スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名月を眺めて < おぐらやま農場だより その202  2013・09・25 >


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  信州安曇野から幸せの風をお届けする
           お百姓発のメールマガジン 


おぐらやま農場だより その202  2013・09・25 (不定期発行)

  
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 農産物最新情報 >  http://www.ogurayamashop.com/

*梨・南水(なんすい)、洋梨・バートレットが旬です。旬の恵みをどうぞ堪能ください。 洋ナシの香りはやっぱり一年に一度は感じておきたいもの。南水は今年初めて本格的に収穫しておりますが、「梨でここまでいくんだ・・・。」と思わず呟いてしまいました。 
http://www.ogurayamashop.com/category/15/


南水とバートレットのセット品もできます。3キロ1700円、5キロ2400円(送料600円別途)。セット品の注文のみ、このメールへの返信メールでお願いします。注文の時は差出人と送り先の名前・住所・電話番号をお知らせください。

554115_585870638140914_1723734615_n.jpg

*10月のりんご、秋映・シナノスイートもそろそろ収穫が始まります。
http://www.ogurayamashop.com/category/12/

南水・バートレット・秋映の(梨・洋ナシ・りんご)3種セットもできます。3キロ1900円、5キロ2700円(送料600円別途)となります。こちらのセット品もこのメールへの返信メールでご注文ください。


*ふじりんごの予約受付も始まっています。
http://www.ogurayamashop.com/category/10/


*朝晩の気温がグッと下がるようになってきて果物も野菜も糖度が出やすくなっています。最近は10度ぐらいまで冷え込む日も出てきました。人参・アロマレッド、美味しいものが出ていますのでお勧めです。
http://www.ogurayamashop.com/category/29/


*黒豆・じゃがいも・玉ねぎ・にんにくなど発送しております。
http://www.ogurayamashop.com/category/36/



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


< 名月を眺めて >

台風18号の大雨や風で全国あちこちに被害が出ていました。特に身に迫る思いだったのは京都桂川の氾濫で嵐山のあたりが水浸しになってしまったというニュースです。14年前に新婚旅行で行った渡月橋に流木が絡みついた映像は尋常でない水量を感じました。


安曇野地方も大雨になりましたが、大きな被害には至らず、ホッと胸をなでおろしています。そしてそのあとの空気の爽やかさが、これまた特筆すべきものになり、こんな澄み切った青空を見たことあったっけというくらい。そして19日の夜の中秋の名月は絶好の月見日和になりました。


その夕方も、近くのライスセンターからもみ殻をダンプカーで運んでいて、すっかり月が登ってからの帰宅になってしまったのですが、玄関前のベンチでは既にバーベキューが始まっており、おぐらやまファミリーとウーファーさんと、スタッフのヒデさん家族も来てくれて、月明かりの下で食事中。1歳になる男の子を和楽ちゃんが抱っこして可愛がっておりました。


ちょうど1年前にウーフで来てくれていた川崎のダイスケ君。休みをとって、安曇野まで来ていたので、おぐらやま農場に立ち寄って一緒にお月見。まだ若いのに、都会の真ん中でリサイクルショップを切り盛りする彼の話もなかなか聞けない話です。 「夜行バスで帰ったら、また朝から仕事なんです」とあっけらかんという姿が頼もしい限り。 ウーファーさんだった人が、また里帰りみたいに帰ってきてくれるのはやっぱり嬉しいものです。


ポーランドからきたバルテック。ワルシャワ大学で遺伝学を学び、パリの研究所で働く生物学者の卵。日本が好きで、日本の文化が好きで、今回のウーフ旅は念願かなっての旅行だったよう。お皿に盛り付けた食事を毎回写真に撮って、これはなんといいますかといつも調べていた彼。 得意のギターを持ち出して、ロマンティックなメロディーをみんなに聞かせてくれました。 そしてカントリー・ロードを英語で歌って盛り上がりました。


愛媛からきたハルカさん。勤めていた書店を退職し、ウーフをしながら自分探しの旅。物静かな彼女と少しずつお話していたら、「私、実は木工をやりたいと思っているんです。まだ親にも言ってないんですけど・・。」 松本で毎年開かれているクラフトフェアに憧れていると言ってたのはそのことだったんですか。 月明かりを浴びながら、心を開いていろいろと語り合える夜でした。


おぐらやまの月見の夜はそんな感じでした。みなさんはいかがでしたか。 

「花鳥風月」 自然界の事象に美しさを発見し、それを愛でる心。日本人の精神に息づく、豊かな人間性です。そういえば、さだまさしの歌にこんな一節がありましたね。

-----------------

~思えばなんて美しい くにに生まれてきたんだろう
こうして生きているというだけで 幸せな一日がある


吹雪の如く風を彩るさくら 天女の如く夜空に舞うホタル
藍より蒼き森の蒼  紅より紅き里の秋 静かに心うづめる雪の白


ああ 僕らはこの美しさをこの手で滅ぼそうとしている
ああ 僕はこの美しいくにを 愛しながら憎んでいる ~

-----------------

この歌詞だけで曲名がわかった人は相当のさだまさしファンです。
http://www.youtube.com/watch?v=w0sHLX1oAGM


月を眺めて、私の一句 

「 中秋の 月を眺めて 車座の 若人つま弾く ギターの音色 」



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


炭素循環の仕込みに欠かせない籾殻集め。ダンプカーであちこち走り回ってようやくあと2日ほどで終わりそうです。次回はそのお話を聞いてやってください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。お彼岸過ぎて、季節は冬に向かいます。収穫の秋にお天気が続くのは仕事がはかどって有難い限りです。


また次回までお元気で。 感謝。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


*発行責任者 おぐらやま農場 松村暁生
http://www.ogurayamashop.com/


*農場ブログ
http://tsuiteruogurayama.blog81.fc2.com/


*おぐらやま農場 フェイスブックページ
https://ja-jp.facebook.com/ogurayama

コメントの投稿

Secret

よろしくっす!!

おぐらやま農場

Author:おぐらやま農場

こんにちは、おぐらやま農場のてるちゃんです。
毎日の農場の様子をお伝えしていきます。
2008年以前の日記を読みたい方はこちらです。

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
If you click [English], you will read this blog in English.
English English得袋.com
トマト生活はじめませんか?

野菜不足の方へ

生命力たっぷりのりんご

生命力たっぷりのりんごお届けします!3

最新の記事だよ♪
カテゴリだよ♪
コメントありがとう♪
読んでくれてありがとう♪
読んでいただいてありがとうございます。 コメントを残していってくれると嬉しいです。
月間表示です♪
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

おぐらやま農場の農産物を購入したい方♪
おぐらやま農場では、季節の果物、100パーセントジュース、ジャムなどを販売しています。こちらでどうぞ!
おぐらやま農場ネットショップ

おぐらやま農場の最新情報が読めるメールマガジンはこちらから登録できます。
農業体験者募集中!!
face book
Twitter
よかったらフォローどうぞ♪ 時々英語でのつぶやきにも挑戦するぞーー!
おぐらやま農場生産物

りんご

桃









みんな楽しいね♪
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。