120歳まで健康に生きる道 ~32~

               「リズムをつくる、仕組みをつくる」

朝の風景

いよいよ3月になってきました。ここ安曇野でも三寒四温とだんだんと春の空気が感じられるようになってきました。雪解けも今年は早く、もう地面が顔を出しています。りんごの芽もだんだんと膨らんできており、春の開花を待ちわびているようです。

毎朝、末っ子をバス停まで送りがてら愛犬リオと1時間半ほどお散歩するのですが、山々の景色がすっかりと春に向かっているのを感じます。桜並木も通るのですが、まだ花が咲いていなくても桜のエネルギーを感じるようになってきました。桜自体は花が咲いていなくても活動を始めているのでしょうか。モノトーンの冬景色から一斉に色づきはじめる春。寒い地方ならではの春の喜びです。

気候が暖かくなるのに合わせて、体もだいぶ緩んできている気がします。春はデトックスの季節。この時期に山菜などを食べると冬の間に溜まった毒素がでていくそうですね。うちに来ているウーファーさんが1週間ほどの滞在ですが、ここで暮らして食事していたらすごく体調がいいと言ってくれました。毎日、毎日、朝ごはんで、お茶の時間に、夜のデザートにりんごを食べ、お野菜たっぷりの食事を食べ、適度に体を動かし夜は早めに寝てしまう。そんなリズムのある暮らしをしていたらお通じもよくなり、やっぱり身体の調子はよくなるだろうなって思います。うちの子供たちもりんごが大好きでほんとうに毎日、毎日飽きずによく食べています。

2月は自分で決めた健康ルーティンをしっかりと実践しようと、3つのことを続けてみました。「mixs呼吸法 」「朝の1時間半のお散歩」「1日おきに30分の筋トレ」だいたいどの時間にやるかと決め、やりやすい時間にやっています。先日ある本を読んだのですが、人間の筋肉は30代からは1年に1%ずつ落ちていくそうです。10年間で10%、なので筋トレは必須とその著者は書かれていました。近所の友人たちも一緒に筋トレしているのですが、みんな3ヶ月も立たずに「肩こりがなくなった」とか「頭痛がなくなった」とか「動くのがおっくうにならない」とか言っています。筋トレすることによって、血流が良くなったり、エネルギーの代謝がよくなったり、いいことがいっぱいありそう。いつも40代から80代ぐらいの方と一緒に筋トレしていますが、とても励みになっています。春になってもしっかりと続けていきたいですね。

畑が教えてくれたこと 2016年3月ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

飯島秀行さんという方がいました。「いました」というのは先日訃報を聞いたからです。テネモス国際環境研究会をやられて、「宇宙にたった一つの神さまの仕組み」を実験で検証し、この世に問い続けてこられた方でした。私は3年ほど前にある人から著書を差し入れてもらって読み、動画サイトで講演を何本か聴き、「原因と結果について」、「発酵することの本質」、「フリーエネルギー」、「原理一元の世界」等々についての記述に触れて、自分自身が感じ、思考する機会を与えてもらいました。
---------------------------------
ただひとつの神の法則が存在することを あらゆる実践と実験で検証していった

虫が発生しない農業栽培ができた
有害物質は消えた  汚れた水は綺麗になった  放射線も消えた
糞尿・悪臭の改善も 風力発電を使った水の浄化もできた

すべてを解決できるテクノロジーは 確かに存在することがわかった
いくつかの装置も完成した しかし世の中に提供するには
多くの困難が待ち受けていた

宇宙に遍満する無限の周波数と  人々の心の周波数が一致する時に
初めてそのテクノロジーは  この世の中に実体となって  存在できるようになるのだろう
そのような社会の到来が一刻も早く実現することを願ってこの本を記した
       ( 「ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった一つの神さまの仕組み」 裏表紙より )
----------------------------------

「すべてを解決できるテクノロジー」と書いてある事例については、大気汚染防止(実用化されている製品がいくつもあります)、水質浄化(河川湖沼やプールなどの浄化装置も作られました)、排水浄化(トイレや畜産施設などでも使われています)、土壌汚染の浄化(福島の農地に降り積もったセシウムが除去されています)、次世代フリーエネルギーの研究(永久運動を可能にしたモーター開発や高効率の風力発電など)と、一貫してこれからの地球環境問題に必要とされているホンモノの技術です。企業営利や売らんが為の商品開発の為の研究などと一切関係のない視点と実践が本当に見事だと思います。

他にも鳥のように自由自在に飛び回る飛行機だったり、私が一番注目してしまう農業分野では虫が発生しない完全無農薬栽培の実証と、その研究範囲の広さに驚き、そして一見多岐にみえる数々が、実はたった一つの原理・法則から生み出される。フリーエネルギー研究では日本の第1人者と言っていいのではないでしょうか。たくさんの事例紹介は動画サイトにたくさん出てますので興味のある方は調べてみて下さい。

だけれど飯島さんは、どんなテクノロジーもこの社会に浸透していくには、その社会に住んでいる人たちの意識・心と周波数があってないと実際には使えないのだと言います。意識そのものがフリーエネルギーであるということに気が付かないと、本当の意味でフリーエネルギーは使えないのだという事がまだ私自身が消化しきれていません。数々の環境問題・社会問題を解決できるたった一つの原理・法則が、自分の当たり前の意識・基準になればりんごの無農薬栽培も、トマトの反収20トンも、魂(オーラ)をきれいにする食物も、おそらく簡単に解決できてしまうでしょう。本を数回読んだくらいでそれがクリアできるような感性が、残念ながら私にはまだないのですが、これが今生の私の課題でありフィールドです。

そんな段階の私ですが、飯島さんが書かれていた言葉で私が特に意識したのは「自我で生きているか、全我で生きているか」というフレーズでした。「農作物と向き合う為に農作物に話しかけてみよう」という発想から、「目の前にわたしの分身がりんごの樹の姿をして生きている」という観方が当たり前の感覚なのかなとだんだんに意識の焦点が見えてきたようです。飯島さんの残した言葉の真意に少しでも近づいてみたいのです。合掌。 (あきお)
-------------------------------
想念は実現の母と言います。もちろんよい想念はよい結果を生み出し、悪い想念は悪い結果を生み出します。大事な原点の選択です。よい想念とは、人のためになることを指すのではないのです。私は全体の中の一員であって、個人的な人ではない、私とあなた方とは一体であって、他人的存在ではない、という思いから行動をすることを、真の真理、正しい想念と言います。 私は私であっておまえたちとは違う、という分離感からでる行動をすることを、偽りの真理、間違った想念と言います。この想念が正と偽、幸福と不幸をもたらす、原点・スタートの選択肢だからです。

真理とは、原点・スタートの時点で結果は出ているのです。その者の心が持つ選択、動機で初めから決定しているのです。だから宇宙意識を持つこと、宇宙一体感を持つことが幸福を生み出し続ける事なのです。天国と言います。 人のためと言いながら、個人的動機の心でどんなに仕事をしても、小さな結果、有限性にしか変化しません。地獄と言います。天国と地獄は真理の中に存在しているのです。( 「宇宙にたった一つの神様の仕組み」本文より抜粋 )

< おぐらやま農場とご縁を頂いた皆様へ 「健康素材」(鉱石スープ)を様々な用途にお役立て下さい >  
私達は、農場からお届けする農産物が、皆様の健康に役立てるよう、畑の微生物環境や土壌発酵に取組み、肥料や農薬に頼らない栽培を確立すべく16年前より実践しています。りんごや人参・トマトなどの品目を選択していることもあり、病身を抱えている方、御家族に病身のある方、また今は病身でなくとも食養生の意識を持つ方たちが、低農薬の果物、無農薬栽培の野菜をご自身の身体づくりに必要とし、私達と御縁を頂くことが年々多くなりました。

私たちは昨秋より「健康素材」提供の窓口となりました。この鉱石スープは自然界の様々な場面で生命の成長に良い影響を及ぼします。土壌に撒けば汚染された土が浄化され、川に流せば水がきれいになり魚が成長し、家畜では病気で死にかけていた子牛が復活して松阪牛並みの等級になったりします。(しかし出荷半年前にスープ飲用を止めます。続けると赤身の筋肉が締まった肉になるので、霜降り肉にする為に止めるそうです)田んぼでは稲の根の成長が非常によく台風でも倒れない丈夫な稲になり収穫量・食味共によくなり、おぐらやま農場のりんご畑でも食味収穫量に大きな違いがはっきりと顕れました。ただ、「人間ではどうなのか」を説明しようとすると法律の壁があります。人間も動物も植物も全て同じ、地球の生命の法則で生きていると考えられた方たちがご自身の判断で使われています。病身を抱えていた方たちがこの鉱石スープを自己判断で使ってみて、驚くような事が起こっています。「いのちの元」に大きく影響しているとしか考えられない変化です。現在一部の「医師・獣医師・大学の研究グループ」でも研究・使用されて驚くべき結果が出ています。ここではすべてを書き表せない事が起こっています。本当に目の前で困っている人に対してお役に立てるのは、「100の理屈より、事実の積み重ね」だという信念で、皆様に紹介しています。身近に病身を抱えて困っている人がいる方、またその当事者という方、おぐらやま農場・松村まで声をかけて下さい。ガンや糖尿病、脳梗塞、肝硬変等々、どんなことでも時間の許す限り御相談に乗ります。人間がもともと持っている「治す力」を発揮する学び。「健康素材」(製造地・静岡県浜松市)の資料もサンプルも用意してあります。(あきお)

ふじりんご狩り会員の受付開始です  < おぐらやま農場だより その247 2016・03・21 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 
 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 


 おぐらやま農場だより その247 2016・03・21 

  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*農場ブログ 
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/
*農場フェイスブック
https://www.facebook.com/ogurayama


< 最新農産物情報 >

*土ごと発酵していく炭素循環の畑づくりに取り組んでいるおぐ
らやま農場のりんごは、収穫してから時間が経ってきたものにこ
そ旨味があります。発酵する農産物は新鮮さに絶対的価値がある
わけではなく、保存したからこその美味しさがあります。ぜひお
試しください。


*ふじりんごは「大玉」が終了となりましたが「中玉」サイズは
まだ60ケースほど・「家使い用」はあと15ケースほど在庫有
りますので、注文いただき次第順次発送しております。「まるか
じり用りんご」もまだまだ美味しく食べてもらえますので皆さま
の注文をお待ちしております。。
http://www.ogurayamashop.com/item/fuji-6/


*シナノゴールドは中玉サイズが終了となりました。大玉サイズ
と家使い用はあと数コンテナですので、希望の方はお早目にどう
ぞ。。
http://www.ogurayamashop.com/category/43/


*人参は売り切れましたので、また来シーズンまでお待ちくださ
い。今年もよいものがたくさん収穫でき、皆さんに喜んでもらえ
たと思いますが、作付が足りない!! 次年度はもうちょっとが
んばって、皆さんにもっと長い期間お届けできるようにしたいと
思います。


*ひな祭りや卒業・入学・進級のお祝いに、おぐらやま農場の
ジュースセット・ジャムセットはいかがでしょうか。熨斗(の
し)の指定やご希望のメッセージなどありましたらこちらで印
刷して同梱いたしますので、気軽に申し付け下さい。
http://www.ogurayamashop.com/category/24/


*りんご狩り会員受付の申込みがスタートしました。今年の開
園日は11月12日(土)・13日(日)・19日(土)・2
0日(日)の4日間を予定しています。詳細はネットショップ
をご覧ください。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< りんご狩り会員の受付開始です >

今年は秋映りんごのオーナー会員募集を中止させていただきま
す。その代りに皆様におすすめさせていただきたいのが、ふじ
りんごのりんご狩り会員企画です。


秋映りんごオーナー会員は収穫する樹を決めて、そのりんごを
丸々全部収穫していただく企画でしたが、ふじりんごのりんご
狩り会員は広い果樹園のどこから収穫してもらっても良いので、
じっくりりんごを選んでもらって収穫できる楽しみです。


とびっきり美味しいふじりんご、まるまると大きくて、真っ赤
に美味しそうな最高のふじを収穫していって下さいね。収穫時
期が11月12・13日・19日・20日の4日間を予定して
いますので、日程確保していただき、収穫日近くになったら、
農場まで知らせいただきます。


詳細はネットショップにも出ております。興味のある方もない
方もよければ是非一度ご確認ください。お客様に直接お会いで
きる貴重な機会ですので、私たちもとても楽しみにしておりま
す。焼き芋や冬野菜の収穫体験など用意してお待ちしています。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 子ども達の進級・スマホについて >

3月も終盤を迎え、小学校・中学校は卒業や進級のシーズンで
すね。私たちの子どもたちも中3・小6・小2へ進級というこ
とで、春休みに突入しました。

中3になるフウワ君が、「父ちゃん、ラインをやりたいんだけ
どいいかなあ」ときいてきました。なんでもサッカー部の友人
は大方の子ども達がもうスマートフォンを持っていて、学校に
持って来てはいけないけれど、家でラインを使って色いろとや
り取りをしているのだとか。

私も、父親として彼に何を言ってやれるのかなあとよく考えま
したし、これは私にとっても彼にとっても大事な局面だなとも
思い、何度も話をしています。 なかなか父親からのOKは出
ないでいるのですが、彼のいいところはふてくされずに、ちゃ
んと話を聞いて彼なりに考えていることです。

私から見ても、まだ14歳の彼が部活の友達の中でいよいよ少
数派になりつつある「ラインやってない」組に甘んじている事
を受け止めて、感情的にもならず、おそらく普通の親(という
のも語弊があるけれど)に比べれば、頭の固いことを言い続け
ている私の話に耳を傾け、自分の気持ちもそのまま話してくれ
ている姿勢を見るにつけ、わが子ながらなかなか大したものだ
と思っています。

父親の役割は、「父性の復権」の林道義さんの言葉を持ち出す
までもなく、「いいよいいよ、やりたきゃやりな」とすーっと
済ませてしまうことではないでしょう。いちいち面倒くさい壁
になって嫌われ役も厭わず、彼が何に焦点を合わせていくかを
考えることに、付き合っていくことだろうと思うのです。

折しもいよいよ中3になる彼がこれからどんな人生を画き、ど
んな進路を自分の道としていくのか、親の役割の一番いい所に
これからさしかかっていくのかもしれません。

学校としての姿勢ははっきりしていて、中学生活という大事な
成長段階にある子どもたちの時間や意識を、スマホやラインな
どにたくさん使わせたくないという事です。子ども達のネット
トラブルについて詳しい講師の方に来ていただき、インターネ
ットに子どもが関わることの怖さや、ラインでのいじめ問題に
ついてなどのお話を聴く機会が授業参観の後などに何度も用意
されてきました。

僕としては、学校の先生たちがはっきり意思表示をされていて
「今は使わない方が有意義な中学生活が送れるんじゃないかな」
と言っていることを尊重したいし、農場にウーフで来てくれる
若い人たちの中に時折、食卓で頻繁にスマートフォンを見てい
ないと落ち着かない子がいる局面を何度も見ているうちに、こ
れは見逃してはいけないところだなあと思っているのです。

中学生ぐらいの子どもがいる親の皆さんは、どんな考えでスマ
ートフォンや携帯電話などを持たせたり、持たせなかったりし
ているのでしょうか。人生の先輩方、色々と教えてもらえませ
んか・・。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

我が家のりんごは皮をむかない 3月2日

2016年3月2日

我が家ではいつもりんごは皮付きで食べてます。子供たちも皮付きが大好き(*^^*)皮のないりんごは何か物足りないようです。

「皮ごとかじってもここのりんごなら安心して食べられる」そういうものを届けたいんだ。という農場主の熱い思いで育ててます。

http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/blog-entry-1225.html

畑が教えてくれたこと 2016年2月ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

< りんごの「規格外」 >

先日、地元紙に安曇野市の北隣にある松川村・大町市のりんご農家の方たちの記事が出ていました。「小さなりんご」に焦点を当てた取り組みだということです。
_______________________________

規格外小玉リンゴ 大町・松川でブランド化へ

大町市と松川村のリンゴ農家7人が「bite sized apples club」(バイト・サイズド・アップルズ・クラブ)を結成し、規格外の小玉リンゴのブランド化を進めている。リンゴの消費が伸び悩む中、都会の若者や女性をターゲットにファンを増やし、小さいからこそ食べきれる手軽さ、見た目のかわいさ、携帯性などを売りに価値を高め、新たな市場開拓を狙う。

「bite sized apple」(以下バイトサイズ)は、丸かじり、食べきれるリンゴという意味。大きさはテニスボールほどで200グラム前後。品種は問わず、1個100円で販売。名称の商標登録を出願中だ。

「味は普通のリンゴと変わらないのに、小さく規格外というだけで、取引価格は贈答用リンゴの20分の1程度。このまま加工用ジュースにされるのはもったいない」。2年前、県農業改良普及員として大北地域を担当していた高橋博久さん(48、現上伊那農業改良普及センター勤務)が、これを何とかしたいと生産者に働き掛けたのが始まりだ。

高橋さんの呼び掛けに20~70代の7人のリンゴ農家が応え、クラブを結成。「小さいからこそ価値がある。今まで見向きもされなかった小玉リンゴに光を当て、リンゴの消費拡大、農家の収入アップにもつなげたい」

会長を務める松川村の外川果樹園3代目の本多曜介さん(21、松本市新村)によると、近年、リンゴを買わない、食べない若い世代が増えているという。 ミカンは手で皮をむき簡単に食べられるが、リンゴはナイフや包丁でむく手間が余分に掛かる。1人暮らしにとっては面倒で、1人では食べきれずに残ってしまうのも敬遠される理由という。

本多さんは「バイトサイズは、1回で食べきれ、子どもや高齢者にもちょうどいい大きさ。見た目もおしゃれでかわいく、登山客の携行食にも最適」と魅力を語る。


_____________________________________________

このグループの皆さんと面識はないのですが、農家自らでブランドを作って販売戦略を立て実践したりする動きがなんとも頼もしく思うのは私だけではないはず。若い人たちや新規就農の面々と100年前から続いているベテラン農家もあるということで、そんなバランスのいい活気のあるグループです。

おぐらやま農場は独立就農して16年目になりますが農産物の販売はほぼ個人顧客の方へ自力でやってきたので、農協さんや公設市場への出荷はほとんどないのですが、安曇野市内のほとんどのりんご農家は農協さんや市場での規格に合わせて撰果・出荷しなければなりません。

農協さんや市場に出すと売り先に困らないので販売にかける時間も労力も資材も思考もなくていいので、生産だけに専念できるというメリットの反面、貿易自由化のこの時代では国内価格が下落し、さらに中間経費を差し引かれて農家の販売する価格が下がり(りんごなどでは農家手取りは小売価格の3割程度)、そして規格外のものは前述の記事の通り20分の1程度の価格になること(栽培技術にもよりますが2割程度は見ておかなければなりません)、そして当事者ではないですが私から見れば最大の問題は栽培方法(剪定や摘果のやり方、農薬散布・肥料の撒き方など)にも規格が作られて管理されるという事があります。

小玉りんごに「バイトサイズアップル」と名前を付け、光を当てて販売するというのは「規格外りんご」を少しでも減らして、収入につなげようという取組だと思うのですが、おぐらやま農場では以前から「まるかじりりんご」という名前で小玉サイズのりんごを販売していました。「バイト」は英語で「かじる」という意味ですので、内容は同じなんですけれど、英語にならない辺りが農場主の田舎っぽい性格から来てしまうのは仕方がないですね。

私達は「自力販売する」という大前提で、それを応援していただいているお客さまのおかげで何とかやってきましたので、「規格」は自分で設定して、それに納得のいく皆さんへお届けする形になり、「規格外」というものがほとんど出ません。「まるかじりりんご」も初めから立派な規格です。農協さんや市場で常識的な価格でとってもらえないのでその部分を「自分たちで規格化してブランドにしよう」という前述の取組みも、小玉サイズが軌道に乗れば、きっと全部の規格を自分たちのブランドにしようとなってくるでしょうし、ぜひその方向へ進むべきだと思います。そうすれば栽培方法の規格という足かせもとれて、より消費者の皆さんにも栽培者自身にも恩恵のあるりんご作りが展開できるはずです。

おぐらやま農場が「まるかじりりんご」として販売してきたのは、「皮ごとかじってもここのりんごなら安心して食べられる」というものを届けたいんだという農場からのメッセージです。消費者の皆さんは通常のりんご栽培に多くの農薬が散布されていることを知っています。国の定める使用基準内ではあっても、少しでもそのリスクを下げたいから皮をむいて食べようと思う方がとても多いのです。

「小玉りんごをまるかじりしよう」というブランドを作っていくのであれば、そこから目を背けてはいけない。青森の木村さんのような無農薬栽培がすぐには難しくても、その山頂に続く道を探し、登れているかどうかを自らに問う。「まるかじりしてください」という言葉にどれだけの意識と実践を込められただろうかを問うのです。 

ここでおぐらやま農場でのりんごの「規格」を改めて紹介したいと思います。ふじりんご収穫後に撰果作業をして、「大玉」・「中玉」・「家使い用」・「まるかじり」・「保存用」・「ジュース原料用」「畑行き」と、概ね7種類の「規格」に分類しています。全て「規格」です。

*「大玉」・「中玉」りんごは大きさが基準内に(中玉は240g以上、大玉は310g以上)おさまり、熟度がしっかり進んで、一応キズや実ワレなどがなく、形もある程度揃っているものです。

*「家使い用」りんごは、小キズ・ツルわれ・こすれ・日焼け・変形など見栄えに問題があっても、食味で美味しく食べられるものを揃えます。大キズや傷みの出ているものは保存性の問題で入れないようにしています。

*「まるかじり」りんごは170~240gのりんごで、小粒だけれど美味しく食べられるものを揃えてあります。携帯に便利。おやつにピッタリ。おぐらやま農場では家使い用が売切れてから販売に出します。今年度も受付開始しましたのでどうぞご注文ください。

*「保存用」りんごは完熟しきっていない(ミツ入りがない)ものを揃えます。「青味」とも言います。これは完熟していないことがかえって保存性を良くするので、春になってから食べるものとして最後の出荷予定です。収穫から時間が経つと酸味がだんだんとまろやかになり、置いた方が美味しいのです。

*「ジュース原料用」は上記5分類から外れたものだけれど、傷んではいないものです。大キズ品、ツルわれの大きいもの、実の柔らかくなってしまったもの、野鳥のツツキ、小粒すぎるものなどがここになります。「りんごジュース」・「人参りんごジュース」の原料とすれば美味しいジュースが製造できます。

*最後の「畑行き」は傷みが進み、ジュース原料には不適のものを、もみ殻・キノコ廃菌床と混和して畑の微生物のご飯に。りんごの糖分が土の発酵スターターとして活躍してくれますので土の中のバクテリアたちは大喜びでしょう。 (あきお)




よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード