畑が教えてくれたこと 2011年9月号

畑がおしえてくれたこと2

<おぐらやま農場ニュースレター9月号より>


<長雨に「果実の腐敗」を考える>

このひと月(8月)はほぼ毎日、桃の収穫作業をしていました。7月20日頃から8月を通して、そして9月10日頃まではずっと桃の発送が出来るようにメインの品種を4つほど決めて植樹し、順々にやってくる収穫適期を逃さないようにもぎ取っていきます。10年前に農場を始めた時に植樹した桃も10年経てば立派な樹に成長し、見事な桃の実を成らせてくれています。

2011年9月畑


そんな収穫作業の毎日の中で、一番悔しい場面が、灰星病や腐敗病などと言われる病気の発生です。灰星病も腐敗病(正しくはホモプシス腐敗病)も共に熟果の一部分が茶色く傷み始め、商品価値を失ってしまう被害を生じます。特に今年は、8月中旬から後半にかけての長雨で、高温多湿の病原菌が繁殖しやすい環境がそろってしまい、「あかつき」の後半と「なつっこ」の収穫時は高い割合で発病を見てしまいました。


この病気が出ることが僕としては実に悔しい。なぜなら「発酵か」「腐敗か」と、土の状態を観察しながら土の発酵を進めるための作業を一年通していくつもやってきているのに、悪条件が重なるといざ出来てくる果実がまだ「腐敗病」にやられてしまう段階なのだ・・。一般的にはそれに対応する殺菌剤を2~3週間に一度は散布して予防するのだが(おぐらやま農場では1カ月に1度ぐらい)、雨がひたすらに降り続く環境の悪い条件が長引くと、殺菌剤の効果も限定的となる。仕方がないから10日に一度、それでもだめなら1週間に一度と、どんどんと散布間隔を短くして防除を徹底せよと、農協の指導なども聞こえてくる。農薬散布については、そこまで徹底出来ない自分の甘さを思う。結果として収穫量が下がってしまえば、何のための農業者・生産者なのかと言わざるを得ないのだけれど。おぐらやま農場では程度の軽いものは傷んだ部分を取り除いてジュース・ジャムの加工原料としています。

2011年9月号畑1


「発酵」も「腐敗」も、微生物の有機物分解作用という点では同じことで、どちらがいいとか悪いとかという問題でもないのかもしれない。が、実った作物の状態が、その作物の育った土壌の状態を表すのは当然のことで、果実が腐敗してしまう要素があるのなら土壌条件にまだ腐敗要素が残っているということだと言わざるを得ない。厳然たる事実を謙虚に受け止めるしかない。本格的に<炭素循環>の原理に沿ってやっていこうとスタートしてまだ2年目ではあるのだけれど、まだうまくいかないこのことをやはり「悔しいな」と思うのです。



しっかり熟度が入ってからの収穫を心がけていくほど、果実硬度は下がり、高糖度・低酸度に傾き、「果実が傷みやすい」状況になる。これは自然界の流れ。この夏に何度も松本からわざわざ桃を買いに来てくれる友人が、「この前たくさん持って帰った桃がすぐに食べきれなかったんで、だんだん熟度が進んじゃって、ああ、もうヤバイなって食べたら、その味がもうマジでヤバイ。」というコメントをくれた。これは、もちろん「ヤバいくらいにうまい」という意味合いなんだけれど、その感覚はとてもよくわかる。もうトロけて来てしまう直前が一番美味しい。実は畑の収穫でも時々そのような果実に出くわす。普通はそこまで行くと落果してしまいすぐに傷み始めるのだが、時々何のはずみかで樹にくっついたままの取り遅れで、超完熟でとろけ始めているモモ・・・。持って帰ろうとコンテナに入れてもすぐにつぶれてしまいそうな桃は、「取り遅れてごめん!」とすかさずその場でガブリと食べるに限る。そんなシアワセは収穫作業をしている私だけの特権かもしれません。みなさん、自分1人でヤバイ事をしていてゴメンナサイ。

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード