畑が教えてくれたこと 2014年4月 ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

タイトル通りの展開になるとは誰が予想したでしょう。4月6日の夜のことです。その日は午後から私の父親が静岡県袋井市で主催している瞑想教室があり、そのあと畑で使っている「さくら水」というミネラル活性水の工場見学があって、それが終わってからすぐ近くの私の父親の家に上がらせてもらって、食事をしていました。


瞑想教室の進行係をしていたMさんという方も一緒にその場にいていろんな話を聞きながらご飯を頂いていると、「松村君の畑というか土地からメッセージが来ているんだ。りんごの木じゃなくて、土地から来てるようだね」とMさんが言われます。実はこの方、あちらの世界とチャンネルの合う方で、私がMさんにお会いしたのはその日が初めてだったのですが、静岡に住んでいる私の父や弟からは以前からMさんの話は聞いていたので、「そうなんだ、どんなメッセージが来るんだろう」と襟を正しました。


「昨日からメッセージがあると言ってて、なかなか言ってくれなかったんだけど、今日になって語ってくれました。まず、ここが地球の一部であること、地球の中の、日本の中の、長野県の、安曇野の、地球につながった畑であること。ここは地球であることをまず認識してください。」


「ミネラル水を使って畑を良くしようとしてくれていることに感謝します。そしてこれを使ったから大丈夫とそれで終わらせないで下さい。土地にも作物にも意識があります。土や作物にもっと話しかけて下さい。そうすれば対話ができます。」


「そして、農作物を食べた人の体に良い作物を栽培するのは当たり前のことと考えてください。その次があります。人間の魂、霊体に良い影響が与えられる作物が生まれ、それを食べてもらうことが大切なことなのです。」


「作物たちは自分を食べてもらって喜んでいます。形がなくなること、りんごがりんごでなくなることは悲しいことではないのです。自分の体が人間の体に入ってその人の波動・エネルギーになっていくことが作物の喜びなのです。」


と、概ねの内容はそのようなことでした。Mさんのお話を録音していたわけではないので、私なりの聞き方が入ってしまっている部分もあるかと思いますが、まさか「畑が教えてくれたこと」が、ここで言葉として出てくるなんて予想もしていなかった訳ですから驚きました。信じられない人も多いかもしれませんし、こんなこと本気で受け取ってるなんてどうかしてると思われる方もいるでしょう。しかし私としては真摯に受け止めざるを得ません。このメッセージが受け取れる時期が来たとも言えると思います。今まで一度もなかったことですから。まずやることははっきりしています。「土と作物に話しかけること」。今年は何かが大きく変わっていくような気がしています。

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード