スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業機械の修理  <  おぐらやま農場だより その171  2012・04・24  >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その171 2012・04・24  (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@春になり、農作業も次々と適期がやってきます。スタッフ・ウーファーさんみんなで進める様子はこちらです。
 ~おぐらやまハッピーライフ~
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

2012年4月24日3
桃の摘蕾作業をしていま~~す。あともうすこし!!


< 最新農産物情報 一番最後にお米の販売についての情報あり > 

@2012年度の年間コース会員募集中です。おいしい果物を毎月お届け致しますが、農場の手作り品が時々おまけになってついてくることもあります。毎回のニュースレターも農場の様子や農産物の背景がよくわかると好評です。内容についてご質問などありましたら気軽に問い合わせください。食の安全・安心が強調される昨今ですが、生産者と食べていただく皆さまの心の距離を出来る限り近づけることが出来るよう、これからも工夫を凝らしていきたいと思います。ぜひご利用ください。
http://www.ogurayamashop.com/index.html


@「秋映りんご」オーナー会員、募集開始いたしました。詳しくはネットショップでご確認ください。10月6~8日の収穫予定となっています。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/o-na3.html


@昨秋に洋梨ジュースを作ったのですが、洋梨の味をそのまま残せないかとかなり濃厚に仕上げてもらったら、ジュースと言うよりは「スムージー」という感じになりました。(ビンからコップに注ぐ時もトロトロと出てきます。)ようやく「洋梨スムージー」のラベルで販売出来ますので、どうぞ皆さんお試しください。そのまま飲んで(食べて?)もらっても美味しいですし、果物の自然な甘さでシャーベットにしてデザートにするにはぴったりです。裏ワザ的な使い方としては、緑の葉野菜(ホウレンソウなど)と適量の水と一緒にミキサーにかけるとグリーンスムージーの出来上がり。みなさんのアイデアも教えて下さい。価格・サイズなどは他のジュースと同じです。

@おぐらやま農場のジュースは「定期購入コース」があるのをご存知でしょうか?毎月1回(間隔はお客様の都合で調整出来ます)のお届けを6回分まとめてご注文いただくコースです。何度も注文したり入金したりの手間が省けますし、毎回トマトケチャップもしくは各種ジャムのい
ずれかをおまけで同梱させてもらっています。(12本入なら毎回・6本入は隔月です) また毎月発行のされているニュースレターもジュースと一緒にお届けします。途中でのジュースの内容変更も可。気軽にお問い合わせください。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


@「子どもの日」・「母の日」・「父の日」と贈り物をする記念日が続きます。おぐらやま農場のジュースやジャムと一緒に、皆さんの心を込めたメッセージをつけて贈り物にして下さい。メッセージ内容をワードファイル等で添付していただければこちらでプリントアウトして箱に同梱させていただきます。進入学等の内祝い等にも気軽にお使い下さい。のしを箱に入れる事もできますので気軽に申しつけください。

@トマトジュース・トマトケチャップの今年度製造・発送開始は8月上旬の予定ですが、予約受付を開始致します。脂肪燃焼効果が認められた食材と言うことで今年初めはどこも製品が無くなってしまう状況でしたが、続けて飲み続けたい方はあらかじめご予約下さい。今年製造分は1年間在庫切れが出ないよう、しっかりと本数を確保したいと思います。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/TJ-12.html


@私の35年来の友人、花井慶太さんが信州梓川で栽培した、アイガモ農法・天日干しの無農薬栽培米(コシヒカリ)の販売ですが、あと10K入り×5袋程度のみ注文可ですので、ご希望の方はお早めにこのメールへ返信で注文下さい。
「こんにちは! はない農園の花井慶太(41歳)です。
2011年 清らかな山水と 寒暖の差がある米作りには絶好な気候条件の松本市梓川の地で、合鴨農法 無農薬 無化学肥料で私達と合鴨さん達との共同作業によって育まれた、はない農園の合鴨米 をお届けします。 ありがとうございます。」


*白米・玄米どちらにも対応できます。必ずどちらかをご指定下さい。
*白米・玄米共に、10K6000円+送料600円となります。注文いただいてからの精米となりますので1週間程度の時間がかかることもあります。ご了承ください。
*お米の注文は「このメールに返信」でのみ受付と致します。クレジット決済はできません。おぐらやま農場の郵便振込口座への入金、楽天銀行への入金、もしくはおぐらやま農場まで取りに来ていただける方を対象と致します。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 農業機械の修理 >

恥ずかしながら僕は農業機械についての知識・常識と言うモノについてそれほど自信がありません。ところが11年も農業をしているとそうも言ってられない局面によく立たされてしまいます。動かなくなったトラクタやSS(スピードスプレーヤー)などを目の前にして必死に原因を探すのです。ない知識を一生懸命集めて、こうではないかと頑張ります。時間がかかって効率も悪いのですが、しぶとくやってみると発見することやうまくいくコツなどが分かったりすることもあります。何よりその機械と自分が少し近しい間柄になれたような気がして嬉しくなることがあります。

私の使っているSSは9年前に中古で購入したもの。私以前の農家さんから通算でもう30年以上は働き続けているシロモノで、骨董品とまではいきませんが部品が入るのもあと数年と言われている。4月初めの防除に備えて倉庫から引き出そうとしたらバッテリーが弱っていてエンジンスタートがままならない。まあ、マイナス18度まで下がった今年の冬の寒さを考えてみれば仕方がないかと(極寒地ではバッテリーが著しく弱るのです)、一度取り外してバッテリー充電器をツムラ君からお借りして一晩しっかりと充電をする。農家さんによっては毎年冬は全ての機械からバッテリーを外して発泡スチロールの箱の中で管理する人もいるそうです。信州の冬はそれほど寒いということです。でもこれでエンジンスタートは順調になりました。

次にSSのタンクに水を入れて動噴を回してみると水を回すパイプの一部が腐食して水がすごい勢いで外へ漏れだしている。またまたその部分を取り外し、同じパーツの新品をホームセンターで見つけ出して取り付けなおす。これで水が順調に回るようになった。

さあこれで使えるかと思いきや、今度は順調に回っていたエンジンが突然ストップ。どうやら燃料フィルターカップに亀裂が入ってそこから空気が燃料チューブに入ってしまいエンジンがストップしていた。ディーゼルエンジンでこれは致命的。農協の機械センターにお願いして亀裂の入ったカップを取り寄せてもらったのですが、「ついでに第一フィルターの部品も交換しておくといいと思いますよ。800円ぐらいのものだから」と言われ、言われるままに両方取り寄せてもらいました。案の定第一フィルターも汚れが詰まっていて、やはり交換した方がよい状態でした。整備のプロの方は話を聞けば、経験上すぐに関連したあぶない部分もピンと来るのです。すごいものです。

ちなみにカップの亀裂の原因は「水」です。燃料タンクに軽油に混じって水が溜まってしまっていたのでそれがフィルター部分で漉されてカップに残るのですがその水が余りにもたくさん溜まり、ついに凍結して亀裂が入ったと思われます。私はそんなことがあるという話は知っていたのですが、まさかこの場面がそうだとは全然ピンと来ておらず、割れたカップを見てからそのことに気付いた次第。燃料タンクの中の燃料が減ってくると空間が出来、温度変化によって中の空気が結露し、だんだんとタンク内に水がたまっていく。私は9年間おそらく一度も水抜きをしたことがなく、それで今回のようなことになったと考えられます。

そんなこんなで、さまざまなトラブルを一つずつ直して、ついにこれで大丈夫と、防除作業に入って2時間もしたところ、再びエンジンの回転数が下がり、エンジンストップ。燃料フィルターもいい。カップも大丈夫。燃料も全部入れ替えて水交じりの燃料にはなってない。エアー抜きもしっかり出来てる。うーん、今度はなんだ???。

SSの下にもぐりこみ、スパナとペンチとドライバーで燃料系統の部品を一つずつ外しながらどこかに異常がないか調べていきます。「わかった!」 燃料タンクから出ているチューブの一番最初の細くなっているところで流れが悪くなっています。どうやらタンクからはがれおちてき
たサビの塊が燃料の流れを悪くしていたのです。そういえば第一フィルターの詰りの原因もほとんどはタンク内のサビが原因だと思われる状況だったのです。 細い針金を使ってどうにかその塊をほぐし、燃料チューブにスムーズに流れるよう整えると、今度はうまくいきました。

水がたまっていたということはそれによってタンク内部のサビは相当出来ているだろうと考えられます。今回の一連の修理には「はない農園の花井さんと津村農園のツムラさん」に相談をし、色々と教えてもらったのですが、花井さんがタンク内部のサビの取り方も伝授してくれました。彼曰く、「燃料タンクをまず機械から取り外し、ふたを開け、中に小石をいくらか入れる。そしてタンクをゆする。これをしっかりやれば大体のサビが物理的に落ちてくれる。そして小石を外へ出した後、灯油か軽油を入れてすすぐ。最後にすすいだ灯油か軽油を外に出し、タンクを取り
付ければ完了。」

機械に詳しい花井さんやツムラさんのおかげで、自分で直せることもだんだん増えてきました。すごい仕事をこなしてくれる作業機械に、丁寧に手をかけていかないと作業が思うように進みません。定期点検も含め、まだまだ沢山覚えなければなりません。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< QFRエネルギー勉強会をしました >

先日メルマガで広報をさせていただいた上記標題の勉強会を4月18日に開催致しました。東京から金子範義先生と言う方が来られて、私たちにいろんな話をしてくれました。正直な事を言うなら、僕にとっては一度聞いたぐらいで理解できる話ではありませんでした。しかし不思議な
エネルギーが働いている事実にはなんとかついていきたいところ。細胞のひとつひとつを構成している原子・電子・素粒子クォーク、量子場、そして5次元世界、神仏・精神世界まで話は及びました。とにかくものすごい科学者であり、ものすごい人格者であることはよくわかりました。 が、その事と一人の農業者である私との接点がどうなっていくのかまだ測りかねているところもあります。前回のメルマガで「この世は不思議に満ちている」と言いましたが、「満ち満ちている」と言いなおします。ガン細胞が5日ですべて消えたり、農作物に生命力(筋力・免疫力・再生力・自己組織力など)を発揮させるエネルギーを宿す事が出来たり、さっぱりまだわかりません。腰を落ち着けて勉強していこうと思います。

参加者は地元から10数名、愛知・静岡からも数名来られて、20人以上の盛況でした。ご協力ありがとうございました。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 5月1日からのウーファーさんを募集しています! >

5月の初めからおぐらやま農場でウーフをする予定だったハンガリー人の4人組が10日前になってキャンセルとなってしまいました。ご家族のアクシデントとかでそれは仕方がないことなのですが、さあ、りんごの花摘み作業が始まるゴールデンウィークにウーファーさんが誰もいないという状況はちょっとキビシイ・・・。 ぽっかりと空いてしまったこのチャンスに、おぐらやまでウーファー体験をしてみたい方、どうぞお問い合わせください。会員登録をされていない方はこちらからどうぞ。一応1週間以上の滞在が条件です。安曇野はようやく本格的な春で、5月初めからがリンゴの花が咲きはじめ、いい季節ですよ。
http://www.wwoofjapan.com/main/index.php?lang=ja


おぐらやまの方までようやく桜前線もやってきて、アグリパークや室山の池の桜がだんだん花開き始めました。季節は止まることなく廻ります。
今年は4月18日に第1回目の人参種まきが出来ましたので例年より早く収穫・発送が始められると思いますし、間があかないように第2回・3回と種まきをしていく予定です。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。また次回まで。


☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。