2月18日 農業の担い手

確定申告に向けて毎日パソコンに向かいっぱなしのてるちゃんです。目のケアをしないとね(ってブログ書いてるし。。)



昨日のブログにアップした農場のメルマガ記事「りんごの担い手」

どこからともなく聞こえてくるりんごの木をきるチェーンソーの音を聞きながら、
毎年冬になると思うことがあります。


それは、このりんごの畑がいっぱいの三郷の地、そして田園風景の広がる安曇野の10年後、20年後はどうなっているのだろうっていうこと。

夏は日々の作業でめいいっぱいですが、この冬の時期は今年の作付やらどんな経営をしていくやらいろいろと考えます。それはこのあたりの農家さんなら、そういう時期にあたると思うのですが、メルマガにも暁生さんが書いたように高齢になった方にとっては農業を今年も続けるかやめるかの選択の時期にもなるようです。

今年は2人の方から「畑をやってもらえないか?」という声をかけていただきました。

2011年2月14日りんご畑で
昨年から借りている畑でハイ、ポーズ!保育園帰りです。


10年前私たちが農業をはじめよう!って決めて行った新規就農の説明会かなんかの席で40代ぐらいの方が言っていたセリフが今でも耳に残っています。

「いいかい。この人たちはこの安曇野に来て農業をやってくれようっていってくれている金の卵だよ。そんな人たちはしっかり周りで支えてあげなきゃいけない。これからのこの安曇野の10年後、20年後を想像してごらんよ。今70・80歳の人がどこまで農業続けられると思う?そうしたらその時この地はどうなる?」


確か行政の方に向かっていっていた言葉だと思います。
その当時、なんのことだか状況のわからないわたしは、「金の卵」なんていい響き♪とノーテンキにその言葉を聞いていました。


そして、冬になるとその言葉の意味がわかるようになってきました。


私たちが今借りているりんごの畑もみんな高齢の方が「もうできないから」といって任せてくれた畑です。


今日たまたま目にした記事。生活クラブで出版している「生活と自治」の一部にこんな記事がありました。


山下惣一さんという方のインタビュー記事「若者よ!半農半Xでいこう!」

2011年2月18日半農半Xの記事
日本が100人の村だったら・・・


あれ、どこかで見たような言葉・・・・

その記事の中にこんなことが書いてありました。

日本が100人の村だったら、3人の村人が残り97人分の食料を生産していることになる。うち2人は70代と60代、もう一人も40代後半になった。この現状を変えていくことには、農業に参入する若い世代が増えることが求められるが・・・・・・

農業地域に住んでいるわたしにとって、これは実感のある言葉でした。


話が長くなりました。


えーーー、ここで私が言いたいのはとりあえず、半農半Xのことでも、その記事のことでもないんです。


新しい畑を増やそうかどうしようか考えるときにいくつか考えます。


「そこを自分たちがやらないと誰がやるんだろう?荒れ地になるか宅地になるかしちゃうのかな?」
「自分たちがやらせてもらっても、日々のお世話・作業はまわるのだろうか?」
「育てた農産物を全部売ることはできるのだろうか?」

考えていると全部なんとかなる気がしてきます。


そして、自分たちが冬になり普段は自覚できない、自分たちが農業をやっている価値を改めて確認するとともに、(自分のやっている仕事に価値を見いだせるのは単純にうれしいです♪)


自分たちは農産物を育てている立場として、買ってくれているみなさんにも、りんごをただただ「おいしいな~」って食べてもらっているその行為に、そのことそのものに、この安曇野の地を守ってくれているんだっていう価値があることをお伝えしたくって。。。


そうなんです。みなさまがうちの農産物や仲間の農産物を購買してくれているおかげで私たちもこうやって畑をお年寄りの方から継ぐことができるのです。


ありがたいです!



そんなことをお伝えしたくって。
ありがとうございます。



価値を知って食べるとまた食べ物の味も変わりますよね~♪



そんなわたしたちからもお客様に一歩踏み込んだ提案でもある年間コース会員さんの募集を今年も受け付けし始めました。(ちゃっかり、宣伝もしちゃった♪)今年は畑も増えて農産物も充実しそうなので、募集する会員数を増やす予定です。

お知り合いの方にもお知らせいただけると嬉しいです。


この中にある「農場主からの一言」にもぜひ目を通していただければと思います。暁生さんがかっこよく写ってますよ。


長々とお読みくださりありがとうございます!!もちろん半農半Xもいいですよ♪

(テルミ)

P.S. 今日年間コースのお客様からこんなメッセージをいただきました。

『毎回とても楽しみでしたし、とても楽しめました。生産者の方から、年間を通して農産物を届けてもらって、しかもその生産の環境(自然ばかりでなくご家族や考え方まで)にふれることができるというのがこんなにも味わい深いものだということを知りました。+αのオマケもなぜだか温かかったです。なんでなのでしょうね!?』


まさにこのブログを書いたあとでのファックスでしたが、ほんと嬉しいです。このブログも農産物を食べていただくときの「りんごが10倍おいしくなる」一介となると嬉しいです♪


【今日の学び】
いつもはノーテンキに、たまにはまじめに行こう!!

【魔法の質問】
息抜きしてますか?


おひなさまの贈り物に

年間コース会員の募集をはじめました!!

ありがとうございます!まるかじり用小玉りんご販売中です。

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

めずらしいジャムのセットが人気です。人参りんごジャムもできました!!

おぐらやま農場の農産物はこちらから












コメントの投稿

Secret

るみぽんへ

るみぽん♪

そうそう、ちょうどりんごの収穫も終わって新しい年度に向かう冬はいろいろと振り返ってり、新しい年を考えるいい機会なんだよね。

クロスカントリー私もやったことないよ!!おもしろそうだね。

ダニポンとやったの?ポートランドってほんと気候が安曇野と似ている感じ。わたしももう少し子供たちが大きくなったらやってみようかな。

うん、ブログ書いてみてね♪ほんとなるから。

読書もおススメ!!

まったね~~ありがとう♪  てるちゃん

息抜き

てるちゃん、いろいろいろんな思いがめぐってる。そうか、冬はそんな季節なのか。
そうかもね。昔から冬はお百姓さんにとっても皆にとっても考える季節だったんだろうね。
それって、冬は外に出にくいから当たり前のようだけど、今回の輝ちゃんのブログで「そうか!」と気付かされたよ。

この前久しぶりにすんごくワクワクしたんだ。心躍った、踊った。
それは高校時代以来のスキ~!
クロスカントリースキーは初めて。

ここは山に登ると雪が深いんだ。
高い木の半分の高さまで積もった雪の中。スキーで雪森散策だ~。
太陽も出て、とてもきれいだったぁ!疲れも忘れて一日中スイスイ滑ったよ。
マラソンだったらすぐギブアップしそうだけど、これは楽しくて仕方なかった!
久しぶりのスキーでも体って覚えてるもんだね。スイスイスイ~だったよ。
息抜きというよりワクワク・リフレッシュしたお話だね。

私も輝ちゃんの助言を受けて、少しずつブログを書くつもりで、または書けるように物事を違った角度で見てみるね。ありがと!
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード