スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑がおしえてくれたこと 2016年5月ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

< 使えるものは何でも使う >

5月4日に、たんじゅん農実践者交流会を安曇野で開催し、20名以上の方が集まりました。6年前に私たちの農場で転換開始してからほぼ年1回か2回開催しています。今回は「炭素循環農法・百姓モドキの有機農法講座」というウェブサイトを執筆しているブラジル在住の林さんが来てくれて一緒に畑見学をまわってくれ、いろいろなやり取りがありました。たんじゅん農へ転換して6年以上経過した圃場やこれから転換していく畑や、いろんな状況の畑見学ができました。

最近、たんじゅん農実践者で「太陽熱処理」についてよく話題になります。これは野菜などを植え付ける前に透明ビニールでマルチし、太陽熱で土の表面温度を上げて(70℃程度まで)雑草の種を熱処理しそのあとの雑草管理を容易にする方法として使われていた方法でした。また、慣行農法の野菜圃場ではフザリウムやセンチュウといった土壌病害対策として「クロルピクリン」「臭化メチル」といわれる薬剤が使われ続けてきましたが、効き目がなくなって来たり、費用対効果の面でも大きな問題となって、それに代わる土壌消毒方法として注目されてきています。透明マルチの両端をきちんと土に埋めて張っていくと晩秋から早春の寒い時期でなければ、70℃以上の温度にすることはそれほど難しくありません。

私の場合は人参の作付前に雑草対策としてここ数年は必ず行う方法でした。ところが雑草が生えないだけでなく、作物の出来具合がとても良いという報告が全国から次々と出て、おぐらやま農場の人参もここ数年の人参の出来具合が本当に素晴らしいので、いったい何がよかったのかと分析する為には、この太陽熱処理によって引き起こされている事象をよくよく解明しておく必要があったのです。林さんが言うには「腐敗処理」という側面があるのではないか。つまり土の中にある腐敗するようなものは作付前に意図的に腐敗させておくとその後の土壌環境が発酵しやすくなるのではないかと。太陽熱+腐敗発酵熱で地表面温度70℃の高温と、マルチ被覆直前のたっぷり灌水で水分過多状態、さらにマルチ内の酸素は腐敗過程で全て使い果たされて酸欠状態と、腐敗しやすい環境を意図的に作っておき、腐敗するものはガスとして放出しておく。

太陽熱処理後は、処理前に畑に補給してあった炭素資材(有機質)にキノコ菌たちがのびのびと取りつき、これをエサとして爆発的に増え、土壌の中にコロニーを作って団粒構造化・菌類と細菌が多様化・階層化していく。「腐敗処理」によって、腐敗要因が土の中からなくなり、上記の発酵サイクルがスピードアップするのではないか。これを「土のリセット」というとわかりやすいかもしれません。

これまでも前述の「土壌中に菌類(主にキノコ菌)と細菌類の種類と数を増やす」という目的の為に、土の中に炭素資材を用意してキノコ菌たちがそれを食べ、増えていく環境を作っています。それこそが作物の養分になっていくからです。もちろんそれだけでも畑は変わっていくのですが、2~3年の時間を必要とする場合がほとんどで、なかなか結果が出ないと農業者としては生活がかかっていますから焦りも出ます。さらに雨の多い日本では土の中に大雨が溜まってしまうとその度に、せっかく増えた菌類が水没して死んでしまい、団粒化しかかった所がまた元に戻ってしまうので、水はけのよい畑にするための工夫がいろいろとされてきたのです。これを「腐敗処理」という「死のサイクル」の部分を短時間で通過させ、そのあとにくる「生命のサイクル」を引き込むのです。人参畑の団粒化が大きく進んだ(棒刺しで1メートル以上楽に入る状態)3年前は、まさに太陽熱処理を始めた年と合致しますし、その年から人参の葉っぱを食べに来ていたキアゲハ幼虫が全くいなくなった事も合致します。

たんじゅん農では「使えるものは何でも使う」「不自然な事はしても、反自然な事はしない」とよく言います。ビニールマルチを使うというと、○○農法実践家の方には拒否反応の出る方もいるかもしれません。これが不自然なことなのか反自然なことなのかは落ち着いて考えてみる必要があると思います。人間の頭がその人なりに作り上げた「自然」のイメージと、目の前の自然現象・土壌の変化や作物の成長の背後にある事実とを混同してしまうと混乱のもと。もちろん「透明マルチで太陽熱処理をすることが炭素循環農法だ」と言いたい訳ではありません。今の状況を把握して、臨機応変に「使えるものは何でも使う」で、どれだけ頭を柔軟にして、自由な発想で目の前の作物や土たち微生物たちに関わっていけるかが面白い所だと思います。

「焼き塩」の話も出ておりました。塩を焼くと塩の性質が変わるそうです。もちろん味も変わります。そして水に溶かして畑に撒くと雑草が減るという方がいます。本当でしょうか。一度やってみようと思います。昔の塩はにがり成分が多く空気中の水分を吸着して塩そのものがべとべとしており、料理の時に使いやすくするためにも、一度焼くか炒るかしてサラサラの塩にしておく家が多かったと聞きました。製塩技術の変化で、サラサラに塩が作れるようになると焼いて使う人はほとんどいなくなり、現代ではほぼ見かけなくなっています。焼き塩には還元作用が働くようですので、焼き塩を浴槽に入れると温まり方がよくなりお肌もツルツル、もちろん飲用してもよいし、農薬のついている食材を付けておくと化学物質の中和、畑に撒いて使えば発酵促進と、いろいろな使い方が出来る。これも必要とあらば「使えるものは何でも使う」ということです。

そんな話題も満載で楽しい交流会になりましたが、初めて参加していた方で、小布施で無農薬栽培りんごに取り組んでいる方がいました。ただ、病気や虫に毎年さらされてだんだん樹が弱って収穫量が減少しているのでどうしたらよいだろうかと悩んでおられました。志を持って取り組んでこられたこれまでの道のりを思うと、本当に頭が下がりますが、農業に取り組む限りは基準にするのは自然でありりんごの樹や畑の土です。人間の「農薬をかけるのは嫌だ」という思いが基準になり目的化すると無理が出ると思いますが、その圃場で何が起こっているのか、ぜひ一度見学に行かせてもらいたいと思っています。Hさん、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

それから、横浜から参加されていた果樹農家のYさん。福島の原発事故以来、横浜でこれまで手掛けてきた梨やブドウ・柿等の果樹園で収穫した農産物から放射能が検出されてしまって、すっかり生産意欲を失っておられました。今もメルトダウンした原発から放射能が出続けているし、この先自分の出荷した農産物が原因で誰かの健康を害することになるのであれば、もう横浜は引き払って安曇野辺りでやってみようかなという事を最後の懇親会の席上でお話されていたのです。
東北・関東の農産物から今も放射能が検出されてしまうというのが事実なのか、私はよく知らないのですが、原発事故で放射能の影響を受けた地域の場所でたんじゅんに取り組んでいる人たちの多くは、土壌微生物の発酵過程で放射能除染が出来るとみている。「使えるものは何でも使う」がここでも出てきます。そして何より畑や仕事に向かう意欲が放射能に負けていないのです。Yさんにも、意志をもって営農に取り組む人たちの輪の中で、これからの道を探ってもらいたいと思っています。(あきお)
スポンサーサイト

120歳まで健康に生きる道 ~34~

     「山菜パーティー&デトックス」

2016年5月8日2
先日、近所でビワ灸療法師をしているお友達に招待を受け、お庭で山菜パーティーをしました。家の周りにある山菜をとってきて、天ぷらにしていただくのです。そのおいしいこと、おいしいこと。贅沢にも天ぷらの油はココナッツオイル。ココナッツの風味もきいて、余計に天ぷらがひきたちます。嬉しい、美味しい、楽しい、でいっぱい食べてしまいました。タラの芽、こしあぶら、うど、みつば、野かんぞう、ふき、どくだみ、せり、わけぎ、こごみ、などなど。山菜を春先に食べると、冬に体の中にたまっていた毒素などがデトックスされ体にもいいようです。きっと自然界はそんな風にうまくできているのですね。

2016年5月8日3

ほろ苦いものも多いので子ども達は苦手かなと思いきや、パクパク美味しそうに食べていました。山菜とりも楽しいようで、「これはなに」「これはなに」と教えてもらいながら、摘みとりを楽しんでいました。20代前半、北海道の牧場にいた時は、この時期になるとフライパンとガスコンロ持参で自生している野原へ行き「行者ニンニク」パーティをしたことを思い出しました。採ったその場で油でサッと炒めて醤油をジュッと垂らしていただくのが、本当に美味しくて美味しくて。山菜たち の野趣あふれる味わいは、畑の野菜たちとはまた違った味わいです。
これからは家庭菜園シーズン。早速、小2の末っ子くんは、すいかとメロンの苗をキープし、畑に植えるのを楽しみにしています。すいかが大きくなっていく姿、収穫までまだかまだかと待ち焦がれるあの期間がなんともワクワクするいい時間。ここからは野菜も果樹も夏に向かってグングンと成長していきます。今年も美味しい果物ができるまで楽しみにしていてくださいねーー。(テルミ)


2016年5月8日1

[224]熊本地震へ 私の出来ること < おぐらやま農場だより その250 2016・05・12 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その250 2016・05・12 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*農場ブログ 
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/
*農場フェイスブック
https://www.facebook.com/ogurayama

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


< 熊本地震へ、私の出来ること >

農場のお客さまに大阪在住だけれど、熊本県西原村に少し前まで
住んでいた方がいて、その方が支援物資の受け取りと避難所への
配達が出来る西原村の方を紹介してくれたおかげで、農場からま
るかじりりんご60キロをお届けすることができました。

そこからさらに南阿蘇村の受入先を紹介していただき、そこにも
昨日45キロのりんごを発送させてもらいました。避難所の食事
はどうしてもビタミン不足になりがちだとのことでとても喜んでいた
だけたこと、現場の様子を電話を通してですが聞かせていただい
たことが、とても嬉しかったです。

まだまだ美味しく食べられる「まるかじりりんご」が冷蔵庫にあ
と25ケースほどありますので、熊本地震の避難所で使ってもら
うものとして発送希望の方がおられましたら下記より注文くださ
い。送料負担は農場がさせていただき、迅速に発送するよ
うに致します。行き先は西原村・南阿蘇村になる予定です。
http://www.ogurayamashop.com/category/46/

全国からの支援物資はどの自治体にも相当数が集まっているよう
ですので、本当に役に立つ状況なのか、現場の負担にならないか
など、よく確かめさせてもらいました。救援物資がすぐに集まっ
てくるこの国に住む人たちの気風に頼もしさを感じるのは私だけ
ではないと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


< 最新農産物情報 >

★★ 支援物資としてりんごを ★★
上記の通り、直接支援物資としてお届けできる枠も出来ま
したので、ご協力いただける方はどうぞよろしくお願いいたしま
す。
http://www.ogurayamashop.com/category/46/

「大玉」・「中玉」・「家使い」りんごは終了となりました。

-------------------------------

★★ 無肥料無農薬栽培の美味しい人参  ★★
*あかり農園の今井さんより、人参が届きました。苦み・雑味の
ない美味しい人参なのですが、やや小ぶりですので、B品価格で
出させていただきます。おぐらやま農場が取り組んでいる炭素循
環(たんじゅん)での栽培です。品種も同じアロマレッド。あと
1か月先ぐらいまでは十分に発送できると思いますので、よろし
くお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/

-------------------------------

★★ 贈り物にピッタリのジュースとジャムセット ★★
*父の日などのお祝いや記念日などに、おぐらやま農場のジュー
スセット・ジャムセットはいかがでしょうか。熨斗(のし)の指
定やご希望のメッセージなどありましたらこちらで印刷して同梱
いたしますので、気軽に申し付け下さい。
http://www.ogurayamashop.com/category/24/

---------------------------------

★★ りんご狩り会員受付  ★★
*りんご狩り会員受付の申込みがスタートしました。今年の開
園日は11月12日(土)・13日(日)・19日(土)・2
0日(日)の4日間を予定しています。詳細はネットショップ
をご覧ください。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/

----------------------------------

★★ 年間コース会員受付  ★★

おぐらやま農場の「年間コース会員」の募集をしております。
どうぞ下記ウェブサイトから内容を確かめていただき、皆さん
の元へ、農場の旬の果物の味をお届けさせていただきたいと思
います。
http://www.ogurayamashop.com/category/16/

前年の9割の方が継続申込みをしてくれるのは本当に有り難い
限りです。じわじわとお客様が増えて来てくれましたが、農産物
の送り手と受け手の心豊かな関係を地道に作っていきたいと
思っています。どうぞご検討下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


初夏の爽やかな季節になってきました。果樹園の摘果作業も
いよいよスピードアップです。地元の方でお手伝いしてみたい
方、気軽に声をかけて下さいね。農産物で御礼をさせてもらう
「縁農サポーター」さんになってみませんか?

それではまた次回まで。最後まで読んでいただきありがとうご
ざいます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


母の喜び 5月11日

今週の日曜日は、「母の日」でしたねー。

私は用事があり、早朝から夜中まで東京にいたのですが、
夜中2時ころ家について、ふと仕事部屋を見ると、


2016年5月11日

なんとお花とメッセージとプレゼント。

ほろり。。。

いやあ、やっぱり嬉しいですね。

完全なるサプライズでした。

子育てしていると、
365日、毎日子供たちからプレゼントしてもらっている気がします。

サッカーに燃える息子の試合中の姿だったり、

お風呂で聞く、子供の練習中のピアノの音色だったり、

学校帰りにつんできてくれる野の花だったり、

たどたどしい字で書かれたお手紙だったり、

一緒に歌う時間だったり、

一緒にお料理する時間だったり、

一緒に百人一首をする時間だったり、
(末っ子くんが映画「ちはやぶる」に影響され、
我が家のはやりです)

毎日がプレゼント。

毎日楽しそうな姿、

嬉しそうな笑顔。

母親っていいですね。



今日はウーファーさんたちが、
行きたいといっているので、子供たちも一緒にみんなでカラオケに行ってきます!!

ちょうど雨だし、畑仕事もお休み。

楽しんできまーーす^^

そうそう、母の日のプレゼント、
きっと主人が仕組んでくれたのでしょう。
ありがとう。

【今日の学び】
他の人の喜びを自分の喜びにできるっていいな。

【魔法の質問】
どんな喜びが好きですか?

おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。








子供も大好きな自家菜園 5月7日

2016年5月7日

こちらは末っ子君が待ち望んでいるスイカです。

これがあるだけで夏までワクワクしています。昨年も毎日畑に行っては大きさを確かめて。

人間好きなこと、楽しみなことに向き合っている時間はなんともワクワクするものですね。

おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

霜にやられたーーー!! 5月5日

2016年5月5日

シナノゴールドの花。
霜にやられて雄しべ雌しべ共に黒くつぶれてしまった花です。

こうなるとこの花はもうりんごの実をつけてはくれません。

毎年、いろいろなことが起こります。
それに対応していかなくてはね。


おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

トマトの赤ちゃん 5月4日

2016年5月4日

移植直前のトマトです。フタバから本葉が出始めてフタバより大きくなり始めた頃、ひとまわり大きなセルポットへ移植。畑への定植予定は5月15~20日頃。

まだ可愛い赤ちゃんです。

ここから毎日の水管理、暑さ管理が子供の世話のよう。
苗の声を聴きながら農場主が大切に育てています。

おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

ふじりんご開花 5月2日

2016年5月2日

4月26日 の写真ですが。。。

ふじ 例年より1週間は早く。中心花は受粉済み。雌しべが茶色く変色。側花はまだで雌しべがまだ黄色い。霜でやられた花も多いのでちゃんとめしべがある花を見るとホッとします。



おぐらやま農場の無農薬栽培人参はこちらから

ふじりんご大好評販売中です。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

トマト移植直前 5月1日

2016年5月1日

トマト移植直前です。本葉がフタバより大きくなってきた頃。
小学校の理科の観察ノートみたいですね。毎年農薬を一切使わずに育ててます。

今年も美味しいトマトジュースがお届けできますように。

おぐらやま農場の無農薬栽培人参はこちらから

ふじりんご大好評販売中です。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。