畑が教えてくれたこと 2013年1月号

畑がおしえてくれたこと2

【おぐらやま農場ニュースレター1月号より】

ウェブサイト・「たんじゅん農法の広場」より 

「たんじゅん農法に窒素飢餓はない」 (先月号からの続き)


今日、明らかに見た目は窒素飢餓の状態にあるキャベツの苗を観察していました。双葉の状態からほとんど成長できずに赤くなってしまっている苗です。ところがこの苗をプラグトレーから抜き取ってみてびっくりしました。根鉢が出来上がり、しっかりした状態になっているのです。


上部は全く成長していない、所が土中は出来上がった状態になっている。多分この状態だと施肥栽培のものは根が死んでいると思います。所がたんじゅんの苗はこの状態で多分、待っているのです。何を待っているのかというと微生物達との出会いです。



自然農法をやっている時に、あるいはたんじゅんの初期にもよく有ったのですが、苗を植えてもしばらくそのままの状態でいる事がよく有りました。このまま成育しないのではないかと思って、忘れた頃に急に成長し出すのです。これは土中で根が微生物達と出会う事が出来ずに待っているのではないかと推測しています。そして、充分に植物が育つために必要な微生物達に出会った(微生物達が育った)時に急に成長し出すのではないでしょうか。



これはエンドファイトの説明とも合致するところです。微生物達と根がお互いに信号物質を出し合って呼び合い、出会って感染した時にその信号物質が植物の中で作用して、成長して良いというシグナルになるのだという実験から得られた説明がありました。



付け足して言っておきますと、根は微生物達つまりエンドファイトと出会うと、根とエンドファイトは絡み合い一体化して、どこまでが微生物でどこまでが根なのか境界が無いような状態になるそうです。そういった中で多種類の微生物達と根がお互いが必要とするものを供給し合い、共生していくようです。もっと言うと、どうも植物がそれぞれの微生物達に、あれを持ってこい、これを持ってこいとイニシアティブを握っているようです。土中はそういった根と微生物の壮大なネットワークが出来上がるそうです。



考えようによっては、一カ所の畑が一つの生物と言っても過言ではない状態になるのだと思います。ですから微生物を飼うためには、生きた状態の植物があるのが一番良いのだと思います。これらの事から考えても、窒素飢餓という概念を持っているうちは、施肥農法から抜け出せていないのだと私は思います。  (中村隆一)

----------------------------------------------------------------------------

先月・今回と「たんじゅん農法の広場」というこの農法実践者たちの作るホームページより引用させていただきました。実は1月6日・7日と全国から仲間たちが静岡・掛川に集まってきて、畑の溝堀りの実習をしていました。「畑にまず必要なのが空気ではないか」という考えから溝を掘って剪定チップなどを埋め戻し、土中に空気の通る場所を作って行くのです。今年はおぐらやま農場の畑もダイナミックに畑の外観が変わっていくことでしょう。どうぞお楽しみに。(アキオ)


コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード