ふーばぁの田舎暮らしだより NO.24

ふーばぁの田舎暮らしたより

ふーばぁの田舎暮らしだよりー24-          2012.7.1. 石上扶佐子

 
 3週間も留守をして、昨日安曇野に戻った。

 
 膨大な人、人、人、で埋まり動き流れてゆく、新宿駅の広大な空間に、ただただ驚き圧倒された。地下道の混みあった通路を歩き、ホームへの階段を上り始めると、ホームを流れる外気が階段を降りて来るのと、出会う。そのひんやりとした夜の空気は、ホームに流れているアナウンスを乗せて、降りてくる。
 

「9番線にーまもなくー到着の列車はーー特別急行ーーあずさ31号ーー松本行きーー」
 

 あずさ、と言う響き、松本、という響きが胸に広がり、故郷の懐かしさが胸を突く。たった3週間離れていただけなのに。早く帰って、孫たちに会いたいと強く思う。今夜はもう、寝ているだろうな。
 

 翌日、すなわち今日の朝はいつもよりずっと早く目が覚めた。孫や家の人たちが起きてくるのが待ちどうしかった。子供たちの笑顔、ああ、ほんとにうれしい。


 雨上がりの朝、外気は冷たくて、私は厚手のカーディガンを羽織った。安曇野は寒いなと思う。窓の外は、雨露に濡れた優しいモスグリーンが、視界を埋め尽くしている。リンゴ畑が見え、野菜畑や牧草畑が広がり、森が見え、山がせまり、山脈には霧がかかり、稜線がかすれつつ空に溶けていく。安曇野の朝。
 

今日は日曜日なので、午前中に下の孫ふたりと温泉に行った。久しぶりだ。雨がぽつりぽつり降って来たが、3歳の叶和と小2の和楽は、傘をさしてでも歩いて行く、と言う。子供連れで、ぶらぶら歩くのは楽しい。私も歩く方を選んだ。


 どの道を通っていく? と下の子が聞く。山の上の温泉へ行く主要な道は3つ。どれにしようか、と上の子が考えている。どれも深い緑の森を抜けて山頂へ至る、美しい道だ。温泉が終わったら、アイスクリームにするか、ソフトクリームにするか、ふたりで相談している。

 
 帰りは小雨が降っていたので、父さんが車で迎えに来た。途中の室山池はスイレンが満開で、水面に緑の葉が大きく広がり、一枚の葉に一つの花が置かれている。赤やピンクや白やクリーム色の花。花びらは斜めにきりっと伸び、空を目指して広がる。


 腹ペコで帰宅し、昼食にラーメンを作った。日曜日なので、他の人たちはそれぞれの用事で外出している。3人で、私の部屋の板間の床に腰を降ろし、NHKののど自慢を見ながら、並んでラーメンをすすった。この人、鐘、幾つなるかなぁ。それから3人でお昼寝。


 夕食の準備でニンニクが必要になったので、叶和と倉庫に探しに行くと、去年収穫し保存してあったものは、いよいよ乾燥が進み中身がほぼなくなってしまい皮だけになっていて使えない。私が困っていると、同伴の叶和が「昨日、ねぇねと採ったニンニクがある所、知ってるよ」という。引かれるままについていくと、なんと、ビニールハウスの中に、掘りたてのニンニクが干してあった。これが、安曇野の生活だ。私の安曇野の暮らし。農場の日常。帰って来る場所。


2012年6月13日7

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード