スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月26日 3月のりんご畑の作業紹介

りんご畑で剪定作業、枝片付け、切り口へのペイント、粗皮削りなど、今の時期の適期作業です。澄んだ空に浮かび上がる白馬連峰、畑の中に響く剪定の音、台湾からきたウーファーさん、イギリスからきたウーファーさんの紹介もしています。

【質問】樹齢の高いりんごの木には何をしているのでしょうか?

スポンサーサイト

3月24日 星空を見上げて

あったかくなってきたねー。

冬の夜は1分も外に出てたら凍えそうだけど、久々に夜空を堪能(*^^*)

星空を見ながら春の夜風を吸いこめば、すっぽり宇宙に包み込まれるようなこの感覚。

宇宙と心のチューニング。

写真は明日出発のライアンがとってくれました。カメラを持って早朝に夜に素敵な写真をいっぱいとって。素敵なウーファーハウスの写真プレゼントしてくれました。ありがとう!

Thank you for these pictures Ryan!

2015年3月22日

【魔法の質問】
宇宙の中にいる感覚思い出してますか?

ふじりんご注文受付中です!!

りんごの木のオーナーさん募集中です。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。





3月23日 畑を耕しています

2015年3月24日1

きのこの菌床、もみがらを撒いた畑を耕運中。軽く耕運すらことで土の表面の微生物がきのこ菌と混ざり増えやすくなります。土の中の微生物が活発に活動できるようにしています。

2015年3月24日2

冬越し人参発送しています。
こちらから→http://www.ogurayamashop.com/category/29/

3月19日 畑の育苗スタートです

長ネギとレタスの種まきをしました。4月になれば加工トマトの種まきになります。




おぐらやま農場の農産物はこちらから→http://www.ogurayamashop.com/

炭素循環農法で育てた無農薬野菜や
低農薬りんご、もも、梨、トマトジュース、人参りんごジュースなどをどうぞ。

3月17日 りんご畑に微生物がいっぱい

2015年3月17日

今日はポカポカ陽気の安曇野です。

写真はきのこの菌床を撒き終えたあとの畑です。
これを土の中の微生物たちが食べて、土をやわらかくしてくれます。

うちの畑にお客様がこられると、
「土がフカフカ〜」と言われることが多いですが、こんな理由なんです。
春の畑は気持ちいいですよ。りんごの芽も大きくなってきました。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

3月4日 【子育ての本当のストレスとは?】

【子育ての本当のストレスとは?】

友達に紹介されて、読んだあるブログの記事です。
なるほど~~。こんなに深く考えられるこのママさんは素晴らしい。
小さな子のいるママさん、パパさんは目からウロコかも。確かに、確かに。うん、うん、とうなずき解決策の見つかる記事です。うちはもう大きくなったので、この達成感のある日常を送っていますが、子どもが小さいとね。
たこあげ
*写真は文章とは関係ないけど、昭和の時代ではなく、今年のお正月に子どもたちが佐賀の友人の畑でたこあげをしているところです。



___________________________
今2ヶ月のトウくんが
まだお腹の中にいた頃

友人の結婚式に参加し
その結婚式終了後

式に参加していた同級生とご飯を食べに行ったことがありました。
その食事の席にその年結婚した男友達がいて

みんなでその男友達の結婚生活の話や奥さんの話など
たわいもない話をして盛り上がっていました。

そんな時
誰かが言いました。
「お前、子どもは?」
と。

そしたら
その男友達はこう答えました。

「子どもはしばらく考えてないんだ。
うち共働きで奥さんも働いてるし。
奥さんは子ども欲しいって言ってるんだけど、俺はまだいいかなって。

俺、周り見てて思うんだけど
女の人って
自分が子ども欲しいって言ったくせに
いざ生まれると
大変だ、大変だって文句しか言わなくなるだろ?

自分で望んで仕事辞めて子育てに専念したはずなのに
子育てつらいって言うのなんかおかしくない?

それに
「子育てしてると
ゆっくり座って休む暇もなくて大変だ」
って 本当によく聞くけど

でも それなら俺たち男だって
仕事してて座って休めるのなんか
昼の1時間の休憩くらいだよ?

それなのに
「私の方が大変」とか
「あなたは好き勝手できていいわよね」とか言ったり
旦那の文句を
ママ友とかに言ってるのって理解できない。

だから俺は
奥さんが子育てを大変だって言わないくらい自分で責任持てるようになるまで
子どもは考えてないんだ。」
と。

その話を
独身の子たちや
結婚したけどまだ子どものいない女友達
結婚して子どもがいる男友達たちは
ふんふんと聞いていました。

結婚して子どもがいる女は私だけだったので
「ねぇ、ママちゃんはどう思う?」
と話を振られたりしたけど

その男友達が言いたいことも分からなくもなかったので
(実際 自分の環境に文句ばかり言うママもいるので。。。)

その場は
私も適当にふんふん言って話を聞いて過ごしました。

それでも
ものすごく釈然としない気持ちがこころにあって

とりあえず
「この男友達と結婚しなくてよかった」
とだけ思って話を聞いてました。笑

まぁ向こうも私なんて願い下げでしょうが。笑

その場では
自分がなぜ釈然としないのか自分でも分からなくて
男友達の話に反論することはしなかったけれど
男友達の言い分も分かるのに
なんでこんなにもやもやして釈然としないのかなぁ
と 私なりにその後ずっと考えてました。

そして 気付いたんです。
子育ての何が大変なのか
ママたちが子育ての何を大変だと感じているのか
その本質をちゃんと理解されてないからだと。

男友達は言ってました。
「子どもがいると座って休む暇もないって言うけど
男だって座って休めるのは昼の1時間だけだ。」
と。

確かにそうだと思います。
仕事していても
休む暇もなく身を粉にして働いてる人は大勢いるでしょう。
睡眠も満足に取れずに働き続けている人だってたくさんいます。

でも ママたちが
子育ての何が大変だと思っているのか
それは休む時間がないことや
睡眠不足という“時間”という概念ではないんです。

子育ては
自分の意思とは無関係に
自分のやろうとしていたこと・したかった行動を子どもに遮られることの連続です。

「ご飯を食べ終わるまでイスに座って食べる」
「トイレに普通に入って用を済ませてからトイレを出る」
「洗濯物をお昼までに外に干す」
「市役所に普通に電話をかけて、話し終わったら電話を切る」
など

自分のしたいことを
自分の意思に反して途中で他者によって遮られること
そして自分がやりたいことをしている途中で

予定外に別のやらなければならないことが次々に舞い込むことが
こんなにフラストレーションが溜まるものだということを

私も子育てをするまで知りませんでした。

だから同じ睡眠3時間でも
3時間後に起きると自分で決めて
自分の意思で起きる3時間と
自分の意思とは無関係に
いつ起きるか予測できない子どもの泣き声で
無理矢理眠りから起こされる3時間は
違うと言いたい。

同じ昼間の休憩1時間でも
自分のやりたいように過ごせ
すべてを自分の思い通りに行動を完了させることの出来る1時間と
自分のやりたいことがあっても
途中で子どもに呼ばれたら
どんなにやりたいことが中途半端で気持ち悪くても
子どものもとへ駆け寄り終わってしまう1時間は
違うと言いたい。

自分の行きたいタイミングで
用が済むまで便座に1人でゆっくり座っていられるトイレと
どんなにゆっくり入っていたくても
ドアの前で「ママー!」と泣いてる子どもの泣き声を聞きながら慌てて入るトイレは
違うと言いたい。

自分の食べたいものを
自分の食べたいタイミングで
きちんと最後まで座って食べられるお昼ご飯と

食事の途中でも
「おしっこ!」「ウンチ出た!」「牛乳ちょうだい!」「フォークがいい!」
と言われる度に席を立ち
子どもに食べさせ終わってから食べる冷めたお昼ご飯は
違う と言いたい。

でも
それって
本当は当たり前なんですよね。
だって別人格の人間を相手にしているわけですから

ママのやりたいことが
全部叶わなくなるのは仕方のないことだと思います。

それでも
なぜ自分の行動を途中で遮られることが
こんなに苦しいと感じるのか
私なりに考えたんですが
それって達成感を得られないから。
やり遂げる喜びを実感できないから。
ではないかと思ったのです。

人は「~をしたい」と思った時
その欲求を満たすために
脳が体に命令を与えて行動を起こします。

つまり
私たちの全ての行動
例えば「ゴミを拾う」というような
どんなささいな行動であっても
「~したい」という欲求から始まっているんです。

そしてその目的を達成し
欲求が満たされた時
初めて人は達成感を得ることができます。
達成感を得た時
私たちの脳内では
ドーパミンという
別名 快楽物質と呼ばれるものが分泌されます。

そして
そのドーパミンが分泌されることで
私たちは幸せや満足を感じるのだそうです。

でも
毎日毎日
同じことの繰り返しが延々と続くような
目に見える結果が得られにくい家事と育児をしているママたちは
このドーパミン不足達成感不足なのではないかな
と思ったのです。

そして
先程の例えで言えば
床に落ちてるゴミを拾おうと
腰をかがめ
手を伸ばし
ゴミをつかもうと手を広げたその腕を
他者にいきなり遮られた時

「ゴミを拾いたい」という目的は達成されず
欲求が解消できないこと
途中で行動を遮られたことに
人はイライラやストレスを感じます。

その状態が24時間365日。

それが
子育てを大変だと感じてしまう
大きな要因なのではないかと思いました。

提出書類を部長に渡しに行き
ハンコをもらうという簡単なことなはずなのに
風が吹いて書類は飛ばされ

やっとつかんだ書類に同僚がコーヒーをこぼし
書き直そうと思ったらコピー機は故障中
手書きで書こうと思ったらボールペンがインク切れ
別のペンを見つけ出してやっと部長へ提出出来ると思い歩いていたら

なぜか床からモグラが出てきて
モグラにつまずき転んで書類が破れる。
そこに経理のエミちゃんが現れて
「これとこれ急ぎの仕事だから早く書いてください」と別の書類の山を渡してくる。

「あー。。。、
もう!!!」
ってなりますよね。

子育てしていると
モグラが床から飛び出てくることなんて
日常茶飯事です。

でも
勘違いしてほしくないのは
だから子育てしてるママの方が大変 とか
仕事してるパパのが大変 とか
そういうことを比べたいのではないということ。

ママの役割もパパの役割も
どちらも大変でどちらも大切です。
それでも
ママたちが子育ての何を大変だと感じているのか
ちゃんと知ってくれているパパや周りの人って
少ない気がするんです。

休む暇がないこと
それ自体が 大変なんじゃない。
自分という人間の
「~がしたい」という自然な欲求を
ことごとく途中で遮られ
封じ込められたような
そんな閉塞感
ちゃんと最後までやり遂げた!

という達成感を得られにくい毎日
そしてこの
「自分のやり遂げたい気持ちを
ことごとく他者に邪魔される」
というストレスを経験したことのないパパになかなか気持ちを分かってもらえず


やりたいこと(夢とかそんな大げさなことじゃなく日常の行動のこと)を
自分の赴くままに叶えていく世間の人たちが羨ましく感じられたりして
なんだかものすごく
1人取り残されたような孤独を
ママたちは感じたりするのだと思うのです。

ママたちがよく口にする
「1人になる時間があったらなぁ」
「自由な時間が少しでも欲しい」
というのは
リフレッシュしたいという意味ももちろんありますが

美容院にしろ
ショッピングにしろ
部屋の模様替えにしろ
自分のしたいと思ったことを
誰にも邪魔されず
最後までやり遂げたい
達成感を得たい欲求なんだと思います。

だから
ママたちが子育てから解放されたくなるのって
子どもから解放されたいんじゃなくて
自分の達成感を1人でちゃんと味わいたくなるから
なんじゃないかなぁって。

でも
その本当のところに気付いてないと
どうして
可愛い我が子、楽しいはずの育児でイライラしてしまうのか
子育てから解放されたい自分はダメなママだなぁって
自己嫌悪に陥るママもたくさんいるんじゃないかなって。。
でも、そうじゃないよ!!
みんな一生懸命子育てしてるよ!!

ただ、自分個人の人格が
子育てしてると行方不明になりやすいから
それで苦しくなってるだけなんだよ!
って

私は伝えたいのです。
そしてママたちが
子育てを大変だと感じるのは
達成感を得られないこと
だけでなく
その達成感を得たいのに得られないフラストレーションから
自分の欲求を遮る子どもにイライラしてしまう

そんな
今まで経験したことのない自分と向き合う毎日であり
そんなママの状態に興味を持って
こころをよせてくれないパパや周囲への
不満やさみしさなのではないかと思います。

120歳まで健康に生きる道 19 2015年2月号ニュースレターより

「子どもも大人も基本は同じ」

どあいたき1


うちでは、毎週金曜日に「家族会議」というものをしています。ウーファーさんが常に滞在している我が家なので、子どもたちの話にゆっくりと耳を傾けられるようにと7年ほど前からはじめました。まずはゆっくりと果物やお菓子を食べながら団欒。そしてそのあとにそれぞれの1週間の出来事などをお話しながら、ゆったりと過ごします。子どもたちが結構この時間を楽しみにしていて、「今日家族会議だよーー」と声をかけてくれるので、なんだかんだと続いてきたのです。


そして、1月の家族会議では、みんなそれぞれカレンダーの裏紙に各自それそれの目標やら豊富やらを書いています。それが1年間お部屋の中に貼ってあるのです。これも結構子どもたちも楽しみにしていて、1月はこれを書かないとはじまらないという感じがしています。今は中学生の長男はいつもサッカーのことがまず第一!中学生になって、その項目は勉強、生活面も増えてきました。5年生の真ん中の子は、まだ年長さんの字もままならないころから書いていた自分の目標をみて、自分で成長を実感しています。字も年々すごくきれいになってきています。末っ子年長さんは、今年目標を書くデビュー。自分で思ったことを文字にして書けるのがとっても嬉しそうです。これも5年後ぐらいには「こんな字を書いていたんだ」って、懐かしくなるのだと思います。


そして、私ももちろん書くのですが、最近は「健康、仕事、家族、精神の成長・・」と項目を分けています。その中で健康についてもいつも書くのですが、やはり「早寝、早起きをする」というのが一番にきます。学校からもよくお手紙をもらいますが、「早寝、早起き、快便」というのは、何歳になっても健康の基本だなあと思うのです。夜にしっかりと寝ることの効用。自分のやりたいことをいつまでもやれる体づくり。ついつい忘れがちですが、「健康」を一番に考えることで、他のことはスムーズにまわっていく気がします。今年も「早寝、早起き」を心がけながら過ごしていきたいと思います。


どあいたき2


120歳まで健康に生きる道 18  2015年1月号ニュースレターより

           「体と気持ちを緩めよう」

今年のお正月は飛行機に乗って、大分まで行ってきました。昨年うちにウーフにきて農業研修した方が、今度大分で新規就農めざし、果樹園での研修に入るということで、ウーフ期間中に大分の素晴らしさを熱く語っていただいこと、飛行機チケットが家族全員無料(まだブログなどで方法をお知らせしますね)でとれたことなどもあり、今年は大分に決まりました。


大分最高でした。さすが温泉どころという感じで、別府の街なんかは、あちらこちらから湯けむりがあがっているのです。どこもかしこも温泉が湧いているよーーとお知らせしてくれているようでした。家族旅行中温泉三昧でした。大きい温泉、小さな温泉、砂の温泉(温泉で浸かっている砂の中に入ります)などなど。夜空の月を見ながらの温泉はまた格別でした。
日に日に体は緩み、気持ちも緩んできます。昨年はめちゃくちゃ仕事していたのですが、10月ぐらいにふと気づくと自分で自分の体の力を抜けないことを感じました。「ふーーー」ってリラックスしても体が緊張していて、完全に力が抜けきらないのです。それが今回の旅行で、力が抜けきりました。いったん自分の普段いる場所を離れて、日常と違った体験をするというのは、こんな効用もあるんだなーーと新たに実感しました。

                                
私は、仕事も大好きなのでついついやりすぎてしまうことも多々ありなのです。(気をつけないと!!)最近はパソコンを使う仕事がとっても増えてきました。上手に体の力を抜く、適度な休憩を入れる、運動をするなどは、どれもとっても大切だなと実感します。何事もバランスが大事ですね!!緩みきった体になったせいか、若干風邪をひいてしまいました。寝込むほどではなかったのですが、久々の風邪でした。風邪をひくとますます体が緩むとも言われているので、デトックスということにしておきます。


安曇野に戻ってきたら久しぶりのこのパリッとした空気と気温!!寒いを通り越して凍ります。(笑)今年も体に関してもいい習慣をしっかりと実行していきたいと思います。今年もよろしくお願いいたします!!

大分

120歳まで健康に生きる道 17  2014年12月号ニュースレターより

「朝のプチ呼吸法、プチヨガ」

ここ安曇野では今年は本当にたくさんクマが出没しました。今は学校からの連絡が一斉に携帯に入るのですが、多い時には毎日のように「今日は○○でクマがでました。児童の登下校に十分ご注意を」とメールが入ります。まさにうちの近所で出ることも多かったので、愛犬リオとの早朝の山際のお散歩をやめ、娘のボディーガードも兼ね毎朝スクールバスのバス停まで、娘を送りがてら散歩するようになりました。


そこでの楽しみのひとつが、近所の子供たちに毎朝会うことなんです。ちょっと顔を交わして、あいさつしたり、ちょっとしたおしゃべりをするだけなんですけどね、なんだかその時間が楽しくって。わたしが歩いているのをずっと先にみつけて200メートルもずっと待ってくれる子もいるんです。みんな赤ちゃんのときから知っていたりするので、成長したな――って思いながら。。。思わず駆け寄ってしまいます。


そして、1時間ほど歩いたあと家に着いたら犬にえさと水をあげ、おもむろに音楽をかけながら天に向かって、深い呼吸とプチヨガ(ストレッチ)するんです。ある時は朝陽に向かって、そしてまたあるときはりんご並木の中で、そしてある時は山に向かって。これ最高です!!!体がぐーーーーーって伸びて、それまでかたくなっていた体が一気にゆるむみたいな感覚です。呼吸することと、体を伸ばすことがこんなに気持ちいいのかーーー!!って思います。時間にしたら5分程度なんですけどね、これをやるかやらないかで一日の体の様子が違ってくるんです。


よかったらやってみてください。ヨガも3ポーズぐらいしかしらないので、その3ポーズをやっているぐらいです。体が気持ちいいーー!!っていうぐらいがいいと思います。仕事も効率アップすること間違いなし。
ゆるめのリラックスした音楽をかけるとさらに体が緩み、喜んでいる気がします。

元気に年末お過ごしください!!



120歳まで健康に生きる道 16  2014年11月号ニュースレターより

   「自転車に乗り始めました~めざせママチャリダー」

安曇野での山ガール?!の季節はそろそろ今シーズンは終わりなので、今度は自転車生活をはじめることにしました。ことの発端は今回のOgurayama friendsに登場するふじさんのお話からです。ふじさんは自転車が大好きで、自転車の魅力をことあるごとに語ってくれるのです。「いかに自転車が楽しいか。」その魅力をずっと語ってくれます。

私にとって最大の魅力、そしてはじめたい!!という気になった一言は、「いやーー僕、自転車はじめてから、13キロやせたんですよ」の言葉。見るからにアスリート体型のふじさん。あんな風に体が引き締まったらカッコいいだろうなって。それにいつも買い物などで7人乗りの車に1人だけで乗っているのにも抵抗があったんです。「体力つくうえにエコ」最高です。

雪の降るまでは、近場はこれで移動しようと思います。ここ2年ほど体のことについて学び実践する中でめちゃくちゃ体が元気になりました。旦那にも「うん、すごい違ってきた」と言われ嬉しい中、新しい習慣をもったときの体の変化が楽しみなのです。体は正直だなって思います。

先日はわたしの山好き(まだ初心者ですが。。。)につられ、子どもたちが山に登りたがるので美ヶ原まで行ってきました。来年は子どもたちとも近くの簡単な山に登りたいなって思います。そして一緒にサイクリングもね。先月書かせてもらった72歳のおばあちゃんじゃないですが、いつまでもやりたいことがやれる体ってすごく憧れです。自分だけのものではない自分の体、しっかりとお手入れしていきたいですね。

また副産物として、新しいことをはじめると新しい出逢いがあるものまた楽しみのうちのひとつです。何か自分が始めるとそれを好きな人と必ず出逢うんです。新しいチャリダーにはいったいどんな出逢いがあるのか?!そんな楽しみも味わっていきたいと思っています。

ジャンプ

120歳まで健康に生きる道 15  2014年10月号ニュースレターより

           「人生初の北アルプス縦走をしてみて」

常念

先日9月の終わりに、ウーファーさんたちと一緒に「燕岳~常念岳」の人生初の縦走をしてきました。私の中で山を縦走してみたいとはじめて思ったのは、13年前。

長男を自宅出産でお産するためにお世話になった助産婦さんが、当時山の素晴らしさを語ってくれたのです。その時にはあまり想像がつかなかったのですが、「しばらく山の尾根を歩いていると、もう下へ降りたくなくなるんだよ」と目をキラキラとさせながら語ってくれたのです。

今年チャンスがやってきました。「縦走」という言葉の響き。山小屋に泊まるので今まで子供たちが小さいとできませんでしたが、今年は2泊3日、家族にも快く送り出してもらい感謝感謝の中、行ってきました。

2泊3日、ありえないくらいの素晴らしい天候に恵まれ、山を満喫してきました。歩き続け、登り続けた3日間、足は棒のようになりましたが、最高でした!!

登っている途中で、75歳のおばあちゃんに出会いました。見た目はどうみても60代。顔がとってもイキイキとしていて、肌のハリも抜群!!元気いっぱい!!仲間たちと一緒に毎年山登りを楽しんでいるとのことです。

このおばあちゃんに出逢って、健康でいること、生きがいがあることの素晴らしさをまたまた感じてしまいました。わたしの目標は、「一生現役」です。

幸い、農家である私たちには「退職」という言葉がありません。このご近所でも80歳になる方たちが、普通に畑で作業しています。長野県が長寿県ということでいわれたりもしますが、きっと「生きがい」を持って暮らしている人が多いのでは、と思ってみたりもします。楽しみいっぱいに人生を謳歌したいですね。

つばくろ



よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。