FC2ブログ

土壁の力

<土壁のちから>

昨年建設した農業倉庫のりんご保管室、土壁づくりのこの部屋の性能は私の予想をはるかに超える素晴らしい機能を持っておりました。設計段階で、「11月下旬に収穫したりんごを冬季に長期保管するために凍結しない部屋を作りたい」ということであちこち相談した結果、「土蔵(どぞう)はいいぞ」という話になり、壁の中心に古タタミ、その外側と内側とに「土とわらを水で練った泥」を厚く塗って20センチ以上の壁厚を確保してあります。

保管庫1上から

壁塗り作業に手がかかるため、昨年5月に声をかけたところ、地元友人や各地からも知り合いが駆け付けてくれ、のべ50人ぐらいが関わって出来上がった宝ものです。そしていざその実力を確かめる最初の冬だったわけですが、見事に期待に応えてくれました。

保管庫2温度計

室内は温度変化がほとんどなく、3~5℃をずっと保持できる能力があります。湿度もほぼ変わらず60%前後で推移しています。ほとんど電力なしで冷蔵庫と同じ機能があるのです! 1月下旬は寒い日が続き最高気温が氷点下ということもありましたがそんな時も影響が少ないのです。中は凍りません。朝など外はマイナス10度以下ですが平気です。さすがに何日かそんな日が続くと毎日戸を開け閉めしているので3℃以下になりそうな雰囲気も出てきます。そういうときは隣の部屋の荷造り室で薪ストーブを焚いて、戸口にファンを置き暖かい空気を少し入れてやります。

反対に2月中旬頃は暖かい日が続き、室温が5℃より上がりそうになると、夜間の冷気を取り込むため戸をあけてやはり戸口にファンを置きまわしてやります。 しかしこの冬は上記の2回だけファンで温度調整をしただけで、あとはまったく手がかからなかったのです。

保管庫3りんごコンテナ

壁が土ですので湿度調整にもすぐれており、結露も全くありません。カビなど皆無です。青果物の保管にぴったりの条件なんだと話には聞いておりましたが、その実力を目の当たりにいたしました。凍結にはずいぶん泣かされてきましたので本当にこのありがたさが身に沁みます。

冬季は冬のはじめに取り込んでおいたダイコンやネギ、白菜、カボチャなどの野菜をいかに凍らせずに保存するかでわれわれの食卓の野菜の味が全然違ってくるのですから、それはもう今年は本当においしい野菜がふんだんに食べられたのです。玉ねぎだってキャベツだって本当においしい。ああ、カチカチに凍った大根や白菜を入れて作った味噌汁が懐かしくもあり・・。今のこの幸せが本当にありがたいのです。

保管庫4玉ねぎ

氷点下8度を超えると凍結して破裂したトマトジュースも今年からは大丈夫です。何度も書いてしまいますが、本当にうれしい。
保管庫6ジュース

というわけで、りんごの発送も2月末までの予定でしたが、3月15日頃まで充分いけそうですので発送期間を延長いたします。まだまだ元気なふじりんごが保管庫に約60コンテナほど出番を待っておりますので、どうぞ食べてやってください。注文をお待ちしております。

保管庫5外壁

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード