畑が教えてくれたこと 2014年5月 ニュースレターより

畑がおしえてくれたこと2

< りんごの花、満開 >

今年は、桃・梨・りんごと続く花の時期が、比較的順調に進んでくれました。さすがに昨年、「4日連続の氷点下の朝」を体験した翌年ですから、当事者としてはピリピリした感情もありながらの毎日でしたが、りんごの中心花がほぼ受粉できた今日あたりまでくると、さすがに緊張も解けて、ホッと安堵の気持ちです。本当によかった。


花たちも気持ちよさそうに日差しを受けて、花びらを広げ、飛び交うハチたちを受け入れています。気温が上がるほどミツバチたちの数が増えて、日中は羽音が鳴りやみません。順調に行ってるかなと思える春はこの畑の躍動感をじっくり感じられる心の余裕がある自分に気付きます。昨年はそんな余裕がなかった。霜に当たって傷んだ花に少しでも多く受粉してもらおうと、自分が人工授粉に飛び回っていましたから。


今日は穂高のりんご畑で花摘みをしていました。車で15分ほどかかるここまでくると三郷小倉のあたりで見る風景とはずいぶん違う景色が広がります。りんご畑から東を向いて北アルプスを仰ぐと、正面やや北寄りに有明山(ありあけやま)がバランスのとれた山容を見せ、別名有明富士と呼ばれる理由がよくわかります。正面やや南寄りには蝶ヶ岳(ちょうがたけ)。5月下旬ごろになれば白い蝶・黒い蝶の雪形がもっとはっきりわかるのだけれど、まだ残雪が多く残っているのでまだはっきりしません。僕たちの住んでいる場所からは前山に隠れて全く見ることができない山なので、ちょっと車で走るだけでこれだけ風景がかわるのが楽しいです。安曇野で暮らし始めて15年目になるのだけれど、今年は北アルプスの登山に行くぞと意気込んでいます。(上高地の散策ぐらいじゃ登山とは言えませんからね)


この畑は田んぼが広がる田園地帯に一つだけポツンと作られたりんご畑なので、はしごに上って仕事をしていると、ゴールデンウィークに入ってあちこち水が入り始めた田んぼが見えます。今が真っ盛りの田んぼの代掻きや田植え作業をしている人たちの姿が見え、トラクターのエンジン音が響いてきます。オーストラリアからウーフに来ているマイクが、田んぼに入った水に映る山をみて、「アキオサン、カガミミタイ!」と言いました。「マイク、水鏡(みずかがみ)っていうんだよ。特に安曇野の水鏡は残雪の山がきれいに見えて有名なんだよ。今の季節だけしか見られないから、よく見ておきなよ。」と彼に言いました。


昨日は仙台に住んでいる年間コースのお客様が、わざわざ農場を尋ねてくれて、りんご畑の様子を見学に来てくれました。あいにくの雨で、ゆっくりと時間が取れなかったのですが、それでも家の隣にあるりんご園を見てもらいお話することが出来ました。やっぱり顔を合わせてお話できるお客様がいてくれるのが嬉しいです。大勢の皆様に秋映りんごオーナーさんの会員になっていただいて、収穫日にお会いできることを楽しみにしています。

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード