スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふーばぁの田舎暮らしだより NO2

ふーばぁの田舎暮らしたより

2010年7月29日 石上扶佐子

安曇野の初夏は、いちごの季節でした。菜園の路地いちご、庭の赤ラズベリー、黄ラズベリー、ブルーベリーが順次実をつけ、いちご摘みは朝夕の日課。自生の木(黄)いちごを追って室山の森の小径を登り思わぬ通路を見つけたことも。いちごではないけれど自生の桑も降るが如く実を付け、手を触れればパラパラと落ちてくるのを手のひらで受けとめるようにして摘みました。どの場面にも初夏の明るい緑があふれ、孫たちがいて、いちご摘みの季節は美しきかなです。

すでに夏到来の今朝、黒沢川沿いの森を巡る道を、ベビーカーを押して散歩していると、真赤な実がたわわに実る自生の木いちごに出会いました。孫もいさんでベビーカーを降り、二人でせっせと木いちごを摘み、口にほうばり、あとはベビーカーのポケットへ。

森かげを吹き抜ける朝の風は涼しくて、昨夜の暑さで寝不足だった1歳の孫は、ひとしきり食べて満足すると自らベビーカーに乗り込み、すやすや眠ってしまいました。
 しめた!ばぁの時間です。森と道の境に群生する木いちごの赤い実を一心不乱に摘みました。足も腰も痛くなったけど、ヨーグルトに混ぜる深紅の木いちごジャムを思い浮かべると、ついつい欲ばりになってー。
あらあら、時刻を知らせるサイレンが鳴っています。7時のサイレンは今しがた聞いたばかり、では何時なの?。次のサイレンは8時半だけれど、まさかそんなはずはない。?。?。?。しかし、万が一ということもあろうかと、とりあえず急ぎ家に戻ってみると、保育園に行く時刻の8時半をとうにすぎていました。時間の速度は、場所により違っているようです。

一昨日は穂高の碌山美術館付属の研成ホールで、もうすぐ99歳の日野原重明先生と、『ガン哲学外来』の樋野興夫(ひのおきお)先生のお話を聞いてきました。「命というのは時間のことですよ。時間を共にすることは、命を共にすること」。日野原先生の言葉です。毎夏穂高に来て下さる日野原先生は今年もお元気で美しく、お話の途中で讃美歌を朗々と歌われました。
 樋野先生もすごい医者です。お話があまりに面白かったので、帰宅後アマゾン中古書店で御著書を数点注文しました。やることが目白押しの中、本なんか読んでいる場合じゃないかも、と思いつつ。

研成ホールの入口に机を並べて店を出し、ジュースとジャムとてるちゃんが用意してくれた野菜を販売しました。見本の桃から甘い香りが漂い「これ下さい」という方が数人おられました。暁生と残り荷を小型トラックに積み込み、遅い昼食をとりに穂高のファミレスへ。めったにない(初めてかも?)息子と二人の外食で、食べたカレーの味は格別においしいものでありました。

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。