スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日 信州発見 テレビで紹介されました

おぐらやま農場はウーフ(WWOOF)のホスト農家をしています。
   
ウーフとは?

お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

 有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事や家事の手伝いをしてみたい人たちとをつないでいます。

 WWOOFは受け入れ先も、手伝う側も登録制です。

 会員登録し、新しい世界を広げてみましょう!

____________________________________________________________________________________________________________
この間、テレビの取材の電話がかかって来て、取材をしました。
ウーフの様子をご覧くださいね。




さあ、桃もあと2,3日もすれば、ピークを迎えます。
注文まだお待ちしていますねーー!

この夏一番の桃をぜひぜひ!!トマトも本日ジュースにします!!

安曇野の桃はこちらから!

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。




スポンサーサイト

7月23日 今日はテレビの取材でした。

7月23日取材

今日は朝の8時から午前中いっぱいTBSさんのテレビの取材でした。
ずっと前に「いい夫婦の日」で取材を受けたとき以来のテレビ取材です。

あの時もほぼ一日中、いや2日間ぐらい?取材していたのに番組時間は10分ほど。

今回も午前中いっぱいの取材でしたが、放送は3分ほどです。

テレビスタッフの皆様も本当にごくろうさまって思いました。

明日の6時半ころから放送予定です。

題して「ウーファー特集」

わたしは、ひっそりとかくれてました(笑)

よかったら見て下さいね!

【今日の学び】
違う職種の人と出会ってみる。普段とは違うことが見えてくる

【魔法の質問】
出逢いをつくってますか?

8月から出荷できる桃受付中です。

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。


[183]福島の子ども達を受け入れる安曇野キャンプを応援しよう! < おぐらやま農場だより その212  2014・07・10 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 
 信州安曇野から幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 


 おぐらやま農場だより その212  2014・07・10 
 
   
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


*おぐらやま農場ブログ・「おぐらやまハッピーライフ」
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


梅雨空の続く安曇野ですが、少々の雨もなんのその。
果樹園や野菜畑のお世話に終わりはありません。

 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 農産物最新情報 > 

*前回のメルマガでお知らせした、ジュースセールへのたくさんの
申込み、本当にありがとうございます。売り上げの1割を、北小倉の
産廃施設問題解決への住民運動費用へカンパさせていただきます。
感謝。

 
*夏の収穫シーズンがいよいよ迫ってきました! 桃やトマトジュース
などの発送予約を受け付けています。詳細は農場ネットショップでどうぞ。
http://www.ogurayamashop.com/


*桃は今シーズン、7月下旬の早生桃は数がありませんので、8月上旬の
「あかつき」からスタートとなります。
http://www.ogurayamashop.com/category/31/


*トマトジュースが現在欠品中ですが、7月末製造、8月初旬からお届け
できます。夏の贈り物や定期購入コースなど、どうぞご利用ください。
無農薬・無肥料栽培、完熟トマト100%果汁の自信作。
http://www.ogurayamashop.com/category/18/


*「年間コース会員」の申込み、まだ受付出来ます。ご検討ください。
http://www.ogurayamashop.com/category/16/ 
年間コースのお届けは6月末から第1回が始まっていますが、
これから注文の方にはなるべく早く第1回分をお届けいたします。


*黒豆(玉大黒)の発送ができます。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/


*皆様からお問い合わせをいただいている人参ですが、8月からの
発送予定です。もうしばらくお待ちください。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 福島の子ども達を受け入れる安曇野キャンプを応援しよう! >

1週間ほど前でしたか農場スタッフでもあるエツコさんにりんご園で
「アキオさん、レディフォーでおぐらやま農場のりんごジュースを
出すことになったから、ホームページ見ておいてね」
と言われ、一瞬頭の中は「?・?・?」とハテナマークが飛んだ私。

まさかエツコさんの娘さんのフキちゃん、ついに4人組のアイドル
グループでデビューとか!(レディーフォーってそれっぽくない?)


と、そんなおめでたい話ではなく、東北の震災と原発事故のあと、
被災地支援のために安曇野在住の有志が立ち上げた、心でつながる
草の根ネットワーク「安曇野ひかりプロジェクト」のお話でした。


福島の子ども達が安心して外で思いっきり遊べる環境を提供しようと
始まった安曇野でのキャンプ、今年で3年目の開催を目指して企画中
なのですが、毎年資金作りをどうクリアするかが大切なテーマ。


それで、冒頭の「レディフォー」の話に戻るのですが、まずは
ウェブサイトをご覧ください。

https://readyfor.jp/about_more


さらにひかりプロジェクトのページははこちら
https://readyfor.jp/projects/azumino_hikari_p


専門用語では「クラウドファンディングサービス」というそうですが、
誰かの夢や活動を支援する、またはしてもらう方法として、今注目
される存在となってきているそうです。


自分が誰かの行動に「共感」した時、そのことを実際に支援
できるって嬉しい。きっと原点はそんなシンプルなことなんだと思います。


毎年ひかりプロジェクトの仲間たちで、いろんな活動やイベントを
開き、その都度少しずつお金を生み出してこのキャンプ企画の
費用を捻出してきました。今年はりんごキャンドルづくりなど、
いろいろなアイデアと気持ちが集まってきています。


しかし今年は昨年まで行政からいただいていた助成金が減額、
そして参加者の送迎バス交通費が値上げとなり、今年は資金繰りが
これまでよりもキビシイ・・・となっていたのですが、


「こんな時こそ、たくさんの人とつながり、力を合わせて開催したい!」
そんな思いでReadyforにトライするアイデアが生まれてきました。


また、このような保養プログラムの活動やそこにある福島の背景を広く
一般に知ってもらいたく、敢えて社会的公的な募金サイトとつながって
いこうという主催者の願いもあります。


支援してくれた方には「引換券」が渡され、金額によって引換する
内容が変わってきます。「おぐらやま農場のりんごジュース」も
15,000円の引換券の中に入れてもらいました。この活動を応援して
みたいなと思った方、ぜひReadyforのページからご参加を! 

https://readyfor.jp/projects/azumino_hikari_p



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


それにしても、自分たちにできることを少しずつ積み上げていこう、
という仲間たちの静かな情熱。僕の中にも「福島の原発事故を絶対忘
れない」という思いがずっとあります。りんごジュースを提供することの
ほかに、自分にできることはなんだろう・・。


ヨシダさんのブログに「ドッカーンイベント」の一日が紹介されて
いました。仲間たちがどんな気持ちでキャンプの資金作りをしている
のかがよく伝わってくる文章でした。よかったら読んでみてくださいね。
http://d.hatena.ne.jp/michimasa1937/20140621


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


北小倉のナカムラさんに、北小倉産廃問題への住民運動の話を聞いて
きました。が、紙面の都合上、報告はまたの機会にします。
とても内容のある話でしたので、数回に分けなくてはならないかも
しれません。もうちょっと待っていて下さい。


梅雨空には紫陽花。ファインビュー温泉の上り口にある室山池の周囲に
きれいな紫陽花が咲いています。この梅雨が明けると真夏がやってくるぞ
と、私にとってはちょっと張り詰めた気持ちも起こる姿です。


今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆様の健康と幸せが護られますように。 感謝。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

7月20日 桃の収穫はじまりました!

7月20日 桃収穫はじまり

最近はもっぱら早朝、夕方と雨が降り続く安曇野です。
梅雨はいったいいつまで続くのかな?

もうトマトさんたちも水分取りすぎな感じです。
野菜もあんまり雨が続いて、湿気のある環境になると病気になりやすいんですよ。

高温多湿になっちゃうから、菌が繁殖しやすいんですね。

うちでは、そういう風な環境になるべくならないように、土に穴を掘り、水がそちらに流れていうように徐々に畑に溝をつくっていってます。

農業やっているのに、まるで土建屋さんのように。。。

そんな中、桃はすくすくと大きくなり、収穫時期を迎えました。
今年の桃も甘い!!

かぶりついています。

いただいた注文順に順次発送していきますので、よろしくお願いします。

こちらから注文もお待ちしていますね!!

http://www.ogurayamashop.com/category/4/

では、素敵な日曜日を!!

【今日の学び】
人は幸せになるために生れてきた。

【魔法の質問】
今、一瞬を味わってますか?


安曇野の桃はこちらから!

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

7月16日 早朝お米の草引き

2014年7月16日

昼間はだいぶ暑くなって来たので、今は朝5時からの夏時間で作業です。

早朝のうちにお米の草引き。

すべて田んぼの中を手で草を引いて回ってます。

チェーンを使ってあらかじめ、草を抑えていたおかげか、そんなに凄まじく草が生えているわけでもなく、

ホッ。

やっぱり日本は米が似合いますね。


うちでは、このお米は玄米と白米にして、
毎日酵素玄米でいただいています。

今年は、発芽させてから「酵素発芽玄米」にしたいと思っています。

【今日の学び】
ただ根性でやるのでなくリズムをつくろう。

【魔法の質問】
工夫したらいいところはどこですか?

安曇野の桃はこちらから!

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。


7月15日 この花はなんの花でしょう?

2014年7月15日 (2)

これ、なんの花でしょう?
ヒント 野菜です。

答えは春菊。
今、うちの畑でジャングルのようになってる。

2014年7月15日

こんなに大きくなってるのに柔らかくて美味しいんだ。

うちの子どもたちもバクバク食べちゃう。

玉ねぎと一緒にサラダで食べても美味しい。

私は子供の頃春菊苦手だったけど、美味しい春菊は美味しいのだ!!

美味しい野菜かどうかは、その野菜が発酵に向かってるのか腐敗に向かってるのか。

どちらの野菜かでお腹に入れた時に変わってくるね。

この間、お客様からお電話いただきました。

なんと7か月前に購入してくれたうちの人参を今日最後食べますって。

7、7、7か月!!

そういえば、11月に保存したうちの自家菜園の大根もつい先日まで食べてたね♪♪

葉物野菜も、洗って冷蔵庫にいれておけば、2週間以上もつし。

うん、だんだん野菜が発酵するようになってきたんだね。

腐らない野菜、腐らないりんご。

そして、それを食べる腐らない体。

体も発酵に傾けば、どんどん健康に。
腐敗に傾けば、病気になりやすいね。

体の発酵意識してから、そういえば、ほとんど風邪などひいていないな。

【今日の学び】
体に入れるもの常に常に意識してみよう

【魔法の質問】
体に入れるもの選んでますか?

安曇野の桃はこちらから!

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。



7月14日 桃の予約注文受け付けています。

2014年7月14日

もうすぐ安曇野も桃の季節です。
これは、一昨年の桃ですが、あと1か月もすれば、今年の桃畑もこんな感じです♪♪

順調に大きくなってますよーー。今年も「おぐらやま農場」の甘い桃どうぞ~~~。
お中元用にも承っています!!

さて、そろそろ夏ですね!!

http://www.ogurayamashop.com/

【今日の学び】
毎日コツコツと当たり前に。

【魔法の質問】
コツコツやっていますか?

安曇野の桃はこちらから!

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。



7月12日 安曇野自然学校開講!!

2014年7月12日

【お知らせ 安曇野自然学校開講!養生セミナーやります!】

突然なのですが、今年の夏、8月16日、17日に安曇野自然学校を開講することになりました。

1泊2日で農場体験をしてもらい、「おぐらやま農場」で野菜を収穫し、野外調理し、その場で食べようというものです。そのほかにも農場を参観してもらったり、健康についておもっいっきり学ぼうというものです。

「あなたは治せる!」の著者 松本孝一先生をおよびして、どうすると自分の力で病気が治せるのか?どうして、先生の生徒さんたちは、アトピー、喘息だろうと鬱だろうと、腰痛だろうとお医者さんで治らなかった病気が治るのか?
ハタマタより健康になるのか?「身体のしくみを正しく使うことから、すべてが始まる… 」その秘密をあますところなく語っていただきます。

そんな講義と実演をしてもらえる時間を設けました。8月16日 夕方3時半から6時ころまで、松本先生に来ていただけるので、よかったら近いかたなどはご参加下さいね。場所は、三郷小倉の多目的センター体育館です。詳しく知りたい方は、メッセージorメール下さい。参加費用は3000円です。会場の都合で7月中に連絡いただけるとありがたいです。

メッセージいただいた方のみ懇親会のご連絡もいたしますね。健康について知りたいことがある方は、この際なんでも聞いてみてください。

わたしも友人たちが、松本先生と知り合ってからどんどんと変化している様に驚いています。

今回、先生が自然の中でぜひ呼吸法をやりたいとおっしゃってくれて、はるばる愛知からやってきてくれます。2日目は早朝から野外で呼吸法をやる予定です。

いつも先生が言う言葉、「人間本来備わっている力をださせてあげるだけだよ」
自分の本来の力を取り戻す「きっかけ」づくりができればいいなと思っています。

また9月には、名古屋でもセミナーをされますので、近い方はそちらでもぜひどうぞ!!  

 http://goo.gl/PtQtc5

1泊2日通しての自然学校は、人数に達しましたので、締め切らせていただいており、松本先生のセミナー、実践会のみ受け付けしています。

☆松本先生よりメッセージ
http://dp15270829.lolipop.jp/img/message.pdf
☆真の養生とは
http://www.mixs.jp/profile.html

【今日の学び】
最愛の自分には、最高のメンテナンスを

【魔法の質問】
心、体のメンテナンスしてますか?

安曇野の桃はこちらから!

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。



7月11日 台風さん、静かに通り過ぎてくれました

2014年7月11日

昨晩から今朝、とても静かでした。

桃も収穫間近。
トマトも順調に大きくなってる。
もちろんりんごも2回目の摘果をしながらグングン成長している。

ドキドキしながら過ごした昨晩。
無事に台風さん過ぎ去ってくれました。

写真は雨も滴るいいりんごです(*^^*)

さまざまな自然の環境を乗り越えて、みなさまのお口まで届きますように。

【今日の学び】
風の音を感じてみよう。

【魔法の質問】
大丈夫でしたか?

安曇野の桃はこちらから!

お中元のご注文受付しています

じゃがいも、玉ねぎ、にんにく、無農薬栽培の野菜の販売しています。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

畑が教えてくれたこと 2014年6月 ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

「炭素循環農の法則」

日本から見ればちょうど地球の裏側にあたるブラジル・サンパウロから、今年も林さん(炭素循環農法のウェブサイト執筆者)が日本の炭素循環畑の様子を見に全国を歩いて回ってくれて、その機会に安曇野でも実践者交流会を開くことにしました。5月24日に参加者40名ほどが市内・県内・県外からも参集となり、それぞれにとってよい学びの機会となったのではないでしょうか。

朝8時半集合で、午後2時迄かかって安曇野市内の実践者畑の見学を6か所。どこの圃場もそれぞれ特徴があり、耕作者のコメントと林さんのコメントの対比が面白く、時間かけて回らせてもらった甲斐がありました。村山さんのブルーベリー園では数年かけて粉砕チップで土づくりをしてきた結果、土壌団粒化の指標になる棒さしが1m80センチまで入りました。ここまでの畑を目の前で見たのは私は初めて。この体験が今後の自分の指標になります。どうやったらおぐらやまの果樹園はここまでの状態になっていくだろうか・・。

おぐらやま農場の桃園・りんご園の通路に掘り下げた深さ50センチの溝。中に剪定枝やもみ殻を詰めて人間が落ちないようにしてあります。水はけを良くし空気が土中に、つまりは土中のキノコ菌が炭素資材を分解するスピードを上げる為の方策。昨年来、全国中でこの溝掘りをする人がたくさん出てきたのです。

僕も取り掛かかりました。が、掘り出した残土を耕作地の上へ被せてしまうので、あまり深く、または幅広くは掘れない。土が被ると表層近くの空気がたくさんある場所にたくさん生息している微生物たちの空気が不足してしまうと見えるのです。バックホーのバケット幅を農機屋さんにお願いして、ギリギリの25センチまで狭めて、これで掘ると約30センチ幅の溝の出来上がり。表土の上に乗っかる土の厚さは3センチ程度になるよう全体に広げるとし、今年は深さ50センチまでとしました。

また、畑によっては石拾い作業に必要な労力がかなり負担になってきます。今年は、やり始めた畑1か所が終わるころ春が来てしまいました。課題の一つではありますが大面積の営農に即した形となればおそらく、バックホーで溝掘り、土の広げ作業、石拾い作業、炭素資材の詰め込みと、4段階の手仕事では手をかけすぎと言えます。機械作業を駆使してどこまでやれるかが鍵となりそうです。

交流会の会話の中で、林さんが「名称についてお知らせです。炭素循環農法改め、炭素循環農の法則としました。」と言われた時に、ストンと肚に落ちるものがありました。なぜか嬉しかった。それは以前から「農法」と言ってしまうことで、形式・方式に捉えてしまいがちな人間心理を感じていたからだと思います。ここ数年、自分の言葉でいうときは「炭素循環では」とか「自然界の仕組みでは」とか、極力「農法」の一つだと言ってしまいたくない意識が強かったことは確かです。


畑が教えてくれたこと 2014年5月 ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

< りんごの花、満開 >

今年は、桃・梨・りんごと続く花の時期が、比較的順調に進んでくれました。さすがに昨年、「4日連続の氷点下の朝」を体験した翌年ですから、当事者としてはピリピリした感情もありながらの毎日でしたが、りんごの中心花がほぼ受粉できた今日あたりまでくると、さすがに緊張も解けて、ホッと安堵の気持ちです。本当によかった。


花たちも気持ちよさそうに日差しを受けて、花びらを広げ、飛び交うハチたちを受け入れています。気温が上がるほどミツバチたちの数が増えて、日中は羽音が鳴りやみません。順調に行ってるかなと思える春はこの畑の躍動感をじっくり感じられる心の余裕がある自分に気付きます。昨年はそんな余裕がなかった。霜に当たって傷んだ花に少しでも多く受粉してもらおうと、自分が人工授粉に飛び回っていましたから。


今日は穂高のりんご畑で花摘みをしていました。車で15分ほどかかるここまでくると三郷小倉のあたりで見る風景とはずいぶん違う景色が広がります。りんご畑から東を向いて北アルプスを仰ぐと、正面やや北寄りに有明山(ありあけやま)がバランスのとれた山容を見せ、別名有明富士と呼ばれる理由がよくわかります。正面やや南寄りには蝶ヶ岳(ちょうがたけ)。5月下旬ごろになれば白い蝶・黒い蝶の雪形がもっとはっきりわかるのだけれど、まだ残雪が多く残っているのでまだはっきりしません。僕たちの住んでいる場所からは前山に隠れて全く見ることができない山なので、ちょっと車で走るだけでこれだけ風景がかわるのが楽しいです。安曇野で暮らし始めて15年目になるのだけれど、今年は北アルプスの登山に行くぞと意気込んでいます。(上高地の散策ぐらいじゃ登山とは言えませんからね)


この畑は田んぼが広がる田園地帯に一つだけポツンと作られたりんご畑なので、はしごに上って仕事をしていると、ゴールデンウィークに入ってあちこち水が入り始めた田んぼが見えます。今が真っ盛りの田んぼの代掻きや田植え作業をしている人たちの姿が見え、トラクターのエンジン音が響いてきます。オーストラリアからウーフに来ているマイクが、田んぼに入った水に映る山をみて、「アキオサン、カガミミタイ!」と言いました。「マイク、水鏡(みずかがみ)っていうんだよ。特に安曇野の水鏡は残雪の山がきれいに見えて有名なんだよ。今の季節だけしか見られないから、よく見ておきなよ。」と彼に言いました。


昨日は仙台に住んでいる年間コースのお客様が、わざわざ農場を尋ねてくれて、りんご畑の様子を見学に来てくれました。あいにくの雨で、ゆっくりと時間が取れなかったのですが、それでも家の隣にあるりんご園を見てもらいお話することが出来ました。やっぱり顔を合わせてお話できるお客様がいてくれるのが嬉しいです。大勢の皆様に秋映りんごオーナーさんの会員になっていただいて、収穫日にお会いできることを楽しみにしています。

畑が教えてくれたこと 2014年4月 ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

タイトル通りの展開になるとは誰が予想したでしょう。4月6日の夜のことです。その日は午後から私の父親が静岡県袋井市で主催している瞑想教室があり、そのあと畑で使っている「さくら水」というミネラル活性水の工場見学があって、それが終わってからすぐ近くの私の父親の家に上がらせてもらって、食事をしていました。


瞑想教室の進行係をしていたMさんという方も一緒にその場にいていろんな話を聞きながらご飯を頂いていると、「松村君の畑というか土地からメッセージが来ているんだ。りんごの木じゃなくて、土地から来てるようだね」とMさんが言われます。実はこの方、あちらの世界とチャンネルの合う方で、私がMさんにお会いしたのはその日が初めてだったのですが、静岡に住んでいる私の父や弟からは以前からMさんの話は聞いていたので、「そうなんだ、どんなメッセージが来るんだろう」と襟を正しました。


「昨日からメッセージがあると言ってて、なかなか言ってくれなかったんだけど、今日になって語ってくれました。まず、ここが地球の一部であること、地球の中の、日本の中の、長野県の、安曇野の、地球につながった畑であること。ここは地球であることをまず認識してください。」


「ミネラル水を使って畑を良くしようとしてくれていることに感謝します。そしてこれを使ったから大丈夫とそれで終わらせないで下さい。土地にも作物にも意識があります。土や作物にもっと話しかけて下さい。そうすれば対話ができます。」


「そして、農作物を食べた人の体に良い作物を栽培するのは当たり前のことと考えてください。その次があります。人間の魂、霊体に良い影響が与えられる作物が生まれ、それを食べてもらうことが大切なことなのです。」


「作物たちは自分を食べてもらって喜んでいます。形がなくなること、りんごがりんごでなくなることは悲しいことではないのです。自分の体が人間の体に入ってその人の波動・エネルギーになっていくことが作物の喜びなのです。」


と、概ねの内容はそのようなことでした。Mさんのお話を録音していたわけではないので、私なりの聞き方が入ってしまっている部分もあるかと思いますが、まさか「畑が教えてくれたこと」が、ここで言葉として出てくるなんて予想もしていなかった訳ですから驚きました。信じられない人も多いかもしれませんし、こんなこと本気で受け取ってるなんてどうかしてると思われる方もいるでしょう。しかし私としては真摯に受け止めざるを得ません。このメッセージが受け取れる時期が来たとも言えると思います。今まで一度もなかったことですから。まずやることははっきりしています。「土と作物に話しかけること」。今年は何かが大きく変わっていくような気がしています。

120歳まで健康に生きる道 12 2014年6月号ニュースレターより

うちの一番上の息子(ただ今中1になりました。)が今年の1月ころから、ほとんど一切のスナック菓子を食べるのをやめました。

きっかけは、息子よりも学年が3つ下の近所に住む子が、息子とは違うサッカーのクラブチームに入っているのですが、そのチームでは選手になった子はスナック菓子禁止なのです。

たまたまそのお話をその子のお母さんから聞いて、息子に話したところ、その日から「僕もやめる」っていって、それ以降ほとんど食べていません。学校や地区の行事などの時にはおつきあいで(笑)食べているそうです。

すごい!!と思いました。私が中1のときにはスナック菓子食べ放題?!でしたね。今はだいぶ減りましたが、それでも時々食べてます。当時はバレー部に入っていたのですが、そんなお菓子のことなどまでは全然気にかけていませんでした。

やっぱり人間目標があると違うんですね。勉強も宿題もサッカー選手になる為にやってます。英語もだいぶ興味をもちはじめたのですが、将来海外チームでプレーする時に必要だからと楽しそうに勉強して、ときどき覚えたての文章で話かけてきます。

そこで最近気づいたのですが、小さいころから喘息もちの息子ですが、このところ喘息やアレルギーらしきものが一切でていないです。もちろん大きくなってきたということもあるけれど、スナック菓子をやめてからなんとなく、持っているエネルギーが違う気がするのです。


これからどんな風になるのか楽しみです!わたしも息子には負けていられない。^^
母も勉強がんばりまーーす。夜に時々一緒に筋トレするようになった今日この頃です。

2014年6月ハスの花

健康とはエネルギー。
体に余分なものをいれるのではなく、
体が上手にはたらくのをサポートしてあげるだけ。

余分な負担をかけない。
食べ過ぎ、飲みすぎ、添加物のとりすぎ。

体の本来の力を失わせてはもったいない。

本来の力を取り戻そう。

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。