9月15日 おすすめの絵本 りんご畑の12ヶ月


りんご畑の12か月 (講談社の創作絵本)りんご畑の12か月 (講談社の創作絵本)
(2012/08/29)
松本 猛、中武 ひでみつ 他

商品詳細を見る
おぐらやま農場のスタッフひでさんのデビュー絵本です。安曇野の美しさ、りんごの12ヶ月間の育ち、どれもこれも迫力満点の絵本です。りんご畑で毎日仕事をしているからこそ描ける素晴らしい絵本です。



【タウン情報 9月8日】より

 安曇野市の特産りんごを題材にした絵本「りんご畑の12ヶ月」が8月末、講談社から出版された。同市三郷のりんご農家の1年を手紙形式で伝える構成で、美術評論家で作家の松本猛さんが文を、イラストレーターで、この農家で働く中武ひでみつさんが絵を担当した。

 主人公「やすおじさん」が、都会に住むおい「だいちゃん」にりんご畑の作業の内容を毎月手紙で知らせるという展開。

(中略)

やすおじさんのモデルは、おぐらやま農場の松村暁生さん。「子供がまるかじりできるりんごを作りたい」と低農薬で栽培する姿に感動した松本さんが絵本にすることを発案。同農場で働く中武さんの絵で、絵本を作りたいと講談社に持ち込んだ。


(中略)

実際に農作業に関わり、その大変さや、収穫の喜び、自然の厳しさ、美しさを実感している中武さんだけに、どの場面も生き生きと描かれている。いてつく冬の朝、満天の星空、たわわに実った真っ赤なりんごなど、見開きいっぱいに描かれた場面から、寒さや星の美しさ、りんごのおいしさなどが伝わってくる。

(後略)


2012年9月15日りんご畑の12ヶ月


やっぱりいいな♪ヒデさんの絵本。一年半前から構想を練っていて、うちで何回も打ち合わせもさせてもらいました。うちの子たちも楽しそうに読んでいました。わたしは、この絵をみているだけでホッとする安曇野の風景が大好きです。なんだか心がジーンとするんですよ。


こうやってひとつのものがうまれてくるまでって本当に多くの人の手がかかっていて、できるんだなあ。


ぜひ、手にとって見てみてくださいね♪(てるちゃん)


【今日の学び】
心の中にワクワクをもっていれば、どんなところでもワクワクさ。

【魔法の質問】
どんなことにワクワクしますか?



やわらかくジューシーな洋梨バートレット

秋映りんご予約注文受付中です

無農薬で栽培した野菜たちです。

朝から元気7倍!無農薬トマトジュース

おぐらやま農場の農産物はこちらから

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード