ふーばぁの田舎暮らしだより No11

ふーばぁの田舎暮らしたより

No.11 2011.5.1  石上扶佐子

(3月号のお話の続きです。バックナンバーはブログ「おぐらやま農場ハッピーライフ」の「ふーばぁの田舎暮らしだよりをご覧になってください。」



 保育園が休みの土日、おやつの時間になると彼はモーレツにホットケーキが食べたくなるらしい。ホットケーキに関連のある台所のあちこちを指さして走り回りながら、ホットケーキ、ホットケーキ、たまご、フライパン、アブラ!と叫ぶ。それでは作りましょうか、という段になると、彼の行動は素早い。まず床に腰を降ろし、ボールの縁に卵をコツコツと当てて殻を割り、中身を入れる。そのボールを片手に抱え、泡だて器を握りしめ卵を撹混ぜる。私がボールに順次、ミルク、小麦粉、砂糖を加えるとさらに懸命に混ぜる。私がガス台にフライパンをのせて火をつけると、彼はすかさずガス台の下の扉を開けて、アブラをどうぞ、と言い、大きすぎて持てない油の缶を指し示すのだ。

2011年5月号1
僕が卵むく~~!

 次に彼は踏み台を取りに走り、油の缶を出したガス台の下の扉を閉め、踏み台をその前に置く。台に上がりフライパンを覗き込み、ホットケーキが焼けるまでの一部始終を見守る。私はまず種を流し入れ、焼き加減を確かめてひっくり返し、しばらく待つのだが、待ち時間が始まると彼は素早く踏み台を降り、食器棚へ走り、近くにあった椅子によじ登り皿を一枚引っ張り出す。そしてホットケーキのそばに走って戻ってくる。焼きあがった一枚を皿にのせてやると、一目散にテーブルへ。おいしいね、が連発する彼の至福の時間が始まるのだ。まだ熱いから、気をつけてね。
 
 今日は保育園の参観日だった。ママは年長組の和楽の参観や役員の仕事で忙しかったので、ばぁの私が叶和に付き合った。園の部屋の入り、持ち物を一通り分類して片付けると、彼は私の手をグイグイ引いておもちゃの箱の前に案内した。彼が引っ張り出した大きな箱の中は出来上がった料理のミニチュアが詰まっていた。その箱の中を必死にかき回して彼が探し出したのは目玉焼きで、それを小さな手のひらに載せ、はいどうぞ、と言って私にくれた。目玉焼きは彼の大好物で、卵かけご飯の前は、いつも目玉焼きを作っていたのだ。家ではまだ一人で作れない目玉焼きを、保育園ではばぁにご馳走したかったのだろうか。ひとしきりニコニコした後で、彼は再び箱の中を探り、デコレーションケーキを取り出してハッピバースディの歌を歌った。次にソフトクリームを手にペロリと食べる真似をし、ばぁばもどうぞ、と言った。最後の二つは彼の憧れの食物なのだろう。食べる力は生きる力だ。やがて彼は美味しい野菜や米を食べるために、自ら畑を耕し始めることだろう。世界を救うという半農半Xという生き方を、小さな彼にも期待したい。

2011年5月号2
家の前の畑で。


年間コース会員の募集をはじめました!!

「秋映りんごのオーナー会員」も募集中。NHK連続ドラマ「おひさま」の舞台安曇野でのりんご収穫!

人気ナンバー1の人参りんごジュースです

飲んだ方の第一声はほとんどが、「こんなの飲んだことない!」です

おぐらやま農場の農産物はこちらから

5月・6月りんごの摘果援農者募集中!!


コメントの投稿

Secret

caznさま

caznさま
いま、このブログを2つさかのぼって、確かめたところ、私が先に3月号(ふーばぁ便りの9号)にホットケーキの卵を割る写真が載っています、と書いたのは間違いでした。宅配でお届けする農場の生産物の箱に同封するニュースレターには載っているのですが、このブログにアップする時に外れたようです。ごめんなさい。
ついでに初めまで戻って確認したところ、コメントを書いて下さったのは、cazn様が第一号でした。ほんとに、うれしい! ありがとう!

聡子さま

聡子さま
コメントありがとうございます。
聡子さまのコメントを読んで、あなたがどんなに素敵なお母さんだったかが、伺い知れます。子供を愛し、料理を愛していたのですね。愛した時間が生きた時間、と思うことがありますが、聡子さんはその時、愛して、生きていたのでしょう。そして今も、人を愛し調理を愛して生きているのがよく解って、暖かな気持ちに包まれます。33人の結婚式披露宴の料理の総段取りなんてすごい仕事! 今頃は疲れが出ているのでは? ご自愛ください。お会いできる日を楽しみにしています。

No title

caznさま
コメントありがとうございます。
私はブログ初心者で、ニュースレターの編集長の輝ちゃんが月に一度、このブログにおぐらやま農場のニュースレターの私の拙文をアップしてくれます。コメントをいただいたのに、返信の仕方がわからず、まごまごしている間に日が経ってしましました。ごめんなさい。
安曇野に来て孫と暮らせる日々が与えられて、本当に感謝です。ここでの暮らしを大切にしたいと思っています。
この号は3月号用に書いたものですが、長すぎたので、二度に分け、5月号に載せてもらったもので、孫がホットケーキを作るために卵を割っている写真は、3月号に載っています。この号の写真は別の日に、おでんのためにゆで卵をむいているところです。まだ2歳ですが、いろいろな手伝いが出来て驚いています。
拙い文を読んで下さって本当にありがとうございます。

No title

お久しぶりです。
いつも、お顔を見に、おしゃべりを楽しみに、お邪魔した、したいと思いながら、日々が過ぎております。

お便り読んでいて、じ~~~んときて、おメメがウルウルです。
なんでかなァ~
子育てしていたあの頃が蘇るからかな?
「しろくまちゃんのほっとけーき」という絵本をよく読んで聞かせていました。
息子も大好きで、よくホットケーキを焼いていました。
ポッタ~ン ドロドロ プツプツ やけかたなぁ ま~だまだ…
息子の柔らかな感触、可愛い笑顔…いろんな事が蘇ります。

涙があふれてきました。
良いお母さんじゃなかったから、可哀想なことも多々あって、本当にごめんなさいです。
良くここまで育ってくれたと、息子に感謝です。

昨日、我が家で結婚式と披露宴をしました。
30人のお客様と新郎新婦、うちの代表とで33人の披露宴。
調理総段取りを初めて任され、訳解らずに右往左往する中、各地の実験地より応援に駆けつけてくれたスタッフと相棒ハルミオバチャマと豊里から高瀬シェフが来てくれて手助けしてくれました。
お陰さまで、皆様に喜んでいただけるものが出来、感謝感謝です。
大きなプレッシャーの中、心和むアイちゃんが来てくれて、助けられたのも大きかったですね。
ヒトって、いいですね。
今回、飯田の皆も、心寄せて作ろうとやってきて、皆夫々の持ち味が発揮され、ひとつになってつくって来れたと思います。
同じ目標を持って作ることで、ひとつになろうとするんだと思いました。
まだまだですが、それぞれ成長したと思います。
近々お顔を見に行きますね。

ふさこさま

本文楽しく読ませていただきました。

すばらしい世界ですね。

写真のとわくんはホットケーキのために卵を割ってる所ではなく、ゆでたまごの殻をむいているところでしょうか?

まだちいさな命の可能性

なんてすばらしいのでしょう。

もちろん 長年生きてきて言葉の重みと落ち着きやさしさを感じさせる文章もまた、かくべつなりやですね。
よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード