5月28日 今年10人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

☆6月に来てもらえるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________

今年10人目のウーファーさんはドイツからきたJonas(ユーナス)です。

2013年5月28日ユーナス
空港までおくるところです。


ちょうど、ユーナスがいるときには、他にもモルガン(カナダ)、アシュリン(アイルランド)と国際色豊かに若者世代だったので、おしゃべりするのが楽しかったです♪♪


わたしも若い!!(笑)


好きな映画の話や教育の話、それぞれ考えていることも違うので、そのあたりが面白いですね。ユーナスはホラー映画が大好きで、ホラー映画のおもしろい観方について熱く語ってくれました。

わたしは、ホラーは苦手ですが、彼によるとホラーって見はじめてはまるとどんどんはまっていくので、ちょっとやそっとのホラーでは物足りなくなるそうです。


暗い部屋でヘッドホンをしながら怖いのをみるのがおもしろいんだって。


う~~ん、想像するとこわっ。


そんな世界もあるんですね。


そんなホラー好きの彼はとってもやさしくいつもいつも子供たちのUNOやトランプに付き合ってくれて、いっぱい遊んでくれました。


本気でやってたかなあ?



ありがとうねユーナス。いろいろな人を受け入れるっていうことは、それだけで自分の知らなかった世界が広がりますね。


ホラーは今までわたしの生きていく中での分野になかったなあ。ホラーを熱く語る。熱く語れるものがあるのって豊かだなあって思います。


【今日の学び】
熱く語れるもの、日常毎日やっているもの。それは自分の才能かもね。

【魔法の質問】
日常毎日やっていることはなんですか?


年間コース会員さんの募集始めてます。

りんごの木まるごと1本分。りんごの木のオーナーさん募集中!

無農薬栽培の黒豆の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。







りんごの摘果作業を一緒にやりませんか! < おぐらやま農場だより その195  2013・05・23 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その195  2013・05・23 (不定期発行)

  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 農産物最新情報 >

*春のジュースセールは5月20日を持って終了となりました。 安曇野の自然環境を護ろうというみなさんの尊い気持ちをたくさん寄せていただきました。感謝しております。


*ジュースセールは終了となりましたが、季節は初夏。いよいよ夏の到来で、ジュースが美味しい季節になりました。引き続き、おぐらやま農場の100%ジュースをご活用ください。トマトジュースや人参りんごジュースを毎朝の健康習慣に続けてくださっている方も多数おられます。定期購入コースは最初の1度だけ注文すれば、あとは6ヶ月間、自動的に商品が届きますし、おまけもありますのでおすすめです。期間途中のジュース内容の変更なども気軽に申し付けください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


*遅霜の影響が心配された桃・梨は、かなり少なめではありますが、実がついてきてくれました!全滅はまぬがれたことがわかってきてホッとしております。 年間コース会員の分は十分収量を確保できそうです。年間コース会員申込受付はまだ数に余裕があります。どうぞご検討ください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/246017/list.html


*秋映りんごオーナー会員も募集中です。詳しくは下記から。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/528120/list.html



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  りんごの摘果作業を一緒にやりませんか! >

ゴールデンウィーク中に農場のみんなでひたすらにやった人工授粉のおかげか、りんごの実がだんだんと大きくなってきました。桃と梨もちらほらの感じではありますが、生き残ってくれた実があります。とにかく、全滅しなかったことが嬉しいです。


それで、毎年恒例となってきました、「りんごの摘果援農企画」です。摘果作業を一緒にやって下さる方を募集しています。農場スタッフの方、ウーファーさんたちと一緒に作業を進めていきますので初めての方でも大丈夫ですよ。


お給料は出ないのですが、農産物でお礼ができればと思っています。形のよくない桃や梨・りんごなども今年は遅霜の影響でできてしまうことが予想されますが、そのようなものもお得に食べてもらえるのではと考えています。


また、作物が育っていく過程を体験してもらい、背景を知っていただくことで、食卓にのぼる農産物の美味しさは何倍もアップします。そんな体験を是非味わってほしいと思いますし、絵本「りんご畑の12か月」でも紹介されたりんご畑の様子を、実際の農作業を通して味わってもらえたらいいなと思います。


*期日は5月24日~6月10日頃(りんごの予備摘果が1巡するまで)。土曜日・日曜日もやっています。

*時間は朝8時~夕方5時頃まで。来れる時間で半日だけとか、2時間だけとかでも大丈夫です。飲み物はこちらでも用意してますが、各自持参ください。日差しの強い日も多くなってきますから帽子や日焼け対策なども忘れずに。

*遠方から希望の方は宿泊は「安曇野地球宿」さんをどうぞ。1泊2食5000円で泊まれます。フレンドリーな雰囲気が人気のいい宿ですよ。
http://chikyuyado.com (それぞれで予約などしてください)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< 毎晩の読み聞かせ >

親ならだれでも経験してそうなことですが、夜寝る前に、布団の上での本の読み聞かせ。今年になってわらちゃんに読み始めたインガルス一家の物語。彼女もしっかり物語に入り込んでいるようで、「今日はちょっと忙しくてできないかなあ」というと「エー!」と大ブーイングに。 「大きな森の小さな家」・「大草原の小さな家」・「プラムクリークの土手で」と進んできて、数日前から「シルバーレイクの岸辺で」に入りました。 


アメリカの西部開拓時代の農民のお話ですから、私自身、改めて読んでいて考えさせられることがたくさんあります。収穫を目前にした大豊作予想の小麦畑がイナゴの大群に全てを食べ尽くされたシーンは、ちょうど私たちの果樹園の花たちが遅霜で凍りついたときのタイミングでしたから、どんなことがあっても立ち上がっていく農民の強さを教えてもらったのでした。


4歳の叶和くんが「お姉ちゃんばっかりじゃずるい」ということで、2人にそれぞれ違う本を読んでいます。最近の彼のお気に入りは「かいじゅうたちのいるところ」・「ちいさなおうち」。みなさんのおすすめの絵本があったら教えてください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


安曇野は初夏のいい季節です。りんごの摘果作業は、本当に手がかかりますが集中してやっていると時の経つのも忘れて、りんご達と向かい合ういい時間が流れていきます。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。また次回まで。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


*発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


*農場ブログ
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


*おぐらやま農場 フェイスブックページ
https://ja-jp.facebook.com/ogurayama


*メールマガジンの配信解除・アドレス変更などの手続きはこちらです。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/mailmag.html




テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

5月23日 子供たちに木のあたたかさ、手作りの楽しさを伝えよう

昨日は木工作家さんのところへ打ち合わせに行ってきました。
(風和と同級生のお父さんです)


今年は、学校のPTAの文化部の役員になったので、10月に学校で開くPTA講座の打ち合わせです。


改めて思ったのですが、私の周りにはそれぞれいろいろな特技を持つ人が多いなあ~~と。


ざっと、思いつくだけでも「木工講師、ゴスペル講師、太鼓講師、ジャンベ講師、自家菜園講師、パワーストーン講師、消しゴムハンコ講師、フィンランドのお料理講師、ケーキ作り講師、フラダンス講師、ヨガ講師、フットサル講師・・・・・いっぱいありすぎる・・・」まわりにそれだけのことを教えられる人がいっぱい。


木工講師さんとの打ち合わせはとても楽しい異空間の時間でした。家にある数々の作品をみせてもらいながら、


「2時間でどのくらいの作品ならできるか?」

「親子の作業だから親子で楽しめるのはどれかなあ?」

「どんな工夫を入れたらもっと楽しめるかな?」

と考えたり、


「木工はほんと同じ作品でもちょっとした工夫でいくらでも仕上がりがかっこよくなるから」とわざを見せてもらったり。


「俺さ、将来は『木育インストラクター』したいんだよね~~。子供たちやりはじめるとほんと目がキッラキラしてさあ、大人もやりだすとおもしろくてやめられないんだよね。」


と夢も聞いてしまいました。


そんなことを聞きながら私もいくつも一緒にやってみたいなということがでてきました。


例えば、おぐらやま農場で企画をして「親子で楽しもう野菜づくり体験、木工体験」の食育、木育イベントとか・・

木ってね、ほんと触っているとあたたかさがあるんですよ。その木工作家さんはお子さんのためにもいろんなもの作っていて、クレヨンを入れる箱なんかもかっこいいんですよ。人工物ではなく、そうやって手作りのものに囲まれた暮らしっていうのもいいですよね。


子供と親と一緒に何かを体験する時間って、どっちにとっても心に残るものにしたいなあ~と、研修会企画が楽しみになってきました。


こんな素敵なのができたら喜ぶだろうな。実際に作るときには、もっとバージョンアップさせたものを作る予定です。

2013年5月木工教室


笑顔たっぷりの時間になりますように^^


最近ね、いろいろなイベント企画が頭をよぎるんです。この5月の安曇野を歩いていると。本当に素敵な場所だし、野菜づくりなんかを、ぜひいろんな人に味わってほしいなあ~~と。


お客様を案内したり、子供企画も立てたいな。


打ち合わせをしているだけで、頭はいろいろ盛り上がってきちゃいました。


【今日の学び】
共通項みっけ。子供のキラキラした顔が好き。

【魔法の質問】
今日の身近にいるひとがキラっとしたときってどんな時?


年間コース会員さんの募集始めてます。

りんごの木まるごと1本分。りんごの木のオーナーさん募集中!

無農薬栽培の黒豆の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。



遅霜  < おぐらやま農場だより その194  2013・05・16 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その194  2013・05・16 (不定期発行)

  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 農産物最新情報・・春のジュースセールもあと5日で終了です >

前回のメールマガジンで皆様にお知らせした「春のジュースセール」も終了日の5月20日まであと5日となりました。皆様からのたくさんのジュースの注文と、直接カンパを申し出てくれた方が数名おられて、本当に皆様の気持ちに感謝しております。

ジュースの発送時には「お誕生日おめでとう」とか「進級おめでとう」とか、いろんなメッセージを付けることができますので、気軽にメッセージのリクエストも承ります。 りんごジャムのおまけがつく期間はあと5日ですのでどうぞ皆様、おぐらやま農場の春のジュースセールをご利用ください。注文方法は下記のブログ記事を見ていただければ確認できます。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-905.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 遅霜 >

4月20日~23日までの4日間、安曇野地方は氷点下の朝となりました。


桃や梨の花はすでに満開、りんごのつぼみもかなり膨らんできていました。20日の朝が危ないということで日付がかわるころすでにゼロ度を指す温度計を確認してから、用意してあったもみ殻に灯油を混ぜて畑で燃やすも、その日だけで用意してあったもみがらのほぼ全てを使い切ってしまいました。白々と夜が明け始めた4時半頃、手元の気温計はマイナス3度を指していました。


そんな真夜中の対応に追われた翌日21日早朝の氷混じりの雪、そして22日早朝の晴天と放射冷却でマイナス4度まで下がった気温にはほとんど対処ができなかったのが実情です。その翌日23日早朝も含め4日連続の氷点下となった安曇野地方の花の季節。あれから3週間が経過して果樹たちが受けた状況がだんだんはっきりしてきました。梨・洋梨の花は9割ほど、桃もおそらく9割程度は受粉できていません。りんごは早咲きの花たちを中心に半分以上は雌しべが黒く変色し受粉出来なくなりました。


ここまで大きな影響を受けてしまうのは、私が就農して12年で初めての経験ですが、何十年も長くやっているベテランの方たちに聞いても、「こんなことは初めてだ」というぐらいです。地元新聞には「農家に悲嘆の春」「中南信地区で被害状況は数十億円」などという見出しで被害状況が連日報告されました。


それらを読むと、やはりこの辺りの梨や桃はどこも大打撃をうけ、収穫の見込みが立たない状況だとのこと。りんごは少しでも生産量を落とさぬよう遅れ咲きの花に人工授粉を徹底して行うようにと農協の指導がされています。私たちの農場ではこれまで受粉作業は全て自然任せで、ハチや風にすべてやってもらっていたのですが、ここまで花たちがダメージを受けてしまっているものを黙って指を咥えているわけには行かず、ゴールデンウィークの間はずっとりんごの受粉作業をしていました。


この遅霜の後、どうやってこの1年を乗り切って行けば良いかをひたすらに考えてきました。まず「農家に悲嘆の春」の新聞見出しを見て、「俺は絶対嘆かないよ」と心に誓いました。そして茶色く変色した花たちを前にして、4日連続の氷点下を想定できなかったことを花たちに謝りました。「備えあれば憂いなし」なのです。備えが僕らになかった、そこに尽きるわけで、天候に文句を言っても何も始まらないことは明白です。


具体的には加工トマトの作付を予定より増やせるよう、すぐに種まきをしました。果樹は一年に一度のチャンスを逃すと翌年を待たねばなりませんが、野菜畑はそこからすぐに次を考えられます。まだまだアイデアはあるでしょう。


そういうわけで、おぐらやま農場の桃・梨を例年通りお届けすることが今年は難しい状況になっています。年間コース会員のみなさんへお届けする分はどうにか確保できるよう最善を尽くしていますが、今のところそれ以上の収穫は望めません。が、りんごの花はどうにか生き残ってくれていますから、これからのリカバリで少しでもみなさんの食卓へ届けられるよう手をかけていきます。


学び多い有意義な一年になりそうです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。遅霜の影響で、摘果作業を始めるタイミングが遅くなっています。順調に受粉していたなら、どんどんと花摘み作業を進めている頃なのですが今年は全く花には手をつけずに置いてあり、ようやく小さな実になり始めたりんご・桃・洋梨の様子をしっかり確認しながら、明日ぐらいからようやく摘果作業を始めるつもりです。

*「秋映りんごの木のオーナー会員」・・まだ予定数にいくらか余裕があります。

*「年間コース会員」の募集もまだ継続しております。年間コース分の桃や梨がもし足りないということがあれば、りんごや他の農産物でカバーしていく予定ですが、おそらくは大丈夫だろうと見ています。 

どうぞご検討くださいませ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


*農場ブログ
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


*おぐらやま農場 フェイスブックページ
https://ja-jp.facebook.com/ogurayama

5月19日 継続することが上達への道

最近子供たちがめきめきといろいろなことに熱中しています。


風和はなんといってもサッカー。


以前はやってもやっても10回行かなかったボールリフティングが今では200回を超えるまでに!


そして、朝は目覚ましをかけて自分で起きて、ご飯食べて自主朝練してます。


中村俊輔に真似てサッカーノートまでつけてね。


わらはビアノになわとび。


学校から帰ってきてまずランドセルを置くと私とちょっとおしゃべりしたあとにすぐにピアノに向かって練習してます。短い時間ですが。。


なわとびは前回し1000回やるとはりきっています。


そして、とわ。

今は自転車がはやり。おねえちゃんのお下がりの自転車、お父ちゃんに補助輪をつけてもらって、自分で動かせるのが嬉しいのか暴走族?!のごとく毎日、毎日ビュンビュンとばしてます。ちょっと前々ではブレーブボードがはやりでこれもやる気になるとあっという間にビュンビュン乗ってました。


3人とものめり込むタイプ?


私、子供たちに言ってきたことがあります。「なんでも上達したかったら継続できることが一番だよ。イチローもさ、一流選手もさ、みんなあることをずーーっと継続してきたんだよ。だからあんなに上手なんだよ。」


そしてもうひとつは、「3日ぼうすだって多いに結構だよ。4日目にできなくったって5日目にまたやりはじめればいいんだよ。3日しかできなかったって悔やむこともないし、そこで諦めることもないよー。また5日目にスタートできたらいいんだから」


これ、子供たちの心の中にも結構入ってるようで、


「お母ちゃん、別に3日坊主になったっていいよね。またすぐにはじめればいいもんね。」


ってときどき言ってくれます。


継続って大人にとっても結構難しいですよね~~。


「さあ、英語の勉強しよ!!」だけど続かない~~!

「さあ、ダイエットだ!!この体操続けようっと。」だけど続かな~~い!

「さあ、健康にはこれがいいらしいぞ!」だけど続かな~~い!


実はこのことは、わたしが子育てをはじめた頃、大好きな先生に教えてもらった言葉なのです。

「3日坊主はけっして悪くありません。

3日続いたことをたっぷりと承認し、誉めてあげてください。

そして、3日でやめたことを責めたり、悔やんだりするのではなく、

”5日目に再スタートすること”に導いてあげるんです。」

「3日坊主も100回やれば300日」



この考え方があるだけで、何かスタートしたときにとっても楽になります。


何回でも再スタートできるように導いてあげればいいからね♪♪


今日も楽しんでいきましょーーー!!


2013年5月なす
家庭菜園のなす。家庭菜園も今年で12年目です。

5月15日 ルッコラって食べたことありますか?

ここ安曇野は冬の間は気温がマイナス20度近くまで下がるし、

(凍るよ~~~)

雪も降るので、基本的に冬の間は外では野菜が育てられません。

なので、秋のうちに畑に種を蒔いておいて、それを少しだけ大きく育てるぐらいで、冬になるようにし、その野菜が越冬して春になってまた葉っぱになるのを待っています。

ルッコラの花 (2)
ルッコラ

ルッコラって私が初めて食べたのは、穂高にあるシャロム・ヒュッテの石窯ピザにのっていたのを食べたんですが、一度食べたらやみつきになり、すぐに名前を聞いて、種を蒔きました。

それからは毎年畑に植える定番品目です。

サラダに刻んでいれるとどんなサラダにもアクセントになり、とても美味しいです!!

まだ育てたことのない方はぜひ育ててみてくださいね~~~。
プランターでも簡単にできますよ!!

きっとやみつきになりますよ~~~。

【今日の学び】
毎日のちょっとした工夫を重ねることが大事。1日一個のちょっとした工夫が人生を変える!

【魔法の質問)
どんな工夫をしたいですか?


※今日は写真を少し大きめにしてみました!!

年間コース会員さんの募集始めてます。

りんごの木まるごと1本分。りんごの木のオーナーさん募集中!

無農薬栽培の黒豆の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。



5月13日 今年8・9人目のウーファーさん

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

☆5月はいっぱいになりましたので、6月後半から来てくださるウーファーさんを募集しています。
___________________________________________


今日もウーファーさんたちは、トマトの移植をしてくれています。今年は前のメールにも書かせていただきましたが、桃、梨がともに冷霜害でだいぶやられてしまいました。

その代わりといってはなんですが、今年はトマトを増やそうと、すぐに種を蒔き、今育てているところです。


さて、さて、今年8・9人目のウーファーさんはタイからきたメイちゃんとシーさんです。

2013年5月13日
メイちゃん、シーさん。


メイさんとシーさんは、姪っ子とおばさんの関係なのです。


二人でとっても仲がよくって親子みたいだった。


タイから来てくれたんだけど、いい意味で今までの私の中のタイ人のイメージを変えてくれました。


タイの人ってもともと暑いところに住んでいるせいか、まあ仕事もそこそこにねっ。


みたいな雰囲気の人が多いのです。だから私もタイのウーファーさんがくるとなんとなく仕事は半分の量かなって思ったりして。。。^^ 


だけど、この二人は率先してどんどんとお手伝いしてくれるんです。


タイにもこんな人たちがイタ~~~!!って。


食器が残ってるといつの間にか洗ってくれていたり、ふいてくれたり、子供たちとも一緒に遊んでくれたり、


本当に心強いウーファーさんでした。


ときどきfacebook見てる時にメッセージくれたりして、チャットすることもあります。


タイにもこうやって友達ができることが嬉しいな♪♪


ありがとうね~~メイちゃん、シーさん!!


【今日の学び】
こんなに世界中にお友達が増えるってやっぱりすごいことだよね。

【魔法の質問】
どんな人に出逢いたいですか?


年間コース会員さんの募集始めてます。

りんごの木まるごと1本分。りんごの木のオーナーさん募集中!

無農薬栽培の黒豆の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

5月12日 子供のサッカー合宿に行ってきました

日曜日のてるちゃん’sコラムです。


昨日、今日と風和のサッカーチームの合宿に行ってきました!!


私はちょうど、この合宿担当だったので子供たちに混じりながらサッカーしちゃいましたよ!!


土曜日はどしゃぶりだったのですが、「サッカーは雨でも試合がある」ということから、


雨がザーーザー降る中、子供たち対保護者チームでサッカーの試合したんですよ。


もうみんなびちょびちょ。


ドリブルしてたって、水たまりの中ボールが動かないぐらい。


全身泥だらけです。


こんなの自分が中学、高校と部活をやっているときでさえなかったのに。


もう大人も青春ですよ~~~。


スパイクの中にも泥水がじゃばじゃば入ってきて、それでもボール追いかけて。


いや~~~楽しかったなあ。


昨日も8分の試合を11回ぐらいやったんで、もうヘトヘトになりました。


大人になってからのこんな体験もいいですね。大人になると思い切ったことなかなかしなくなっちゃうからね。


それに子供たちもみんなかわいくて。


あの大雨の中、大人と一緒に試合したよな~~なんて大人になって思い出してくれると嬉しいな。





5月6日 安曇野 凍霜害 なんとか元気にやってます!

今年の安曇野のGW、いつもと様子が全然違います。

畑に出ていても、静か~


いつもなら、花摘みをするおじいちゃん、おばあちゃん、そしてGWの休みで戻ってきて、親戚一同でりんごの花摘みをする姿があちらこちらで見られるのですが、今年はりんご畑にほとんど人がいません。


どれだけ実になるかわからないし、こわくて花摘みもできないんですね。


うちは、せめて生き残ってくれている花に実になってもらおうと昨日はお手伝いに3人来てくれた方と、ウーファーさんと子供達と、みんなでせっせと人工受粉作業をしています。

2013年5月6日2
満開のりんご畑

一件見ると、本当にいつもと変わらぬ、可愛い花がいっぱい咲いているのですが、この花の中のめしべが凍霜でやられて、茶色くなってしまっているんですね~~。


つまり実にならない。


新聞でも「県内果樹農家ピンチ」「離農者がでる懸念も」だとか「被害総額数十億円」だとかにぎわっています。


私たちもめげそうにもなりますが、めげていても仕方ないので、


「このピンチを最高の状況に変えるには?」


とひとつひとつ考えながら、やっています。


年間コースのみなさま、りんごの木のオーナーさんの分は大丈夫そうですので、ひとまずご連絡です。まだあとは6月になって実になってこないとわからない部分も多いですが、できるだけのことをやっていきます。


果樹は、1年ほおっておいて、どこか仕事に行くということもできませんので、今年は今年の精一杯を尽くすつもりです。


毎日ふとんに入ったら2秒で寝てしまうほど、(笑)(目覚ましをかける間もなく)毎日生ききっています。


こんな時は、自然豊かな安曇野に住んでいて本当によかったなあ~~って感じてます。


山や森、自然が癒してくれます。^^




5月3日 りんごの木の人口受粉しています

2013年5月3日1
蝶ヶ岳とりんごの花

今日は快晴の天気の中、1日蝶ヶ岳を眺めながら、りんごの木の人口受粉をしていました。実は、この人口受粉うちの農場でやるのは、農場初めて13年目にして初めてなのです。

実は、

この安曇野地域、この間の雪のあとの霜でたくさんの果樹がやられてしまいました。うちの農場も梨はほぼ全滅、桃は7~9割減、りんごはまだ未定です。

梨と桃の花はちょうど満開の時に霜がおりたので、花の中のめしべがほとんど凍っていまい、受粉できずに実にならなそうです。

りんごは、まだ咲きかけだったのでいいところとダメなところに分かれています。まだわかりません。

今回は、その残っているものを確実にりんごになってもらうための人工受粉です。

ここまでくるとやれることを積極的にやるのみです。

1日りんごの木に受粉していると、まるでハチになった気分。ハチがブンブンと一緒に受粉してくれているのですが、その音がいつもよりもとても心地よく感じます。

「あ~~ハチも働いてくれてるんだなあ~~」って。ブンブンと音が聞こえると嬉しくなってしまいます。

花の咲いているうちにどれくらい人口受粉できるかが1つのポイント。時間もあたたかいときしかできないので、人数がいると助かります。もしよかったら、GWの楽しみに人工受粉にきませんか?

なかなか気持ちいいですよ~~~♪♪これそうな方は連絡くださいね!


2013年5月3日2
ハチと一緒に受粉

春のジュースセールでりんごジャムをお試し下さい! < おぐらやま農場だより その193  2013・04・20 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その193  2013・04・22 (不定期発行)

  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

conv0073.jpg



< 春のジュースセールでりんごジャムをお試し下さい! >

唐突で申し訳ないのですが、4月22日から5月20日までの期間限定で、農場のジュースを注文してくれた方に、りんごジャムのおまけプレゼントセールをしたいと思います。ジュース6本入は1個、12本入りは2個おまけです。

日頃そんなことはあまりしないのですが、喫緊の事情があります。今日は皆さんに一歩踏み込んで知っていただきたい事があり、この記事を書いています。まずは下記アドレスで紹介しているマンガ解説をご覧ください。
http://blog-imgs-17.fc2.com/a/z/u/azumino53/manga110820.jpg


私たちの住んでいる安曇野市三郷小倉地域には、隣町の産廃処理業者が中間処理施設を建設し、地域住民の反対を押し切って、強引に事業を稼働させている問題があります。施設に隣接している家では粉塵や騒音等で日常生活が普通にできなくなり、相当大変な思いをしています。施設すべてがフル稼働された時には、地下水汚染や杉並病(化学物質過敏症)など懸念される事柄も非常に多くあります。 現在はまだ全面稼働には至っていませんが、これまでの住民運動がそのブレーキになってきた側面が強く、何の抵抗もしなければやりたい放題やられていたでしょう。


私が一番残念に感じているのは地元住民の切なる要望に耳を貸さない業者の無関心と安全軽視の営業体質、それを助長する行政指導のなさです。 産業廃棄物処分業者にも様々な考えがあります。法令を遵守し地元住民と円滑に意思疎通して、堅実に業務をされているところも当然ありますし、社会の中で重要な役割を果たしていることは言うまでもありません。しかし、その重要な役割を果たしてもらうに足る会社かどうか、そこが問われている裁判なのだと私は感じています。 住民運動の経緯・産廃施設の詳細はこちらの住民運動のブログを参照下さい。
http://azumino53.blog96.fc2.com/blog-category-0.html


平成16年秋の施設建設以降、9年間にわたって、地域住民自らがこの業者の様々な問題点を指摘し、その解消と改善を訴えてきましたが、根本解決には程遠く、現在は4つの裁判に訴えて(そのうちの一つで私も原告となっています)、業者とその業者に営業許可を与え続けてしまっている県・市とも法廷でのやり取りが続いています。 


裁判をする為の必要経費は、地元住民や有志の方たちのカンパでそれを成り立たせておりますが、まだまだ裁判決着までは時間も掛かり、費用もかかります。業者と、長野県や安曇野市が相手の裁判ですから、行政に泣きつくわけにも行きません。自分たちの力でこれを捻出していくしか、この安曇野の自然環境を実質的に護る手立てはないのです。それぐらい今の行政職についている人たちには危機感がありませんし、リーダーシップもありません。


それで皆さんにカンパをお願いしたいのですが、その方法を、一年に一度の期間限定セールで、ジュース売上の10%を裁判費用に当てたいと思っております。例えば12本入のジュースセット8500円(にりんごジャム2個のおまけがついて)のうち、850円を裁判費用とします。農場の利益がかなり飛んでしまう数字ですが、安曇野の自然環境を「実質的に」護っていきたい。僕たちの子供たち・孫たちがずっと安心して暮らせる安曇野を残したい、その一念です。


その副産物として、おぐらやま農場のジュースを使ったことがなかった方にいろいろなジュースの味を体験してもらう機会になればと思いますし、いつも使ってくださっている方とも、この農産物が生み出されてくる自然環境をどう守っていくかを共有させていただきたい。今回はりんごジャムのおまけですが、来年以降も年に一度はこのような機会を作り、その都度、農場からどんなプレゼント品ができるかも楽しみにしていけたらと思っています。


どうか今回の趣旨を理解いただき、安曇野に暮らす一市民の私たちの思いを皆様に届けることができれば嬉しく思います。


< 春のジュースセールの注文方法 >

@注文はこのメールへの返信にてのみ受け付けます。ネットショップ経由の注文はセール対象となりませんのでご注意ください。(クレジット手数料がかかってしまうと、本当に赤字企画になりかねないのです。どうぞご理解の程を・・・)

@「注文者と送付先の、〒・住所・氏名・電話番号」を明記の上、「ジュースの種類・組み合わせ(りんご・洋梨・桃・人参りんご・トマトの5種)と本数(6本入・12本入ができます)」を必ず指定してください。おすすめは洋梨ジュース。

@おまけのジャムは「りんごジャム」に限ります。6本入には1個。12本入には2個入ります。

@お支払いは郵便振替用紙を同梱しますのでお使いください。
@銀行振込の場合は
楽天銀行ジャズ支店 
(普)3462367 名義:マツムラアキオ


数年前にも皆様へ、この問題について、署名の協力を呼びかけさせてもらったことがあります。その時も本当に多くの皆様が、時間と労力を割いて、署名を集めてくださいました。 2500名以上の署名が集まったと記憶しています。今回はジュース売上の一部を皆様の志(こころざし)として、裁判費用(主には弁護士費用や測定機器の購入などに使います)といたします。


もし、ジュース売上の一部などと面倒くさいことを言わずに、直接カンパにご協力くださる方がいましたら下記口座へ直接お願いいたします。その時は松村の方までご一報くださればありがたいです。

カンパの振込先
名称:一般廃棄物処理業許可取消訴訟原告団
郵便振替 口座番号:00570-0-100508
他行から振込む場合、店名:059 種目:当座 口座番号:0100508



今日は最後までお話を聞いていただいてありがとうございました。 感謝いたします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




*発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


*農場ブログ
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


*おぐらやま農場 フェイスブックページ
https://ja-jp.facebook.com/ogurayama
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード