Ogurayama Friends  2011年12月号

昨年、彗星のごとく安曇野にあらわれた須永さんファミリー。原発についてもとても詳しく、真剣に子供のこと、社会のことを考える姿にはいつも感心してしまいます。これからもよろしくお願いします。いつでもひとりデモ。Help Japan Tシャツも大人気です。

http://sunaga.org/works/help.htm

2011年12月須永


季節の果物をいただきにおぐらやま農場へ通うようになって、もうすぐ一年。松村さんとの出会いは、地球宿でのドリカム新年会でした。


僕は建築家で事務所名は『サバイバルデザイン』。「住居をはじめ、人が生きてくための道具をデザインしていきたい」という思いで付けた。


建築では自分で発案した「杉の角材を束ねて板状にした木版で、箱をつくるように建てる」工法で住宅などを設計している。壁も屋根も床も全てがズッシリ詰まった木。かといってログハウスでもない。日本は湿度が高く雨が多いから短日数で建てられるよう、軸組(棒状の柱や梁の骨組み)木造をベースにして、新工法をデザインした。「軸組の要領で、版をつかって建てる」から『じくばん造』と命名。木材はすべて工場で加工済みで現場に届き、プラモデルのように順番にハメ込んでいけば完成するので、大工さんが一人いれば、あとは数人の素人で共同して建てられる。


僕らは来年、安曇野に自宅を建てる。『じくばん造』で船舶コンテナサイズの木箱を数個つくり、それを積み木のように並べたり積んだりして家にする。もし引っ越すことがあっても家も連れていきたいから、コンテナサイズに。家は、日々カスタマイズを重ねていく『人生の道具』、そういう意味で大切な財産。


話しは少し変わって、安曇野の仲間たちを見ているうち「この世に『お金』って無くてもいいんじゃないか」という気がしてきた。リフォームのお礼に自分が育てたお米を渡したり、イベントも一品持ち寄り、『ウーフ』もそう、お金を介さず「働き」や「物」という価値の交換を自然にやってる。認め合い、共同し合う関係は素晴らしいね。

でも僕の場合はすぐ差し出せる技能や物が思い当たらない。そこで「子どもの頃につくった肩たたき券のように、自分で券を発行すればいい」と思い立ち、価値を交換するための紙切れをつくった。名付けて『カチカチ交換券』。「500縁・スナガ」とか「1時間・スナガ」とサインしてお金のかわりに渡し、僕がお役に立てそうな場面で使ってもらう。逆に僕が住宅診断をした対価を『カチカチ交換券』で受け取ることもある。お金じゃないから消費税も所得税もかからないし、地域通貨と違って誰でも勝手に始められるのがミソ。


これも「人が生きていくための道具のデザイン」。安曇野の仲間たちは、経済が崩壊しても、お互いのカチを交換しながらきっと楽しく生きていくでしょう。さーて『カチカチ交換券』で自宅も建てられるかな?(前号の花井慶太さんに棟梁をお願いしてみようかな)   


「須永豪・サバイバルデザイン」http://sunaga.org

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード