スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りんご畑のテーマ・再考  < おぐらやま農場だより その184 2012・10・22 >

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その184  2012・10・22 (不定期発行)

  
発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

@りんご収穫・発送作業の真っ最中のおぐらやま農場のブログはこちらです。
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/



< 最新農産物情報  >

*洋梨バートレットの発送は終了しました。おかげさまでたくさんの皆様に食べていただくことができました。感謝。


10月のりんご収穫・発送作業が本格化しています。
*「秋映」・・大玉のみ売り切れですが、「中玉」・「家使い」はまだ十分にあ
ります。
「シナノスイート」は「大玉・中玉・家使い」すべて受注可能です。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/246425/list.html

*「秋映」・「シナノスイート」の混合を希望の方は、備考欄にそのように希望をお書きください。

*ふじりんごの予約受付も始まっておりますが、これからの注文分は11月末または12月になってからのお届けとなります。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/239970/247301/list.html


*今年製造したトマトジュース・トマトケチャップが好評です。天候の具合や土作りのこれまでの総合が、美味しいトマトになってくれて、よい原料になっているのではないでしょうか。
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/TJ-12.html


*夏収穫の野菜たち、「にんにく」・「玉ねぎ」・「人参」等も発送できます。
(じゃが芋のみ売り切れです)
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/namaninniku-300.html


*おぐらやま農場のジュースは「定期購入コース」があるのをご存知でしょうか?毎月1回(間隔はお客様の都合で調整出来ます)のお届けを6回分まとめてご注文いただくコースです。何度も注文したり入金したりの手間が省けますし、毎回トマトケチャップもしくは各種ジャムのいずれかをおまけで同梱させてもらっています。(12本入なら毎回・6本入は隔月です) また毎月発行のされているニュースレターもジュースと一緒にお届けします。途中でのジュースの内容変更も可。気軽にお問い合わせください。 
http://www.ogurayamashop.com/SHOP/607839/list.html


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<  「りんご畑のテーマ」再考  >

10月13日に安曇野地球宿の5周年イベントが開催され、その中で絵本・「りんご畑の12ヶ月」出版記念のトークイベントがありました。、プロジェクター画面に映像を出しながら絵本の朗読(読み聞かせ)をしてもらったり、絵本制作者の松本たけしさん(安曇野ちひろ美術館常任顧問)と絵を書いた中武さん、そして農家の立場で私も一緒に、絵本制作の過程やその背景について集まっていただいたみなさんの前でお話をする機会となりました。


今回は主催の安曇野地球宿オーナー増田さんと、絵本の制作者の中武さんに、「トークイベントの中でりんご畑のあの歌を歌ってください」と依頼がありました。知っている人は知っている、「あの歌」とは「りんご畑のテーマ」という名前で、僕たちが農場を始めた時に書いた歌のことです。


-----------------------------------------------------

< りんご畑のテーマ >

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

りんご畑の春は白い花 夜のヘッドライトにてらされて
スピンドルブッシュの形はまるで季節はずれのクリスマスツリー

りんご畑の夏は草色 摘果梯子の上まで登れば
はるか安曇平が見渡せて会いたかった何かに会えるはず

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

りんご畑は秋に色付き 美味しいりんごをみんなに送ろう
おぐらやまの夕暮れは早く 僕らの帰り道はむらさき

りんご畑の冬は静かな雪 りんごたちは葉を落として眠り
黒き土に耳をすませば 幾億の息づかい聴こえる

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

ぼくらの暮らすおぐらやまの時の流れはゆるやかに
小さな家の煙突から立ち上る 薪ストーブの白い煙

まさしき希い(ねがい)にいさかふとも 銀河の彼方にともに笑い
なべての悩み薪と燃しつつ 栄えある世界を共に創らん

ここは僕のふるさと 幸せの風が吹いている 
この風景の中 何かが見える気がして

---------------------------------------------

僕たちが農場を始めた頃、今は5年生になった長男の風和君は生まれたばかりの赤ん坊でした。この子が大きくなったら、この場所が自分のふるさとなんだなと思う時がきっと来る。僕らもそんな時が来るまでこの場所でこの仕事をやり続ける。当時僕とテルミさんと風和君の3人だけだった小さな家族の未来への灯火(ともしび)がどうしても必要でした。そしてこの歌がその役割を担うことになりました。心を照らす灯火であり、祈りのことばそのものだったように思います。

「まさしき希い(ねがい)にいさかふとも 銀河の彼方にともに笑い
なべての悩み薪と燃しつつ 栄えある世界を共に創らん」
この1節はご存知の方もおられると思いますが、宮沢賢治さんの童話「ポラーノの広場」での劇中歌として登場するフレーズです。賢治さんは自身でこのフレーズに作曲もしており、譜面も残っています。が、僕がこの歌を作った時に、最後に僕らの灯火(ともしび)となる言葉になるべくして降りてきたこのフレーズが、そこまで作ってきたメロディーにぴたりと重なりました。

---------------------------------------------

私、実は数年前まで、下手な歌を人前で歌って頑張っておりました。きっかけは歌が好きだということはもちろんありましたが、就農当初に、なんとかりんごの販売を軌道に載せたいという気持ちが大きかったような気がします。

就農してからの最初の数年間、当時東京に住んでいた地球宿の増田さんや、ほかの地域の友人たちにもお願いして、りんご販売会を開きたいので場を設定して欲しい、ついてはそこでお話と歌を用意していきますから知り合いに声をかけて欲しいといったふれこみで、多くの方に協力いただいてきた事実があります。そして、どうしてもりんごが売れ残ったら街中で流しのリンゴ売りでもなんでもやってみるぞと、自分の中ではちょっと悲壮感もある感じで、でもそんな気持ちを決して顔には出さず、ひたすら笑顔でやりきってきたように思います。

東京の町田市、埼玉県狭山市、神奈川県湘南、三重県の鈴鹿市、安曇野の地元でもシャロムヒュッテさんやあちこちで、りんご販売の機会を設定してくれる方たちが大勢おられました。ほんとうにいくら感謝してもまだまだ足りないほどの心をかけていただきました。


おかげで、りんごの販売はとても順調に行きました。今振り返っても不思
議なくらいです。りんごが余ってどうしようもなかったということは一度も記憶にありません。就農3年目のシーズンに思い切った減農薬に舵を切り、見事に大失敗をしての大不作を経験するのですが、そんな年でも、たくさんのお客様が出来のよくないりんごを買ってくれて私たちを支えてくれたのでした。(この時のエピソードもまた時期をみて紹介したいと思います。私たちのたからものです。)

---------------------------------------------

それからも、3年ほど前まで、安曇野や松本などのあちこちで声をかけていただいて、イベントや福祉施設や人づてに依頼があって、歌ってきましたが、自分の中ではどうもそれが気持ち通りにいかなくなりました。
どうしてかと問うてみるに、僕には農業者としての使命がはっきりと見えてきていたのでした。歌を歌って皆のお役に立てるのもよい。だけど、それは自分にとっては枝葉の部分だという自覚がありました。まだまだ作物を栽培していく上で突き詰めて行かねばならないことが山積みなのです。それに私なんかより素敵な歌を歌ってくれる人たちは安曇野にも大勢いるのです。「よし、中途半端はもうやめよう。ギターはもうギターケースにしまおう」と決心したのが3年前。炭素循環農法に出会ってすぐの頃です。


でも今回は、増田さんと中武さんに声をかけられたとき、「はいわかりました。この依頼は必ずやります。精一杯やらせていただきます」と心の中で答えている自分がいました。どうしてでしょうか。自分でもよくわかりません。理屈で割り切れないこともあります。

いつもコンビを組んできた花井慶太さんと2回だけ練習をして、10月13日のトークイベントで歌わせていただきました。案の定、途中で歌詞を忘れてしまい、大とちりのステージになりましたが、心を込めて歌いました。初心に還るいい機会をいただいたような気がして、とても気持ちが晴れやかでした。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今回は長文になってしまい、大変失礼いたしました。次回以降気をつけます。皆様においしいりんごが今年も順調にお届けできますように。最後まで読んでいただきありがとうございます。また次回をお楽しみに。感謝。



☆:*・.☆.。.:*,・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆
毎日元気に畑へでています。
今日も素敵な1日を!!
   おぐらやま農場 松村暁生・輝美
.☆:*・.☆.。.:*・:*・∵.☆:*・∵.゜ .☆

*おぐらやまハッピーブログで今日もハッピー!!
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/

*今日もあなたに、たくさんの良き事が起こりますように!!
  いつもありがとうございます!!

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。