エンドファイトフェスティバル  < おぐらやま農場だより その158  2011・10・20 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その158  2011・10・20(不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@実りの秋。農場は収穫した農産物でいっぱいですよ。
  農場ブログはこちら ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


< 最新農産物情報 >
*<りんご>・・「秋映」と「シナノスイート」を発送しています。まだ十分在庫がありますので皆さまのご注文をお待ちしています。「家使い用」のみ注文が重なっておりますのでお届けまで少し時間をいただく場合があります。大玉・中玉サイズは即日発送が可能です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/246425/list.html
*「ふじりんご」の予約受付も始まっています。収穫は11月15日頃から、発送は11月20日頃からの予定です。
*今年は「王林りんご」の収穫量が限られていますので、年間コース会員のみなさんへの発送のみとなる予定です。もし余裕があった場合のみメールマガジンにて皆さんにお知らせいたします。ご承知下さいませ。秋映は11月上旬まで発送可です。

*<桃ジュース>・・100%ジュースにしてから、多くの皆さまに絶賛のお言葉をいただいております。ぜひお試しください。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/JP-3.html
*<トマトジュース> 今夏収穫のトマトを100%ジュースにしてあります。
*<人参りんごジュース> 9月16日製造分があっと言う間に売り切れとなってしまいました。10月末の製造予定です。
*<りんごジュース>こちらも売り切れ中。製造は10月末の予定です。

*人参収穫をしています。昨年大好評でした「アロマレッド」を今年も作付しています。価格の安いジュース用人参もあります。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/745752/list.html

*無農薬栽培で育てた「にんにく」、「玉ねぎ」の発送を行っています。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/703296/705217/list.html

*<代引サービス開始のお知らせ>  農場からの農産物の発送について、「代金引換」での配達が可能となりましたのでお知らせします。クロネコヤマトのコレクト宅急便というサービスを利用して、荷物を受け取る時に農産物代金の支払いができるというものです。但し代引手数料
がかかります。農産物代金+送料+代引手数料の合計額が荷物を受け取る時に支払いしていただく金額です。郵便局や銀行までの距離が遠い方や時間の都合がつかない方などは、ぜひこちらをご利用くださいませ。
@農産物代金+送料+代引手数料が1~9999円の時・・手数料315円
@農産物代金+送料+代引手数料が1万~2万9999円の時・・手数料420円
@農産物代金+送料+代引手数料が3万~9万9999円の時・・手数料630円
@農産物代金+送料+代引手数料が10万~30万円の時・・手数料1050円

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  エンドファイトフェスティバル  >

10月14日・15日と、千葉県山武市で開催された「エンドファイトフェスティバル」に参加させていただきました。エンドファイトとは植物内生菌とも言われ、「内側・中の」などの意味がある「endo」と、「植物」の「phyte」の合成語で、植物の中に存在する微生物たちの事を
言います。近年この植物内に生存(共生・寄生などと呼ばれている)する微生物たちと植物達との共生生態や働きが解明されてきたこともあり、NHKの番組クローズアップ現代で特集が組まれたりしています。

実は、私達が農場の将来をかけて取り組んでいる「炭素循環農法」は、このエンドファイトと呼ばれる微生物たちあってこその農法ともいえるものです。ですから今回のフェスティバルの参加者もほぼ全員が炭素循環農法の関係者やこの農法に興味を持っている方でありました。安曇野
で2年続けて実践者交流会を主催させていただいた私ですが、全国の実践者の方とお会いする機会が今まであったわけではなく、そういう意味でも、素晴らしい出会いを本当にたくさんいただいた2日間となりました。参加者は総勢120名程だったでしょうか。

植物と根部エンドファイトの共生は絶妙です。植物が光合成によって産生した炭水化物・糖分を微生物に渡して、微生物がそれを利用して生存・成長します。また微生物が地中深くまた広くまで伸ばした菌糸が驚くほど遠くからでも植物の為の養分・水分を集めてくるのです。根が深く
広く伸びていることと、微生物たちがその根の周りにびっしりと生息し、植物の細胞内まで侵入し、そこから菌糸を地中奥深く数メートルものばして共生関係を築いているというわけです。自然界を観察する機器の進歩に合わせて、また様々な学術機関の研究成果で近年色々なことが分
かってきているようです

ところが「植物」と「エンドファイト」の共生関係は、不思議なことに「肥料分が畑に入れられた瞬間に消滅する」のだそうです。なぜなら肥料と言う水に溶けて植物が吸収するものが土中に存在する時、エンドファイトがなくても植物は強制的に水を吸い上げると同時にそれらに溶けた栄養分を吸い上げていきます。ですから肥料がいつも使われている農地ほどエンドファイトがいない土壌となります。一般的に肥料の中には窒素分が多く土壌が腐敗状態になりやすいため、根部エンドファイト(糸状菌)が育たないのです。

ここが無肥料栽培と施肥栽培の根本的に違う点で、畑に糸状菌と言われる微生物(エンドファイト)を飼うことが農業者の仕事であり、微生物が作物を育ててくれることを全面的に後押しすることができ、土の浄化と炭素資材の養分化に必要な時間(1~3年)を乗り切ることができれ
ば、品質優良・生産量増大・食味極上・農薬不要の農産物が自動的に収穫されるようになる。農業者にとっては夢のような話が夢でなくなる。全国の実践者のお話を聞かせていただき、勇気100倍をいただいた2日間でありました。

エンドファイトフェスティバルのことが「たんじゅん農法の広場」にアップされています。
http://tanjunnou.blog65.fc2.com/blog-entry-301.html
「endophyteエンドファイト」は「end fight戦いが終わる」との名セリフは参加者全員の胸に深く刻まれたのではないでしょうか。何かを殺す必要がない、単純明快で矛盾のないこの農法を実践することが、一介の百姓に出来る唯一の世界平和への道ではないかと感じています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  たんじゅん農法の仲間作り  >

エンドファイトフェスティバルの約1週間前に、安曇野で開いた「たんじゅん農法実践者交流会」には、安曇野市だけでなく県内各地から、県外からも数名の参加があり、30名程の皆さんが集まってたんじゅん農法の基礎や実際についてのお話、そして畑の見学をしました。きちんと
した開催要項を皆さんにお知らせしたのが開催1週間前だというのに、こんなに大勢の方が関心を持って集まってこられる事に驚きました。その中でも実際に始めている方が私を含めて数名おられたこと、そして話を聞いてぜひ始めてみたいという方もいることがわかり、この地域でた
んじゅん農法の仲間作りをしていきたいと考えています。

一応、組織の形はとらないことを前提に、「この農法を志す仲間」というスタンスで、一年に1回の実践者交流会だけでなしにもう少し活発に、日常の畑での学びを皆で共有して行けたらと思うのです。あまり遠い方は集まったりするのも大変なので、地元の皆さんでそのような思いが
ある方がいましたら是非松村までお知らせ下さい。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  あとがき  >

今年はりんごの「秋映」・「シナノスイート」が例年よりも多く収穫できました。秋映は畑が一つ増えたこと、シナノスイートは自分で植樹したりんごの木がだんだん大きくなってきた事があります。食べてもらった皆さんからも美味しかったよとのお返事をたくさんいただきました。
11月上旬頃まで秋映は発送できると思いますの
で、皆さまのご注文をお待ちしています。人参や玉ねぎやジュース類も発送できます。15キロまでの荷物は一つに縛って送料を600円だけに出来ますので、気軽にご利用ください。

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。安曇野はそろそろ初霜の頃かもしれません。だんだん寒くなりますから体調など崩されないように。


☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!f
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード