした。


 88歳になる父は祝いの招待状を受け取るやいなや、グンと元気になったという。この日のために靴を買い、背広とネクタイを選び、1歳から10歳までの9人がひしめくひ孫たちの写真に名札を貼り、顔と名前の照合に勤しんだ。9枚の大判ポチ袋にひ孫たちの名前を書き、当日一人ひとりに手渡した。それは、誕生を讃える賞状の授与のようだった。

2012年4月ふーばあ


 花束を受け、乾杯をし、父は挨拶に立った。感謝の言葉のあと、父は戦争の話をした。学徒出陣で召集され、ロシアとの国境へ赴くために北海道に渡り、旭川で終戦を迎えたこと、旭川では爆弾を抱えて敵の戦車の下に走り込む練習に明け暮れていたことなど。


 死を覚悟していた父は、北海道に渡る連絡船の上で、日記を一枚一枚破きながら海に流した、と昔聞いたことがある。その父が今回挨拶の中で、寺山修司の「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」という短歌を引用した。この歌が発表されたのは戦後13年目の事だ。復員し平和な時代に生きるようになってもなお、父は連絡船から見た海と北海道の日々をこの歌に託して抱き今日まで来たのだ、と私は思った。父は短歌や歌が好きだった。


 ハッピバースディ・トゥ・ユーの大合唱を始め、この会でも歌が沢山あった。父は石川啄木の歌を古風なメロディーにのせて朗々と歌い、私の末息子と高知の歌姫と言われた彼の奥さんは、大学時代に同じ合唱部で鳴らした美しいハーモニーを披露して会場を唸らせた。私と妹も昔二人でお風呂の中で合唱した歌を歌い、最後は父が好きな「上を向いて歩こう」を皆で歌った。


 それぞれの家族が前に出て祝いの言葉を述べ、近況を語った。9人の小さい子供たちも互いに会えた事を喜び、良く遊び、いとこ同士の交流を深めた。


 母は各家庭に樹木の苗木を、妹は紅白饅頭を持たせてくれた。かつてアメリカで大学院入学の折、その学費を祖父母に出して貰った私の長女がささやかな恩返しにとこの宴の会計を受け持った。各人からのプレントもあった。父と母は嬉しそうで、私も幸福だった。


 父と母が病気がちながらも長寿なので、私は老年を生きるとはどういう事かを学んだ。親が子に教えることの多くは反面教師としてかもしれないが、ともあれ長寿の親と、それを支えている妹夫妻に、心から感謝した。 
安曇野に帰り、信州の家族のために父が選んだ桜の苗木を庭に植えた。この樹が育ち、春が来れば、私はこの樹を見上げ「お父さん、今年も桜が咲きましたよ」と呟くことだろう。この年の春の宴を思い、集った者それぞれのその後の成長を喜びながら、、、。

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード