スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭素循環の行く末。秋の研究会を通して。(後編) < おぐらやま農場だより その240 2015・11・30 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 
 信州安曇野から 幸せの風をお届けする
         お百姓発のメールマガジン 


 おぐらやま農場だより その240 2015・11・30 

  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 最新農産物情報 >

*家使い用りんごのお楽しみセットはいかがですか。
家使い価格(10キロ4200円、5キロ2300円)で、りんご秋
映・シナノスイート・シナノゴールド・王林・梨南水など色々入った
お楽しみセットはいかがですか。秋映やシナノスイートは収穫して2
か月程度たちましたが、なんとまだ美味しく食べられます。しかも味
が更に深くなり美味しくなっている?? そう思うのは私だけでしょ
うか。


たんじゅん(炭素循環)の微生物たちの作り出す発酵養分で成長して
いる農作物が、これまでのそれと根本的に違う何かを僕はここからひ
しひしと感じ取っています。 「新鮮な美味しさ」は当たり前。そこ
から追熟されますます美味しくなるりんごたち。嘘かホントか、お試
しあれ。
なくなり次第終了ですので、ご希望の方はお早目にこのメールへ返信
でご注文ください。


---------------------


*シナノ3兄弟(秋映・シナノスイート・シナノゴールド)の家
使い用も美味しくお届けできます。 
http://www.ogurayamashop.com/category/44/


*「秋映(あきばえ)」家使い用が発送できます。味
の濃さと赤黒いと言っても良いぐらいの皮色も特徴あるり
んご。「シナノスイート」家使いもあります。今年最後です。
http://www.ogurayamashop.com/category/12/


*シナノゴールドは味は爽やかな酸味系の引き締まった美味しさ。
りんご好きの方が喜びます。そして果肉の固さでは天下一品。保
存性もいいので冷蔵庫などで上手に保管すれば来年3月頃まで美
味しく食べられます。
http://www.ogurayamashop.com/category/43/


*「ふじりんご」は御歳暮などの贈り物で使っていただける方も、
自家用で使っていただく方も、どうぞお早目にご予約下さい。今
年は「ふじ&シナノゴールド」の色違いセットでりんご箱に詰める
バージョンもありだと思いますので、気軽にご用命下さい。
http://www.ogurayamashop.com/category/10/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 炭素循環の行く末。秋の研究会を通して。(後編) >

(前編・安曇野で開催したたんじゅん交流研究会の様子。その続き
です)

穂高で野菜をつくっている松澤さんの畑はすでに良い循環が廻り始
めているように見えます。近くにキノコ屋さんがあるので十分な廃
菌床をこれまで使ってきましたが、これまではいくらかミミズが出
たりして、発酵と腐敗のギリギリのあたりのように僕には見えてい
たのですが、今年から炭素資材としての廃菌床を入れなくしてから、
さらに野菜の出来が安定し美味しくなっているのです。


おぐらやま農場の果樹園では、これまで5シーズンやり続けてきた
無肥料で炭素資材の補給、そして2年前に通路に掘って作った深さ
80センチの溝のある桃畑・りんご畑の様子を見てもらいました。
殺虫剤・殺菌剤などを当地標準の3割以下の減農薬栽培でも、今年
は一層健全な葉が茂り、収穫間近のシナノスイートが大きく玉伸び
しているところをみんなに見てもらうことが出来ました。


そしてそれと対比する意味合いで、今年の春から私達が世話をする
ことになり、摘果・草刈などの管理作業や防除など同じように手を
かけてきた畑も見てもらいました。この畑は9月初めごろから褐斑
病(かっぱんびょう)の症状がいくらか出てしまい、健全な葉が茂
っているとは言えない状況になっていました。おそらくはお盆後か
ら9月始めまで続いた信州ではめったにない長雨の影響を受けて病
気になってしまったのかと見ていました。


その場に参加していた石川県の果樹試験場で技師をやっている若林
さんが、「これはきっと長雨で水が土にたくさん入ってしまったと
きに根の末端とかが窒息してしまったかな。」と言うのです。「水
没して根が弱ったり部分的に死んでしまったりすると、それに合わ
せてバランスを取るように葉の方も病斑を作って働かない部分を作
る。


だけども長雨の水がどれだけ降ってきてもみんな吸い込んでしまう
ぐらい土が団粒化して耕土が深くなっているか、水の逃げ道がしっ
かりできていれば、根が傷むことはないから大丈夫だ」と。たんじ
ゅん転換5年の畑ではその環境がある程度出来ているから、同じ管
理でも立派にりんごが実り、葉は頑健に展葉してくれていたのです。


褐斑病の解決法としてあってるか間違っているかはともかく、こん
なことをいう人がいるんだと思いました。人間の頭で考えることが
基準だと「病原菌を殺菌するための農薬はこれだ」となってしまう
しそれで話が終わってしまって普通です。ところがりんごの樹を基
準に見ていくと、全然違う解決法が出てくる。これが面白い所で、
これこそが百姓がやるべき本当の仕事なのだと思うのです。


10月21日の若林さんが主催した石川でのたんじゅん研究会に、
今度は私が車を走らせて参加させてもらいました。高く盛り上げた
畝を作り、排水路を備えたイチジク畑では、無肥料無農薬栽培で立
派な実がついていました。これぞ高級マンションです。加賀平野の
水田地帯ですから、地下水位も高く、年間降水量が2600㎜を超える
場所。普通に果樹を植えて育てるにはなかなか大変な場所だと見え
るのですが、やり方次第ではここまでできる。


ちなみに長野県の年間降水量平均は900㎜台。加賀平野の3分の1
近い値なのです。畑に入って何を見るか、何を感じるか。果物栽培
好適地の信州安曇野で、どんなりんごたちのお世話ができるでしょ
うか。おぐらやま農場の果樹園が進化を発揮するのはまだまだこれ
から。どこまでいけるのか楽しみな秋になりました。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ふじりんご狩り会員の皆さんを家の横のりんご園で受入させていた
だきました。本作り仕立ての大木にびっしりとなっている真っ赤な
ふじりんごの中で、美味しそうなりんごを丁寧に選びながら収穫体
験と、もぎたてのりんごの味を楽しんでいかれました。来年もぜひ
大勢のりんご狩り会員様に来園いただけるよう、一年かけて丁寧に
手入れをしていきたいと思います。


おぐらやま農場のりんご畑は葉の色が鮮やかに黄色くなります。い
つまでも葉の緑が抜けないでいるりんごの樹が多いのは、おそらく
窒素肥料がいつまでも効き続けているのだと思われますが、爽やか
で透き通るようなりんごの美味しさが出てくるのは、黄葉鮮やかに
色づく畑のりんごではないでしょうか。チッソ肥料を使わず、炭素
資材で育っていく畑では見事に葉の色の変化を見ることができます。


ふじのりんご狩りの頃に畑に来てもらって、実際にりんごを食べて
貰えれば、そんなこともまさに実感として感じていただけるのでは
ないでしょうか。来年はさらに大勢の皆さんの来園をお待ちしてい
ます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


いよいよ今年もあと1か月となりましたね。暖かい秋だった安曇野
もここへ来てググッと気温が下がり、すっかり冬の始まりモードに
突入です。西山の上の方に見えていた雪たちも里に下りてきました。


ことしもりんごの作柄は順調です。皆様から注文いただけましたら
それほどお待たせせずに発送できるようになってきました。御歳暮
などもこれからが本番です。皆様の注文、お待ちしております。

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。