スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑が教えてくれたこと ニュースレター7月号より

畑がおしえてくれたこと2

< 季刊誌「安曇野文化」への寄稿 >

安曇野市には教育委員会主導で発刊されている季刊誌「安曇野文化」というものがあり、その編集委員の方から声をかけていただいて、ウーフホスト農場をテーマに寄稿することになりました。農繁期真っ盛りの中、締切に数日遅れつつも、どうにか提出したものを皆さんにも読んでいただきたく、掲載させていただきます。


< 「地域に活力を」欄へ >
私達は16年ほど前にご縁のあった三郷の小倉地域に新規就農させていただき、果樹園・野菜畑等耕作しながら生計を立ててきました。地域の皆さんに時に迷惑をかけて叱られたり、時にアドバイスをもらって励まされたりと、様々な関わり・交わりのおかげで、これまで営農を続けることが出来ました。本当に感謝しております。


昨年、仕事の関係で知り合いになった中萱の野本教子先生が、我が家でいつも見かける若い外国人たちの様子に興味を持たれて、「いったいどんな人たちがこの農場へ来ているのですか?」と質問いただいたことが、今回の原稿を書くきっかけとなりました。


私たちは10年ほど前から「ウーフ(WWOOF・World Wide Opportunities on Organic Farms「世界に広がる有機農場での機会」の頭文字です。)のホスト農場」に登録して、年間数十人のウーファーさん(ホスト農場でお手伝いを希望して我が家に滞在する人をこう呼んでいます)達を受け入れています。現在国内に500以上のホストさんがいます。


日本人が2割ほど、台湾や香港・シンガポール・タイなどの東南アジア系の人に人気があり、欧米系の方もきます。長い人は数か月~1年近く、短い人は1週間程度の滞在で、人により目的もさまざまですが、ほとんどが10代後半~20代の若者たちですので、将来の生き方を模索したり、自分探しの旅の途上といった人が多いのは当然でしょう。ウーフではホストとウーファーでお金のやり取りをせず、「農作業のお手伝い」と「食事・宿泊」の交換をするのが特徴ですのでお金目的の人は一人もおらず、「有機農業を学びたい」、「日本語のトレーニングをしたい」、「日本の生活や文化を知りたい」、「面白そうな暮らしをしている人に会ってみたい」など、ホスト農場で出会う人や農作業体験、田舎暮らし体験から何かを学びたいという人たちが、私たちの農場を尋ねてやってくるのです。「労働」とは質が違うので「労働ビザ」は必要ありません。(入国管理局で揉めない為にもここの線引きは結構重要です。)


もちろん私達がホスト農場を続けているのは「農作業のお手伝いに来てもらいたい」という目的がはっきりとあります。新規就農で親戚も知り合いもゼロからのスタートだった私達にとって、丁寧な世話が必要の果樹園・野菜畑を切り盛りしていく為にウーファーさんに来てもらうのは有り難い事。ただ、それだけが目的であるならきっと10年以上も続いていないと思います。家に知らない人が次々やってくる、しかもほとんどは日本語の解らない外国人。3食毎日用意して、話し相手にもなって、農作業も素人同然で、一から手取り足取り教えたと思ったら覚えたころに帰っていく。社会で仕事などしたこともない若い子たちには多くを求められない場面もありますが、受入側がそれを工夫していくところに面白味があります。


これを自分たちの生活スタイルとして選択するのは農業者としてマイノリティであることは自認しますが、こんなことが楽しく面白くやれているのは、心の広い妻の存在抜きには語れません。農家の暮らしを縁の下で支え、3人の子どもたちの母親であり、ウーファーさん達のよき相談相手になり(私より彼女の方が英語は達者ですので)、いつも力の抜けた明るさでみんなを安心させてくれています。僕も彼女もきっと若い人たちを受入れすることを通して、成長させてもらっているのだと思いますし、「人間を信じられる」経験が、子ども達の心の発達にも影響しているように思います。


例えば今はマレーシアの農業大学の学生が4人、農業研修をかねて来ています。彼らは敬虔なイスラム教信徒。毎日5回のお祈りは欠かさず、ちょうど6月上旬から7月上旬まではラマダン(日中は断食をする儀式)期間にかさなりましたので彼らは朝2時過ぎ(朝じゃなくて真夜中)に起きて、寝る前に用意した食事を食べ、夜7時過ぎの夕食までずっと食べ物も飲み物も水さえも口にしません。しかし、その期間中も全くそれまでと変わらずよく働き、食事準備や家の掃除なども率先してやってくれる気持ちのいい4人の若者たち。日本においてマスメディアに登場する時のイスラム教は過激派のテロリストとセットで出てくることがほとんどなのに、日常の暮らしを共にした時に感じるイスラム信徒のなんと平和的な精神。このギャップに気付かせてくれるのもウーフならではの醍醐味と言えます。 


安曇野市には現在6か所のウーフホストがありますが、もし10か所も20カ所も個性豊かなウーフホストが増えて、国内・国外の旅人や若者たちに、仕事の楽しさや生きていくことの素晴らしさを共有できる空間が数多く生まれてくると、この安曇野という町が「ウーフの聖地」として発展していく日が来るかもしれない、などと妄想しているのです。やってみたい方いませんか?(ウーフホストは専業農家でなくても大丈夫。持続可能な農やエコロジカルな暮らしを目指している場所ならエントリー可。事務局の審査あり。)


< 桃畑にて >
ウーファーさん達に桃の袋をかけてもらう前に、桃の仕上げ摘果を私がやっております。問題になるものは一つ一つ確認して木から外し無駄に袋をかけないようにします。樹上に着けておきたい着果数も頭に入れつつ、「つけるか」、「落とすか」総合判断力が求められるので、約14000個全て責任を持って農場主が見回ります。そのあとをウーファーさん達が袋をかけながら追いかけてきます。


下の写真は理由があって木から外した実の例。親指のところから時計回りに、①穿孔(せんこう)病。強風・強雨等で果実表皮や葉っぱにウイルスがとりつき黒い穴をあけてしまうのです。桃農家はこれが怖くて殺菌剤を小まめに撒き続けます。②次が枝ずれ。強風の多い年は傷果が多く出てしまいます。③一番右は核ワレ果。桃の縫合線と言われる線の左右で大きさにバラつきがあるものは中の種が割れている可能性が高い。味に渋みが出やすく極力外しておきます。④下の実はヘタの右横にカメムシが吸汁したあとが見えます。果実が大きくなってもあばたのような跡が残ってしまうのでこれも極力とります。選別に合格した選ばれたものが、皆さんのところに届く桃になります。お楽しみに! (あきお)
スポンサーサイト

120歳まで健康に生きる道 ~37~ メンテナンス、メンテナンス、メンテナンス

こんにちは、元気印いっぱいのてるちゃんです。この1週間は桃の収穫、出荷がピークで、出荷場に張り付きでした。この時ばかりは食事作りもウーファーさん、子供たちにお願いしてひたすら出荷です。桃は、ある時期が来ると急に収穫適期の桃が、同時にやってきます。そしてなるべく収穫したものはその日のうちに宅配便で皆さまのもとへ届くようにしています。りんごだと2週間から5カ月以上持ちますし、収穫の期間もそれなりに幅をもたせられるのですが、桃は収穫時期がきたら1日1日が勝負です!!!2日も外に置いておくとやわらかくなってしまって出荷ができません。(箱の中でつぶれてしまうので)それぐらい完熟で送らせていただいています^^これが市場に出すとなると本当に青いうちに収穫しないといけないんですよねーー。

momomo34.jpg

先日は早朝5時から次の日の4時までほぼ立ちっぱなしで出荷した日がありました。次の日が小学校6年生の娘の最後の吹奏楽のコンテストフェスティバルがあったので、それに行くために、その日に収穫してきた桃をすべて箱詰めして宅配便にのせなければいけなかったので。。。さすがに20時間ぐらい立ちっぱなしですと、足が棒になります。^^
しばらく寝不足状態も続いたのですが、少しペースが落ち着いた昨日は娘と温泉に入ってきました。車で5分で行ける温泉があるのは本当にありがたい環境です。ゆっくりと温泉に入り、サウナに入り、水風呂に入り、娘と女子トークに花が咲きました。そして夜も10時には布団に入り5時までぐっすり。

すっかり体がリカバリーされてきました。1年のうちにこんなことが何回かはありますが、必ずそのあとメンテナンスしないとですね!!寝不足だったら後からでもしっかり寝る。使いすぎたら休める。

リカバリーがどれだけ早くできるかは、普段の運動だったり、食生活が結構大事になってくるなって思います。特にバタバタとしているときには呼吸が短く、浅くなるので、深呼吸だけでも意識したいですね。今日は、最近使い過ぎた内臓休めのためプチ断食中です。長く身体さんに元気でいてもらうために、メンテナンスを意識していきたいものです。^^


120歳まで健康に生きる道 ~36~ 自分に目を向けてみる

 「自分に目を向けてみる」

いよいよ夏が近づいてきましたね。農場では毎日、桃の袋かけやらリンゴの仕上げの摘果やら、果樹園の草刈り、トマト畑の草引き、玉ねぎの収穫、自家菜園の野菜のお世話や田んぼのお世話など、農繁期真っ只中です。このお便りを皆さんに読んでいただく頃には「桃」もすっかりと大きくなり、みなさんのお手元に届いている頃かと思います。


そんな毎日を送っているとついつい目先のことに目が向きがちですが、こんなときこそ自分にもしっかりと目を向け、心を向けてあげないとですね。「いつもがんばって働いてくれている体は大丈夫か?」「体にも心にも栄養あげているか?」「自分が大切にしたいことを本当に大切にしながら暮らせているか?」などなど。。。

2016年8月3日2

2016年8月3日1
人生の最期まで一生付き合ってくれる自分という存在、そして身体。しっかりメンテナンスをしていきたいものです。上の写真は、サッカー県大会予選、引退試合にもなる中3のお兄ちゃんに作ったもの、下のお弁当は小2の息子の遠足に作ったものです。キャラ弁を作って~~の声に初めて作ってみました。いつまでも元気でいて、こうやってお弁当作ってあげたいなって思います。


そういえば、この間ウーファーさんと一緒に温泉に行ったときにすごいおばちゃんに出逢ってしまいました!!温泉から出たあとにウーファーさんと柔軟体操をしていたのですが、その姿をほほえみながら見てたおばちゃんがいたんです。そしたらそのおばちゃんが私こんななのよーーってみせてくれたのですが、まるでバレリーナのように柔らかい、柔らかい!!足が顔の上まで上がるんですっ!!(驚)


思わず年を聞いてしまいまいましたが、もう70歳近くだとか。また私の中の70代イメージがガラッと変わりました。こんなに柔らかい体を維持できるんだ。。。やっぱり何事も続けていくことが大切だなーーと実感した出来事でした。その方は年齢が上がるにつれて、だんだん体が柔らかくなったそうです。びっくり!!

120歳まで健康に生きる道 ~35~食べ物、考え方が人をつくる

「食べ物、考え方が人をつくる」

2016年8月2日


うちの農場でWWOOFを初めて早12年がたとうとしています。この間たまたま計算したら実に1000人以上の方が日本各地、世界各国から安曇野にある我が家を訪れてきてくれていたのです。改めてこれってすごいよなーって思いました。そして今年初めてマレーシアからのウーファーさんがやってきました。

大学で農業関係の勉強をしている4人が、インターンシップの実習を日本で行おうと3カ月ほどの滞在予定。彼ら、彼女らはイスラム教徒です。性格がとっても穏やかで作業も一生懸命手伝ってくれ、そして週に一度おいしいお料理も披露してくれますが、やはりマレーシアの方たちは、スパイシーなものがとても好きなようで、私が火を吹くような辛さと思っていても、彼らにとってはいたって普通の味のようです。(笑)

そんな彼らは6月はラマダンといって、日の出ている間は水も食事も一切とらないという期間が1カ月続くそうです。朝の(?)2時半に食事をとってから、夜の7時すぎに夕食をとるまでは、水も食事も一切とらない。暑い中農作業するのに、大丈夫だろうかと私も今からドキドキしています。好奇心から何のためにラマダンはあるの?と聞いてみました。私も5日間までなら断食をしたことがあるので、こういった断食の話題は関心があるのです。

いろいろ理由はあるようですが、とても印象に残った2つがあります。ひとつは「セルフコントロール」。このラマダン期間で自分を律することの大切さを知るとのこと。そしてもうひとつは「自分にとってほしいものではなく、何が必要かを知るため」とのこと。この言葉に、何かものすごく感動してしまいました。日常から彼らの言動を見ていると、何気なく語るその言葉に真実味をものすごく感じます。20代前半なのに人の心を思いやるチカラがある、しっかりした若者たちなのです。

世界各国からくるウーファーさんと話しをしていて、どこの国も農業のなり手が少ない、後継者がいないという話をよく聞きます。フランスもマレーシアもそうらしいです。賃金が一番安いというのが最大の理由のようですが、食べ物がないと人って生きていけないんだよねって最後に話は終わります。日常生活のほとんどは、意外にも「ほしい、したい」で成り立っていると思います。自分にとって何が本当に必要なのか。私もラマダン期間中に自分に問うてみたいなって思います。

お中元、桃の注文受付中です!

おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。





桃の出荷がピークです!!8月1日

2016年8月1日

ここのところ連日桃の出荷のピークで、早朝5時から夜中までかかってました。

1日だけ20時間近く、立ちっぱなしでしたがさすがに足が棒(≧∇≦)♪♪

今日少し落ち着いてきました!
今年も美味しいももがたくさんとれているので、ぜひどうぞー(*^^*)

キズ桃もたくさんあり、規格外の桃も販売しています。

http://www.ogurayamashop.com/

夏本番!!御自愛くださーい。

お中元、桃の注文受付中です!

おぐらやま農場年間コース会員募集中です。

りんごの木のオーナーさん募集中!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。






よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。