スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月29日 葉とらずりんご

こんにちは~。今日は曇り空の安曇野。山の麓には、幻想的な霧。こんな日もいいもんですね。

2012年10月29日
葉とらずりんご

上のりんごはうちの「シナノスイート」です。もう真っ赤に育ったのもあれば、こんなりんごもあります。


これはちょうどりんごの葉っぱの部分が影になって、その部分だけ赤く着色しなかったものです。


一般的には、「葉つみ」という作業を行い、りんごのまわりの葉っぱをとっていきます。


なぜなら「真っ赤」なりんごの方が農協に出荷した時に高く売れるから。


うちではこの「葉つみ」という作業は行わずに玉回しといって、りんごをクルリンとまわす作業のみします。りんごを反対に回すと影になっていたところがまた太陽の光を浴びれるようになるので、全体的に赤くなってきます。


「玉回し」の過去のブログ http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-96.html


そして、葉っぱは、収穫するそのときまで、しっかりと光合成をして養分をりんごに送ってもらえるように残しておきます。


生命力溢れるりんごを求めるうちの農場にはそのほうがあっていると思います。


ということで、こんなりんごちゃんも入ったりしていますが、お楽しみください。(てるちゃん)


【今日の学び】
伝える力を意識しよう。子育てにも仕事にも人間関係にも。

【魔法の質問】
今日はどうやって相手に伝えますか?


シナノスイートりんご注文受付中です。

秋映りんご注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから
スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

りんご畑のテーマ・再考  < おぐらやま農場だより その184 2012・10・22 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その184  2012・10・22 (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@りんご収穫・発送作業の真っ最中のおぐらやま農場のブログはこちらです。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/



< 最新農産物情報  >

*洋梨バートレットの発送は終了しました。おかげさまでたくさんの皆様に食べていただくことができました。感謝。


10月のりんご収穫・発送作業が本格化しています。
*「秋映」・・大玉のみ売り切れですが、「中玉」・「家使い」はまだ十分にあ
ります。
「シナノスイート」は「大玉・中玉・家使い」すべて受注可能です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/246425/list.html

*「秋映」・「シナノスイート」の混合を希望の方は、備考欄にそのように希望をお書きください。

*ふじりんごの予約受付も始まっておりますが、これからの注文分は11月末または12月になってからのお届けとなります。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/247301/list.html


*今年製造したトマトジュース・トマトケチャップが好評です。天候の具合や土作りのこれまでの総合が、美味しいトマトになってくれて、よい原料になっているのではないでしょうか。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/TJ-12.html


*夏収穫の野菜たち、「にんにく」・「玉ねぎ」・「人参」等も発送できます。
(じゃが芋のみ売り切れです)
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/namaninniku-300.html


*おぐらやま農場のジュースは「定期購入コース」があるのをご存知でしょうか?毎月1回(間隔はお客様の都合で調整出来ます)のお届けを6回分まとめてご注文いただくコースです。何度も注文したり入金したりの手間が省けますし、毎回トマトケチャップもしくは各種ジャムのいずれかをおまけで同梱させてもらっています。(12本入なら毎回・6本入は隔月です) また毎月発行のされているニュースレターもジュースと一緒にお届けします。途中でのジュースの内容変更も可。気軽にお問い合わせください。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  「りんご畑のテーマ」再考  >

10月13日に安曇野地球宿の5周年イベントが開催され、その中で絵本・「りんご畑の12ヶ月」出版記念のトークイベントがありました。、プロジェクター画面に映像を出しながら絵本の朗読(読み聞かせ)をしてもらったり、絵本制作者の松本たけしさん(安曇野ちひろ美術館常任顧問)と絵を書いた中武さん、そして農家の立場で私も一緒に、絵本制作の過程やその背景について集まっていただいたみなさんの前でお話をする機会となりました。


今回は主催の安曇野地球宿オーナー増田さんと、絵本の制作者の中武さんに、「トークイベントの中でりんご畑のあの歌を歌ってください」と依頼がありました。知っている人は知っている、「あの歌」とは「りんご畑のテーマ」という名前で、僕たちが農場を始めた時に書いた歌のことです。


-----------------------------------------------------

< りんご畑のテーマ >

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

りんご畑の春は白い花 夜のヘッドライトにてらされて
スピンドルブッシュの形はまるで季節はずれのクリスマスツリー

りんご畑の夏は草色 摘果梯子の上まで登れば
はるか安曇平が見渡せて会いたかった何かに会えるはず

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

りんご畑は秋に色付き 美味しいりんごをみんなに送ろう
おぐらやまの夕暮れは早く 僕らの帰り道はむらさき

りんご畑の冬は静かな雪 りんごたちは葉を落として眠り
黒き土に耳をすませば 幾億の息づかい聴こえる

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

ぼくらの暮らすおぐらやまの時の流れはゆるやかに
小さな家の煙突から立ち上る 薪ストーブの白い煙

まさしき希い(ねがい)にいさかふとも 銀河の彼方にともに笑い
なべての悩み薪と燃しつつ 栄えある世界を共に創らん

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

---------------------------------------------

僕たちが農場を始めた頃、今は5年生になった長男の風和君は生まれたばかりの赤ん坊でした。この子が大きくなったら、この場所が自分のふるさとなんだなと思う時がきっと来る。僕らもそんな時が来るまでこの場所でこの仕事をやり続ける。当時僕とテルミさんと風和君の3人だけだった小さな家族の未来への灯火(ともしび)がどうしても必要でした。そしてこの歌がその役割を担うことになりました。心を照らす灯火であり、祈りのことばそのものだったように思います。

「まさしき希い(ねがい)にいさかふとも 銀河の彼方にともに笑い
なべての悩み薪と燃しつつ 栄えある世界を共に創らん」
この1節はご存知の方もおられると思いますが、宮沢賢治さんの童話「ポラーノの広場」での劇中歌として登場するフレーズです。賢治さんは自身でこのフレーズに作曲もしており、譜面も残っています。が、僕がこの歌を作った時に、最後に僕らの灯火(ともしび)となる言葉になるべくして降りてきたこのフレーズが、そこまで作ってきたメロディーにぴたりと重なりました。

---------------------------------------------

私、実は数年前まで、下手な歌を人前で歌って頑張っておりました。きっかけは歌が好きだということはもちろんありましたが、就農当初に、なんとかりんごの販売を軌道に載せたいという気持ちが大きかったような気がします。

就農してからの最初の数年間、当時東京に住んでいた地球宿の増田さんや、ほかの地域の友人たちにもお願いして、りんご販売会を開きたいので場を設定して欲しい、ついてはそこでお話と歌を用意していきますから知り合いに声をかけて欲しいといったふれこみで、多くの方に協力いただいてきた事実があります。そして、どうしてもりんごが売れ残ったら街中で流しのリンゴ売りでもなんでもやってみるぞと、自分の中ではちょっと悲壮感もある感じで、でもそんな気持ちを決して顔には出さず、ひたすら笑顔でやりきってきたように思います。

東京の町田市、埼玉県狭山市、神奈川県湘南、三重県の鈴鹿市、安曇野の地元でもシャロムヒュッテさんやあちこちで、りんご販売の機会を設定してくれる方たちが大勢おられました。ほんとうにいくら感謝してもまだまだ足りないほどの心をかけていただきました。


おかげで、りんごの販売はとても順調に行きました。今振り返っても不思
議なくらいです。りんごが余ってどうしようもなかったということは一度も記憶にありません。就農3年目のシーズンに思い切った減農薬に舵を切り、見事に大失敗をしての大不作を経験するのですが、そんな年でも、たくさんのお客様が出来のよくないりんごを買ってくれて私たちを支えてくれたのでした。(この時のエピソードもまた時期をみて紹介したいと思います。私たちのたからものです。)

---------------------------------------------

それからも、3年ほど前まで、安曇野や松本などのあちこちで声をかけていただいて、イベントや福祉施設や人づてに依頼があって、歌ってきましたが、自分の中ではどうもそれが気持ち通りにいかなくなりました。
どうしてかと問うてみるに、僕には農業者としての使命がはっきりと見えてきていたのでした。歌を歌って皆のお役に立てるのもよい。だけど、それは自分にとっては枝葉の部分だという自覚がありました。まだまだ作物を栽培していく上で突き詰めて行かねばならないことが山積みなのです。それに私なんかより素敵な歌を歌ってくれる人たちは安曇野にも大勢いるのです。「よし、中途半端はもうやめよう。ギターはもうギターケースにしまおう」と決心したのが3年前。炭素循環農法に出会ってすぐの頃です。


でも今回は、増田さんと中武さんに声をかけられたとき、「はいわかりました。この依頼は必ずやります。精一杯やらせていただきます」と心の中で答えている自分がいました。どうしてでしょうか。自分でもよくわかりません。理屈で割り切れないこともあります。

いつもコンビを組んできた花井慶太さんと2回だけ練習をして、10月13日のトークイベントで歌わせていただきました。案の定、途中で歌詞を忘れてしまい、大とちりのステージになりましたが、心を込めて歌いました。初心に還るいい機会をいただいたような気がして、とても気持ちが晴れやかでした。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は長文になってしまい、大変失礼いたしました。次回以降気をつけます。皆様においしいりんごが今年も順調にお届けできますように。最後まで読んでいただきありがとうございます。また次回をお楽しみに。感謝。



☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

10月20日 30代よさようなら( ´ ▽ ` )ノ

はは。突然おもしろいタイトルですね♪

いよいよ今日で私の30代も終わりです。

19歳から20歳になるとき。
29歳から30歳になるとき。

それぞれ、感慨深いものがありましたが、30代はそうでもないな~~、30代と40代は連続した感じなのかなあーと思っていましたが、急に昨日あたりから感慨深くなってきました。


よくぞ39年生きてきた!!39年も生きられるなんて奇跡みたい!!こうやって39年間無事に生きてこれたこと感謝!感謝!!


10代から20代はまさに親から自立。家も離れ、結婚もし、自分の人生を生きはじめた。


30代は子育てだったなあ。1歳になる風和のいる子育て30代スタート。そしてわら、とわの誕生。まだ10年前には小さな小さな子がもういっぱしの口きいてる!!


あと10年したら、風和が自立の年だ!はやいなあーーー。あっという間の子育て。農場も成長し、自家菜園の畑づくりも上手になってきました。

2012年10月20日
自家菜園Now


40代はどんなことが訪れるのかな?40代のテーマはなんだろう?と考えていたら、降りてきたメッセージ。

「貢献」

「足は大地に。理想は高く。心には愛を。」



たくさん、たくさんの出逢いがあり、たくさん、たくさんの楽しいことがあった30代。子育てを通じて、農場を通じて出来た30代の縁。


豊かに、豊かに育てていきたいな。


40代もみなさまよろしくお願いします。


生まれてからいままで出逢ってくださったみなみなさま本当にありがとう。


そして、30代よ!さようなら( ´ ▽ ` )ノ


追伸:年齢を意識するのは誕生日のときだけーーー。あとは永遠の23歳です(笑)


【今日の学び】
節目、節目の意識。節目が多いほど大きく伸びる。

【魔法の質問】
どんな節目がありますか?


シナノスイートりんご注文受付中です。

秋映りんご注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから










テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

10月19日 今年54人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

☆10月のウーファーさんはほぼいっぱいです。11月のウーファーさんを募集しています。りんご収穫を一緒にしましょう!!
___________________________________________


ここのところ秋映、シナノスイートの注文を毎日たくさんいただいています。感謝。本当に2つとも美味しいりんごです。ぜひ味わってみてください。

秋映 http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/246425/list.html

シナノスイート http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/598028/list.html


我が家のお米収穫も半分近く終わりました。

今年は、炭素循環農法2年目の年。昨年よりは収量も多そうです♪♪

さて、さて今年54人目のウーファーさんは、大阪から来た「ふみちゃん」。将来は宿の女将希望です。今回はこの安曇野かいわいのウーフホストさんをはしご!!

本当にはやく宿がはじまるといいね。宿ができたときにはぜひ、うちの農場でも紹介させてもらうね♪♪

2012年10月19日2
大好きなふみちゃんと。田んぼの前で。

ふみちゃんが安曇野地球宿でウーフをしていたとき、とわは人生初お泊りをしました。すごく楽しかったようです。その日はお昼寝もしていなかったので、ふとんに入ったらすぐに寝るとおもいきや、おふとんの中で一時間もふみちゃんとお話をしていたそうです。楽しかっただろうねーーー。

face bookにも紹介させてもらったのですが、初お泊りの日のとわのセリフ。

____________________________________

この間、4歳のとわくん。はじめて一人でお泊りにいってきました。どうしても「泊まりた~~い」っていうもんだから。

行き先は地球宿、うちでウーフをしてくれていたふみちゃんのところへ。

行く前:「おばあちゃん、今日とわいないけど、さびしがらないでね」と。

帰ってきたら:「おかあちゃん、昨日とわいなくてさびしかった?ごめんね」

だってえ~~~。はは。逆でショーーーーー。

思う存分お泊りを楽しんだようで、大満足そう。

よかった。よかった。またすぐにでもお泊りしたいそうです^^

________________________________________

ふみちゃんと一緒だったから初お泊りもなんのさびしさもなくできたんだね。たくさんの人のふれあいの中で育っているなーーと母嬉しです。

ありがとうふみちゃん!!あと2週間ほどよろしくです!!(てるちゃん)

【今日の学び】
楽しいことだらけの人生。それもアリ。

【魔法の質問】
今年あと2ヶ月、どんな楽しいことしますか?

シナノスイートりんご注文受付中です。

秋映りんご注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

10月17日 上高地・涸沢登山

10月15・16日と涸沢まで行ってきました!!

9月に初めて横尾山荘まで山登り、ハイキングに行ってから少し山にはまり、今年中にもう一度行きたいと思っていたところ、もう一度行けて感激です。しかも今回はもう一段先まで。

あ~~~~、また山の魅力にはまりそうです。

2012年10月17日2
涸沢カールのモルゲンロート

今回は、初めて出会った時から「私の初山登りはこの人と行きたい!!」と思っていた恵子師匠(笑)といつもおちゃめなさやかちゃんと一緒に行ってきました。

2012年10月17日
上高地・河童橋にて。

やっぱり山の魅力をたくさん知っている人との登山はすごく楽しいです。歩く道々、恵子ちゃんとはいろ~~んなおしゃべりをしながら、さやちゃんとはバカ話?!をしながら登山を楽しみました。

上高地から涸沢までの紅葉いっぱいの澄んだ気に満ちた登山道。

途中で恵子ちゃんのつくってくれた味噌うどん。

岩の多い山道を一歩、一歩踏みしめる歩き。

道々で交わすひととのあいさつ。

間近でみたヘリコプター。

夕食で飲んだ、体と心に沁みてくるビールとワイン。

空いっぱいに広がる満天の星空。

この日にみた流れ星7個。

大きな岩の上に寝そべってみたよ。

冷え込む夜にコッフェルで沸かしたお湯で飲むコーヒー。

暗闇で3人で描いた新月の願い事。

早朝からの朝ごはん。

涸沢名物の朝焼けモルゲンロード。

雄大な山々。

美味しいソフトクリーム。

岩の上に寝っ転がって、まったりと見上げる空と山。


ほんと、書けばキリがないくらい感動と楽しさいっぱいの登山でした!!


横尾山荘で大好きなまさちゃんにも会えてルン♪

2012年10月17日3
さやちゃん、まさちゃんと。


快く送り出してくれた家族とウーファさんに感謝です。(てるちゃん)


【今日の学び】
たくさんの感動が人生を豊かにしてくれる

【魔法の質問】
どんなことに感動しますか?


シナノスイートりんご注文受付中です。

秋映りんご注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから



テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

10月13日 地球宿5周年に思ふ

この土曜日、安曇野地球宿で5周年イベントが開かれました。

今回のイベント「★地球宿5周年イベント~共に生きていこう~★」のなかで、

農場スタッフひでさんの絵本『りんご畑の12か月』出版記念トークライブ。FM安曇野のパーソナリティになる予定のフミちゃんの読み聞かせに始まり、暁生さんのりんご畑の歌、そして文を書いた松本猛さん、ヒデさん、暁生さんによるトークが行われました。

私もまだまだやりはじめたばかりのフラダンスチームで地球宿のお祝いに踊らせてもらいました。踊りはまだまだだけど、5周年おめでとうの気持ちをたっぷりと込めて。。。


望さん地球宿5周年おめでとう!!

2012年10月13日フラチーム
フラダンスチーム pueo

暁生さんもトークショーの前に久しぶりに「りんご畑のテーマー」の歌を歌いました。

2012年10月13日りんご畑のテーマ

そのあとは、トークイベント。そして夜のお話会へ。。。

地球宿5周年イベントの様子はこちらから

今回の地球宿5周年イベントのことは、望さんのブログを読んでいだくとしまして、、、暁生さんの「りんご畑のテーマ」の歌を聞きながら、わたしの感じたことを少し。


今回の「りんご畑のテーマ」を歌ったとき、バックにはひでさんの絵本の様子が歌と共に映し出されてきました。


見事な絵!!


私たちが安曇野にはじめて来たとき、こちらには知り合いがまったくいませんでした。そんな中はじめた農場。本当に0からのスタート。

この「りんご畑のテーマ」を初めて歌ったときには、知り合いがボチボチとできはじめたときでした。


そこから今11年経って、今こうして目の前にひでさんの描いた絵本が映し出されて今「おぐらやま農場」は自分たちだけでやっている農場ではないんだな~~~。本当にみんなに応援してもらいながらやってるな~~ということを感じました。

農場だけでも、スタッフのひでさん、えっちゃん。そして毎年80人以上訪れてくれるウーファーさん。


そして、先日のオーナーさんのようにおぐらやま農場を訪れてくれる人たち。応援してくださるお客様。


今までの11年で数えたら、出会った人だけでも1500人は超えてるんじゃないかなあ~~。普通に農家やっているだけだったら、こんなにたくさんの方たちと出会えなかったよなあ~~。


今であっている、目の前にいる人を大事にしよう。そんなことを今までも大切にしてきたし、これからもますます大切にしよう。


そして、この地球宿5周年で出逢えた仲間みたいに、ひとつの輪から楽しい社会ができたらイイな。(てるちゃん)

いつもうちの農場を応援してくださる吉田道昌さんが絵本の絵と一緒にこの日の5周年イベントのことをブログに書いてくれました。

安曇野地球宿の5周年イベントと絵本『りんご畑の12か月』

2012年10月13日地球宿5周年
みんなおぐらやま農場に関わってくれたなあ~~~~。

   まさしきねがいに いさかうとも

   銀河のかなたに ともにわらい

   なべてのなやみを たきぎともしつつ

   はえある世界を ともにつくらん


【今日の学び】
人が喜んでくれたときって、とっても嬉しい。

【魔法の質問】
どんなことで誰を喜ばせたいですか?


シナノスイートりんご注文受付中です。

秋映りんご注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから












テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

10月11日 りんごの木のオーナーさん来る

今日は曇り空。りんご収穫に出荷に勢いあるおぐらやま農場です。秋映りんごにシナノスイートとってもいい感じです。

2012年10月ニュースレター
秋映りんごです


この3連休はりんごの木のオーナーさんたち30組以上がおぐらやま農場を訪れてくれました。総勢100人以上受け入れさせていただきました。りんごの木のオーナーさんありがとうございます^^


家族で来られる方、お友達同士でこられる方、ご夫婦で楽しまれる方、子供たくさんで来られる方などなどさまざまでしたが、みんなりんごを収穫し、箱やコンテナに入れて自分の家へ持ち帰ったり、親戚の方やお友達に送られたりと楽しんでいただけたようで、よかったです。

2012年りんごの木のオーナー3

収穫・箱詰めしたあとには、焼き芋や洋梨の試食を楽しんでいただきました。今回は連休を返上してお手伝いをしてくれた「ひでさん」や「えっちゃん」そしてウーファーの大ちゃんのおかげで、焼き芋もしっかりとできあがりました。

2012年りんごの木のオーナー1
暑い中、ずっと焼き芋を見ててくれた大ちゃん

2012年りんごの木のオーナー4
はじめに説明を聞きながら。。

2012年りんごの木のオーナー2
箱詰め作業


オーナーさんの中には、普段から注文をいただいている方も多く、私たちとしてはお会いできるのを楽しみにしています。普段はそんなにお会いできることもないですが、こんな機会にいろいろとお話を伺えて嬉しいです。今年はうちに来てくれたウーファーさんたちも何人かオーナーになってくれ、再開を楽しめました。


たくさんのお子さんたちがりんごをまるかじりしている姿に、「やっぱりやってよかったな~~」なんて思ったり。私たちは、普段から畑に接しているので当たり前のようにりんごが木になっている姿や野菜がなっているところを見ていますが、そういう機会のない子供さんたちがこうやってやっている姿を見れるのはとても嬉しいです。


わたしもずっと都会育ちでしたが、田舎暮らし、農ある暮らしをするようになって、「食べ物と自分が繋がっている」ということを肌で感じるってとても大切だと思うようになりました。


そういうことを肌で感じられるとなんというか安心感が育つ気がします。



話がそれました。。。。(汗)



今年オーナーで来ていただいたみなさま、本当にありがとうございます。^^


楽しんでいただけたでしょうか?


またこんな風にお客様とも出会える機会を増やしていきたいな~と思ったこの連休でした。感謝!!。(てるちゃん)


【今日の学び】
人との繋がり。自然との繋がり。繋がりがどんどん人生を豊かにしてくれるんだなあ。

【魔法の質問】
どんな繋がりを大切にしたいですか?


シナノスイートりんご注文受付中です。

秋映りんご注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから















テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

10月7日 ミッションについて

昨日、今日とりんごの木のオーナーさんで大賑わいのおぐらやま農場です。


オーナーさんの様子はまた明日♪♪♪


日曜日はてるちゃん's コラムのコーナーです♪♪


今日の夜はテレビで「逃走中」という番組をやります。
実はこの番組子供たちが2ヶ月以上前から楽しみにしてるんです。
いつも録画して何回も何回も同じのを見ています。


どうしてそこまでハマるんだろう?

____________________________________

逃走中とは?

「逃走中」とは、ある「エリア」で、限られた「時間」の中、
「逃走者」が「ハンター」から逃げ切れたら「賞金」を獲得できるゲーム。
「ハンターが怖い」「でもお金が欲しい」…
自首を選ぶか?それとも金やプライドのために最後まで逃げ切るのか!?
逃走者の心の内を見る、極めてリアルな“心理逃走劇”。

____________________________________


最近【ミッション】という言葉をよく耳にしますが、この逃走中の中にも【ミッション】がたくさんでてきます。


【ミッション】っていうと何か自分の使命や生まれてきた意味みたいな響きがあって、考え始めるとなんだろうという感じですが、この逃走中にでてくるような【ミッション】はおもしろい!!この【ミッション】によって断然に番組が盛り上がります。


きっと【ミッション】って毎日の暮らしの中にちょっとしたアクセントっていう感じ。


番組を見ながら、毎日ミッションを考えながら生活したらおもしろいだろうなと思いました。


@今日は、~に会いに行く
@今日は~を笑わせる
@今日は~を終わらせる
@今日はハンターごっこをやる(笑)

ただ単にやること、やりたいこと、やるべきことなどをミッションに加えても面白いかなあ。


試しにならなきゃいけないことを、


「今日の私のミッションは~~」なんてカッコヨク言ってみてください。きっとやらなきゃいけな~~~いって思っているよりもカッコイイ気分になりますよ!!


ミッションっていう響きがいいね。家族やお友達同士で「今日のあなたのミッション」なんてお互い書いて交換してもいいかも。


子供は意外におもしろいミッションを書きそ~~~~。


ちなみにわたしの今日のミッションは、


「みんなを笑わせた素敵な写真を撮る」


2012年10月7日
タイトル「男たちのおぐらやま」


ミッション、クリアできたかなあ?


【今日の学び】
毎日の暮らしの中のアクセントがイキイキさにつながる

【魔法の質問】
明日はどんなミッションに挑戦しますか?



やわらかくジューシーな洋梨バートレット

秋映りんご予約注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから


テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

Ogurayama Friends  2012年9月号

はじめて長澤くんに出会ったとき、なんてイケメンなんだろうと思いました。それに加えて仕事ぶりにも彼の人柄が現れるような誠実さを感じます。。奥さんのまさちゃんは元おぐらやまウーファーさん。彼女のお料理も美味しいんですよ!!

2012年9月長澤くん


 安曇野市堀金で田んぼをやっております長澤徹哉です。東京都出身。会社員の家庭に育ちました。大学入学を機に松本へ移住し、信州は水があったのでしょう、在学中からこの地で農業をはじめました。

 おぐらやま農場の皆さんにはいつもお世話になっております。
松村さんご一家と初めてお会いしたのは、農場を始められたばかりの10年近く前になりますね。以前のお宅で聴いた「りんご畑の歌」と、その頃から活気のある笑顔の面々が集っていたことが印象に残っています。最近は加工トマトでご一緒することが多いのですが、興味深い土づくりをされていますね。意欲的に取組まれている姿勢や活き活きとした畑の作物を目の当たりにして、ぼくも少なからず目標とさせていただいています。

 この10年で、安曇野や松本平にも若手の農業者がかなり増えてきたように思います。ぼく自身は、「自分でたべる米を、自分でつくってみたい」という動機で、卒業後に少しばかりの田んぼを始めました。手植えで、農薬や化学肥料を使わない方法での米づくりでした。そのうちに口コミでお米を欲しいという声をいただいて個人販売する機会にも恵まれました。しかしながら1ha近くに増え、夜勤のアルバイトとかけ持ちでの米作りは、7年ほどで体調をくずしてしまい。続けることが不可能になってしまいました。

 そして、失意の数年を経て、次第に自分で存分に手をかけ時間もかけてつくりに集中できる場が欲しいと思うようになりました。より経験を積もうと思い、ここ数年ほどは大規模の農業会社(米・ソバ・麦100haを作付)にて働いてきました。昨秋入籍を機に妻雅子と堀金に転居しました。今年は水田17a、加工トマト20aを作付けしています。

 新天地堀金でも周囲の方たちのご好意により田畑を借りることが出来てきてます。随分遠回りをしてきたようにも思いますが、来季からは徐々に田んぼも増えてくるので、穀物を中心にここ安曇野の一“耕す人”としてやっていきたいと思っています。おいしいお米が出来ましたら、たくさんの人にお届けしたいと思っております。

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

ふーばぁの田舎暮らしだより NO.26

ふーばぁの田舎暮らしたより

ふーばぁの田舎暮らしだよりー26-
                        2012.9.1. 石上 扶佐子


 10人掛けの我家のテーブルに、今日はきっちり10人の落ち着いた食卓だった。私の目の前の席で、小5の風和がそうめんをモリモリお代わりしていた。


「風和も大きくなったのね、沢山食べてくれてうれしい」と私は言った。
風和はわずかに首を傾け、口元ではにかみ、しかし、黙ってそうめんを口に運んでいた。私は見とれていたが、いつものように、気がついた。オカズもちゃんと食べないと、、、、。 
「風和、ほら、ここに、ナスと穂高豆の素揚げがあるから、冷奴も、、、、」


すかざす、風和が言った。


「僕のお皿に、それ、置かないでね、自分で取るから」
あまりにもきっぱりした言い方だったので私は驚いたが、思いあたる節もあった。オカズも食べて欲しい私は、次の瞬間、孫たちの取り皿にきっと、各種のオカズを並べ始めるのだ。隣り席の小2の和楽も素早く反応した。
「おばあちゃん、分かるでしょ。自分のお皿に食べ物がどんどん増えていったら、イヤでしょ、自分のことで考えてみてよ」。食卓の話題はその後、反抗期について、になった。

 
 そういえばかつて、末息子にも「食べても、増えるお皿は、イヤだ」と言われたことがある。その息子に昨日会ってきた。娘家族がアメリカ暮らしになるので、引っ越しの手伝いに秋田へ行った帰りに、東京の彼の家に寄ったのだ。彼の反抗期はとても分かりやすく、中2の一年間、ほぼ徹底して、母親を無視した。ついつい親風を吹かせてしまう自分を反省しつつも、私は寂しくて、布団の中で泣いたこともあった。けれど、一年が過ぎると、また、穏やかな暮らしが始まった。


 彼は大きく成長していて、私と対等になりさらには私を追い越していった。私たちは、同じテレビを見ながら、様々な問題を議論した。ふたりとも妥協せずに、個々の社会的問題にそれぞれの立場から口を出した。今回食事をしながら彼が言うには「あの頃は母さんは甘い、と思っていたけれど、今はそのスタンスもわかる。議論していてよかった」。


 私はそういうこともあったな、と思い出した。そして思う。私は忘れていたことだけど、彼には自己形成に必要な必死の反論だったのかもしれない。


 娘のところで障子貼りをしながら初めて聞いた「世代間境界」という言葉が気になってきた。子世代、親世代、祖父母世代は、通常はそれぞれ同じ世代間で問題解決のための交流や努力をし、大きな問題は世代を超えて話あうが、些細なことは互いに無関心でいたほうがいい、という心理学ではごく普通にでてくる言葉なのだという。


 骨身に浸みる言葉だった。風和がそうめんをすすりつつ抵抗したのも、反抗期の息子に無視されたのも、議論が平行線なのも、そこに境界をつくる必要があったからなのだ。


 私も生きる方向、希望の方向を変更しなければならない、と思った。大変なことだ。随分遅い気付きではあったが、気付かないでいたよりはまし、としよう。

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

畑が教えてくれたこと 2012年9月号

畑がおしえてくれたこと2

<  「不戦の誓い」のメールから  >
たんじゅん農法の世話人をされている静岡・掛川のしろさんから時々電子メールが届きます。たんじゅん農法のその時々のトピックや自然から学んだことなど、発信することで何か答えが見えてくると行った雰囲気の文体には、私自身の問題を解決するヒントがそこにあるような気がして毎回とても楽しみにしています。

今回はたんじゅん農法と「戦争」についてのメッセージが届きました。終戦記念日や、外交では韓国や中国と領土問題でいざこざがあったり、おぐらやま農場の桃畑ではサルとの関わりや、害虫や病気との付き合いや、いろんな意味で一度立ち止まって、わが身を振り返りたくなるお話でしたので、皆さんにも是非紹介させていただきたく、またメールマガジン「おぐらやま農場だより その181」にも紹介した文章ですが、繰り返し読んで頂ければ尚よいかと思い、転載致します。少々長文になりますので今月と来月の2回に分けての掲載です。なかなかこのような観方に立って物事をみている人は、世の中には少ないと思うのです。貴重なお話だと私は感じています。
-------------------------------------------------------------------------------
  「不戦の誓い」

8月16日の朝、ある方から電話をもらった。
『今朝新聞を見ると、「4歳の子が下痢で亡くなった。その子が食べた白菜から、0(オー)157菌が検出された。白菜の消毒が足らないことが原因。保健所は,野菜を次亜塩素酸ソーダで殺菌して食べるように指導している」とある。そのことを、どう考えたらいいだろうか』と。

前日には終戦記念式典で、首相は、「不戦の誓い」を新たにすると、言っている。日本では、8月になると、それが唱えられる。 日本人の多くは、少なくとも、それを理想にしている方も多い。しかし政府だけでなく、ほとんどの国民が、「不戦の誓い」を農や食にはしていない。

じつは、O157菌の消毒のために、農産物を殺菌することは、一つの戦争ではないかと考える。 
戦争、それは、人間同士が殺し合うこと。 しかし、人間は、毎日、植物や動物の命をいただいて、生きている。それは戦争とは言わない。

なぜ?
動植物の命をいただいて、その命を活かして、世の中のために、働いているからではなかろうか。 命はみんなのもの、誰のものでもない。

自然の仕組みは、地球上のすべてが、命を廻しながら、みんなが持ち味を発揮して、生きるように、なってある。人間が、その自然の仕組みに沿って、自然基準でやっていれば、命は活かされる。

二つの基準がある。人間を先生にする基準と自然を先生にする基準。
自然基準でみると、野菜が腐敗しているから、O157菌が寄ってきたのであり、野菜が腐敗した原因は、土にある。 元々、育った土が腐敗環境だったから、野菜が腐敗しているにすぎない。

いま、虫が寄ってくる、病気が出る、そういう野菜畑は、多い。それは、土が腐敗しているからだとは、ほとんど知られていない。化学肥料を使っても、有機堆肥を使っても、腐敗型になれば、そうなることを、自然が教えてくれる。

土が腐敗であれば(たとえ、その野菜たちを無農薬で育てても、育てなくても)収穫した野菜は、冷蔵庫に入れても、腐敗が進んでいく。 それは避けられない。だから、鮮度が大事になる。殺菌剤が必要になる。 (続きは来月号に掲載予定です)

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

 「りんご畑の12か月」出版記念トークイベント  < おぐらやま農場だより その183  2012・10・02 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その183  2012・10・02 (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


@心配された台風17号は安曇野地域には大きな被害を出さずに過ぎ去ってくれましたが、日本各地に大きな爪痕を残しました。被災された地域の皆様が一日も早く暮らしを取り戻すことをお祈りいたします。

@おぐらやま農場のブログはこちらからどうぞ
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/




< 最新農産物情報  >

*洋梨バートレットの発送が始まっています。秋の到来を告げる鮮やかな黄色と芳香。洋梨スムージーも人気ですが、フレッシュな洋梨を、是非一度お試しください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/831824/list.html


*りんご収穫が始まりました。10月になったら「秋映」。10月10日ごろか
ら「シナノスイート」の収穫を本格的に始めます。注文受付しておりますので下記ページよりどうぞ。注文いただいた順に発送しておりますので、到着まで少し時間をいただく場合があります。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/246425/list.html


*トマトジュースの製造が出来ています。体内での脂肪燃焼効果が認められた食
材と言うことでテレビで紹介されて以降、毎月注文いただく方も増えて来ました。
飲み続けたい方はあらかじめご予約下さい。年間通して本数を確保できるように
対応いたします。


*トマトケチャップも製造しました。味の改良を目的に作った昨年の試作品が大好評でしたので、こちらもどうぞお試しください。おぐらやま農場産の無農薬栽培の「トマト・玉ねぎ・ニンニク」が原材料の95パーセント以上入っています。 トマトジュースとケチャップのセット品でも発送できます。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/TJ-12.html


*夏収穫の野菜たち、「にんにく」・「玉ねぎ」・「人参」等も発送できます。
(じゃが芋のみ売り切れです)
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/namaninniku-300.html


*おぐらやま農場のジュースは「定期購入コース」があるのをご存知でしょうか?毎月1回(間隔はお客様の都合で調整出来ます)のお届けを6回分まとめてご注文いただくコースです。何度も注文したり入金したりの手間が省けますし、毎回トマトケチャップもしくは各種ジャムのいずれかをおまけで同梱させてもらっています。(12本入なら毎回・6本入は隔月です) また毎月発行のされているニュースレターもジュースと一緒にお届けします。途中でのジュースの内容変更も可。気軽にお問い合わせください。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 「りんご畑の12か月」出版記念トークイベント >

8月末に講談社から出版された、りんご農家の1年を描いた絵本、「りんご畑の12か月」、その出版を記念してトークイベントを行います。松本猛氏、中武ひでみつ氏、そしてこの絵本のモデルとなったりんご農家の松村暁生氏を迎えてのトーク、なぜこの絵本が生まれたのか、制作秘話など他では聞けない話を思う存分語ってもらいます。その他、絵本の読み聞かせもあります。

*日時  10月13日(土) 15時30分~17時
*会場  安曇野地球宿 (安曇野市三郷小倉4028-1)
*入場無料 ・ 出版記念トークイベントは安曇野地球宿5周年記念イベントの
中の企画になります。
http://chikyuyado.blog95.fc2.com/blog-entry-233.html
---------------------------------------------------------

上記のような案内ができました。ご興味のある方は是非おいでください。私もどんなトークイベントにしていけるか、参加される皆様と一緒に分かち合えるものはなんだろうと考えております。どうぞお楽しみに。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


台風というとてつもなく大きい自然現象。発生のニュースをインターネット天気予報で見つけた時には、緊張が走ります。今回の17号のように、信州方面へまっすぐに進路をとったときは、緊張の度合いはさらに高まります。農作物への影響、それを無事に届けるというお客様への責任、そしてわれら農業者とその家族の生活がまさに掛け値なしに懸っています。


このあたりは大きな山脈に周囲を囲まれ、比較的強風の吹きにくい土地柄ではありますが、台風のときは、風が強くなってきた畑の中で、上下左右に振られる果樹園の枝を目にして不安な気持ちになってしまうものです。


過ぎ去った後の静寂は、「ホッと一安心」という言葉がぴったり。しかし、日本各地に大きな被害をこうむった人たちが大勢おられることを思うと、安心ばかりしていられません。地震や台風や集中豪雨やいくつもの自然災害を僕たちは経験しますが、そこから自分が学ぶことはなんだろうと自分に問いかけています。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

また次回をお楽しみに。感謝。



☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

10月1日 台風後・・・

昨日の台風大丈夫でしたか?

ここ安曇野も昨日の天気予報では、台風の通り道だったのでハラハラしました。

農家にとっては、今から収穫の時。台風はドキドキしますね。

朝から近所の方にも「りんご収穫手伝ってもらえないか?」と声をかけられました。

みなさん、台風の前に少しでもできることをやってという感じです。


うちはりんごは「秋映」がほぼ収穫時期でしたが、やはりここは慌てて早取りせずに、台風の過ぎるのを待つことにしました。

なんとか、この地域は強い雨が降るぐらいですみました。


今度の10月6日から8日のりんごの木のオーナーさんの収穫も無事に迎えられそうで、ホッとしています。


今朝は台風の後が気になったのか、朝3時半に目が覚めてしまいました。すぐに外にでてみると、綺麗な星空と満月!!最高の夜空でした。

台風が過ぎたあとは本当に空気が澄んでいますね。

朝焼けも朝日もきれい!!


2012年10月1日1
朝焼け


2012年10月1日3
朝日が登るところ


この間種まきした玉ねぎも元気に芽が出てきて育っています。

2012年10月1日4


いつも台風から守ってくれる北アルプス、南アルプス、中央アルプスに感謝です。^^(てるちゃん)


無事だった秋映・シナノスイートりんごの注文はこちらからどうぞ!!


【今日の学び】
自分のやれる範囲でやれることを毎日しっかりやっていこう。それがきっといい運を創りだす。

【魔法の質問】
今日、やれることはなんですか?


やわらかくジューシーな洋梨バートレット

秋映りんご予約注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから







テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。