スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ogurayama Friends 2013年7月号

今月のOgurayama Friendsは5月からうちの農作業をお手伝いしてくれている今井さんです。毎日淡々と確実に仕事を進めてくれています。本当にうちのスタッフさんはいい方たちばかりでありがたいです!!

2013年6月 今井さん

みなさん はじめまして。
5月からおぐらやま農場でお世話になっております、今井利幸と申します。
今年3月に妻と4歳の子供♂1人、猫♀(白キジ)1匹、猫♂(トラ)1匹で、埼玉県から長野県に移住してきました。
移住の理由は大きくは3つあります。
①家族への(特に子供への)被爆リスクをさげるため
震災当時は福島県で暮らしており、翌日の3月12日夕方に自主避難しました。
紆余曲折あり、埼玉で生活していましたが、息子の検査結果に不安があり、移住を決断しました。
②自然豊かな環境で子育てするため
自然に触れる体験を多く持てるように意識して育てましたが、長野県の自然の豊かさを知り、この場所で育って欲しいと心から思いました。
魅力的な人が多いところもポイントのひとつでした。
魅力的な人をたくさん見て、育ってほしいと思っています。
③就農するため
元々「食」については興味があり、農薬も肥料も使わずに作物を育てるという概念に出会って感銘を受け、実践したいと強く思いました。

おぐらやま農場との出会いは、偶然でした。
農業をしていくことは決めていましたが、新しい土地でいきなりはじめるにはハードルが高いと思い、他の仕事をしながら少しずつ技術や地縁を得ていくつもりでした。
しかし、実際に行きたい方向とは違うことをやってみて、毎日疲れきって磨り減っていく自分に、何のために先送りをしているのかわからなくなりました。
そんな時、移住時にお世話になった「手をつなぐ信州 3.11」さんのメーリングリストで、おぐらやま農場での仕事のことを知り、何度も自分に問い直し、家族と話し合い、応募しました。
あの時、自分の欲しいものに手を伸ばすことができて、よかったと思います。

おぐらやま農場に出会えてとても幸運でした。
「農」と関わり、農場のみなさんと関わる過程で、自分の新たな側面を見つけることも多く、目の覚める思いです。
今まで「ねばならない」と信じていたものが多かったと気がつきました。
自分はいったい何に縛られていたのだろう、と思います。

おぐらやま農場では、入れ替わり立ち代り来るウーファーさんたちとの関わりも楽しく、炭素循環法という農法をはじめ様々なことにチャレンジされていて、とてもよい時間を過ごさせて頂いています。美しい安曇野で働けることを感謝しながら、自分らしいリズムで過ごして生きたいと思います。宜しくお願いします。

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。