120歳まで健康に生きる道 26 ~ニュースレター2015年9月号より~

 「長続きするコツ」

6月頃からジムに通い始めました。ジムといってもたいそうなものではなく、1回30分でサーキットトレーニングとストレッチができるところです。車で10分以内で行けるのでとってもお手軽。


実は、このジムに通う前も自分では時々「筋トレ」していたんです。筋肉は女性にとって、とっても大事
筋肉をつけるだけで(詳しくいうと年々落ちていく筋肉量をキープすることで)将来起こるであろう病気の数々を防ぐことができます。おまけに素敵なホルモンもでるので、若返りの効果も期待できます。


一人でやっていた時は「筋トレ」の大切さは頭ではわかっていても、いつの間にかやらない日々が続いていました。それでも「ジムに行くお金や時間なんてもったいない!!」って思い、一人で時々やっていたんです。だけど、筋トレが自分ではやらない日が続いた時に、友達が「ここいいんだよ~~」ってそのジムを教えてくれたんです。


「もうひとりでは続かないな。」って思っていたので、通い初めてみました。そして3ヶ月。。。


今も楽しく「筋トレ」続けています。一番の大きな要因は「お金を払っている」っていうこと。月額制で1ヶ月に何回通っても料金は変わらないので、「無駄にしない!」って思い続けています。そして次に大きな要因は友達が通っていること。今は10人ほどの同世代の友達が通っています。ジムで会うことは少ないですが、体内年齢何歳になったとか、筋肉ついた~~とかやりとりするのは、とても励みになります。1ヶ月に1回は測定日があるので、現状を正確に知ることができます。それがまた励みになるんですね。コーチもいつも笑顔で褒めてくれるので、それも嬉しいですね!!


何かを続けたいとき、一人でがんばらなくても仲間と続けると楽しいし、続くもんだなって実感しています。


うちの子供達も今、兄弟でランニングしているのですが(ちょっとしたブーム)3人のうち、誰かが「走ろう!」っていうと、残り2人も走りだします。兄弟で相乗効果ですね。仲間をみつけて何かはじめてみませんか?

2015年9月29日
いつまでも若くいたい原動力^^

りんごの木のオーナーさん募集中です。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。



[210]9月16日 「たんじゅん農・研究交流会」を安曇野で開催いたします  < おぐらやま農場だより その236 2015・09・09 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 
 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 


 おぐらやま農場だより その236 2015・09・09
 
   
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 最新農産物情報 >

*おぐらやま農場では「桃」に続いて登場するのが、「梨・洋梨」です。

「幸水」8月25日~9月10日頃までを予定。ご希望の方はお急ぎください!

「豊水」9月10日~9月25日頃までを予定。甘味と酸味のバランスがよい、
味の濃さとシャリ感で梨中生種の代表。

「南水」9月25日~と、リレーして行きます。「南水」はひと月ほど貯蔵し
て風味が更に良くなる「完熟南水」としても人気があり、11月末ごろまでは十
分に使ってもらえます。
http://www.ogurayamashop.com/category/15/

*洋梨「バートレット」は今年は9月10日頃からが発送時期。追熟が半ば済ん
だものをお届けし、数日で食べられる状態のものをお届けできるようにしていま
す。豊水梨と出荷時期がちょうど重なるので、華やかな香りの「洋梨バートレッ
ト」とシャリっとジューシーな「豊水梨」のハーフ&ハーフも出来ます。
http://www.ogurayamashop.com/category/15/

*梨・洋梨とも加工用(B品)もあります。小さなキズや小玉品などですが十分
に美味しく食べられますので、コンポートを作ったり子ども達のおやつに気軽に
使ってもらったりしてもらえれば嬉しいです。
http://www.ogurayamashop.com/category/15/

*そして今年も「梨の3品種連続購入のプレゼント企画」をやります(5キロサ
イズの注文のみ)ので、みなさま美味しい梨を9月・10月は堪能して下さいね。
 「幸水」・「豊水or洋梨バートレット(ハーフ&ハーフでも可)」・「南水」
の「5キロサイズ」3種を注文いただいた方には、2回目に梨のドライフルーツ、
3回目に洋梨のドライフルーツプレゼント!(サンプル用の小パックです) こ
れはB品5キロでの3品種連続でもOKです。 2週間ほど間隔をあけてのお届
けになるよう、こちらで調整します。

*幸水梨があと数日で終了してしまうので、ご希望の方はお急ぎ下さい。
これもメルマガ読者限定企画ですので、このメールに返信で注文して頂くか、
ネットショップより3種まとめて注文いただき、「3品種連続プレゼント希望」
と必ず備考欄にお書き添え下さい。 

*もし幸水梨をすでに注文いただいている方で「プレゼント企画希望」の方は豊
水(もしくは洋梨、またはハーフ&ハーフで)・南水の注文をしていただいた時
に「プレゼント企画希望」と連絡いただけましたら対応致します。

---------------------
次に、りんごの予約注文が始まりました。
*9月24日頃からの「秋映(あきばえ)」、
http://www.ogurayamashop.com/category/12/

*10月1日頃より収穫開始の「シナノスイート」、
http://www.ogurayamashop.com/category/13/

*そして11月中旬からの「ふじりんご」
http://www.ogurayamashop.com/category/10/

の3種類は、ネットショップより予約注文ができるようになりましたので、お知
らせいたします。


*10月15日頃より「シナノゴールド」が今年はたくさんあります。まだネッ
トショップの準備が出来ていませんが、近日中に注文ができるようになりますの
で、どうぞよろしくお願いいたします。


おぐらやま農場より今年もきっと、「自然の恵み・いのちの源」と言えるものを皆さ
んにお届けできるよう、最後のフィニッシュに向けて、お世話して行きたいと思
います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 2015年度の「たんじゅん農・研究交流会」を開催いたします >

もう日程が近づいてしまいましたが、9月16日午前9時~午後3時頃までの時
間帯で、毎年開催している「たんじゅん農の研究交流会 in 安曇野」を今年も行
います。家庭菜園の方、プロ農家の方はもちろん、食や健康に関心のある方、い
のちが生かされている仕組みに興味のある方など、多様な方が参加してよい会で
す。お気軽に参加ください。

今回はブラジルから、炭素循環農法のウェブサイトを執筆している林幸美さんを
お招きして、安曇野近辺で炭素循環農の法則を元に実践している圃場見学を数
か所と林さんの解説、座してのスライドと話、質問コーナー、たんじゅん農転換
中の畑で収穫したりんご・梨などの果物や野菜各種の試食などを考えていま
す。

林さんがブラジルからはるばる日本全国を歩いて回るのも今年で最後に
なりそうとのこと。おぐらやま農場の畑を解説付きでつぶさに見学できる機会で
もあります。関心のある方は是非おいで下さい。

*参加費1500円(果物のお土産あり)

< 9月16日(水)のタイムスケジュール(案) >
*午前8時30分。大糸線穂高駅前へお迎えに行きますので、遠方からバス・電
車で来られる方などこの時間までにおいで下さい。(お迎え希望の方は松村へ連
絡を入れて下さい。松村携帯090-9358-8914)

*午前9時 村山ブルーベリー園の駐車場に集合で、受付をします。車で来られ
る方はこの時間までに安曇野市穂高有明・「ビフ穂高」という農産物直売所の斜
め向かいにある「村山ブルーベリー園」まで来てください。 

*9時15分から、実践圃場見学。
@村山ブルーベリー園と三澤さん圃場・穂高。
@池田町の圃場。
@松澤さん圃場。
@おぐらやま農場の果樹園(りんご・桃)・野菜畑(トマト・人参など)。
@近隣の圃場の方で、参加者の皆さんに見てもらってまな板の鯉になってみたい
方は申し出て下さい。

*お昼12時30分頃を目安に、小倉多目的集会施設で、炭素循環農の話とスラ
イド、質疑応答など。昼食の用意はありませんので、各自であらかじめ持ってく
るか、圃場見学の途中でスーパーに立ち寄る時間を設けますので、その時に購入
するかして下さい。

*実践圃場で収穫した農産物の試食もできるようにします。

*3時半を目安に解散とします。

*林さんを見送った後、夕方5時~7時頃で「懇親会&振り返り会」を開きたい
と思いますので、よろしければご参加ください。(場所は村山ブルーベリー園の
ウッドデッキにて。一品持ち寄り、差し入れ大歓迎。お酒を飲みたい人は自分で
持参。参加費なし。)

参加希望の方は、人数の把握などしたいので、おぐらやま農場・松村までご連絡
下さい。「朝の穂高駅の迎えが必要か」と「夕方の懇親会に参加できるか」につ
いても明記下さい。

メール info@ogurayamashop.com
携帯電話 090-9358-8914



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

< 終わりに >

これだけ雨が続くこともなかなかありません。台風も来ていて、今も外はどしゃ
降りの雨が降り続いています。たんじゅん農を始めている農場のお客さまがメー
ルに書いてくれた一文に、「これだけ雨が続くと微生物さんたちにはつらい気候
ですね」とありました。土の発酵の火付け役であるキノコ菌たちには空気が絶対
必要なので、大雨で水に浸かってしまう畑が一番困るのです。


ホントにそうだよなあと、読みながらうなずくわけですが、そんな視点で畑を見
られる人がだんだん増えてきているんだということが、なんともほの温かい、最
近の言葉では「いいね!」と口に出てしまった私です。おぐらやまの畑はどんど
んと今も雨を吸収し続けています。


今回も最後まで読んでいただき感謝いたします。9月16日はゆっくりとおぐら
やま農場の畑の様子を解説付きで見学できる良い機会ですし、安曇野周辺の炭素
循環実践者のみなさんの圃場の様子もじっくりできます。きっと新しい発見があ
るのではないでしょうか。参加をお待ちしています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


 < 発行元・文責 >

信州安曇野 おぐらやま農場  松村暁生

120歳まで健康に生きる道 25 2015年8月号ニュースレターより

「満月の夜に想うこと」

昨日はあんまりにもきれいな満月だったので、子どもたちと(中2の息子と小5の娘。小1の息子はキャンプでお泊りでした)一緒に外へ出て満月を見上げました。うちの周りには、人工的な明かりが何もないので、新月の夜は本当に真っ暗になり、星が出ている時には、星の輝きが一層強く見えます。


逆に満月の夜は、月明かりだけでお散歩できるぐらいの明るさです。昨日も月明かりで周りは照らされ明るかったです。「お母ちゃん、なんかさ宇宙って不思議だよね。僕さ、小さい頃から気になっていたんだけど、宇宙の端っこってどんな風になってんのかなあー」

「僕達って今、地球の上に立ってるんだよね」

「うん、あの月が地球の外にあるなんて信じられないよね。あんなに近くに見えるのにね」

「地球ってでこぼこしてるんだよね。地球儀で見ると青いところとか緑のところがいっぱいあるんだよね」

「これ知ってる?(親指を月に重なる)アポロ13~~」

「知らない。なにそれーー。」

「よし、今度DVD借りてきて見よ!めっちゃおもしろいよ」

などなど会話は続きます。月明かりの中、夜空に浮かぶ満月を見ながらの会話は普段とは違います。

会話の最後には、もう少し未来になれば宇宙旅行も今より簡単に行けるだろうから宇宙旅行に行こうということになりました。満月を見ているだけで、こんな会話ができるようになったんだなーーってしみじみ子どもの成長を想う母でした。そしてこんな時間が持てるなんて、なんて豊かなんだろう。家のすぐ前、ちょっとした時間だったけど心はすっかりほっこりとした夜でした。こんな時間をたくさん過ごしたいために毎日健康でいたいんですよね。夏の暑さ、ご自愛ください^^


9月3日 みずみずしい梨収穫しています。

夏の桃に続き、今は「幸水」「洋なし」「ぶどう」と収穫しています。

2015年9月3日洋梨2

秋の味覚が続々と続きます。

*おぐらやま農場では「桃」に続いて登場するのが、「梨・洋梨」です。梨は
「幸水」(8月25日~9月8日頃までを予定)
「豊水」(9月10日~9月25日頃までを予定)
「南水」(9月25日~)とリレーして行きます。「南水」はひと月ほど貯蔵し
て風味が更に良くなる「完熟南水」としても人気があり、11月末ごろまでは十
分に使ってもらえます。
http://www.ogurayamashop.com/category/15/

2015年9月3日洋梨1

ツバメの巣立ち  < おぐらやま農場だより その235  2015・09・02 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 
 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 


 おぐらやま農場だより その235  2015・09・02
 
   
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 農産物情報・秋は果物の一番豊かな時 >

*桃の注文は全てストップとしておりましたが、今朝、「川中島白桃」・「黄金
桃」の最後の収穫となり、思いのほか、最後までよいものが収穫できましたので、
メルマガ読者の皆さま限定で最後のお知らせが出来ます。以下をご確認いただき、ご希望の方は、このメールに返信下さいませ。尚、必ずお届け先と差出人両方の「〒・住所・名前・電話番号」を必ず明記下さい。 桃は残り約60キロ(3キ
ロ箱で約20ケース分)。売切れ御免です。予約がみんなついてしまったら注文
をお断りすることもありますのでご了承ください。

*川中島白桃・黄金桃のセット3キロ入・・・3300円+送料(クール)。

----------------

*おぐらやま農場では「桃」に続いて登場するのが、「梨・洋梨」です。梨は
「幸水」(8月25日~9月8日頃までを予定)
「豊水」(9月10日~9月25日頃までを予定)
「南水」(9月25日~)とリレーして行きます。「南水」はひと月ほど貯蔵し
て風味が更に良くなる「完熟南水」としても人気があり、11月末ごろまでは十
分に使ってもらえます。
http://www.ogurayamashop.com/category/15/

*洋梨「バートレット」は今年は9月10日頃からが発送時期。追熟が半ば済ん
だものをお届けし、数日で食べられる状態のものをお届けできるようにしていま
す。豊水梨と出荷時期がちょうど重なるので、華やかな香りの「洋梨バートレッ
ト」とシャリっとジューシーな「豊水梨」のハーフ&ハーフも出来ます。
http://www.ogurayamashop.com/category/15/

*梨・洋梨とも加工用(B品)もあります。小さなキズや小玉品などですが十分
に美味しく食べられますので、コンポートを作ったり子ども達のおやつに気軽に
使ってもらったりしてもらえれば嬉しいです。
http://www.ogurayamashop.com/category/15/


*そして今年も「梨の3品種連続購入のプレゼント企画」をやります(5キロサ
イズの注文のみ)ので、みなさま美味しい梨を9月・10月は堪能して下さいね。
 「幸水」・「豊水or洋梨バートレット(ハーフ&ハーフでも可)」・「南水」
の「5キロサイズ」3種を注文いただいた方には、2回目に梨のドライフルーツ、
3回目に洋梨のドライフルーツプレゼント!(サンプル用の小パックです) こ
れはB品5キロでの3品種連続でもOKです。 2週間ほど間隔をあけてのお届
けになるよう、こちらで調整します。


*幸水梨があと1週間ほどで終了してしまうので、ご希望の方はお急ぎ下さい。
これもメルマガ読者限定企画ですので、このメールに返信で注文して頂くか、
ネットショップより3種まとめて注文いただき、「3品種連続プレゼント希望」
と必ず備考欄にお書き添え下さい。 もし幸水梨をすでに注文いただいている方
で「プレゼント企画希望」の方は、豊水(もしくは洋梨、またはハーフ&ハーフ
で)・南水の注文をしていただいた時に「プレゼント企画希望」と連絡いただけ
ましたら対応致します。

---------------------

*りんごは8月末~9月10日頃まで「つがる」(これはごく少量なので、一般
受け付けしておりませんでした。家使い用のみあと30キロ程度ありますので、
ご希望の方はこのメールに返信でお願いいたします)。

*9月15日頃から「トキ」(これは今年も年間コース会員さま限定になりそう。
年々収穫量が増えてきますから、来年か再来年頃には一般受付もできると思います)。 

*そしていよいよ秋も深まり、りんごの季節も本格的になってくる9月24日頃
から「秋映(あきばえ)」、10月1日頃より「シナノスイート」、10月15日頃より「シナノゴールド」と次々と個性的な品種が目白押し。おぐらやま農場より今年もきっと、「自然の恵み・いのちの源」と言えるものを皆さんにお届けできるよう、最後のフィニッシュに向けて、お世話して行きたいと思います。

*ふじりんごは11月7日頃からの収穫開始予定です。

りんごのネットショップ予約注文はもうしばらくお待ちください。近日中に予約
受付を開始します。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< ツバメの巣立ち >

8月14日の朝7時すぎ、農業倉庫の梁に作られたツバメの巣から、今年2回目
になるヒナの巣立ちの瞬間。4羽の生長した子ツバメがピヨピヨと頼りなさそう
な声を出している。 飛ぼうかどうしようかというしばらくの逡巡の末に、勇気
を振り絞って外へ羽ばたき、一羽すつ順々に飛び出していく。


昨日まであんなに甲斐甲斐しく、捕まえてきた虫をエサにしてせっせと巣の中の
ヒナたちへ運び与えていた親ツバメが、今朝はピタリとエサを運んでこない。近
くを飛び回って、「さあ君たち、いよいよこの日が来たんだよ」とでも言ってい
るかのような素振りで、倉庫の軒先を飛び回りながら、子ツバメの巣立ちを見守っている。


3羽目が飛び出したあと、これは子ども達にも見せてあげなきゃと家の中に声を
かけたら、末っ子のとわ君が駆けつけてきた。上の二人は姿が見えなかったので、彼と二人で、最後の4羽めが飛び立つ瞬間を見守っていた。 夏休みは桃の収穫・出荷で忙しい親達。用事があってもなくても子ども達は一日に何度もここへ来る。美味しい桃が食べ放題だからね。これは桃農家の子どもに生まれた特権というもの。そして大きくなっていくツバメのヒナの観察も毎日している。


「巣立ちの日は、お父さんツバメもお母さんツバメもエサを全然運びにこないか
ら、きっとおなかが空いてたまらなくなって、何とかしようと思って外に飛び出
すのかなあ。それともお母さんたちに会いに行きたくて飛び出すのかなあ。」 
なかなか想像力のゆたかなトワ君。彼なりに巣立ちの子ツバメの気持ちを色々と
考えているようだ。


「ほら、すぐそこの軒下に先にとんだ兄弟の3羽がいるのが見えるよ。親ツバメ
に比べたらちょっと体も小さいし、尾っぽの羽も短いのわかるかい。」 「うん、
わかる。昨日までいつも来ていた親ツバメ、毎日見てたもん。まだスイスイとは
飛ばないね。」 「きっと軒先で飛び回っているあのツバメがその親だろうね。」
 「なるほどー。」 でもなぜか外を飛び回るツバメの数がさっきより増えてい
るぞ?! 


最後の4羽めがいよいよ飛び出して、彼と二人で「やったー、ついに飛んだぞ!!」とハイタッチして盛り上がっていたら、次の瞬間、まさかと思う光景が。。。。 あまりの多さに正確な数は分からないけれど、20~30羽のツバメの群れが、あの鋭いスピードでこの狭い倉庫の中へ飛び込んできて、そこで上手にUターンして外へ飛び出す。そしてまた、倉庫の中へ飛び込んできては外へ飛び出す、見事に統制のとれたフォーメーションフライング(編隊飛行)!!


あれだけの数の飛行物体が間口3メートルちょっとのシャッター開口部から、あ
のスピードで入ったり出たり何度もすれば普通ぶつかりそうなものですけど、一
羽もトラブルなく、流れるようなその編隊飛行をツバメたちは4回ほど繰り返し
ただろうか。どう見てもそれは4羽の巣立ちを御祝いしている仲間たちからの
お祝いの舞だった。。


予兆はあったのだ。3羽めが飛び出したあたりから、やけに軒先を飛び回るツバ
メの数が多い。こんなにたくさん巣にいたはずは無いし、おそらく5月末~6月
初めぐらいに巣にいた1回目営巣から巣立ったツバメたちやその仲間たちが近く
の林や森で群れを作って暮らしていたのかもしれない。


そして4羽めが飛び出したそのタイミングを、その場にいたツバメたちがちゃん
と感じ取って共有し、一斉に編隊飛行で倉庫の中の巣のすぐ目と鼻の先まで飛び込んでは飛び出していくという自然界の離れ業を見せられて、いったい何が起こっているのかと頭の中がジンジンしていました。


時々、自然界は目の前に信じられない光景を見せてくれることがあります。何に
対してそう感じるのかわからないけれど、「感謝」の2文字が脳裏から離れない
その余韻の後、もしかしたらツバメたちもそういう気持ちだったのかもしれない
なあと思ったのでした。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


季節は廻ります。いよいよ9月。ニュースレター8月号に掲載した「こんな時こ
そ、時には政治を語ろう」には、たくさんの反応を頂きました。ありがとうござ
いました。

「自分の立場から何ができるだろうか」と、理想や夢を掲げ、真実を希求する思
いが、日常に息づく実践となっているかどうか・・・。改めて自分自身を問い直
しています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


畑が教えてくれたこと 2015年8月号ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

< こんな時だからこそ、時には政治を語ろう >

我が家の女の子わらちゃんですが、早いものでもう5年生。背もすらりと伸びてきてしっかりした女の子にいつの間にか成長しております。ところが、彼女が今年の夏休みの自由研究に選んだ題材が、なんと「日米安保条約と集団的自衛権」というなんとも硬派な、かわいい盛りの女の子がこれを選ぶか??といったテーマでありまして・・・。

ちなみに4年生の昨年の夏休み研究で彼女が調べたいと言って模造紙に書いたのが「日本国憲法と世界の平和憲法」ですから、もうこの辺りは横浜で平和運動の第一線でずっと活躍していたテルミさんのお父さんのDNAなんでしょうか。私とテルミさんには、娘にそういうことを勉強させようとか興味を持つように画策したりする要素は全く無いですから、きっと彼女が持って生まれた資質の中に何かがあるのだと思います。

日本の政治は今、確かに大きな局面を迎えていますね。一介の百姓が政治談議など似合わないことを言いますが、今日は少し心にあることをつぶやきます。安倍首相がかねてから政治信条として謳う「戦後レジームからの脱却」。戦争と軍備の放棄を掲げる憲法第9条の書き換えを目指して、現政権はひた走っています。

自らの政権目標を果たすために、集団的自衛権についての憲法解釈を変更するという、憲法学者からは「憲法違反」と批判されるようなことも閣議決定だけでどんどんと進められたりしていきます。

おそらく、安倍首相もその意を汲む政権中枢も、「戦争ができる国にしたい」訳ではなく、「戦争を回避するための手段として」、憲法解釈を変えたり、条文を書き換えたりしたいのだろうとそう信じたいところですが、戦争を起こさない国にしていくためのプロセスが、「俺たちは強いから、たてつくと痛い目に合うよ」という他国へのメッセージで、軍備を拡充しいつでも戦争が始められるだけの装備を揃え法律上の問題も無くしておくことが、はたして最善の方法なのでしょうか。

それとも外交努力や経済やインフラ整備への協力、うわべやお飾りでない国際交流の中で、戦争を回避する方法や智恵は生まれてこないのでしょうか。それともその両面が必ず必要なのか? はたまた全く違う視点のアプローチなのか・・。僕は、アフガニスタンで活動する中村哲医師のペシャワール会などの存在が、現地でどう評価されているかを知る事はいいヒントになるように思います。

おそらく今の政権が考えている仮想敵国の中国や北朝鮮、またテロなどが頻発するイスラミックステートなどとは、国を統治するイデオロギーも方法論も全く違うし、社会通念・規範もまるでちがうのでしょうが、それらの国と戦争をしないことがどれだけ難しいのか、簡単なのか。

「俺たちは強いから、たてつくと痛い目に合うよ」と抑止力を狙いに軍備を揃えたとしても、世界一の軍備と戦闘能力を揃えるアメリカという国が、今やテロの標的となり、国家間の戦争でない、新しい戦争の形に巻き込まれて来たのを私たちは目の当たりにしてきました。そしてテロへの報復がまた次のテロを作り続けてきたことも世界中の人が知っています。果たして「戦争をしない」という多くの人の持つ希いはどうしたら叶えられるのか。

政治家には強いリーダーシップが必要。僕はそう思っていますし、安倍首相はそれを発揮しているようにも見えます。が、その方向性がこれでいいのかと自分の頭で考え、自分で言葉にしていかなければ、70年前に終わった戦争と同じことがまた起こりうるという事を、子ども達と話し合ってみたいと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ウーフに来る諸外国の人たちと農場で共に暮らすという日常の中で、一農業者の自分にできる国際平和への道があると思い始めました。誰だって心通わす友達を傷つけたり、殺し合ったりしたいとは思いませんから。

昨日は仕事が終わってから、暑い午後の時間にみんなと近くの川へ、水浴びに行きました。小さな滝の流れの下へもぐって修行僧の真似をして遊びました。みんな楽しそうだったなあ。いい笑顔でいられる時間を共有できたことがとても嬉しかった。ただそれだけのシンプルなことが、実は最善の方法であったりしないかな・・。

戦後何十年たっても、8月という季節は、一度そんなことを振り返って考えてみる時なのかなと、勝手に考えています。70年前の8月に広島と長崎に核爆弾が投下された8月6日は娘の誕生日。8月9日は私の誕生日です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

太陽の光を受けて葉の中の葉緑体が反応し、光エネルギーは糖・でんぷんとなり、植物体・果実などを成長させる。この過程で二酸化炭素を吸収し、酸素を排出する。小学校で習うこの光合成の原理は平和そのものです。エネルギーの変化と受け渡しの連続。それがいのちの連なりです。
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード