スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑が教えてくれたこと ニュースレター8月号より

畑がおしえてくれたこと2

< ひたすらに草を引く >

今年のおぐらやま農場のウーファーさんは、今までで一番たくさん草引きをしているかもしれません。果樹園では機械を使っての「草刈作業」となるのですが、野菜畑では手で草を根っこから引き抜いていく作業が中心になります。主にトマト畑に張ったマルチのすぐ際の部分、そしてケールやサツマイモ、長ネギ畑の畦間、家庭菜園ではトウモロコシや落花生、キャベツやオクラなど、ビニールハウスの中には夏野菜のナス・ミニトマト・ピーマン・きゅうりたちと、様々な作物を植え付けて、そこから生えてくる雑草たちを引き抜いていきます。

マレーシアの農業大学から、インターンシップとしておぐらやま農場へ3か月滞在している4人の大学生たち。黙々と草引きが出来る働きものです。少々お天気が照っても平気です。マレーシアの陽射しに比べれば信州安曇野の照り付け方など大したことはないのです。将来、自分の仕事として農業を選んでいる若者達ですから、それに向かっての覚悟も見える気がします。
彼らを見ていて、自分が「農業」という仕事を、自分の仕事としてやっていこうと「覚悟」を持ったのはいつごろだったかなと、考えていました。夢や憧れでいる段階と、その段階を通り抜けて、この仕事を選んだからこそ感じられる愉しみや、背負うことになる事、それらを一通り体験してみて初めて自分の中に生まれる「覚悟」があると思います。それは農業という仕事に限らず、商人には商人の覚悟、学校の先生には学校の先生なりの覚悟がきっとあるのだと思いますし、警察官でも、政治家でも、どんな仕事にもそれを通して社会とつながったり、自分を成長させてくれたりという仕事観です。

まだ20代前半の頃、牧場で仕事をしていました。乳牛の繁殖担当の場を得て、人工授精や牛のお産の世話をしておりました。1000頭以上成牛の飼育されていた大きな牧場でしたから、ほぼ毎日親牛が仔牛を産みます。仔牛は生まれてから30分以内に母牛から搾った「初乳」を飲むことでその後の健康や成長具合に大きな違いが出てくると言われており、お産担当の時はなるべく出産に立ち会い、首尾よく初乳を搾って仔牛に飲ませてやるのが大事なポイントな訳です。(初乳の中には仔牛の身体を様々な病原菌などから守ってくれる免疫成分がたくさん詰まっているのです。) 

1000頭の成牛が飼われていても、毎日平均的に生まれてくれたら、牛たちは1年でだいたい1産するので1日3頭ぐらい生まれてくる計算なのですが、夏場に牛乳消費が伸びるのでそこに合わせて生産する為に、4月5月頃のお産が多くなるように計画するので、春はお産ラッシュになるのです。さらにどうしても偏りが出ますし(満月近くの夜などはよく生まれる)、一日で十数頭の出産を見守り、初乳を搾って仔牛に飲ませるということが延々と続く時期がありました。牛のお産は昼も夜もあまり関係ありませんから、真夜中も、朝までも、お産を見守り、時には難産の介助で母牛と息を合わせて仔牛の足を引っ張ったりと、無我夢中で、寝食を忘れて仕事をしておりました。目の前にある事実に合わせていく面白さを、理屈でなく感じていたように思います。もちろんその当時の僕を周囲で見守ってくれたたくさんの方たちの愛情があってこそなのですが。その後、訳あって牧場の仕事に区切りを付けるのですが、一度自分の中に息づいた覚悟が消え去ることはなく、16年前に自分たちの農場を始めるという暴挙に(?)つながってしまう訳です。

草が伸びてきたら草を引く(草を刈る)という行為も、目の前にある事実に合わせていく行為です。作物の成長に合わせて何ができるか何が必要かを見定めて、手を打っていくことの連続。牧場時代の対象は牛たちで、おぐらやま農場を始めてから果物の樹や野菜たちになっても、生命の本質は、全く変わらないと思います。さらに農場を始めて、畑の土と深くかかわるようになってから、人間の目にはっきりと見えない微生物・菌類たちの圧倒的な生命環境の存在を知るようになって、その「覚悟」の深まりを感じるのです。

お陰様で、夏に淡々と草引きを続る面白さが分かってきました。やるべきことをやっていくという楽しい覚悟。今なら桃の収穫時期に合わせて収穫し、それをすぐに発送していく面白さ。さらに、どうやったら草が少なくなるか、スムーズな仕事になるかと、淡々と仕事をする中に改良の視点が生まれる。これも覚悟あってこそです。大勢ウーファーさんが来てくれますが、その仕組みをくみ上げていくのも覚悟あってこそだと思います。若い人たちが、ウーフの暮らしの中で何を感じ取っているのか、僕たちの立ち居振る舞いから、言葉の端々から何かを感じてくれたら嬉しいと思います。


< たんじゅん農交流会にて 今回は国際的に >
7月11日に今年2回目のたんじゅん農交流会を開きました。今回は南米ボリビアのバジェグランデ市という町の市長さんがなぜかおぐらやま農場の果樹園の見学、研修に来るということで、「それならぜひ、たんじゅん農に触れてほしい」と思い、おぐらやま農場と近隣の炭素循環へ転換中圃場を見学し、「城さんのたんじゅん農講座」で面白い話をたくさん聞いてもらいました。。

まだ40代の若い市長さんで、とっても熱心に話を聴き、質問などもされていました。ボリビアの農業はここ10数年で大きく様変わりしてしまい、肥料・農薬に頼らなければいけない形になってきてしまったそうですが、それを有機農業で営農していける方法はないかという市長さんの願いに少しでも適う研修にしたかったのです。

よくよく市長さんの話を聞いていると、「日本のどこかで、有機農業を学び実際に営農していける若い人材を育てたい。その研修先を探している。渡航費は市の予算を付けられる。」と、実は市長さんなりの隠れテーマがあったことを知りました。

私達の農場がそれに応えられるだけの地力を持っていればいいのですが、まず言葉の問題(スペイン語は全くわからない)、そして農場のレベルの問題、いろいろ課題はあります。でもいつの日かそんなことでボリビアという国に貢献できる機会が来るとしたら素敵なことだなと、野心めいた思いが出てきたのも事実です。

今はマレーシアの農業大学の学生がインターンシップをかねて4人ウーフに来ています。3か月の滞在もあと2週間もありません。彼らにとっても今回のたんじゅん農交流会はとても刺激的だったようです。無理なく品質と収量を伸ばす有機農業のベースに炭素循環がある。世界中どこでも通用する原理です。 (あきお)

スポンサーサイト

120歳まで健康に生きる道 ~38~ 夏を終えて

karasawa3.jpg

ここ最近、毎日毎日加工トマトを収穫しています。フランスから来たウーファーさん3人と日本人のウーファーさんが3人、毎日6人でせっせとトマトをとってくれています。畑で顔が虫に刺されたりしてちょっと腫れたりしながらもがんばってくれています。このトマトは、トマトジュースになるトマトなのですが、トマトにもA品、B品があります。A品はそのまま加工所でトマトジュースに搾ってもらえます。B品は、傷ができたりちょっと黒ずんでいたりするので、出荷はできず家でカットしながら使っています。トマトが豊富でありがたいです。今の時期しかこんなに食べられないので、ここぞとばかりに毎日でもいただきます。体がトマトの赤さでとっても元気になる気がします。

この夏は、なかなかハイペースな夏でした。その中でも上高地の奥地の涸沢カールまで子供たちと一緒に登山できたのはとってもよかったです。小6の娘と小2の息子、すっかり頼もしくどんどんと登っていきます。私は途中で膝が痛くなってしまい、ゆっくりゆっくりの登山でした。自然の中をずんずんと歩いていくのは、とても気持ちがよく、空気がきれいで何回も深呼吸しました。夜の山の上では、幻想的な風景が印象的でした。子供たちが大きくなったら、山の上で何日間か過ごしてみたいなって思いを巡らせてしまいます。将来こんなことしたい、あんなことしたいって思いを巡らせるたびに健康で居続けないとって思います。

昨日中3の息子がおもしろい動画といって、102歳のおばあちゃんが自分の誕生日を祝ってもらって、ケーキにのっているキャンドルの火を吹き消そうとしたら、フーッとした瞬間に入れ歯がパカッと外れちゃって大笑いしているものを見せてくれました。見せてもらったら本当に大笑いだったのですが、このおばあちゃんすごくいい!!と思いました。102歳でもまったくボケていなく元気なこと。102歳の誕生日をこうやってみんなにお祝いしてもらえているいい人間関係があること、何より入れ歯が飛んだ瞬間このおばあちゃんが一番大笑いしてるんです。その大笑いにつられてこちらも笑ってしまう感じです。なんだかとても素敵なおばあちゃんだなって思いました。この夏はいかがでしたか?いろいろな夏を過ごされたと思いますが、いい秋を迎えてくださいね♪♪


karasawa1.jpg

加工トマトと仕事のつながり  < おぐらやま農場だより その253  2016・09・03 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
 

 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 

おぐらやま農場だより その253  2016・09・03 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< りんごの季節到来 洋梨も 最新農産物情報 >


*桃の発送がほぼ終わり、これからはりんご、洋梨、梨の収穫時
期になってきました。梨は春先の凍霜害の影響を大きく受けて、
収穫量少な目ですが、洋梨・りんごはある程度の着果を確保でき
順調に生育しています。


*りんごの初物、「つがる」をどうぞ。スイート系の赤りんごで
す。ネットショップの注文フォームはこちら。パリパリと美味し
く食べられる時期は9月15日頃まで。お早目にご注文をどうぞ。
http://www.ogurayamashop.com/category/11/


*9月下旬より収穫開始予定の、秋映(あきばえ)・シナノスイ
ートも予約注文受付を始めました。それぞれのりんごの個性を色
々と感じて貰えればと思います。
http://www.ogurayamashop.com/category/13/


*洋梨・バートレットも9月7日頃~発送可能です。食べ頃にな
ると、黄緑色の果皮が黄色く熟してくるのが分かり易いので、食
べ頃を間違えずに美味しく食べてもらえます。
http://www.ogurayamashop.com/item/younashi-2/


★★ りんご狩り会員受付  ★★
*りんご狩り会員受付の申込みがスタートしました。今年の開園
日は11月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日
(日)の4日間を予定しています。詳細はネットショップをご覧
ください。
http://www.ogurayamashop.com/item/o-na4/


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


<  加工トマトと仕事のつながり  >


7月の終わりから8月、そして9月のはじめにかけておぐらやま
農場ではほぼ毎日のように、トマトの収穫作業が続きます。この
時期に滞在してくれているウーファーさんはおそらく一生かけて
も食べきれないほどのトマトを収穫しているんじゃないでしょう
か。


私達のトマト畑は家庭菜園などで支柱を使って仕立てるやり方と
違い、蔓(つる)を地面に伸ばして、わき芽も一切摘みとらずト
マトが葉を茂らせる勢いのままに伸びてもらい、花と実をつけら
れるだけつけ、トマトの実が真っ赤に熟した順に摘みとっていく
自由放任栽培とも言える作り方をします。


これは加工用トマトと言われるトマトの中でもジュースやケチャ
ップ、また各種ソースなどの原料に使われることの多い、甘味よ
りも酸味が美味しいトマトの栽培方法としては一般的なのですが
農場の畑見学をされる人に聞いてみると、「こんな作り方は初め
て見ました」という方が大半なのです。


おぐらやま農場で収穫したトマトは私達の農場で販売するトマト
ジュース・ケチャップの原料となるほか、「高橋ソース」さんと
いう埼玉県にある食品会社で製造される「カントリーハーベスト」
というブランド名のソース(中濃・ウスターなど)の原料として
使われます。「安曇野トマトの会」という有機農家の仲間約10
名で生産者グループを作り、高橋ソースさんの需要に応えるべく
やっております。


先日その高橋ソースさんから、製造現場で実際に加工業務に関わ
っている方たちの「社員研修」ということで10数名の方が社長
さんも含め来られて、おぐらやま農場でトマト収穫の体験作業を
していただく機会がありました。


取り方の説明をして1時間ほど、コンテナをのせた一輪車を押し
ながら収穫作業をしてもらったのですが、畑の土の柔らかいこと
に皆さん驚かれていました。また、農薬を使わないで加工トマト
栽培を成り立たせていくために、肥料をやらないでも土に養分が
豊かにある炭素循環の畑を見てもらうことができました。


「カントリーハーベスト」というブランドはオーガニック原料に
こだわりを持って、高橋ソースさんの会社理念を体現した製品だ
と聞いてますし、その仕事に関わる誇りとかやりがいという、働
く上でとても大事なものを確認してもらう機会になってくれてい
たらとても嬉しいです。


自分が仕事にしている内容のつながり(その前もその後も)を知
ることは、とても大切なこと。ソース会社の方が農場の様子を見
学に来てくれたように、私達が今度は工場見学をさせてもらって
自分たちの仕事がどんな現場でどんな人たちへつながっていくの
かを勉強したいと思っています。


そして、私たちの農場からお届けするトマトジュースたちが、皆
さんの家庭でどんなふうに使われているかも、ぜひ教えてくださ
いね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


9月になって、昼間はまだ気温が上がりますが、朝晩の冷え方は
すっかり秋の気配を色濃くしています。りんごの収穫も始まり、
洋梨の出荷もそろそろ始まります。今年はナイアガラぶどうがと
てもよく実りましたので、皆さんに販売できる分もあります。


りんご・洋梨・ぶどうとの詰合せも出来ますので、このメールに
返信で気軽に申し付け下さい。梨は今年は霜害で不作になってお
りますので幸水豊水は注文ストップしております。ご了承くださ
い。


8月の桃では穿孔病(せんこうびょう)が桃の表面を傷つけてし
まうものが多くて、皆さんの希望に応えきれなかったのがとても
残念でした。が、秋の始まりでしっかりと気持ちを切り替えて、
皆さんにまた良いものを届けられるよう荷造りしていきます。ど
うぞよろしくお願いいたします。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。