120歳まで健康に生きる道 ~44~ 思い込みで見るのをやめる

ウーファーさん

昨年に引き続き、今年もwwoofを利用して、マレーシアのプトラ農業大学の学生4人が研修にきてくれています。昨年も今年も男女2組4人の受け入れなのですが、彼らはイスラム教徒です。女性はヒジャブという髪や肌を隠している衣装を身に着けていたり、1日に5回のお祈りをしたり、お祈りをしていないお肉を食べれなかったりと違いがあるのですが、昨年、今年の4人はとても素晴らしい若者なのです。ニュースなどで語られる過激派の方たちとはずいぶんと違うなって思っています。(そもそも比べるところで彼らに申し訳ないですが。。)


夕食のときにラマダンについて話を聞いていたのです。ラマダンとは6月に行うイスラム教徒の行事でお日様の出ているときは水も飲まないし、食事も摂らない断食期間1ヶ月です。それでも昨年きた4人は、とても穏やかに毎日、淡々とお手伝いし、日々の暮らしを楽しんでくれていました。そんなラマダン期間なので、私はてっきりラマダンの期間ってみんな食べ物が食べれなくって、修行のような大変な期間なんだろうと想像していたのです。彼らから出てくる言葉は違いました。ラマダンは9歳ぐらいから少しづつならしていくそうなのですが、結構楽しみな期間だというのですね。なんで水も食事も摂らないことが楽しみなのか聞くと、一つは普段食べている食べ物のありがたみを実感するということ。水や食べ物があることが本当に嬉しいと。確かに彼らは、どのような食事でも「ありがとうございます!!」って喜んで食べてくれるのです。そして2つ目に「自分の欲望、欲求や感情をコントロールできるようになる」と。うん、うん、これは確かにそうですね。彼らが穏やかなのもわかる気がします。他にもいくつか教えてくれました。そしてラマダンが終わったあとは、彼らの近所にはキリスト教の人たちや中国人もいるらしいのですが、そんな人達とも食事を分かち合って楽しんだり、お祝いを一緒にするそうなんです。自分たちは、生まれたときからイスラム教だけど、いろいろな宗教の人とも仲良くしたいようなことを言っていました。


農業をすることに関しても彼らはとても積極的で、人間は食べるものがないと生きていけないと。マレーシアでも農業は所得でいったら低いけど、そんな人間にとって大切なことをするのは、やりがいがあるし楽しみと言っています。とっても頼もしいなって感じます。謙虚で喜びに満ちてる彼らを見ていると、素敵だなって思います。 
             


毎月農産物が届く年間コース会員募集中です!!

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物のFace bookはこちらからどうぞ!最新情報更新中です。

桃の摘蕾作業 2017年3月24日

2017年3月24日

桃の花の咲く前にやってしまいたい桃の摘蕾作業。子どもたちが春休みに入ってから、毎日一緒に作業をしています。

音楽をかけて歌いながら♪

ちゃんとできるようになってきてびっくり!!
本日は雪も降り、若干冷えるけどがんばろうねーー!!

W卒業式 2017年3月18日

2017年3月28日

小学校、中学校の卒業式は本当に涙、涙。
そして先生の愛情、子どもたちの素晴らしさに感動でした。

 「 Be a driver 」

自分の人生の、主人公になろう。

自分の行く道を、自分の意志で選ぶ人になろう。

自由に、積極的に、人生を美しいものにしよう。

既存のルールや常識に縛られない人になろう。

自分の行く道は、自分で決めたほうが、楽しいに決まっている。

人生の、ドライバーになろう。

Be a driver。

先生にもらった最後の言葉。

中学校最後の学活の後、教室を出る前に愛おしそうに、机を整え、深々と教室に涙を流しながら、おじぎをしていた女の子の姿に感動でした。

「朝、この教室にきておはようっていう瞬間が一番の幸せだった。そして、1日を終えてクラスを出る時にまた明日と言っていたときが終わるんだな。このクラスにいれて本当に幸せでした。」と言っていた女の子。

クラスメイトの言葉に、涙。

先生の言葉に涙する子どもたち。

とっても良いクラスに恵まれたね。
良き人生を!!

120歳まで健康に生きる道 ~43~ 「食べ物は・・・」

三九郎
1月にする三九郎という行事です。

1月も冷え込む日が続きました。気温がマイナス11度まで下がる日もあり、そんな日は、家の中にある洗濯機が凍ってしまい、ストーブであたためて、溶かして使います。(笑)「冷蔵庫壊れたかな?」って思ってしまうのもこの時期です。身体が常にマイナスの気温(冷凍庫より冷たい)に慣れてしまっているので、冷蔵庫の温度が生ぬるく感じてくるのです。人間の感覚っておもしろいですね。そのような中で、1月は剪定作業を進めてきました。みんな手も足も凍るーー!!と言った感じで、30度近くあるタイからきたウーファーさんは本当に凍えそうになりながら、がんばってくれました。

そして冬こそ健康管理が大切になってきますね。学校でもインフルエンザが流行ったりするので、我が家ではひたすら毎日の食卓メニューに「しょうが・ねぎ」を組み込んで、体温をあげ、免疫力アップをはかっています。今年来たフランス人のウーファーさんのアムザくんは、お母さんがマクロビオティックの先生をしているそうです。

若干22歳の青年なのですが、「食べ物は薬だから」という彼の言葉は、私のココロに不思議な感覚を残してくれています。食べ物は命であり、毎日の自分の命を生かしてくれる大切なもの。本来食べ物とは、そういうものなのでしょうね。昨年12月に中三になる息子と「人生を考える母息子旅」をし、とある10時間あるセミナーに参加し、宿坊に泊めていただいたのですが、その精進料理の中にこんな言葉が書かれていました。

「この食物は、私どもの心身を癒やす良薬と心得ていただきます。」他にも、
「この食物が食前に運ばれるまでには、神佛の加護と幾多の人々の労力によることと思って、感謝致します。」
「私どもの徳業の足らざるに、この食物をいただくことを過分に思います。」 
「食物に向かって、貪る心を起こしません。」
「この食物は、まことの道を行ぜんがためにいただくことを誓います」とも書いてありました。

毎日こんな気持ちで食事ができたら悟りが開けそうです。^^
とりとめのない話になりましたが、みなさま2月もご自愛ください。

<ニュースレター2月号より>

120歳まで健康に生きる道 ~42~ より楽しく、よりパワフルに

2017年ファミリー写真2

2017年、あけましておめでとうございます。本年もおぐらやま農場をよろしくお願い致します。正月が終わって、12月から食べ過ぎが続いたので、自分自身の内臓さんにもおやすみしてもらおうと正月明けに2日間の断食をしました。

今回は、主人も同時期に一緒にやっています。毎日「りんご、人参、しょうが、レモン」を低速ジューサーで搾ってくれているので、一緒にいただいちゃいました。こんな時に自分のところで育てている農産物のありがたさを感じます。りんごも人参も一般の育て方と違い、安心して食べれるので、断食時にもまるごとジュースにできるのが本当に嬉しいし、自分のパワーになるなと感じるのです。

断食をするといかに自分が食べ物に毎日のエネルギーをもらっているのか、体で感じられるのと同時に、普段いかに食べ過ぎているかも認識できます。(と言っても美味しいものは美味しいんですよねー(笑))

美味しいものもいっぱい食べたいし、楽しみたい。なので、
今年は定期的に内臓、体を休めるために、
ちょこちょこと断食をしようと思います。
食べ物の大切さを感じるいい機会にもなりますしね。

それと散歩もしっかりと毎日1時間以上はとることにしました。犬の散歩も兼ねているので、一石二鳥です。ここ最近は、裏山?!まで登るのが、とても気持ちがよく気にいっています。凛とした凍るような寒さの中でも上り坂を歩いていくと、軽く汗ばんできます。頂上から見える景色は安曇野、松本市を一望できるので、そこから自分の住んでいる地域をみるのが大好きなのです。お気に入りの曲をかけながら、上で軽くストレッチ、そして小さな、小さな神社でお参りをして帰ってきます。私にとっては、とても贅沢な1時間です。

筋肉は何もしないと年を1年重ねるごとに1%ずつ落ちていくらしいので、軽い筋トレですが、筋トレもしっかりとやっていきたいと思っています。50代から80代の方たちも一緒にやっているので、いつも刺激をもらっています。何歳になってもそうやって、がんばっている女性たちの中にいられるのは、嬉しいですね。今年もより楽しく、よりパワフルに過ごしていきたいと思っています。

<ニュースレター2017年1月号より>

120歳まで健康に生きる道 ~41~ 2016年に感謝!

2016年11月28日

「人生」といっても、それは1日、1日の積み重ねでしかない。
とは、誰の言葉だったでしょう?今月で今年も終わりとなります。
今年は、どんな1日、1日が積み重ねられたのだろうと考えます。

今日の夕暮れは、とても美しい夕暮れでした。もうほぼ暗くなっている山の稜線の上にエメラルドグリーン色の空、まん丸い輪郭が、しっかりと見えている三日月がぽっかりと浮かんでいました。そこに一番星がきらりと輝いています。思わず中3の息子と一緒に感嘆してしまいました。

夜には15分も空を見上げていれば、流れ星が見えるほどの満天の星空が広がっています。
いつもの年よりもだいぶ暖かいので、しばらく夜空を眺めていられます。

毎日やることがいっぱいで、忙しくなったり、目の前しか見えないこともあるけれど、空を見上げていると、いつでも宇宙の中に自分はいるんだな~~ってしみじみと思ったりします。

「何があっても大丈夫!!」きっとそれは、もっと人生がよくなる兆しだから。

たくさんの人に出逢い、たくさんの人とお話をしたこの1年。
子どもが随分と成長した姿を見続けることができたこの1年。
旦那さまともたくさん、たくさんお話を重ねてきたこの1年。

「ライフワークとは、人生の質を表現する方法だ。君が持っている人間としての喜びと愛を、どんな仕事を通じて表現したいかだ。」

2017年はそんなことをしっかりと考えてやっていきたいなって思っています。一生現役でいたいって思えるぐらいの毎日
を過ごしたいなって思います。今年も1年間ありがとうございました!!来年もぜひよろしくお願い致します。

120歳まで健康に生きる道 40 ベターッと開脚パート2

記事更新が遅くなり、11月のニュースレターの内容ですが、、、

ベターッと開脚パート2です。10月にできた開脚、
今はメンテナンス程度に時々やるだけですが、
おでこまでつかなくても結構いけますね。

いくつになっても体も頭も心も柔軟性をもちたいものです。

_____________________________________

こんにちは、てるちゃんです。いよいよふじりんごの季節になってきました。今日は小学校で子供たちの音楽会の発表があり、見に来ているのですが、子供たちの声に心が洗われるようです。うちの子供たちの通う小学校は全校生徒1000人弱の学校ですので、全校生徒で歌う合唱はそれはそれは大迫力です。

子どもたちの純粋な声が体育館中に響きわたり、こちらの胸にググッと迫ってきます。指揮者をみる子供たちの真剣なまなざし、歌う姿勢、音楽を楽しんでいる様子が全身から伝わってきます。子供たちからエネルギーをもらい、ホクホクの気持ちです。そして、歌をとてもよく歌う学校ですので、うちの子供たちも歌が大好きです。先日静岡のおじいちゃんの70歳のお誕生日に「わたしの子供たちへ(父さんの子守歌)」を家族で合唱しプレゼントしました。家族で合唱もいいものですね。

さてさて、タイトルの通り先月宣言した「ベターッと開脚」ですが、1カ月間やってみました!!
結果は写真の通りです。この体操も珍しかったけど1日10分ぐらいでいいので続けやすかったです。

20170307てる開脚

今回、これを1カ月間続けるために、自分の中で意識したことがありました。一つ目は、家族、ウーファーさんを誘い、一人でやらないこと。おかげさまで励ましあって、子供たちもウーファーさんも柔らかくなりました。二つ目は、このニュースレターの10月号で宣言したこと。宣言するとプチプレッシャーがかかるので、できないと恥ずかしく、続きました。そして3つ目は誕生日の日にFacebookに柔らかくなった姿をアップするぞとその日のことをワクワクと考えていました。これはとてもワクワクでした。何か続けたいときには、いろいろと続けられる仕組みを作っておくといいなと改めて感じました。


参考にしたのは、ベストセラーのこちらの本です。(クリックするとAmazonで見れます)



どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法



よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード